「生ず」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 生ず[動詞]
水腫を生ず  火を生ず  二疑問次いで生ず  流水を生ず  怨を生ず  愛より畏を生ず  親愛より畏を生ず  愛樂より畏を生ず  愛欲より畏を生ず  渇愛より畏を生ず  智を生ず  林より怖畏を生ず  野に生ず  藤に生ず  油然として生ず  下小民より生ず  勇力を生ず  の心を生ず  悪事これによりて生ず  地位も生ず  大雪山中ここのみに生ず  ここのみに生ず  疑心暗鬼を生ず  相違を生ず  気位を生ず  膚粟を生ず  風濤を生ず  未來に生ず  生産とを生ず  角を生す  根を生す  ところに生ず  一大極致の生ず  鬼を生ず  粟を生ず  変意外に生ず  潮と共に生ず  大山川谷に生ず  四十七人を生ず  プラス電気を生ず  分派雑然として生ず  効果を生ず  智識より生ず  諸法己によりてもって生ず  改革より生ず  虚妄の見より生ず  物を生ず  薊を生ず  実を生ず  紫煙を生ず  結果を生ず  過誤を生ず  蒙古人は生さぬ、生す  我々に生す  潮流に対しても、生ず  膚光沢を生ず  毛髪を生ず  ただ一種甚罕に生ず  羊を生ず  金の卵に生ず  地中に生ず  涼風頓に生ず  破裂の生ず  味を生ず  みな色を生ず  魚に等しく、殺すも生す  事を生ず  夜涼を生ず  精を生ず  名産を生ず  勢を生ず  忌嫌に生ず  莓苔を生ず  たき絶望よりのみ生ず  苦楽また共に生ず  玉子を生す  身を生す  瑕瑾を生ず  自然行き違いを生ず  氣地より生ず  回転を生ず  土より生ず  気を受けて生ず  勢いを生ず  現象を生ず  恋話を生ず  變異すべて地氣より生ず  果を生ず  如くに生ず  功徳より生ず  斑點爲に生ず  場合にのみ生ず  理より生ず  善心とより生ず  ことあり思ひ起すの要生ず  場合に実際に生ず  意図から、おそらく生ず  社会に生ず  真実騰貴が生ず  穂を生ず  ことから生ず  謬見より生ず  価値を生ず  空虚を生ず  松の木を生ず  



前後の言葉をピックアップ
誦する  称すれ  誦すれ  しょうず  招ず  祥瑞  勝瑞  生ずる  招ずる  生ずれ


動詞をランダムでピックアップ
坐っ競いまつれる受け止めえばふりそそぎ蹴上げるたかぶっかぶさる泣きはらしつぶさ見据える聞出し申込む慎み焦らさへたばらさび貼ら織成し
形容詞をランダムでピックアップ
詳しき慌ただしい高けれ青じろうなき狭く可愛らしおびただしきすばしこかっしつこしここちよ人間らしかっ白から苦々しく円しなまやさしにくにくしかるからずうずうしい寝ぐるしい