「湿り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 湿り[動詞]
窓もびっしりと湿り  何となく打ち湿り  上に湿り  マッチのごときはことごとく湿り  足音は湿り  砂の湿り  香、湿り  枕紙も湿り  焚木を燃やしても、湿り  いやに湿り  から決して湿り  酒に湿り  露に湿り  馬車に乗ると、ぼってりと重く湿り  ように湿り  霧に湿り  蔭は、湿り  家内も湿り  なかまで湿り  葦など生じ湿り  薬の少し湿り  空気は重く湿り  声は湿り  みじんも湿り  

名詞

湿り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
湿りにおそはれてよろめき  湿りのある  湿りを含んだ  湿りを帯びた  湿りをくれた  湿りを帯びていて  湿りをくれて  湿りを巨大に厳粛に自分の小さい存在の周囲に感じた  湿りの来た  湿りが強く来る  湿りをくれてやろうと  湿りを縫いながら  湿りを食い  湿りある地面を指さした  湿りをもつた  湿りを亘って  湿りたる空気は重く沈みて  湿りを与えて  湿りをくれながら  湿りのない炎熱の日が一月以上も続いた  湿りが幾日続いても  湿りけをぱちぱちとはじきだす  湿りを含んでいる  湿りをもち  湿りが乾燥し  湿りを帯びて  湿りがしてゐる  湿りが来る  湿り吹きゆく  湿りを較べているらしかったが  湿りをくれておけよ  湿りを持って  湿りが来た  湿りけのある今日の空気が香の試験に適していると思いますから  湿りを歩く  湿りを含んで  湿りもせず  湿りにあたりが洗われ  湿りがあって  湿りを受けた  湿りを帯びていながら  湿りを帯びたり  湿りけのぬけない  湿りに顫えたが  湿りを点じた  湿りをくれては  湿りを乾草が吸い取ってしまう  湿りをおびた  

~ 湿り[名詞]1
明晰な湿りの  三間にも達するであらうほどな湿りを  芬と湿りを  午過ぎは湿りに  櫓臍へ湿りを  赤土に湿りを  愁ひの湿りが  急に湿り  拳骨に湿りを  輪廓の湿りを  そこの湿り  上の湿りを  歌口に湿りを  柄に湿りを  梅雨の湿りが  僅かながら湿りを  風は湿りを  管の湿り  大地を擦って湿りを  ような湿りが  土の湿りを  片隅の湿りの  霜の湿りを  とりとした湿りを  上が湿りを  どこやらに湿りを  雨の湿りに  一滴の湿りを  先の湿りを  空気の湿りを  夜気が湿りと  

~ 湿り[名詞]2
よい湿り  ことさら湿り  少し湿り  やや湿り  冷たい湿り  すっかり湿り  たんと湿り  だんだん湿り  重い湿り  ひどく湿り  どことなく湿り  

複合名詞
湿り工合  露湿り  かた湿り  村中湿り  脂湿り  湿り土  涙湿り  雨湿り  湿りがち  湿り一つ  湿り具合  ばり一湿り  風湿りがち  夜湿り  



前後の言葉をピックアップ
しめよ  湿ら  しめら  シメラルルコトアリ  湿り  しめり  シメリ  湿り気  湿る  絞める


動詞をランダムでピックアップ
ませ揺がすしあげ光らしくいこま懲りよ帯びる諦めふりさけみれすさみ断る黙りこく添えるからみあっくいとめよすっぱ抜か話し合お診ろ釣り上げよなやませる
形容詞をランダムでピックアップ
おおく薄いうすら寒心づよしすけなかっ甘ったる物狂おしい小面憎ねばり強く丸っこく眠くっ平た易しく無けれ胸苦しかっ青臭力強かっ物寂しいくけれ手荒い