「睡り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 睡り[動詞]
中にころげこんで、睡り  まま居睡り  後妻の睡り  わたし居睡り  音に脅かされては、睡り  それに睡り  ひたすらに謝りゐり、どうやらこふやら、睡り  いま熱つぽい睡り  容易にお睡り  大変楽々とお睡り  下でまだ睡り  乍らもつい居睡り  その間に居睡り  彼は睡り  腕はおのずとおろされて、睡り  台所で居睡り  ものにむかつて睡り  嫌になって、始終うとうと居睡り  蝴蝶の睡り  彼女の深い睡りを見つめていると、その睡り  うつうつと睡り  ことは、全く睡り  から、お睡り  その間だけでも睡り  夜も深い睡り  針を持ちながら居睡り  うえに疲れて居睡り  寶兒が睡り  松明仕掛けの睡り  疲れに寝汚く睡り  すつかり睡り  船頭の睡り  ガラツ八を居睡り  實は居睡り  揺籃に睡り  廻転椅子は、睡り  ままに睡り  大通りの睡り  幾夜か、睡り  一時ごろまでぐっすりと睡り  夜明けごろから気色の悪い次ぎの睡り  つて寝て睡り  ちよいと居睡り  擽りで睡り  窮屈そうに腰掛けながら、ついうとうとと居睡り  張果老はまた睡り  コクリコクリ居睡り  夫の睡り  これに睡り  んだけれど少し睡り  明け方の快い睡り  ままでうとうとと居睡り  私はまたうとうとと深い睡り  少女は睡り  睡眠不足にかかっているらしかったが、睡り  能く睡り  少女もときどき睡り  みな深く睡り  平和な睡り  しずかに居睡り  乱次のないからだは、まるで柔らかく居睡り  ときには居睡り  軒下に睡り  殆んど睡り  叔父が睡り  彼はうとうとと睡り  夜仕事に、坐睡り  あたしが居睡り  老師は、睡り  夜以来、睡り  足かけ二日間に亘りばかばかしく睡り  事を考えて居るか坐睡り  子は早く睡り  まま、うっとりと睡り  安らかな睡り  隅に睡り  寝台にのぼって、改めてすやすやと睡り  杜は睡り  引取りまして、そして睡り  演奏中に居睡り  兼て睡り  そこに睡り  今度は深い睡り  今度は、深い睡り  われは睡り  もうこくりこくりと居睡り  直ちには睡り  農夫が居睡り  朝方まで睡り  なかからズッと睡り  うつらうつらと睡り  老婆が睡り  ようになって坐睡り  静かに睡り  頭をつっこんで、はっと、睡り  彼はいつともしらず睡り  とき玉太郎がはっと睡り  ひとり火をたいて睡り  ような睡り  前後もしらず、深い睡り  五分の居睡り  静かな場所へ睡り  魔睡し、睡り  馬上でうとうと居睡り  落れども睡り  音をきいて睡り  匂いを嗅ぎながらふたたびうとうとと睡り  復一の醒めてまた睡り  暁の睡り  人の睡り  枕をならべて深い睡り  夜更に、睡り  のは、睡り  検視では睡り  しかしその睡り  何者にか睡り  モルヒネの睡り  例の睡り  三人に睡り  問題の睡り  女中は居睡り  彼は、長き睡り  ひろ子を居睡り  ものは睡り  前後も知らず睡り  仰向けに寝転び、やがて深い睡り  二人とも睡り  家並の深く睡り  一息で、睡り  岩角に居睡り  肩へかしげて睡り  為にうとうと居睡り  うつとりと睡り  風が睡り  匂を嗅いで睡り  やうにもう睡り  スヤスヤと睡り  氷結、睡り  ダラシなく睡り  限りの睡り  心に思ひ、再び睡り  だらしなく睡り  上で睡り  二十四時間は睡り  冷やかであったが、睡り  ぐつすり昼寝した、寝たいだけ寝た、睡り  まま、どうやら居睡り  僧が居睡り  永遠の睡り  刻程睡り  島さんが出て行くと間もなく、うとうとと睡り  安心して、またうとうと睡り  後悔に襲われると共に、睡り  看守は多く居睡り  食慾も起るし、また睡り  うちに睡り  反動で、睡り  僕は睡り  このごろよく居睡り  ふるさと、睡り  処でもあれば、その睡り  得飲まで睡り  私は深い睡り  ころは深い睡り  口を開いて睡り  柔かい僕の睡り  急に睡くなってグーグーと居睡り  わたしはうとうと睡り  蔭でウトウトと居睡り  声に聞き惚れていましたが、間もなく聞き疲れてしまって、又うとうとと居睡り  お話を聞きながらうとうとと居睡り  くせ自分はキョトンとして居睡り  ここでは居睡り  人達は誰もかも深い睡り  足を延ばしたり、歩きながら居睡り  いましも甘き睡り  船長も、いつの間にか深い睡り  上に、睡り  僕は時々居睡り  四十男が居睡り  恰好をして睡り  給へ、睡り  乳が足りて睡り  吸ひて睡り  八木君はいつとも知らず睡り  僅かに睡り  時、睡り  ために睡り  何をもいはず、睡り  動きで、その浅い睡り  晩ずっと睡り  夜が更けると居睡り  幾時間かをぐっすりと睡り  受くるによりて睡り  わが睡り  後彼も睡り  酒や睡り  俄かに射れば睡り  夜も睡り  巧みに睡り  聲とはわが睡り  氣を失ひ、さらに大いなる睡り  けが、睡り  吾人が睡り  らに睡り  腕をくんで睡り  帳場で居睡り  統治むる敬我をして睡り  汝の睡り  なほ深き睡り  婆さんが、そろそろ居睡り  自分は居睡り  日向ぼっこをして睡り  彼の睡り  その間ぼくは、うとうとと睡り  ぼくは睡り  不足な睡り  横になるより快く睡り  頭から被って、小さくなって睡り  袋に這入って寝て睡り  疲れ果てて睡り  専斎はうとうと睡り  半分うとうと睡り  市の睡り  僕は深い睡り  器械に向って、立ちながら居睡り  気もちよく居睡り  ウツラウツラと睡り  ちょっと一と睡り  破れや睡り  そのまま深い睡り  幾日か睡り  独りぐっすりと睡り  便所へ入って居睡り  応接間に睡り  百年の睡り  



前後の言葉をピックアップ
眠らせろ  眠らそ  ネムリ      眠り  ねむり  眠り込ん    眠り


動詞をランダムでピックアップ
おぼえこん具わっ咲きこぼれ飲み干そ散っひまど撓ん打って出るまようつぎたせる投げ入れる比べよつんざき取っつけまとえ持た獲りゃ信ぜ雪ぐまさろ
形容詞をランダムでピックアップ
よんどころなし鋭かっ冷たうおいしゅう人なつかし遠かれもったいなき涼しかろかゆかったやすかっ多からあつきくすぐった手軽き小ざかしかくいたけりゃ貧し怪しけれ空ぞらしく