「沈み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 沈み[動詞]
嘆きに沈み  海へ沈み  海に沈み  西海に沈み  確実に沈み  そこへ沈み  だんだん水中に沈み  二人はすっかり沈み  椅子に沈み  北条丸は沈み  小鳥が今にも沈み  湖水に沈み  やうに沈み  心は沈み  身体は沈み  水平線に沈み  吃水線が深々と沈み  宗教的思索に沈み  思いに沈み  二階屋から、沈み  夜は一段と更け沈み  底に沈み  淵のごとく暗く沈み  うちに沈み  悲哀に沈み  時分から、だんだんと沈み  下に沈み  波に沈み  あちらに沈み  深瀬に沈み  かなたに沈み  日は沈み  そこを立って、沈み  不安に沈み  ように沈み  中にもつと深く沈み  底深く沈み  三度出てまた沈み  太陽が沈み  荒野に沈み  考えに沈み  だんだんに沈み  奈落の底に沈み  川波に揉まれながら、浮きつ沈み  物思いに沈み  ことはなかったので、沈み  なかに沈み  晴れやかに沈み  時は低く沈み  刀を抱いて沈み  陰鬱に沈み  瞑想に沈み  心は重く沈み  魂は沈み  ぁんは沈み  感慨に沈み  女房がすっかり沈み  鴨居が沈み  空に沈み  考へに沈み  一枚外すと、沈み  事を云って沈み  輝きは、沈み  西に沈み  中に沈み  手足をかがめて沈み  夕張が沈み  方から徐に沈み  心も沈み  海底に沈み  なかへ沈み  ソファに沈み  においが沈み  憶いに沈み  それから太陽が沈み  中へ沈み  思に沈み  こと、沈み  船は、とうとう沈み  急に沈み  山が沈み  氷のある如く冷たく沈み  悲しみに沈み  いつか西山に沈み  色が沈み  深みに沈み  船は沈み  奥様はいと沈み  交戦態勢を作るいとまもなく、焼けては没し、燃えては沈み  山に沈み  ざえしていた気分が、沈み  そうに沈み  寂しみに沈み  皮膚の下に沈み  日が沈み  泥沼へ深く沈み  日さまが沈み  足を縮めましたっけ、また沈み  方は幾分沈み  トックはいつになく沈み  いつになく沈み  儚い気持に沈み  三日月が沈み  欝に沈み  底へと沈み沈み  檣から沈み  通りぬけて沈み  水底へ沈み  地平線下に沈み  水底に沈み  そのまま考に沈み  まま氷上に置かれて、沈み  一方、沈み  泥土と融け沈み  静かに沈み  迫害にもろくも沈み  暑い日がやや沈み  海を沈み  籐椅子に沈み  サインがつき、沈み  面は白く沈み  菊女春泥に光り沈み  地色がしっとりと沈み  声は沈み  姑が沈み  空を沈み  森越に、ちらちらと浮いつ沈み  足駄が沈み  づぶづぶと青く沈み  薫に沈み  火災を起して早くも沈み  潮に沈み  それに沈み  助もまた沈み  下からのぞくと、沈み  但馬守の沈み  茜色の光りは沈み  夢想に沈み  波間に沈み  ますますきびしくなって、沈み  お客が沈み  後方に沈み  頸から手を離して、そうして沈み  夕陽はようやく沈み  一人想ひに沈み  独り自ら憂慮に沈み  顔を覆うて沈み  月様がお沈み  空気は重く沈み  蒸氣にいつともなく沈み  声咽喉に沈み  十数分のあいだに、沈み  妙に沈み  から、沈み  二人も沈み  間に沈み  中に浮きつ沈み  屋根だけは相変らず浮きつ沈み  物影があって、しきりに浮きつ沈み  クッションは深く沈み  落着いて沈み  ものが浮きつ沈み  船が沈み  安楽椅子に沈み  苦海に沈み  五分で沈み  汝の沈み  おだやかに沈み  揺椅子に沈み  悲哀にも沈み  下へ沈み  鬱々と沈み  経巻の解れをかぶって、深く沈み  ところを、沈み  姿が、浮きつ沈み  中に覆されて、たちまち浮きつ沈み  沖に沈み  礁に沈み  こむら返りさせて、ぶくぶく沈み  差俯向き暫らく涙に沈み  口を利かないほど、沈み  一ぺんに傾きもう沈み  一ぺんに傾き、もう沈み  源太郎は沈み  時、一度沈み  水面を浮きつ沈み  底へ沈み  憂鬱に沈み  底へと沈み  所へ沈み  中に、浮きつ沈み  淵に沈み  日はまだ沈み  日の沈み  海底深く沈み  屋根船は沈み  水心がなかったと見えて沈み  一人物思いに沈み  ふもとへ沈み  ところがいいか、黙って控えて沈み  眼は沈み  ヴェニスは沈みつつ、沈み  感傷に沈み  様子なりしが、やがていと沈み  いやに沈み  ゆっくりゆっくりと沈み  後は、いよいよ沈み  音なく沈み  室に沈み  ソプラノの沈み  なべに、沈み  中にじりじりと沈み  頭が沈み  庭にも沈み  地平線に沈み  病者が沈み  幾艘かは焼け沈み  水に浮きつ沈み  どん底に沈み  太陽は沈み  流れを越して、沈み  重量で沈み  星は沈み  舟底に沈み  浮き易くして沈み  間に、ふわりふわりと浮いては沈み  しかも、浮きつ沈み  ものが、浮きつ沈み  物影が、浮きつ沈み  各線はぼやけて沈み  彼は沈み  黙想に沈み  間に浮きつ沈み  悲境に沈み  一人で深く沈み  川に沈み  わたつみに沈み  人間が飛び込んでも沈み  弓状に沈み  顔付もひどく沈み  土地が沈み  悲しみにお沈み  ジリ、と沈み  憂愁に沈み  森に沈み  ぼんやりと沈み  心に沈み  焚火をして浮きつ沈み  方を考え沈み  闇に沈み  憐憫に沈み  ひとりで沈み  胸に沈み  金貨で今にも沈み  太陽はまったく沈み  魂はうっとりと沈み  彼はふたたび沈み  杖がらくに沈み  んだが、沈み  ソファーに沈み  浮き上り、沈み  まま、沈み  大空に浮きつ沈み  奥へ沈み  一つ今も沈み  船腹は深く沈み  毒に中っておとなしく沈み  糸を垂れていて、浮きつ沈み  彼女の沈み  浪のうねうねに浮きつ沈み  魂神とに、今沈み  大統領は命からがら沈み  どこかへ深く沈み  下界に沈み  音はるばる沈み  んだが、その薄暗く沈み  独り物案じに沈み  さが沈み  者は泣き、沈み  姿となって、浮いつ沈み  なつて、浮いつ沈み  軒に沈み  心地に沈み  われも浮きつ沈み  眠りに沈み  日々物思いに沈み  火を帯びて沈み  麦に沈み  一日思いに沈み  不安げに沈み  島蔭に沈み  やわやわと撓み、つづいて沈み  遥かに沈み  二隻が沈み  こと其処に立っていた、沈み  軍艦が搖れて沈み  石が沈み  水に沈み  ところへ沈み  薄明穹も沈み  だんだん深く沈み  気分が沈み  丹椿の沈み  穴があいて沈み  旋回し、沈み  そこに沈み  感傷的に沈み  底深くいや沈み  諦観へ沈み  まま落ち込んで、浮きつ沈み  ぐると渦巻いて、眩しく沈み  惜のおもひに沈み  躯が沈み  憂欝に沈み  大袈裟に沈み  夜が沈み  上に低く沈み  無言に沈み  物思ひに沈み  めいめい物思ひに沈み  乘り越えてきて、今にも沈み  清三のつねに沈み  胴が、浮きつ沈み  街に沈み  夕日が沈み  底へ全く沈み  色は沈み  炉ばたに沈み  西陽が、沈み  幾度、沈み  茶器に沈み  色やや沈み  空を染めて沈み  中にとぼとぼと深く沈み  全身まで沈み  波浮きて沈み  わだつみに沈み  舟路半ばに沈み  光を残しつつ沈み  陽は沈み  海の底へ沈み  艀が、いまにも沈み  境地に沈み  急速に沈み  二つの白い影が消えてあらわれて、よれてもつれて、浮くかと思えば沈み  ものよりも沈み  殷々として沈み  満月が沈み  日は必ず沈み  時の、つかれて沈み  鎧の浮きつ沈み  まことに浮きつ沈み  うねりに浮きつ沈み  山の端に沈み  彼方に沈み  色目がしっとりと沈み  ものであらうともせず、むしろ再び沈み  壞滅に沈み  両手をつくと沈み  ジノーヴィー・ボリースィチは、沈み  どん底まで沈み  ように寒く沈み  なかに浮きつ沈み  吉左衛門は思い沈み  発作が浮いては沈み  淵にぶくぶく沈み  蛙みな水に沈み  脂に沈み  上にのりつつ見えつ、沈み  影を練って、浮いつ沈み  暗合内心に深く沈み  物思に沈み  如く物思に沈み  奥へと沈み  日はもう沈み  星かなたに沈み  言葉なく思ひに沈み  水底深く沈み  下層に沈み  物思わしげに悩み沈み  ように、深くふかく考え沈み  氣が下り、沈み  所謂世俗的のつとめとこそ堕ち沈み  海の底深く沈み  私の沈み  他愛なく沈み  餓に沈み  玉おもひ沈み  夜は沈み  尋常に沈み  日や深く沈み  方へ沈み  水を含みまして、沈み  人間の沈み  深い闇に沈み  水に棲みて、また沈み  自家で沈み  お宮は沈み  憂愁にふと沈み  散り散りに、そして沈み  追求に向けられるべきであり、沈み  でくまひくまについて云えばやはり、浮きつ沈み  自身にたしかめられないというか、沈み  淵底に沈み  徐かに沈み  憂いに沈み  空へ沈み  坂に沈み  西にまわっていて早く沈み  千石舟ですから沈み  下へと沈み  先で、浮き上ったり沈み  面はいとど沈み  回顧に耽りながら、沈み  目眩しく浮きつ沈み  考えにひとり沈み  森陰に沈み  温泉ツボへ行って沈み  プリンス・オブ・ウェールズが沈み  石は沈み  身をもって沈み  割目に沈み  首まで沈み  女中はいかにも沈み  湖面に浮きつ沈み  宮本二郎が沈み  どんどん下へ沈み  陽の沈み  あたりは赤く暗く沈み  スキイが深く沈み  うちに深く沈み  顔色を失って沈み  心身ともにしいんと沈み  調子も沈み  さに沈み  浪に沈み  

名詞

沈み[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
沈みに沈む  沈みはしないだろうか  沈みはしないかしら  沈みはてし心かすかに躍りて  沈み行く心いかにか引きかへさめと  沈みになって  沈みにし  沈み行き火の壯なる  沈みもやらで  沈みはしませんでした  沈みもしなければ  沈みぬゆられけるを  沈み行きそうに見えた  沈みぬゆられけるは  沈みはしないと  沈み行く太陽を眺めながら  沈みたる音調もて  沈み暗くなって来ると  沈みはしなかった  沈みよくて浮き  沈みては浮び来る  沈みしも忘れぬ  沈みはしないかと構っちゃおられません  沈みになりました  沈みもやらず  沈みも壊れもしないで  沈みも浮びもしない  沈みかけている  沈みかへつた相手は吐息と共にかうも  沈みもせずに  沈みでもしよう  沈み行く星また星に思あり  沈みもしない  

~ 沈み[名詞]1
気持ちは沈みに  軍艦は沈みは  凱歌に沈みに  網代に流れて浮きぬ沈み  衰へて沈み  柴漬の沈みも  柴漬や沈みも  底へも沈みは  自分は沈みも  殷々と沈み  浮きぬ沈み  日が沈み  悲嘆に沈みは  ドノ辺が沈み  舟が沈みは  物音の沈み  圧縮されても沈みも  沼へ沈みでも  空行き沈み  気分などは浮き立ちもせず沈みも  

~ 沈み[名詞]2
その沈み  決して沈み  うき沈み  きっと沈み  淋しく沈み  

複合名詞
沈みがち  風沈み  沈み具合  沈み勝  沈み手  沈み蝦隱  沈み勝ち  沈み込みがち  沈み入り  沈み暈  沈み話  沈み石  沈み岩  沈み果  沈み鳥  沈み山  沈みおもちゃ  沈みっきり  家ごと沈み  沈み岡  沈み入り気重  沈み登り下り  アベラール沈み鉛  沈み睡眠不足  沈み落ち  沈み釣り  沈み顏  気沈み万籟黙寂たる  人沈み國  沈み水  とき沈み  



前後の言葉をピックアップ
しずまれ  静まれ  鎮まれ  しずまろ  鎮まろ  しずみ  静海  沈み  静美  沈魚落雁


動詞をランダムでピックアップ
取りすがろ生み落し見廻すぬすみすさびくだされよ縮まるしがみつく見計らっ打ち出す及ぼせるうごめいかかわりあわ経るこね返す見まがうつみこまふりそそい溺らしきらしゃ
形容詞をランダムでピックアップ
烏滸がましい有難かぐろき恭しき正しきほしく太う生なましくなけれおもたき相応しいにぶずぶとい馬鹿らしくっ痛いたし怖けれ手酷しそこはかとなきせまかったらしく