「若い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 若い[形容詞]
時々若い  ゅっても若い  まだ若い  ひどく若い  けっして若い  極めて若い  だって若い  大分若い  大体若い  どうせ若い  から若い  達若い  十分若い  好い若い  一般に若い  もちろん若い  なお若い  ざいな若い  年若い  いつも若い  いくら若い  しろ若い  大変若い  かい若い  ことに若い  もし若い  もっと若い  いかに若い  折々若い  いちばん若い  たち若い  只若い  必ず若い  若い若い  どれほど若い  ちと若い  いい若い  続々若い  一段若い  ずっと若い  オイ若い  その間若い  みんな若い  従来若い  もう若い  もしや若い  さも若い  極若い  比較的若い  十若い  裏若い  一番若い  未だ若い  うんと若い  やっぱり若い  同時に若い  まだまだ若い  あんなに若い  うとい若い  よほど若い  ちょうど若い  私たち若い  二つ若い  七つ若い  何時も若い  すでに若い  三つ若い  ざ若い  勿論若い  いつまでも若い  また若い  すこし若い  ときどき若い  ウラ若い  よく若い  こと若い  何程若い  ごく若い  どうも若い  どうしても若い  しきりに若い  存外若い  八つ若い  最も若い  絶えず若い  かつて若い  いや若い  より若い  ですよ。若い  人若い  歳若い  なるたけ若い  やはり若い  ら若い  今に若い  オイオイ若い  余りに若い  殊に若い  最初若い  いよいよ若い  決して若い  く若い  万事若い  もう少し若い  却って若い  おなじく若い  そんなに若い  もの若い  又若い  いが若い  まあ若い  まるで若い  むしろ若い  たしかに若い  尤も若い  良い若い  づ若い  まず若い  まり若い  わりに若い  あんがい若い  美しい若い  一若い  互に若い  通り若い  なつかしく若い  元来若い  王若い  聖人若い  本当に若い  い若い  隨分若い  ゆっくり若い  生若い  もっぱら若い  むかし若い  少なくも若い  本当は若い  且つ若い  モット若い  どうして若い  いかにも若い  だいぶ若い  がた若い  なかなか若い  とにかく若い  ぼくらの若い  安い若い  つと若い  さして若い  どうやら若い  いふ若い  恐らく若い  たしか若い  私共若い  如何にも若い  実に若い  ぶん若い  さだめし若い  少し若い  其若い  ます若い  向い若い  つねに若い  常に若い  ない若い  

~ 若い[形容詞]
ものは若い  内省は若い  松村子爵は若い  龍之介は若い  今の若い  氏は若い  私は若い  彼は若い  甚太爺は若い  たつは若い  絹も若い  年の若い  孝助殿お前は若い  不義淫奔は若い  のは若い  空想は若い  かわいそうにも若い  それが若い  ときの若い  歌は若い  間に若い  学校出の若い  相手は若い  しゃる方々は若い  依頼人は若い  君は若い  僕は若い  男が若い  彼女は若い  それは若い  ゴッホの若い  將棋だけは若い  醉うた私は若い  中には若い  相川が若い  吾儕の若い  彼を若い  シーモノフは若い  譚は若い  読者が若い  お前は若い  社会が若い  俺が若い  おれの若い  今日の若い  教室は若い  私も若い  化粧台が若い  運転手が若い  相手が若い  松本は若い  次男坊といった若い  部屋には若い  日本画家は若い  嫌味は若い  芸は若い  各署が若い  宅の若い  役目は若い  動きは若い  のが若い  表には若い  教官は若い  年は若い  目には若い  お祭りには若い  そこでは若い  農場の若い  帳場の若い  店の若い  折角の若い  五日位は若い  作者は若い  晶子さんの若い  説明は若い  お父さんの若い  村の若い  木薬屋呉服屋の若い  近所の若い  餓鬼は若い  おまけに若い  多鶴子は若い  四人の若い  古梅庵の若い  母の若い  周は若い  プルウストは若い  フランスは若い  打算が若い  群は若い  婢が若い  一人の若い  貴方は若い  物よりは若い  己達も若い  跡からは若い  いやに若い  年が若い  わたくしは若い  廿年前の若い  後継者の若い  ことは若い  生活では若い  千百年よりも若い  蝋蜂は若い  人間を若い  総髪の若い  駕籠舁の若い  歳は若い  娘や若い  今一人の若い  年も若い  夫が若い  一人が若い  トムスキイは若い  亭主が若い  わたしは若い  僧侶は若い  わたしの若い  ことが若い  映画は若い  会話は若い  女達が若い  十歳以上も若い  君も若い  パドゥアの若い  これは若い  私の若い  声は若い  脊の若い  いずれも若い  裡には若い  魚辰の若い  人が若い  母自身の若い  母は若い  夜は若い  絹には若い  庄には若い  お客さまが若い  夫婦の若い  蒲原氏も若い  母親は若い  酒屋の若い  そこには若い  田舎育ちの若い  おれは若い  彼が若い  何処やらに若い  女は若い  御前は若い  先生は若い  次郎左衛門は若い  八橋には若い  戦前は若い  祖父の若い  年よりも若い  歴史が若い  ひとも若い  鷄ちやんは若い  金語楼は若い  年こそ若い  久蔵親分は若い  ように若い  これ当世の若い  今ごろは若い  コロレンコが若い  粒選りの若い  後棒の若い  八人の若い  一つ二つは若い  百合子さんが若い  夫人さんの若い  彼らは若い  自分の若い  ッと若い  孟買には若い  私が若い  年上のと若い  確立は若い  古江は若い  肉体が若い  関東庁側は若い  金助は若い  ゴーリキイは若い  今度は若い  プレットニョフは若い  当時は若い  わたしが若い  ほんとうは若い  葡萄酒を若い  以前は若い  なにが若い  多分に若い  禿紳士は若い  土地が若い  穗の若い  ようには若い  一番年も若い  天は若い  界隈の若い  父親が若い  娘達や若い  三四人の若い  言葉は若い  ことも若い  玄徳とは若い  ブーキンは若い  時は若い  フランスの若い  人の若い  若い娘は若い  此の若い  駐在巡査は若い  呉春は若い  手足が若い  庸三は若い  いずれは若い  気持では若い  曽て若い  もとは若い  皆さんが若い  政江が若い  私たちの若い  洋装の若い  エンジェルは若い  町長さんは若い  評判は若い  一方は若い  わしは若い  客間は若い  遊女屋の若い  婆が若い  十七八の若い  忰も若い  寒い往来は若い  女優は若い  二人の若い  戸外では若い  停車場には若い  下女の若い  皿は若い  生活は若い  老人と若い  齢の若い  自分は若い  気が若い  非常に若い  それ等が若い  あいつ年が若い  町内の若い  親爺の若い  祖父が若い  隣には若い  伴侶は若い  人間が若い  妻の若い  鶴雄は若い  心が若い  道連には若い  あれが若い  義助も若い  頃では若い  三四十も若い  年増が若い  は若い  男は若い  作者が若い  父は若い  等の若い  鶴見組の若い  お父さんは若い  お前が若い  わたしたちが若い  気持が若い  聲は若い  女主人公は若い  氷に若い  祖母は若い  煤掃きを若い  処が若い  筈の若い  俺は若い  私らは若い  椿岳は若い  おじいさんは若い  小園さんよりも若い  地蔵さま気が若い  二十二三の若い  村田という若い  発展は若い  菊乃さんよりは若い  三人の若い  山脈は若い  中野君が若い  私たちは若い  ジィドが若い  少女は若い  頃は若い  縮売の若い  あなた方は若い  長謙さんは若い  飛行長は若い  軍医長が若い  近頃の若い  繁夫が若い  従姉が若い  少年は若い  現実性の若い  わしより若い  娘は若い  内地の若い  お仙より若い  者は若い  これでも若い  唯の若い  先生が若い  種は若い  私共の若い  達雄が若い  方は若い  平作の若い  二十歳ぐらいの若い  十五六人の若い  大勢の若い  今年十九の若い  善兵衛は若い  氏が若い  潤太郎さんは若い  家には若い  私にとっては若い  夫人は若い  老人が若い  微笑は若い  これが若い  いくら年が若い  父親さんの若い  老人は若い  正太が若い  殿には若い  神の若い  学校時代の若い  吉田屋の若い  時代の若い  木山にも若い  それも若い  勝が若い  年齢が若い  三人で若い  今時の若い  老人も若い  親方は若い  拙者が若い  わしとは若い  客は若い  部落の若い  内山という若い  和泉屋の若い  奉公人は若い  親戚とかの若い  十歳も若い  侍は若い  下からは若い  漂流者は若い  お歌は若い  お前さんが若い  眼は若い  一番年が若い  確に若い  此方では若い  テントへは若い  そいつは若い  詩人は若い  ライネル・マリア・リルケは若い  あれは若い  おれも若い  事は若い  支那人は若い  廃院よりは若い  くせに若い  喜介という若い  一人前の若い  お化けは若い  尼は若い  扇屋の若い  お前たちは若い  お互いが若い  どっちも若い  大地は若い  隔日に若い  三人ほど若い  福富は若い  男も若い  茶屋の若い  徳さんは若い  方が若い  旅館には若い  一名は若い  土地の若い  あなたは若い  彼奴の若い  却つて十も若い  学生時代の若い  君なぞは若い  奴風の若い  重之進は若い  顔が若い  道は若い  人は若い  時代は若い  地廻りの若い  真ん中で若い  両人の若い  隆造は若い  建具屋の若い  二十余名の若い  揃いの若い  桃代は若い  年頃は若い  瓦の若い  お互いは若い  茂子は若い  一人は若い  時には若い  手代だの若い  棒の若い  漁師の若い  わしが若い  部屋の若い  祖母さんの若い  二代目が若い  頃から先生は若い  連合が若い  女が若い  伯父が若い  人類殊に人類の若い  妻が若い  農村の若い  心持の若い  番頭や若い  多勢の若い  旅人の若い  父の若い  母上が若い  郷武者の若い  無類に若い  若い人は若い  若い人には若い  婆さんは若い  市中の若い  そこへ若い  そこの若い  二人は若い  穀屋の若い  馬は若い  生徒たちが若い  折助の若い  コクリコクリと若い  胸には若い  ほかの若い  親父が若い  後には若い  老人に若い  いまどきの若い  ウチの若い  組の若い  たしか組の若い  働きが若い  これも若い  婆さんが若い  家中の若い  女も若い  一度は若い  十八という若い  船頭は若い  歳が若い  頃三十よりは若い  近隣の若い  始末だけは若い  遠山巡査は若い  お前なんぞは若い  それこそ若い  年齢も若い  コマ五郎輩下の若い  番頭さんは若い  木場の若い  ところの若い  放蕩は若い  活気は若い  笑い声は若い  若い連中は若い  芝居茶屋の若い  客先へは若い  万金などの若い  菊岡の若い  学生さんは若い  村で若い  おれたちは若い  向かいは若い  松吉は若い  敏子よりも若い  母が若い  婦人の若い  此処に若い  男に若い  兄貴は若い  兄いの若い  男の若い  お祭に若い  わたしなどの若い  わたしなどが若い  多くの若い  結婚は若い  道中師風の若い  熱田西浦東浦の若い  石工の若い  身内の若い  集団農場員が若い  お医者さんは若い  お客は若い  恋妻を若い  公という若い  宿の若い  近ごろの若い  途中で若い  長屋の若い  肉体には若い  秋成の若い  日は若い  加奈子は若い  京子の若い  頭山翁は若い  見張りの若い  市場の若い  今は若い  そこが若い  若い男は若い  あいつは若い  齢が若い  独身の若い  どっちが若い  文意は若い  草心尼の若い  きみも若い  子供たちは若い  あたしより若い  己の若い  己は若い  碧梧桐虚子両氏が若い  甥の若い  老婆の若い  喜びは若い  種吉は若い  もっとも若い  年下の若い  駕籠屋の若い  若い者は若い  ぬきの若い  親たちが若い  鶏肉は若い  若いものは若い  現代の若い  結局今の若い  頃の若い  屋敷には若い  菊は若い  甥は若い  私より若い  私達が若い  私達みたいに若い  商売柄で若い  おまえさんが若い  神経は若い  空気は若い  右には若い  戸棚の隅には若い  まきは若い  わしも若い  舞台を若い  君が若い  二十一二の若い  土地には若い  あとは若い  四郎という若い  通りに若い  その後は若い  伝は若い  年齢は若い  いちばん年が若い  十九の若い  二十四五の若い  助六は若い  三十歳どまりの若い  ときには若い  清次という若い  問題は若い  あなたなんぞは若い  ひとりの若い  倉田屋の若い  右衛門が若い  紋作は若い  手代格の若い  おなじ店の若い  今しがた家の若い  こっちも若い  ために若い  若い職人は若い  二十人あまりの若い  あなたも若い  辻倉の若い  吉原の若い  蜻蛉の子は若い  杉浦さんの若い  果たしてそこには若い  植木屋の若い  剃刀は若い  家内には若い  どんは若い  がりの若い  花鳥が若い  自分たちの若い  道楽肌の若い  鳶の若い  巳之助は若い  漁師町の若い  藤さんなんぞは若い  因幡は若い  娘たちは若い  海老床の若い  下には若い  ディーネルは若い  それから店の若い  前の若い  千は若い  鍋さんの若い  米屋の若い  内では若い  血気ざかりの若い  料理番と若い  男子までが若い  なんでも若い  前には若い  三人は若い  出しの若い  わたくしと若い  伊豆屋の若い  蝶が若い  長三郎は若い  余は若い  今でも若い  腰掛で若い  とよ子が若い  案内の若い  一建物会社の若い  昼間の若い  源氏が若い  源氏の若い  あんたは若い  人より若い  二十代の若い  気分は若い  叔母さんは若い  米は若い  聖女でも若い  僕には若い  百姓体の若い  内外の若い  おいでの若い  十郎は若い  うちの若い  研究では若い  河合は若い  鴈治郎が若い  通り源之助は若い  磯二は若い  通りすがりに若い  魚勘とかの若い  魚勘の若い  くだんの若い  五人の若い  人前へ若い  従者の若い  寝台には若い  加代は若い  上には若い  わしの若い  一組は若い  鳥屋の若い  ほうは若い  オレの若い  君たちは若い  孫も若い  あれで若い  無分別の若い  床屋の若い  昔は若い  僕も若い  住居も若い  柿本人麻呂の若い  三十の若い  我々も若い  ツチグリの若い  精神においても若い  炊事は若い  お先走りの若い  高祖の若い  博士は若い  写生は若い  了簡が若い  うちは若い  恋愛は若い  若い女には若い  齢も若い  森には若い  ケーテが若い  荒物屋には若い  紅葉は若い  おれっちの若い  毛沼博士は若い  彦七は若い  エマニュエルは若い  八時半ごろ支局の若い  自分達は若い  オリガは若い  一城には若い  僕達は若い  人麿の若い  向う鉢巻の若い  出入りの若い  光は若い  一等運転手は若い  何分年が若い  朝が若い  流石は若い  事も若い  嘉代吉は若い  妹たちが若い  当時わたくしは若い  そこからは若い  後は若い  他の若い  源氏は若い  幻覚が若い  村は若い  多くは若い  曾ては若い  婦人たちが若い  一同は若い  後押しは若い  金巾などは若い  右大将は若い  間は若い  手紙は若い  家の若い  塾の若い  塾中の若い  辺の若い  内大臣は若い  歴史の若い  越後に若い  人たちは若い  彼も若い  庭師は若い  青木繁の若い  こいつは若い  午後には若い  孔子は若い  於ては若い  大将は若い  眉は若い  千枝松は若い  播磨守泰親は若い  外では若い  僕たちが若い  出来心から店の若い  美貌からは若い  自分ながら若い  久々で若い  処の若い  花園には若い  こんどは若い  不良の若い  左右太が若い  主と若い  かご寅の若い  章は若い  療養所は若い  眼も若い  姐さん年が若い  中将さんの若い  父が若い  印刷所の若い  ことを若い  今どきの若い  たくさんの若い  大輔などの若い  昨日は若い  頃島の若い  尼君は若い  見え声が若い  半四郎より若い  お母さんは若い  魚屋の若い  皮ふには若い  金吾老人の若い  所が若い  こっちは若い  アプレの若い  開化の若い  底には若い  旅館の若い  番頭ひとりと若い  祖父は若い  出語りは若い  ソフイヤ夫人の若い  法事も若い  ミコも若い  枝か若い  今日は若い  一行は若い  大海人が若い  王が若い  平助は若い  仕事は若い  髪は若い  半平は若い  東郷大将の若い  の考えは若い  口は若い  周囲には若い  制定者たちが若い  年齢の若い  女中は若い  仲人たちは若い  大尉は若い  和上も若い  源は若い  日私は若い  私よりも若い  芸者の若い  付近の若い  肉屋の若い  あるじは若い  家は若い  数年前は若い  色が若い  審査員達は若い  一作者は若い  年齢的に若い  指導力が若い  傾向が若い  年齢的にも若い  はずの若い  年ごろの若い  職業は若い  落語家は若い  働き盛りの若い  みつ下總屋の若い  彼女に若い  肉は若い  彼等は若い  己も若い  レムブルグは若い  気心は若い  空也は若い  圧迫が若い  判事若杉浩三氏は若い  大概の若い  炭屋の若い  八百万の若い  しかも若い  どなたか若い  それに若い  旦那なんざお年が若い  シュトリヒは若い  主人は若い  腰も若い  おっちゃんが若い  お仙は若い  年なども若い  若い者同志は若い  夫に若い  門口には若い  権右衛門は若い  ときばかりは若い  又次郎は若い  洗濯屋の若い  角で若い  ゴーリキイが若い  年頃の若い  何でも若い  うえに若い  部下の若い  十九じゃ若い  疑問が若い  一つ年が若い  父も若い  奴らは若い  財産家である古谷傅兵衛へはは若い  おまえさんは若い  留守は若い  韋が若い  わたくしの若い  山の神は若い  秦進忠は若い  次郎左ェ門さんは若い  者が若い  殆ど逸作の若い  人も若い  男なぞは若い  次作兄いという若い  初手は若い  自分達の若い  鶴吉は若い  山行の若い  いまの若い  大概年が若い  さんが若い  源雅定が若い  件の若い  若い鳥は若い  声の若い  語原は若い  古都には若い  誰しも若い  上手に若い  おばあちゃんには若い  著書が若い  考えが若い  誰でも若い  会社は若い  昨夜は若い  ことによって若い  笑い声が若い  張出しでは若い  ペトラは若い  イタリア女の若い  モード氏は若い  ダンサーに若い  城下の若い  私だけは若い  から自然と若い  夫人の若い  百姓仕事は若い  若いうちは若い  巳吉は若い  六十前の若い  俺より若い  昨今は若い  大抵は若い  傍の若い  句でも若い  ひとが若い  開眼が若い  おまえは若い  今より若い  お祖母さんが若い  教師は若い  ベンチには若い  百人長は若い  女学校時代の若い  わたしよりも若い  指物師の若い  僕達が若い  テエブルには若い  手が若い  楽しい私の若い  五六人の若い  きのうは若い  一葉が若い  あなたの若い  本は若い  一冊は若い  重役は若い  足もとには若い  救援隊の若い  守衛さんは若い  村じゅうの若い  血が若い  セザンヌは若い  千代松は若い  京子は若い  法被姿の若い  六年の若い  種族的には若い  岔水君は若い  材木屋の若い  象は若い  瞬時私は若い  女の若い  家内は若い  長男亀蔵は若い  町の若い  手には若い  座敷には若い  愛情は若い  取り柄が若い  人々は若い  気は若い  所は若い  すべて非常に若い  恒雄は若い  當世の若い  若い女は若い  三つは若い  卵が若い  者たちが若い  それより若い  帆村探偵は若い  碩学ミルは若い  稲は若い  それには若い  絵は若い  君さんには若い  終には若い  先達の若い  地方の若い  蘿月は若い  花が若い  半数以上は若い  さっきの若い  見ず知らずの若い  其所には若い  死骸は若い  私達の若い  中央は若い  尊氏の若い  梅沢君は若い  井田さんも若い  伊助という若い  社家の若い  清盛の若い  手口が若い  生田葵山氏の若い  藤島君は若い  

若い[形容詞]
若い者  若い人  若いといふの  若い頃  若い時  若い婦人  若い方  若い時分  若いさかり  若い鮮人  若いころ  若いから  若い内  若い娘  若い時代  若いうち  若い女  若いン  若いの  若いけれど苦労人  若い血  若いフランス人  若い小柄  若いのに隨分  若い男  若いということ  若いほう  若い友達  若いん  若い強壮  若い船頭  若いはず  若い女房  若い武士  若いとき  若い声  若い女性  若いのに物わかり  若い絵かき  若い丈  若いのに老人  若い男女  若いもの  若いというの  若い巡査  若いもん  若い人々  若い婦  若い一  若い生徒  若い日  若い主人  若い創造  若い身空  若い生娘  若い新聞  若いくせ  若い後妻  若いプルウスト  若いという気  若い心  若い二  若いやう  若いよめ  若い蟻  若いと云  若い女王  若い妻  若いのに愕  若い工兵  若い花嫁  若い貴族  若い男と女  若い殿方  若い親  若いかた  若い熊  若い血気  若い媚  若いのにさき  若い夫婦  若い間  若いよう  若い中  若い細君  若いつもり  若い浪人  若いサラリーマン  若いもんはい  若いといったジグス  若い別嬪  若いゴーリキー  若い金髪  若いが惡黨  若いと云うの  若い処女  若いよハハハハハ  若いのに詞  若い作家  若い課長  若い見習  若いのらくら  若い孤独  若い淑女  若いこと  若い上  若い乞食  若いせい  若いのに眼  若い画家  若いし一番  若い寡婦  若いおり  若い人夫  若い検事  若い杉  若い記者  若い配偶者  若い男神  若い白面  若い彼女  若い連中  若い信者  若いなめらか  若い身  若い馭者  若い駅長  若いチャック  若いチヤツク  若い医師  若いし負けているもの  若い漁夫  若い美貌  若い青年  若い芸者  若いのにいつまで  若い梟  若い社会主義者  若い将校  若いだけに途中  若いと言  若いと思ってちび  若い奥さん  若い百姓  若いが頭  若い女中  若い王子  若い白熊  若い神官  若い生命  若い水兵  若い頭  若い学者  若い志望  若いので何  若いものの勇気  若い気  若い異性  若い劇作家  若いというだけでも充分  若い嫁  若いをのこども  若いと同様  若いものの友達  若いとは言  若いところ  若い独身  若いものの善意  若い考古学者  若い尼  若い人達  若い佛  若い侯爵  若い者共  若いのに目標  若いのに目  若い馬  若い俳優  若い雛鳥  若い功名心  若い外国  若い職人  若い地主  若い小間使  若い盛り  若いながらも身分  若い犯人  若い指物師  若いのに頭  若いのに身代り  若い妓  若い女教師  若い亜米利加  若いといふこと  若い牧師  若い芭蕉  若い小姓  若いのに白髪  若い力  若いだけ巡査  若いという心配  若いと思われる署長  若い巨村  若いがこいつ  若い先生  若い詩人  若い給仕  若い後  若いながらも仕事  若い医員  若い若い  若い筈  若い命  若いのに名人  若いと来てるもん  若いのに漆黒  若いだけに我慢  若いのに何  若い癖  若いため  若い從  若いだけに別に  若い元気  若いまま  若い美人  若いやつの  若い綺麗  若い番頭  若い鶏  若い侍  若い師匠  若い蘆  若い雄鶏  若い柳  若い辯護  若い住職  若いだけに身  若い旅  若いくらいのお嬢さん  若いおかみさん  若い独身者  若い野郎  若い人間  若いので面白半分  若いのに色気  若いのにあれ  若い矢野  若いが容貌  若い役者  若い大工  若い音楽家  若いの同士  若い本願寺派  若い親分  若い下女  若い同士  若い同僚  若いおじいさん  若いもののロマン  若い敏感  若い柔軟  若い盲目  若い胸  若いながらわし  若い母親  若い士官  若い娘。  若い田舎  若いアルノー  若いとの差  若い少女  若いといいかねるよう  若い私  若い工夫  若い少年  若い芸術  若い血潮  若いのに似合  若い美術  若い母  若い櫨  若い勤労  若い夫人  若い老人  若い兵隊  若い修道司祭  若いハイカラ  若い暁  若い丸髷  若いだけに赤尾  若い美妓  若いきれいな  若い源氏  若いゴーリキイ  若い日本人  若い三条  若いという反対  若い甥  若い牝  若い微笑  若い英文学  若い弟子  若い光  若いだけに人前  若いしから  若い妾  若い院長  若い女手  若いが跡  若い女の子  若い木  若い看護婦  若い雌  若い無産  若い友人  若い皆様  若いロマンティスト  若い燕  若い古典  若いといふ表現  若い後進  若い彫刻家  若い生涯  若いだけの必然  若い圓朝  若い急進  若い学生  若い歴史学  若い文士  若いだけに覇気  若い姫  若いし金も  若い女子  若い労働者  若い嫂  若いと虚栄  若いと馬鹿  若い読書  若い女学生  若い店員  若いが感心  若い美  若い友  若い鳥  若い会社員  若いながらも神戸  若い英吉利  若い農夫  若いのに森有礼  若いのに金  若いのに乞食  若い後継者  若いインテリゲンチア  若い同志  若いし丈夫  若い兵士  若い水色  若いが人生  若い令嬢  若いのに早起き  若いが代議士  若い船医  若い警部  若い青少年  若い方々  若い死者  若い江戸  若い雷  若い情熱  若いジェネレエション  若い表情  若い様  若い純情  若い理学  若いので行く気  若いだけに度胸  若い夢  若いが江戸  若いが正直  若いだけに元気  



前後の言葉をピックアップ
若か  若鮎  若井  和解  わかい  若い衆  わかう  若う  若江  若尾


動詞をランダムでピックアップ
貧すりゃ押付けよなめずりねば取り掛りはたらけ曰い労う引渡しみつかり攻め立てれ哭する仕れねしずまっころがろりきま結びつけよ突き合わさ立ち直っ授けん
形容詞をランダムでピックアップ
薄暗くったらしかっ古めかしく塩辛かっこす懐かしながけれめでたかっ長たらしく遍から烈しい肌寒く疑わしかっいやしい怨めしい忌まわしき憎けりゃはかなきまっくろ喧し