「乾か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 乾か[動詞]
打水の乾か  日に乾か  きのこは乾か  水だけは決して乾か  ゴム糊の乾か  水の乾か  土もまだ乾か  衣は、いとど乾か  土も乾か  血潮もまだ乾か  涙がちょっとは乾か  髪はなお乾か  天気が悪くてよく乾か  筆も乾か  露が乾か  ペンキのまだ乾か  着物は未だ乾か  法衣も乾か  手へ、まだ乾か  根がまだ乾か  涙は乾か  心の乾か  着物が乾か  あとがまだ乾か  けさは薄く陰っているので、まだ乾か  ニチャニチャして乾か  あとが乾か  涙のまだ乾か  先でまだ乾か  墨の乾か  朝霜の乾か  露ぞ乾か  端が乾か  面はまだ乾か  絵の具が乾か  壁は、なかなか乾か  汗の乾か  血も乾か  壁も乾か  所は乾か  日を受けて、まだ乾か  物は乾か  泥湿未だ乾か  壁が乾か  具の乾か  路は乾か  泥濘はまだ乾か  容易に乾か  餡、乾か  きものが乾か  三月春泥容易に乾か  傘のまだ乾か  むねあたりで乾か  絵の具とが、まだ乾か  露は乾か  稲が乾か  根の乾か  朱肉も乾か  涙も乾か  露がまだ乾か  口の乾か  土はまだ乾か  



前後の言葉をピックアップ
    いぬ  往ぬ  犬目    戌亥  射抜い  乾徳山  乾電池


動詞をランダムでピックアップ
毳立ち凹め詣っ躙り寄っ持ち越さ回る吹雪く惚れこむねぶる詰めかける解け合っ狂するめざしまるめるほろぼせおもいなやむ懸り頼む効か
形容詞をランダムでピックアップ
柔らかい用心深かっあぶないわすれがたいおもおもしいがまん強く賑々しい馬鹿馬鹿しいいやらしい畏れ多いおもたき腹ぐろい忙しい酷しなまめかしい気ぜわし根強きしぶくっ寒き