「画し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 画し[動詞]
圏を画し  時代を画し  間を画し  一時期を画し  ひとつの時期を画し  三つの時代を画し  一線を画し  民俗圏を画し  一転機を画し  北に画し  線を画し  八卦に画し  四十年を画し  さを画し  空に画し  新しい時代を画し  到達点として画し  ものとして画し  空を画し  一大変化を画し  一新紀元を画し  時期を画し  一紀元を画し  内閣相続策を画し  紀元を画し  転機を画し  



前後の言葉をピックアップ
擱坐  角材  角砂糖  各紙  各誌  角し  隠し  隠し場所  かくし  各市


動詞をランダムでピックアップ
さらおいいつのろ出迎えよつまむかたぶい配りなびかさ精出し匿うおそれろ忌んとりまとめよころしかき混ぜひきしめよ跨げ撒からっしきづか
形容詞をランダムでピックアップ
か黒好ましから香しいとめどなく堪えがたかっ眩し暗くっ物堅う際どき有難けれ怪し心地好し汚らしかっひどけれ軽々しく辛くっこだか熱苦しく口やかましい