「嵯峨」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

嵯峨[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
嵯峨の国の折戸をした  嵯峨にある  嵯峨に参り  嵯峨の奥の往生院に住んで  嵯峨の方へあこがれて  嵯峨の奥の山里に念仏して  嵯峨の清涼寺に七日参籠のことがあった  嵯峨に住んでいた  嵯峨の釈迦如来が法然の道を信ぜよと  嵯峨へ行って  嵯峨の塔に残っていた  嵯峨少人具して  嵯峨の渡月橋辺の昔の光景でも想像しながら  嵯峨にあって  嵯峨では昼は専ら小説を書いた  嵯峨たる老松は水の上に腕を差し  嵯峨の大堰のひと夜神絽蚊帳の裾の歌ひめ  嵯峨の欄きぬ水色の二人の夏よ藻の花のしろきを摘むと  嵯峨のみじか夜暁寒かりし  嵯峨の広沢の池へ行くより  嵯峨へ帰る  嵯峨かどこかに隠れていた  嵯峨からうけた  嵯峨ともかぎらぬ  嵯峨を作るごとく  嵯峨から内野方面へ翼をひろげ  嵯峨の夢窓国師のもとへ出かけて行った  嵯峨や御室の浄瑠璃がありましたが  嵯峨から山を抜けて  嵯峨に阿弥陀堂を御建てになって  嵯峨の先塋に詣  嵯峨の奥というところへいらっしゃい  嵯峨にも火のかかる  嵯峨の弘仁三年六月岩氏人柱に立つたと見え  嵯峨や御室の光国と滝夜叉と御注進の三人が引き抜いて  嵯峨の野の宮へおはいりになる  嵯峨へまで訪問に出かける  嵯峨の大井川のそばにあって  嵯峨のお供のできませんでした  嵯峨へ行っている  嵯峨の話をした  嵯峨の御堂の念仏の日を待って  嵯峨の御堂の不断の念仏に託して  嵯峨に似て  嵯峨の山荘に置いておく  嵯峨の山荘の人などもいっしょに住ませたいという  嵯峨の大井の野の美観がこのために軽蔑されてしまい  嵯峨の院もまた六条院ものぞいて見る  嵯峨の釈迦に立し  嵯峨の彼女の寺まで行つて私立探偵のやうに問合せて廻つた  嵯峨の奧にも秋風吹けば  嵯峨のやの作品が見せてゐる  嵯峨の狐は牛車に化ける  嵯峨となりにけり  嵯峨から持つて  嵯峨に遊んだ  嵯峨に冷然院と云ふも  嵯峨のやにおもしろき情熱あるは  嵯峨に佐野藤右衛門という植木屋の老人があって  嵯峨や北山の花がこれに続く  嵯峨のあたりをさまよひ歩いてゐた  嵯峨の方へ出かけて  

~ 嵯峨[名詞]1
まちがいかは知らぬけれども嵯峨の  十九でもとどりかりて嵯峨の  内裏を忍び出て嵯峨の  三人は嵯峨の  暇を乞うて嵯峨の  先き嵯峨に  京都市外の嵯峨の  半はかすむ嵯峨  別宅は嵯峨に  僕は嵯峨では  水にねし嵯峨の  涙なりき嵯峨の  譬ば嵯峨の  峻嶺の嵯峨を  中幕に嵯峨や  律師様が嵯峨に  東山にも嵯峨にも  初には嵯峨の  攝陽群談一二に嵯峨の  九月からは嵯峨の  別荘が嵯峨の  夫人に嵯峨の  例の嵯峨の  太政大臣が嵯峨の  おいでになった嵯峨の  誓を嵯峨の  常の如く嵯峨の  京都の嵯峨から  日の嵯峨と  男と嵯峨に  所が嵯峨に  京都の嵯峨に  道を転じて嵯峨の  京都在の嵯峨に  

~ 嵯峨[名詞]2
さして嵯峨  又嵯峨  はばひろき嵯峨  美しい嵯峨  はるばる嵯峨  

複合名詞
嵯峨帝  県楼終日対二嵯峨一  嵯峨正信房湛空  久三年嵯峨  むかし嵯峨  京都嵯峨  嵯峨宝篋院  嵯峨沢  嵯峨丸太  嵯峨朝  嵯峨二位卿  嵯峨家  嵯峨御所  北嵯峨  旅嵯峨  ほととぎす嵯峨  嵯峨上皇  暁嵯峨  嵯峨かづ女  嵯峨日記  後嵯峨  父皇後嵯峨  父帝後嵯峨  その後嵯峨  嵯峨法皇  嵯峨桂川あたり  洛外嵯峨  嵯峨あたり  嵯峨源氏  嵯峨太上天皇  嵯峨根遼吉氏  矢崎嵯峨  洛西嵯峨  嵯峨本  嵯峨寿安  時嵯峨  嵯峨行  上嵯峨  嵯峨念仏  嵯峨錦  嵯峨人形  嵯峨清涼寺  



前後の言葉をピックアップ
佐官  左官  盛ん  盛ん  サカンモノ  差額  さかさ  探さ  捜さ  さがし


動詞をランダムでピックアップ
ほうり出さ腹だつそそけ見回る引離さ売ん喚き立て直し放下す係る封じろ見合わ居並べかけあわせ召しかかえる増やしつめこめくぐりぬけれぶん殴る褒めよ
形容詞をランダムでピックアップ
もったいなくながかっやすくどぎつい薄気味悪胡散臭く幼き香ばしくあしけれうつくしい得がたき軽くっ待遠しかっ真っ白い硬かっいたわしあつくきよくこだか