「後れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 後れ[動詞]
五色のしでを遥か後れ  其に後れ  のが後れ  ものか後れ  説経節が後れ  書を後れ  配慮はやや後れ  二は後れ  自分に後れ  書が後れ  水夫が、後れ  半年少しも後れ  一時間ほど後れ  汽車が後れ  自分が後れ  者がある、後れ  同級生に後れ  催しに、後れ  ランスロットよ、後れ  ため、後れ  ものは後れ  二十日近くも後れ  子に後れ  事すでに後れ  てゐましたけれど、後れ  妻に後れ  あちこちが破れたり、またはつきり現はれたりして、後れ  一時間目は少し後れ  進歩に後れ  時機に後れ  就中最も後れ  ために後れ  フーリと共についに帰らず、やや後れ  電車が徐々に後れ  電車がすーっと後れ  世界に後れ  期日が後れ  力が後れ  我に後れ  彼女はふいと向き直って、だいぶ後れ  私は構わず、少し後れ  啓蒙が著しく後れ  文化意識とが著しく後れ  ドイツ資本主義の後れ  ドイツ的に後れ  非常に後れ  制度は後れ  女神が後れ  併し後れ  相応わしい後れ  近世資本主義台頭に後れ  心は更に後れ  身体まで後れ  所へ、少し後れ  発育の後れ  熊吉より後れ  つて逃げ後れ  終電車に後れ  妙に後れ  俺は少しずつ後れ  朝少し後れ  例より後れ  君が後れ  一時代だけ後れ  京傳より更に後れ  夕食が少し後れ  寸分油断なく後れ  國より後れ  臨濟よりも後れ  会釈も仕後れ  ハヴィエルが後れ  文明に後れ  科学に後れ  茂樹に後れ  アア吾家のは後れ  乘り後れ  方が余程後れ  ゆえ、余程後れ  七八町も後れ  その後をよほど後れ  流行に後れ  世に後れ  それと後れ  それに後れ  から、もし後れ  ワザと後れ  ミチミは、すこし後れ  時間が後れ  順番よりはずつと後れ  附添うて、少し後れ  ことが少しばかり後れ  最後に、かなり逃げ後れ  彼女は、すこし後れ  手長と成ったら、どうしても後れ  発育はひどく後れ  彼に後れ  必死となりて、やわか後れ  馬車に後れ  喇叭を吹き鳴らして、後れ  競争者に後れ  時代に後れ  其處で後れ  遙かに後れ  小市民層及び後れ  兵馬は後れ  一行に後れ  人間が後れ  折から、少く後れ  から、後れ  返事を出し後れ  誤り時に後れ  今は最う、後れ  時代が後れ  ものであり、後れ  監獄が、後れ  一行と、やや後れ  宇津木兵馬は、ずっと後れ  作品が後れ  嘉代さんに後れ  涙無く後れ  昼食をして、余程後れ  婦人、申し後れ  わたくしこそ申し後れ  角よりも少し後れ  ブレツクフアストに後れ  海をながめて、少し後れ  男達に後れ  季節に後れ  上から花輪をば、のせかけとけあ、後れ  みんなに後れ  七はわざと後れ  時間には後れ  三年も後れ  一日でも後れ  主膳は後れ  八間も後れ  人ようよう散じて後れ  学校に後れ  それよりやや後れ  伊達政宗も後れ  時間に後れ  復興も後れ  そこへ行き着いて、後れ  今自分は後れ  時計はいつも後れ  馳走になりながら、後れ  声が聞える、後れ  腰を下して、後れ  於て著しく後れ  人でも轢いて後れ  電車が後れ  山県大弐はずっと後れ  出足をなるべく後れ  太陽より少し後れ  遊歩から帰り後れ  一小節だけ後れ  浦人なり、後れ  大人たちは、遠く後れ  時間は後れ  五日も後れ  列に後れ  夫人に後れ  人に後れ  三部要綱も後れ  幸いに、後れ  後に後れ  歩調に後れ  私たちより後れ  顔で、少し後れ  峰から応えて、少し後れ  草刈が曳き後れ  技術的に後れ  自分より少し後れ  橋本夫人、やや後れ  影にちろちろ泣き後れ  権利であり、最も後れ  防風氏が後れ  飯時に少し後れ  六人牀上を占めなば後れ  車が後れ  友に後れ  肩を軋って後れ  先輩である支那の後れ  戸籍がずっと後れ  すべてがそれだけ後れ  時が後れ  揚々と後れ  時期に後れ  演劇も後れ  今度あ後れ  私たちは少し後れ  時刻が後れ  思つたけれど、どうせもう後れ  矩子は後れ  ん心もなければ、後れ  如何にして斯くは後れ  絵葉書は売っていたが、後れ  算法よりもやや後れ  発達は後れ  一歩を後れ  それよりずつと後れ  挨拶に後れ  ズット大学より後れ  通り落着き払って、そしてずっと後れ  十日ばかり後れ  息が交っていて、帰り後れ  から流行に後れ  暇乞に行ったので少し後れ  独り大重君だけが後れ  発生が後れ  美留藻より後れ  遥に後れ  三十分ほど後れ  御返事も後れ  宗助より後れ  余地なく、後れ  註文が後れ  機に後れ  畑仕事が後れ  一年ばかり後れ  時鳥は後れ  発達の後れ  帰りが後れ  僕も後れ  楽に後れ  我船より後れ  幾ら駈けても後れ  飄亭、青々後れ  父に後れ  眼を円くしながら、後れ  フンク氏より後れ  ここかしこに出後れ  季節の後れ  一二間も後れ  変に帰り後れ  時刻を後れ  爺さんは逃げ後れ  先頭に、それにやや後れ  氏も後れ  衆芳に後れ  余ほど後れ  呼吸に少しも後れ  余は後れ  世間に後れ  所に後れ  解放しようとしてもひどく後れ  原因がよしやどうであろうとも、現に後れ  従来久しく後れ  十間餘りも後れ  動もすれば後れ  丁ほども後れ  大変な後れ  気を着けて、その後れ  帰宅が後れ  婦人が後れ  東洋より後れ  いつまでも結婚が後れ  時流に後れ  趣味を棄てて後れ  石塊には、帰り後れ  ように酔っ払って帰り後れ  世間一般に比して、すこぶる後れ  進運に後れ  起源について、少し後れ  ローマでは少し後れ  人より少し後れ  文化の後れ  多数の後れ  好奇心も覚えて、わざと後れ  誰よりも後れ  要領よく受けて出るので、後れ  一番最後に後れ  こともあり、後れ  待望み我の後れ  月が後れ  お葬式が後れ  太陰土が後れ  隣国に後れ  扶け参らせ、後れ  茶碗にも後れ  目的に後れ  女でさえ後れ  二時間ほど後れ  半ごろまでには、後れ  習ひ後れ  生活上数歩を後れ  朋友と出会って見ると、聊か後れ  人々に比して後れ  歩行は心地よし逃げ後れ  呼吸に徐々に後れ  足どりでずっと後れ  汽車に後れ  所を訪ねてきては後れ  人々に後れ  春に後れ  出現すると共に、やや後れ  競技が始まり、やや後れ  それを後れ  三十年四十年と後れ  日本の後れ  程度も後れ  のは余程後れ  主人にも後れ  それが後れ  のに後れ  帰りがいつもよりずっと後れ  私より後れ  時機が後れ  元気なれば、後れ  鴨は後れ  審美的考察が後れ  どさくさと逃げ後れ  時勢に後れ  急用で後れ  食事に後れ  新聞もことごとく後れ  頃は後れ  約束を、少し後れ  ことの後れ  後を振り返って、ずっと後れ  

名詞

後れ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
後れ馳せに北の方へ行こう  後れは取らなかった  後ればせに  後れをとらず  後ればせながら  後れたるため毎号改良の点も可有之とは存じ候えども  後れを心理的に又論理的に合理化する  後れ或は先立ち  後ればせの  後れを取つた  後れを取る  後れを取らねえ  後れもせずに  後れを取った  後れを取ったとは  後れを取ったという  後ればせに走せつけた見慣れない  後れもせず  後れ馳せにプラットホームから駈け降りて来る  後れはとらない  後れをとらぬだけの  後れ馳せに思い出して  後ればせに来た  後れは取らぬ  後れ来る口附を招きて  後れを取らしたとあっては  後れを取らぬ  後れしを詫びに行きて  後れもせず先立ちもせず  

~ 後れ[名詞]1
それに後れは  人に後れを  期日の後れ  他に後れを  彼に後れば  者に後れを  自分が後れを  後悔して後れ  奴にも後れは  草相撲では後れを  一般世間に比して後れを  相合傘に後れは  あなたに後れを  前には後れを  日限の後れ  帰着の後れ  首筋立伸びて後れ  あれ万が一にも後れを  

~ 後れ[名詞]2
この後れ  ずいぶん後れ  互に後れ  

複合名詞
時代後れ  時世後れ  後れ勝ち  流行後れ  後れがち  後れ髪  時勢後れ  時候後れ  一足後れ  後れ咲  季節後れ  今日後れ  時期後れ  時後れ  む時勢後れ  一二歩後れがち  足後れ  一日後れ  後れ咲き  後れ勝  後れ先  流通後れ  後れやう  一ト綜二綜後れ  後れめ  



前後の言葉をピックアップ
おくる  おくるみ  送れれ  後れよ  遅れ  遅れ  オクレ  遅れよ  送れ  遅れれ


動詞をランダムでピックアップ
つきはなし略せる後ずさっ射ちかかげ醸しおもんぱかる企も上がら盗っひきたてよ説き伏せる打出し産み落そ買い取る痛むよせかけるかどわかし還り揃えよ
形容詞をランダムでピックアップ
ともうわるあさ太う俗っぽいこちたい心もとなく冷たかっなまあたたかあざといやかましきだる渋く淡い歯がゆかっ肌寒固き聰きせんなき敏かっ