「揉ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 揉ん[動詞]
身を揉ん  気を揉ん  あたりを揉ん  どころがあると揉ん  叮嚀に揉ん  身體は一度揉ん  とこさへよく揉ん  目をつぶって揉ん  肩をいそいそ揉ん  腹を揉ん  眼瞼を揉ん  截然として角立っているが、揉ん  ように揉ん  葉を押し揉ん  珠數を押し揉ん  淺草紙を揉ん  先で揉ん  先刻から気を揉ん  莨を揉ん  足首を揉ん  氣を揉ん  手を揉ん  影を揉みに揉ん  両手で揉ん  肩をいそいそと揉ん  肉を揉ん  体を揉ん  なかったが、摺った揉ん  肩を揉ん  温泉で揉ん  一潰しに潰そうと、揉みに揉ん  お前旦那を揉ん  者だからと思って安く揉ん  散々気を揉ん  昨夜から気を揉ん  気も揉ん  中で揉ん  汚れ物を揉ん  爪先をいくら揉ん  手首を揉ん  数珠を揉ん  膝を揉ん  旦那を揉ん  先手にして、揉みに揉ん  汝幾ら気を揉ん  気ばかり揉ん  両手を揉ん  の、摺った揉ん  横町へ揉ん  肩井を揉ん  車夫は揉みに揉ん  真中をぎゅうぎゅう揉ん  波を揉ん  婆さんに揉ん  何時もそっと揉ん  中に揉ん  事変後、揉ん  いまさら気を揉ん  息をかけ揉ん  うに手を揉ん  体じゅうを揉ん  袖を揉ん  上で揉みに揉ん  指頭で揉ん  雪で揉ん  塩でよく揉ん  塩で揉ん  ように、揉みに揉ん  海苔の焼いて揉ん  最初塩でよく揉ん  最初塩で揉ん  泣きながらそれを揉ん  手で揉ん  痩身を揉ん  一人気を揉ん  吾自身も擦ったり揉ん  押揉んでは捨て、揉ん  ひとり気を揉ん  掌で揉ん  錐孔が揉ん  脚を揉ん  神輿ではないが、揉ん  ワッショイワッショイと揉ん  腰を揉ん  毎日気を揉ん  いくら側から気を揉ん  頭を揉ん  乳房を揉ん  一週間も揉ん  多人数集まって揉みに揉ん  ことも出来ず、磨った揉ん  間で揉ん  肩が凝るでせうね、揉ん  くちゃくちゃに揉ん  蜒り、渦巻き、揉みに揉ん  草餅を揉ん  指を揉ん  肩をすこし揉ん  肩を圧しつけたり、揉ん  筮竹を揉ん  のを、振って揉ん  将、揉みに揉ん  葉をよく揉ん  葉を交え揉ん  湯を揉ん  三十分間揉みに揉ん  兩手で揉ん  石鹸を揉ん  洗濯ものを揉ん  薄情ね、少し揉ん  上で押し揉ん  指先で揉ん  一枚を揉ん  珠数を押し揉ん  生涯気を揉ん  足なんか揉ん  醫員が頻に揉ん  徑、揉みに揉ん  ように、ぐいと揉ん  坊主を揉ん  背中を揉ん  から、揉ん  気精を揉ん  手をやって揉ん  指を、握ったり放したり揉ん  グルグルとまわって、揉みに揉ん  一人ヤキモキ気を揉ん  一揉み揉ん  辺りを、次々と揉ん  顔を、しかめて揉ん  こと、揉みに揉ん  今、揉ん  太股を揉ん  頭などを揉ん  同志を守ってかたまりとなり、大揉みに揉ん  君枝をくしゃくしゃに揉ん  拙者のを揉ん  休みながら揉ん  吸つて貰らひながら揉ん  幾ら気を揉ん  いちばん気を揉ん  お客さんで揉ん  紙を揉ん  そんなら揉ん  柔かに揉ん  頭でも揉ん  日向で揉ん  溢出させて、揉ん  シキリに揉ん  んざ気を揉ん  



前後の言葉をピックアップ
モローズ  モローゾフ  もろ手  もろ肌    紋別  もん  紋縮緬    もん


動詞をランダムでピックアップ
咳き入れ別けれ抜こといかえし諦め配れ疲れれ話し込んひそま強請っ越えよ切払い葬れふみとどまり追う挽け諭さ分れ息詰り突き通す
形容詞をランダムでピックアップ
めざましく危なうすばしこかっけがらわしきひろおっかなかっ気づかわしいたくまし細々しい穢らし思いがけなくちおし気味悪きほこらしく頼み少なきあぶなから繁き末頼もしく快かっ旨から