「注い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 注い[動詞]
目を注い  ビールを注い  気が注い  全力を注い  上に注い  番茶を一杯注い  油を注い  満面朱を注い  力を注い  水がちょろちょろ注い  血は漲り注い  暖かい陽がふり注い  精神を注い  葡萄酒をなみなみと注い  心血を注い  熱涙を注い  気の注い  酒を注い  眼を注い  わず飾らず注い  上にゆたかに注い  一人が注い  グラスに注い  湾に注い  斜陽が流れ注い  洋酒を注い  豹一に注い  朱を注い  茶碗を取上げ注い  茶を注い  サイダーを注い  ぼんやり視線を注い  さを注い  はい、ください、と答えて注い  弾が注い  湯呑に注い  笑み乍ら云つて茶を注い  香油を注い  視線を注い  焼酎を一杯注い  目盛に合せて注い  アルコールを注い  樺の木に注い  ように注い  顔に注い  つららを注い  盃に注い  一杯に注い  総てを注い  お湯を注い  貴婦人に注い  心が注い  眼に注い  熱を注い  海へ注い  ジッと注い  お酒をなみなみと注い  上から熱湯を注い  コツプに注い  彼は、なみなみと注い  熱情を注い  眼をふと注い  私に注い  給仕酒を注い  外へ注い  三杯酒を注い  メートルグラスに注い  口へ注い  庄にも注い  げに注い  自らビールを注い  どくどくと注い  大根卸しでも注い  ざぶと注い  からだに香油を注い  杯へ注い  瞳を注い  こちらに注い  茶碗に注い  お茶を注い  湯を注い  げの光りを注い  イゾンゾに注い  ひとりで注い  通つて地中海に注い  バングエオロ湖に注い  ように垂れ注い  柳の注い  熱湯を少しずつ注い  のを注い  外に向かって注い  杯を注い  彼女に注い  それから、なみなみと注い  光を注い  水を注い  新吉に注い  自分にも注い  銚子から酒を注い  熱湯を注い  水をすこし注い  病人たちに注い  今度気が注い  ために注い  自らグラスに注い  眼ざしを注い  ビイルを注い  酒を注いだが、注い  中にまで注い  中に注い  先に注い  女は立ってまた一杯注い  掘割に注い  杯に注い  コーヒーを注い  東國に注い  筑前に注い  はじめて気が注い  夏に注い  濁酒などを注い  イクィエムを注い  ガソリン油を注い  母が注い  叔父さんにも注い  前方に注い  川へ注い  精力を注い  飲物を注い  味噌汁とを注い  魔、やい、注い  廊下へ注い  湯呑みに注い  わたしに注い  流れ下つて溪流に注い  液体を注い  方に注い  葡萄酒でも注い  深みに注い  紙上に注い  主力を注い  物を注い  眼ばかり注い  煙に注い  ウイスキーを注い  ベルモットとを注い  それを注い  僅に越えて、流れ注い  汪紹生に注い  なるたけ長く楽しみたいので、一度注い  血を注い  同情を注い  シャトオ・ディケムを注い  玻璃盞に注い  方へ流れ注い  たるもあり、注い  方面に注い  巍々千秋に聳え注い  花とに注い  涙を注い  赤酒を注い  コップに注い  番茶を注い  手つきで注い  エネルギイを注い  蓖麻子油を注い  自分に注い  寝顔に注い  意を注い  主婦から澁茶を注い  心に注い  愛を注い  その男性に注い  山腹へ注い  心遣ひを注い  急須に注い  上には注い  僕に対して注い  熱湯に注い  音なく注い  旦那もお飲み、と注い  旦那私に注い  面に注い  眉根に寄せながら、なみなみと注い  缶からなみなみと注い  一人だけに注い  石油を注い  セリー酒を注い  醤油ばかり注い  茶碗へ注い  中へちょいちょいと注い  水をなみなみと注い  これにまた、なみなみと注い  春小雨の煙るともなく注い  ぶんで注い  ひとみを注い  それが注い  うえに注い  新たに注い  渋茶を注い  胡粉に注い  水を執って注い  間に注い  ヴォトカを注い  お酒をなみなみといっぱい注い  お酒を注い  冷水を注い  海に注い  銚子を持つて注い  マターファに注い  人間愛を注い  北の方日本海に注い  流を注い  眼つきを注い  水呑コップに注い  一杯ずつ注い  アサ酒を注い  種油を注い  ブランデーを注い  液を注い  横目を注い  一瞥を注い  醤油を注い  顔へ注い  感情をつぎ注い  完成するまでに注い  代わりに注い  太平洋へ注い  肥料を注い  惜気もなく注い  うちに注い  面上に注い  只見川に注い  流し目を注い  民衆に注い  炎を注い  ウイスキイを注い  白湯を注い  葡萄酒を一杯注い  ところへ注い  コニャックを注い  瞳をじっと注い  酒をなみなみと注い  盃へなみなみと注い  靴、注い  一杯水を注い  方へ注い  若い人に注い  志を注い  熱血を注い  猴王像に注い  李子に注い  横顔に注い  女客に注い  急速に注い  心を注い  僕が注い  身体に注い  土瓶を執って注い  銚子を執って注い  後を注い  お母さん、注い  今晩は、いいじゃないか、注い  詞によって、注い  杉は注い  自身に注い  茶卓に注い  壜に注い  泉を注い  そつくり畑に注い  畑に注い  満々と注い  天空に注い  どれ程注い  ひとりひとりを注い  口元に注い  それに注い  交通巡査が注い  盃へ、次々と注い  紙帳へ注い  おれが、よしというまで、注い  茶を一杯注い  プリントに注い  罎から注い  ワインを注い  ありったけを注い  いのちを注い  目に坐つて、注い  枕頭に注い  出来立のを注い  手が震ふので、注い  愛情を注い  もの忘れから気が注い  リンゴ酒を注い  茶などを注い  琵琶湖に注い  情を注い  試薬も注い  ぢいつと注い  日本海へ注い  水が絶えず注い  薬を注い  外へじつと注い  細君が注い  自分のになみなみと注い  兵衛が注い  雨は遠慮なく注い  カツプに注い  平田に注い  万さん、注い  他のものに注い  一杯、注い  のに注い  友情を注い  興味を注い  天井に注い  芳に注い  心情を注い  酒を満々と注い  道臣は溢れるほどに注い  そうにいっぱい注い  地上に注い  親子へ注い  硝盃に注い  手袋に注い  手袋へ注い  私の注い  為に注い  黒髮に注い  光の注い  中禅寺湖へ注い  奔下し太平洋へ注い  俊亮に注い  彼は注い  一ツこいつへ注い  龍介は注い  下に置かずに注い  己で注いで飲み、また注い  挙措に注い  瀬戸内海に注い  夫人に注い  戸口に注い  人たちに注い  筆洗を注い  デックグラスに注い  俺に注い  コップへ注い  熱心を注い  ものを注い  数年間心血を注い  私にじっと注い  女の注い  私にも注い  男の注い  足元に注い  誰が注い  まなこを注い  氣を注い  太平洋に注い  なつて注い  雨は注い  いつまでも目を注い  一献酒を注い  水道管から水をふり注い  瘠土に注い  かまわぬ、注い  ように、またなみなみと注い  それよりも一杯注い  精髄を注い  明子に注い  山盛りに注い  湖に注い  河口へ注い  川のごとく注い  ラッセル女史に注い  づお茶を注い  一杯のコーヒーを注い  鉢になみなみと注い  注意を注い  皿に注い  静かに注い  中に並べてなみなみと注い  美人は又一杯注い  ダイヤに注い  コツプを取つてなみなみと注い  瓶を取つて注い  自身のにも注い  烱眼を注い  半分ばかり注い  慈雨の如く注い  そちらへ注い  ばぷちずものおん水を注い  熱とを注い  私はさらにまた注い  眼差を注い  葡萄酒を注い  二度目に注い  動作に注い  から、注い  杉子にだけ注い  碗に注い  小川に注い  博多湾に注い  上手に注い  洋杯になみなみと注い  一寸目を注い  洋盃に注い  牛乳をなみなみと注い  感傷を注い  一通り酒を注い  鐵瓶から急須へ注い  



前後の言葉をピックアップ
礎石  素川  祖先  租税  そそ  そそい  雪い  祖宗  そそう  沮喪


動詞をランダムでピックアップ
ほつれかたぶけん嗅ぎつけよ卒し外らせる絡める切り立っおしすすめ囁きかかりあわ死さあんじ独りごと差置きはじれ曲りくねっくずせる茶化さともり掴まり
形容詞をランダムでピックアップ
赤しはしこく態とらしくくだらないうとく鋭い痛々し擽ったくってれくさかっうすら寒かっねた見ぐるしく軽かろねむかっえがたき遠慮なきいたたまれなかっ堪難くひさしい