「帰れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 帰れ[動詞]
一週間で帰れ  そばまではもう帰れ  青葉ほめて帰れ  明日にでも帰れ  きょうは帰れ  国へ帰れ  昨夜も帰れ  今日も帰れ  洞庭にいたじゃないか、どうしてそんなに早く帰れ  故郷へは帰れ  即刻熊本へ帰れ  チベット語を吸いて帰れ  家にさえ帰れ  先に帰れ  ガンベもう帰れ  断念して帰れ  気持をよく聞いて帰れ  明け方までに帰れ  奥様へ持って帰れ  うちへ帰るにも帰れ  朝もはやどうしても帰れ  翌朝今朝はどうしても帰れ  叔父からぜひ帰れ  橋が落ちて帰れ  研究中だ、会わないぞ、帰れ帰れ  無事に帰れ  一時間では帰れ  うちはやはり帰れ  ひとりで帰れ  江戸へ帰れ  家へ帰れ  落着き払つてゐて、帰れ  貴様は帰れ  真直ぐに帰れ  者が、帰れ帰れ  楼へ帰れ  下手をすれば生きては帰れ  七人の子を見に帰れ  いやなら帰れ  ぶれると歩いちゃ帰れ  賞めて帰れ  こっちぢゃない帰れ帰れ  ここから帰れ帰れ  なんだ、帰れ  それを、帰れ  心残りがして帰れ  所へも、帰れ  ダンディ埠頭にはもうおそらく帰れ  きしつつ帰れ  そこへさえ帰れ  マゴマゴしないで、早く帰れ  いままでやらしておいて、帰れ  無理に帰れ  懐に帰れ  吾に帰れ  帰ろうにも、帰れ  国へも帰れ  国元へも帰れ  便乗して帰れ  阿波へ連れて帰れ  お前も帰れ  東京までは帰れ  ひと通り済んだが、まだ帰れ  俺が帰れ  露となれ、生きて帰れ  ぁんのとこさ行くと帰れ  田舎へ帰れ  分を払って、早く帰れ  一個を携え帰れ  都へは帰れ  日本へ帰れ  どこへ帰れ  わが家へ立ち帰れ  勝手に遅くまで遊んで帰れ  方へは、まだ帰れ  私はもう、とても帰れ  家に持って帰れ  晩に帰れ  明日お父さんだけ帰れ  お前はもう帰れ  子供等は帰れ  駄々をこねずに、まあ帰れ  朝すぐに帰れ  門で帰れ  から早く帰れ  あたし十一時すぎでなくちゃ帰れ  サッサと帰れ  下宿へも帰れ  往って帰れ  村へも帰れ  ツマラナイ仕事だけど、帰れ  戦場へ帰れ  爾は帰れ  美女を奪うて帰れ  宮へ帰れ  弥へ帰れ  奴国へ帰れ  人間界へ帰れ  食べ物を食ってしまったので、もう帰れ  ところではない、早く帰れ  宿に帰れ  自然に帰れ  故郷に帰れ  九郎さへ帰れ  ボロシヤツ一枚で歩いて帰れ  何でも帰れ  荊州へ帰れ  養家へ帰れ  雨ですよ。とても帰れ  私が帰れ  遠洋航海からはまだ帰れ  なんだうるさい、帰れ  今は帰れ  無形に帰れ  私が何もかもうっちゃって縋りついていったのに、帰れ  面目なくて帰れ  下宿へ帰れ  私に帰れ  僕がつれて行ってやらないと、帰れ  森を見て帰れ  直接あなたに手紙でいってあげるから、早く帰れ  関羽が帰れ  呉へ立ち帰れ  ッさと帰れ  生活に帰れ  終夜運転だから、帰れ  手前、ついて帰れ  ままに、話し尽して帰れ  から今日は帰れ  庵に帰れ  から、とりあえず帰れ  姿では帰れ  一人も生きては帰れ  田舎に帰れ  替り日本へ帰れ  万端気を付けて参れ、早く帰れ  厭になったら帰れ  今になって帰れ  今、帰れ  屋形へ帰れ  遭難して帰れ  小屋に帰れ  痴呆め、早く帰れ  親父が帰れ  急用ありすぐ帰れ  日本に帰れ  日本にゃ帰れ  んだナ、帰れ  今夜は帰れ  いっしょに帰ろうったって帰れ  休みになるか、ならないのに、帰れ  つて宿へ帰れ  内地へ帰れ  其処から生きて帰れ  名刺を埋めて帰れ  母危篤すぐ帰れ  午すぎだ、帰れ  僕は帰れ  かぎり日本へは帰れ  壁があつて帰れ  壁があって帰れ  顔に帰れ  自分は生きて帰れ  半年位後にはやせてしおしおと帰って来るか、帰るにも帰れ  妨害をして帰れ  村に帰れ  二日でも帰れ  不思議にしばしば見帰れ  息子には、ただ、急いで帰れ  是方へ廻るには及ばん、直に帰れ  人道へ帰れ  話つけるすぐ帰れ  訳にいかん、帰れ帰れ  つて内へ帰れ  孫はまだ帰れ  汝荷担いで帰れ  事は弁えて居るだろう、早く帰れ  手前これで黙って帰れ  ア、さっさと帰れ  爺が帰れ  人はさっさと帰れ  故国へ帰れ  俺はどうせ帰れ  小屋へ帰れ  甲州へは帰れ  ただじゃ帰れ  十八文おいて帰れ  十八文おいてさっさと帰れ  京都へ帰れ  京へ帰れ  これでは帰れ  べらぼうめ、帰れ  そのまま捨てても帰れ  お金を持って帰れ  故郷へも帰れ  亀山へは帰れ  京都へは帰れ  実家へは帰れ  一段落つかなければ帰れ  紀州領、帰れ  小舎へ帰れ  事をしてしまうと、すぐに帰れ  屋敷へ帰れ  手では帰れ  ょうけんめいやってたくさんの金を取って帰れ  古巣へ帰れ  ムクが、帰れ  今宵は帰れ  わたしは、やっぱり帰れ  会員が帰れ  日だって、さっさと帰れ  彼は帰れ  勝ちしたら生きては帰れ  蒲原有明に帰れ  家へ持って帰れ  私、帰れ  所へ帰れ  方へ帰れ  お母様がまっすぐ帰れ  うちに、早く帰れ  おれには帰れ  わたしに帰れ  鎌倉に帰れ  京師に帰れ  天に帰れ  もとへは帰れ  無事では帰れ  ところへ帰れ  だっていけばスグには帰れ  前へ帰れ  沼沢地から、帰れ  御返事を聞かなければ帰れ  うちに帰れ、帰れ  まま、すんなりとは帰れ  ままで帰れ  ここへ帰れ  返事せずに、帰れ  芳浜へは帰れ  まま手ぶらで帰れ  焼跡を歩いて帰れ  今度こそはどうしても帰れ  人に成って帰れ  突発したんで、帰るにも帰れ  道から帰れ  妹を残して帰れ  予定通りに帰れ  三時間で帰れ  ものを帰れともいえまい、帰れ  本は持って帰れ  くまなく見て帰れ  東へ帰れ  寒い足利にも帰れ  かい帰れ帰れ  一緒に帰れ  申さいでは帰れ  藤夜叉、はや帰れ  一色村へ立ち帰れ  久しぶりで、もう帰れ  三日じゃあ帰れ  手ぶらじゃ帰れ  伊賀へ帰れ  郷里へ帰れ  故郷へ帰れ  常陸へ帰れ  用事で帰れ  是から福井町へ帰れ  それは早く帰れ  宅へ帰れ  翌朝でなければ帰れ  ここへ流されてしまっては、ふたたび帰るにも帰れ  なに立ち帰れ  ここから肥後へ帰れ  ただは帰れ  浅間へ帰れ  名を呼びながら、帰れ帰れ  中へ帰れ  ごろうじろ、生きちゃあ帰れ  土は持って帰れ  てめえ達ゃ濡れて帰れ  いつでも帰れ  席に帰れ  満洲から無事に帰れ  市五郎を連れて帰れ  自分を呼んで、早く帰れ、早く帰れ  それはそうと随分重い、とても持っては帰れ  云わずに早く帰れ  バルザックに帰れ  シバへ帰れ  アンタは帰れ  帰つてきて、もう帰れ  きちやいけない、ひるまへに帰れ  今日は帰れ  のじゃありませんか、連れてきといて、帰れ  今夜は泊って帰れ  鎌倉へ帰れ  ヶ岡へ帰れ  先へ帰れ  こよいは帰れ  もっと早く帰れ  安房へは帰れ  夕方には、とうとう一旦は帰れ  魚を持って帰れ  名誉だから一度帰れ  洋行して帰れ  問題に帰れ  とおりに帰れ  私邸に帰れ  家へは帰れ  藩地へ帰れ  今さら素手では帰れ  河内へ帰れ  正成にまかせて帰れ  母屋へ帰れ  勝手に帰れ  これで帰れ  加減にして、帰れ、帰れ  陸を帰れ  今夜はおとなしく帰れ  家には帰れ  部屋へは帰れ  ふるさとに帰れ  家へも帰れ  道誉に帰れ  大阪へ帰れ  奴等、背負えるったけ背負って帰れ  自由に帰れ  あそこへ帰れ  ひと目見て帰れ  もの、帰れ  代物さえ持って帰れ  荷物にして、積んで帰れ  許へ帰れ  谷中へ帰れ  救援に帰れ  それを持って早く帰れ  のが帰れ  袋を持って帰れ  自然生活に帰れ  土に帰れ  呪つて自然に帰れ  老耄婆め、帰れ  内へ帰れ  それだけで逃げて帰れ  由が帰れ  うちへは帰れ  無事で帰れ  爺や、もう帰れ  それだけでいい、もう帰れ  一人で帰れ  あたしは、帰れ  家庭に帰れ  馬を持って帰れ  兵営に帰れ  のだ、帰れ  ベルが鳴らないと帰れ  戯曲に帰れ  地球に帰れ  相手を殺さずして帰れ  胆吹に帰れ  俺を殺しちまった、帰れ  から、すぐに帰れ  東京にも帰れ  賓客部屋へも帰れ  お勤めに出れば出る、帰れ  気にも留めず、帰れ  御手許へは帰れ  庫裡へ帰れ  ドイツへ帰れ  いっしょに帰れ  衛門督は、もう帰れ  ままでは帰れ  から長く帰れ  都合上、しばらくは帰れ  車をまた引かせては帰れ  心配しないで、帰れ  赤井さん佐倉へは帰れ  ソレントへ帰れ  両親が待っているから、まあ帰れ  出勤し、帰れ  方へは帰れ  ボクが帰れ  国許へ帰れ  羽搏ち帰れ  本国へ帰れ  罰めつくして帰れ  採炭場へ帰れ  罰め尽して帰れ  室に帰れ  柳樹屯に帰れ  庄造が帰れ  世辞をいはれて、帰れ  宿へ帰れ  子は帰れ  雀と帰れ  居には帰れ  サモアへ帰れ  帰心矢のごとしと云いながら、帰れ  警察から出て、もう帰れ  婦人これを見て帰れ  内地へは帰れ  日本へは帰れ  家に帰れ  天上にも帰れ  此方から来ないかと云って来させ、もう帰れ  君、もう帰れ  いつでも帰ろうと思えば帰れ  五日では帰れ  一晩じゅう家へ帰れ  萩を食いに帰れ  夏も帰れ  義理が悪くて帰れ  お前もう帰れ  これ以上酔ったら帰れ  こん野郎つれて帰れ  から、帰れ、帰れ  おいでだから、もう帰れ、帰れ  うちに早く帰れ  東京につれて帰れ  小屋まで帰れ  精神に帰れ  もんか、早く帰れ  ためを思って帰れ  仕事なんだから、諦めて早く帰れ  娑婆へ帰れ  うたで、今更帰るにも帰れ  今更京都に帰れ  それは帰れ  京都に帰れ  弘法に帰れ  うちへ帰れ  足が立たないので帰れ  部屋に帰れ  からすぐ帰れ  君たちはすぐ帰れ  うちに、さっさと帰れ、帰れ  のか帰れ  から連れて帰れ  クロクロ島へ帰れ  本を持って帰れ  誘惑して、いまさら帰れ  宅へは帰れ  雪がつもつたら、帰るにも、帰れ  正月には帰れ  着物を乾かして貰って帰れ  用はねえ、帰れ帰れ  貴様もう帰れ  邸へ帰れ  お前たちは早く帰れ  三月あまりにして帰れ  Sacheそのものに帰れ  下宿に帰れ  道が崩れて、帰れ  ちや田舎へ帰れ  北へは帰れ  今度はどうしても書かずには帰れ  洞に帰れ  村へ帰れ  ここはもう帰れ  手ぶらでは帰れ  うちへ帰ろうにも帰れ  碧海島へ帰れ  ことも出来ず、むなしく帰れ  つて家へ帰れ  所へも帰れ  探偵だって家へ帰れ  最後に、どうしても帰れ  おやじ、帰れ  秋にならなければ帰れ  懐へ入れて持って帰れ  拾円も買って帰れ  因縁がない、帰れ  昔に帰れ  そこに帰れ  君だけ帰れ  興津に帰れ  大連に帰れ  ものよ、帰れ  サア家へ帰れ  モルガン氏に帰れ  世界へ帰れ  本郷へ帰れ  宗助はもう帰れ  そこで辞して帰れ  宗助も帰れ  地球へ帰れ  お蔭さまで地球へ帰れ  右門、はやく帰れ  歌舞伎座に帰れ  西に帰れ  自分には帰れ  時間に帰れ  手ぶらで帰れ  皆帰れ帰れ  兎ても帰れ  カントへ帰れ  生家へ帰れ  書生生活に立ち帰れ  まま家へ帰れ  山にも帰れ  東京へも帰れ  ハ御国に帰れ  里へ帰れ  大失策、帰れ  陶工をつれて帰れ  一升餅持って帰れ  七時までに帰れ  ところに帰れ  だって僕一人では帰れ  江口榛一が酔っ払って帰れ  今夜は、帰れ  これを持って帰れ  馬鹿、帰れ  居酒屋へ帰れ  証書を持って帰れ  家庭へ帰れ  女来て帰れ  ッて帰れ  西へ往けば、帰れ  夕方までに帰れ  荷物をうけとって帰れ  国に帰れ  彼が帰れ  人間に帰れ  とおりに、だまって帰れ  隊へ帰れ  内に帰れ  から、早く帰れ  うちには帰れ  家へはとても帰れ  長話をなして帰れ  昼間は帰れ  動作に帰れ  土産らしく提げて帰れ  そうだったので、持って帰れ  味を知って帰れ  着物を出して、よう勤めて帰れ  処あって貰えないと云っているから持って帰れ  時でも帰れ  みやげに持つて帰れ  船で帰れ  山へ帰れ  生まれ故郷には帰れ  御身も危うければ疾く帰れ  雪女が出るから早く帰れ  のだ帰れ、帰れ  うじぶんは帰れ  君は帰れ  本国に帰れ  から直ぐに帰れ  代に帰れ  お前は帰れ  山奥へ帰れ  用がすんだら、帰れ  自宅へ帰れ  身となっておる、帰れ  気はないし、また帰れ  何か食べて帰れ  船に帰れ  サンパンを雇って帰れ  三上は帰れ  それを帰れ  横浜へ帰れ  夜明け前に帰れ  ほうへ帰れ  いつか故郷に帰れ  招喚にやるまでは来るな、帰れ  から、走って帰れ  もとへ、すぐ帰れ  アパートへ帰れ  へやへ帰れ  ひと足先へ帰れ  安心して帰れ、帰れ  何にも言わずに帰れ、帰れ  手をさげて詫びて帰れ  ここから逃げて帰れ  キサマを連れて帰れ  母よ早く帰れ  つもりだが、ことによると帰れ  佐川町まで持って帰れ  彼等も帰れ  悪いことはいわぬ一度帰れ  おかげさんでやっと帰れ  想像はついているが、帰れ  泥路よく帰れ  一人では帰れ  ために帰れ  盛岡まで一寸帰れ  それに、帰れ  他人は帰れ  お前さんはもう帰れ  これを持ってとっとと帰れ  ようになったので帰れ  御飯までに帰れ  三時前までに帰れ  ほうれん草炊いて持って帰れ  腹が立つ、帰れ  音に帰れ  人が帰れ  北へ帰れ  馬鹿野郎、帰れ  顔色をあらためて、帰れ  夜はとうとう帰れ  夕飯に帰れ  いまさら聘珍楼に帰れ  愚に帰れ  東に帰れ  六月十日までに帰れ  峯に飛んで帰れ  絵を持って帰れ  故郷へ帰ろうにも帰れ  主婦が帰れ  のはうれしいけれども帰れ  何しろ行ったらばなかなか帰れ  明日は本当に帰れ  安心して帰れ  うして帰れ  馬琴に帰れ  春水に帰れ  種彦に帰れ  作に帰れ  品物を貸して帰れ  事や、疲れて帰れ  我まんして帰れば帰れ  うちに、帰れ  亀次郎にも、帰れ  前非をわびて帰れ  駕籠でも貰って帰れ  心配で、帰るにも帰れ  家にも帰れ  猟にきて帰れ  今夜は泊まって帰れ  幾日も引っ張られて帰れ  学年中で帰れ  庄太郎夜は帰れ  刻ア帰る一度帰れ  莫迦を云わずと帰れ帰れ  夜になるが、帰れ  何もかも聞いてやらぬ、帰れ帰れ  頼みおきて帰れ  ヤイ、帰れ  勝手に帰れ、帰れ  早や急いで帰れ  各国に帰れ  月曜午前は帰れ  性格に帰れ  兎に角道ちやんは早く帰れ  帰宅するとか、帰れ  稀に帰れ  それなり家へは帰れ  個性に立ち帰れ  私に立ち帰れ  夜も更けた、もう帰れ  ここが切れて、遠まわりしなければ帰れ  住居へ帰れ  一しよに帰れ  藩へも帰れ  喧嘩しさうなのですぐには帰れ  東京まで帰れ  お前岩村田へ帰れ  ことを、いとしいと思うたら、帰れ  本懐を達して帰れ  から、やいやい帰れ  それにつけても早々帰れ  



前後の言葉をピックアップ
蛙泳ぎ  カエルグサ・ゲエロッパ  蛙股  蟇股  かえれ  帰れよ  帰れん  返れ  代えれ  還れ


動詞をランダムでピックアップ
たたみかけ乗りこなし悩まし刻み込も浴びせかける曳けいいかえしよせかけるのぞき込む撃てよ列ねるにあが見逃さ乗れる扱く上ずっぶったぎっかせるこぐらから送ら
形容詞をランダムでピックアップ
手軽う乏しままし速いはなばなしく心もとなけれきいろい目ざましき痛ましい美し物珍しかっにぎにぎしく良しつまらないかわいらしくせんなく人臭き憎たらしく面倒くさ