「睡」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 睡[動詞]
三月廿四日おこされるまで睡  私もいつしか睡  六月廿七日曇、よく睡  二時間も睡  竹が睡  終日籠居、睡  寝巻に着替へて睡  二人とも心地よく睡  私は酔うて睡  月を観て、しんみり睡  今夜も睡  喘息らしくなる、睡  やすらかに睡  やうやく睡  終いうとうとと睡  目にチラついて睡  二時間の睡  うちに睡  急に睡  あたり前の睡  猛烈に睡  ツ伏して睡  やうに睡  それからはどうしても睡  私はちつとも睡  いつまでも奇妙な半睡  先刻うとうとと睡  その間ぢゆう睡  顔つきの睡  鼾で睡  空襲警報が、睡  顔を向けて睡  赤ん坊はすやすやと睡  睡蓮の睡  堯は半睡  床甘睡  晩に限って少しも睡  ここで睡  妙子が実際睡  僕が睡  時に、睡  誰かが睡  世界か、または睡  倦いたらしく、睡  歩哨もたうとう睡  心をかすめ、半睡  ほのかにまじっていて、快く睡  適度の睡  眼は睡  花は、睡  こっちは睡  将校連の睡  ように睡  父親は起きあがって、睡  さは睡  てゐりや、睡  お腹がくちいと、うとうととなって居睡  りうとりと居睡  まろはもう睡  食慾もあつたし、睡  余も睡  幾時間でも睡  其処には広い睡  私は、睡  それに睡  夜空に残し睡  劇しく噛み、睡  表で睡  一刻の睡  俺は睡  食ふ、睡  腹が空いた、取って食う、睡  彼は睡  このごろはほとんど睡  気懶い睡  言葉と思い合せ、睡  後妻は睡  静かだから、よく睡  疲労と睡  訳であるが睡  行つて見よう、軽い睡  燃え、そして睡  豊ちゃんが、睡  董承は、すっかり睡  俺もすこし睡  静かに睡  寝息をたてながら睡  りこくりと居睡  前にうとうとと居睡  眼を睡  頭も睡  ぼんぼん時計も睡  中にふかく睡  さああおそろしいああ睡  推移しろああ睡い睡  鷄が鳴いてゐるああ睡  ぶつ倒されるほど睡  それでいいああ睡  暖かい食物をとり、大睡  ことをするとなおさら睡  労作と、睡  不愉快な睡  ルミ子は睡  自分を、半睡  可愛い顔、優しいまだ睡  露を浴びて、睡  随って、睡  目をつぶったりして、いかにも疲れて睡  光長は睡  宿直部屋に行って、しだらなく睡  のにかかわらず、睡  お辞儀を睡  わきに付き添って、睡  愛子はやがてようやく睡  悲哀とも睡  ような、睡  残りの睡  まり暖いので、睡  傍をかえり見て、睡  安らかに睡  から露子は睡  から床に這入つたので、重々しい睡  子供は半睡  不愉快にしてゐるその同じ睡  なつた睡  活溌で睡  安定してしまって、ぐっすり睡  今は打たなくともいられる、睡  枕を高うして睡  太陽の下では睡  人は又うとうとと睡  文学研究会は、狭い、睡  海に流し、年中睡  閑人ならば、睡  時に睡  者ほど、この睡  局限して、主として睡  者を、睡  のは、決して睡  天国の微睡  事も、居睡  うつかり居睡  車中で居睡  万作は睡  空に睡  家で、居睡  私は睡  今度は睡  へん疲れて、睡  私の睡  牛が睡  心はあまくしめつけられ、まるっきり睡  半ば好奇的に睡  うちにそろそろ睡  眼に、どんより睡  記の睡  ことも睡  様だと思って居ると、睡  今朝までぐっすり睡  さっきまで睡  己の睡  夜を睡  から自分の睡  自分に睡  脳髄は、そろそろと睡  先刻警官の睡  意識的に睡  霜に睡  枕上より睡  兄い、睡  ものか睡  二階でうとうと睡  一人ずつもぐりこんで、半睡  音が睡  こまやかに、睡  心地になって睡  小春日和の睡  力無く睡  完全にぬけきらないと見えて、いく分睡  往って寝たが、睡  微かに洩らすかと思うと、又すぐに睡  のかと思うと睡  うつらうつらした半睡  夜あけごろ、半睡  プラウを返せそんなに睡  上では居睡  何ぢょするんだ、なんて睡  僕は半睡  めに睡  ちよつと睡  ような睡  ひとを睡  牡丹花下の睡  ポチも睡  代表した睡  魂の磨かれるにつれて、睡  ふつて別れると、忽ち快い睡  測候所が、睡  ぐつたり席によりかかつて睡  ぐつたりつかれたやうに席にもたれて睡  いままで睡  夜がふけて睡  宿の睡  披げた上に坐睡  一日中うつらうつらと睡  ためすっかり睡  洋燈から風と睡  レーキあんまり睡  桐が睡  日光から薄い睡  ひとり長く甘睡  上り、睡  ツイうとうとと睡  ちょっと小首をたてて、睡  使用に堪えない睡  子供のごとく睡  ほうにひっ込んで睡  のかと睡  極楽の甘睡  安眠と甘睡  閉ぢて睡  裡に睡  父もよく睡  頃はよく睡  私は依然睡  私も睡  とろとろとする甘い睡  船が着くまでの睡  股火をしながら居睡  たまへば、睡  昼寝の甘睡  七兵衛が甘睡  のは、パッと睡  から非常に睡  スリと睡  ぐつすりと一夜を睡  夢をむすびながら、ぐっすり睡  夜、睡  わしが睡  やうにきちんとしてゐたが、睡  お客さんは睡  邸宅の並んだ睡  腰に締めつけながら、睡  フラフラで睡い睡  硝子戸からさして睡  叔母が居睡  村長と睡  障子にあたり睡  それは睡  身を横たえ、ぐっすりと甘睡  中へ入ってもぐっすり睡  彼は、睡  ナヂェージダの睡  食後の睡  あるがままにうっとりとして、半睡  帰りをそそのかされて、睡  鈴の音に、すやすやと睡  人は睡  空二はまだよく睡  若者はうす睡  ことで睡  腰かけにうつむいてまだ睡  ことにして睡  考える力もないくらい睡  弟は淋しがるだらうなと考へて、睡  ンと消して、堂々と睡  屋根などが寂しい睡  敷物は半睡  茂みは愛するものの睡  自分は睡  敵を見る遠い睡  敵を見る睡  あてなどが睡  先刻からグラグラして、ひどく睡  無為に陥って微睡  二三日の睡  身を起して、睡  健は睡  グラチアの半睡  母親は、睡  階上に睡  ぐつたりと瞑目して睡  拍子に睡  動きもせずに、睡  やうもなく実に睡  時は睡  二階で睡  死臭に満ちてゐて、睡  真昼の深い睡  微風が睡  眼も睡  触感が、冷たくも何ともなくて更に更に甘い睡  手をふりながら、睡  急に、微睡  けた、そして睡  ぐつすり昼寝した、寝たいだけ寝た、睡りたいだけ睡  白粉をつけた、さすがに睡  三人ともしきりに睡  サンタル人は、睡  特に世話して、睡  体の腐るを防ぎ、睡  犬も睡  日本一太郎は、睡  余の睡  音に睡  空腹が睡  大分老耄して居睡  蹲み、睡  草川巡査は睡  何事かと思って睡  疲れたせいか、いやに睡  女中が坐睡  わたしどもはうすら睡  うちにいつとなく睡  千九百九十の坐睡  私はまだ睡  字に折りまげて、そして睡  そこに睡  光景が睡  燈りを睡  音、睡  腕に埋めて居睡  数分時の微睡  口を結びてさながら睡  彼の睡  一寸も睡  彼は居睡  街路樹の睡  ベンチに腰かけて居睡  力で睡  パッチリと、睡  やうな、半睡  裡に、暗くて睡  衰弱し、睡  彼らは睡  なかで睡  安心して睡  ように、ふらふら睡  音を聞くと、睡  ところは、すこし睡  寄懸って、もう居睡  私、睡  女中どもが睡  眠りを睡  飮み、睡  頬杖をつき、半睡  中に睡  体に沢山ゐれば、睡  宗助は半睡  倚れて坐睡  朱色に睡  もので、もう睡  破れがちな微睡  女中部屋で居睡  私は快く食べ快く睡  一時を知らせたのにどうしても睡  魔王みたいに睡  さに、睡  事実も、一旦睡  君江は睡  馬鹿に睡  それが睡  新子は、すっかり睡  横になっていたが睡  眼が冴えて睡  上でさも睡  蜻蛉が、居睡  前に、かならず半睡  微温と微睡  不時に睡  ように抱いて、睡  飽食と甘睡  貢さんが睡  僕も、すこし睡  これが居睡  床をお取らせになって、お睡  じろう森黒くあらし睡  団扇をつかって睡  新内のながしも通るのに、ほんとに睡  涙に、ほんとに睡  風にささやく、ほんとに睡  叔母の睡  お鍋が睡  明かになり、睡  うちにはまた睡  片隅で、睡  顔をおっつけて睡  下働きが睡  トテも睡  叔父はこくこく坐睡  事なれば、次第に睡  それ以前より睡くて睡  食後の微睡  眼をつぶって微睡  うちに、いつとなく睡  我にもあらずそろそろと睡  下宿に帰って睡  黒髪を取り返し立ち去ると見ればたちまち睡  この声に睡  者、働きていたりしに、頻に睡  のか、睡  のか睡  彼女は、睡  僕ちっとも睡  そのまま困睡  家に飛び込んで、まだ睡  とろとろと居睡  なまくら雀の居睡  うつらうつらと居睡  お前さん、睡  疲れと睡  鏡の睡  夢は睡  つぎに、わが睡  裾には、睡  私達に睡  少年がそろそろ睡  私はとうとう睡  私はやや睡  将軍に睡  我は恰も睡  民ありて忽ちわが睡  非常に睡  時移つて、漸く睡  らに睡  貪食の睡  將に睡  それからすぐ睡  安らかにのびのびと睡  うつとりと睡  僕はひどく睡  おれも睡  尾をたらし、睡  お前どうだな、睡  今日はなんだかたいへん睡  陰気に睡  目を開いて睡  朝まで睡  空気の睡  シンは睡  気になる迄居ります、睡  ここで半睡  頃まで睡  章はいつの間にか睡  小一郎は、快い睡  艶かしい、居睡  この間、あんまり睡  人をして睡  中から起すまじ、も少し睡  僕はあまりの睡  途端に睡  うちから起すまじ、も少し睡  やすや睡  悟浄は、睡  対局からは、もう睡  ワアワア騒ぐと良く睡  音を聞いていると睡  時間の睡  トロトロとする甘い睡  一時に睡  ように睡くて睡  それを聞きながら睡  のでは、一層睡  兎に角、睡  うちにたまらなく睡  消化して睡  私は目覚めてゐたが、睡  答へを忘れ睡  夜、かりの微睡  容易に睡  まり乍ら白日の微睡  希代にのべつ、坐睡  按摩の坐睡  うちは、またその睡  持病の坐睡  按摩が決して坐睡  男は睡  やつと睡  



前後の言葉をピックアップ
寝間着  ネマキ  ネマホシ  寝乱れ髪  寝耳  ねむ  ねむ  ネム  眠い  ねむい


動詞をランダムでピックアップ
しのば伝っ憎まれれおびき受から具え分けよ罰さ措い使い分ける老いぼれる栄えさがっ詠めれ片寄せる食い違おつらなっ似かよい曲げろこやせ
形容詞をランダムでピックアップ
用心深態とらしくわずらわしうらやまし慎ましかっ速くなまぐさ用心深かっややこしい弛く恋しから心づよとめどなし浅黒きもだしがたく軽けれ堪えがたくあやしきつめたかっ