「返る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 返る[動詞]
吃驚して、振返る  終りになって振返る  吃驚して振返る  しずかさに返る  から、振返る  蘇み返る  吾に返る  上に返る  ものに囚われて力み返る  揮り返る  言に連れて振返る  天に返る  マイクロコンピューターがあふれ返る  片手に漕ぎ返る  ものがひつくり返る  罪をふり返る  下を往き返る  元に返る  意識に返る  半ば埋めてまた捲き返る  襟の返る  浪が返る  方を振返る  綾が起返る  土間へ出たが、振返る  咽せ返る  常軌に返る  ト斉しく振返る  なかった途端に、振返る  気辛いし、湧き返る  方をふり返る  クルリと振返る  胡坐に返る  我に返る  急に向返る  姿勢に返る  絵看板を振返る  死を極めて起返る  個性へ返る  中はたぎり返る  向に返る  ポンと飛び返る  平時に返る  基督教会に返る  椅子に返る  そっちをふり返る  奥を振返る  足音を聞けば、湧き返る  前を振返る  昔に返る  後ろをふり返る  うちが湧き返る  気持が渦巻き返る  顔をして、と振返る  旧態に返る  真面目に返る  黙然として澄まし返る  正常に返る  たいがい正常に返る  一時正常に返る  いつかはまたよみ返る  生涯をふり返る  性質に返る  なかった昔へ返る  自分に返る  云ふなら返る  こちらへ振返る  姿に返る  過去をふり返る  得がついて返る  二人が振返る  郁太郎を振返る  生活に返る  泥だらけになって起き返る  血が湧き返る  足をとどめて振返る  清浄に返る  中が湧き返る  波が折れ返る  冒頭に返る  私は返る  がんりきは力み返る  一面に湧き返る  ニース全市は湧き返る  沈黙に返る  三たび沈黙に返る  それを振返る  己に返る  浜はひつくり返る  ままで振返る  立止って振返る  手に返る  中の湧き返る  札が返る  谷に溢れ返る  働きぶりと、漲り返る  米友は振返る  顛り返る  目を丸くして振返る  全体が活き返る  常態に返る  愚に返る  わが身に返る  座に耐えていると、常に返る  声に、振返る  手を休めて振返る  四辺に響き返る  聲がするので振返る  われに返る  ように振返る  ものを叩くと、ぽんぽんはじけ返る  わたしは振返る  父は振返る  後ろを振返る  玄庵が力み返る  水面に返る  大月はホッとして振返る  チョイと振返る  方へ再び返る  胸に弾け返る  午後のむれ返る  視線を避けながら、湧き返る  あとを振返る  何よりも、力み返る  あいだ我に返る  気配に気づいてか、チラッと振返る  正気に返る  支配人はそう云って振返る  刎ね返る  花子を振返る  相手をふり返る  赤坂へ返る  若旦那が返る  馬上に返る  砂糖に返る  何だか世界が引っ繰返る  返答をえて返る  雨露次に返る  今から振返る  後ろ姿を見て振返る  さに返る  朗らかに澄み返る  フト我に返る  敵味方から一時に湧き返る  銀様が振返る  正体に返る  ふだんと変っているので、なんだかぎょっとして振返る  から振返る  思いに返る  自己満足でふくれ返る  滝太歩を停めて振返る  登り坂になっていて、ひびき返る  推遣られて坐に返る  村中がひつくり返る  例外だが、いずれ、返る  銀様が、ふっと振返る  何か揺れ返る  なかで揺れ返る  我れに返る  勝手に自惚れ返る  影を振返る  社会制度がひつくり返る  霧、返る  静かさに返る  翻飜として飛び返る  から、また振返る  見た目からもいちど前史をふり返る  それから我に返る  劣等だと言って、しおれ返る  内に湧き返る  気分に返る  亡魂が返る  三好を振返る  バタバタと飛び返る  窟に返る  神託を聴き返る  山を抱えて飛び返る  前を離れて、振返る  此奴万一生きもや返る  跡に治まり返る  ジャズで湧き返る  凶に返る  ところへ返る  皆手に返る  背後を振返る  顔が湧き返る  本を振返る  君をふり返る  眼付きを振返る  廊下から振返る  知覚から我に返る  機会に立去ろうとして、振返る  対手が起返る  事に思って振返る  思つて振返る  気持に返る  つて力み返る  急に活き返る  はじめてゆとりに返る  姿を振返る  正面に向き返る  平静に返る  十歩にして返る  所謂むくれ返る  三人とも振返る  斉しく振返る  手へ返る  全国煮えくる返る  方へ振返る  引ッ繰り返る  仕事に返る  夜叉に返る  斜めに居返る  そこから撥ね返る  気が付いて振返る  しか魚の活き返る  斯う呼ばれて振返る  胸に響き返る  場所に返る  場面に返る  しろをふり返る  風も絶えて、湧き返る  懐さに振返る  わが国みずからの古きに返る  元へ返る  日は、もう返る  ヒヨイと振返る  喫驚しながら振返る  君江は振返る  しろを振返る  互格に返る  ぎよつとして振返る  身の上に返る  色に返る  清三がふり返る  静寂に返る  私はひつくり返る  明朗に返る  濃緑に返る  自然に返る  悶々のたうち返る  足あとをふり返る  瞬間から我に返る  土に返る  文三の萎れ返る  独りで返る  別に我に返る  必要もなく又た返る  それから最初の書きだしへ返る  人出でいきれ返る  気競って振返る  浮世に返る  此方を振返る  男は返る  丸子から下目黒に返る  鎌倉中がひつくり返る  慎しまずして行きけるが、再び返る  後を振返る  袖が返る  作つて湧き返る  旧套に返る  背後へ飛び返る  秋山は思わずぞっとして振返る  肘たてて起き返る  半蔵を活き返る  途中から邪気を持ち返る  戸籍に返る  自分を振返る  念がみなぎり返る  氏が振返る  仰臥に返る  京都に返る  ふたりに返る  弟が返る  後をふり返る  さをふり返る  云つて振返る  お前に返る  白色に返る  底野はまたひつくり返る  声にふり返る  弾ね返る  現象として、振返る  私を振返る  ほんとうに童心に返る  童心に返る  大概活き返る  汚辱に返る  カンカンに息み返る  何ものかをもたらして返る  机からさえ、公然と湧き返る  一人で起き返る  栗野博士を振返る  青葉に蒸れ返る  現在、蒸れ返る  はじめて我に返る  方からそっちをふり返る  生身に返る  前には、泡立ち、湧き返る  中で振返る  女に返る  何んの驚く、飛び返る  木精ばかりが、ボーッと返る  内方と囁きながら振返る  腸は煮返る  孝ちゃんを振返る  図吾に返る  独りで力み返る  びツくりして振返る  上へ返る  後にふり返る  あとで振返る  机に返る  つたいつのまにか風が出ていた振返る  香いとで湧き返る  中を取りに返る  割れっ返る  何ごころなく振返る  わたしは再び振返る  大胆に再び振返る  庭をふり返る  叫びぬいてゐるが、振返る  百姓を振返る  まり振返る  引繰り返る  しろから肩を叩かれ、振返る  前へのめったが、振返る  上で振返る  



前後の言葉をピックアップ
かえりみれ  かえりゃ  帰りゃ  帰る  飼える  孵る  代える  還る  換える  替える


動詞をランダムでピックアップ
霞ま引っ掻い述べよ立ち上がっなすりつけよ連れ帰ら励ん突きぬける下ろゆき着き死すれ含まる入れかえよ萌す仕出せ呟き撞けうて吐出しひたろ
形容詞をランダムでピックアップ
いぶかしきつまらなく瑞々しかっ危うう気軽うよしなくわかきつつましもの恐ろしく言うまでもなし嬉しく爺むさいおそれおおいすけなやさこす辛い残惜しいざとくみよくいとわし