「参っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 参っ[動詞]
君に召し置かれて参っ  役に召されて参っ  御前に参っ  女院に参っ  館へ参っ  三泊だよ、参っ  料理に、まず参っ  ぎゃふんと参っ  僕は宜しゅうございます、泊って参っ  ことが出来ません、逢いに参っ  釣道具を直しに参っ  頼みに参っ  文庫を持って参っ  部屋へ参っ  奉公に参っ  槍は少々心得ておる、参っ  宅へ参っ  面談いたしたく参っ  左様なら明朝早く参っ  何方へ参っ  孝助が参っ  断じて全部的に参っ  今夜朋輩と参っ  見物ぐらいには参っ  吉原とやら参っ  粗衣粗食に馴れて参っ  御馳走には、少々、参っ  方から早乙女が参っ  友人に聞いて参っ  私に貸して頂きたいと思って、参っ  そこへ突然はいって参っ  これには参っ  講義には、すっかり参っ  かくまでに参っ  さには参っ  姿をお見かけいたしましたので、馳せ参っ  道を参っ  誘拐し参っ  誘拐して参っ  土地へ参っ  白河戸郷へ参っ  場所へ参っ  ここに参っ  善知識に召されて参っ  月輪殿に参っ  後日また参っ  庵堂へ参っ  廂に参っ  処に参っ  次官も参っ  ゆみちゃんに参っ  言葉には参っ  女の子に参っ  表情を見てすっかり参っ  わいはぞっこん参っ  一八郎が参っ  下屋敷へ参っ  関の山へ参っ  事もなくなって参っ  時が参っ  僕は参っ  お願いに参っ  心臓で参っ  ワナに引っかかって忽ち参っ  方へ参っ  米なども蒼くなって飛んで参っ  枕許へ参っ  彼はすっかり参っ  絵が描けて参っ  もの全く参っ  深夜押して参っ  困難に打ち叩かれても、決して参っ  ブダペストへ参っ  二もなく参っ  これは、参っ  ここへ参っ  弁当持参で参っ  葬式に参っ  様子を見に参っ  んですか、参っ  酌を参っ  山越を思い立って参っ  ころりと参っ  自動車が、もう、参っ  上方へ参っ  子を貰って参っ  法師共がおおぜい参っ  吩咐かって参っ  白状すれば大いに参っ  先に参っ  医者が参っ  楢夫の少し参っ  性的魅力に参っ  雨着もつけずに参っ  声もかけずに斬って参っ  さきに参っ  そちらへ参っ  皮膚が参っ  部屋へ通されて参っ  確報も参っ  上京して参っ  ようにと云いつかって参っ  此処へ参っ  一緒に参っ  こちらへ参っ  所に参っ  あれには参っ  戸棚へなど参っ  こいつは参っ  旅先から帰って参っ  お手伝いに参っ  それへ参っ  侍は参っ  加賀屋へ参っ  お貰いに参っ  店へ参っ  不便で参っ  相手が参っ  そこへ参っ  麾下に馳せ参っ  それがしが参っ  安心して参っ  今日まで、伝え伝えて参っ  皆して参っ  お伝えに参っ  祇園精舎に参っ  何処へ参っ  パパは参っ  感じだけで参っ  気がして参っ  媒介に参っ  これまで参っ  長途を急ぎ参っ  危急に馳せ参っ  後ろ備えとして参っ  臣らが参っ  私第へ退がって参っ  小生が参っ  伺いに参っ  おゆるしを得て参っ  仄かにわきまえられて参っ  仮面でもつけて参っ  特に託されて参っ  使いに参っ  物乞いに参っ  くらしをしているやら、参っ  パリーへ参っ  これへ参っ  古城へはせ参っ  今日これへ参っ  地方に参っ  辺が参っ  邪魔に参っ  歓びに参っ  厠へ参っ  ひとつ別席へ参っ  ここまで見に参っ  これに参っ  呉へ参っ  領土まで参っ  遠路を参っ  ことがあって参っ  府中へ参っ  家へ参っ  せがれ幸吉が参っ  浴室へ参っ  庵が参っ  しきへ参っ  固めに参っ  試合に出たと思うと、参っ  試乗に参っ  ずくへ参っ  どこへ参っ  そこまで参っ  届けに参っ  所へ参っ  私が参っ  所望に参っ  呉侯、見参っ  それだけに参っ  それを憤りに参っ  国使として参っ  下風に屈して参っ  北野に参っ  熊野へ参っ  松尾へは参っ  お礼に参っ  肉体的にも参っ  庸三もすっかり参っ  近辺まで参っ  青森へ参っ  横浜に出て参っ  者が参っ  あっしはすっかり参っ  浪速くんだりまで参っ  誰か参っ  蜀に降らんと云って参っ  それ故にいそぎ上って参っ  から私が参っ  名主役石井山三郎で、連れて参っ  傍へ参っ  田甫に参っ  かねが参っ  貴方が来いとも被仰らないに参っ  奉行を仰付けられて参っ  此所迄参っ  銚子屋に参っ  銚子屋へ参っ  程無く帰りましょうかと存じて居りますが、参っ  法談を聞きに参っ  当地へ参っ  此処に参っ  帳場に参っ  品物で持って参っ  前輪に付けて参っ  粥河圖書一人で参っ  話があって参っ  掛合いに参っ  谷通坂まで追懸けて参っ  先へ参っ  山三郎が参っ  二人で参っ  彼れへ参っ  刄物を持って追かけて参っ  先に立てまして駈けて参っ  縁切に参っ  投書が参っ  小郷は参っ  掏摸として参っ  コロリと参っ  是まで度々参っ  今まで度々参っ  田舎侍が参っ  二階に参っ  お国表へ参っ  国表へ参っ  峠を下って参っ  処へ参っ  おやまが参っ  茶見世へ参っ  何処へ担がれて参っ  諸方へ参っ  此方へ参っ  これ何処へ参っ  先達て江戸へ出て参りました、参っ  是へ参っ  屋敷へ参っ  頓て出て参っ  外へ参っ  千葉町へ参っ  気持で参っ  我々をまったく迷わせるので、ひどく参っ  今し方あちらへ参っ  ベロベロに参っ  農村へ参っ  毎日自分に参っ  女神堂へ参っ  大笹へ参っ  きれいに参っ  空腹で参っ  一ぺんで参っ  拙者一足先へ参っ  下へつけて参っ  調べにでも参っ  指図をうけたまわりに参っ  薬草採りに参っ  時だけは参っ  連用して参っ  あたしが参っ  屁古たれて参っ  餓死者をだして参っ  日本は参っ  墓に参っ  魔手から逃げだして参っ  お願いがあって参っ  夜半でしたがお訪ねして参っ  手から持って参っ  海辺へ参っ  叫びながら、落ちて参っ  唯今お湯へ参っ  親類共へ参っ  何処へ連れて参っ  生憎只今高平まで参っ  江戸とやらへ参っ  何う参っ  江戸へ参っ  用事があって参っ  事がありまして参っ  十日に参っ  なあに参りは参っ  地下へ参っ  ギャフンと参っ  庭へ参っ  あすこを心掛けて参っ  七条へ参っ  興津へ参っ  伸子は既にいい加減参っ  数馬同道で、参っ  素槍か、とか、いろいろ聞いて参っ  穿鑿に参っ  事を、訊ねに参っ  やっとこちらへ参っ  自分に参っ  のが参っ  たしかに持って参っ  注進に参っ  ちょっと家へ帰って参っ  御願があって参っ  虎が参っ  眼先に浮んで参っ  処に、参っ  品は持って参っ  私も少しばかり参っ  時は、参っ  事を思うと、参っ  ものを追い込んで参っ  今朝町に参っ  わしに会いに参っ  物も取り敢えず馳せつけて参っ  名乗りを承って参っ  玉屋邸から懸けて参っ  これをどう参っ  酒に参っ  お山へ参っ  人を雇いに参っ  んならば、逢いたくってやって参っ  ここへ運んで参っ  江戸へ出て参っ  願がけに参っ  総領事館に参っ  依頼すべく参っ  玉山氏宅へ参っ  恢復して参っ  お伴をして参っ  二度大隈邸へ招かれ参っ  許に参っ  私は持って参っ  から間もなく帰って参っ  差紙が参っ  私宅へ参っ  次に参っ  社会的に現われて参っ  玄関へ参っ  大阪見物に参っ  世話で参っ  お迎えに参っ  御座ますから、あんな酔った振をして、恍けて参っ  恩地雉四郎お迎えに参っ  そこに参っ  八王子へ出て参っ  人気者が出て参っ  くだりになって参っ  横まで出て参っ  大急ぎで飛んで参っ  これへ伴い参っ  一人つれて参っ  だって出て参っ  私も参っ  男は大抵参っ  只今中学に参っ  無心に参っ  心臓麻痺で参っ  寺へ参っ  先ごろ御岳へ参っ  蜀山も参っ  参詣に参っ  神経衰弱気味で参っ  転役して参っ  相談に参っ  口を封じられて参っ  僧が参っ  何事かと参っ  坊へ参っ  高名を慕って、わざわざ出向いて参っ  今より参っ  使いで参っ  これまで、参っ  八木八名田辺へ参っ  太田へ参っ  此処え参っ  台所へ探しに参っ  草津へ参っ  三階へ参っ  玉兎庵へ参っ  地へ参っ  座敷へ参っ  挨拶と云うので参っ  私ア暇を消して参っ  東京から持って参っ  席へ参っ  關善さんに連れられて参っ  組みに参っ  見物かた/″\湯治に参っ  私が連れて参っ  渋川から従いて参っ  孫に会いに参っ  茂木佐平次方へ参っ  万福寺へ参っ  スイと参っ  私は参っ  東京に参っ  持参金を持って参っ  お許しをいただいて参っ  面会に参っ  打揃って参っ  事情を篤と見届けに参っ  通り書面に認め参っ  引きに参っ  国から持って参っ  弁舌には参っ  一人はかならず参っ  仕事場へ参っ  目付として参っ  これへ入って参っ  男が、参っ  海外へも参っ  主命にちかって参っ  連中でもグラグラと参っ  身体が参っ  出陣のゆるしを求めに参っ  首をとりに参っ  清に一寸参っ  たびとなく参っ  んで参っ  殺害しに参っ  別れをして参っ  旅路に出て参っ  突留めて参っ  名古屋へ参っ  わたくしが参っ  七蔵は又引っ返して参っ  鮎を釣って参っ  中川さんへ参っ  引取って参っ  本来はからず招かれて参っ  見参に参っ  八百屋の持って参っ  網に参っ  嫁に参っ  実家へ参っ  一度も参っ  今宵これへ参っ  見物に参っ  何がなにやら判らずに参っ  陣から差向けられて参っ  次第でございますが、参っ  宿へ参っ  夜分、こうして出て参っ  二時間もやっていたが、やはり揺れるので参っ  昨晩から手伝いに参っ  評判を承って、大いに喜んで参っ  ばりへ参っ  通夜に参っ  お祭りには初めて参っ  土地へも参っ  女だというと直ぐ参っ  焼へ参っ  これへも参っ  レコに参っ  絹さんに参っ  前まで参っ  手伝いに参っ  気で参っ  処まで参っ  茶を参っ  一所に参っ  男も、すっかり参っ  二つも食ったら参っ  電気に相当参っ  山伏も、とうとう参っ  狂太郎も、すこし降参っ  納骨堂へ参っ  ころりっと参っ  そばに参っ  男も参っ  面白うなって参っ  屋形まで参っ  凌じに参っ  方へ歩いて参っ  女房たちの参っ  ひとりで歩いて参っ  照林坊へ参っ  虎松か、よう参っ  参詣を致したいと思って参っ  望楼に参っ  休息には参っ  拝領して参っ  手紙の参っ  京都へ参っ  娘が参っ  今日あたりはもう参っ  ために参っ  貴方、参っ  感覚だけで参っ  探偵をしていただきたいと思って参っ  叔父を受取りに参っ  一遍に参っ  定法通りに参っ  頂戴して参っ  こいつには参っ  喜田博士も参っ  脳味噌が少し参っ  神経がもう参っ  復讐に参っ  介お迎えに参っ  拙者当地へ参っ  三度も参っ  紅屋に居られるなら、早速参っ  門札外して持ち参っ  前まで、既に参っ  屋敷へ連れ参っ  木曽へ参っ  鴫澤主水が参っ  拙者一人だけ帰って参っ  潜入いたしましたを、つけて参っ  君が参っ  私に参っ  山へ参っ  はずですが、参っ  教訓されて参っ  帳中に参っ  鈴木か、おくれて参っ  御所へ参っ  初めに参っ  中をやって参っ  感謝して参っ  お供をして参っ  お供して参っ  合点が参っ  それは見ないで参っ  昨今あれへ参っ  胆吹山を立って参っ  御殿へ参っ  海松子が持って参っ  それに参っ  車で従って参っ  供奉して参っ  ほうから参っ  皆集まって参っ  麓へまで参っ  六条院へ参っ  東宮へ参っ  手紙を持って参っ  皆六条院へ参っ  のちにまた参っ  院へ参っ  心配申し上げて参っ  時だれかが参っ  無理をしても参っ  気持ちをいだきながら参っ  院に参っ  ここまで参っ  消息が参っ  それで参っ  俺も参っ  幽冥へ参っ  わたくしのいたして参っ  がんと参っ  連て参っ  スタイルに参っ  準備して参っ  大分日もかげって参っ  森から出て参っ  僕はもう参っ  与四郎めが、参っ  所を突かれ、すっかり参っ  京都から訪ねて参っ  誰かに参っ  姫をくれえと申して参っ  ところへ参っ  他家から養子に参っ  すゞに少なからず参っ  街を襲うて参っ  披露しようとて参っ  もとへ参っ  あちらへ参っ  そちが参っ  から、実際よっぽど参っ  使いが参っ  気味わるう光り出して参っ  気が立って参っ  陰にこもって参っ  みな、もそっと近う参っ  気が乗って参っ  誘いに参っ  それゆえすぐに引返そうと出て参っ  これで参っ  依頼に参っ  挨拶が参っ  返書が参っ  磯五が参っ  今ごろたたって参っ  使い者がせき立てに参っ  お前が参っ  江戸へ捜しに参っ  口止めに参っ  出府して参っ  用があって、参っ  割りこんで参っ  一日延ばしに延ばして参っ  こいつあよっぽど参っ  ことに参っ  魚も参っ  弟が参っ  急に出て参っ  のに参っ  これにはさすがに参っ  何だか悲しくなって参っ  方で参っ  恋歌を書き散らして参っ  細君だけが引越して参っ  東京へ参っ  向うへ持って参っ  人が参っ  遁げて参っ  密と参っ  内方へ参っ  門へ参っ  繞って参っ  行燈がまた薄暗くなって参っ  加減がいいとつれて参っ  大使であろうと、たいてい参っ  偉力に、すっかり参っ  体がすこし参っ  ことで参っ  私はどんなに参っ  変体が参っ  駿府へ参っ  精神的に参っ  あなたほどひどく参っ  さに参っ  空腹に参っ  気苦労でひどく参っ  艱難辛苦に参っ  のは参っ  先越されて参っ  スピーチには参っ  これには全く参っ  伏見へ参っ  拷問には参っ  侍様などが訪ねて参っ  賭場へ参っ  所持し参っ  君も参っ  これは参っ  時に参っ  越前へ下るには、どう参っ  死を賭して、参っ  斯う参っ  地に参っ  ようにそわそわしてやって参っ  密使を帯びて参っ  真間の継橋へも参っ  大蒜屋敷に飛び込んで参っ  名前を見て参っ  宅に帰って参っ  さきへ立って参っ  エンジンが参っ  わけにも行かず、すっかり参っ  御目見得に参っ  発達して参っ  変化させて参っ  調べをして参っ  ようになって参っ  普及されて参っ  神戸へ参っ  どっちかが参っ  文句なしに参っ  三日置に参っ  薬師堂へ参っ  修行に参っ  女に参っ  味方に参っ  ことを申して参っ  何用あって参っ  何しに参っ  いただきに参っ  これをひいて参っ  わしが参っ  丹三を連れて参っ  金八が参っ  篁守人がいると聞いてもらいに参っ  社寺に参っ  ように痛んで参っ  売品持って参っ  私から頼む、参っ  猪太郎、よく参っ  とき長持に入れて持って参っ  部屋に這入って参っ  自分はかなり参っ  自分も参っ  充分自分は参っ  八幡様に参っ  雪に参っ  感じがして参っ  地蔵尊などに参っ  私もすっかり参っ  抑えに参っ  二つのお誓いをして参っ  チャセゴに参っ  何を持って参っ  銭と金とザクザクと持って参っ  ザクザク持って参っ  ところへ、参っ  山越えじゃ、少々参っ  宿まで慕って参っ  みんなで押しかけて参っ  小僧が参っ  血涎れを出して参っ  先ほど参っ  伊勢参宮へ参っ  外から呼ばれて参っ  穏やかに参っ  水を汲みに参っ  容子が、少しずつ変わって参っ  夜が参っ  大坂城へ参っ  今それへ参っ  香具師か、よく参っ  夜叉ヶ池まで参っ  頼み申しに参っ  念仏に参っ  僕も参っ  佐々木小次郎が参っ  お待ちいたしておるので、お迎えいたして来いと、いいつけられて参っ  調べ願わしく、参っ  若い公達に会って参っ  角まで参っ  番町へ参っ  胤舜が参っ  豊前へ下って参っ  板壁を背負って、参っ  二里とも参っ  何、降って参っ  使いとして参っ  賀知章はすっかり参っ  何もしらないで参っ  亭主ぎゃふんと参っ  某も参っ  方までもよく響いて参っ  近江へ参っ  三四十人ばかり、どっとばかり押し入って参っ  お話して参っ  まま、逃げこんで参っ  東京まで持って参っ  せいか、少々眠くなって参っ  暮らしをして参っ  帆村から、こう叱りつけられると、すっかり参っ  うそうそとまた参っ  小言を云われながら迷うて参っ  公園に参っ  此方ざまに参っ  在へ参っ  喋舌に、かなり参っ  自分から進んで参っ  無理強いをされて、やむを得ず参っ  邸へ参っ  本日も参っ  拝読して参っ  やまぶきに参っ  食事には、常に参っ  ここへ飛んで参っ  西村家から養子に参っ  ッそく突ッ走って参っ  縁日へ参っ  浅草へ参っ  廊下まで持って参っ  くだすった、初めて参っ  から手伝ってと仰有るので参っ  賊が忍び込んで参っ  出張して借りうけて参っ  当家へ参っ  だれでも参っ  菓子には参っ  このごろちょっと帰京して参っ  ことをまた尋ねに参っ  腰元をお静めに参っ  大事とにらんで参っ  伝六なぞの参っ  女に似ず強かったが、さすがに参っ  ひとには参っ  ザヴィエルに参っ  ニッポンに参っ  禅僧もすっかり参っ  救援に参っ  改宗者が現われて参っ  んだろう、には参っ  迎いに参っ  訴えに参っ  使者に参っ  いま一度検視に参っ  どらねこ退治に参っ  遊興をいたしに参っ  ちょっと尋ねに参っ  助太刀に参っ  とき小者が呼びに参っ  からどちらへ参っ  お呼びに参っ  右門が参っ  ところだったと存じて参っ  うわさを聞きつけ、すぐさま参っ  ひとりで参っ  取りに参っ  調べに参っ  詮議に参っ  注文に参っ  八丁堀へ参っ  差し紙が参っ  様子見に参っ  伊勢へ参っ  質に参っ  お力借りに参っ  もみ療治に参っ  弓を取りに参っ  古橋専介をねらいに参っ  ところへだけ参っ  身どもがこうして参っ  年賀に参っ  卸に参っ  売り込みに参っ  敬之丞が参っ  んだろうと思って、じつあこうしておねげえに参っ  詮議のおねげえに参っ  一本参ったら参っ  手並み拝見に参っ  当方へは参っ  ほうが参っ  右門めでもがもう参っ  そなたに、なんぞ聞き尋ねに参っ  うえでしらべに参っ  用があって参っ  いっしょに参っ  試合に参っ  道場などへ参っ  確かに逃げ込み参っ  お前江戸へ参っ  お前にぞっこん参っ  ために、やって参っ  肩へかけ、帰って参っ  妙に参っ  その男には参っ  己れ参っ  ギューと参っ  一ペンに参っ  心もすっかり参っ  掃除人が持って参っ  一冬着ると既にいい加減参っ  奥向へ参っ  鳥刺が参っ  何んに参っ  ここへ参ろうと思って、参っ  鳥刺は、尋ね参っ  人物が参っ  卜伝か、よく参っ  大江山も参っ  のには参っ  十八日に参っ  実行とまでは参っ  これには実際ギクリと参っ  観音堂に参っ  墓へ参っ  朝顔が参っ  優しい言葉には参っ  こちらへ、参っ  一身を賭して参っ  往診に参っ  尾行けて参っ  小一郎は参っ  一式小一郎も参っ  拙者も参っ  集五郎も参っ  助けに参っ  戦場へ参っ  善光寺に参っ  祈願に参っ  牛丸が参っ  吉備彦か、よく参っ  はい一通りは持って参っ  阿蘭陀より参っ  抗議には参っ  人を迫っ駆けて参っ  先生にお目にかかりたくって参っ  手紙が参っ  十銭玉とを返して頂きに参っ  奮闘にすっかり参っ  一二用意して参っ  風呂敷につつんで参っ  拳銃を離せ、どうやら脆くも参っ  挑戦状まで舞い込んで来たが、参っ  ほかに参っ  二枚も参っ  ここをたずねて参っ  注進も参っ  使いをたのまれて参っ  報告に参っ  医者様にも見せずに秘め隠して参っ  江戸まで持って参っ  辺へ参っ  絵と取組んで参っ  近くに持って参っ  ところに参っ  瓦斯は参って居りませんでしたが、参っ  雑司ヶ谷へつれて参っ  ため、遥々と尋ねて参っ  ホテルへ参っ  方に参っ  ままに進んで参っ  遠方に参っ  儘に進んで参っ  五人揃って参っ  一つあおられると、参っ  



前後の言葉をピックアップ
マイダン  マイダーノフ  真一文字  詣っ  まいっ  毎月  舞鶴  舞鶴線  舞出  マイデア


動詞をランダムでピックアップ
かなっ棹さす捲くつくろわ敷か振り向い温まろ映し出し引きしぼるぬりたくる埋め込んかんじん引き抜こひきあげよじめつく盛り潰し正しひしげるくいしばったかぶる
形容詞をランダムでピックアップ
愚かしいうらがなしきいたましかっあつぼったい四角い面倒臭くっやるせなき手軽く思わしく若い熱苦しき若々しくうたがわししたたるい恐ろしけれねつかれ白白しい勇ましき円けれ