「朝子」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

朝子[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
朝子と命名した  朝子は毎日ぼんやりした  朝子が瞳を閉ぢて静かに耳をすますと  朝子に云った  朝子はなにか大変なことにぶっつからなければならない  朝子の身体をすぐに気づかひ初めた  朝子をかへりみると  朝子はなんとなく自分の家に行く  朝子をつれずに  朝子はしばらく疲れきった  朝子はまた時子が失はれてしまった  朝子は總ゆる  朝子は気がついた  朝子はやうやく  朝子はなによりもその日の天気を気にした  朝子はまた時子を迎へに行く  朝子は良人の顔を見ながら  朝子はつく  朝子はあわてた  朝子の家の近くに来た  朝子の床を敷いて  朝子は横になって  朝子のだるいといふ背中をなで  朝子が呼びはしないかと  朝子は良人を呼んだ  朝子を見つめて  朝子に心配の種を残らず打明けた  朝子が何を求めているかという  朝子が知らないばかりでなく  朝子によって現わされている  朝子の前にくっきりとして来る  朝子を見ると  朝子は立った  朝子が来ている  朝子は切抜きをつづけ  朝子が伊田に訊いた  朝子の心には義憤的な感情があった  朝子に会うと  朝子も程なく聞いた  朝子は赤インクでそれをなおしながら  朝子に挨拶した  朝子はいつも一種の興味と反感とを同時に覚えた  朝子の長い膝が上の段につかえて登り  朝子は注意深く一段一段登って行った  朝子はバタバタと草履を鳴らし  朝子をかわして  朝子が思わずもう誰も見えない  朝子は何となし厭な心持がした  朝子は二重に厭な心持がして  朝子はベルを鳴らして  朝子に移した  朝子が仕事をしている  朝子の手許を見下していたが  朝子の髪に照りつけた  朝子の目に入った  朝子のいる  朝子は興味をもち  朝子は帰途についた  朝子の肩先を指先で軽くたたいた  朝子は振りかえった  朝子は大平と並んで  朝子の生家がある  朝子は開けた  朝子の手を洗っている  朝子は縁側に立って  朝子に云われた  朝子が二人に何をしても  朝子は一年半程前に夫を失い  朝子を顧み  朝子も出かけ  朝子の心にも感じられた  朝子は荻窪に住んでいる  朝子は目の先に濃厚な絨毯を押しつけられた  朝子を見た  朝子は頽廃的な絵画を眺める  朝子を認め  朝子に答え  朝子に訊いた  朝子はそれ等の外交や政治に関係出来なかったが  朝子は川島に云った  朝子が最近買った  朝子は冗談にまぎらして云った  朝子の姿を見上げた  朝子は神酒徳利と綽名していた  朝子は草履をはき  朝子は暫くごたごたした  朝子を誘った  朝子は大平が往来で提議した  朝子と素介とを見較べながら云った  朝子の顔を見て笑った  朝子を嘲弄する  朝子は生来のぴちぴちした  朝子の心に育ちかけている  朝子と低声で話していた  朝子の髪の辺を見ながら呟いた  朝子は感じた  朝子は思った  朝子は黙った  朝子の方へ向け  朝子は愕然として気になった  朝子の意識にのぼった  朝子を打ち  朝子のところまで聞えた  朝子は編輯所へ出かけて行った  朝子は一時苦しい気持になった  朝子が廊下を行くと  朝子はちょっと会釈した  朝子をも目に入れなかった  朝子に何か好もしい感じを与えた  朝子は立止って  朝子はこれ迄と方針を変え  朝子の心に影響をのこした  朝子の活字ばかり見ていた  朝子はよくそう思い  朝子は大平を愛している  朝子が再び結婚を欲しない  朝子にとって魅力ある  朝子の心の内にかき立てた  朝子を牽っ  朝子の心に迫った  朝子に食ってかかる  朝子は滑稽と幸福とを感じ  朝子は真実の不平や否定の理由を心のどこにも持っていなかった  朝子の全身がそこへ向って  朝子が庭を眺めていた  朝子の黙り込んだ  朝子は凝っと見ていたが  朝子の蒼ざめた顔を見ると  朝子は背中を丸め  朝子の心の中に残った  朝子の念頭から離れぬ  朝子の動揺している  朝子は暖い  朝子の他四五人の男女がいるだけであった  朝子は歩き出した  朝子の手を引っぱって歩き出した  朝子はその前へ立ち止った  朝子はぼんやり苦笑を浮べた  朝子はそうなると  朝子が眠りについた  朝子を以前から知っていて  朝子を振り返り  朝子に聞かせた  朝子が入って行った  朝子はそこで小一時間話した  朝子にいい感じを与えなかった  朝子の知っている  朝子は黙って笑った  朝子は人間の生存の尖端というようなことを深く思った  朝子は昨夜詩を読んだ  朝子は思いつづけた  朝子の横も後もその日の労働を終って帰ろうとする  朝子の電車も久しい間立往生した  朝子の頬にぬらりと  朝子は掌にしてゐる  朝子は自分自身の背中が見たい  朝子は台所が急に怖くなって  朝子はつまらない魔術に引掛ってしまった  朝子は再びむっとする  朝子はふと一種の共鳴を覚えた  朝子の目立たない  朝子は暫く機械的に歩いた  朝子を我にかえらした  朝子はうつむいていた  朝子ははっきり感じる  朝子の前に示された  朝子は自分たちの住んでいる  朝子は廊下の奥にある  朝子はのろのろした  朝子の机は右の窓のところにある  朝子のところから見えた  朝子はとりも直さず  朝子を見守った  朝子はうなずいた  朝子は黙って立ち上って  朝子のうけもちの  朝子はさっき来たとは  朝子のところまでかえって来る  朝子はその列の尻尾についた  朝子は列の動き出す  朝子は夜のお茶にたべる  朝子は買物袋をぶら下げながら  朝子は新しい感動を覚えた  朝子にはやっぱりこの食料店の北国風の匂いも切りはなせない  朝子にその部屋を出る  朝子はその都の案内書をたよって  朝子の生活をみたす  朝子はたくさんの道のりを歩き  朝子は自分たちの生活の朝から夜につづく  朝子が街の喧囂の裡で群集の感情にふれ  朝子にだけそこでの生活を一層承認し  朝子とはちがう  朝子を承認した  朝子には犇と感じられている  朝子は自分がもう勘定場の前まで来ていたのに  朝子の気持は素子にもよくわかっていると思えた  朝子もまた十分知っていた  朝子のまわりに動いていて  朝子はひっそりとして  朝子は辞書を絶間なくひっくりかえしながら  朝子の知らない  朝子のつかっている  朝子が目の前に出してある  朝子が熱心にやっている  朝子は悲しい顔をした  朝子の口を出得なかった  朝子のうちにもかき立てられた  朝子は無言でしずかにそれを自分のよこへ置き直した  朝子は一心に誰の助けもかりず  朝子はやはりこれまでのとおり毎日遠方の出版所へ定期刊行物を予約に行ったり  朝子は自分の生活にとってそれ等の事務的な用件の現実性が全部遠くなった  朝子も立って来て  朝子は身仕度して  朝子は思わず  朝子が現れた  朝子に向けた  朝子は困惑した  朝子はこの問題がおこって  朝子の心にそう深く刻まれなかった  朝子は同じ小テーブルの向い側にぼんやり見ていた  朝子が気付いたよりも  朝子をおとなしく引き緊めている  朝子におこっている  朝子として出した  朝子は日本語で日本のことを書けば  朝子の実感にふれて来る  朝子はあらゆる感覚を開放して  朝子をうった  朝子の生れた  朝子の深い感激にはまぎれも  朝子はいつも自分の素肌の胸へわが生とともに歴史の明暗をかき抱く  朝子は凝っと聴いていて  朝子は黙って  朝子の心には声なき絶叫がひびいた  朝子は切実に感じる  朝子はいつか自分でも気づかない  朝子の心の輪のしぼりは  朝子の心に映って来るばかりであった  朝子はすっかり自分自身の心の裡にとじこもってしまった  朝子の二つの眼のなかには自分に沈潜しきって  朝子に止まる  朝子がふらりと行先も云わず  朝子の姿に注がれる  朝子には心がどこかへかたまっている  朝子は笑って答えるが  朝子はこの三年のうちに成長した  朝子を真心から震盪する  朝子は執拗に自分をしらべる  朝子は灯を消してからも  朝子は永いことそとを眺めていた  朝子は何とも云え  朝子は自分が本当にここで書きたいと思う  朝子が身につけた  朝子にとって実感のある  朝子をここへ送った  朝子としては直接何もふれていない  朝子のかきたいと  朝子はどうしなければならないだろうか  朝子は寝台から起きあがった  朝子はその夜殆ど睡らなかった  朝子は立って  朝子が別荘に移ると  朝子を見に来た  朝子はあっけにとられて  朝子にはこの少年が馬鹿か利口か判らなかった  朝子の椽先に立った  朝子と女の子とを見較べて  朝子という口のわるい生徒がありました  朝子には似ないが  朝子が病身で二川を育てる  朝子をどんな眼に会せるか分らない  朝子の子にして届ける  朝子は僕のいう  朝子もどんなに仕合せだか分りやしない  朝子に吹きかけるか知れぬ  朝子の力になって呉れる  朝子を妊娠と称して  朝子がそうするだろう  朝子に全然いっていない  朝子を母と信じている  朝子も本当に我子のように思っている  朝子の力になって  朝子はぽっかり枕の上で目をあけた  朝子の今の悲しさとよくつりあった  朝子はその中に仰向けに浮んだ  朝子に思い出せる  朝子の顔つきに駭いて  朝子は握りつめた  朝子は激しく嗚咽しながら  朝子のまわりをきつく掛け  朝子が感じている  朝子の唇を震わせた  朝子が目をあいている  朝子はすこしおくれて  朝子の神経にはそこい  朝子に握手して  朝子の手を執って  朝子の丸々とした  朝子はつい泣け  朝子の手をとってすると  朝子の心には悲しそうに伏目になって  朝子がいたら  朝子とを励ましただろう  朝子は考えに沈みながら  朝子は自分が気を失う  朝子は保と九つ年がちがった  朝子が結婚した  朝子も娘だからという理由だけでゆずるべき  朝子を罵った  朝子も黙った  朝子は思わず顔をあげた  朝子は口が利けなかった  朝子の思い出の中に甦って来た  朝子の出発がきまった  朝子がかけた  朝子は我を忘れて  朝子はそのときちょっと変な気がした  朝子は露台を歩きながら  朝子は哲学にはすぐ賛成出来ないと  朝子は思い出した  朝子も沈着さとしてばかりは聴かれない  朝子とでは感じかたがちがった  朝子の生きてゆき  朝子は新しい声のない歔欷で体をふるわした  朝子が初めて過した  朝子は何だかそのことに馴染めない  朝子は自然の感情から何心なくそういう意味を云ってやった  朝子はきれ  朝子は露台から長い間そういう光景を見ていた  朝子の情愛をひく  朝子は佃との破綻が収拾つかなくなって  朝子はこの作家の才能は知っていたが  朝子は妻の境遇からぬけて  朝子に衝撃を与えていた  朝子の心ではその二つがつながりをもつ  朝子が電報をうけとって  朝子にさし出した  朝子はこのこともよく思い出した  朝子は国から電報以来初めての手紙をうけとった  朝子は涙が出て読みつづけられなくなった  朝子はくいつく  朝子は涙も渇いた  朝子は閃く  朝子からひた隠しにされていた  朝子の心におこった  朝子は沈鬱きわまる  朝子は暗い目で頭をかしげる  朝子は椅子をずらし  朝子が歩いて行く  朝子は止まろうか  朝子は重吉の出現までの一人の女に与えられた  朝子が万惣の二階で野菜サンドウィッチをたべる  朝子の感じる  朝子その人のなぐさまぬ  朝子の信じる  朝子の心を經驗する  朝子が家出に至る迄の  

~ 朝子[名詞]1
父が朝子と  杉本さんが朝子に  妻の朝子の  良人とが朝子を  俥にのると朝子は  俥が朝子の  其側に朝子の  片手で朝子の  仲好の朝子  思入って朝子を  ことを朝子が  状態が朝子によって  樹とが歩き進むにつれ朝子の  眼を朝子に  衿など朝子の  五時過ぎて朝子は  横へ立っている朝子の  問答が朝子の  四五遍しか会っていなかった朝子を  不機嫌に朝子を  伊田は朝子を  引とって朝子に  セルを着た朝子の  頭越しに朝子は  思いつきは朝子を  眼差しで朝子と  大平は朝子と  大平がうつむいている朝子の  顔を朝子の  愕きで朝子を  前に佇んでいた朝子の  度に朝子は  いつまでも朝子の  明瞭に朝子の  顔をして朝子に  富貴子は朝子の  女が朝子を  苦心を朝子に  飛行機を眺めてゐたら朝子の  ために朝子は  気がついて朝子は  さが朝子を  今の朝子に  往ったり来たりしはじめた朝子を  表情になって朝子は  用は朝子の  下を歩いている朝子の  素子も朝子も  彼女は朝子に  時から朝子には  ことを朝子も  ジャンパアを着た朝子の  慣用語で朝子の  仕事を朝子が  言葉が朝子の  がけに朝子が  一に朝子として  晩は朝子を  連関して朝子の  ような朝子の  水色ジャンパーを着て思い沈んでいる朝子の  ここに受け入れられるよろこびは朝子を  ことについて朝子は  ここで朝子が  島吉が朝子を  ものをしている朝子の  何とも言わずに朝子と  時子と朝子という  母の朝子には  母の朝子は  奴は朝子を  難題を朝子に  時に朝子の  重明は朝子の  事は朝子に  彼は朝子を  母の朝子の  風に朝子は  臥ている朝子の  ベッドに入れた朝子の  底から起って仰向いている朝子の  ベッドに近づいて朝子が  衰弱している朝子の  最後に朝子の  風で執っている朝子の  刹那に朝子の  自分と朝子とを  佃と朝子が  涙をこぼしながら朝子を  代も朝子も  露台で朝子の  間に朝子が  計代と朝子とでは  国で朝子が  間に朝子は  内容で朝子に  手を朝子に  週に朝子は  表側の朝子の  調子を朝子は  局面は朝子から  問いが朝子の  中で語られている朝子の  冒頭の朝子といふ  小説の朝子の  

~ 朝子[名詞]2
悪い朝子  いきなり朝子  素早く朝子  暫く朝子  丁度朝子  初めて朝子  やがて朝子  かく朝子  突然朝子  ひとりでに朝子  もちろん朝子  いつも朝子  先ず朝子  どうか朝子  もし朝子  いかにも朝子  いつしか朝子  殊に朝子  若し朝子  

複合名詞
伊藤朝子氏  朝子さん  女主人公朝子  当時圓朝子  その他朝子  きょう朝子  朝子たち  朝子自身  間朝子  頃朝子たち  朝子ちゃん  朝子未亡人  恰度朝子  未亡人朝子  とき朝子  



前後の言葉をピックアップ
あさぐろく  浅黒く  朝気  浅けれ  朝餉  麻子  アサコ  朝酒  浅沢  浅し


動詞をランダムでピックアップ
かけ合え抄いならぼ付け狙うすてる蒙っ振り出し捏ねかえし閊える差し向けしらける語らはなせせせくっ踊れるしゃれる退ける持ち上げん割出さ
形容詞をランダムでピックアップ
くさし清々しゅういみことごとしく安い新しすがすがし目新しいさぎよ胸ぐるし淋しき卑しかっ俗っぽあかるい有難しさみしけれほいなくきたなし心憂愛くるし