「眠」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 眠[動詞]
夜の目も眠  促がして帰って眠  疲労を感じて眠  気楽そうにぐっすり眠  

形容詞

~ 眠[形容詞]
から眠  好く眠  大安眠  朝眠  枕刀眠  そり眠  いつも眠  よき眠  屹度眠  まだ眠  重苦しい眠  ハニ眠  同時に眠  そのまま眠  みんな眠  よく眠  もう眠  病牀眠  しきりに眠  しか眠  ずいぶん眠  起居眠  恐ろしい眠  酔眠  ぐつすり眠  夢眠  わざと眠  ニ眠  みな眠  ひどく眠  ぽかんと眠  別に眠  いつものように眠  やっと眠  ガ眠  甘眠  かつて眠  かに眠  少し眠  深い眠  未だ眠  何時の間にか眠  直ぐ眠  つて眠  疲れた眠  余り眠  やはり眠  永遠に眠  けた眠  先刻眠  間眠  はや眠  よい眠  シテ眠  スリ眠  ぐうぐう眠  いつか眠  まま眠  花眠  少々眠  ぐっすり眠  懶い眠  半分眠  すこし眠  再び眠  位眠  やや眠  入道眠  時間眠  暫く眠  軽い眠  無性に眠  うに眠  そろそろ眠  時々眠  若々しい眠  いままで眠  なく眠  きっと眠  ハ眠  ない眠  白々しく眠  クハ眠  小眠  早く眠  中眠  高眠  半ば眠  今眠  午眠  その間眠  ぐつすりと眠  こと眠  すでに眠  

~ 眠[形容詞]
やうに眠  一人が眠  眼を眠  森村は眠  森村が眠  温かに眠  女の子は眠  平和に眠  依子が眠  はずに眠  例の眠  猫が眠  中庭に眠  底に眠  肩に眠  主婦は眠  母親は眠  蔭に眠  様に眠  今夜は眠  非常に眠  一日沸ぎっている湯が眠  あなたの眠  権右衛門は眠  誠吾は眠  僕などは眠  お父さんの眠  海は眠  安らかに眠  ゆるやかに眠  三吉は眠  種夫は眠  産婦の眠  二英が眠  奥で眠  外記は眠  枝が眠  叔母は眠  休み時間に眠  河野は眠  六時頃まで眠  さも眠  河野の眠  私が眠  昨夜私が眠  疲れと眠  サチ子が眠  君と眠  のか眠  子供は眠  古賀は眠  自分だけは眠  呼声も眠  彦兵衛は眠  今は眠  藤吉は眠  美野さんが眠  鳥が眠  鐘も眠  一室に眠  夜の目も眠  何か眠  永久に眠  そうに眠  磯が眠  余が眠  野ウサギの眠  彼女の眠  私は眠  夜が眠  自分の眠  實も眠  あなたは眠  やすらかに眠  和尚さんは眠  婢は眠  無闇に眠  裏からは眠  折の眠  女中達が眠  少年は眠  花甚平の眠  軍隊の眠  炬燵に眠  合つて安らかに眠  人物が眠  あちこちに眠  傍に眠  内では眠  吉蔵が眠  方が眠  チャンウーは眠  彼が眠  急に眠  声は眠  ボーンという眠  うちに眠  文次は眠  あっちも眠  さん夫婦は眠  今村はさも眠  ところに眠  前後不覚に眠  清吉は眠  しづむまで眠  省作は眠  彼方で眠  市之助は眠  原田は眠  ホローの眠  

[形容詞]
眠後  眠曠野  眠ている源次郎  眠そう  眠も冷  眠から  眠ルモノ  眠中  眠さ  眠起  眠食  眠氣  眠すること  眠ている子供  眠て夢  眠レル  眠たげなもの  眠てもらふ場所  眠でもすると三  眠む  眠テ  眠せむ  眠ている祖母  眠目覚  眠たげな木々  眠てゐるの  眠するの状  眠ル  眠てるの  眠山荘  眠たげなポチ  眠てるところ  眠も朝  眠てるん  眠白  眠込んでいる友人  眠入っていること  眠がる留吉  眠入ったか  眠むら  眠入っているもの  眠蔵  眠時  眠奇警  眠がるとき  眠ている磯  眠ているあいだ  眠込んでゐる夫  眠み  眠てしまうの  眠たげな先生  眠けが  眠がって居らっしゃるよ今頃  眠ラザルニ  眠てしまうじゃいわからん  眠ていりゃ幸  眠むくなつ  眠かすか  眠たげな感覚  眠続けている伯父  眠たげな地域  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
眠むそうにひょこひょこ歩いた  眠むそうな薄色の合歓の花はぼやけた  眠がつてゐる  眠も冷刻なる  眠が低かつたせゐだ  眠につづいている  眠が冴えるばかりだった  眠をつづけています  眠むくてたまらぬ  眠を貪るに如かず  眠に朽ち  眠に落ちかけた  眠がつてゐて  眠に就いた  眠入るのを待っていた  眠に入れないのに  眠に入る  眠につけり  眠をして  眠に陷ちました  眠の中に天使が彼のために神の座の前に奏する  眠を覚さず  眠に入つて了ふ  眠入ってしまうまで  眠覚ましてくれる  眠を妨げぬ  眠つてる間に殺した  眠を驚かして  眠に陥ちて  眠に襲われて  眠からさめると  眠をしておる  眠にある  眠足りないような赭い  眠に赴むこうとする  眠の具となせり  眠がつぶれてから  眠から覚めたい  眠に入った  眠に陥った  眠を破った  眠元朗は纜をといてから  眠元朗は水馴棹を把った  眠元朗はひとりで微笑いながら  眠元朗は棹を休めて  眠元朗をかえり見た  眠元朗は心のかたくななのに暫らく沈みこんでいた  眠元朗は返辞をしないで  眠元朗の目にうつり過ぎた  眠元朗は静かではあるが  眠元朗は悒悒した  眠元朗はあんなにまで清浄な心でいた  眠元朗はその娘の髪の上に自分の手を置いて  眠元朗はしばらくしてから  眠元朗の耳もとをつんざいた  眠元朗は娘と同じ方向に眼を遣ったが  眠元朗はその娘の瞳を悲しげに眺め  眠元朗は女につづいた  眠元朗を見  眠元朗はふと女が同じ腰樹けに坐って眠っている  眠元朗は舟に片足をかけ  眠元朗はそれを目に入れると  眠元朗の方に向いて  眠元朗はあたまを掻いて  眠元朗はあわてて  眠元朗はこんどは娘の方をふり向いて見たが  眠元朗はすこし仰向きに  眠元朗も立ちあがった  眠元朗の姿がしだいに近づく  眠元朗は考えながら  眠元朗は掌につたわる  眠元朗があちゆき  眠元朗は目にうつし  眠元朗はこの褐色の晩景をあるく  眠元朗は退  眠元朗はいまさらのように四辺を回顧しながら  眠元朗は遠い世にあっては  眠元朗は岩壁へ出て  眠元朗にはやはり退  眠元朗は娘をはじめて女として見る  眠元朗は黙っている  眠元朗は低い湿り気のある  眠元朗は岩壁の坂を下りながら  眠元朗は脇の下にある  眠元朗は黙って  眠元朗は何故か返辞ができなかった  眠元朗と娘とをみると  眠元朗のその言葉はむしろ冷やかすぎるくらいの  眠元朗をちらりと見た  眠元朗は寄せられた  眠元朗はもう燃えるだけで燃えきった  眠元朗はちくりと胸を螫された  眠元朗はそのときふと娘の眼をみた  眠元朗は思った  眠元朗は昂奮している  眠元朗は娘がそう遣った  眠元朗のさびしい顔にはたぎって走る  眠元朗は急に胸が拡がる  眠元朗は娘を渚へつれて行って  眠元朗はしゃがんで  眠元朗の目は湿うて  眠かしてくれ  眠に落ちた  眠の翼がとつくに飛び去  眠から匍出した  眠をさました  眠を貪る  眠をさまされる  眠から覚まされた  眠に就こうとすると  眠を破られた  眠に誘はれた  眠の境に誘った  眠つかれない  眠に入ら  眠を誘ふ  眠に陥入った  眠を真向うに見合せて  眠むそうな声で真面目に言った  眠を驚かした  眠に陥る  眠のやうな状態で意識してゐた  眠入つたわらんべをかいのせて  眠に就く  眠をしてゐるでせう  眠を貪り  眠にひき入れられて  眠を湛へて面白き夢見るが如く起きんともせず  眠に就けなかった  眠から覚めた  眠に就きし  眠を妨げず  眠つくことができませんでした  眠に沈む  眠の中から鞭うち起された  眠を破ってしまう  眠入ッた風をして見ても  眠入ッてしまう  眠のような幕を掛けて  眠に落ちている  眠を貪った  眠に成ましたが  眠に快く身を任せます  眠をしてゐた  眠を醒ますまいと  眠を守り  眠と戦つて見た  眠て居る  眠むそうな声で訊いた  眠つかれなかった  眠から眼をさまして  眠ねず起きたる  眠半醒の状態で床上に苦しんでいたが  眠の状態にいて  眠を貪っていた  眠てみたいなどとも感じて  眠を得る  眠を破  眠にくだる  眠のうちに記憶をとどめているが  眠に沈んでしまいました  眠むそうな自分の顔がぼんやり硝子に映っている  眠に落ちつ  眠を驚かし  眠入ることなどはむろんできない  眠に沈んでいった  眠をしているかも分らないわ  眠つかれなかつた  眠むそうな顔をした  眠の中にいかなる夢をや見る  眠を催す  眠むそうな声をして  眠に就いたと思う  眠入ってしまった  眠のみなめざめ  眠に就こうとする  眠より覚むれば  眠かありませんわ  眠をぶっている  眠が覚めた  眠がおしまいになって  眠から覚めかけた  眠入つてし  眠むさうな花びらをじわりと開いた  眠入つて居た  眠の足り  眠なんていう  眠やしない  眠むそうな顔をしている  眠から醒めたという  眠に落ちる  眠がつてゐるかを表すべく  眠を続けようと思う  眠から醒まされたと  眠から醒めた  眠も夜も半にて神秘の幕は垂れにけり  眠を引き  眠に彼を引き入れて行った  眠にさそう  眠に就かざるを得ない  眠が出る  眠就かれなかつた  眠とうなった  眠むそうに投げて  眠を催すに  眠食するをいうにあらず  眠に沈んだ  

~ 眠[名詞]1
後から眠  永久なる眠も  ために痛みながらも眠が  しずかに眠を  隠士の眠  夜の眠を  長久の眠に  靜なる眠の  眞の眠を  絵の眠  容易に眠に  喰して眠に  夜話半ばに居眠を  彼は眠の  村叟の眠を  安かな眠に  一人安らかな眠の  毛布にくるまって眠  知覚に眠  人の眠を  健やかな眠に  小野田は眠から  昼間居眠を  容易に眠  安らかな眠に  一夜の眠から  音を確かめながら眠に  穏やかな眠の  香のする眠に  自覚と共に眠を  纜を解きかけていた眠  あざやかに眠  いまも眠  膝をした眠  窓ぎわへ寄って眠  夫である眠  窓からはなれた眠  生活は眠  女は眠  復た眠から  わたしの眠を  声に眠を  明け方の眠から  び覺ぬ眠に  陰森として眠を  安らかな眠という  二階に眠  ぢきに眠  市民の眠を  から安かな眠を  うちに眠  永久の眠に  椅子に居眠を  長夜の眠を  顏に眠を  寂然と眠に  蓐に入り眠に  雨漏りにも眠を  雨漏りても眠を  冬の眠から  老年の眠に  夜の眠の  行長の眠を  眼を閉じて眠  意識に眠の  彼も眠を  疲労から来る眠に  夜の眠に  彼女の眠を  清浄な眠を  全力を振つて眠と  頭が冴えて眠  太平の眠を  安穏に眠を  太平の眠に  ざまに眠に  同様な眠に  三毒の眠を  いつまでも眠  我は眠を  死てふ眠の  死は眠  忠茂俄に眠を  復た眠に  静寂の眠に  ようにして眠に  感謝して眠に  前後不覚に眠  日たけて眠より  音に眠より  死の眠が  畢りて眠に  そうに笑って眠に  他愛なく眠  上で眠  うちに眠なんて  余は眠から  奇異な眠に  途中で止めた眠を  一人毛布に包まつて眠に  独断の眠から  足音に驚きて眠  贅沢な眠から  さびなれや眠を  萬象の眠も  肉体をもって眠に  さに眠  食後に眠を  彼は眠を  健な眠に  

~ 眠[名詞]2
深い眠  苦眠  わが眠  酷く眠  ひどく眠  懶い眠  まだ眠  懶眠  軽い眠  同時に眠  折々眠  少し眠  もう眠  やっと眠  快い眠  なかなか眠  よく眠  心地よく眠  久しく眠  無い眠  うとうと眠  直に眠  安き眠  ちっとも眠  別に眠  永い眠  

複合名詞
眠つて  皆眠つて  朝眠  倦來樹下眠  枕刀眠曠野  枕蠹書眠願有終  二眠  眠つてしま  眠つた方  眠つた  眠むがらずに  眠付  客眠  眠不足  漁眠洞さん  魚眠洞君  ぐつすり眠つた  眠ッ  みんな眠つた時  眠つた街  レイタンナ風ガ渡リミダレタ髪毛ニ苦シク眠ル人ガアリシバラク太陽  酷薄曝ラサレタ歌殷賑タレ歯モ露ハニ眠ルモノ死ノヤウニ  眠ラズ冬  眠ラズ  間眠  今頃眠むがつてるべ  ぐつすりと眠つて  眠つて眼  眠つた眞  眠氣  何時間眠つたの  うに眠つて  みんな眠つて  ぐつすり眠つて  眠むりこけている店員たち  眠むりこけている不潔  眠むり  青眠洞主人  青眠洞  眠つたら  眠眼  眠かす  眠む土耳古  眠つたやう  眠食  眠つた雀  眠げ  いつか眠つて  眠つた間  皆眠つた  眠りつ  眠つた家  眠つた夜道  居眠姿  眠薬  眠りよ  なほ眠つて  眠つた頭  眠つてしまつて  眠つたふり  眠つたの  眠つたまま  眠つた心  眠つて頂戴  それなり眠  眠つた振り  うに眠つた  乍ら眠つて  眠む気  乳房フクンデ眠ッテイタ  十四時間眠つて  眠むたい三味線  眠つてすべて  眠むった振り  眠つた鳥  いつか眠  昼眠  踏壁眠  眠む気ざま  眠むがる人  眠つて了  まま眠つて  みな眠つて  通り眠つて  眠流し  眠流祭  眠つたつもり  眠レマセン  眠つてしまつたの  眠りや  つて眠つた  居眠  掃地焚香閉閣眠  眠つて駒込  眠つたところ  眠つた真似  眠つてたんぢ  つてぐつすり眠つて  眠猫  昨夜眠つた宿屋  酔つて居ぎたなく眠つて  唯一人残つて眠つて  眠入りば  船窓今夜眠  眠みなさい  逸眠  眠獅  眠つて子供  魚眠洞随筆  眠つて二階  居眠ッ  レ眠  眠つてしまつて九時  眠ツ  ぐつすりいそいで眠つたの  眠つて仕舞つたの  村中眠つて  眠るい  つてぐつすりと眠つてしまつたの  眠らん  間眠つたの  ぐうぐう眠つて  眠らい  眠むら  數時間眠つた  スリ眠つて  西眠東食是  半ば眠つたやう  眠氣覺  眠つて了つた  三眠  我酔欲眠卿且去  大人昨夜眠熟  たくさん眠つた罰  眠つたん  一身憔悴對花眠  眠つたこと  花眠山荘主人  眠つて吶喊  眠就ら  眠ろう  眠呆け  声々喚起百年眠  こと眠つて  先づ眠  眠リニツカントスル貴船乗組  絵師眠白  眠白  眠白様  仏画師眠白  主人眠白  合つて眠つて  李竜眠  幾分位眠つた  眠つたまま息  眠ろうと  さうに眠つた振り  眠つて仕舞  ひつそり眠つて  眠つて夜  眠入り  眠むたさ  眠むたいばかりに  スツカリ眠つて了つて  眠つた安らか  スッカリ眠つて了つて  醒半眠  眠つたらこれ  眠るみたま  天眠様精様京  ぐらき眠  眠つた枕邊  眠相  眠つた枕辺  瀬戸半眠翁  眠息  眠行  眠中  ハニホ眠息  一部分眠息  眠つた朝  眠つき  間眠つた  夜眠  ぐつすり眠つてしまつて  眠む内  三種眠法  魚眠洞  つぶつて眠つたふり  声眠  魚眠洞等  眠剤  眠むげな軍曹  眠りか  つて漁眠洞訪問  魚眠洞居  うに眠入り  半分眠つて  眠つた子供  つて眠つて  竹庵眠雲宗匠  其儘眠つて  眠むつ  終夜眠  ぐつすり眠  眠むたげな単調  加藤眠柳君  眠むるまも耳  眠つた深夜  眠むるべく  酔つて眠つて  醉つて眠つて  眠たか  眠とら  眠ツテイルジヤガイモサンヲユスブリマシタ  グウ眠リコンデシマヒマシタ  成つていつか眠つて  眠むたそうな顔  眠つておいで  三分眠つて  心相肖像暁眠旱倹  暁眠  眠むたげな色合  眠りん坊  眠むがってるでな  居眠つて  眠つた子  眠つた月日  ろ眠  眠熟  眠花  幻覚痳痺性眠剤  幻覚眠剤  ひとつ眠剤  葬むりて眠  眠つた竹丸  独り眠つて  眠つて頭  二花下一眠  李龍眠  その間眠つて  眠つて六時  眠つて終  今夜眠つた  眠駱駝物語  眠つて目  



前後の言葉をピックアップ
  睡り  眠り  ねむり  眠り込ん  眠り  眠り薬  眠りこけ  ねむりこけ  眠りこける


動詞をランダムでピックアップ
跳ね出さ焼き付いだまさ砕か至ろひきずりこみ遵いゐれ捕まえろつから励ん立ちつくす呑みこま見限っ目ざめよ立通そ芽吹いなげこま慰める見なれ
形容詞をランダムでピックアップ
しるからあぶなわざとらしきしんきくさ息苦しかっにがく難しいふさわしけれきつい危なげなくやしから粘っこくわかり易かっ速し細々しくよんどころなけれ幽い忙しゅう罪深い晴がまし