「行きつけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 行きつけ[動詞]
そこまで行きつけ    

名詞

行きつけ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
行きつけの店を一廻り廻ってしまうと  行きつけの飯屋へはいる  行きつけの旅館はボクが静かに仕事ができる  行きつけの電車通りのお湯が休みなので曾つて行つたことのない菊坂のお湯に行つて隅つこで  行きつけのレストランを出た  行きつけの美容院へ行って  行きつけの同じ大川ぞいの小夜子の家へタキシイを駆る  行きつけの化粧品屋へ入って  行きつけの上野の鳥料理へ行ってみた  行きつけの南明座かシネマ・パレスヘでも行った  行きつけの家へ走らせたが  行きつけのカフェエをもつほどの  行きつけの床屋へも五六町はあって  行きつけの宿屋の前で馬をおり  行きつけの家や旅館に行った  行きつけの旅館へ顔を出してみる  行きつけの喫茶店へ珈琲をのみに行った  行きつけの今から二時間ばかり前に一寸覗いただけで入らなかつた  行きつけのカフェのテラスにもあいた  行きつけのレストオランへは行かなかった  行きつけの小料理屋で酒を飲み  行きつけの一パイ飲み屋のノレンをくぐった  行きつけの喫茶店へ住みかへ  行きつけの茶屋へあがって  行きつけの珈琲店で耳にしたが  行きつけの飲み屋に食客をしてゐる  行きつけの旅館があり  行きつけの酒場の一つからひどく酔っぱらって帰って来ると  行きつけの本屋に寄って  行きつけのカフェーに以前いた  行きつけの小林の妾宅へ遊びに行っていた  行きつけの小じんまりした  行きつけの喜久本へはだいぶ不義理があるからの  行きつけの床屋で髪を苅られなかった  行きつけの家で松島はしばらく小菊を呼んでいた  行きつけの家も分かった  行きつけにしている  行きつけの旦那衆の手伝いをして  行きつけの百貨店から届けさせた  

~ 行きつけ[名詞]1
千登世が行きつけの  同人が行きつけの  家の行きつけの  僕は行きつけの  二十年来の行きつけの  叔父が行きつけの  人の行きつけは  二人は行きつけの  横町だのに行きつけの  私の行きつけの  私どもの行きつけの  彼の行きつけの  仙友の行きつけの  自分の行きつけの  訃音を行きつけの  のは行きつけの  スクルージは行きつけの  彼は行きつけの  達の行きつけの  僕が行きつけの  二人で行きつけの  浅井が行きつけの  近所の行きつけの  毘沙門横丁の行きつけの  男は行きつけの  陽吉の行きつけの  

~ 行きつけ[名詞]2
いつも行きつけ  予て行きつけ  もとより行きつけ  すぐ行きつけ  ずっと行きつけ  

複合名詞
最初行きつけ  日頃行きつけ  ころ行きつけ  プルウスト先生行きつけ  



前後の言葉をピックアップ
行きつく  いきつく  行着く  行き着く  行きつけ  行き着け  行き着こ  行きつこ  息づい  いきつか


動詞をランダムでピックアップ
いろどよじのぼら帰せん打込ますがろ押し黙創り出せる切抜ける荒らげ飛出からし往け凭せかけすろ催す煮え立たはす晴れ購っなきあかす
形容詞をランダムでピックアップ
野暮ったく親しくっ憎らしく耐えがたき愛らし済まない安し人懐こくぽくっ際どか弱女らしくめんどく細かかっ空恐ろしいこちた等しかっ口汚いのっぴきならなく手軽う