「泳い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 泳い[動詞]
合唱しながら泳い  静かに泳い  自由自在に泳い  そこには生き生きと泳い  海へはいって泳い  目高なら泳い  好きなだけ泳い  ように泳い  いっしょに泳い  裕一は泳い  学校では、いつも泳い  台からスタートして、むこうまで泳い  百メートルを泳い  対角線を泳い  全力で泳い  山形多恵子が泳い  縦に泳い  縁から彼女は泳い  存分に泳い  いままで泳い  プールで泳い  やうにして泳い  あたりまで泳い  三人いつしよに泳い  河で泳い  水を泳い  誰か泳い  中を泳い  いくつも泳い  物にして泳い  中に泳い  二十分間ぐらい泳い  横にまげて泳い  魚の泳い  こともできなければ、泳い  中で泳い  金魚が泳い  蛙が泳い  メダカがピンピン泳い  背中ば出して、泳い  水中を泳い  海を泳い  横ざまに泳い  隅田川に飛び込んで泳い  女学生も並んで泳い  達者に泳い  上を泳い  一生けん命に泳い  あそこで泳い  盛んに泳い  頭をもたげて泳い  メダカがぴんぴん泳い  幻が泳い  空気、泳い  波を泳い  あちらへ泳い  水鳥がむれて泳い  間を泳い  一生懸命に泳い  突つ込んで泳い  上げ下げして、おとなしく泳い  先頭に泳い  旗を持って泳い  寒い思ひをして泳い  ミナリで泳い  やうにして、泳い  堰を勇ましく泳い  プイプイ堰を泳い  岩魚が泳い  鰌が泳い  闇を泳い  さいかち淵で泳い  方へ泳い  魚浮いて来たら、泳い  三四人は、もう泳い  上をまはって泳い  魚浮いてきたら、泳い  四人は、もう泳い  上をまわって泳い  餓鬼どもが飛込んで泳い  斜めに泳い  犬が泳い  水中に泳い  なかで泳い  一しょに泳い  魚も泳い  雲を泳い  風を泳い  外へ泳い  方を向いて泳い  沖へ向って泳い  鉾で泳い  アに、泳い  海でも泳い  鯨が泳い  飢ゑた奴等は其の泳い  小川に泳い  空中に泳い  空中を泳い  道を泳い  河を泳い  女が泳い  根元まで泳い  魚が泳い  下流へ泳い  幾時間私達は流れ泳い  湖水へ飛び込んで泳い  一面に浮かんで泳い  鱶の泳い  裸になってやっと泳い  家鴨なども泳い  川でも泳い  一瞬間水面を泳い  向こう側へ泳い  蛍が泳い  元気よく泳い  ヨロヨロと泳い  カケ上がりを泳い  場合によつたら泳い  窮屈そうに泳い  感情が泳い  上で泳い  老人が、泳い  千鳥足で泳い  力あまって醜く泳い  池で泳い  必死に泳い  ところを泳い  青年が泳い  澗で泳い  ほうへ泳い  奥へ泳い  月夜の海を泳い  そのまま、すうっとむこうへ泳い  海で泳い  ころ、泳い  いつものように夫婦仲よく並んで泳い  側へ泳い  中空を泳い  方に泳い  少女が泳い  嬉々として泳い  海へも泳い  霧を泳い  今日真鶴まで泳い  沖合に泳い  くしが泳い  前へ泳い  船をめがけて、ぽちゃぽちゃと泳い  野村にだいて泳い  耕助が泳い  魚浮いて来たら泳い  三四人はもう泳い  中でもうふらふら泳い  らを泳い  らをぷかぷか泳い  可愛い金魚が泳い  火を見かけて泳い  ところで、泳い  せせらぎを泳い  片息で泳い  島を指して泳い  何か泳い  所まで泳い  綺麗に泳い  四つにもなって泳い  空に泳い  近くで泳い  木曽川で泳い  何処かで泳い  それに飛び込んで泳い  水に飛び込んで泳い  方々に泳い  種類がこうして啼き立てたり、泳い  ゆらゆらこちらへ泳い  勝手に泳い  三度も泳い  お前も泳い  のを待ち兼ねて泳い  お前、泳い  海亀が泳い  海上を泳い  太刀を佩いて泳い  早々に泳い  水に潜ったり泳い  人々が、泳い  沢山に泳い  抜手で泳い  クロールで泳い  四分四十三秒ぐらいで泳い  一分二秒ぐらいで泳い  そもそも高石が泳い  ここで泳い  群をなして泳い  一匹だけ泳い  ところまで泳い  稍しばらく泳い  奴がいつも沢山泳い  おたまじゃくしが、ぴちゃぴちゃ泳い  家から家へと泳い  何人も泳い  酔興に泳い  なかを泳い  馬、泳い  家鴨がすつと泳い  亀の子、泳い  湖へ出かけて泳い  それが泳い  それから、泳い  船を引っ張って、歩いたり泳い  ところへ泳い  家が泳い  ように働かすか、それとも、泳い  からない、というので、やはり泳い  ゆらゆらと泳い  海に行って泳い  熱帯魚が泳い  ただ一匹で泳い  そばへ泳い  どちらへ泳い  様子を見ながら泳い  そこから向う側へ泳い  たてがみに取りついて、泳い  ところだけ泳い  陸まで泳い  彼等は泳い  なかをゆらりゆらり泳い  方へと泳い  娘に泳げるか泳い  海を堂々と泳い  鮮やかに泳い  次に泳い  イルカにまたがって泳い  魚がうようよ泳い  目高が泳い  ところは泳い  水にもぐつたり泳い  上を、辷ったり泳い  幾度も辷ったり泳い  金魚が揺れて泳い  肉聲が、浮いたり沈んだりして泳い  肉声が、浮いたり沈んだりして泳い  そこまで泳い  金助がこうして詰らなく泳い  どこかへ泳い  逆に泳い  いっしんに泳い  前で泳い  ゆっくりこちらへ泳い  時間をきめて泳い  岸へ向って泳い  平泳で泳い  ゆっくり平泳で泳い  飛沫をあげて泳い  沖から泳い  場所から岸へ泳い  間で泳い  白鮫号を見つけますと、すぐに泳い  横浜まで、泳い  濁流を泳い  安心して悠々と泳い  河へ飛びこんで泳い  午後また泳い  その間を泳い  横へ泳い  いつまででも泳い  二間ばかり泳い  姿態を描いて勢いよく泳い  自分が泳い  ざまに泳い  まさかに泳い  ポチに泳い  あざやかに泳い  あそこへ泳い  近くまで泳い  川を泳い  モウ左右に泳い  海へ飛び込んで泳い  ポテトを打捨てて泳い  ジャガタラいもを打捨てて泳い  絢爛に泳い  こッちへ泳い  孫太郎虫が泳い  君とはあんまり泳い  てい河ばかりで泳い  沖を目がけて泳い  街を泳い  ぼくずいぶん泳い  額にのせられながら泳い  形で泳い  波影をあげて泳い  悠長に泳い  鳥が泳い  水の上を泳い  んだよ、こうして泳い  鯨が悠々と泳い  愉快に泳い  底で泳い  小さな魚も泳い  前のめりに泳い  渡りするか、泳い  芝浦で泳い  平気で泳い  幸いに、いっそ泳い  無事に泳い  通りがかりにその泳い  振りをして、うまく泳い  里ほども泳い  子供が泳い  自由型を泳い  自分は泳い  めだかが泳い  若芽が泳い  大空を泳い  池にばかり泳い  そこらに泳い  群が泳い  五百碼も泳い  うちに泳い  息吹き、また飛んだり這ったり跳ねたり泳い  滅茶滅茶に泳い  川に放って、長く泳い  蛭が泳い  五分間ばかりも泳い  金魚の泳い  皆で悠々と泳い  横に泳い  ひらりひらりと泳い  沖合を泳い  五分間ほど泳い  中間を泳い  自由に泳い  幾尾か泳い  妻とが泳い  馬は泳い  面を泳い  池を泳い  海馬が泳い  そうに泳い  家族が泳い  あそこに泳い  知らないで泳い  たよりにして泳い  浜で泳い  利ちやんも泳い  ですよ。あなた方が泳い  京子さん、もう泳い  兄だけ泳い  やうに泳い  着物を載せて、むすびつけて、さうして泳い  貴公子のはうで泳い  猿股一つで泳い  つて、泳い  日高川を泳い  あちこちと泳い  あっちこち泳い  すつかり見通され、ふなや、はやが、泳い  ぱりまはしたり、泳い  ゆつくり泳い  川で泳い  ようにちょろちょろ泳い  帽子が泳い  空を泳い  子供たちが泳い  青年の泳い  洋々と泳い  宙を泳い  緋鯉が泳い  荒波を泳い  つういつういと、泳い  虚空を泳い  鎌倉で泳い  クリークを泳い  池で悠々泳い  椹野川で泳い  ようについて泳い  ゆうゆうと泳い  淀みに泳い  はり付いて泳い  ハツラツと泳い  頃、よく泳い  河上へと泳い  空気を泳い  鉢卷をして泳い  娘が泳い  一人で泳い  方で泳い  海へ飛び込んで、泳い  夢中で泳い  尾鰭を動かして泳い  場所まで泳い  何年にも泳い  岸近く寄つて來て泳い  蔭に泳い  面をすいすいと泳い  ふり返り泳い  間ぐらいは泳い  一列に泳い  僕は泳い  湖で泳い  隅田川なぞで泳い  方からでも泳い  前に泳い  遊びに泳い  抜手を切って泳い  圓太は泳い  洒落に飛び込んで泳い  洒落に泳い  魚はまだ生きて、泳い  水尾をひいて泳い  蒼空の中を泳い  太陽を泳い  尾鰭をゆすぶって泳い  一緒に取り附いて泳い  並行して泳いで行き、また泳い  波紋を作って泳い  にしん、などが泳い  みんなが生きて泳い  方へ跳ねたり、駈けたり、泳い  岸へわたるには、ただ泳い  河に泳い  大群をつくって泳い  勇敢に泳い  海峡を泳い  肩を揉みつけて泳い  根もとを泳い  鯉がいっぱい泳い  途中を泳い  鰭を動かしてちょろちょろと泳い  鯉が泳い  ここを泳い  私だけ泳い  三津子が泳い  彼女が泳い  ひとりで泳い  蜆が泳い  者等が泳い  いつのまにか流を泳い  滅茶苦茶に泳い  軒を泳い  今まで泳い  のが泳い  幾筋となく泳い  魚の子が泳い  急速に動かして、泳い  二疋だけ泳い  のは、泳い  何かにつかまって、泳い  水面を泳い  樣にして泳い  それから魚が泳い  魚がちょろちょろ泳い  鯛などが泳い  一緒に泳い  上を軽く泳い  方に、泳い  雲が泳い  川瀬に泳い  雌雄連れ添って泳い  洋上を泳い  雌をまじえず仲よく泳い  つながり合って泳い  髭をはやして、ゆったりと泳い  小さな目を光らし、いばりくさって悠然と泳い  ほうを悠然と泳い  金魚鉢を見あげ、泳い  ト前のめりに泳い  桶につかまって泳い  まり遠くへはいかずに、泳い  水に泳い  あい、励ましあって泳い  他を泳い  閃めかしながら泳い  びゅッと泳い  ぼんやりと白く泳い  どこかへ悠々と泳い  山女魚が泳い  淵に泳い  楚々として泳い  端あたりにはふらふらと泳い  そのままいきなり、泳い  お前たちが泳い  父さんも泳い  頭をつっこんで泳い  大ぜい泳い  私たちの泳い  兄たちと泳い  やうに、悠々と泳い  そんなら泳い  何匹も泳い  池に泳い  軽快さで泳い  気持よささうに泳い  大江戸へ泳い  さかなの泳い  其処に泳い  鯉が悠々と泳い  湖水で泳い  スポーツで例えば、泳い  幾つも泳い  方を泳い  魚でも泳い  保護色を保ちながら泳い  岸から水中に入って泳ぐなら、少し泳い  囮鮎は泳い  心持ちよく泳い  空間に空しく泳い  何しろ沖へ泳い  魚が沢山泳い  小舟を目がけて泳い  どこに泳い  水を切りながら泳い  さそうに泳い  虫が群がって泳い  これは生きて泳い  二匹静かに泳い  静かに動かして泳い  鴛鴦が泳い  家が、泳い  こちらに泳い  ポートランド沖を泳い  態勢を取って泳い  名人が泳い  まま水中に泳い  鱸が泳い  髭をぴんと上げて泳い  二つへんぽんと泳い  どこからか泳い  俺は泳い  ぼうふらがうようよ泳い  はずは無い、どうしても渡さぬなら泳い  こちらへ向いて泳い  さに泳い  新潟から佐渡まで泳い  島影を見て泳い  私などでも、あゝ泳い  新潟まで泳い  速で泳い  二十二三分で泳い  つき、又、泳い  刻あまりも泳い  若鮎の泳い  独占して泳い  二人並んで歩いたり泳い  主人公が泳い  宗達の泳い  魚がついついと泳い  金魚が沢山泳い  オホーツク海で泳い  夢がまだ泳い  何尾も泳い  三尺へ泳い  方角に泳い  あちらこちらと泳い  少年が泳い  ぱだかで川を泳い  川をはだかで泳い  馬が泳い  泳ぎに泳い  人々は泳い  へんを泳い  岸へ泳い  岸まで、さつさと泳い  猟犬として泳い  鯛が泳い  向うから泳い  ひつさげて泳い  鮪が泳い  巧みに踊りながら泳い  静かにうごかして泳い  二里から泳い  沖を悠々と泳い  切つて頻りに泳い  わたしにはとても泳い  ロープをとりに、泳い  水をはねかしたり、泳い  なかに泳い  沖へ泳い  一丁ほど泳い  下へと泳い  バイカル湖を泳い  人魚が泳い  上手に泳い  鮠などの泳い  彼岸近くへ泳い  ひつて泳い  頭をすつとできるだけ高くのばして泳い  方法で泳い  金魚も泳い  水に入れば、泳い  影が悠然と浮いて泳い  方へさ、ぶくぶくと泳い  上に向けて泳い  



前後の言葉をピックアップ
御弓  オユルシ  およ  およい  游い  オヨイデ  オヨオヨ  およが  泳が  泳がせ


動詞をランダムでピックアップ
しさっみりゃ売り捌き正そ嵩じいじくり詰めこむ負けよ縛せ請出さ則する殖やせ長けれはめ陥る見合わす錬れうけとれるおくる危ぶん
形容詞をランダムでピックアップ
逞し心強けれおっかなかっ穢かっっぽくっ暖かきうしろぐらい粗けれきしょたのしきややこしいぼろき怪しい勿体なき素晴らしく聞きにくい薄ぎたなおこがましいあっけな愚かしく