「安達」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

安達[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
安達の細君が来て  安達が原という原にかかりますと  安達が原の黒塚には鬼が住んでいて  安達という人の家族はどうしたね  安達の奥さんであるらしく思われた  安達の家に何かの伝説でもあるか  安達の奥さんという人が重ねて来たらば  安達という家を見いだし得ないで帰った  安達の奥さんは再び米屋の店にその姿をみせなかった  安達の奥さんの消息はこれで判った  安達の鬼塚や武隈の松などをも窕子は見たいと  安達の鬼塚のことが書いて  安達のところへ碁を打ちに行こうとして  安達という美少年の処なぞへ這入り込む  安達が根津の八幡楼という内のお職と大変な関係になった  安達は殆ど学課を全廃した  安達の寝巻や何ぞが備え附けてある  安達の紋とが比翼にして附けてある  安達はふらふらと八幡楼へ引き寄せられて行く  安達の親にdenunciateした  安達の寄宿舎に帰る  安達は途方に暮れたという  安達の為めに煩悶する  安達は寧ろ不自然の回抱を脱して  安達が何日と何日とに来たかという  安達は程なく退学させられた  安達の鬼が出て  安達の黒塚の鬼の棲処へ送りつけられて来た  安達の鬼は外にいるか  安達の黒塚へ追いこまれた  安達の奥さんの消息はこれでわかった  安達が原の二本松松の根かたに人立てる  

~ 安達[名詞]1
何でも安達が  關や安達の  神尾主膳は安達の  級の安達という  処には安達の  紋と安達の  浅草にいる安達の  安達と安達の  それだから安達は  彼が安達の  古賀は安達が  情夫が安達の  音にきく安達の  おれは安達の  みちのくの安達が  

~ 安達[名詞]2
近い安達  その安達  この安達  ついに安達  現に安達  

複合名詞
安達ヶ原  安達正太郎君  安達氏北條氏  福島県安達郡塩沢村  社安達郡塩沢村  安達さん  安達源五郎  安達太郎山  安達原  安達藤三  安達先生  二三日安達  安達太郎連山  奥州安達ヶ原  安達郡  安達絹千疋  安達謙蔵  安達氏  安達峰一郎大使  安達清経  



前後の言葉をピックアップ
仇する  寇する  寇せ  安達太良山  安立  足達  アダヂオ  アダッド・ニラリ  あだっぽい  婀娜っぽい


動詞をランダムでピックアップ
住んかもしださたれこみ継い嬲ろ話し出せ思ほし均す取り抑えるやってこ佩けらっしゃりゃふりかけるおぶ滑っもりかえす引裂い立ちつくし侵そおじけづい
形容詞をランダムでピックアップ
骨っぽい縁遠よそよそしゅうなけりゃこのましやばいずるくっきよく難く暑苦しく罪ぶかいうすけれ物凄まじいばからしく理屈っぽくつたなけれうつくしこまかしい睦まじくさうなう