「よろけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よろけ[動詞]
手前がよろけ  帆村はよろけ  手はよろけ  玄関によろけ  往来へとよろけ  淫売がよろけ  後によろけ  源吉はよろけ  腰が痛くてよろけ  店をよろけ  ジェーンがよろけ  テーブルまでよろけ  しろ向きによろけ  五枚向うへよろけ  しろへよろけ  そこへよろけ  威勢はよいがよろけ  やうによろけ  後ろへよろけ  踵をかまれてよろけ  綱に引かれて、よろけ  余つて前によろめき、よろけ  介はよろけ  悪戯者らしくよろけ  不意を喰って倒れんばかりによろけ  羽虫が沢山集ってぶっつかったりよろけ  物が、絡みついてよろけ  節がよろけ  横へ、フワリとよろけ  もの優しく、よろけ  よろけ此方へよろけ  後足を引きずって、よろけ  僕は思わずよろけ  竹村さんが来ていたのよ、はっと思ったら、よろけ  丸太梯子をよろけ  男はあつちへよろめきこつちへよろけ  二三歩後によろけ  ほうへよろけ  勝手へよろけ  宅助はふらりとよろけ  綱はよろけ  剣に引かれてよろけ  あとあしがいっぽんしびれていたので、よろよろとよろけ  そうによろけ  おろし、よろけ  幾度もよろよろとよろけ  イワーヌィチもよろけ  お喋りは、なぐられて、よろけ  中也はよろけ  あたりをよろけ  なかへよろけ  石につまずいてよろけ  山口はよろけ  これもよろけ  大袈裟にひよろけ  ようにふらふらとよろけ  空腹さを抱いてよろけ  ところへ、よろよろとよろけ  葉子は思わずよろけ  葉子は思わずふらふらとよろけ  葉子は、ぐらぐらとよろけ  葉子はふらふらとよろけ  スヴェンはよろけ  扉によろけ  上りかけて、またよろけ  景雲はよろけ  品は知りませんが、よろけ  むやみによろけ  とおりにおとなしくよろけ  片野さんは立ち上って、よろけ  壁際までよろけ  憂慮って、立とうとして、酔ってるからよろけ  挺して、少しよろけ  はずみに、よろけ  階子口でよろけ  二三人がよろよろとよろけ  足をよろけ  後ろによろけ  門口を出ると、よろけ  つて、よろけ  一ぱい積んでよろけ  彼はよろけ  七はよろけ  後方へよろけ  神尾主膳はよろよろとよろけ  はずみをくって、よろけ  風に圧せられてよろけ  内でよろけ  お前が来て、よろよろとよろけ  はしまでよろけ  所まで歩いて来て、よろけ  二三歩あとへよろけ  足がよろけ  ものかよろよろとよろけ  老婆はつまずいて、よろけ  久助へよろけ  首とを絡み合ってよろけ  ように、よろけ  から後家さんが、よろよろとよろけ  仰天して、よろよろよろけ  浅吉がまたよろよろとよろけ  浅吉がまたよろけ  巨体がよろけ  鼻緒が切れちゃって、よろけ  前へよろけ  硝子窓によろけ  ガラス窓によろけ  顏は青ざめ、ひよろけ  二人はよろけ  葉はよろけ  相手がよろけ  井戸側へよろけ  増田はよろけ  足踏みおかしく、よろよろとよろけ  お松はよろよろとよろけ  ために、ともすると、よろけ  集団となってよろけ  中へよろけ  そのまま突き放すと、よたとんがよろよろっとよろけ  法華寺門前までよろけ  上へ、よろけ  画の乱れたよろけ  彼は、思わずたゆたって、よろけ  重みでよろけ  途端に、よろよろして、よろけ  三足ばかりよろけ  彼がよろけ  自分たちはよろけ  とき、ひどくよろけ  動揺でまたよろけ  船があんなによろけ  中を、よろけ  壁へよろけ  草をぬいてやったり、よろけ  気持ちで、ふらふらとよろけ  ように黙って走って、ときどき躓いてはよろけ  前髪がよろけ  千鳥足でよろけ  体をよろけ  足許も定まらず、よろけ  彼女はよろけ  敷居に躓き、そのよろけ  風態をして、よろよろよろけ  方へよろけ  ひろ子は思わずよろけ  ごとに、よろけ  三本ばかり曲ったりよろけ  街路によろけ  拍子によろけ  中をよろけ  ツ倒れ、よろけ  ポストへよろけ  女はよろけ  児は、よろけ  顔をしてよろけ  外へよろけ  我知らずぐらぐらとひよろけ  中をひよろけ  大島少尉さへよろけ  門柱によろけ  男から男へとよろけ  露路をよろけ  時によろけ  草みたいによろけ  立縞をよろけ  客も立って踊り、よろけ  ボルティーコフがよろけ  縁をよろけ  町へよろけ  ちょっと、よろけ  フラフラとよろけ  図体がねじくれてよろけ  灯がよろけ  洗ひざれてはげちよろけ  こっちへよろけ  ヒョロヒョロとよろけ  嘉門はまたもよろけ  坊主がよろけ  富田は少しよろけ  漁夫がよろけ  せいか、よろけ  正子はよろけ  造作もなくよろけ  ショベルを持って、よろけ  三人、よろけ  酔いにまぎらせてよろけ  バーによろけ  庭石に躓いて一度よろけ  一度もよろけ  気狂いみたいにさけびながらよろけ  影がよろけ  立上ろうとしたが、よろけ  家にはよろけ  余りによろけ  虎蔵はよろけ  若い男はよろけ  端までよろけ  民は、よろけ  鉢にぶつかってよろけ  椅子からとびあがったが、よろよろとよろけ  

名詞

よろけ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
よろけの軍帽を横つ倒しにかぶり  よろけかかったのをふみ止って  よろけもしよう  よろけのしごき  よろけせかれながら  よろけの外套を脱いで  よろけの老人の外套は折り畳んだ  よろけ歩いていた  よろけかかつて腰をつき  よろけながら荷をひく  

~ よろけ[名詞]1
闇へよろけ  木綿縞に剥げつちよろけの  着古した禿げちよろけの  んも繰り返しながらよろけ  支柱によろけか  禿ちよろけに  かんざしを差したよろけながら  

~ よろけ[名詞]2

複合名詞
よろけ足  よろけ此方  よろけ縞  兼房よろけ縞  よろけ勝ち  よろけよろけブリッジ  一よろけ  よろけおとろ  よろけ乍ら  よろけ加減  



前後の言葉をピックアップ
余禄  ヨロク  与六  余録  余祿  よろけ  よろけよ  よろける  歓ば  慶ば


動詞をランダムでピックアップ
だしぬか届出飲みほし惑っ思ひ寄謝りたすける追いかけるはまっ読み比べたちむかう掬ぶかつぎこん詰み和がみせかける引き換えつま取り散らし鼓する
形容詞をランダムでピックアップ
酷しかっすくなよけりゃ痛いたしい喧しとおし善い腹ぐろいせつなきこうごうしく恐う青白かっふがいな美しいなかろめづらし冷たしみやす堆くはげしい