「彩ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 彩ら[動詞]
人生は、彩ら  人生は彩ら  反映に彩ら  とり/″\に彩ら  絵看板にあくどく彩ら  色に彩ら  感興で彩ら  炎に彩ら  中世的流血をもって彩ら  黄に彩ら  紫に彩ら  彼は彩ら  さによって彩ら  色で彩ら  灯に彩ら  状などは、さながら彩ら  肉に彩ら  鮮明に彩ら  ニュアンスをもって彩ら  あたりはたちまち彩ら  河北風俗にならって彩ら  ように紅く彩ら  紅燈青燈に彩ら  誇張に彩ら  色彩に彩ら  ことが、美しく彩ら  流血に彩ら  知性に彩ら  極彩色に彩ら  一杯に彩ら  いろいろに彩ら  夕雲はかがやかに彩ら  黒紫色に彩ら  紅に彩ら  体を彩ら  口べにに彩ら  金切り声に彩ら  心理に彩ら  楯をもつて彩ら  闇に彩ら  みなことごとく世にも美しく花々しく彩ら  夕焼雲に、うつくしく彩ら  單色に彩ら  一面に惨たらしく彩ら  疲労に彩ら  光に彩ら  紫で彩ら  伝記に彩ら  黄褐色に彩ら  感情に彩ら  文字で彩ら  虎斑で彩ら  悲劇で彩ら  真白に彩ら  梢が美しく彩ら  文化にも彩ら  血をもって彩ら  朱碧二色で彩ら  思想で彩ら  詩句に彩ら  嫩葉に彩ら  象牙細工や、紅く彩ら  それからさきが彩ら  血に彩ら  唐紅に彩ら  水色に彩ら  火に彩ら  水草で彩ら  白一色に彩ら  やうに彩ら  優しい言葉に彩ら  金朱のいろに彩ら  伸びまた彩ら  比較対照を以て彩ら  血で醜く彩ら  上が彩ら  緑色で彩ら  地方色に彩ら  血で彩ら  砂子に彩ら  片隅に立ちたれば、彩ら  禁欲主義的思想に彩ら  錦手に彩ら  つて形造られ、彩ら  夕映に彩ら  夕陽に彩ら  空色に彩ら  血潮に彩ら  上に彩ら  平家文化に彩ら  秀吉文化に彩ら  空想によって色濃く彩ら  さに彩ら  七色を以て彩ら  七色を以てなどりて彩ら  



前後の言葉をピックアップ
色とりどり  いろど  イロドゥラア  彩っ  いろどっ  いろどら    彩り  色どり  


動詞をランダムでピックアップ
おどろきいわし謡っ打ちこめのりつける象り盛り込む洗い流す打とこぼすつたえよ冷さ降り掛か引き延ばすよびだすかきおろし引っかき考え抜い問い返す為し遂げん
形容詞をランダムでピックアップ
めでたかっ忙しない物物しく太しいかつく醜き濃からほの暗くえらい気持ちよ血腥水臭く寂し清き蒼きいたいたしかっ愚かしおもくるしい晴がましいあぶなから