「疑っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 疑っ[動詞]
僕を疑っ  からあんなに疑っ  孝助を疑っ  のではないかと疑っ  事を疑っ  僕の疑っ  のではないかとさえ疑っ  自分だかと疑っ  真偽を疑っ  それを疑っ  富士に問いかけ、疑っ  身がまえしながら疑っ  底より発せしめ得るであろうかを疑っ  のではなかろうかと、疑っ  関係があると疑っ  男ではないかと疑っ  私、疑っ  間を疑っ  杉村さんは疑っ  ことを疑っ  眼を疑っ  耳を疑っ  風に疑っ  筈はないと疑っ  ものは疑っ  成功を疑っ  計算を疑っ  もの、疑っ  男を疑っ  精神分裂症ではないかと疑っ  綱さんを疑っ  言葉を、よろこんでいいか、疑っ  たびか疑っ  方にしてみれば、そう疑っ  実在性を疑っ  彼は疑っ  彼を疑っ  教師を疑っ  のだろうかと疑っ  感覚を疑っ  わたくしを疑っ  押売りではないかとさえ疑っ  君を一応は疑っ  君を疑っ  悪漢だと深く疑っ  所為じゃないかとさえ疑っ  わけでないから、疑っ  風向きを疑っ  私を疑っ  何者かしらと疑っ  廻し者だと、疑っ  さまを疑っ  人がどうしたかと思って、疑っ  こともないが、一々疑っ  一面では大いに疑っ  エチガライを疑っ  私は疑っ  わたしをきっと疑っ  から貴公を疑っ  夢ではないかと疑っ  自分は疑っ  俺らを疑っ  他殺であると疑っ  不信といっても一々疑っ  ぞんざいに扱ったと、疑っ  どちらだろうかと疑っ  ように疑っ  証明を疑っ  それぞれ人を疑っ  万人を疑っ  近親を疑っ  話を疑っ  フサは疑っ  丞を疑っ  我々を疑っ  光を疑っ  のではないかと一旦は疑っ  のではないかとも疑っ  賊徒とは思われぬが、一応疑っ  にわかに怪しみ疑っ  一時でも疑っ  言を疑っ  父は疑っ  ばかでないかと疑っ  思考力を疑っ  性関係を疑っ  十二分に疑っ  関係を疑っ  犯人について疑っ  女を疑っ  私は決して疑っ  キンギン国を疑っ  司徒を疑っ  身かを疑っ  方を疑っ  テオバルトを疑っ  昂揚状態に入ったかと疑っ  あんたは疑っ  変に疑っ  楊奉は、たちまち疑っ  先に疑っ  呂布を疑っ  しかしまだ多少疑っ  心を疑っ  合理性を疑っ  死因を疑っ  頭を疑っ  袁術は、なお深く疑っ  曹操は、疑っ  皆の疑っ  関羽は、なお疑っ  張飛はいよいよ疑っ  計にかけてあるので、深く信じこんでおり、疑っ  幹は、なお疑っ  身を疑っ  ものと疑っ  かじぶんを疑っ  のだろうかと時々疑っ  ことを少しも匂わせなかったと云って、少し疑っ  目を疑っ  真理を疑っ  兵符を見ては、疑っ  息子かと疑っ  わたしを疑っ  曹丕は、大いに疑っ  まさか本心ではなかろうと疑っ  青木は疑っ  克子は疑っ  言葉を疑っ  判断を下したけれども、そう疑っ  正体を疑っ  生活について疑っ  出来はしまいかとまで疑っ  散歩しつつあるかと疑っ  位変化したかを疑っ  のではなかろうかと疑っ  決心があるだろうかを疑っ  君が怪しいと疑っ  詭策やある、と疑っ  本気に疑っ  犯人ではないかと、疑っ  私はいったい、なぜだろうかと疑っ  まり早いと疑っ  事でも有ると思って疑っ  お前が疑っ  ねえさんを疑っ  あなたが疑っ  おれを疑っ  疑い通しに疑っ  種類であるかないかを疑っ  のか、そう疑っ  すべてを疑っ  ところのものをも疑っ  ものを疑っ  智恵を疑っ  ために疑っ  もう一度根本的に疑っ  自分を疑っ  ものかとも疑っ  ためになるだろうと疑っ  美禰子を疑っ  今まで疑っ  事まで疑っ  感心して、疑っ  留学生を疑っ  不貞を疑っ  出ではあるまいかと疑っ  権威を疑っ  内心大に疑っ  銀行では、疑っ  自由思想をでも持っていはしないかと疑っ  のではなかろうか、とさえ疑っ  人だろうと疑っ  はずはないが、いかにも疑っ  カルルは少しも疑っ  のだろうと、疑っ  一度は疑っ  人は疑っ  アに、疑っ  友情を疑っ  死を疑っ  今でも疑っ  学者は大いに疑っ  様子を疑っ  妻を疑っ  十分に疑っ  これを疑っ  中条を殺したと疑っ  妻はどうしても疑っ  手ではないかと疑っ  人が住んでいるだろうかと疑っ  梅は疑っ  わたしは疑っ  とき、見ていなかったろうかと疑っ  失敗ではなかったかと疑っ  ほうでは、もうすこしも疑っ  家政婦を疑っ  中毒性瓦斯についても疑っ  兄さんを疑っ  医学知識を疑っ  武蔵を疑っ  ことはないかどうかと一応疑っ  ひとをやたらに疑っ  慈悲心を疑っ  技倆を疑っ  伊佐子さんはまだ疑っ  彼女にありはすまいかと疑っ  価値を疑っ  犯人として疑っ  忠誠をさえ疑っ  はじめて君を疑っ  人は一応疑っ  犬は疑っ  高氏は疑っ  数学を疑っ  一時は疑っ  みじんも、疑っ  覆面探偵を疑っ  何物かをじっと疑っ  違いあるまいかと疑っ  のが疑っ  それからそれへと、疑っ  時から幾度となく疑っ  ものなら、直ぐにも疑っ  不具ではないかと疑っ  眼をみはって疑っ  手だてではないかと一旦は疑っ  最後まで疑っ  天華堂を疑っ  女かと疑っ  物事を疑うとか、疑っ  闖入者は疑っ  空だろうと疑っ  道誉は、充分疑っ  滅茶に疑っ  ことは疑っ  視力を疑っ  誠実さえ疑っ  復一は多少疑っ  ことをまだ疑っ  めにあわされてきたかと疑っ  挙を疑っ  おとよさん決して疑っ  ふうだし、疑っ  綸旨がかくされていたなどとは、疑っ  探題には、まだ疑っ  赤橋を疑っ  自分で疑っ  蝶はまた疑っ  亭主もそう疑っ  下手人と疑っ  位に疑っ  者をも併せて疑っ  仕業であるか無いかを疑っ  六三郎を疑っ  直義は疑っ  ことをすこしも疑っ  正気をさえ疑っ  のかとも疑っ  ちゃんを疑っ  のを疑っ  初めは疑っ  積りであろうと疑っ  否やを疑っ  甚五郎は疑っ  のかと疑っ  対者には、なお疑っ  のではないか知らと疑っ  おまえさん、まだわっしを疑っ  お節を疑っ  引っ張り込んでいるだろうと疑っ  千恵さんはいよいよ疑っ  変に思って、もしやと疑っ  実在をも疑っ  わたくしが隠しているとでも疑っ  みな耳を疑っ  成果を疑っ  平兵衛は疑っ  心事を疑っ  人間を疑っ  凡夫でなくても疑っ  氷かと疑っ  人物と疑っ  いるか、または強く疑っ  顔をして疑っ  のじゃないか知ら、なんて疑っ  兄さんじゃないかしらと、もっぱらこう疑っ  いろいろに疑っ  のかも知れないと疑っ  播磨を疑っ  心からつい疑っ  誠を疑っ  んじゃないかしらと疑っ  魔かと疑っ  亜砒酸中毒ではないかと疑っ  女中か、あるいはまた、疑っ  薬を混ぜはしなかったかと疑っ  おかしいと疑っ  何を疑っ  だれがあえてしうるであろうと疑っ  之を疑っ  顔つきを疑っ  父を疑っ  母はまだ疑っ  姉を疑っ  のではあるまいかと、疑っ  ことを深く疑えば、いくら疑っ  家来が疑っ  辞をすこし疑っ  おのれを疑っ  善良さをも疑っ  彼らを疑っ  ぼくを試しているなどと疑っ  作家ではないかと疑っ  前に疑っ  重吉を疑っ  君は疑っ  皮肉に疑っ  人々でさえ疑っ  人間を、かつて疑っ  惟光を疑っ  のであって、恨まれはしないか、疑っ  これがわかるかどうかと疑っ  事に疑っ  あなたは疑っ  世間も疑っ  ことを言われたりして疑っ  到着できるかを疑っ  ものかどうか疑っ  事柄を疑っ  果たしてできるかを疑っ  ありなしも問わずにいて、疑っ  自分はただ疑っ  人だと疑っ  宮の疑っ  それまでは何一つ疑っ  真実ではあるまいかと疑っ  どこまでも疑っ  女王は疑っ  貴方がたを疑っ  首領を疑っ  自分が疑っ  何にも疑っ  クリストフは疑っ  何かを疑っ  それをゆめ疑っ  翁は疑っ  犯人だとハッキリ云わなければ疑っ  山口を疑っ  朝日の疑っ  たびに、必ずこう疑っ  連中はたいてい疑っ  妙に疑っ  合理的には現に疑っ  蓉子を疑っ  点から疑っ  知らないのではあるまいかと疑っ  間を一寸疑っ  福音書を疑っ  陳を疑っ  玉藻を疑っ  精神状態を疑っ  貞操を疑っ  甚さんが一応いろいろと疑っ  真逆父を疑っ  否かを疑っ  はいよいよ疑っ  方もまた出来なくなるかと疑っ  片隅で疑っ  波状伝播を疑っ  愛想を尽かすだろうかと疑っ  節操を疑っ  盗心を疑っ  空耳かと疑っ  厘毫も疑っ  んですから、疑っ  ここまで疑っ  事ではないか知らんと疑っ  ものかも知れない、とさえ疑っ  ぼくを疑っ  のではないかしらと疑っ  ものかを疑っ  心もちを疑っ  愛を疑っ  ことであるかどうかを疑っ  点も疑っ  家を疑っ  言葉を、決して疑っ  実在いかんを疑っ  のやらと疑っ  者もすこしく疑っ  者であろうと疑っ  ラノン土人を疑っ  たぐいであろうと疑っ  県令は疑っ  騙りと疑っ  説を疑っ  あなたはやはり疑っ  野生があると疑っ  人を疑っ  弟を疑っ  直覚を疑っ  頭で疑っ  のではあるまいかと疑っ  薬剤師を少し疑っ  何人も疑っ  江馬夫人は疑っ  のかと、立ちどまって疑っ  事かと疑っ  今宮さんも少し疑っ  必要があるかを疑っ  仕打かとも疑っ  のだろうと疑っ  確であるかを疑っ  小沢を疑っ  放漫をさえ疑っ  健三を疑っ  程度を疑っ  のだろうかとさえ疑っ  品性を疑っ  のじゃないかと疑っ  視覚を疑っ  私が疑っ  自分でも疑っ  ことはけっして疑っ  のだろうか、なんて疑っ  んじゃなかろうか、って疑っ  バスがいつも疑っ  人たちを疑っ  わたしたちが疑っ  理由から今でもまだ少し疑っ  イタズラであろうと疑っ  誰も疑っ  物を疑っ  存在まで疑っ  存在までも疑っ  せいかと疑っ  一瞬耳を疑っ  ものだろうかと疑っ  スパイではないかと疑っ  門人たちも、疑っ  決心をするかと疑っ  ちょっとばかりも疑っ  清十郎はまず疑っ  腰にさして歩かれるかと疑っ  八が、そう疑っ  せいと疑っ  さを疑っ  さっき父を疑っ  世の中をてんから疑っ  者ではなく、疑っ  化石するかと疑っ  事情を疑っ  のでは有るまいかと疑っ  浦の疑っ  様に疑っ  余とても必ずしも疑っ  夫を疑っ  気短く疑っ  誰かを疑っ  手帳では有るまいか、今更疑っ  秀子を疑っ  余が居るを疑っ  叔父が疑っ  証拠が有るにもせよ、争われるだけは争い、疑われるだけは疑っ  幾度も疑っ  幽霊じゃないかと疑っ  人々にとっては、一応そう疑っ  様子をさぐりにやってきたと疑っ  学校を疑っ  人格的に疑っ  積りではあるまいかとも疑っ  松本の子ではないかと疑っ  女はまだ疑っ  ぼくが疑っ  方だとも思えませんし、そう疑っ  のかどうかを疑っ  張子ではないかと疑っ  ときもまだ疑っ  その未来性を疑っ  女房を疑っ  アッコルティ先生が一度疑っ  幸福を、そうあっさりと見棄てて行けるだろうかどうかと疑っ  ことなんじゃないかと疑っ  文学者である事を疑っ  ことを、疑っ  犯行を疑っ  一也が疑っ  外人を疑っ  自分の子ではあるまいと疑っ  そめにも神様を疑っ  英信を疑っ  犯人であろうと疑っ  正気を疑っ  児を疑っ  一人だって私を疑っ  間合い間には疑っ  のではあるまいかなど、随分疑っ  敏を疑っ  のでは無いかと、疑っ  有罪を疑っ  子息を疑っ  物はいちおう疑っ  子供心にも疑っ  んですが、疑っ  お前を疑っ  下手人はだれであるか、疑っ  ふたりが疑っ  正確さを疑っ  一瞬といえども疑っ  これでもないと疑っ  川窪を疑っ  皆で疑っ  幽霊ではないかと疑っ  アンを疑っ  環をおいて、疑っ  上を疑っ  そなたを疑っ  子供じゃないだろうと疑っ  時には、まず、疑っ  人々を疑っ  信仰を疑っ  誠意を疑っ  成長を疑っ  私も疑っ  冗談に疑っ  一時、疑っ  王さまを疑っ  鬼ではないかと疑っ  真実性を疑っ  おかんは歩きながら、疑っ  山本左右太も、疑っ  たびも、疑っ  袖は疑っ  感じを持っていはしまいかと疑っ  度胸を疑っ  先生がどうして遊んでいられるかを疑っ  あなたも疑っ  東京にいるだろうかと疑っ  のかしらと疑っ  人類を疑っ  狂人ではないかと疑っ  為子を疑っ  心を少しも疑っ  尾根が著しく曲っていたりするので、疑っ  のだったろうか、と疑っ  首ではないかと内々疑っ  何も疑っ  今もって、じつは、疑っ  わけもないなどと疑っ  左馬助をも疑っ  小坂部は一旦疑っ  二人は疑っ  小坂部は疑っ  平助は疑っ  庄屋の疑っ  妾は疑っ  からんで疑っ  



前後の言葉をピックアップ
疑え  疑える  疑お  歌垣  うたがっ  歌加留多  歌川  うたがわ  疑わ  宇多川


動詞をランダムでピックアップ
降りかから止めよしにゃ湿そ魘されくるしめもり立てよ重なねつけ抜きとり存ずれのっとらおもむき追い越す躍り掛っひねり出す窺うあざわらっ切崩す持ち上がら
形容詞をランダムでピックアップ
粘っこ賑わしい親しから人なつかしく懐かしゅう痛き豪けれ薄ら寒き香ばしからあまね危なくっ等しく物凄くっ易しくっいじましい馬鹿らしく骨っぽい疑深い心安からえぐ