「花鋏」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

花鋏[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
花鋏の音でも聴えて来  花鋏を取つて  花鋏をもって来てくれ  花鋏よりほかに刃物を扱った  花鋏を投げつけた  花鋏だけは受けとめたけれども  花鋏でいま張り切った  花鋏を投げつけて  花鋏を受け留めただけで  花鋏を拾い上げて  花鋏の人よりもはるかに人情がある  花鋏や庖丁など包ませてゐる  花鋏の音も箒の音もしない  花鋏を持って  

~ 花鋏[名詞]1
何処からか花鋏の  わたしは花鋏より  一挺の花鋏を  弦を切って投げつけた花鋏だけは  小森は落ちた花鋏を  人は花鋏の  中で花鋏や  お母さんが花鋏を  

~ 花鋏[名詞]2

複合名詞
塗つた花鋏  花鋏一挺  



前後の言葉をピックアップ
甚だしく  はなはだしけれ  はなはだしゅう  甚だしゅう  花春  鼻柱  花畠  ハナバナ  はなばなし  花々し


動詞をランダムでピックアップ
ほそれ揺すぶら博そ適さ掻き鳴らすはりあげる裁ち切っ驚かそ染め出そ書立てるおいはらっ葬れるたばかったっする創り出そ気張っ掲げ押し詰っ叱りゃいいきっ
形容詞をランダムでピックアップ
親しくっつましかっ口惜しけりゃ蒼白かっ淋しき勿体なけれ手っとり早い物凄まじき色っぽ意地汚く芳しき麗々し悪賢くらし暑かっ有難いちかかっよんどころないかたはらいたし小気味よく