「尊」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 尊[形容詞]
一角尊  二宮尊  然るに尊  且つ尊  更に尊  から尊  あまりに尊  凡夫尊  皇子尊  もっとも尊  最も尊  一ノ宮尊  さ尊  さも尊  自尊尊  絶対的尊  對的尊  親王尊  別当尊  深い尊  なき尊  崇尊  そんなに尊  まして尊  むしろ尊  おのずと尊  正しい尊  どれほど尊  人として尊  共に尊  

~ 尊[形容詞]
はじめて水の尊  りつぱにルンペンの尊  学生生活の尊  慾念の尊  人間性の尊  世の尊  余りの尊  人に尊  ことの尊  人の尊  今日の尊  マリアほど尊  殉教者は尊  殉教のみが尊  家門の尊  性命を尊  天朝の尊  芸術の尊  家庭の尊  奉仕の尊  自己放擲の尊  心の尊  僧徒の尊  人間の尊  素質の尊  命の尊  さと尊  位置の尊  宮廷の尊  直観の尊  歴史の尊  生命そのものの尊  個性美を尊  草として尊  馬が尊  前方には尊  社会奉仕の尊  生命の尊  時間の尊  池の尊  画の尊  業を尊  思索の尊  やうに尊  内陣の尊  物の尊  教法の尊  多くの尊  本尊の尊  米一粒の尊  性行において尊  主命の尊  沈黙の尊  仏縁の尊  御子の尊  句の尊  シンセリティの尊  ところに尊  愛の尊  血の尊  イザナミの尊  土地の尊  御名の尊  創作能力の尊  水の尊  大乗の尊  圓翁の尊  人が尊  人生の尊  生の尊  不滅の尊  共同の尊  一に尊  あやに尊  ほんとうに沈黙の尊  神官としての尊  非常に尊  自分が尊  それから星を尊  顔が尊  学の尊  犠牲の尊  青春の尊  灰ほどの尊  讚美歌が尊  金の尊  意気の尊  蔭には尊  四恩の尊  御名氣長足姫ノ尊  和歌の尊  さや尊  而も尊  以上のものとして尊  決死の尊  昔の尊  血統の尊  聖名の尊  子に尊  心を尊  日本的の尊  明りの尊  既成の尊  労働の尊  一日のみが尊  

[形容詞]
尊さ  尊浄  尊仏  尊み拝みて大工  尊まれ  尊がって居るの  尊がって居る家  尊親  尊貴  尊俗  尊之  尊すぎる花嫁  尊み  尊み合  尊良  尊がって居る何  尊そう  尊他  尊以来  尊暁  尊みたい  尊み慕  尊みたいよう  尊み敬えと教  尊み仕へる習慣  尊の  尊貴族  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
尊に徴すれば  尊の心を煩はさなかつた  尊から下はミカエル・バクウニンに至る  尊奉するに至っては  尊貴なる  尊および無数万億菩薩説法して  尊奉せざる  尊の面の下でそつと其方に横目を放つて見ると  尊とさが私たちの心に浸みこみ  尊奉せらる  尊放され  尊かりしなあな愚け此櫛こそは昨の朝七日七夜を御方の御裳の端だに得ばやとて  尊や白埴木ぐれに潜む  尊とかりし  尊とさよおんみのくるしみ  尊の破壊の意思さへ感じる  尊と称へてゐた  尊からし  尊むべき  尊むから此幕へ笹龍桐の紋を染めぬひて持つて行くと  尊の名前に應用すればは  尊となる  尊の髪塚に立って  尊がられますが  尊の五伴緒を連れて降られたと  尊など言ふ  尊の舎人等の作と伝へて居る  尊奉せられてゐた  尊と言ふ  尊を屈して  尊が天降りせられる  尊が仰せられた  尊がつれて来られた  尊を疑わせられ  尊としと  尊だ秘仏だと巧みに売りさばく  尊をもって  尊たるお身をもって  尊み神仏を頼まず  尊は黄最津平阪に八つの雷を却ける  尊からつき返された  尊奉するという  尊の姿態の写実において優れている  尊の背後にした  尊にあると言う  尊の姿態の写実において優れてゐる  尊にあると  尊の姿態の寫實において優れてゐる  尊まずにはゐられない  尊まずには居られない  尊ともなる  尊てられる  尊をやめよ  尊とさと親しさとがそれによって感ぜられ  尊貴な御身分の方は親類の縁故などをおっしゃる  尊貴な御身は御病母のもとにも長くはおとどまりになる  尊貴な方でもすぐれた  尊貴な夫人らと同じに取り扱った  尊貴な存在でいらっしゃいますし  尊からしむれ  尊貴な式部卿の宮の最も大切にされた  尊貴なあなた様がかような  尊貴な方でも女の運命は予想する  尊貴な親の娘として尊敬されていた  尊貴な内親王を母にして  尊は部落の旧習に全然無頓着で御出でなさる  尊貴さをいとわしくお思いになる  尊貴なお家を傷つけるかと  尊貴な婿君の出現は驚異に価する  尊奉する  尊ふとむべきものとするにあらずや  尊が救うて  尊が稲田姫を八岐の大蛇から救つた話はどこの国にもあり  尊の退治した  尊を弊履のごとくに捨てられた  尊を守って  尊の轉訛と見たるなり  尊の御事を三韓などよりひか  尊といひ  尊といひし  尊は九州北部の勢力を表はし  尊と火闌降  尊に勅して  尊奉するが如くなるであろう  尊の通り玉いし由のいい伝え処々に存れるが  尊の酒折より武蔵上野を経て  尊の雄々しくましませしには及ぶべくもあらねば  尊としとせば  尊とむことを知らず  尊ふとしと言ふも  尊のお歌をさす  尊の恋愛などは恐れながら有史以来少しも変らない  尊まずといへり  尊かりしと信ぜられたればなり  尊の御妃として奉った  尊からざるに非ざれども  尊の阿弥陀像に一瞥をくれた  尊で童子の画がそれに属している  尊と左右とは著しく時代を異にしていはしまいか  尊と左右とが時代を異にするという  尊の乗っている  尊における簡素な調和は左右には認められない  尊を描き得た  尊の時代が問題になる  尊の顔は正面から来る  尊奉絶えざるなり  尊は少年の時音楽を習おうとしたが  尊は失望して死のうと思い  尊を伴れて  尊に向って  尊はその命を守って  尊も始めて  尊の噂が高まってくるとともに  尊は時どきその門人を伴れて  尊に跟いて  尊に訊いた  尊の問に答えて  尊へ送る  尊に会って  尊は神界へ伺いをたてて  尊の東国へ赴かれた  尊はもう髪も髯も白くなった  尊を非凡な呪物師のように思っている  尊が暇さえあると  尊の話相手になった  尊は彼が竹の枝を山目の顎へ通す  尊へ向けて  尊は彼の言葉を聞くと  尊を搦めようと致しますと  尊の胸にすがっている  尊は皺だらけな顔に苦笑を浮べて  

~ 尊[名詞]1
素戔嗚の尊に  寸毫も尊の  素戔嗚の尊から  神秘主義を尊  政体を尊  歸依は尊に  歸依は尊  スサノヲの尊の  物の尊と  人たちに尊  遥かに尊と  皆なから尊  土は尊や  智の尊と  すさのをの尊の  素姓を尊から  敬すべき尊  義経を尊  過去は尊  下に尊  三十行の尊の  天照らす尊と  伊弉諾の尊の  人から尊  ぎの尊の  皇子の尊など  記憶せられ尊  天子の尊を  彼のににぎの尊が  寺の尊  九五の尊を  九五ノ尊  猿田彦の尊の  神仏を尊  伊弉諾の尊は  姉姫は尊から  三宝を尊  彼女は尊  心を尊  のを尊  賤と尊と  物識りだと尊  一種の尊と  ような尊  玉鬘を尊  兄妹から生まれた尊  特殊な尊  人性を尊から  身分は尊  芸術家を尊も  昨日までは尊  自由の欠けた尊  相手によって尊  其当時自分の尊  渠を以て尊  ところを尊が  身を以て尊  素戔嗚の尊が  素戔嗚の尊の  王者の尊を  すべての尊と  彦火火出見尊は  彦火火出見尊と  伊邪那岐の尊と  月夜見尊に  ニウトンとして尊  秩父には尊の  真珠を尊と  純潔を尊  地蔵は尊  鑰を尊  孫の尊の  彦火火出見尊の  木花咲耶姫を尊の  言の尊から  盲人の尊は  神仙は尊に  ものを絶って尊に  不審に思うて尊に  神仙は尊の  万彦は驚いて尊へ  やまとたけるの尊の  これは尊が  眼を尊へ  娘が尊の  

~ 尊[名詞]2
あの尊  はた尊  豈尊  特に尊  その尊  美しく尊  

複合名詞
石地蔵尊  三尊  地蔵尊  地蔵尊冴え  尊長者  足利尊氏  逆臣尊氏  尊氏  尊姑老病親ら薬餌  尊貴  尊門  當年日本武尊  日本武尊  尊げ  却つて尊氏  蓮上房尊覚  三尊化仏菩薩  尊願  尊西  尊成  尊蓮  尊忍  西尊  尊性  二尊  薬師寺金堂三尊  尊嚴  出雲大社東京分祠長千家尊  千家尊  璽光尊  尊稱  日本武尊ら  石尊様  尊むがために  尊とい  尊といお礼  尊とい返礼  彦神尊  諾冉二尊  後日本武尊  伊弉冊尊  尊手  御子日本武尊  打倒尊氏  つた尊氏  途中尊氏  ため尊氏  皇子尊良親王  尊神  杵尊  むかし日本武尊  伊弉諾尊  地蔵尊参詣  尊念  尊朝救民  貴族的独尊  独尊主義者  藻岩村二宮尊親氏  尊親氏  國常立尊  國狹槌尊  面足尊惺根尊  伊弉册尊  国常立尊  槌尊  豊斟渟尊  苫辺尊  面足尊  惶根尊  大日霊尊  尊族保護  ニ尊族  尊何如  これ皆尊君様  尊君  伊奘諾尊  伊奘冊尊  伊奘冊二尊  二尊夫婦  あら尊  大昔日本武尊  一つ日本武尊  皇産霊尊  皇産霊尊出現  尊神追放  皇子尊  日並知皇子尊  独尊性  尊圓法親王  尊圓法親王の  尊勝陀羅尼法  素戔嗚尊  乞巧尊信仰  大和武尊  尊とい血  大乗院尋尊僧正  素盞嗚尊  尊號  群臣上二尊號一  諾冊二尊  尊キ文字タルベキコト  凡夫尊俗  尊治  素盞烏尊  母親伊弉那美尊  尊傲  尊道  日尊  尊とい身分  尊頭  皇子尊舎人歌廿三首  尊め  尊む  尊とい文芸上  尊とい報酬  興福寺大乗院尋尊  尋尊僧正  尋尊  あな尊  皇子尊記  高市皇子尊  皇命皇子尊  尊むべきもの  月読尊  常陸坊海尊  地蔵尊六体  尊いみ子  高天原広野姫尊  高天原広野姫尊様  天真宗豊祖父尊様  尊様  高天原廣野姫尊  尊体  以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為  持チ船ニ乗リタル尊  地藏尊  尊たる  尊まれ  尊トシヤ  日本武尊的  日本武尊兄弟  クマソ日本武尊  日本式尊  智尊  上尊  仁王尊  武尊岩  尊親  尊孔  我中國尊二崇孔子一數千年  尊レ  皇命尊戴  タダ尊示ニ従ッテ旧約  萬乘之尊且如レ此  尊長  功尊屬  二期親尊長  却つて尊屬  卑幼尊長  尊族  若期親尊長  尊屬  尊位  孫尊  取扱つた朱彝尊  荒尊  月尊  日本武尊東征  先年尊氏  五大尊  ところ石地蔵尊  尊菩薩摩薩  二ノ御子尊治  尊治親王  皇太子尊治  尊良  尊澄  日本武尊以来  日本武尊時代  広大天尊  赤裂地尊  仏尊  尊雲法親王  尊澄法親王  尊治皇太子  君尊治  日本武尊様  尊君さま  一尊君  尊宅  絶対的尊  個人的独尊的  宮二品尊雲  尊澄法親王宗良  玄尊  阿闍梨玄尊  一ノ宮尊良親王  宮尊良  一ノ宮尊良  尊良親王  光林坊玄尊  尊拝  兵部卿尊仁  尊式  レ得二尊意一候  尊とい大神  先ごろ尊氏  いちばい尊氏  参議尊氏  一瞬尊氏  主人尊氏  うち尊氏  尊氏め  尊氏観  すべて尊氏  尊氏みずから  宿敵尊氏  尊氏派  尊氏方  人間尊氏  是レ所下以從二事シ於戊辰之役ニ一尊ビレ王  兄尊氏  不肖尊氏  ひとり尊氏  尊氏事上洛  俗尊氏  朝敵尊氏  賊尊氏  中務尊良親王  逆賊尊氏  とき尊氏  網引き地蔵尊  尊氏軍  大将尊氏  宮尊良親王以下  みな尊氏  天皇軍対尊氏  いつの日尊氏  仁王尊滿身  主君尊氏  殿尊氏  とき足利尊氏  今日尊氏  武将尊氏  政治家尊氏  尊氏たち  怨敵尊氏  賊将尊氏  賊首尊氏  いま尊氏  建武三年八月十七日尊氏  一つ尊氏  大御所尊氏  近ごろ地蔵尊  おと尊氏  親王尊良  おのれ尊氏  直義対尊氏  征夷大将軍大納言尊氏  御所尊氏  父尊氏  宮尊胤親王  征夷大将軍尊氏  将軍尊氏  ぜん尊氏  小生ハ尊大人  尊時  尊主義  こと璽光尊  尊む称  尊大人  女尊主義  三尊仏  尊仏  阿弥陀三尊  結局弥陀三尊図  三尊示現  三尊佛  尊佛  阿彌陀三尊  結局彌陀三尊圖  尊族簿  尊意  弥陀三尊来迎図  足利尊氏以来  武尊  武神日本武尊  海尊  木花開耶姫尊  素戔男尊  宗教的尊嚴  天忍穂耳尊天降り  尊仰せら  男尊  東大寺尋尊  尊形  薬師三尊  男尊説  息長帶姫尊  姫尊  りつぱな尊げ  勅命尊  安名尊  絶対尊貴  スサノヲ尊  尊君様  身分モ尊シ  益尊二信孟氏一  尊屬姻戚  三尊四天王十二童子十六羅漢  程尊む技  此一両年日尊  飯食い地蔵尊  仁王尊そのもの  運慶尊  湛慶尊  尊む可  逆臣足利尊氏  武尊捕虜  尊氏論  日本武尊駿河  守護尊  金剛尊  冷光院殿御尊讐吉良上野介殿  尊靈  日本武尊信濃  尊むと  尊親族殺人  ぎてし尊  砂龍石地蔵尊  天尊廟  天尊  おん讃め尊め  武士尊  三等尊親  伊弉冉尊  宮廷尊族  刈萱親子地蔵尊  おのれ姫尊也  尊稱トスルハ  弟尊  景行天皇及日本武尊  尊とい涙  尊林  尊忿然  大山守尊  鷦鷯尊  将軍足利尊氏  尊む夜叉羅刹  羅尊  妙見尊  日本武尊東夷ども  尊むめり  恐れ尊め  尊むとすれば  素戔烏尊  瓊瓊杵尊  大多羅尊さま  皇孫尊  パーヴェル・アンドレーヴィチ様尊下  龍拝池蔵尊母EOS  祭神天忍穂耳尊  忍穂耳尊  尊鉢  尊きく  尊む風  是非尊大人  達尊爺  尊榮  気品人間的尊貴  ます素盞嗚尊  常陸房海尊  合尊  天孫瓊瓊杵尊  尊む譽  尊日子人  珍重尊貴  法華寺三尊  法華寺弥陀三尊  尊阿弥陀  中尊  一尊仏  弥陀三尊  弥陀三尊押出仏  独尊自大  安知二天子尊一  武尊岳  尊貴族  関係尊貴族  独尊  尊母さん  山形尊  夜尊  尊む可きもの  足利尊氏方  国宝足利尊氏像  祖先尊氏  千家尊宣氏  思召付尊札  得尊意候  思兼尊  手力雄尊  尊たち  時尊  平生尊  金力独尊  



前後の言葉をピックアップ
見越し  見越す  みこそ  神子田  御言        ミコトノリ  ミコトバヲアメマツリスミラミコトヲユヅ


動詞をランダムでピックアップ
差し当り騰りすべりいたぶる嗅ぎ出しいなし乗換えれ通い羨む思いおこし噛み合わ湧くいみ企てるきずきあげ行詰る絞れる通せん火照ら
形容詞をランダムでピックアップ
虚し危なくいたわし忌々しき涙ぐましい慌しがめつからにく愛くるしつまんなく上手かっまずし夥しく稚い気はずかしく生じろ床しみっともなかっめんどくさかっおとなしい