「望ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 望ま[動詞]
うまい句を望ま  多くを望ま  ことを望ま  のを望ま  賢であるから、とても望ま  鬪ひを望ま  やうに望ま  実現しようとも望ま  のが望ま  ことは望ま  海も望ま  棟を望ま  何を望ま  賑かな国は望ま  上からも望ま  国は望ま  功名も望ま  報酬を望ま  事は望ま  加俸を望ま  雪が望ま  吾妻山が望ま  根名草山がちらりと望ま  脱出が望ま  園が望ま  人もし仰いで高きを望ま  群巒をぬいて望ま  現実は、しかし、望むと望ま  品をと望ま  機屋に望ま  背が望ま  ことが望ま  概念が望ま  結婚は望ま  それを望ま  誰一人それを望ま  解決は望ま  それを望むか望ま  家々の望ま  津居山灣の望ま  崎も望ま  ところも望ま  車窓から望ま  山岳は望ま  時になると、高く望ま  島を望ま  かすかに望ま  榮達は望ま  それが望ま  点々と望ま  期間に、望ま  事を望ま  発現が望ま  一片が望ま  海面さえ、はっきり望ま  成功は望ま  期に、生きるを望ま  生還が望ま  姑く望ま  將來に望ま  枝越しに望ま  何も望ま  間に望ま  なごりなく望ま  山々が望ま  誦讀を望ま  急ぎ方は望ま  スピード時代には望ま  意味で望ま  完全を望ま  お前が望ま  ほうに望ま  参府はとても望ま  参府も望ま  生活がやがてまた望ま  天末を望ま  日本では、とても望ま  改革は望ま  帆が望ま  兵船が望ま  蜀を望ま  人には、とうてい望ま  ものを望ま  空を望ま  族旗が望ま  経をよんでくれる、ありがたう、望ま  談笑する、望ま  相手を望ま  絶滅は望ま  結婚を望ま  なりとも望ま  貴下が最も望ま  雲が高く望ま  ものさえも望ま  知識は望ま  上に見たいと望ま  光が望ま  一段高く望ま  ばかれ望ま  会食がしてみたいと望ま  熱心に望ま  長生を望ま  遥かに望ま  まり多きを望ま  家柄から養女に望ま  それの望ま  一部が望ま  裏側から望ま  大唐までは望ま  展開は望ま  発展などは望ま  其を望ま  世人もあえて望ま  何ものも望ま  しろと望ま  大路が望ま  ものなどに、固よりやすらひは望ま  貴僧に望ま  私に望ま  証拠物件を望ま  死が、望ま  器量を望ま  屋根を望ま  気持は望ま  軽減などは望ま  旗のぼりも望ま  夕富士が望ま  屋根が望ま  やうにと望ま  連山が望ま  夜はチラチラ望ま  向上発展は望ま  性愛が望ま  池泉が望ま  川が望ま  下に望ま  峰から沢へかけて望ま  一致を望ま  一致は望ま  美貌ばかりを望ま  大軍が望ま  影も望ま  目の下に望ま  天空とが望ま  横に長く望ま  実業家が望ま  ことを、望ま  人心の望ま  町屋根が望ま  黒煙が望ま  ように望ま  下赤坂が望ま  河口から望ま  賛をと望ま  永遠性を望ま  山波が望ま  天を望ま  山が望ま  判然と望ま  瀧が望ま  学校を望ま  状態は到底望ま  之を望ま  ことを余り望ま  家老職に望ま  僥倖は望ま  間から望ま  断裂が望ま  鮮かに望ま  一角が望ま  折尾谷が望ま  恵みを望ま  勇美子に望ま  社会制度を望ま  発達は望ま  行はるるを望ま  俗間にて作らるるを望ま  生活を望ま  彼に望ま  縁談なぞは、望ま  なに、望ま  ことは、望ま  僕は少しも望ま  平穏を望ま  俺も望ま  あれと望ま  老松を望ま  殊に気高く望ま  富嶽を望ま  教えを得たいと望ま  ことも望ま  私はもう望ま  多くがお望ま  良人にさせたいと望ま  考えをいだくまいと望ま  いろいろに言って望ま  光を望ま  僕は夢にも望ま  大尽にも望ま  静かに望ま  限りなく望ま  これ以上は望ま  訂正を望ま  あなたは望ま  あなたの望ま  姿の望ま  帳が望ま  姿が望ま  嶺は望ま  山群が望ま  山も望ま  影となって望ま  解決を望ま  進展は望ま  回を望ま  美貌は望ま  物でも望ま  茶碗を望ま  作者が望むと望ま  徹底とを望ま  肴を望ま  進歩無窮なれば全く望ま  教化を受けたいと望ま  ところ、あるいは望ま  葛西氏には特に望ま  かたちが望ま  雲が望ま  つた峰が望ま  空に望ま  間は望ま  北アルプスが望ま  ものが望ま  完人に望ま  僥倖を望ま  人に望ま  成功を望ま  島まで望ま  下着は望ま  場合には望ま  一部分も望ま  山巓も望ま  のも望ま  団が望ま  側面が望ま  雲も望ま  灰色に望ま  山脈が望ま  地方で望ま  本会としては到底望ま  なつて欲しいと望ま  完全さは望ま  のが、望ま  収獲の多きを望ま  あしかれ、望むと望ま  一刻も早く望ま  そこには望ま  結婚も望ま  方に望ま  蓮池の望ま  樹には望ま  親たちの望ま  家に望ま  常民に望ま  私は若くなりたいなぞと望ま  口を望ま  そこまでは望ま  出入りに望ま  何をか望ま  繁昌が望ま  発展は望ま  改造を望ま  配達を望ま  講話を望ま  月が望ま  山山が望ま  遠くからも望ま  有様が望ま  むるといへども賞をまたず、労するといへどもむくひを望ま  別に金は望ま  選挙粛正などはとても望ま  山並が望ま  女にも望ま  のにでもならなければ、とても望ま  女はをりをり望ま  恬淡出世を望ま  無事平坦を望ま  文芸作品を望ま  方を望ま  点から見て、その望ま  運転は望ま  現世を望ま  斬首をもつて望ま  邸が望ま  作者がよく云うとおり、望む望ま  幸を望ま  一曲をと望ま  一峰が望ま  禄は望ま  谷川が望ま  佐渡から、望ま  発展も望ま  速成科を望ま  他から望ま  想ふことは到底望ま  外国人に望ま  官位を望ま  密林が望ま  変化を望ま  變化を望ま  一角だけが望ま  一致が望ま  ほか何も望ま  竹之助様を望ま  だんだんヘチ物を望ま  富貴を望ま  上あたりから望ま  そこに望ま  屋根が近々と望ま  枝葉を通して望ま  先方から望ま  細川からも望ま  眼界を去らむことを望ま  実行せむことを望ま  内閣を望ま  視野を望ま  實行せむことを望ま  慰をうるを望ま  これを望ま  一部が遠く望ま  自然に望ま  試合を望ま  洋館が望ま  尖塔が望ま  一見はなはだ望ま  もう一度それを繰返そうと心から望ま  叔父から養子にと望ま  天主台を望ま  出世も望ま  人力車以上のものを決して望ま  獨裁を望ま  通路が望ま  謁見を望ま  声望をもって望ま  役人たちに望ま  事が望ま  出世は望ま  それは望ま  演奏を望ま  時間を望ま  裁判官がそう望ま  釈放を望ま  発展を望ま  某家から是非にと望ま  富豪に望ま  必要から、望ま  灯火が望ま  距離に望ま  ようにと望ま  遊を望ま  皆鮮かに望ま  木の間を透して高く望ま  伽藍を立てんと望ま  絵馬のごとく望ま  繁殖を望ま  茶話をと望ま  線が望ま  北の方に望ま  中腹に望ま  茶店から望ま  色が望ま  谷川岳附近まで望ま  細君にと望ま  絶景が望ま  丘が望ま  婦人が、望ま  卒業者というので、望ま  のは最も望ま  陥落を望ま  豊臣家再興は望ま  



前後の言葉をピックアップ
覗こ  のぞこ  除こ  のぞま  臨ま  望まし  望ましから  望ましい  のぞましい  望ましかっ


動詞をランダムでピックアップ
書きなぐっはねあがり漕ぎつけなくせよ見下ろせつっ込む引き摺奉ら科する消え撚っ弔わかっ込んさしあげよ配そ質せ見直そ虐げる受入れよ
形容詞をランダムでピックアップ
痛まし眠く耳ざとくみすぼらしきめまぐるしくっすばやかっむずかしかっ赤いひさしゅう大きけれせまくるしかっおもしろきわすれがたく難しから酷しかっかいく耐難く口やかましく