「暗み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 暗み[動詞]
男の暗み  夜を暗み  外にどっしりと、暗み  ように暗み  垣根にそうた暗み  あたりやや暗み  アプスは寒く淋しく暗み  いの暗み  夜の暗み  心が暗み  倉庫が無暗み  音だけが無暗み  竹藪の暗み  臭が暗み  庭の暗み  心の暗み  椎の暗み  若葉がやや暗み  



前後の言葉をピックアップ
晦ませ  晦まそ  鞍馬山  クラマール  眩み  くらみ  蔵光  倉光  蔵満  クラミツハ


動詞をランダムでピックアップ
ムキになら知れりゃ宛て契ろ練り歩くよくせ換えん込めるすさっおくん貼ら見縊らもてあそぶいならんつけかえる縫えおびえ住みなすあやまろ感ずれ
形容詞をランダムでピックアップ
騒がしからおぼし福々し恥しきくくっ奥床しだいじない望ましから厚い危なっかしい難しかろ如才無い男らし近きわかわかしきうら若き危ういあつけれ擽ったく