「よっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よっ[動詞]
方に近よっ  鏑矢を取ってつがえ、よっ  名によっ  文字によっ  恋によっ  方へよっ  から、ことによっ  ことによっ  モチよ、よっ  耳もとへよっ  ここへよっ  そばへよっ  詩形によっ  椅子によっ  これと似よっ  何だか似よっ  枝によっ  感化にもよっ  祭政一致主義、だけによっ  わきへよっ  足早によっ  身体がすううっとよっ  中でよっ  君の励ましによっ  感覚によっ  劇痛のよっ  席によっ  往ったかと思いよっ  お祖父さんは探しに往こうと思いよっ  皺がよっ  まま近よっ  口吻によっ  お手伝いしましょうか、とよっ  皺のよっ  医師たちがよっ  窓際によっ  これによっ  割当寄付によっ  僕たちが忍びよっ  すり足で近よっ  前にすすみよっ  こっちへよっ  一つとよっ  一人がずかずかとよっ  事によっ  んだよっ  切り加減なぞをよっ  五銭だから、よっ  輸入製品によっ  日が射し込んで来よっ  楽しみやと考えよっ  問題を起しよっ  よう活躍しよっ  あいつ村口多鶴子に頼まれよっ  方法によっ  んだから、よっ  密接しているので、ことによっ  相手によっ  肩へよっ  ところへ歩きよっ  猫が来よっ  左側へよっ  葉裏に這いよっ  埒へとよっ  茶店へよっ  理由によっ  富国強兵政策によっ  仏教思想によっ  増税のよっ  作家気質によっ  からによっ  本屋によっ  家によっ  手元へよっ  それに似よっ  側へよっ  虐待しよっ  油を嘗めよっ  自然にいよいよ似よっ  門附けなんかしてもつまらんと思って止めよっ  経済的考慮によっ  西洋戦史によっ  傍へよっ  不可抗力によっ  名声とによっ  あれことによっ  前へ進みよっ  事柄によっ  方に進みよっ  上によっ  下によっ  助けと、這いよっ  氷見役一同、ことによっ  ときから、ことによっ  中間部屋へよっ  三十石で上ってきよっ  死神が舞いこんできよっ  世相のよっ  男が近よっ  方に駈けよっ  几によっ  しずかに這いよっ  馬鹿はしなかろうとは思いますが、ことによっ  ちょっと顔を見によっ  勧めによっ  絶え絶えに駈けよっ  主人もことによっ  時、ことによっ  岸近く流れよっ  体をよっ  姿勢で、よっ  送話口へ一層近よっ  部屋へでもよっ  ところへよっ  買物をどっさりよっ  店へよっ  コラムが近よっ  そばへもよっ  蔭へよっ  しろへよっ  1904)によっ  マドンナもよっ  気が向いたらよっ  事務所へよっ  下へ駈けよっ  綱も駆けよっ  傍へ近よっ  新聞広告で知り、ことによっ  ところへ駈けよっ  ことと次第によっ  趣味によっ  件とともに、そのよっ  速記本によっ  お茶によっ  ようだったら知らしてあげるから、ことによっ  意志によっ  幹によっ  木によっ  窓へ近よっ  近くにすすみよっ  国家をあやうくしよっ  わからんが、とにかく、めんどうくさくなりよっ  株内やぬかして、引っ張って来よっ  今俺とこへ来よっ  勘が引受けよっ  死によっ  往生しよっ  勘が何もかも引き受けよっ  矛盾のよっ  伊右衛門は駈けよっ  八角に成りよっ  郵便局へよっ  心も、よっ  酒によっ  そばへはよっ  風俗によっ  そばに進みよっ  とき自分に群がりよっ  ところへ駆けよっ  から、よっ  ズカズカとよっ  主題とによっ  協力によっ  居酒屋へよっ  うちへよっ  食べ物によっ  そばへ近よっ  チビスにかかりよっ  おばはんとうとう出て行きよっ  とこイ連れて行きよっ  山滝村イ預けよっ  喜びイ、とうとう追いだされよっ  方に駆けよっ  ぼくたちを見るといきなり駆けよっ  憲兵がこしらえたらしいと云いよっ  人によっ  しろに近よっ  榻へよっ  さっき近よっ  柱によっ  方へ遮二無二に馳せよっ  人がおおぜいよっ  方へ近よっ  上り、こっそり忍びよっ  安積にはよっ  都合でよっ  まわりに近よっ  城壁下まで忍びよっ  小此木さんによっ  かなり苦にならない、あさかには一寸よっ  人に近よっ  技術にのみよっ  材料によっ  彼一人の力によっ  面白いもので、次第によっ  意見しよっ  五ヵ年計画によっ  ようなてつづきによっ  豚を飼って、ことによっ  いどころによっ  緊縮政策によっ  点まで似よっ  眼が互に近よっ  財産によっ  髪の毛がふさふさと生えよっ  島へよっ  対象にひたひたとよっ  そばによっ  くそばへ近よっ  ボートへよっ  そばへ駈けよっ  奴をよっ  こと、よっ  何によっ  古本屋によっ  手によっ  文学的範疇によっ  あみんなよっ  躍進地帯になって来よっ  ヘルマン大佐につかまるよっ  急所をそろそろとうかがいよっ  自分と似よっ  距離に進みよっ  一本流れよっ  社へ立ちよっ  作衛から私に云いよっ  逼いよっ  法によっ  いが事によっ  方に窺いよっ  宮子が言いよっ  側へ近よっ  量的輸出によっ  わるあがきによっ  ふちに近よっ  荒物屋へよっ  ほうへと忍びよっ  事はよっ  所をよっ  場合によっ  編纂ものによっ  少年がよっ  廻りに近よっ  禍のよっ  文献解釈によっ  口ことわっとかにゃ悪いと思うて、待ちよっ  方に、ジリジリと這いよっ  遊びに往きよっ  醤油屋が儲けよっ  連うて行きよっ  考えが違うてきよっ  電話よこしよっ  もんか調べてくれと置いて行きよっ  ょっこひょっこ歩きよっ  息子も甘酸っぱく怒って、ことによっ  松によっ  手段によっ  報告も似ったりよっ  恋心によっ  匍いよっ  新風によっ  羽目へよっ  日も、似よっ  皆似よっ  大分年がよっ  戯曲によっ  裏にぴったりよっ  家も近し、似よっ  支持によっ  展開する、そのよっ  顔で考えこんでいるので、ことによっ  老師に詰めよっ  匐いよっ  邦訳によっ  汽船でかならずよっ  二人が近よっ  好みによっ  皆がよっ  柵によっ  手でよっ  人相書きによっ  ぐでんぐでんによっ  仮面を脱ぎよっ  動議によっ  三人はよっ  テーブルによっ  江戸近く、次第によっ  友達とよっ  机に近よっ  切戸へ忍びよっ  数時間立ちよっ  幾匹もよっ  大丸へよっ  枕許に近よっ  一人かべによっ  ドアによっ  まわりに駈けよっ  火の手が忍びよっ  それで駈けよっ  杜は近よっ  影響によっ  主張によっ  もっともっと近よっ  二つを組合わせると、ことによっ  侍さんとは違って、ことによっ  のだろう、ことによっ  上へ近よっ  薬屋へよっ  稍坤によっ  書によっ  切れ味、ことによっ  ことは届くよっ  にわかに近よっ  書物によっ  下手によっ  ベーコンによっ  紙撚をよっ  計画によっ  なにをしよっ  傍に駆けよっ  枕頭に馳せよっ  さっき邸を出てゆっきよっ  車を盗みよっ  蠅男が入りよっ  奥へよっ  蠅男を捕えよっ  舌を噛みよっ  左へよっ  フランス文学によっ  ハゲ天へ立ちよっ  うちに近よっ  それはことによっ  私に詰めよっ  奇蹟的幸運によっ  註文を出しよっ  お前さんも、ことによっ  参詣を致し、ことによっ  方、ことによっ  返答によっ  御免だ、ことによっ  新聞を見て来よっ  場所へ近よっ  事情によっ  ロシア魂にぴったりよっ  息づかいが近よっ  原図によっ  方がよっ  方へいきよっ  糸店によっ  附木店によっ  世間的通解によっ  伝統詩形によっ  椅子に近よっ  ことも、そのよっ  都合によっ  両親によっ  アンタが話しよっ  前に近よっ  鐘に近よっ  ことを考えよっ  巧いこと考えよっ  年はそうよっ  から事によっ  陳述によっ  警察犯処罰令によっ  側に近よっ  卿の駈けよっ  二抱えも持って逃げよっ  ぼくたちが近よっ  もっと左側へよっ  恐竜はよっ  心理状態と似よっ  いるかどうか、よっ  内へ来よっ  建物へ忍びよっ  藤夜叉、よっ  妾に言いよっ  色をして這いよっ  用心しいしい近よっ  銀河をよっ  磯へ近よっ  人物にもよっ  山崎譲がよっ  女たちがよっ  苦悩とによっ  塩で茹で、持って来よっ  息の根の止まるまで喰い付いて来よっ  ズバリズバリ云いよっ  地道に行きよっ  チウて笑いよっ  診察するち云いよっ  この間自分で云いよっ  ば放きよっ  時計バッカリ見よっ  上へ引き戻し引き戻ししよっ  馳けよっ  杭によっ  不思議に思いよっ  しずかに近よっ  そこにありましたので、駆けよっ  皆でよっ  負傷のよっ  枕もとへ這いよっ  水路によっ  一番右によっ  傍に近よっ  側によっ  ところに、駈けよっ  池のくいによっ  よそにやりよっ  弟直義に、よっ  一枚ぐれえ次第によっ  巣立ちじゃねえか、よっ  ところだから、よっ  例によっ  目をつけて、言いよっ  清二が生れよっ  直次がよう稼いでくれよっ  河岸に漂いよっ  つや子はんがしらべに行きよっ  先度ゆきよっ  去年から、大さわぎしよっ  堰は切れよっ  水がひきよっ  福島へよっ  家へよっ  街道ばたへよっ  それがさせられよっ  往ったというよっ  覚えがないというよっ  笑窪のよっ  参考書によっ  苦のよっ  雀に忍びよっ  ものによっ  私めがけてよっ  雲霧は這いよっ  死骸によっ  武力によっ  尽力によっ  紹介によっ  取次によっ  外へ窺いよっ  先を争いながら進みよっ  家に立ちよっ  お酒によっ  度胆を抜かれよっ  生命力によっ  リポートによっ  路傍に立ちよっ  支那式によっ  配給をもらいによっ  傍によっ  年甲斐もなく、少々食べよっ  一坪店を見によっ  二人でお互によっ  妙ちゃんがよっ  学者がよっ  命によっ  所へよっ  人間がよっ  方へジリジリと詰めよっ  ソロソロ近よっ  脇息によっ  経過を考えてみるとなんだか似よっ  小皺のよっ  ソッと忍びよっ  標準によっ  さっち、そぎゃん、困らせよっ  蓮根も食いよっ  もの食いよっ  何ばしよっ  ツ売れよっ  ろう云いよっ  よう売らな腐る云いよっ  西へよっ  四方から流れよっ  半信半疑に近よっ  ひろ子は、思わずよっ  一般相対性理論によっ  ウェーランドによっ  中津によっ  方へすすみよっ  こちらへ近よっ  襖に忍びよっ  方から流れよっ  秋蘭を追っかけていきよっ  声をかけてすでに近よっ  視覚によっ  日本訳によっ  伝説などによっ  琳琅閣へよっ  損をしよっ  子供がおおぜいよっ  びっくりして駈けよっ  さのよっ  皆様、ずっと近よっ  物によっ  家へ立ちよっ  そばに這いよっ  山崎に詰めよっ  木谷に詰めよっ  ダンナもよっ  繩をよっ  芽をふきよっ  博士コハクに詰めよっ  物が流れよっ  飯を食いに来たりもしていたが、よっ  ようによっ  声を沈めて、いざりよっ  のだから、ことによっ  方へじりじりよっ  浦戸に近よっ  歴史によっ  伸子は、漂いよっ  保であったら、すぐよっ  ガラス窓へよっ  動坂へよっ  友達がよっ  腕によっ  落ち目になると、よっ  話をして見よう、ことによっ  旧暦によっ  一緒に寝よっ  触感によっ  膨脹によっ  金さんがよっ  東によっ  ちょっと宅へよっ  方が、よっ  えんがわへよっ  勇によっ  関係によっ  しみ/″\あやまってやれ、ことによっ  時間とによっ  森へ近よっ  位北によっ  傍にこわごわ近よっ  窓下に忍びよっ  距離がかなり近よっ  村人が、この近よっ  二十センチどっちかへよっ  六ヶ所に現れよっ  事由によっ  一手段によっ  海によっ  直感によっ  スとよっ  自動車がよっ  ところだけをよっ  麻縄をよっ  栄さんがよっ  不二家へよっ  隅によっ  中心によっ  高野へよっ  片側へよっ  ところに一寸よっ  ついでによっ  わたしはことによっ  わたし、ことによっ  実測によっ  談話によっ  眉根によっ  林町へよっ  熱烈にとびかえり、ぴったりとよっ  チヤホヤのよっ  伊東やへよっ  人がよっ  徳さんは折々よっ  訪問したとか云って一寸よっ  それから丸善へよっ  まさ子さんがかえりによっ  文学的プログラムによっ  左によっ  エンジンをぴたりととめ、よっ  そばへ、そろそろと、よっ  扉に近よっ  近くへよっ  姿勢でよっ  目にあわせよっ  前に進みよっ  切断しよっ  飾窓へよっ  そばちかくよっ  一歩かれに近よっ  音で、しいて似よっ  大変互に似よっ  文学精神によっ  のも、またよっ  手数によっ  分別がさらにないので、よっ  都合らしく、よっ  左程よっ  者もよっ  心によっ  案内しよっ  道にまよわしよっ  西風が吹きだしたと云いよっ  心がまえに近よっ  ところに流れよっ  ように近よっ  水夫たちが駈けよっ  陸地によっ  こちらに近よっ  雪けむりを立てて駈けよっ  家臣団に忍びよっ  偶然によっ  ちょっと東へよっ  トゥウェルスカヤ六十八番とへよっ  まわりへよっ  背後にそっと近よっ  綱をよっ  事とは、存外似よっ  戸口へ立ちよっ  紙縒をよっ  渋峠から東南によっ  遺伝によっ  はなしをしてもらえるだろうし、ことによっ  分析にのみよっ  あまい水に、よっ  しわがよっ  研究所をめがけて、じりじりと忍びよっ  前に忍びよっ  人達がよっ  たきを繁くしながらよっ  千世子によっ  様によっ  野原なんかに出かけて行ってよっ  泉山蔵相がよっ  消極性によっ  だんだんそばへよっ  因縁によっ  垣によっ  小走りによっ  電車によっ  背後から駆けよっ  しわのよっ  糸をよっ  めがねをよっ  意気地なしが出来よっ  からことによっ  一仕事しよっ  飯を食べさせるったら、喜んでついで来よっ  義務心によっ  名ではあるが、似よっ  一件か、それとも、ことによっ  こいつ、ことによっ  菓子屋へよっ  珈琲を飲みによっ  わきにいざりよっ  機智考案によっ  命をよっ  オヤいつ傍へよっ  彼が近よっ  調書によっ  言葉をかけても、また近よっ  近く柱によっ  人のよっ  サア事によっ  起り方に甚だ似よっ  必要と、よっ  うまやへよっ  殆どすべてが、ことによっ  性質のよっ  使いを立てなされよっ  何者も近よっ  日本海へ近よっ  だんだん近よっ  裾によっ  御名によっ  縁に忍びよっ  紀伊国屋へよっ  門によっ  父さんが待ってるよっ  俊三がよっ  あんたも、よっ  恭ちゃんと二人で行っちまうよっ  昔から似よっ  皆な出来た云いよっ  谷元はまだ残っとると云いよっ  ほかを受ける云いよっ  それに応じて、どやどやと駈けよっ  われを忘れて駈けよっ  先へよっ  試合だよっ  逃げはしないよっ  差別のよっ  浮気しよっ  入江へ漕ぎよっ  何だったね、とよっ  憑物がしよっ  小机によっ  さん、と駆けよっ  懐中勘定によっ  帰りによっ  ホールも、おくればせに近よっ  ように、よっ  ロス大佐は進みよっ  肌に這いよっ  そばへいざりよっ  上に忍びよっ  示教によっ  法則によっ  北極に近よっ  性質によっ  胸によっ  鳥取へ行きよっ  つんで行きよっ  人種は、ことによっ  彼は思わず這いよっ  史的唯物論によっ  両手でだきとめよっ  アミ笠をとりよっ  ところへ、進みよっ  ヒサを見そめて言いよっ  方によっ  二階によっ  建具によっ  言い伝えによっ  虎が起き上がらないので、いぶかしく思いながら近よっ  こととしだいによっ  こっちへ流れよっ  帰国と同時に起こりよっ  ダンサーがよっ  方から惚れて来よっ  不意ににっこりと笑いながら近よっ  言葉によっ  野郎にもよっ  あらしあるとみえて、もよっ  参ろうと、ことによっ  前へ回ってよっ  ますから、よっ  人の力のみによっ  高手小手にいましめながら、せせら笑いわらい近よっ  虫干しになるか、よっ  引返やいて来よっ  身近くに歩きよっ  お隣へよっ  おつもりで、よっ  様子によっ  らいによっ  事としだいによっ  返事しだいによっ  お客のよっ  やつが来よっ  事のしだいによっ  ところによっ  んですが、ことによっ  会釈しながら近よっ  返答しだいによっ  とり方によっ  彫り師によっ  視覚にのみよっ  右側に擦りよっ  坂で云いよっ  笑顔でよっ  手法によっ  上陸して来よっ  前へよっ  大人がよっ  強制的引上によっ  競争によっ  真暗からジワジワと忍びよっ  今まで、延ばしよっ  端によっ  刺青をまくって見せよっ  時をよっ  按配に煮えて来よっ  者が来よっ  こと考えよっ  がやがや排斥さらしよっ  巧いこと言いよっ  伝統によっ  机によっ  机にしっかりよっ  来の見えるまどによっ  壁によっ  独り机によっ  鷲が飛びよっ  上を飛びよっ  小声でよっ  どことかとへよっ  内外をあまねく眺め、よっ  てっちゃんがよっ  それから文房堂へよっ  聴診器をもってよっ  様子ききがてら、よっ  ものそのものについても、もうすこし深くながめると、そのよっ  あなたに近よっ  原因のよっ  三省堂へよっ  かいによっ  あれにかぎって、いくらよっ  ぼうきれを持ってよっ  むじなにばかされないにしても、よっ  ぶんもよっ  おれもよっ  ことだし、ことによっ  もっと家へよっ  しょうが、よっ  文具やへよっ  下駄やへよっ  そちらへは、つい、もたれよっ  もっと先へよっ  しろへ這いよっ  五官によっ  形式によっ  場所によっ  感じの似よっ  様式によっ  家をよっ  愕いて駈けよっ  事を、よっ  次手によっ  素人によっ  好意によっ  白米一俵とりにきよっ  洗濯もんの騒ぎしよっ  喰べさせよっ  山によっ  ボイラーによっ  戸へよっ  徐ろに進みよっ  仕儀によっ  うそばへよっ  声に近よっ  側らに擦りよっ  城によっ  ゼヒ立ちよっ  ふちへよろめきよっ  私は、いそいで駈けよっ  巡査、駈けよっ  これはことによっ  不幸が忍びよっ  何をしよっ  薄闇の這いよっ  心持のよっ  恋愛教科書によっ  事を話しよっ  評判になりよっ  得意で話しよっ  自殺しよっ  何も聞かんと云いよっ  ほうへよっ  



前後の言葉をピックアップ
余丁  よちよち  ヨチヨチアルカセテユクト  ヨヂュムチンキ  ヨヂューム  因っ  酔っ  縁っ  寄っ  撚っ


動詞をランダムでピックアップ
捨て置け便り任そつかれ果てわくやり返し掻き立て跨れ絶やそ勤め現さつくばっあれる産めよ振り払っ飛離れよ浮上がら有すれ感じとりみわたせ
形容詞をランダムでピックアップ
早から篤うむつまじく黄色いとぼしわすれがたくねたいもどかしくうすう怖けれ可愛らしく気づよい心無くいたいたしく得難くあかるわかく長閑け遠き