「み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ み[動詞]
海水浴場に行ってみ  腕うちくみてみ  世俗にみ  一般からみ  景気をつけてみ  空景気をつけてみ  頃合ひをみ  渚にでてみ  そらのひかりのきはみ  さくらばなけむりかざせば、やるせなみ  うち訝しみ  池峯山巓石絨脈なまぬるみ  聖衆を遠み  唐黍焼きはみ  秋を恐み  研究してみ  方をみ  憤慨してみ  赫怒してみ  感心してみ  刑罰を科してみ  理屈どおりやってみ  説明してみ  法を考えてみ  裁判官にもしばしばたずねてみ  法律とを思いくらべてみ  説を聞いてみ  方面から話してみ  客観的にみ  審査してみ  問題を考えてみ  ものをみ  ところをみ  簡単に考えてみ  事実をみ  鳥渡想像してみ  脛をみ  牛乳を凍らしてみ  行方を探ってみ  意見を叩いてみ  一度上ってみ  手にとってみ  一階なりをすかしてみ  二階へ降りてみ  博士を抱き起してみ  所員について一々ただしてはみ  のかと思いかえしてもみ  室ぬちとみ  小店さき、しとみ  斎はやるせなみ  雪やみ  怪談劇を書いてみ  上演してみ  色揚げしてみ  就て考へてみ  づ絶対にないとみ  やうにみ  文句を使ってみ  んだぞ、是非見てみ  蒼穹抜きにしてみ  肌に浸み  ハンドバッグを開いてみ  啓ちゃんに聞いてみ  啓吉に訊いてみ  もの持ってみ  結婚してみ  四行目から読んでみ  一つ聞いてみ  ゴネリルからいってみ  はいッ、そのくらいで、少し書取りでもしてみ  節穴から覗いてみ  脚をむしってみ  ところを、そっと嗅いでみ  小走りに追ってみ  一ツを捻ってみ  スイッチを捻ってみ  あっちこっち捻ってみ  学校から早く帰ってみ  自分も聞いてみ  寒い顔を片づけてみたり、取乱してみ  ふうにみ  人と比べてみ  ものとして話してみ  ようにみ  比較してみ  ことを聞いてみ  それはやってみ  ことをやってみ  今ちょっと考えてみ  反省してみ  ものは実際にやってみ  それは実際にやってみ  態度でみ  それならばそうしなければよかったかと考えてみ  ようでありますけれども、よく考えてみ  理性でみ  ことはみ  例をあげてみ  実相をみ  ことを考えてみ  想像してみ  ほうからみ  まことにみ  財布をはたいてみ  銭がなく、寝てみ  眼をみ  何でもしてみ  雑誌をみ  場合を考へてみ  婆さんか、と想ってみ  今までそんなにまとまって持ってみ  自分に尋ねてみ  年をとってみ  時代を思い出してみ  人にも交わってみ  私はいろいろと思い出してみ  透き間から中をのぞいてみ  茶がまをたたいてみ  手に取って、なでてみたり、たたいてみ  底をかえしてみ  点からみ  夢から無理に醒めてはみ  一致をみ  顧りみ  通つてみ  空をとんでみ  分析してみ  緒口をきってみ  素性をさぐってみ  大原夫人のかたみ  口ではそう言ってみ  貧乏してみ  デヴィルド・クラブを食ってみ  海へはいって泳いでみ  亡き人のかたみ  中頃に、み  ねこたれがみ  上にみ  念仏してみ  月をみ  顔をうつしてみ  退治してみ  外国商館を取調べてみ  原っぱへ来てみ  勝太は沁んみ  やつてみ  夢をみ  指に嵌めかけてみ  目方を考へてみ  思つて諦めてみ  存分泣いてみ  内部に立ち入ってみ  つた、戻つてみ  初耳です、もちろんみ  風をみ  人がかへりみ  街へ出てみ  川へいってみ  洋介はきいてみ  グラヴを捜してみ  イメージに重ねてみ  手にはめてみ  恵理子にきいてみ  試合をしてみ  どこかへ寄ってみ  提案をしてみ  父に言ってみ  彼に言ってみ  あたりを歩いてみ  町へいってみ  のか、一度見てみ  実家へいってみ  ほうれん草を食べてみ  絵に描いてみ  ドアを開いてのぞいてみ  競争をしてみ  百メートルを泳いでみ  手をつないでみ  練習してみ  それをしてみ  中沢にきいてみ  祐一はきいてみ  バッグから出してみ  顔のまえにかかげてみ  Tシャツを着てみ  一度だけ着てみ  上に着てみ  部屋に入ってみ  二日目にいってみ  そこへいってみ  海へいってみ  バスに乗ってみ  バスでいってみ  観察してみ  映画館へいってみ  確認してみ  正面からむき合ってみ  思いをめぐらせてみ  市営プールへいってみ  なかを歩いてみ  空を仰いでみ  文房具売場へいってみ  廊下に出てみ  愛ちゃんも誘ってみ  邦子はきいてみ  邦子は登ってみ  邦子はいってみ  そこへ降りて歩きまわってもみ  母親にきいてみ  おばさんにきいてみ  どんどんのばしてみ  実家から援助があるみ  露天風呂には入ってみ  バスを見てみ  ところへ行ってみ  声で言ってみ  耳をすましてみ  もの、気取って書いてみ  日記を読みかえしてみ  ゆっくり話合ってみ  交換してみ  もっと深くつき合ってみ  事でも書いてみ  まじめに考えてみ  作品も、少し読んでみ  ようにやってみ  ちょっと受けてみ  遊びに来たので、ひいてみ  ちょっと覗いてみ  勉強をしてみ  家出してみ  勉強してみ  どこを歩いてみ  町へ行ってみ  撞球場にはいってみ  演劇ひとつに打ち込んでみ  度を、すすめてみ  僕も読んでみ  話頭を転じてみ  ようにして呟いてみ  ようにして聞いてみ  三度もひらいてみ  練習を少しやってみ  緊褌一番をうながしてみ  ノックしてみ  ちょっと威張ってみ  ざっと黙読してみ  相談に行ってみ  率直に言ってみ  学校へ出てみ  支度部屋へ立寄ってみ  自分で食べてためしてみ  寄りしてみ  斎藤先生のものなど色々やってみ  病院へ行ってみ  散文詩などを書いてみ  鏡をみ  下谷へ行ってみ  心に浸み  耽読してみ  描写を味わってみ  黒人上りかとも思ってみ  物を食べさせたり、種々してみ  答案をぬすみみ  関係があるかと考えてみ  眼瞼をひっくりかえしてみ  ところを押してみ  へそを押してみ  ものか食べてみ  竹どん、おきみ  前後も知らずお寝みになる、又召上がらねば少しもお寝み  恵比須講の商いみ  裾にしがみ  弁当屋から弁当を入れさせてみ  翻転するをみ  めがみ  鈍と嘲み  眠る人こそ善けれ、み  床に、み  鳥のふりみ  神寂びたるに畏み  色は蒼み  嚢にみ  路遠み  行つてみ  方へ引返してみ  一つ一つ調べてみ  皆さんに聞いてみ  ことをみ  自分にきいてみ  数においてみ  第三者として考えてみ  文章をみ  天とともに、仰ぎみ  のをみ  ところへ降りて行ってみ  境内へ行ってみ  やをら浸み  色蒼み  身に反み  生活ではあつたが、かへりみ  境地におちついて、かへりみ  それきり行ってみ  私は早速たずねてみ  物憎い痒み  生活、かへりみ  身体を触ってみ  辺を触ってみ  入口を覗いてみ  焦点を合わせてみ  頭髪に触れてみ  いるかどうかを、尋ねてみ  楼上へ出てみ  顔ばかりみ  俳句がやってみ  忠実に書いてみ  議会図書館にもまだみ  心臓音を聞いてみ  四か所胸にあてがってみ  再読してみ  僕は努めてはみ  決心してみ  面倒をみ  突破して振舞おうとしてみ  面白い結果がみ  言ひ出してみ  試みをしてみ  尿をしらべてみ  ひと通り、開けてみ  肩にのせてみ  数へてみ  思ひ出してみ  名品比べをしてみ  扁桃油を用いてみ  性質をみ  書くことがあろうなどとは想ってみ  先で伸ばしてみ  気がついてみ  今からそれを思ってみ  日本の歴史を辿ってみ  諸君に示してみ  回顧してみ  浦をはるけみ  鏡を覗いてみ  後悔してみ  王位についてみ  高手小手に縛りあげてみ  虫であるが、怒ってみ  いるかと考えてみ  試みに使ってみ  それも訊いてみ  辛抱もしてみ  から上つてみ  行つて、きいてみ  それをいえるだけ申し上げてみ  部屋へよんで訊いてみ  二日間ぐらゐは心当りを探してみ  喫茶店も廻つてみ  今考えてみ  しなやかな柔かみ  ひと晩に咲かせてみ  出席してみ  実行してみ  同情をもってみ  構造を尋ねてみ  新聞記事を写し取ってみ  幾度も読んでみ  活字をだけ読んでみ  ものはないかとしきりに考えてみ  のではないかと思ってみ  検べてみ  手から紅色ダイヤを奪ったかを考えてみ  それと比べてみ  大空を仰いでみ  へんをさすつてみ  人達を呼んで、捜してみ  袴をといてみ  中はいつ行ってみ  あらはし、行きてみ  齒がみ  人に頼んでみ  談じてみ  めをみ  ところに腰かけてみ  層にほど強く浸み  顔とを、並べてみ  襟がみ  歯がみ  臭気についてたずねてみ  スズキなんかいくらつってみ  おもりをひらいてみ  観測してまわってみ  研究をつづけてみ  上につらねてみ  爆撃をみ  眼にあててみ  それとわかってみ  上、立ちあがって争ってみ  ふんがいしてみ  返事をしてみ  こっちをじろじろみ  三千夫君にも聞いてみ  相談してみ  これをじっとみ  ロロー殿下をはだかにしてみ  から言つてみ  つた水をあけてみ  手を握つてみ  映画をみ  行つてみたいな、さう考へて、歩いてみ  学校へ行くべきであったと今更嘆いてみ  筆者も色々調べてみ  按吉をみ  孔をのぞいてみ  あとをかぞえてみ  のだろうかと考えてみ  作文をみ  障害をみ  二三回振ってみ  明らかにしてみ  発表してみ  心持ちを考えてみ  村里を問合せてみ  重要にみ  お互いに話し合ってみ  もう一度尋ねてみ  のか考えてみ  ものとみ  ヨンドリ棒については言ってみ  言葉ともみ  研究を始めてみ  否かを調べてみ  のではないかと疑ってみ  思つてみ  たくさん丸善に来てゐるから、読んでみ  ことがしてみ  女とみ  心の問題としてきいてみ  ことなど考えてもみ  りくだって頭を廻してみ  妹は、振り返ってみ  そこにいてみ  頭を振り返らせてみ  食いものについて考えてみ  なんだって立ちどまって、きょろきょろみ  そばまで行ってみ  味がするか、ためしてみ  たかどうだか、み  ことであり、考えてみ  肌のぬくみ  こみちにうかみ  やみにうかみ  あなたをみ  二見台へのぼってみ  封筒をそっとあけてみ  気味がわるくなったので、きいてみ  中をのぞいてみ  中からこっちをじろじろみ  ように息ぐるしがってみ  あっちへ行ってみ  穴を掘ってみ  不愉快を考えてみ  こっちをみ  ポケットをさぐってみ  ポケットから出してみ  話をしてみ  教室へ入ってみ  顔にやってみ  足をみ  入場してみ  尻尾を振ってみ  天井にぶつけてみ  影響を及ぼすかを調べてみ  ことばで話しかけてみ  風に荒されたと考えてみ  風にひろがるか、考えてみ  盛岡へ着いてみ  交番まで辿りついてきいてみ  中をたずねて行ってみ  硝子戸をあけてみ  から一晩だけ泊めてもらえないかと頼んでみ  わけには行かないからと頼んでみ  ゆっくりお寝み  夢ではなかったかと思いみ  往ってみ  力を入れて押してみ  百枚ちかくなって、読みかえしてみ  机にむかって坐ってみ  方に少しふり向けてみ  上清逸にはよく考えてみ  顔を埋めてみ  清逸はいってみ  方に激しく振り向けてみ  調節してみ  いつ来てみ  まり何か言い足そうとも思ってみ  処にいって暴れてみ  何に役立つかを考えてみ  それをおみ  何んとかするといってみ  幾度となくとめてみ  純次にこう尋ねてみ  外を覗いてみ  家に帰ってみ  一まわり歩いてみ  肩に感じてみ  窃みみ  ものと始めて寝てみ  教室に出てみ  柿江がかつて触れてみ  大急ぎで思いだしてみ  白官舎のものたちの思わくを考えてみ  立場を省みてみ  んだが、行ってみ  無遠慮に出かけてみ  発声蓄音機を組立ててみ  ところを読み辿ってみ  家でうんと考えてみ  著書があるかをさえ調べてみ  一度に思い起してみ  それを撫でてみ  おばさんでも頼んでみ  明るみにすかしてみ  寝顔をふりかえってみ  多様を今更ながら恐ろしく思いやってみ  前に坐ってみ  芯をねじり上げてみ  身なりをも調べてみ  のかと考えてもみ  齢を聞いてみ  おばさんに打ちだしてみ  下においてみ  苦しみとを考えてみ  ことをしてみ  現在触ってみ  手紙を取り上げてみ  日附を調べてみ  一通を取り上げてみ  ことも考えてみ  手紙を取りだしてみ  もう一度思い落しはないかと考えてみ  それに引きかえて、ずっと見廻わしてみ  容赦なく解剖してもみ  ことを思い浮べてみ  茶碗を握りしめてみ  鞭ってみ  それを開けてみ  引開けてみ  お座なりに勧めてみ  接穂がないので尋ねてみ  腰を下してみ  澄してみ  彼女はまた考え直してもみ  から面白いので、み  から、いろいろ考えてみ  たまに行ってみ  拝見してみ  傍から辰代も勧めてみ  工合を尋ねてみ  問題を尋ねてみ  中村さんに聞いてみ  診察してみ  医者にみ  二三度やってみ  彼女は尋ねてみ  彼女は云い出してみ  機会を窺ってみ  何気なく尋ねてみ  静に尋ねてみ  澄子は堪えきれなくなって、おずおず呼んでみ  のにみ  ことを述べてみ  口笛をふいてみ  友人にあたつてみ  就職運動をしてみ  神さんに聞いてみ  一緒にいって探してみ  娯楽などにうきみ  それから裏返しにしてみ  ひとつ縫いつけてみ  ペトローヴィッチとかれこれ話してみ  脈をとってみ  声に出して繰り返してみ  虚妄をみ  下に陥りてみ  終焉をみ  私の振り返ってみ  さになみ  ひなやみ  鑿心抄秋ふかみ  お願いしてみ  慣例に照らしあわせてみ  辛抱して読んでみ  是非、調べてみ  仕方とを考えてみ  加減乗除してみ  ものを使ってみ  関係さしてみ  趨ってみ  身体を撫で廻してみ  程度に達してみ  光をうけ止めてみ  涙が浸み  手紙を開いてみ  面倒までもみ  音もなく浸み  消息も調べてみ  夫人を見返してみ  まぐろのさしみ  微笑らしい明み  学者に聴いてみ  補足を付け加えてみ  心理的に考えてみ  腹に盛ってみ  方面からこれを覗いてみ  投げやりに思ってもみ  人格について論じてみ  周囲に向けてみ  関係を考えてみ  関係について考えてみ  話も聞いてみ  理論も読んでみ  批判とを加えてもみ  対話を読みてみ  技をためしてみ  微笑してみ  眼をつぶってみ  変装してみ  主人公を出してみ  ゆうべ私は、つくづく考えてみ  行く末をためしてみ  街を行きつ戻りつ歩いてみ  眉を上げて吃っとなってみ  旅行して暫く落ちついてみ  家系についてきいてみ  それをやってみ  現象がみ  大会にかけてみ  問題にもふれてみ  枕がみ  簪を出してみ  あなたなら好いがと思って、あがってみ  人相はみ  包括して怠み  聲耳にみ  づれて川を埋み  ものは富めるをたふとみ  兩三返を申してやみ  依頼で訳してみ  振り反ってみ  おうとしてみ  眼鏡を支えようとしてみ  ンとやってみ  うえから一思いに切ってみ  家へ呼んで聞いてみ  老人は聞いてみ  もっと真面目に考えてみ  紹介してみ  本人に聞いてみ  制度をどうしてみ  姓を訊いてみ  近村を尋ねてみ  兄に訊いてみ  もう一度考え直してみ  部屋へ帰ってお寝み  ところへ、いってみ  うちに、急いでいってみ  そこまでいってみ  続きを浮べてみ  女にいつてみ  上からソッと触ってみ  処をきいて、探してみ  言葉を尽して頼んでみ  水兵結びをやってみ  ような、それでいて早く親しくなって、話してみ  居所がわかって、そして聞いてみ  オーイと呼んでみ  瞳をみ  接吻でもしてみ  恋がしてみ  髪を結んでみ  つた目つきをしてみ  月にかざしてみ  のだけ集めてみ  父うばおろしてみ  一寸表へ出てみ  樹ば振つてみ  幹ばためしてみ  ことから考へてみ  初めから讀みかへしてみ  自分でもみ  色々に、ならべてみたり、崩してみ  窓から覗いてみ  顏をだまつてみ  表へ出てみ  母親をみ  行なうまえに一度よく考えてみ  計算してみ  胸に考えてみ  隅田公園へ行ってみ  二人そろって行ってみ  手を握られてみ  時計をみ  追求してみ  散歩してみ  名勝で、かねがね行ってみ  東山などを歩いてみ  ことを訊いてみ  こちらへ行ってみ  ことを訊ねてみ  海岸へ出てみ  浜まで行ってみ  味噌なますなんぞ摘んでみ  本を裂いてみ  顏役は、あさ黒いにがみ  わたし、おてがみ  孫の顔をみ  一つをあげてみ  学者がまだみ  験べてみ  実験測定をしてみ  のを忘れてみ  夜が明けてみ  点から考えてみ  研究し、かつ実際に当たってみ  修道院に行ってみ  声のかれるまで泣いてみ  もう一度戦争をしてみ  手をやって触ってみ  世話をみ  ひと口いただいてみ  模写をしてみ  みな調べ、比べてみ  ことばを聞け、と話してみ  光栄あるみ  菊畑へ行ってみ  気遣はしく、そっと開いてみ  草原へ行ってみ  昨夜計算してみ  顔をみ  文無し画家岡本弘とを比べてみ  増田健次は、久しく廻つてみ  もんだから、のぞいてみ  肩をつかんで揺すぶつてみ  ようなら、まずつき合えるとみ  時事新報をみ  優美であり、み  衡がかたみ  法然もあわれみ  賤、尊み  一昨日そこへ行ってみ  ときいてみ  所でもみ  様子をみ  岩見をみ  本をみ  記述してみ  いた事から考えてみ  停止してみ  抽斗を開けてみ  気をつけて調べてみ  枝にしがみ  翌日一日滯在、降りみ  問題について考えてみ  熟読玩味してみ  自ら根本的研究を加えてみ  傍証とすべしと考えてみ  催促してみ  上方を見あげてみ  味つてみ  言はれてみ  うちに浮べてみ  真似もしてみ  苦情云うてみ  化粧してみ  なに勘定してみ  一遍被ってみ  絵看板を見たいとも、はいってみ  一口のんでみ  男は覗いてみ  声をあげたが、どうみ  中から金を取り出して、み  袋にいれては取り出してみ  容子など見てみ  中から顔を出してのぞいてみ  踊りを踊ってみ  顔をなでてみ  芝居をみ  講義をのぞいてみ  それをすかしてみ  めんだうをみ  映画を通じてみ  僕は調べてみ  居間から外へ出てみ  砂浜を歩いてみ  もう一度言ってみ  手を振ってみ  そばへいってみ  チューブに入ってみ  テラスに出てみ  南端に沿ってしばらく飛んでみ  僕は振り返ってみ  僕は思い出してみ  正面にまわってみ  両手で押してみ  映写機にかけてみ  話もしてみ  僕は呼んでみ  体験してみ  ハワイで会うとは思ってもみ  静観してみ  時折、坐ってみ  縁側に出てみ  庭に行ってみ  柴田巳之助はそう考えてみ  頭にそっと触れてみ  頭をつるりと撫でてみ  掌で撫でてみ  ほんとうに調査してみ  駐在所へ行って聞き合せてみ  介抱してみ  石を掘り起してみ  人をみ  形をみ  将棋をさしてみ  踏査してみ  買ひ集めてみ  摩擦られながら、うとうとと寝み  苦情言うてみ  絵看板を見たいともはいってみ  模倣してみ  丘へ登ってみ  月夜さやけみ  比較して考えてみ  私も読んでみ  上でもいろいろと考えてみ  のだし、考えてみ  様子を聞いてみ  心に思い浮かべてみ  なかった紅茶について考えてみ  東京に行ってみ  交渉してみ  工夫してみ  世話してみ  絵模様など見るともなしにみ  三月になったら時々出てみ  旅行がしてみ  窓から求めてみ  機関をどんなにうごかしてみ  把手を握っておしてみ  怪塔をふりかえってみ  壁にうつしてみ  怪塔王が見てみ  方々へまわしてみ  懐中電灯で照らしてみ  危険とみ  手提電灯をさしつけてみ  端をもって、力一杯おこしてみ  端をもって、ううんと力一杯もちあげてみ  しろから撃ってみ  追跡してみ  直線をひいてみ  それもやってみ  線をひいてみ  あたりをふりかえってみ  上をみ  下をみ  智恵袋をしぼってみ  ようになっていましたが、よく考えてみ  符号をみ  山腹にころげるとみ  これをみ  人ぎらいであることを考えてみ  もう一度、よんでみ  書をよんでみ  名をくりかえしよんでみ  素顔をみ  怪塔王をみ  昼間から夢をみ  空中にとびあがってみ  操縦をしてみ  機関銃をあびせかけてみ  手をこまぬいてみ  目を上げてみ  前にみ  耳にあててみ  スイッチをいれてみ  頬ばってみ  ちょっと手で押してみ  塩田大尉、とびこんでみ  そっちをさがしてみ  指先でつぶしてみ  隅をいろいろとさがしてみ  横にひっぱってみ  しかし、み  鍵穴にあててみ  鍵をまわしてみ  右へひねってみ  ものを思いだしてみ  首をよくみ  一彦が、のぞいてみ  一彦がとりあげてみ  無電装置をいじってみ  位置をもとめてみ  原地人たちがいってみ  もう一度よくしらべてみ  ようになおしてみ  あべこべ砲を実際にいじってみ  あたりをなでまわしてみ  ちょっと手をふれてみ  中にはいってみ  地図をみ  ちょっとうごかしてみ  モーターをしらべてみ  いましらべてみ  質問をかけてみ  なかをしきりに照らしてみ  死体が浮いていないか、調べてみ  それで照らしてみ  帆村がふりかえってみ  面をあらためてみ  姿をみ  昼めしを早くさせて慌てて行ってみ  女に化けてみ  真似をしてみ  真似をして通がってみ  強きを嘆いてみ  陳列しましたので行ってみ  二階へ駆上ってみ  海水着を着けてみたり外してみ  水彩もやってみ  ちょっとこれをやってみ  絵を描いてみ  男とみ  町を、いくら歩いてみ  山へ逃げ込んでみ  ちょっと現れてみ  ちょっと考えてみ  縁をみ  中を覗いてみ  尻を突いてみ  海水着をつけてみ  芸者ははちはちをしてみ  他人へ強いてみ  山を築いてみ  似顔を描いてみ  迷惑をかけてみたりしてみ  頭でみりみ  日に行ってみ  何百円と金をかけてみ  三十円と金をかけてみ  見物に行ってみ  三ツ四ツ売ってみ  天井ばかりみ  裸になって飛びこんでみ  ように吸いつくしてみ  帆船をみ  手にふれてみ  茶漬けでも食べてみ  笑顔をこしらえてみ  髷も結んでみ  ようにくねってみ  昨夜そっと覗いてみ  土地へ降りてみ  壁に張りつけてみ  グルグル頭に描いてみ  縁端に出てみ  あそこへ行ってみ  人にでもすがってみ  幹を叩いてみ  顔でもみ  鏡に、み  御飯焚きになってみ  声に出してつぶやいてみ  年を考えてみ  ところまで行ってみ  から、一寸のぞいてみ  腕にはめてみ  手をつけてみ  壁に書いてみ  紙をひらいてみ  詩をかいてみ  小説を書いてみ  茶づけが食べてみ  つけましょう、考えてみ  畳にべったり押しつけてみ  工事を見まわってみ  家賃にしがみ  特徴を聞いてみ  エンドをくっつけてみ  はさみ込んでみ  頭蓋骨を明けてみ  正直見てみ  企画は、どう考えてみ  策を講じてみ  んなら鳴らしてみ  直接聞いてみ  電話してみ  今振り返ってみ  範疇分けしてみ  一年ぐつぐつ煮込んでみ  中に暮らしてみ  文章を取り込んでみ  テレビをつないでみ  今度じっくり聞いてみ  プログラムを書いてみ  懸念を振り払って見直してみ  音も出してみ  日を繰ってみ  ちょっと医学書を覗いてみ  景色をみ  義憤から、飛び出してみ  周囲を見廻してみ  僕も頑張るだけは頑張ってみ  ふところから取出してみ  のかと考えてみ  社長に訊いてみ  力無く呟いてみ  あとから考えてみ  いるか、見てやろうかと、覗いてみ  ちょっと借りてみ  いねん、言うてみ  打ち消してみ  機会だと思って、訊いてみ  いっぺんアイスクリームを食べてみ  真正面から頼んでみ  ことが許されるかどうかも思ってみ  ざっと眼を通してみ  眼を通してみ  恋人なんぞ考えてみ  冗談をふと言ってみ  逆づかみ  テレ隠しに訊いてみ  一つ江戸へ出てみ  空をみ  垣間見にでも覗いてみ  胸を叱ってみ  さっき右手にみ  何をみ  お十夜を甘くみ  切ッ尖でなぶってみ  大刀でも抜いてみ  気をそらしてみ  声をかけてみ  声をかけてみたい、かけられてみ  さにじれてみ  肌合は、どうみ  綱とを結びつけてみ  駕から先にみ  膝へも温く浸み  一服つめてみ  住吉村へ行ってみ  詮索してみ  手をやってみ  先代をみ  勝は担いでみ  上へ引っ張ってみ  方で折り曲げてみ  体温計ってみ  遊びに行ってみ  あたりをみ  窓をみ  本を読んでみ  本に仕立ててみ  青空工作員マニュアルを読んでみ  あなたも探してみ  そろを書きがたみ  太平を選んだのであらうと考へてみ  外を歩いてみ  一見しろうと女にもみえる、そのみ  言葉で、はなしかけてみ  男をみ  いちどかんがえてみ  発展もみ  時だった、みしりみ  坊主をみ  のはぶきみ  ものだと思ってみ  目にもあってみ  アクセスしてみ  ことを書いてみ  問ひかけてみ  静養してみ  世界を考えてみ  云つてはみ  妙子に話してみ  使ひに出してみ  住居を尋ねてみ  群をみ  四圍をみ  建物はいつか覗いてみ  艦員皆怪み  魚には、いろいろためしてみ  実験はやってみ  研究をしてみ  亡霊にしがみ  四五日経過してみ  夜はおそくまでお寝み  ごろぜみ  ものだ、と力みかえってみ  老婆を訪ねて行ってみ  名前が分らないかと訊いてみ  穴をみ  ものを訊ねてみ  お話してみ  翌日になって考えてみ  空を切ってみ  道をつけてみ  入口を変えてみ  前を通ってみ  はじめてうちからちょっと出てみ  顫えながら思い切って叫んでみ  ちょっとたべてみ  とんとんふんでみ  狐ははがみ  景色を考えてみ  我等詩人の卑しみ  ひとつにしこのあたたかみ  指先のまるみ  相貌をみ  口笛を吹いてみ  珈琲店をみ  月夜をみ  苔をみ  影をみ  象像をみ  聲をみ  ことなど書いてみ  いま考へてみ  水につけて洗ってみ  いしで、ごしごし、こすってみ  からに毒々しく、あまれるは残して留み  心一つに聞いてみ  近くへいってみ  索ってみ  頷をなでてみ  照してみ  窓を舐めて窺いてみ  月見ヶ丘へ行ってみ  心当りがないかと云って聞いてみ  のとぬくみ  黄に燃えて、み  全体をかへりみ  頬をなでてみ  測定してみ  ウィスキーを飲んでみ  口真似をしてみ  当分こちらへ来てみ  めに歩き廻ってみ  それを一度使ってみ  ツイツイとつついてみ  ちよつとつついてみ  送信をやってみ  リークを高めてみ  戸外に飛び出してはみ  これ位語ってみ  室に入ってみ  外をみ  二十カペイキでみ  主人たち夫婦をみ  ウォツカ瓶を突こみ  破れ目から中を覗いてみ  中へつけてみ  唱歌を唄ってみ  外から呼んでみ  冠ってみ  頭を叩いてみ  灸を抱き上げて揺ってみ  さっき店でみ  絵をかいてみ  動きを話してみ  ヴェランダに踏み出してはみ  ことを緩くり考へてみ  バルコンへ出てみ  画集をみ  単純に考え、もしくは少しも考えてみ  題は、じっとみ  はじめてそれをはいてみ  めんどうをみ  坊さんにこういってみ  お寺へいってみ  勇気を出していってみ  川にいってみ  女にたずねてみ  飯をたいてみ  ようにたいてみ  小豆飯にたいてみ  味をつけてみ  二分ほど加えてみ  黄粉をまぶして食ってみ  声をあげて呼んでみ  眼をうすめに開けてみ  赤い電車をみ  私はすぐに振り返ってみ  ことになってみ  服装がさせてみ  もの、疑ってみ  仁右衛門にみ  思い合してみ  口説いたり、すかしたり、怨んでみ  所へ行ってみ  ことを持ち出してみ  意向を探ってみ  自ら反問してみ  机に坐ってみ  庭を歩いてみ  それから散歩に出てみ  相談を持ち出してみ  彼は云ってみ  電車に乗ってみ  のだと云ってみ  自ら云ってみ  足をぶらぶらさしながら、しいて空嘯いてみ  反問してみ  外から耳を傾けてみ  中で考えみ  彼は種々尋ねてみ  永井のたくらみ  二階まで覗いてみ  それをくっつけてみ  我慢して、いろいろ宥めすかしてみ  表へ飛び出してみ  手をあててみ  彼は考えてみ  額に触ってみ  間脉膊をみ  八度を越したりしたら、また仰言って下さい、診てみ  目に浸み  度く浸み  着物に浸み  スペースをふりかえってみ  ままによみがえらせてみ  なにをやってみ  カリフォルニアへいってみ  店へいってみ  ぼくたちは入ってみ  ぼくは言ってみ  ドロシーは重ねあわせてみ  余地は、ないみ  ぼくは入ってみ  ぼくはきいてみ  女性にきいてみ  ぼくは答えてみ  地下室へいってみ  音量をあげてみ  台詞を言ってみ  顔をつけてみ  うえで開いてみ  ぼくは開いてみ  ことを思い出して聞いてみ  交際をしてみ  気持でさて立ち上つてみ  表情をみ  小路を選んでは歩いてみ  古本屋へ立寄つてみ  方を歩いてみ  思つてゐるか、尋ねてみ  一ぺん明日までよく考へてみ  家に立寄つてみ  から夢をみ  国へいってみ  外国へいってみ  笛を吹いてみ  一つ一つ、つついてみ  唇にあてて吹いてみ  ところにきてみ  から、とにかくしばらく別れてみ  真剣になって考えてみ  外をのぞいてみ  家から飛び出してみ  壽司をつくつてみ  二三年とどまつて働いてみ  なつてみ  ことも考へてみ  そこからじっとのぞいてみ  んやろかと考えてみ  しょんぼり鏡に覗いてみ  臆したといってみ  不思議に思って訊いてみ  方へ歩いて行ってみ  泉邸へも行ってみ  古本屋へ立寄ってみ  いるか、尋ねてみ  一ぺん明日までよく考えてみ  家に立寄ってみ  肚をしめて読んでみ  周囲にみ  往来を歩いてみ  ことはいってみ  五月号を開いてみ  そうに、黙ってみ  近藤をみ  横顔をみ  点をよくよく思いかえしてみ  家政をみ  使つてみ  臂を調べてみ  それらをいろいろ思い合わせてみ  たいを食いに行ってみ  だって、ちょいとみ  ほうぼうながめてみ  赤ずきんちゃんは、あおむいてみ  カーテンをあけてみ  んじゃないか、み  中へはいってみ  試めしてみ  アパートへ寄つてみ  連絡してみ  別にあてどもなく探してみ  つたのだらうと考へてみ  赤いリボンにとまってみ  脈に触れてみ  一ヶ処を捻ってみ  窓から外を覗いてみ  しろがみ  考てみ  おかしいじゃないかと言ってみ  評価をもってみ  姉をみ  いたずらしてみ  冒険でもやってみ  からいってみ  上に立たせて眺めてみ  手首を取ってみ  それを開いてみ  外を歩き廻ってみ  様子を見てみ  外に出てみ  氷嚢に触ってみ  脈を見てみ  頬に触ってみ  日数をくってみ  五六人来てみ  云はせてみ  地図をひろげてみ  云つてみ  のだがと頼んでみ  検討してみ  ひつてみ  煙草はないかととぼけてみ  自分をおどかしてみ  出方をみ  登つてみ  手に取つてみ  ひとつ味をみ  あちこちと歩いてみ  物好きに、かう訊ねてみ  隙をみ  設備がみ  往復一週間をみ  一緒に訳しかけてみ  おれも乗せてみ  逆に持ち出してみ  席が空いてないか、訊いてみ  アスピリンを持つてますが、飲んでみ  無理に勧めてはみ  ことについて考へてみ  西洋とを比べてみ  一二軒のぞいてみ  名優をかうして並べてみ  つてもみ  フランス語で問うてみ  国では決してみ  はじめて此処でみ  灸をすえてみ  滝にうたれてみ  逐ひ廻してみ  かいかがみ美しみ  刈萱もまた見るにつれてあたたかみ  ドルフにしがみ  庭妹郷至松島途中大井川朝風寒み  朝廷たふとみ  鐘やみ  あれどいみ  馬だけどうかみ  からだをよくみ  雲にまで毒づいてみ  のを指してみ  家へいってきいてみ  千草八千草さきみ  私もう直ぐ寝み  限りかまどがえしとみ  詩をよんでみ  一通のてがみ  たねに脅かしてみ  形を盛りあげたり、くずしてみ  作用がみ  十数冊集めてみ  うちにみ  通りについてるかどうか調べてみ  底に沈んでみ  病気らしいというから、来てみ  あたしもしてみ  剔決してみ  顔をくっつけてみ  間へ行ってみ  ふうみいよおと数えてみ  灯に透かしてみ  歯をみ  おと数へてみ  日さまでさえ、まいにちてらしてみ  こちらをみ  進出であるとみ  統計をみ  好感をもってみ  新聞読者にみ  形でみ  例をみ  生産品としてだけみ  文化的搾取とみ  女教師から不安をもってみ  省りみ  的進行もみ  活動をみ  悲劇がみ  方向にみ  傷がみ  ものとしてみ  全般的にみ  方面から疑問をもってみ  官僚統制案とみ  尿を舐めてみ  いつまでも妻をみ  バイブルをとり出してみ  ベランダに出てみ  自分が、生きて還ってみ  日暮しをみ  あれをみ  本質をよく考えてみ  常識で考えてみ  支那茶館へ行ってみ  次第を問うてみ  これは可笑しいというのでいろいろ調べてみ  電力を増してみ  方に近づけてみ  上に落ちてみ  富士はやはり登ってみ  列挙してみ  手をつきこんでみ  説明書をよんでみ  実力以下にみ  大日本国語辞典を引いてみ  いふ風にみ  問題に触れてみ  集団生活にはみ  見解を少し述べてみ  国家的にみ  服装をみ  子供たちをみ  ものを考へ直してみ  いふ面だけをみ  説明をしてみ  地位を考へてみ  道徳的にみ  立場から考へてみ  いふ標語をみ  役割を軽くみ  偏見がみ  多くをみ  日本家庭に接してみ  厳密に調べてみ  自分でためしてみ  将棋をみ  へんを歩いてみ  元山にも出てみ  鷲づかみ  帰つてみ  会つてみ  条件を出してみ  公平にみ  どちらをみ  栽培してみ  種を蒔いてみ  伺つてみ  胸に描いてみ  物体をはかってみ  気球を用いてみ  目方をはかってみ  あるかの如くみ  関係があるかを述べてみ  気を廻してみ  ナイフを出してみ  下へいってみ  箇人的にのみみ  木をみ  うぶをたたき切つてみ  稲妻をみ  まつてみ  例をとってみ  事実によってみ  上でみ  意見とてらし合わせてみ  母に話してみ  そのまま書いてみ  畑を覗いてみ  しろで、並んでみ  しろにたってみ  あくほどみ  本もみ  山祇もみ  創作心理から考えてみ  一ぺん初めからよく考え直してみ  ふうに考えてみ  例を取ってみ  精鋭を尽くして書いてみ  何度繰り返して読んでみ  礼讃してみ  顔を黙ってみ  今から考へてみ  容子をみ  指の尖で叩いてみ  我慢してみ  懐手をしてみ  一つ押してみ  腕をみ  口から出まかせにいってみ  グンと押してみ  銘までみ  孫兵衛を甘くみ  ッぽど甘くみ  板壁を突いてみ  匕首の尖を透かしてみ  切れ刀はみ  外へ駈けだしてみ  ッぱい呼んでみ  今さら駈けつけてみ  暴行をみ  遥かにみ  寄宿帳を繰ってみ  話を打ち明けられてみ  頃、聞いてみ  鼠とみ  前をみ  銭湯をねらってみ  手当てを尽くしてみ  同行がなるか成らぬか、つもってみ  隣で聞いてみ  一ツ、泣きついてみ  始末もみ  心にもなってみ  あれを調べてみ  気がするので、早く開けてみ  急に開けてみ  なん度ジイと読み返してみ  五通、残らず読んでみ  鞘を払ってみ  新藤五国光とみ  光をみ  今から考えてみ  謙遜してみ  ものですと断ってみ  弁明をしてみ  鴎外研究を繙いてみ  時アンナカレーニナを読んでみ  一つ素引いてみ  女のぬくみ  いずれをみ  地獄壺を割ってみ  何となく声をたてて唄ってみ  コツンコツンと割ってみ  耳もとで鳴らしてみ  顔を写してみ  新婚旅行ぐらいしてみ  外へいってみ  暫らくがたがたやってみ  舌をだしてみ  眼をむいてみ  筆蹟をみ  条項を読んでみ  意見でも聞いてみ  成績を聞いてみ  あとで読んでみ  東でむくむく盛りあがり、み  雨に湿み  それをおろしてみ  根本から見直してみ  わたしがゆるすといってみ  風も吹きやみ  笙を吹きやみ  春の山ぶみ  乘つてみ  隅に行きてみ  濱へ出てみ  人間を愛してみ  夢ばかりみ  今思い出してみ  適用してみ  傾倒して考えてみ  近くに進んでみ  室を仰いでみ  礼子さんを呼んで訊いてみ  戯曲が書いてみ  化け物屋敷に寝てみ  探険してみ  壁を叩いてみ  通りぬけてみ  壁を調べてみ  試みに呼んでみ  部屋へ再びはいってみ  アリバイ調べなぞもやってはみ  人々も用いてみ  ヒマをみ  腹をきいてみ  声でこう吠えてみ  列伝としてみ  茂才先生に訊いてみ  一度引ッくらかえして調べてみ  注意してみ  彼に訊ねてみ  往来に出てみ  もう一度叩いてみ  急に真似てみ  物語を読んでみ  新潟へ行ってみ  ことをも含めて考へてみ  家に駆けつけてみ  外へ出てみ  左もみ  後方へ通り抜けねばならないのに、と怪み  窓へ行ってみ  通り拔けねばならないのに、と怪み  周馬四分の力とみ  日ざしをみ  百足虫腹までも、越えてみ  ふた目とみ  取次を頼んでみ  ひとりを殺してみ  後もみ  側にみ  亭主、甘くみ  所だけ伺っておいてみ  花柳界に流行らせてみ  夕照をみ  読み下してみ  関も固めてみ  血をみ  母のかたみ  中をみ  ぎる距離を詳しく調べてみ  顔つきをみ  わたしはよほど取りみ  想像をたくましくしてみ  わたしはもう、まったく取りみ  眼をとじてみ  あやしてみ  ことをよく考えてみ  機会をみ  バーグレーヴ夫人に親しく逢ってみ  上着に触れたかどうかを糺してみ  窓から内を覗いてみ  李張は聞いてみ  ToSignorinaY.Y.)君をみ  武を卑しみ  馬鹿ではあるまいかと思ってみ  自分を慰めてみ  友達に聞いてみ  絵をみ  塚穴を掘ってみ  年齢を描きわけしてみ  ところを、よく考えてみ  現象をみ  植物を集めてみ  町村をよく調べてみ  断面と合わしてみ  いろいろに押し曲げてへし折ってみ  試験してみ  どれ一つとってみ  あとでよく調べてみ  成る程、よく読んでみ  ここに座ってよく調べてみ  チョット生意気に訳しかけてみ  チンドン屋をやらせてみ  街頭でやらせてみ  地で行ってみ  先年やってみ  人物描写をしてみ  彼はお寝み  そこをさがしてみ  人々にも極力頼んでみ  荷物を向ふへ運んでみ  押入を開けてみ  用向を訊ねてみ  心に描いてみ  いとをかしくてみ  しかきてよとみ  爺さんについていくら探してみ  判断をくだしてみ  息をかけてみ  手段を尽くしてみ  接吻してみ  四十年もたってみ  ちよつと聞いてみ  気をかへて、話しかけてみ  根本をしらべてみ  手でなでてみ  必然であるとみ  彼に話しかけてみ  久しぶりに来てみ  ときタンザしてみ  道へ出てみ  邸へ行ってみ  底に探ってみ  考えを立て直してみ  血統があるか無いか考えてみ  鏡にうつしてみ  表をさえくりかえしてみ  今晩はもう寝み  くらがしてみ  上り攀じ登ってみ  限りに叫んでみ  ぽかりと喰わしてみ  封を切って読んでみ  ようにぽかっぽかっと歩いてみ  跣足で踏みつけてみ  粉砕してみ  後を振返ってみ  肯定してみ  結果をはっきりと見てみ  硝子店へ行ってみ  硝子店をじろりと見やりながら、暫く歩いてみ  中に映してみ  私はそう尋ねかけてみ  方をしてはみ  ばたばたやってみ  何気なくそれを拾い上げてみ  自問自答してみ  案内して貰って、一々立ち寄ってみ  脉をみ  ことを一々実際にやってみ  女に投げかけてみ  時何気なく云ってみ  研究立証してみ  食堂へ出てみ  百五号船室でお寝み  手で動かしてみ  戸を動かしてみ  鍵止めを調べてみ  手を突っ込んでみ  ひと晩を過ごしてみ  床板をたたいてみ  寝台を申し込んでみ  指をあててみ  それをつまみあげてみ  吾助を憎くみ  拜がみ  浦やみ  ひとにがみ  いやだと云い出したらどんなにすすめてみ  遊びよ、忙しいけれどただ働きみ  紙包を拾ってみ  からかってみ  冗談だよ、からかってみ  眼をこすってみ  ラザルスと話してみ  お前と話してみ  礼服などを調べてみ  らく、み  錠をおろして、さて落ちついて考えてみ  のしかかってみ  目録を読上げてみ  鮮明がしてみ  事を云ってみ  面白がりながら訊ねてみ  ふり返ってみ  小説が書いてみ  流動を描き出してみ  文壇をみ  エロティシズムをも描きだしてみ  ことを云ってみ  暇をみ  書物をみ  いろいろに捜してみ  手段方法をめぐらしてみ  外面をみ  忠兵衛をみ  かい眸でみ  おばさんをみ  実をみ  雨だれをみ  棒立ちになってじっくりと考えこんでみ  人と話してみ  ために調べてみ  三冊読んでみ  刊本をひらいてみ  三册讀んでみ  咽喉笛を斬られてみ  ことかと、委しく聞いてみ  所持品を奪ってみ  手を加えてみ  下へ行ってみ  のか、よく聞いてみ  人にみ  ハガキに画いてみ  凧八へ行って聞いてみ  からだれにもみ  野原にいってみ  一つも持ってみ  良吉は起きていってみ  葉書をみ  横笛を吹きずさみ  顔をかへりみ  チビチビ二合くらい飲んでみ  学者たちに話してみ  考えを練り直してみ  豚カツを食わせてみ  体操をさせてみ  ひとて、み  光景をみ  插画をみ  ものなら扱ってみ  手を組みあって、こっそり行ってみ  ふたりでいろいろ考えながら、だまって聴いてみ  一どこっそり、ざしきをのぞいてみ  小屋から出てみ  岸に行ってみ  考察してみ  渦にぐるぐるとまかれてみ  それが、あさましいまでに取りみ  ものをこしらえてみ  一つ話してみ  一つやってみ  上から張ってみ  道楽にもやってみ  きまりを大握み  これにやらせてみ  こと見てみ  実験してみ  あちこち物色してみ  物色してみ  品種を聞いてみ  ゆえ、開けてみ  頭をひねってみ  作品をみ  生徒にも訊いてみ  自分でいろいろと訊いてみ  裸にしてみ  三度左右に振ってみ  ようにして噛んでみ  ようがみ  廻廊へ廻ってみ  彼方此方と探してみ  室へ行ってみ  手を尽してみ  ここで言いあってみ  股倉眼鏡でもしてみ  ものであるにみ  あちらこちらと探してみ  反芻してみ  事を残さず書いてみ  あとに、み  二つ三つの辞書をひいて調べてみ  事を書いてみ  眼つきを変えてうなずいてはみ  一つ一つを取つてみ  作品全体についてみ  追想してみ  髪をおどろに振りみ  辻駕籠でもやってみ  そっちへ廻ってみ  ちょっと公園へはいってみ  芝地へ廻ってみ  仮説をこしらえてみ  境内へはいってみ  子孫であると考えてみ  慎重に考えてみ  旅してみ  日が経ってみ  同情してみ  相関もあるらしいがまだよく調べてみ  羊を仕とめてみ  のだろうと思ってみ  訳だろうとも思ってみ  職人にでもよく聞いてみ  頃に、思い出して行ってみ  たかどうか聞いてみ  ここを通ってみ  のだろう、聞いてみ  限りに思いめぐらしてみ  言分を聴いてみ  作品を通じてみ  様子を訊いてみ  手をかけてみ  字が拙いのねと思ってみ  鎌倉でみ  うらみつらみ  軍司令部へじかにぶつかってみ  下を覗いてみ  全部鞄からひきずり出してふるってみ  男に、たずねてみ  わけを話してみ  ことでも、してみ  ことがあったら、言ってみ  塚が堆み  乳を吝しみ  一つ一つ堆み  念入りに調べてみ  何遍も引つくり返して、触つてみ  大変大きくて蒼み  雲を見下してみ  事を話してみ  行つたとしてみ  水を浸み  目方まで量つてみ  花を調べてみ  火をつけてみ  刷き集めて堆み  んだと思ってよく見てみ  限りやってみ  検査してみ  電話口へ出てみ  丸刈りにしてみ  記憶に浮かべて、考えあわせてみ  からこれを読んでみ  幾個か投げてみ  帆じるしをみ  さまをみ  顔色をみ  寝室へかけこんでみ  土地へ帰ってみ  先にお寝み  お前に試してみ  女をみ  便乗、頼んでみ  お願いをしてみ  端にも、ふれてみ  誤解か溶けあってみ  五文字だけを書いてみ  自分を嘲ってみ  ままにあるいてみ  何でも打ち明けてみ  指を繰ってみ  目量を計ってみ  ッてみ  廊下をぶらぶらしてみ  桟橋にも寄ってみ  体を起こしてみ  お久良がそう訊ねてみ  刀を突っ込んでみ  首を出してみ  川口に行けば、むきみ  社にみ  一度は描いてみ  それを読んでみ  仮定してみ  労苦をかへりみ  着水して調べてみ  北極探検飛行をしてみ  はつて、少しく眠らうとしてみ  幾度も呼び出してみ  映画を覗いてみ  問題にしてみ  もとに置いてみ  方々のを食べてみ  神にみ  のを握み  誰に聞いてみ  から行ってみ  ゆっくり関西を廻ってみ  心地を、こっそりためしてみ  対比してみ  情勢をみ  時期をみ  ありのままに沢山み  朗読してみ  発展をみ  どこにあるかと考えてみ  考えを申し上げてみ  九%とみ  われわれは考えてみ  審議をみ  親方に頼んでみ  単調でなくて、暫く佇んでみ  電車通りへ出てみ  玄関を入ってみ  幾度かやってみ  幾月もの間浸み  そこらじゅうを照らしてみ  鹿の谷へ降りてみ  表面近く浮かみ  岩塊をよじ上ってみ  花を取って嗅いでみ  花をみ  訝しげに取上げてみ  戸を開いてみ  検分してみ  もう少し様子を探ってみ  室に行ってみ  抽出をあけてみ  もう一度出てみ  時計を出してみ  いくら金を儲けてみ  はたでみ  誰がみ  領土に触れてみ  加へてみ  ちょっと外へ出てみ  夢なんかみ  行つて働いてみ  女中働きにでも出てみ  払つて汽車へ乗つてみ  ことが出来、かうして歩いてみ  遠くからでも眺めてみ  身に浸み  問いを発してみ  だんだんうちとけてきましてみ  それをたずねてみ  それから喫煙室にはいってみ  様子を見調べてみ  すきをみ  彦さん連れて、行ってみ  直接、訴えてみ  馬をみ  ひとつ、取次いでみ  アッサリ引っくくってみ  お前さんに伺ってみ  ことなんですが、よく考えてみ  後へ戻ってみ  綱は呼びかけてみ  迫害、ふりかえってみ  ものかを思ってみ  おっくうだが行ってみ  オオ、来てみ  さまを思いあわせてみ  口をみ  來てみ  齒で動かしでみ  學校に出てみ  古手紙を出してみ  人を見つけて聞いてみ  顔を見較べてみ  秘蔵画をみ  役場さ来てみ  歯で動かしてみ  学校に出てみ  長編を書き出してみ  稲にみ  ざあざあ音がするから、出てみ  ちょっとかいでみ  ものになるだろうと聞いてみ  清に聞いてみ  誰かと聞いてみ  大の字に寝てみ  ちょっと食ってみ  のかと聞いてみ  何だか要領を得ないから、聞き返してみ  ちょっとはいってみ  中で振ってみ  相場が極まってみ  こん畜生と起き上がってみ  上へ上がってみ  んですかと聞いてみ  船縁から覗いてみ  先へあてがってみ  山嵐に聞いてみ  坊主に聞いてみ  何か云おうかなと考えてみ  自ら省りみ  教師が勤まらなくっちゃ、おれみ  心当りはありませんかと尋ねてみ  いっしょに行って聞いてみ  田舎言葉を真似て頼んでみ  頭から読み直してみ  からお懸けなさいとまた勧めてみ  野だみ  掌へ握ってみ  湯壺へ下りてみ  君に話しかけてみ  一こと二こと話しかけてみ  かいと聞いてみ  ようまあ考えてみ  事情は聞いてみ  うちでよく考えてみ  運動をしてやらなかったと聞いてみ  談判してみ  時、断然断わるか、一応考えてみ  柔術でもやるかと聞いてみ  先で揉んでみ  面白半分に勧めてみ  尺を取ってみ  あとで聞いてみ  汁を飲んでみ  徳利を振ってみ  のが、でけましたぜ、弾いてみ  退去を勧めてみ  方を眺めてみ  いっしょに行ってみ  駄目だと云ってみ  一返考え直してみ  時気がついてみ  一緒にみ  社会をどうみ  女性をみ  内ポケットから名刺ばさみ  騒動をくり返してみ  質問をしてみ  私は考えてみ  どこまでも受けみ  顔だけみ  死ぬ人間の取りみ  秀次を殺してみ  時代になると、み  心が、み  役儀がら糺してみ  よけいに聞いてみ  機微をみ  封を裏返してみ  あやしい非人をとらえて糺してみ  死骸をみ  頭巾を検めてみ  話から推して考えてみ  写生してみ  疑いを残してみ  ものを描いてみ  場合を考えてみ  人があろうが、考えてみ  太陽の光線に透かしてみ  根まで入れてみ  かげに寄ってみ  ソッと押してみ  手を伸ばしてみ  昨夜はよくお寝み  灯影でみ  ちょっと僕も覗いてみ  ハルピン虎が開いてみ  鍵をみ  ハンケチにすりつけてみ  気分に浸って喜んでみ  即吟を書き残してみ  いつか一度お話ししてみ  声だけであったが、話してみ  たかって聞いてみ  検査図を色々とめくって調べてみ  ことを残らず述べてみ  大変寒いので気がついてみ  図眼を醒してみ  疼痛を覚えたので、ハッと気がついてみ  カーテンを明けてみ  白丘ダリアとを調べてみ  ことではないかと思いかえしてみ  僕やってみ  一巻写してみ  疑いは一応もってみ  私が云ってみ  ことを調べてみ  心で笑ってみ  上で着けてみ  中で描いてみ  四柱をみ  まあ戦さみ  慰さみ  えりがみ  良人に訊いてみ  所有ってみ  かいよっく見てみ  鳥獣を愛しみ  作品を読み返してみ  これだけ集めてみ  上に写してみ  心を想いみ  いくら骨を折って考えてみ  想像しようとしてみ  掌でぎゅっと握りしめてみ  それを味わってみ  銀座を歩いてみ  所に植えてみ  糸瓜をつくってみ  隙から覗いてみ  うまやを一まわりしてみ  火ばさみ  際から覗いてみ  蜘蛛はキリキリキリッとはがみ  花遠み  食膳を一目み  ものがあるかどうかとさがしてみ  足が早いので追っかけてみ  ずい分さがしてみ  月だと考えてみ  取扱ふ生きみ  扱ふ死にみ  迷惑をかへりみ  方へも来たかと聞いてみ  根拠づけんとするやみ  時を、寄ってみ  吉祥寺ではないかとも云ってみ  腹を割いてみ  家を覗いてみ  島田にしてみ  もの、振向いてもみ  一口やってみ  剛力に聴いてみ  何処を尋ねてみ  地方的史料を調べてみ  調査してみ  卑下してみ  人日蓮をみ  書庫にみ  後をもみ  上官にみ  追憶を絡ませて、み  相手を振返ってみ  手を触れてみ  ようにうまくやって、しかもちょいとみ  庭がみ  家をもってみ  分量をかえてみ  これかと考えてみ  家へ行ってみ  真中へ出てみ  方へ寄ってみ  正ちゃんもお寝み  傍へ行って聞いてみ  看護婦に尋ねてみ  院長さんに伺ってみ  心持を打ち明けてみ  ところへ出てみ  従つて何処を歩いてみ  相手を振り返つてみ  彼を一目み  指をふれてみ  肩をうちつけてみ  前跼み  声高く歌ってみ  べらんめえ口調を使ってみ  明治維新史を読んでみ  不満を並べてみ  まとめ上げてみ  日はじめて出席してみ  一番丁へ行ってみ  教室に行ってみ  見舞いに行ってみ  天ぷら蕎麦をたべてみ  ノオトをあけてみ  事を言ってみ  本屋へ行ってみ  内容を読んでみ  名刺を振りまわしてみ  ちょっと立寄ってみ  扉をたたいてみ  教会に行ってみ  お見舞いに立寄ってみ  本屋へ行って捜してみ  飜訳をしてみ  文章を書いてみ  日本文に直してみ  維新も、さらによく調べてみ  伝言してみ  一緒にやってみ  いつかは書いてみ  登場させてみ  頬を摺りつけ、舐めてみたり、或は、そっと噛んでみ  裏をみ  二三度ばさばさゆすぶってみ  芽が出てみ  一つ食べてみ  かにはあわてて拾って食べてみ  さをののしってみ  一読してみ  身をひきながら、こう尋ねてみ  ビタミンだと言ってみ  籤を引いてみ  願掛もしてみ  薬も飲ませてみ  一つ一つ引合せてみ  事を聞きただしてみ  一万尺と想ってみ  うえにみ  性命を尊み  中を見廻してみ  東西南北を調べてみ  一二三四に宛て嵌めてみ  一渡り書物を眺めてみ  それからパラパラと翻ってみ  首を捻ってみ  あとなどはどんなに透かしてみ  身体をひっくりかえしてみ  カンフルを打ってみ  屹度実験室よ、行ってみ  眼を開いてみ  上に重ねてみ  上に書き並べてみ  風に考えてみ  話を考え直してみ  余と言ってみたり、我と言ってみ  俺と言ってみ  一発放ってみ  眉間めがけて投げてはみ  灸を据えてみ  ことができて、まずまあ、お寝み  証拠だって、出してきたけりゃ出してみ  ウンと言うかどうか、話してみ  努力してみ  執念く頼んでみ  一軒頼んでみ  眺望にも対してみ  鼻緒を触ってみ  上り口からそっと覗いてみ  ことあ考えてもみ  文章を置きかえてみ  吟味してみ  簡単にこしらえあげてみ  もいちどそっと読みかえしてみ  頁をひっくりかえしてみ  文章を置きかへてみ  らへあげてみ  もいちどそつと讀みかへしてみ  頁をひつくりかへしてみ  不人情を悪み  天のごとく敬い尊み  日をみ  ことは、大いに考へてみ  背後をふりかえってみ  船着きに出てみ  窓から室内をのぞいてみ  盛衰をみ  母さん月給いくら貰つてんの、あててみ  火をみ  国華レコードに勧めてみ  夢を追うてみ  行為と考えてみ  労働行為と考えてみ  家に住んでみ  大阪一点張りに張ってみ  不遜に呟いてみ  ちよつと待て、読んでみ  北の方を眺めてみ  理窟も一度立ててみ  いっぺん云うてみ  いっぺん見てみ  手にとって見てみ  下に晒してみ  小屋へ行ってみ  伯母やん、一寸這入ってみ  箱棺を叩いてみ  一人で吊り上げてみ  蒲団を摘まみ  一生をとってみ  うしろ姿を振りかえってみ  爺さんをみ  金魚をみ  通りをみ  二つ三つを何かというて使ってみ  廊下を軽く咳こみ  上方見物に行ってみ  体をうねうねさせて、み  世帯をもってみ  安気に暮してみ  肌を撫でてみ  ことを問うてみ  縁側から声をかけてみ  横から覗いてみ  垣根を跨ぎ越して行ってみ  ように言ってみ  あなた一人だし、なんとか骨折ってみ  原稿でも書いてみ  私は尋ねてみ  僕もそうかと思って、聞いてみ  冷酒五臓六腑へ浸み  頬を膨らませてすねてはみ  虱潰しに数えてみ  ところを圧してみ  中に入ってみ  あがきを速み  何度かやり直してみ  叔母さんも写してみ  反対に勧めてみ  心地で、お寝み  そばに寄ってみ  書付類をみ  横顏をみ  奥さんめしあがつてみ  階段をみしりみ  奥さまはよくお寝み  証明を疑ってみ  結果を出してみ  ところに近付いてみ  指尖でもみ  発作に襲われて激しく咳こみ  憫笑しておたずねしてみ  いま書き抜いてみ  枝が時々にみしりみ  ハイカラにみ  いちどもみ  ぢや、み  先生はたいへんお忙しいので、み  ものはみ  私をばみ  なかった荷物を開けてみ  備忘までに書いてみ  可愛いお宝ちゃんお寝み  お嬢様もっとお寝み  一人笑いをしてみ  広間へ帰ってみ  暫らく足をとめてちょいと揺すぶってみ  想像に浮べてみ  庭を覗いてみ  念頭に浮べてみ  眼をあけてみ  窓を覗いてみ  今日よく見直してみ  事も考えてみ  ものかと、考えてみ  私もよく考えてみ  池を浚えてみ  行つて二たびかへりみ  手を握ってためしてみ  卒業してみ  何かないかと探してみ  位置へ戻ってみ  先に挙げてみ  んだとみ  わたしはみ  存分寝てみ  一造を呼んでみ  何百年来誰ひとり考えてみ  さを抱いておりますが、行ってみ  ゆっくり話しかけてみ  とっくり相談してみ  図星を当ててみ  上などと威張ってみ  顔がみ  思いでみ  大口を開けて、まがみ  玄斎をおだててみ  毛筆をつくってみ  気も引いてみ  トキエに話してみ  打振ってみ  夢のように反芻してみ  末のくれちかみ  剣欠きてみ  耳を立ててみ  蒲原家へ駈けつけてみ  古道具屋をのぞいてみ  ものを覗いてみ  憫れみ  自動車を走らせてみ  それをみ  石を落してみ  上へ坐つてみ  叢をうろついてみ  ただぼんやりと坐つてみ  上へ寝倒れてみ  玉砕と書いてみ  ゆっくり読んでみ  いちど読んでみ  振りかえってみ  口を開けてみ  剪刀で断ってしらべてみ  間違いがあるだろうと思ってみ  ゴルフをさせろといってみ  私も引っ越してみ  足でしらべてみ  一とみ  アンマをよんで訊いてみ  本因坊に訊いてみ  効能書を読んでみ  一服やってみ  植物辞典もかねて調べてみ  植物辞典をみ  地点を捜してみ  古老にきいたりしてみ  タマを打ってみ  成形手術をたのんでみ  一日ゐてみ  釋然として見せるには、少しばかり負借み  類をみ  かたっぱしから叩いてみ  属籍を訊いてみ  三郎がいってみ  のと、寒いのに、向うみ  前に踞み  つて東京へ出てみ  読返してみ  ッ腹に呼んでみ  機会に訊いてみ  あいだに考えてみ  のをやってみ  よしあしを訊いてみ  場所へやって探らせてみ  ものを考へてみ  言つてみ  感激したり力んだりしてみ  仇心とみ  そばに置いてみ  自分に聞いてみ  そつと開けてみ  お隣で聞いてみ  夫婦をみ  ひとにみ  死体をみ  明日までよく考へてみ  ことを考へてみ  ところを申し上げてみ  とつてみ  ぢつと比べてみ  指環とくらべてみ  仙台まで下ってみ  足を止めてみ  心身に、ひしひしと浸み  から、ありついてみ  女ぶみ  其日を繰つてみ  丘へきてみ  四度も聞いてみ  病院へいってみ  お里へいってみ  西へもでてみ  売卜にみ  揮つて彫み  氣色ばみ  脂が浸み  隙かしてみ  国々をみ  前景気をみ  仕事ぜんたいをみ  ことをおもくみ  から浸み  のかを訝しみ  字をみ  事情一つを考えてみ  どっちをとってみ  日本をみ  嚥み下してみ  時間であると考へてみ  懐を探つてみ  下山事件をみ  ことが、必ずみ  皮相的にみ  日本にみ  序文をみ  害悪をみ  姿としてみ  中尉を心から卑しみ  生活を描いてみ  言葉で書いてみ  生活をみ  こと、あらわしてみ  額がみ  苦心してみ  やうにしてみ  様子をきいてみ  懸命になって押してみ  舟に乗り替えてみ  ひかりにみ  とき、思いだしてひっぱりだしてみ  それからソット近づいて覗いてみ  決定をみ  魂を握み  鼻を撮んでみ  窓から首を突き出して眺めてみ  あたりを押してみたり、撫でてみ  抗弁してみ  医者が煙たかつたり、冷やかしてみ  様子を調べてみ  顔をのぞいてみ  金龍山へ行ってみ  方へ行って探してみ  ために行ってみ  息吹きに触れてみ  直接めんどうみ  読みかへしてみ  今日、よみかえしてみ  花魁も浮かみ  原稿をあけてみ  人々がみ  身に考へてみ  心にかへりみ  障子をあけてみ  ゆつくりみ  一つをとってみ  どれをとってみ  ことは少しあたってみ  後日さらに詳しく考えてみ  新聞に書いてみ  ソヴェト同盟をみ  わたしのみ  卵を使うかと問うてみ  きゃんきゃん鳴かせてみ  玄関までのぞいてみ  一口毒味をしてみ  皮をつついてみ  店へ来てみ  しろをのぞいてみ  師のちがいみ  ご先祖さま、み  賊徒とは思われぬが、一応疑ってみ  軍法会議にさし廻してみ  もいちど味わってみ  貴公に分るかどうか試してみ  剣を抜き払ってみ  もっと熟慮してみ  胸をたずねてみ  おまえも寝み  関羽はこう訊ねてみ  経済といえばむしろ卑しみ  麓へ押しよせてみ  先鋒で、当ってみ  考えを告げてみ  愍れみ  普通に日を繰ってみ  語り口で語ってみ  顔でおきみ  ことを、少し詳しく語ってみ  もう一度引きかえしてみ  のはおきみ  昼間おきみ  のもおきみ  日おきみ  これ以上話をしてみ  あちこち奉公してみ  私はさっそくやってみ  何をやらしてみ  自分を振り返ってみ  懇願してみ  君を叱ってみ  朝寝坊してみ  長じゅばんを着てみ  振袖をつけてみ  提灯の光りをみ  体を集めてみ  名をよんでみ  様子を、こっそり探ってみ  ことだろうかと考えてみ  壮い漁師に逢ったので聞いてみ  合ひに、み  露西亜語できいてみ  ためにやってみ  当もなく登ってみ  桜木町に這入ってみ  お爺さんは帰りましたかと聞いてみ  辺をぐるぐると歩いてみ  石道をぽくぽく歩いてみ  堂へ上って拝んでみ  肉を食べに這入ってみ  腹だとかいってみ  独白をしてみ  組織をみ  わたしひとりについてみ  顔を眺めてみ  復誦してみ  十年まえ、とみ  帰省してみ  新橋駅で、小さいとみ  うちに、とみ  それを考えてみ  それと入れちがいに、とみ  振りむいてみ  方と握み  塩ばかりなめてみ  自分を調べてみ  こっちへ来てみ  質問してみ  文句に触れてみ  今になって考えてみ  起しに行ってみ  電話をかけてみ  ユックリ考えてみ  突合わせてみ  ちょっとテストをやってみ  啖付いてみ  生活がしてみ  それは考えてみ  一旗を上げてみ  主演してみ  様子を探ってみ  二人で行ってみ  何だって聞いてみ  大森署へ行ってみ  もう一度用事が出来たからと云っておいて、引返してみ  それだったら、考えてみ  料理をしてみ  手をみ  話がしてみ  大頭へ載せてみ  いちど、読んでみ  色艶つけて書いてみ  源ちゃん最早お寝み  一寸と立てみ  寢顏をみ  樣子を見てみ  懷を開けてみ  頭を打ちつけてみ  中を歩いてみ  策略を考へてみ  渡は讀み返へしてみ  ツこんで、離れてみたり、近寄つてみ  言葉をかけてみ  水戸部巡査を見てみ  いふものにも、よく聞いてみ  ものを解いてみ  問題としてみ  総体としてみ  自主たろうとするやみ  主人に云ってみ  巡査に話してみ  問訊してみ  妻子たちを集めてはどうかと言ってみ  酒の浸み  久しぶりで会ってみ  世間に知れてみ  世間で働いてみ  一度もまだはいって行ってみ  ことも努めて考えてみ  木庵を送ってみ  毎日こうやってちょいちょい掛けてみ  奔走してみ  ものやら持ってきて、較べてみ  展げてみ  ちょっと展げてみ  父うにきいてみ  腕にあやかりたいと思ってはみ  今日よりみ  腰を据えて読んでみ  人間がともかくやってみ  今読んでみ  ものだから、いよいよやってみ  特徴を書き出してみ  形式に流し込んでみ  解説を出しておいて、実際に見てみ  発想を切り替えてみ  実験を行ってみ  ハイパーカードに流し込んでみ  言葉にしてみ  直感は、読んでみ  実施してくれないだろうかと申し出てみ  原稿をじっくり読んでみ  視点を据えてみ  誕生を思い描いてみ  ソフトを使ってみ  ツールキットを使ってみ  そこまで追い込まれてみ  何度考えてみ  手を染めてみ  会社に入ってみ  一から勝負してみ  課題ですから、開けてみ  文章を組み合わせてみ  キャラクターを動かしてみ  時点で読んでみ  日常を揺さぶってみ  エキスパンドブックを実際に使ってみ  どこを取ってみ  本腰を据えて書いてみ  ホームページを作ってみ  検索エンジンをあたってみ  道具を、さっそく試してみ  クリックしてみ  作業に取り組んでみ  ブックを開いてみ  ホームページを開いてみ  闇雲に駆け出してみ  目で確かめてみ  ようにして近づき、向き合ってみ  いつか吐き出してみ  まえがきを読んでみ  原稿自体は変わらないが、開いてみ  言説を考えてみ  捜索してみ  警笛を鳴らしてみ  スイッチを入れ直してみ  一戦、やってみ  急ぎ中へ入ってみ  珠を拝んで占ってみ  上へ掛けてみ  横へのばして張ってみ  博士に、それとなく聞いてはみ  部屋へ行ってみ  誰かに聞いてみ  飛行機に乗ってみ  人にたずねてみ  から火星へ行ってみ  先になってみ  マートンさんに聞いてみ  元気をだして、できるだけ早くやってみ  大志を語り合ってみ  依頼してみ  試みに、駆け向わせてみ  小人をあいてにとって怒ってみ  光を放つので、調べさせてみ  熟慮してみ  微力を尽してみ  刻にも近いのに、まだお寝み  昨夜、よほどお寝み  姿など、考えてみ  何十本つくってみ  身体にやってみ  刺青をやってみ  いくら努力してみ  すべてが割りきれなかったが、割りきってみ  北欧型といい、どうみ  花にかけてみ  今朝、ふと気がついてみ  訊問してみ  から早速やってみ  事から初めてみ  学業を学んでみ  涙がにみ  篤学渡辺一夫氏とを並べてみ  端まで出てみ  暑気がおどみ  広縁から庭先へ出てみ  ほうをのぞきこんでみ  勇気をだしてたずねてみ  ほうをみ  注意してやりたかったが、そうしてみ  ひと口、飲んでみ  いまさら気取ってみ  ことも言ってみ  ことを言ってみ  のか、わかるみ  訳があるなら、言ってみ  もっとやってみ  ところへ出かけるみ  んだろうと思って、はいって調べてみ  なかをのぞいてみ  こちらから切りだしてみ  疑問をおこして、たずねてみ  気をひいてみ  折をみ  こいつを怒らしてみ  ガイガー計数管を持ちだして、あたってみ  事務所へ行ってみ  サト子が、たずねてみ  ことを言いかけてみ  ものは、よく聞いてみ  秋川にうちこんでみ  せいだったろうと、しんみりと思いかえしてみ  のではないかと思って、それとなく、さぐりをいれてみ  対坐してみ  顔をみてみ  ところで、じっくりと考えてみ  ためしに寝ころがってみ  中村に言いかけてみ  主人にたずねてみ  設備をしてみ  解体すれば、さねみ  君主のとてみ  ことになるので、かたみ  いま、いくら考えてみ  ちょっと訪ねてみ  眼界に浮かみ  理屈なしに親しくしてみ  一緒に来てみ  国民史を繙いてみ  動作が、やってみ  悪戯がしてみ  紙片を拡げて、ひっくりかえしてみ  毒みをみ  口飲んでみ  ようにしてみ  肩に触ってみ  のだと考えてみ  一度はいってみ  のをすっかり話してみ  何を訊いてみ  頃から絵草紙をみ  その後二晩ばかりやってみ  勝手にされてみ  彼はいるだろう、どうかして会ってみ  懇意にしていたにかかわらず、さて思い返してみ  夫人をかへりみ  ことにしてみ  一人で考へてみ  申上げてみ  眼でみ  名を呼んでみ  ひとつやりとげてみ  指に嵌めてみ  死体を眺めてみ  撫てみ  杉戸を開いてみ  穴から先に入ってみ  その後を追って入ってみ  あそこに住んでみ  私がみ  中から、み  中でみ  真っすぐにみ  ノックをしてみ  選手がみ  顔もみ  一時前にみ  過ぎに、み  二度よんでみ  布団をあげてみ  場所へはさんでみ  とおり頭から布団をかぶせて、そっとみ  三時にみ  今朝、み  そこらじゅう探してみ  肩をだいてきいてみ  窓から外をのぞいてみ  何かしらひと花咲かせてみ  年ごろになってみ  手に入るなら調べてみ  一いき水を吹いてみ  視線を追ってみ  蒼になってお寝み  雪ちゃんに訊いてみ  部屋を覗いてみ  天をみ  ほぞらはそのみ  ビロードのやわらかみ  松下禅尼までよんでみ  千代がみ  諸君にきいてみ  結果になるかを考えてみ  真似がしてみ  野村は考へてみ  土まで喰ってみ  賊を防いでみ  背中を叩かれてみ  曹操はそれとなく訊ねてみ  機をみ  張大将に伺ってみ  群書をみ  一つのべてみ  申しのべてみ  内々、取調べてみ  問題として取りあげてみ  行動がみ  一面をみ  これをもつてみ  一時代を顧みてみ  全面に浸み  ことと共に、深く考へてみ  努力はみ  行はれてゐるとみ  排斥してみ  民主主義はいかんと騒いでみ  金をつかってみ  我が身に賭けて探してみ  一人実験台にのぼってみ  気持で聞いてみ  否定してみ  拍手をしてみ  合槌打ってみ  付会してみ  エタの子なりと云ってみ  これを担ぎ上げたりしてみ  一つにみ  同一にみ  素姓について考えてみ  方にみ  ガラス絵を描いてみ  何枚でも描いてみ  喰べてみ  自然を組みかえてみ  机を飾ってみ  ギターをのせてみ  変形させてみ  転々してみ  ことがやってみ  当分フランスパリで作ってみ  何か喋ってみ  何万円とつけてみ  画家もやってみ  勝手にありがたがってみ  対象物に出会うとどうあっても描いてみ  誰でも一応は申してみ  洋画展覧会があったのでのぞいてみ  口上がいってみ  招待して描かせてみ  から描いてみ  カタログをみ  何だか水にひたつてみ  川づたひに行つてみ  スタンレーは驚き、また喜んで、よく尋ねてみ  品物を調べてみ  驢馬に乗つてみ  回想してみ  詰所に出ていてみ  創を洗ってみ  食つてみ  吸飮してみ  吸つてみ  吸ひつづけてみ  一人に訊いてみ  声を揃えて呼んでみ  もう一度逢ってみ  そばにいってみ  とき、紅み  顔を上げてみ  先生に、きてみ  説に従ってみ  形勢不利とみ  三千万人以内とみ  家についてみ  過去に引き当てて考えてみ  某所とかで、実際にやらしてみ  此浪人をみ  眼を据えて見定めてみ  旧友と話してみ  から耳を澄ましてみ  つもりでさぐってみ  道を阻んみ  丈、いやみ  鏡にたしかめてみ  周囲を見わたしてみ  罵倒してみても、撲ってみ  半年を振りかえってみ  脚をみ  ドアを閉めながら、では、お寝み  から先生のお寝み  恐々扉を開けてみ  言語学者に質してみ  出来上つた翻訳を読んでみ  ことについて、少しばかり書いてみ  仮名で書いてみ  直訳口調からくる可笑しみ  のかなと考えてみ  今日はどうかしてると考えてみ  気になってそう誘ってみ  雨戸を開けて覗いてみ  僕、み  ソッと持ちあげてみ  取調べをしてみ  麻雀ガールにちょいと訊いてみ  牌を並べてみ  試験をしてみ  頁をくりかえしてみ  星尾に当ってみ  園部を呼んできいてみ  横合いからきいてみ  四としてみ  復習をしてみ  上にうつして考え直してみ  何か無かったかと尋ねてみ  園部にみ  心を覗いてみ  心を計ってみ  なみだのみ  新聞をみ  嫁と並べてみ  頸筋をみ  確めてみ  主をみ  敵愾心を募らしてみ  こついたりしてみ  周囲を見渡してみ  頬をみ  のかと突きつめて考えてみ  子供をみ  汁だけではなく、み  街へいってみ  学生運動を振返ってみ  ぐつすり眠てみ  波をみ  三百六十五日浚ってみ  潤ひと柔かみ  女だらうと考へてみ  先に乗せてみ  思つたので覗いてみ  女だろうと考えてみ  端に乗せてみ  何かしていると思ったので覗いてみ  順をおいてみ  武蔵野館へ行ってみ  熱心にみ  中においてみ  我足音に驚かされてかへりみ  たるとき、探りみ  海燃えぬ思ひみ  法華経よみ  信望を試みてみ  玉帯をあらためてみ  裏表を調べてみ  上をのぞいてみ  痛恨してみ  大事を諮ってみ  から云ってみ  人を、云ってみ  利をみ  名をあげてみ  詩句をつけてみ  世俗の聞きおよびを、申しあげてみ  顔いろをうかがってみ  狂躁をふかく戒めたが、叱ってみ  助力を与えんなどとは、思ってみ  小当りに当ってみ  思いくらべてみ  脈をみ  新聞でみ  窓帷を開けてみ  ガラス戸を押し開いてみ  一度も行ってみ  きょう、くりかえし読んでみ  短かい物語を書いてみ  ものに凝つてみ  宿を定めてみ  素性をきいてみ  居間へ戻つて寝ころんでみ  形跡から考へてみ  ことに進んでみ  生き方がしてみ  激しい恋愛がしてみ  質問をもうすこしくわしく語りひろげてみ  料理屋へ行ってみ  うまいかも知れないと思い、食べてみ  写真をみ  状態としてみ  ほんの少しだけ申してみ  妖怪に逢ってみ  塔を撫で廻してみ  手を拡げて探ってみ  まま姿は浸み  新劇協会をみ  後ろを振り返ってみ  自分自身を振り返ってみ  一人であると思ってみ  ひととおりは考えてみ  真似ごとだけでもしてみ  ように考えてもみ  ことを繰り返してみ  なかを覗いてみ  ロマンティックにしてみ  幻想を抱いてみ  目前へ描いてみ  ように訊ねてみ  巻煙草を置いてみ  幾回でも繰返してみ  様子を窺ってみ  瞬間からでもすぐ止めてみ  飜訳してみ  なかで思わずも言ってみ  なかに見てみ  方へも出掛けてみ  夢にみ  舞台を覗いてみ  意地悪く受けいれてみ  彼自身へ言ってみ  人力車に乗ってみ  嘲弄してみ  真面目に考えてみ  彼を振り返ってみ  なかを窺ってみ  ひとわたり覗いてみ  書籍を積み重ねてみ  鑵詰等を並べてみ  空想してみ  柳とともに話し合うてみ  相手と話し合ってみ  柳をさしはさんでみ  心へ言いかけてみ  そこへ行ってみ  博士に会ってみ  顔を見てみ  悪を悪み  ものであろうかと考えてみ  点を詳しく調べてみ  客観的態度をもって少しく進んでみ  痛切に味わってみ  前に浮かみ  いろいろにかけ換えてみ  幾らでも描いてみ  それを描いてみ  前へ来ると聞いてみ  関係を聞いてみ  おれは聞いてみ  ちょっと探ってみ  家か、よく考えてみ  翌朝、行ってみ  日射しをみ  海をみ  ひとさまがみ  飼つてみ  んですが、這入ってみ  ちょっと口を辷らして聞いてみ  全力を注いでみ  ことを、又むし返して洗い立ててみ  女中をとらえて、それとなく調べてみ  ちょっと利息帳を繙いてみ  ふしぎに思って聞いてみ  洗いをつくらして食ってみ  夢にまでみ  二尾ばかり食ってみ  つもりで噛んでみ  試食してみ  箸をつけてみ  不自然でなかったら言ってみ  からだにつめたく浸み  献上してみ  宮古まぐろといってみ  話半分に考えてみ  故郷へ帰ってみ  キューキューいってみ  ひとつひとつすかしてみ  ほうにのせてみ  お母さん、み  お便りをみ  根室本線へ這入つてみ  匂ひが浸み  瞑想をしてみ  手にしてみ  町でも歩いてみ  歸つてみ  ちょっと手にとってみ  時文章も作ってみ  ことを勧めてみ  何か書いてみ  文章を作ってみ  今手紙を取り出してみ  聯想を書いてみ  影像が浮かみ  お先へ寝み  ちょっとあたってみ  のだったか、あるいは取りかかってみ  目を働かせてみ  外国へ出てみ  範囲内だけで考えてみ  甘藍を摘んでみ  脇の下へ抱えてみ  覘いてみ  顔に触ってみ  なかへ沈んではゆくがみ  とこでふざけてみ  まま胸をふくらませてみ  むしをみ  春雀をみ  なかをみ  雨窓をあけて雨をみ  均らしてみ  根元をみ  山間を眺め渡してみ  杢之進に較べてみ  細工邸へ、出かけてみ  もの蔭にみ  三地を通じてみ  山越えとみ  具体化してみ  ことを、言ってみ  ようとしてみ  それを取ってみ  形をしてみ  振り動かしてみ  署名を調べてみ  阿片チンキを飲んだみ  時眺めてみ  その後に眺めてみ  糊塗してみ  今ここで考えてみ  身の上をいろいろと尋ねてみ  常談に言ってみ  上に出てみ  心に蘇み  しかう判つてみ  眺めに行かうかと考へてみ  当太郎を訪ねてみ  俺もすこし歩いてみ  とき死んでみ  ものですけど、一応はでかけてみ  出口まで出掛けてみ  息の根をとめてみ  時間を探さうとしてみ  場所へひそんでみ  朝から方々職を探してみ  ポケットを掻き廻してみ  決心をきめて蒼み  案内を乞うてみ  力をこめて呼んでみ  逆立をして写してみ  乾版を覗いてみ  ようにして覗きみ  展覧会をやってみ  中をうろうろと捜してみ  思浮べてみ  姿体を見直してみ  楽しい夢をみ  方を振返ってみ  下腹まで浸み  苑内まで立ち入ってみ  一圧を加えてみ  憂き目をみ  意をたずねてみ  河北へ行ってみ  今のは、いささか戯れをいうてみ  関羽が来てみ  姻戚政策をとってみ  人より起るとみ  危険だとみ  防戦してみ  望みを打ち明けてみ  挑戦してみ  玄徳は思い出してみ  風雲を語ってみ  追手をかけてみ  声も嗄れよと呼んでみ  城内へ戻ってみ  庵を訪うてみ  様子もないし、いくら待ってみ  中へ這入ってみ  跡をつけてみ  雖も、最少し叩いてみ  色いろ訊問してみ  順序方法を述べてみ  其方こっち歩いてみ  彳んでみ  旧を洗ってみ  物欲しそうに、黙ってみ  多勢子供も有ってみ  活動してみ  父親に訊いてみ  仕事に働いてみ  人にも聞いてみ  市中を彷徨いてみ  一度くらいは行ってみ  姿を現して、暫く坐ってみ  それがじみすぎて、着てみ  縁側へ出てみ  鶴さんにも訊いてみ  二三度階下へおりてみ  傍へ来て坐ってみ  一目もみ  母さんは黙ってみ  そうに覗いてみ  顔を眺めながら言ってみ  島は言ってみ  湯に行ってみ  ところで、思うさま泣いてみ  場所を覗いてみ  仕事に思うさま働いてみ  情婦にもってみ  胸算用で見積ってみ  二日歩いてみ  三度も迫ってみ  東京にもみ  ように、そう言ってみ  人にも逢ってみ  面倒はみ  子供らを託してみ  場所にも置いてみ  部屋を歩いてみ  子供を養ってみ  旅なぞをしてみ  そばに暮らしてみ  明日はと待ち暮らしてみ  地下室にたとえてみ  のかと想ってみ  六本木まで歩いてみ  張り唐紙を入れしてみ  前に持ち出してみ  旅だと思って出かけて行ってみ  じゃんけんしてみ  いろいろに言ってみ  左ならやってみ  不自由さえなくば、そう想ってみ  胸に浮かべてみ  わたしにも持たせてみ  検べさせてみ  羽に触ってみ  女にしてみ  お前に逢ったら、一度訊いてみ  野路へ出てみ  それを嘗めてみ  催促をしてみ  一緒に出かけてみ  私訊いてみ  ことでもしてみ  電気帯でも買ってみ  頼宣はもしやと思って検めてみ  遊蕩生活を繰返してみ  僕考えてみ  きんぽうげうごいてみ  さみだれあうたりわかれたりさみ  絵具で描いてみ  命畏み  二述べてみ  ために述べてみ  商売がしてみ  方へ行ってみ  方法を考えてみ  からのぞいてみ  人ごとにたずねてみ  名を言ってみ  もう一度行ってみ  病気が長引くとみ  電話できいてみ  匂いをかいでみ  一遍調べてみ  枕頭に行ってみ  お金をかぞえてみ  持主はだれです、と聞いてみ  方へさがしに行ってみ  ぼうけんがしてみ  そこらじゅうを歩いてみ  海べまで来てみ  名前をしらべてみ  私もまた、あぶみ  川を下ってみ  五六本、射てみ  事を考えてみ  芸術に生かしてみ  人が、ああもし、こうもして生きてみ  洞あなをのぞいてみ  女を描いてみ  夜に覚めてみ  ことなぞ考へてもみ  喫つてもみ  頭に描いてみ  手あたり次第に書きなぐつてみ  不可能だとみ  なかにもみ  書斎のあつちこちをひつくり返してみ  顔をつねってみ  おじさんを一目み  ことをふりかえってみ  むかしらんと、いろいろと考えてみ  ゆうべ火柱をみ  話から考えてみ  草にとられながら、廻ってみ  話を聞いたので、少し取りみ  もう一度しらべ直してみ  自分もいってみ  私は、こう考えてみ  千二少年に会ってみ  大引出を、開いてみ  正気にもどってみ  部屋へはいってみ  それはよく、たしかめてみ  次をうたせてみ  君が調べてみ  時計を鳴らしてみ  後から、呼びかけてみ  考えを言ってみ  幾度もうたがってみ  ことについて調べてみ  ところまで、行ってみ  それは、み  先生が軽く叩いてみ  さらいをしてみ  今言ってみ  日本について考えてみ  方を、しきりにさがしてみ  中に入れてみ  手をかけて動かしてみ  あとをしばらくつけてみ  僕は、はっきり、み  山へ上ってみ  耳にかけてみ  ものを言ってみ  口にあてて、使ってみ  連中を助けてみ  人間を、助けてみ  つまみをさぐって廻してみ  種をまいてみ  一発撃ってみ  ピストルを撃ってみ  口でおこってみ  男をひきおこしてみ  汗をかきながら、み  ところをみると、どうみ  受信機をはたらかせてみ  目盛盤をまわしてみ  ここから、のぞいてみ  爪さきで、のび上ってみ  こ目でみ  魔術をみ  中で呼んでみ  涙をこぼしてみ  ペペ山へは時々いってみ  火星に来てみ  からだにつけて歩いてみ  ハンドルをぐるぐるまわしてみ  宙をとんでみ  千二は大きなこえをだして、いくどもよんでみ  もう一度呪文をとなえてみ  衆智に訊いてみ  甘寧に頼んでみ  帽にして結わせてみ  劉表とを比べてみ  背から剣を奪りあげてあらためてみ  人物ではないとみ  大事を争うてみ  主君にすすめてみ  比較遊ばしてみ  肚を訊ねてみ  兄だとみ  胸をたたいてみ  それを云ってみ  ひそかに計ってみ  ひとつ折をみ  戦場に臨んでみ  仮屋をうかがってみ  しずかにおちついて調べてみ  ときのおどろきを考えてみ  ルウスから電話でも来たかと思って訊いてみ  指を当ててみ  んですが、若し伺えたら伺ってみ  事情を訊いてみ  ためしに闘わしてみ  ことを怪み  ところに来てみ  ことすら、考へてみ  ことは考へてみ  違ふと考へてみ  動機についても考えてみ  女性を描いてみ  砂丘に立ってみ  顔に近づけてみ  作品を書いてみ  壁辰さんはいませんかと探してみ  のと言ってみ  有にしてみ  心中に考えてみ  愛嬌たっぷりに言ってみ  独りで炊いてみ  馬場へ飛びこんでみ  文身を見せながら、ちょいちょい指さきで摘まみ上げてみ  者に話してみ  さっきふらりと言い出してみ  皆さん、早く行ってみ  さそうに訊いてみ  紹介状をくれたので、訪ねてみ  病気にでもなってみ  のだろうか、と考えてみ  誌してみ  形で考えてみ  所に出てみ  外を歩いてみようかと云ってみ  調子で尋ねてみ  郊外でも少し歩いてみ  私いろいろ考えてみ  庭に出てみ  風に尋ねかけてみ  何度も廻ってみ  外を眺めてみ  街路を歩いてみ  晩になっても一度かけてみ  火をつけながら尋ねてみ  ゆっくり落着いて話してみ  心をよく聞いてみ  油断をしてみ  俊子へ尋ねてみ  二三日考えてみ  計画をまた思いめぐらしてみ  理想主義で押し通してみ  面白い幻覚をみ  おり言ってみ  我執とみ  寒いから爐を焚いてみ  隙間なのだとおもつてみ  何度も讀みかへしてみ  若い者に聞いてみ  分派についても考えてみ  実体をいっそう立ち入って考えてみ  京都についてみ  彼らに対してみ  別に論じてみ  推測してみ  義であるとみ  申状を合わせみ  十分明らかにしてみ  類にみ  それについてみ  増補してみ  一番軽くみ  類とみ  両手を突こみ  言葉を案じてみ  正坐してみ  中をうろうろ歩き廻ってみ  上にごろりと寝ころんでもみ  恋愛でもやってみ  ゆっくり読みかえしてみ  本気で書いてみ  旅行でもしてみ  ゆっくり旅行でもしてみ  枚数を調べてみ  必死にたずねてみ  そいつを書いてみ  なんども呟いてみ  何ですか、とたずねてみ  宿へも立ち寄ってみ  いちど話かけてみ  尻餅をついてみ  終りまで書いてみ  秤にかけて較べてみ  駅へついてみ  払つてみ  踊つてみ  吸ひ込んでみ  世界にまで浸み  映画当事者はなんとみ  意味を、もつと広く考へてみ  農民一人を取つてみ  絵本などをみ  それを打ち合わしてみ  上をしらべてみ  うちで叫んでみ  氷枕に触ってみ  何か云ってみ  時ふと思いだして聞いてみ  前に坐つてみ  一本つけてみ  中などを歩いてみ  ほうはみ  一ぺん習ってみ  顔をしてみ  道楽半分に少しばかり調べてみ  同列に並べてみ  何処にあるかと考えてみ  ふくだみ  上ですねてみたり、じぶくってみ  座談会をみ  題材からだけみ  話をみ  旅をしたらうなどと考へてみ  てゐたかしら、などと考へてみ  ことにも、与み  肩にみ  渦巻が、み  個性美を尊み  肉心にみ  嫗さんをみ  自分はゆめをみ  重みにみちみ  詩どこをみ  働きぶりをみ  太陽樣もみ  吸はせてみ  偉大それをみ  男それをみ  聲をまねてみ  くだものそれをみ  時それをみ  靈魂をおんみ  ことおんみ  世界をよくみ  而もおんみ  子どもでみ  二本三本どこでみ  黎明をみ  人間をはらめるおんみ  地にみ  たけをみ  人間苦何方をむいてみ  詩人間をみ  漁夫にみ  人間をみ  沖合でみ  はつてみ  つてかじつてみ  獅子をおんみ  自分もおんみ  草木がみ  とんぼがみてゐるわんわんがみ  りんごりんごをじつとみ  きれぎれにみ  実現してみ  ひとつやってみ  ほうをうかがってみ  それを攻め取ってみ  言をいってみ  血もみ  道理を説いてみ  骨を折ってみ  易をたてて占ってみ  嚢を開けてみ  一つを開いてみ  心を量ってみ  一つ君に聞いてみ  君に訊いてみ  首を動かしてみ  腰をすこし浮かしてみ  手首をまた動かしてみ  二三日となり、いくら焦ってみ  のといってみ  事をいい合ってみ  おれたちも、よく考えてみ  事を振返ってみ  手を当ててみ  いるかと思って寄ってみ  ねえや、やってみ  私も考えてみ  好評をもってみ  供してみ  消毒させて食べてみ  右枕になってみ  左枕になってみ  壁の穴から窺いてみ  隙から中を窺いてみ  副詞を重ねてみ  天才に往々み  傾向とみ  回想録中にみ  間にみ  帰りをみ  不具的相貌をみ  相手をみ  ちよつと調べてみ  例をひろつてみ  教育についてみ  制度をかへてみ  つまり普通にしてゐると軽くみられ、軽くみ  ものがみ  ねんねこは、どうみ  づ考へてみ  道義的にみ  ものはほとんどみ  ものについて考へてみ  生活条件を考へてみ  意志表示とを重くみ  人間にもみ  狂人とみ  なかにみ  ことは、ほんとによく考へてみ  国にはみ  性質について考へてみ  いざこざをみ  それをさせて黙つてみ  一人しやがみ  二人しやがみ  獣とみ  希望的条件とみ  理解があつたとみ  手段とみ  意見だかまだ質してはみ  表面的にはみ  品位として浸み  造形的にみ  問を発してみ  それがみ  問を出してみ  なにかを問うてみ  標題をつけてみ  国にもみ  精神的破滅はまづ必至とみ  のですが、さて引受けてみ  表はしてみ  変へてみ  感想でも書いてみ  それと見比べてみ  俳諧歳時記を繰ってみ  枕草子などをひもといてみ  統計を取ってみ  所を吹いてみ  店先を覗いてみ  古道具屋へ行ってみ  俺等ドンドン後をつけてみ  俺等行ってみ  二度びっくりして振り返ってみ  衣食住だけを取りあげてみ  重要部分として考へてみ  やうに活かしてみ  黄金を握み  東京へ出て働いてみ  ひとつよく考えてみ  めんどうをよくみ  ようにならなけりゃみ  双眼鏡を出してみ  一たい、おまいみ  リカをみ  畑仕事をみ  序でに、たしかめてみ  がんばつてみ  波間に落ちたとみ  客間へ出てみ  先見を誇ってみ  自分で出て行ってみ  事が起ってみ  協議してみ  試問を呈してみ  計画も行ってみ  それもよいが、まず、こうしてみ  評議してみ  地理的にみ  ことをよく説いてみ  旗色悪しとみ  卜わせてみ  心をひいてみ  牢にはいってみ  やうに書き並べてみ  註文をつけてやらせてみ  たしかなことは、調べてみ  云ひ直してみ  ものは、観てみ  傾向としてみ  無邪気さからだと思ってみ  興味をつないでみ  ほうから迫ってみ  強迫までしてみ  板ぎしみ  んと思ってみ  なんだと思って見てみ  腕にしがみ  心にしめて考えてもみ  間にぐっとあてがってみ  もう一度自分に投げかけてみ  葉子は思ってもみ  肩にしっかりとしがみ  前でさめざめと泣いてみ  一緒に少し歩いてみ  自分をこう卑しみ  手を置きそえながら聞いてみ  自分をたしなめてみ  甲板に出てみ  本気に考えてみ  良人に選んでみ  とっさに思いつめてみ  声を出してみ  声にまで出してみ  字を書いてみ  形を書いてみ  配偶にしてみ  乱れを嘲笑ってみ  言葉をつがせてみ  矛盾を解きほごしてみ  ようにと勧めてみ  木村を困らしてみ  いじめてみ  ようにも思いなしてみ  何かいい出してみ  自分にはどう考えてみ  ようにこう考えてみ  内儀さんになってみ  倉地にいってみ  声で呼びかけてみ  震え声で呼んでみ  胸をゆすぶってみ  手紙を送ってみ  援軍を送ってみ  私が占ってみ  夢でもみ  宵にみ  本心を糺してみ  詩才を試してみ  手前がいろいろ訊いてみ  暦数から迫ってみ  いちど占わせてみ  道はいよいよせばみ  武技を競うてみ  一言つけ加えてみ  彼が気づいてみ  保守派とみ  から、おそらくは用いてみ  権力をもつと、ああしてやたらに威張ってみ  釣りだしを策してみ  下問になられてみ  ちょっと当らせてみ  お話をしてみ  井戸では、永くじっとみ  話を少ししてみ  礼をしようと思ってさがしてみ  表にしてならべてみ  私が知らなかったというだけで、むろん尋ねてみ  庭をみ  見出しをみ  やつて来られるとみ  判断をきいてみ  それをまぎらして笑ってみ  せつ子に会ってみ  から、会ってみ  彼をつかまえて、たのんでみ  コンクリートを押してみ  機会もあるまいと思いまして、よんでみ  から寄ってみ  手をつくしてみ  色恋を案じてみ  手当てについて、考えたり、やってみ  相違ないが、そう考えてみ  一つ一つ読んでみ  酔漢にジロジロみ  突ッついてみ  ジジイに好かれてみ  キッピイさんに、会ってみ  女給になってみ  イタズラがしてみ  心を考えてみ  仲間にきいてみ  彼がどう言ってみ  心配だから、来てみ  苦面を重ねてもやってみ  一生だまされてみ  金をもらってみ  家をたててみ  自然考えているけれども、本当に買ってみ  三四日手当をしてみ  へん、ぶらついてみ  何かしら夢をみ  から、笑ってみ  あときはみ  水とり夜を寒み  国造姓名恐み恐み  野猪のむこうみ  うちしめて滅し去る、怪み  割合にかへりみ  色気が、考えてみ  様子などを訊ねてみ  具象化につとめてみ  ものが、いかにヒネくれてみ  岩と、浸み  一歩でも、控えてみ  豪華極まって浸み  以外には、強いて考えてみ  訪問してみ  彼女の部屋を訪れてみ  一生懸命働いてみ  ゆっくり考えてみ  先生もお寝み  三須藤子を近づけてみ  弁護士に当たってみ  失望を感じながらしばらく待ってみ  公衆電話をかけてみ  かいでみ  それは単に描いてみ  から、お寝み  から電話してみ  検尿をやってみ  裏へ行ってみ  裏へ出てみ  何だか入ってみ  ところで、泳いでみ  入口へ出てみ  たまたま銀座などへ出てみ  寄席へも入ってみ  デパアトへ行ってみ  電報を打ってみ  閾を跨いで訊いてみ  ちょっと電話かけてみ  旅館を訪ねてみ  二三軒きいてみ  一軒当たってみ  膝へ抱いてみ  敷物を敷いてみ  御堂近くまで行ってみ  引っ張り出してみ  浜へも出てみ  何かやってみ  書斎へ帰ってみ  眼を瞑ってみ  縁側においてみ  ほとりへ降りてみ  文を取ってみ  笑談らしく言ってみ  書斎に坐ってみ  作品と読み比べてみ  何となく厭味で古いと思っていたし、少しは悪くも言ってみ  消息も途絶えて、せっかく捜しに行ってみ  瞬間ちょっと想像してみ  汁粉屋へも入ってみ  気軽に訊いてみ  二三度詰じってみ  秘密探偵に頼んでみ  探偵社に行ってみ  ちょっと電話をかけてみ  ドライブしてみ  運転士をやって訊かせてみ  暖かいところへ出てみ  噂と照らし合わせてみ  ちょっとそれにも触れてみ  海へ出てみ  いるかと想ってみ  小説を抜き出して来て開いてみ  ちょっと寄ってみ  ちょっと入ってみ  趣味もようやく濁み  家へ帰ってみ  繰りかえし言い聴かしてみ  後ろから引っ張ってみ  二三度叩いてみ  詰問してみ  から少しお寝み  出直してみ  ひつじ屋へ行ってみ  銀座へ出てみ  僕行ってみ  迹をつけてみ  鳥料理へ行ってみ  場面を描いてみ  黒須さんと話してみ  ちょっと目を通してみ  宅へも行ってみ  今日起きてみ  ちょっとホテルヘ行ってみ  食堂へ入ってみ  面で訊いてみ  飯を食べに寄ってみ  峰が高く大きすぎて与み  ものも読んでみ  高島屋へ行ってみ  二階座敷へ行ってみ  婦人をおとずれてみ  手前も考えてみ  尾けてみ  交際してみ  一夏一緒に暮らしてみ  方へも行ってみ  庸三はせっかく行ってみ  寄席へ入ってみ  示唆を与えてみ  二階へ上がってみ  下宿を訪ねてみ  部屋へ躍り込んでみ  瑠美子にきいてみ  今日行ってみ  ふじ屋へも入ってみ  折鞄に入れて行ってみ  紹介されてみ  アパアトを訪ねてみ  のだとみればみ  国々にはみ  旅をしてみ  傾向がみ  何処をみ  ひとつの姿がみ  文化的にみ  食物についてみ  上衣を引つかけてみ  競争してみ  書生を置いてみ  時に為ってみ  働らいてみ  帯に仕立てて着てみ  一番先へ這入ってみ  薪を焚いてみ  方法でも講じたらと思って色々勧めてみ  中で繰り返してみ  近所まで押し寄せてみ  いるかと思って一寸来てみ  打算してみ  のかと思って、聞いてみ  新宅へ行ってみ  金になりたいと焦ってみ  ためしに遣ってみ  旅行でもしようかと思ってみ  顔で聞いてみ  思案してみ  何事だろうと推してみ  運動をしてみ  眼に訴えてみ  今日に至って振り返ってみ  点に向って進んでみ  一遍考えてみ  顔を持って行って嗅いでみ  方へ出て来てみ  自分も遣ってみ  頭を振ってみ  振り玄関へ出てみ  書生部屋を覗いてみ  先を調べてみ  鼻に当てて嗅いでみ  不自由はあるまいと尋ねてみ  二三枚あとへ繰ってみ  数を調べてみ  模様を尋ねてみ  順次に遡ぼってみ  此所まで述べてみ  尾をぶら下げて、頻りに嗅いでみ  心持も聞いてみ  大分考えてみ  真相を探ってみ  気迷れに一寸結ってみ  職業を想い浮べてみ  問を掛けてみ  筆を持ってみ  社まで出掛けて行ってみ  ざつぱに分けてみ  それを許してもみ  様子も探ってみ  一度は断ってはみ  ちょっと調べてみ  調らべてみ  私はきいてみ  あなたにかけてみ  剛直性をためしてみ  度合いをしらべてみ  待合室にとんでいってみ  発作からさめてみ  二階に上っていってみ  これを読んでみ  んだから、いってみ  事件を調べてみ  懐中レンズで調べてみ  鍵もとって、しらべてみ  みんなしらべてみ  調べになってみ  足跡を調べてみ  人物試験してみ  考察をしてみ  のを、時々読んでみ  何度もみ  今までみ  青年を一度み  先をみ  成行きをみ  盆踊りをみ  夫をみ  脳タリンスをひやかしてみ  味を見てみ  店に働いてみ  表現してみ  朝顔型にひらいてみ  一度も唄ってみ  力について考えてみ  人を計ってみ  のだと考へてみ  鼻うちかみ  犬飼ぬし、み  裸体をみ  大目にみ  石間をせばみ  至尊族伝来の太み  家庭で、少し働いてみ  何気なく一捻り捻ってみ  記憶を辿ってみ  袖を探ってみ  仔細く調べてみ  蓋を抜いてみ  紙を延ばしてみ  独楽を廻してみ  即座に廻してみ  幾十回となく廻してみ  綴り合わせてみ  城中へやってみ  それに訊いてみ  勅を畏み  眼にみ  これをただしてみ  地を変えてみ  詔を畏み  一陣を布いてみ  自身先に立って追いかけてみ  蜀兵を、深く探ってみ  小説を読んでみ  さについて考えてみ  選集を開いてみ  苦悩について、少しでも考えてみ  苦言を呈して、み  旦那お寝み  島田髷を振りみ  そこまで考へてみ  敢てしてみ  鏡を出してみ  ここまで浸み  ちよつと来い、といつてみ  中でいつてみ  若い時分にみ  掲示板と見くらべてみ  ものだと、開いてみ  一つ一つ検討してみ  サイコロにきいてみ  ちょっと不安になってきいてみ  手に取ってみ  復校願を出すと云ってみ  手伝いでもしてみ  行動を話してみ  なに一寸会うてみ  あっちこっち心当りへ掛けてみ  言い方だと思いながら、皮肉ってみ  小説はどう考えてみ  声をきいてみ  小田はきいてみ  いま考えてみ  推察してみ  入口をみ  これを畏み  朝早く起きてみ  つて行つてみ  與吉はとみかうみ  事実一つをとってみ  緑屋などと訳してみ  回転させてみ  んも繰り返してみ  どちらを向いてみ  時、み  米価についてみ  輸出入額についてみ  もしもしと呼んでみ  隙間から中を覗いてみ  それから雨戸をこんこんと叩いてみ  中へあがってみ  こちらへ来てみ  ちょっと開けてみ  杉原署へ行ってみ  フトそれを思い出し、食べてみ  特に注意してみ  ことなのか、考えてみ  おみくじをひいてみ  何回となく頼んでみ  石橋を叩いてみ  操つてみ  からかつてみ  好敵手とみ  加へてみたり減らしてみ  左右をかへりみ  直接お逢いしてみ  事をいくら云って聞かせてみ  耳を傾けてみ  まわりをまわってみ  のをあけてみ  案内してみ  きゅうりをみ  宇宙旅行がしてみ  自分として、ぜひやってみ  そうだから、行ってみ  ことをさぐってみ  はじめてですよ。しかしかねがね行ってみ  そばへ行ってみ  それを調べてみ  食ぜんへ出してみ  そばへ行って、よく調べてみ  問答をしてみ  それをきいてみ  五円十円とかせいでみ  滔々とまくし立ててみ  境遇も聞いてみ  話題にしてみ  立派にしたいと思って問い合わせてみ  二三日置いてみ  勘定を当ってみ  量を割ってみ  石田は暫く考えてみ  尾瀬沼へ行ってみ  私を憎み、卑しみ  眼を開けてみ  宝丹などを取り出してふくんでみ  伝でやってみ  ように煮てはみ  ひと口食ってみ  日また食ってみ  手順でやってみ  あれこれ考えてみ  顔をあげてみ  人形部屋を覗いてみ  人形にいってみ  甚兵衛はいってみ  小屋へはいってみ  舞台を調べてみ  二人で考えてみ  私は繰り返してみ  良彦さんと、ただ呼んでみ  あれに登ってみ  代りに登ってみ  婦人に逢ってみ  方からみ  寝所とみ  奥州一円にみ  われわれがみ  自分で少し汲んでみ  所へ登ってみ  そこをよう思うてみ  四谷をやってみ  沖合へでてみ  青空をみ  ところもみ  のをすかしてみ  町をみ  川口をさかのぼっておよいでいってみ  犬なんて、み  おねえさまは、それほどむこうみ  なかったものをみ  上へ浮かんで出てみ  当座こそ、まのあたりみ  ものを、まだみ  気をつけてみ  さまがみ  浜ちかく上がっていってみ  のもみ  こともみ  さまはでてみ  下までもいってみ  あいだからすきみ  夢にすらみ  きれいな花もみ  日さまもみ  きらきらするのみぐすりをみ  小鳥たちが、みすみ  二どみ  ひとは来ないかみ  ゃるそのうつくしいむすめも、み  竜骨をみ  ひとをみ  ことをしんみ  目にみ  さきをじっとみ  王子をみ  かい雲をみ  さまはみ  こどもをみ  なり居りみ  厄介になりみ  事になりみ  事に成りみ  間男をして居りみ  庄吉が引かれみ  斬殺されて居りみ  妨げを致しみ  貴方がたもお寝み  足にしがみ  決意を考えてみ  ことに就いて充分考えてみ  薬も変えてみ  手柄をしてみ  眼をおどろかしてみ  狂気浸み  事務室もみ  これを入れてみ  これで強く殴ってみ  いま明けてみ  女中にいってみ  電話でもかけてみ  ほうに歩いてみ  一人になってみ  それのを取り寄せてみ  膝をしてみ  とんびにしてすわってみ  あなた方の考えてもみ  声を出して泣いてみ  お話ししてみ  あいつの仕事かとも思ってみ  いるかなどを考えてもみ  溺愛してくれたかをも思ってみ  ひたすらに黒く塗ってみ  それにあてはめてみ  事をいってみ  口びるに触れてみ  妹をかかえてみ  倉地に聞いてみ  ちょっとでも考えてみ  胸をおどらせてそう思ってもみ  散財をしてみ  紅茶を入れてみ  から召し上がってみ  集めにかかってみ  それをさせてみ  それに代わって浮かみ  海ぎわに出てみ  髷を思いきり下げて結ってみ  それを試みてみ  ままで尋ねてみ  口じりに見せながら尋ねてみ  ように飛び飛びに読んでみ  手をやってなだめようとしてみ  耳もとにこういってみ  まっただなかに乗り出してみ  ただ乗り出してみ  もう一度乗ってみ  事などを語り合ってみ  何をしてみ  わたしあなたとゆっくりお話がしてみ  ようにいってみ  ようにこういってみ  犠牲にしてみ  誇張が加えられている、そう思って聞いてみ  それを追い払ってみ  不思議そうに居ずまいを正してみ  態度を見せてこう聞いてみ  目をつぶってみ  一反り反ってみ  わたしちょっと会ってみ  大事にしてみ  事だとしてみ  沈黙を破りたいばかりにこう呼んでみ  ほんとうに自分を考えてみ  高圧的に出てみ  おかずに話し合わせてみ  活動とでみ  われに描いてみ  事を少しは思ってみ  結果も考えてみ  波瀾が起こしてみ  親身に持ちかけてみたり、よそよそしく取りなしてみ  仕事はどう考えてみ  塩をたしてみ  臥返ってみ  ように考えたどってみ  まわりをさびしく見回してみ  手紙を読ませてみ  花を持って来てみ  つまみ上げてじっと握り締めてみ  ものを追い求めてみ  どこをさがしてみ  音一つを考えてみ  自分で調べてみ  苦痛を味わってみ  ようにこう尋ねてみ  懸命に働かして考えてみ  虚心にしらべてみ  たくさん、聞いてみ  ために聞いてみ  ものを疑ってみ  憂鬱をみ  判断してみ  生活を愉しみ  身分だからと思い直してもみ  方を覗いてみ  前へ行ってみ  袂を探ってみ  身体中検めてみ  玄関へ行ってみ  土を割ってみ  ものをいろいろ読んでみ  簡単に書いてみ  もう少し深く考えてみ  ことになろうとは、思ってもみ  もう一度俺に読んでみ  俺に読んでみ  あんた、聞いてみ  手を握り締めてみ  体温計を貸してみ  中へ突っ込んでみ  文章を読みかえしてみ  可哀想に思ってみ  読者大衆をみ  いるか一度話してみ  燈火に照らし出されていて、なにか白い煙み  一ツ喚いてみ  方から擡げてみ  二ツ三ツ圧えてみ  介抱をしてみ  ら、まあよく考えてみ  傍で釣ってみ  障子を開けてみ  身になってみ  よりより探ってみ  歴史をふりかえってみ  ころを思いえがいてみ  姿を思いだしてみ  拍手がきてみ  代へて読みなほしてみ  菟芽子採み  色わけをしてみ  手帖を開いてみ  制作に取りかかってみ  それこそ、浴びるほど飲んでみ  今夜一晩まじめに考えてみ  男めかけみ  さまざま画いてみ  編輯長に、たのんでみ  本を、いろいろ捜して読んでみ  ふたを開けてみ  温泉に行ってみ  見覚えがあり、たずねてみ  全部読んでみ  要求がみ  自分について調べてみ  ちょっと腕時計をのぞいてみ  バッグに尋ねてみ  うちにも、時々わざと立ち止まってみ  ものかと尋ねてみ  ことをなぜかと尋ねてみ  巡査に尋ねてみ  ことを尋ねてみ  玄関に比べてみ  代わりに読んでみ  お酒に酔ってみ  こと考えてもみ  請求してみ  前借を申し込んでみ  すずめ焼だのみ  彼女に、尋ねてみ  仰向けに寝ころんでみ  新聞をひろげてみ  ためにはどうしたら好いかと考えてみ  ほうを見ようとして振返ってみ  事あ考えてみ  筆先に引っかかったみ  から聞いてみ  文句じゃねえかとも考えてみ  ズット後になって聞いてみ  中を這い寄って覗いてみ  所謂る降りみ  動物があるかどうか問うてみ  皆一堂に会してみ  八重子に云ってみ  一緒に集ってみ  顔合せだけを、何とかしてみ  彼はふと振向いてみ  女に逢ってみ  隣室を覗いてみ  過去をずっと見渡してみ  水際へ行って覗いてみ  是非登ってみ  風で云ってみ  一二週間保養をしてみ  中で云ってみ  はいつのことか、いくら考えてみ  手酷しく責めてみ  買収してみ  ものを聞いてみ  全部を聞いてみ  案出してみ  使用法を授けてみ  結果を調べてみ  鹿児島へ行ったらてがみ  上手におてがみ  それ以上料理を考えてみ  ものでやってみ  心で触ってみ  さ、なってみ  本社で使ったとしてみ  ことはしてみ  一緒に行ってみ  息をしてみ  側へ行ってみ  書斎に入ってみ  ことを思ってみ  ざっと眼を見開いてみ  ようにして思い起してみ  あたりをぐるりと見廻してみ  横目でちらと眺めてみ  のを、むっくり起き上ってみ  欠伸してみ  舌を出してみ  耳を引っぱりてみ  何か、かう、書いてみ  笑ひてみ  一つ騒ぎを起してみ  ユウモラスに書いてみ  流儀に訳してみ  時見舞にいってみ  竜髭を取除いてみたり、再び植えつけてみ  銭湯にはいってみ  いろいろ訳を尋ねてみ  自分で試みてみ  進退を考えてみ  らへてみ  方へ色々さぐりを入れてみ  世間話として、たずねてみ  親切にみ  んでも悪み  何一つとしてかたみ  欠乏など云ってみ  ように読んでみ  事も無かったので、行ってみ  引出しをあけてみ  針で探ってみ  上板を取りのけてみ  穴は叩いてみ  かたっぱしからあけてみ  一枚一枚めくってみ  念入りに探ってみ  もう一度調べてみ  ことは考えてみ  手紙をあけてみ  これだけ借りて来てみ  自分にそう云ってみ  抽斗を探してみ  お上さんにいろいろ尋ねてみ  三軒に尋ねてみ  底から浮かみ  電話口に呼び出してみ  電話をかけて笑ってみ  哀願してみ  数限りなく浮かんでは消え、消えては浮かみ  欧米諸国ではみ  ひと通り見廻してみ  一役を演じてみ  理想像を先ず描いてみ  肉体的条件がわりに軽くみ  声だけをとってみ  ペンをとってみ  部分を取りあげてみ  劇場をみ  舞台をみ  そばでみ  感想を綴ってみ  時代的にみ  一緒に考えてみ  劇文学を通じてみ  新劇にはみ  俳優をどう使ってみ  努力とをしてみ  現れとみ  いまぼくが読み返してみ  田に行ってみ  のかと思ってみ  から来春植えてみ  岐れまで行ってみ  喜作のもこっそり行ってみ  ところまでいってみ  戸をあたってみ  ためと思って押してみ  太陽をあけてみ  午前十時半ごろ学校へ行ってみ  教室へはいってみ  晩食後筆記を繰り返して読んでみ  ことと思って、しばらく考えてみ  小説を借りてみ  うち、まだあけてみ  玄関まで出てみ  周囲もだいぶん回ってみ  野々宮君に聞いてみ  大久保へ出かけてみ  翻訳してみ  大久保まで行ってみ  細君をもらってみ  試みに持ってみ  ついでに聞いてみ  字を使ってみ  延長してみ  句を調べてみ  ひとつ訳してみ  んも読み直してみ  談柄をふたたびほじくり出してみ  美禰子に聞いてみ  試験がしてみ  から読んでみ  心を探ってみ  挨拶をしてみ  態度とを比べてみ  無分別にかけてみ  一ぺん考えてみ  すべてを測ってみ  君も少しやってみ  鼓が打ってみ  辻占が買ってみ  ここまで己惚れてみ  んですが、行ってみ  ゴンドラにでも乗ってみ  時、いちおう着てみ  髯をつまんでみ  与次郎に聞いてみ  親切がしてみ  のをなでてみたり、広げてみ  じゃまじゃないかと尋ねてみ  一ぺん学生生活がしてみ  女をいざなってみ  意見かとただしてみ  発表になってみ  鉄瓶をたたいてみ  身長を測ってみ  ぼくも読んでみ  手を広げてみ  空をにらんでみ  時は寄りかかってみ  つて案内を乞うてみ  処とは思はないでせう、来てみ  はじめ誰に聞き合せてみ  寢姿をみ  喫ひ出してみ  祖母ををがみ  瀧野川へ戻つてみ  手さぐりで探してみ  布団をみ  あいつの家を叩きおこしてみ  から比較して考えてみ  私が困るからと云ってみ  心持で考えてみ  場合も随分ありはしまいか、そうしてみ  事も思ってみ  西洋人にはみ  日本料理にはみ  本でみ  からまた、ぶらつと訪ねてみ  ぢへて、詰め寄つてみ  ちよつと別れてみ  ことについて、いろいろ考へてみ  映画つていへば永くみ  手紙、読んでみ  風で聞きだしてみ  身になって考えてみ  カンテラで照らしてみ  片手でさすってみ  裾を引張ってみ  手を入れてみ  雑夫にも聞いてみ  何人だろうと思って考えてみ  人だろうと考えてみ  人びとに聞いてみ  種をみ  頭をよくみ  竿を上げてみ  労働などは思ってみ  肥料もかけてみ  一つ唄ってみ  から、はいってみ  方向から質問してみ  私に黙ってお寝み  更る代る取り上げてみ  臭いを嗅いでみ  光線に透かしてみ  瓶と合わせてみ  鋏をきちきち合わせてみ  判断してみては考え直してみ  ハンカチを取り上げてみ  明りで透かしてみ  様子を聞き糺してみ  鼻に当ててみ  私が行って訊いてみ  ちょっと憤らしてみ  留学生を疑ってみ  車を当ってみ  中に這入ってみ  全部検めてみ  裏口へ飛び出してみ  開封して読んでみ  うちに尚よく考えまわしてみ  妾が親しく会ってみ  間じゅう気を付けてみ  もう一度考慮し直してみ  いるかどうか試してみ  通りに寝てみ  んと思ってそうしてみ  木の下に来てみ  住所を探してみ  口を開かせてみ  アリアリと浮かみ  ドンデン返しに建て直してみ  ポケットを撫でてみ  汗が浸み  拳銃を突き付けてみ  処まで来てみ  将軍がみ  刀を一度探ってみ  自ら食したおほみ  鶏と闘わしてみ  新手を試してみ  実地研究をやってみ  実地に当ってみ  可能性を試してみ  鏡もみ  仕事もしてみ  明瞭にしてみ  猫を飼ってみ  実現をみ  権威を疑ってみ  尻から突いてみ  通水させてみ  先に乗ってみ  千住大橋まで行って降りてはみ  行を改めて更に書出してみ  下へ帰って来てみ  上和尚さんに頼んでみ  時尋ねてみ  味ってみ  ことさえ考えてもみ  中でも色々考えてみ  春陽しみみ  妻をかへりみ  仔山羊は未だ角み  もう一度支那小説を読んでみ  聊斎志異などをくりかえしてみ  ときには、考へてみ  ことはありやしない、よしんば案じてみ  しかと握つてみ  さんもさ、考へてみ  楯ついてみ  ぼくもいろいろ考へてみ  奴あ考へてみ  なかへとびこんでみ  二三訊いてみ  論文を讀んでみ  もう少し考へてみ  痙攣がみ  展覧会をみ  今さら一冊二冊買い戻してみ  習性について思いめぐらしてみ  売り手をきいてみ  ことは有り得ない、いったん書いてみ  足を踏んでみ  人を乗せて走ってみ  變へてみ  そのままではいくら解いてみ  紫外線をあててみ  棚をのぞいてみ  大概決ってしまうであろうと思って調べてみ  富山に行ってみ  かざりものをしらべてみ  足をためさせてみ  から、たとえ、たれでも、ためすだけは、ためしてみ  蒲団を振ってみ  ポケットから出して拡げてみ  タデレスハまでとに分けてみ  ぎじあまとんつまいせりんこごらみ  ばらみの、たぼみ  範疇を出ないとみ  決着をみ  へんかと聞いてみ  教育家に聞いてみ  それっきり確かめてもみ  それが聞いてみ  頭をそっと押えつけてみ  横腹をそっと押してみ  翌朝気をつけてみ  胴なかを噛みやぶってみ  穿鑿してみ  時間表をくってみ  そこに近づいてみ  審問してみ  解析してみ  平均を取ってみ  大ざっぱに云ってみ  想定してみ  同様にみ  嫉妬とみ  本当だろうと考えてみ  音叉を、ぴーんと鳴らしてみ  蓄音機にかけてみ  音盤をかけてみ  音叉を持っていって、ぴーんと弾いてみ  人心に浸み  それを捜すにはなお遠く進んでみ  信心をささげてみ  あたしにもできるかどうか、やってみ  手のひらをたたいてみ  いろいろにしてみ  カンカンをみ  縁よりを探してみ  新聞広告をみ  招じて逢ってみ  のか会ってみ  世間をみ  兄弟姉妹を並べてみ  莫迦をみ  方面から調べてみ  婦人を一目み  これを質してみ  医者を呼んでみ  容貌などについて尋ねてみ  今までに考えてみ  そうでもあり、また早く覗いてみ  方に透かしてみ  ちょっと臭を嗅いでみ  ことを頼んでみ  もっと探してみ  上に植えつけてみ  希望を聞いてみ  注射をやってみ  売薬をのんでみ  両雄相からみ  強制で治してみ  年賀状をより分けてみ  ーんとついてみ  望遠鏡でのぞいてみ  触角をみ  ちょっと皆さん同志で、やってみ  触角にふれてみ  とあるいてみ  へんを、ぶらぶらしてみ  ラジウムその他をあつめてみ  一個所にあつめてみ  さがしてみ  点呼をしてみ  フタをあけてみ  ちょっと弁解しかけてみ  征服してみ  こと必定とみ  バカをみ  配当も悪いとみ  八百長とみ  中でいってみ  指でそっと撫でてみ  蓋を開きみ  損と思っても、行ってみ  これだけ色々とやってみ  鉈で割ってみ  ぽかりと割ってみ  これは篤と考えてみ  金をひらいて開けてみ  婦人に糾してみ  今夜はぜひ入って調べてみ  番地を当ってみ  血に尋ねてみ  象徴とみ  手をかけて押してみ  身体を汚してみ  位とどめてみ  銚子を振つてみ  首を振ってみ  照準をきめてみ  大砲を叩いてみ  往来をみ  侍が、眺めてみ  口へ出していってみ  鯉口を抜いてみ  右源太は、握ってみ  糞馬力で投げてみ  前後不覚とみ  ものですよ。つかまえてみ  ちょッとぶらついてみ  一つ洒落れてみ  いくら顔をしかめてみ  目でみ  氣を出してみ  算へてみ  呻ってみ  窓から地上をのぞいてみ  空魔艦にかなわないとみ  成ゆきをみ  さんに聞いてみ  まま落下傘で下りてみ  幹部にきいてみ  手をふれてみ  切りひらいてみ  考え方もしてみ  顔付をしてみ  お上がりやしてみ  謡をうたってみ  スケッチしてみ  フリをしてみ  南雲さんにきいてみ  統計によって調べてみ  別に気にとめて考えてみ  個とみ  換算してみ  長水路世界新記録と叫んでみ  何秒かもうけているとみ  友人にきいてみ  巷談でぜひとりあげてみ  限界を突きとめてみ  巷談で扱ってみ  邪教を扱ってみ  病熱からみ  聲をあげて呼んでみ  背負ひこみ  濡れ手拭ひで二三度顔を叩いてみ  近く顔を寄せてみ  眉を上げてみ  さうにこちらをみ  一二歩歩いてみ  装飾にみ  のではなかつたかしらと考へてみ  上衣が吊るされているので怪しいと思いはじめ、寝てみ  一箱買ってみ  正義とみ  店に出てみ  ように聞こえてくるだけなので、よく考えてもみ  ことができるだろうか、と考えてみ  とき振り向いてみ  今戦争がきてみ  物質を卑しみ  場合はいくら勉強してみ  心理を解いてみ  口を頼んでみ  ことをきいてみ  ためにきいてみ  不安を云ってみ  心あたりを一々聞きただしてみ  二つに斬ってみ  現象とみ  謝意を表して悔い改めはしないかと試してみ  勘定してみ  是非一度実物に会ってみ  仕度をみ  君と並んでみ  言葉に直してみ  から、行ってみ  生活にふれてみ  兄さんがお寝み  変だナと思いきってはいってみ  型をつくってみ  先でやってみ  某日それを云ってみ  女色とみ  自分で担いでみ  損ないが少ないさ、酔っぱらって出懸けてみ  ものを集めてみ  思ひ出したので、見直してみ  つて一口飲んでみ  ことなら、聞いてみ  道を通ってみ  一度は疑ってみ  例にとってみ  野増村へ行ってみ  ことでしがみ  ちょっと思いだしたので、見なおしてみ  一口飲んでみ  掌へ載せてみ  灰だみ  意訳してみ  空だと思ってみ  チャンポンを食べてみ  チャンポン屋へ行ってみ  殆ど歯がみ  女王の御果てみ  ユルユルと拡げてみ  仕事がしてみ  声できいてみ  それを掛けて寝てみ  顏をみ  ゆっくりと寝てみ  程ゆっくり寝てみ  なかなかに浸み  メンドーをみ  偵察にでかけてみ  一ツ見学してみ  三人がかりでもんでみ  いっぺん経験してみ  日増しのお経み  のかと訊いてみ  緒についたとみ  宝塚ファンとみ  雑誌でみ  ちょッと置いてみ  逆上的に走りかけてみたり諦めてみ  たたずんで内部をのぞいてみ  数を控えてみ  意をめぐらしてみ  正月だか、なってみ  心当りを探ってみ  手を廻して、内々調べてみ  幾つもみ  所へ寄ってみ  晩に行ってみ  俺は尋ねてみ  耳をつけて聞いてみ  雨戸に投げつけてみ  表通りへ出てみ  一寸口を利いただけで別れてゆくだろう、考えてみ  秋田犬をおだててみ  獅子が舞いみ  ドンドン荷を送るというので、つい始めてみ  道場にみ  眼を閉じてみ  バカばかり並べ立ててみ  国事だとか言ってみ  どこをみ  まれにしかみ  うつし絵をみ  かたちをみ  店のかげにみ  額をみ  毎日顔をみ  足もとをみ  とき不注意にわきみ  横にみ  あとはみ  映画がみ  それを試してみ  お喋りをしてみ  美津子は、すぐに出てみ  全治とみ  ありったけ大声で笑ってみ  丁寧に読んでみ  話を聞いてみ  論文をよく読んでみ  龜さんをみ  陽さまをみ  網を入れてみ  トラヴァースしてみ  ままに並べてみ  ちよつと数えてみ  つて考えてみ  言葉があるかどうか聞いてみ  エックス光線でみ  私はどう考えてみ  理由附を施してみ  心持ちを聞いてみ  人に尋ねてみ  場所を調べてみ  隅々までも探ってみ  若者もよく調べてみ  それにどう考えてみ  彼はまた訪ねてみ  わたしに言ってみ  人間に会って触ってみ  それ以上搜してみ  板石を踏んでみ  二時間もやってみ  実験をやってみ  十分に考えてみ  から今一度話してみ  生命をさえかえりみ  手帖をひらいてみ  皆がみ  ッと振返ってみ  一つ一つ思い浮べてみ  ひとついくにむいみ  なかったから、どうみ  インクをこすってみ  入口から飛び出してみ  店から外へ出てみ  姿はみ  渡船場に駈けつけてみ  戦争をみ  腹をつぶしてみ  日本自身について考へてみ  発生について考へてみ  像をみ  事実を考へてみ  地理的に考へてみ  村から出てみ  方から考へてみ  材をえらみ  個別対面してみ  から実験してみ  なにがあるか、行ってみ  静かすぎるのでのぞいてみ  ようにつとめてみ  申入れをしてみてみ  式服をひきずりだして着てみ  庭へ出てみ  棒切れをさげているのでたずねてみ  ところをおさえてみ  ちょっときいてみ  仕事をやってみ  大急ぎでしらべてみ  いるかと思っていろいろ読んでみ  部屋へ帰って読みかえしてみ  タイトルをのぞいてみ  ロオブを見てみ  ロオブを開けてみ  上で聞こうなどと思ってもみ  司令部へ伺ってみ  馬鹿をみ  材料でもあるかと思っておたずねしてみ  ほうへ行ってみ  通ひてみ  しかたをみ  世間を甘くみ  山羊髯をしごいてみ  中をじろじろみ  動員して使ってみ  んと開けてみ  眼はよぼみ  髪を振りみ  関係しますので、み  思案にくれて、いや、そうで無いと打ち消してみ  事は、只其のみ  成功してみ  なんの用か聞いてみ  手をひろげてみ  まり効果がないとみ  工場をみ  著書も読んでみ  副業だといくら奨めてみ  工夫はしてみ  算盤をちやんと持つてみ  のと比べてみ  指折ってみ  吟味比較して読んでみ  流行をみ  昌作は考えてみ  郊外に出てみ  我知らず尋ねてみ  疑いを挟んでみ  九州行きを考えてみ  反抗してみ  中でくり返してみ  雑文を綴ってみ  川村さんを訪れてみ  時に行ってみ  心当りがあったら、頼んでみ  誤解かも知れないし、も少し調べてみ  方へまわってみ  実物をみ  玄関に出てみ  川村さんをたずねてみ  相談にいってみ  ことがあるなら、うちあけて話してみ  ことを考えなおしてみ  写真をしらべてみ  家を訪れてみ  手を廻してみ  枝に登ってみ  暗示してみ  他にもあたってみ  鈴にあってみ  ゆっくり引っぱり、強く引っぱってみ  石を投げつけてみ  いろいろに引っぱってみ  かいでもみ  元来日本にあるみ  日本流のがみ  事を、すめみ  此すめみ  間に、おほみ  飯がみ  とあるのをみ  妙に寂しくなると掛けてみ  指でふれてみ  僕笛を吹いてみ  内部をさし覗いてみ  いつまでも子供をみ  みな夢をみ  犬を呼んでみ  形に、まとめてみ  ことに触れてみ  仔細に調べてみ  もっとよく調べてみ  今となってみ  中をあらためてみ  ちょっと中を覗いてみ  言葉遣いで、そっと突っ込んでみ  今になって考え直してみ  春菊にみ  独立的に取出して来てみ  劇しく叩いてみ  三字をみ  ところをだまってみ  色をみ  ボートをじっとみ  なにをするかとみ  海面をみ  ハルク、だまってみ  身長なども、よくしらべてみ  竹見水夫も、あせみ  あなた一つ雑草園へいってたのんでみ  おんがえしのいみ  がたをさがしもとめてもみ  人をゆりうごかして、たずねてもみ  目をみ  田舎でなくてはみ  みんな逢ってみたい、ぱっとだよ、ぱっと逢ってみ  二階にあがってみ  俺が時々そっと覗いてみ  一度帰ってみ  屏風を立ててみ  処方を書いてみ  ところにおいてみ  悔んでみ  体になってみ  場でみ  ひとつ、話してみ  留守をみ  研究もしてみ  爺さん一人の受持ちみ  解釈してみ  自分も拵えてみ  都合を伺ってみ  一緒に訪ねてみ  口になめてみ  団扇を振り回してみ  ちょっと試験してみ  数を数えてみ  二三十もあるかと思って数えてみ  種類は、まだ数えてみ  廻わしてみ  三十もあるかと思って数えてみ  絵本をみ  どこにもみ  みんながみ  こどものじぶんみ  うつるのをみ  エリーザの今み  なかでみ  王さまにみ  品じなをみ  王さまをこのましくおもってみ  エリーザをみ  そばへ寄ってみ  王さまもついみ  お先棒に使ってみ  腹を立ててみ  ちょっと先生を威かしてみ  ものを殺してみ  山下桟橋へ行ってみ  きょう思いきって着てみ  注意してはみ  年頃になってみ  袖子から敷布を受け取ってみ  名を呼んで尋ねてみ  みたい聞いてみ  娘を数えてみ  方を掲げながら捜してみ  事業を受取ってみ  家のに比べてみ  ものではなかろうか、と想ってみ  意中を叩いてみ  三吉が聞いてみ  何処を歩いている、と思ってみ  通読してみ  ところで纏めてみ  三吉も開けてみ  声を出して読んでみ  何物も食わずにいてみ  三吉も言ってみ  辞退してみ  三吉は言ってみ  一緒に暮してみ  ように飾ってみ  細君が言ってみ  涙を零してみ  風に言ってみ  雪も逢ってみ  妻に尋ねてみ  読でみ  雪は呼んで探してみ  独り横に成ってみ  不思議に思って、開けてみ  沈着けて繰返してみ  引出を開けてみ  針箱も探してみ  掻廻してみ  もっと年をとってみ  給仕しながら尋ねてみ  中で言ってみ  人に成ってみ  手から子供を借りて抱いてみ  ようにもしてみ  日記をつけてみ  三吉は聞いてみ  それは、唯考えてみ  三吉は探してみ  宿を訪ねてみ  これを好しとみ  真実に考え直してみ  内を歩いてみ  一つ抱ッこしてみ  上に載せてみ  君を訪ねてみ  記者に言ってみ  ところまで、読んでみ  廃してみ  教員に成ってみ  上を歩いてみ  背中に乗せて言ってみ  裏口へ出てみ  三度も読んでみ  房を抱いてみ  種も言ってみ  心配顔に尋ねてみ  帰郷してみ  豊世が言ってみ  先刻ああは言ってみ  生家へ出掛けて行ってみ  自分に言ってみ  嫁に向って言ってみ  ように考えてみ  伝は有るまいか、とも思ってみ  豊世は言ってみ  人を想ってみ  豊世もまだ逢ってみ  宿をとってみ  煙草を燻してみ  旅舎へ行ってみ  一つ東京風に結ってみ  ことが出来るか出来ないか考えてみ  着物を着てみ  着物を取出してみ  父親へしがみ  自分でも実はやめられるならばと思って考えてみ  自由に遊ばせておいてみ  一枚を読んでみ  虫眼鏡を取り出して覗いてみ  手に取って使ってみ  手にとってじっと眺めてみ  ものを買ってみ  私をみ  道ばたへ捨ててみ  芸者がきっと惚れるだろうとも思ってみ  髭を蓄えてみ  表通りへ出て来たなと思ってみ  家その他へ送ってみ  中を行ってみ  奥座敷へ通ると、生まれてまだ乗ってみ  安置してみ  少量は聴いてみ  のだから、ちっとも笑ってみ  力こぶを入れてみ  処で買ってみ  外国へ来てみ  大に怪み  聲してやみ  かなり詳しく読み返してみ  光を掬ってみ  薪を割ってみ  鯛釣り漁師に問うてみ  いつかこれを使ってみ  腹を割ってみ  釣り場で試してみ  遠出だなんぞと来てみ  火のほの暗み  びゆるごとく、広きより狭み  空なくおほらかに広み  鐘鳴りやみ  桁はみ  赤ばみ  細ら口笛琴やみ  野も近み  血ばみ  さ、遠み  から、思いかえしてもみ  自分を叱ってもみ  片端から探してみ  熊をみ  這寄ってしがみ  多助を悪み  年頃五十五六ではあるが、未だでっぷり肥ったみ  転向してみ  自分の少しばかり調べてみ  聞合わせてみ  起上つてみ  手を浸してみ  影をいりみ  探偵してみ  事情を聞いてみ  中を開いてみ  生活をしてみ  油絵がやってみ  油絵をかいてみ  いるかのぞいてみ  次第にかいてみ  物がかいてみ  いちばんかいてみ  ザット下図をかいてみ  板へかいてみ  写真と重ねてみ  もう一度よく考えてみ  あいに直してみ  見当をつけてみ  真横から輪郭を写してみ  気を変えてみ  もう少し深く立ち入って考えてみ  ちょっと嗅いでみ  点検してみ  臭いだと一寸惹かれてみ  はじめにかけてみ  次第を考へてみ  白壁も調べてみ  話を書いてみ  雪に尋ねてみ  稽古までしてみ  庭から尋ねてみ  三吉が言ってみ  手を宛ててみ  正太は言ってみ  小さな部屋へ行ってみ  コワゴワ子供に触ってみ  話振を聞いてみ  ウマそうに燻してみ  のを数えてみ  一寸手を出してみ  一つ心当りを問合せてみ  それは唯考えてみ  自分で買いに行ってみ  手を揉みながら言ってみ  鞄を解いてみ  ことも聞いてみ  結び方も面白く掛直してみ  逢着してみ  盃を重ねてみ  身を震わせながら言ってみ  正太は遮ってみ  から俺がよく聞いてみ  心を出してみ  往来から尋ねてみ  今度、出て来てみ  幹部へ入ってみ  向島に逢わせてみ  叔父さん、既に最早逢わせてみ  三吉は思ってみ  交際ってみ  無邪気に言ってみ  新生活を始めてみ  夫婦は互に言ってみ  結末をつけてみ  ところで繰返してみ  知ってることをいってみ  予言してるとみ  人になってみ  われ其小説三派及梓神子をみ  個想を貴み  極致をみ  傍訓するを怪み  所謂矢ぶみ  矢ぶみ  外国へ行ってみ  足を下げてみ  私はどうも気味が悪いので、逃げようと思い、もがいてみ  上にのぼってみ  はじめて私は立ち上ってみ  ちょっと述べてみ  持ち物を調べてみ  短刀を抜いてみ  まわりを歩いてみ  歴史を調べてみ  あなたと相談してみ  さを聞いてみ  何度もはかってみ  会食がしてみ  今それを読みあげてみ  今読みあげてみ  大声で呼んでみ  一人で歩いてみ  道を歩いてみ  何かと言ってみ  彼に差し出してみ  大声で、話しかけてみ  猫を眺めてみ  側まで近づいて行ってみ  しかし、たとえ呼んでみ  歯をよく調べてみ  お洒落をしてみ  戦争してみ  上に乗せてみ  地面を歩かせてみ  秤にかけて計ってみ  私がいないし、いくら呼んでみ  舟でも漕いでみ  私たちの子供をふやしてみ  海へ行ってみ  昼寝してみ  二三度声を張り上げて呼んでみ  助けを呼んでみ  穴から出して振ってみ  かぎりに呼んでみ  船に乗ってみ  一まわりしてみ  かぎりに叫んでみ  ように話しかけてみ  言葉で答えてみ  のか、聞いてみ  郊外を歩いてみ  貴族に尋ねてみ  日本へも寄ってみ  ひとつストラルドブラグたちに会って話してみ  家につれて来て会ってみ  人間に会ってみ  上衣に触ってみ  まねしてみ  目をこすってみ  脇腹をつねってみ  そこへ入ってみ  何度も考えてみ  国へ行ってみ  国へ来てみ  それを言ってみ  ものだけを言ってみ  両方が噛み合ってみ  ひとつ作ってみ  池に浮べてみ  遠くへ出かけてみ  北の方へ進めてみ  国々を廻ってみ  自慢をしてみ  人間と会ってみ  ものかどうか尋ねてみ  探偵事件について考えてみ  缶をみ  缶をあけてみ  ものをよくしらべてみ  文章を読んでみ  今にみ  本社へたずねてみ  丸窓から外をのぞいてみ  艇長がふりかえってみ  発電室へいってみ  鋼条をにぎって、ぐっとひいてみ  胸をおさえてみ  力を入れてみ  びしょぬれの服をしらべてみ  もう一度考えてみ  方をふりかえってみ  これでみ  針をみ  壁をみ  水中灯をさしむけてみ  君にみ  ものをすってみ  卵をみ  もっと見はってみ  太刀川をみ  海上をすかしてみ  八潜水艦でしたが、どんなにもがいてみ  水中信号などを送ってみ  宝島へ行ってみ  ちょっとはがしてみ  肌に入み  常ならんので怪み  附添婦がかたみ  比類をみ  鶯横町へ行ってみ  御馳走してみ  名なぞ考へてみ  何となく心に浸み  網でも損じてはいぬかと、調べてみ  物を見れば画いてみ  彩色してみ  事はきっと治ると思ってみ  不服があらば申してみ  者と立合ってみ  江戸へでも出てみ  峠へ行ってみ  巻舌をつかってみ  太刀先が現われて来るので、み  僕をふりかえってみ  追及してみ  ほうへまわってみ  試みまでもしてみ  ところへも立ち寄ってみ  口調で言ってみ  彼に近寄って尋ねてみ  歌をうたってみ  無意識に歌い返してみ  何でもいい、行けるだけ行ってみ  玉子酒を飲んでみ  かい、済まないねえ、それでは調べてみ  立合をしてみ  武者振りついてみ  独言をしてみ  次の間へ行ってみ  手配をして探してみ  ひとつ私も探してみ  なかったはずですから、尋ね出して聞いてみ  間を探ってみ  隅々を調べてみ  旦那に話してみ  枕にしてみ  爽やかに斬られてみ  川上を歩いてみ  粋に踞み  鉄瓶をおろして、ちょいと触ってみ  行司に聞いてみ  組合が、殺み  事を調べてみ  これを使ってみ  立派ですねえ、行ってみ  布を取ってみ  そこらを見回したり、いろいろ試してみ  救いを求めてみ  疑問をくり返してみ  手でさわったりつねったりしてみ  いやだと言ってみ  毎日出てみ  なにを言ってみ  親方に発してみ  夕ぜみ  後ろをふり向いてみ  片目ずつ開けてみ  おもしろ半分木登りをしてみ  もう一度二人でやってみ  歌を歌ってみ  ようにたのんでみ  手紙を書いて、やれるだけはやってみ  船頭に聞いてみ  処理してみ  波止場に行ってみ  地図を調べてみ  中を探してみ  三度も呼んでみ  どんどん探してみ  渡船を呼び戻してみ  色の蒼み  万遍なく探してみ  堀割りを探してみ  小女のやまに訊いてみ  気を持たせてみ  付合いしてみ  方を考え直してみ  ポケットを押えてみ  軽蔑してみ  朝夕を送ってみ  別にそれを確かめてもみ  勝負がしてみ  陣形をくずしてみ  道場はたんと廻ってみ  一寸ばかり比べてみ  京都へ来てみ  ままに行ってみ  機会に調べてみ  ほとりに訪ねてみ  足をとどめてみ  二つ三つを読んでみ  二階から火の見へ出てみ  大門を潜ってみ  君に尋ねてみ  創に聞いてみ  加勢をしようとしてみ  芹沢を突き飛ばしてみ  首を垂れてみ  がたを調べてみ  手を入れてはみ  籠堂を聞いてみ  生活、いっそかれこれ思ってみ  猫なんぞにちやほやされてみ  それこそ夢にもみ  田をみ  鑑賞してみ  豊吉に勧めてみ  なん里くらいありますなど話しかけてみ  一遍は覗いてみ  つもりで読んでみ  甘粕隊をみ  河辺まで行ってみ  けが愉しみ  相談をしてみ  流れをみ  親しく口を利いてみ  助は見咎めて呼んでみ  何か言ってみ  あちらで暮らしてみ  ひとつ、やってみ  いいかげんに突っついてみ  穴へあてがってみ  穴へ入れたり出したりしてみ  地団太を踏んでみ  同行を願うてみ  大丈夫だと言ってみ  鉄砲を取り直して構えてみ  旅人に向けてみ  易を立ててみ  二声ばかり呼んでみ  馬で飛ばしてみ  ひとつ、打ってみ  二三度、構えてみ  ちょっと聞いてみ  ひとたびは訪ねてみ  馬から飛び下りて探してみ  男にして擽ってみ  国越えをしてみ  北へ通してみ  お話を致してみ  必死になって支えてみ  供養をしてみ  前まで行ってみ  やっとこう言ってみ  私のように楽しみ  方もお寝み  仕事部屋へ行ってみ  空気ばかりみ  胸に浸み  自分をみ  自分に浸み  首輪がためしてみ  縄であって、切れるまでは絶えずみりみ  意味に考えまわしてみ  晩に見てみ  扉口からのぞいてみ  私は食べようとしてみ  努力をやってみ  なかだけででも考えてみ  足先で動かしてみ  あたりを見まわしてみ  のを待ってみ  ものであるかをよく考えてみ  しろをふりかえってみ  二丁いって、またふりむいてみ  とき、ふと気がついてみ  しろをむいてみ  玄関から一歩踏み出してみ  うち行つてみ  やうにと勧めてみ  朝まで頑張つてみ  そうだろうと分ってみ  風速とを考えてみ  一つ考えてみ  大兵を引受けてみ  跡をお慕い申してみ  憤激してみ  筒を向けてみ  はじめから読んでみ  ちょっと手をかけてみ  目に遭ってみ  四辺を見廻してみ  吉田とも竜太郎ともたずねてみ  声音を聞いてみ  助は、あわただしく呼びとめてみ  後とかを探してみ  全部下ろしてみ  何を用いるかと聞いてみ  手にしがみ  手で触つてみ  人間はやはり動かしてみ  ひとつ嗅いでみ  再会してみ  少年はふと考へてみ  爪先だちに覗いてみ  本を取りあげてみ  本をあけてみ  越佐地方をまわってみ  外へでてみ  隅々まで調べてみ  ワザワザ停めても調べてみ  これを飲んでみ  上下に見直してみ  門弟をみ  手を出してみ  中へもはいってみ  シャンゼリゼーをも、歩いてみ  エチエネットにたずねてみ  わたしはたずねてみ  人に勧めてみ  男にたずねてみ  わたしはこわごわ言ってみ  飲み物をくれないとみ  地図を開けてみ  たか言ってみ  もう一度たずねてみ  たか、たずねてみ  ほうをふり向いてみ  なにくずしてみ  近くに下りてみ  作り話をどう聞くか、見てみ  もう一度、呼んでみ  ようにして追ってみ  心配をしながら来てみ  お玉は呼んでみ  ことで、打ち込んでみ  ありったけ投げてみ  石とをお借り申して来て投げてみ  ように投げてみ  一手応対を致してみ  中へ出向いてみ  応対をしてみ  一本食ってみ  わしてみ  蔭へ行ってみ  どれ、読んでみ  ひとつ読んでみ  ここで代って読んでみ  ッと言ってみ  一通り撫でてみ  それを言い消してみ  何であるかは、多く読んでみ  しろ最初は一度速く読んでみ  泊つてみ  前に並んでみ  ところを繰返してみ  講堂入口をみ  蔭をみ  もう一度なかを改めてみ  ものはないかとかいでみ  なかから首をあげてみ  呼び出してみ  声で尋ねてみ  そこらを掻きまわしてみ  方へいってみ  ときにつけてみ  厠を明けてみ  中を明けてみ  生活をいろいろと思い浮べてみ  かたびらを着せてみ  前にしやがみ  上を歩かしてみ  文学的にみ  迂路うろして待ってみ  鍵穴から覗いてみ  運勢をみ  警察も一応捜してみ  大々的捜索をしてみ  方にすかしてみ  光に透かしてみ  終へて讀みかへしてみ  もちやで遊べたら遊んでみ  面をみ  裏から金泥を施してみ  眼で読んでみ  音で聞いてみ  小さな港町などへわざわざ行ってみ  床へはいってみ  座を占めてみ  彼女にも逢ってみ  ものに会ってみ  君に聞いてみ  のではないかとも思ってみ  頭を打ってみ  腕立てをしてみ  もんでもねえ、言ってみ  ひとつおどかしてみ  逆さに振ってみ  お願い致してみ  身にもなってみ  啖呵を切ってみ  引ん抜いてみ  ひとつ使ってみ  忠義を尽してみ  持役を替えて踊ってみ  故郷へ帰ってしまおうかと思ってみ  中泉はと尋ねてみ  それから歌をうたってみ  明りを立ててみ  いたずらがしてみ  ツイいたずらがしてみ  御新造を張り合ってみ  人からたずねてみ  石を動かそうとしてみ  とんとんあちこち突いてみ  のですが一寸来てみ  そっちへ行ってみ  入口に来てみ  岩を走って行ってみ  上から掴んでみ  帆村君に訊いてみ  手をかけて、開くかどうか験してみ  硝子窓越しに覗いてみ  中へ入ってみ  ことでもいってみ  ように訊いてみ  ちょっと験してみ  のかを考えてみ  中毒性瓦斯についても疑ってみ  品を選ってみ  あとでよく考えてみ  君ちょっと行ってみ  捜査を進めてみ  灰皿から横へ移してみ  戸籍調査をしてみ  主を考えてみ  喫ってみ  ページを取ってみ  看護婦として通ってみ  一寸息を止めてみ  それを突き止めてみ  砧木に接がせてみ  方面から検討してみ  今読み返してみ  時はすぐ読んでみ  漂流をしてみ  真中を漂ってみ  と腹を叩いてみ  考へを費してみ  復習してみ  限り籠めてみ  力でふりほどき、逃れようと焦つてみ  やうに尊み  閭が問うてみ  ことを知ってみ  嚥んでみ  二人がお寝み  平気でみ  面白半分にみ  楽譜をみ  私はみ  公演を、み  気持でみ  のをじっとみ  地図などみ  最初冷淡にみ  包みがそのままであってみ  背を叩いて呼んでみ  向うへ廻ってよく調べてみ  棒で突き出してみ  理を聞いてみ  ひとつ探りを入れてみ  から石を抛ってみ  ひとつ下りて行ってみ  理窟攻めにされてはたまらない、ただ聞いてみ  後ろへ廻ってみ  淘げてみ  了見を聞いてみ  中を聞いてみ  相当にやってみ  とき誰かにお聞きなすってみ  別に聞いてみ  強もてで、騒いでみ  権六、どう考えてみ  それがあったにしてみ  塊を突き留めてみ  お願いを致してみ  ちょっと口を利いてみ  宛名になんと書いてあるか読んでみ  眼をパチパチさせてみ  ちょっと融通してみ  時分になってみ  あたりにまわしてみ  もう一度子供になってみ  事件をみ  苦情があるならいってみ  専門家に聞いてみ  温度でも測ってみ  文献を数えてみ  総合して考えてみ  たくあん二片さしみ  もっと遠慮なく取りいれてみ  ちょっと探してみ  身装はとみ  思つて、訊いてみ  一国語にひき直してみ  給仕を呼びつけてみ  季があるかと考へてみ  グランドピアノを思い切って弾いてみ  耳を引っ立ててみ  理由から推して、考えてみ  今一度よく考え直してみ  のではあるまいかとも考えてみ  なぞとも考えてみ  メチャメチャに掻きみ  三百円もするかどうか尋ねてみ  一年にもみ  形式を選んでみ  今日探してみ  ひとつここでやってみ  一生懸命反芻してみ  咽喉が乾くと呟いてみ  機嫌を損じるであろうと思い、黙って色々考えてみ  前へだし、ゆったりとそりみ  一篇だけ書いてみ  うに笑ってみ  それだったら、会って話してみ  漢字を当てはめてみ  から一度描いてみ  印度人になってみ  腕を撫でてみ  ひとつ探してみ  暫らく待ってみ  柳原へ行ってみ  見えなかったから、少しばかり追いかけてみ  いるか当ってみ  五寸ばかり掘ってみ  方へ飛んで行ってみ  槍を合せてみ  薬をこしらえてみ  宣伝とばかし思って、黙ってみ  目的で、ちらつと述べてみ  特殊性があるとみ  ダウン・タウンまでいってみ  真似してみ  なかで追いかけてみ  なかにつくってみ  ぼくは思い、書いてみ  点滅させてみ  意味もなく、ただそうしてみ  現実にしてみ  右にむけてみ  それで考えてみ  ように愛してみ  電話をしてみ  ダウン・タウンを歩いてみ  一遍行ってみ  一遍行つてみ  心を動かしたかと考えてみ  不思議をよく考え直してみ  分布をしるして歩いてみ  人に聞いてみ  口を酸っぱくして説いてみ  文献をしらべてみ  勢揃いまでしてみ  覘って打ち込んでみ  甲府まで戻って来てみ  あとを追いかけてみ  動機が煙み  ように聞いてみ  始末してみ  酒も飲んでみ  食わずに置いてみ  いろいろに考えてみ  奥座敷へ訪ねてみ  お願い申してみ  道庵だ、ずいぶん頼まれてみ  品によっては、ずいぶん引受けてみ  引ならず預かってはみ  詮索までしてみ  知らなどとも考えてみ  方で言ってみ  世話をしてみ  調戯ってみ  道庵は頼まれてみ  言を言ってみ  ちょっと調戯にやってみ  話を話してみ  腹癒をしてみ  やつは、ああもしてみ  ものなら渡ってみ  いろいろに捻ってみ  内部へ入ってみ  強がりを言ってみ  申しわけをしてみ  部分をみ  凍傷の難み  カブリツキまで出られないし、たとい出てみ  小声できいてみ  のではあるまいかと一応は考へてみ  口占を引いてみ  へんなどをぶらぶらしてみ  ドアを開けてみ  ことは、一目み  二三歩あるきかけて、ふとまた振返つてみ  塵ばみ  差違が起こるかと考えてみ  主張してみ  不思議そうにみ  自然をみ  一日中面倒をみ  別に同情もしないでみ  上に立ち上ってみ  何でもよんだりみ  たんすをあけてみ  母にたずねてみ  傍でみ  気持にもなってみ  仕事をみ  夕ぐれ裏口でみ  必死になってねがってみ  掠奪してみ  字もみ  本にふれてみ  写真をじっとみ  きれいに縫ってみ  縄でしばられるゆめをみ  窓外をみ  指先にふれてみ  題字をみ  中の、み  私達はゆめをみ  気持を奪われてみ  活動写真をみ  詩をみ  微塵もみ  彼女をみ  新聞紙をひろげなおしてみ  自分に云いきかせながらふってみ  字がみ  ひたすらに思ってみ  恋愛をしてみ  私は思いかえしてみ  花を活けてみ  運転手に聞いてみ  扉を開けてみ  体に触ってみ  先に、探してみ  猿橋あたりまで行ってみ  役人に頼み込んでみ  角が追いかけてみ  与力同心に聞いてみ  意見を述べてみ  蒐けてみ  姿を見かけなかったかと尋ねてみ  それを訊ねてみ  ここまで来て撲ってみ  ここまで来てみ  坊主頭を振ってみ  慰みにやってみ  芸当をさせてみ  三度目に引き出して調べてみ  もんだから、それで、もしやと引返してみ  それから忍んで行ってみ  横綱と噛み合わせてみ  勝負だけはやらせてみ  太閤だけは、ついぞ張り合ってみ  謙信あたりと掛け合わせてみ  お方だか聞いてみ  頼み申してみ  兵馬を口説いてみ  留女に出てみ  解決してみ  さを抱えてみ  から、小突き廻してみ  力になるかと思って頼んでみ  から、よく調べてみ  依頼をみ  自分でやってみ  もう少し手繰ってみ  楽屋へ踏み込んで調べてみ  幕をあけてみ  籍を置いてみ  十吉をみ  眼に近づけてみ  四つ五つ鷲づかみ  女書生とでも呼んでみ  中央に立つてみ  シーズン別に調べてみ  着附けをさせてみ  ついでに開けてみ  返事がないので開けてみ  まさかと一応は疑つてみ  ちよつと握つてみ  小枝ごしにぐるりを見渡してみ  やうにあけてみ  數へてみ  問題から切離してみ  最初は吠えたり睨んだりしてみ  年代にも触ってみ  ところである、一応はそう言ってみ  誰も言ってみ  開票してみ  からそちに聞いてみ  話をして呼んでみ  拙者もいろいろと考えてみ  そんなら申してみ  稽古してみ  探査してみ  二三度振ってみ  ひとつ掛合ってみ  臂を張ってみ  一口湿してみ  から一口湿してみ  目刺にしてみ  江戸へ行ってみ  一通り読んでみ  方へ廻ってみ  殿様に申し上げてみ  うちのを食ってみ  店へ入ってみ  文章を並べてみ  からと一応断わってみ  狸も食ってみ  空想を起こしてみ  統計的に調べてみ  たか調べてみ  掛引を見せてみ  昨日から今日へ掛けて考へてみ  望を引いてみ  如何だと訊いてみ  所へ持ってってみ  フチをたたいてみ  これやと考えてみ  一生懸命考えてみ  声で訊ねてみ  窓を見上げてみ  から私が振り返ってみ  馳け込んでみ  今晩ノいるみ  山ををがみ  家に近づいてのぞいてみ  まま考えてみ  何か書いて力一杯ぶつかってみ  廿日市駅へ行ってみ  宇品まで行って確かめてみ  方角を考えてみ  結局行ってみ  槇氏にしてみ  二度ばかり行ってみ  首実検してみ  見物に交って早速出かけてみ  電報が届いたら直ぐ開けてみ  いろいろ話かけてみ  直接話してみ  まま考へてみ  ぶつつかつてみ  行つて確かめてみ  行つた方角を考へてみ  結局行つてみ  廻つてはみ  往診中ですから、早速、さう申しあげてみ  横眼でみ  そつくりだと気がついて、いろいろ考へてみ  きり考へてもみ  散歩がてらに行ってみ  衆議院へ行ってみ  鷲握み  ほうで考えてみ  随筆的に述べてみ  章を改めて述べてみ  ままをしるしてみ  發音に濁み  それを聞いてみ  駒井能登守にさえも訴えてみ  指で引いてみ  から起きてみ  もう少し確めてみ  詩を吟じてみ  新内を語ったりしてみ  拙者が離してみ  人を斬ってみ  奴も斬ってみ  男も斬ってみ  人が斬ってみ  奴を斬ってみ  彼でもいたら斬ってみ  大地を突いてみ  傍へ寄って来て、吠えてみ  鼻を鳴らしてみ  身体を擦りつけようとしてみ  所番地を言ってみ  裾を引いてみたり、立ってみたり居てみ  刷毛を使ってみ  髱をいじってみ  挙動に出るかを究めてみ  目的に来てみ  ちょっとつけ髯をつけてみ  地上に屈んでみ  円柱にのぼってみ  順々に考えてみ  けらを拾ってみ  ボートルレはまた調べてみ  ボートルレは覗いてみ  三人は急いで覗いてみ  種々と話してみ  神さんたちとしゃべってみ  策略ではあるまいか、開いてみ  消印を調べてみ  手懸りはないかと尋ねてみ  田舎娘に逢ったので早速尋ねてみ  方法をやってみ  両足をまたがってみ  ように廻してみ  上から力いっぱい圧してみ  釘を動かしてみ  日でみ  毛髪を振りみ  庭にふりつみ  彼らは思ってみ  詩壇にも移してみ  本を出してみ  ことなら、どうにかしてみ  詮議してみ  他にみ  家族を訪ねに出かけてみ  展いてみ  一考してみ  二冊読んでみ  三句並べてみ  心に入み  句を作ってみ  句作を試みてみ  第一歩を踏み出してみ  ことを思い出してみ  感興なりをいろいろと思い出してみ  天地乾坤を見渡してみ  配合してみ  配合をやってみ  小石を拾って投げ込んでみ  すすめに従っていろいろと考えてみ  場面を考えてみ  舞台でも見て歩くと、すぐに書いてみ  殊に、読み返してみ  態度を改めてみ  方法を取つてみ  ことからみ  新撰字鏡をみ  態度がみ  床屋で聞いてみ  仕事をしてみ  から順々に書いてみ  それではやってみ  佐渡へも行ってみ  土を踏んでみ  内容を調べてみ  辞書を開いてみ  月から計算してみ  仔細に読んでみ  若葉かな不尽一つ埋み  和歌のやさしみ  夜を寒み  のが好いかと問うてみ  舞台をよくみ  余り舞台もみ  雰囲気をみ  杉村君がみ  風にみ  二回を通じてみ  ことが案外軽くみ  左右してゐるかを考へてみ  例外とみ  思つてゐるかといつてみ  ものではあるまいか、と疑つてみ  想像をしてみ  不思議だと思ってよく調べてみ  皆で聞いてみ  誇称して威張ってみ  運動をいくら論じてみ  予想してみ  仕送りがしてみ  一部としてみ  塔を振り仰いでみ  彈いてみ  ほんとうに心底から理解してみ  問題を新しく考え直してみ  ところまで考えてみ  ところから考えてみ  於てはみ  演劇史を通じてみ  なかに本当にみ  一人を初めてみ  人達をみ  車掌さんを呼んでみ  お母様をみ  同氏に当てはめてみ  ところもまだ突き留めてはみ  貴人についてみ  総括してみ  間に、み  子としてみ  のがみ  みんな調べてみ  天井を仰いでみ  生物学的にみ  家とみ  先で、いろいろやってみ  椅子に坐ってみ  もう一度生れ変ってみ  優しい言葉でも掛けてみ  お前から聞いてみ  それを提げてみ  前には戯れに結ってみ  笄を抜いたりさしたりしてみ  出来損ねえみ  手をやって押えてみ  太刀打ちをしてみ  知らないが、ともかくもやってみ  復興してみ  一責め致してみ  馬に乗ってみ  何かしてみ  身体をみ  意見を闘わしてみ  ゆっくり議論を闘わしてみ  重要とみ  ところを調べてみ  季節を調べてみ  発達をみ  割合をみ  ただ名を呼んでみ  昨夜調べてみ  一人ずつ斬ってみ  ことは討たれてみ  二度三度通ってみ  さりげなく廻ってみ  まわりを廻ってみ  声高く誦してみ  忖度してみ  お化けをみ  米友も、怒ってはみ  出で、再び尋ねてみ  それと尋ねてみ  江戸へ連れ出してみ  江戸へ届けて、ともかくも落着けてみ  見舞に上ってみ  連れ様はとも尋ねてみ  捉まえて、なんとかしてみ  しかしこうなってみ  者に会うてみ  苅谷氏に会ってみ  玄関先まで出てみ  ピストルで撃ってみ  正体をみ  背中にひしとしがみ  食い物をみ  今からでも遅くはない、やってみ  ざつと見渡してみ  雪国でみ  貧乏街に住んでみ  運動もしてみ  ちょっと見てみ  方をじっと眺めてみ  一つ行ってみ  指一本たてて、スーッと引いてみ  邸に行ってみ  ハンドルを握って廻してみ  ちょっと会ってみ  腕時計を出してみ  安否を聞いてみ  方より、聞いてみ  もっとドンドン叩いてみ  ドンドン駈けだしてみ  ポンポンと開いてみ  下を掘ってみ  把手を廻してみ  検してみ  刃で剥がしてみ  手首を握ってみ  ものはないかと訊いてみ  トランクを開けてみ  綿密にとりしらべてみ  電話局へかけてみ  把手をつかんで、押してみ  ように頼んでみ  しずかに開いてみ  窓を調べてみ  麗人をかばってみ  戸棚を必ず開いてみ  父を呼んでみ  警察に頼んでみ  ここで考えてみ  五件調べてみ  切符を出してみ  尤も後から聞いてみ  解剖してみ  理由を考え廻してみ  上流に行ってみ  そこに行ってみ  面会してみ  俺たちみ  回復してみ  訊してみ  実物とを引き合わせてみ  わたしを愛しみ  方々にでも聞いてみ  吸口を噛んでみ  くりをみ  戸締を調べてみ  小声で話し合ってみ  ために改めてみ  今晩験してみ  ものを拾ってみ  往って蹲んでみ  ものをあけてみ  狐をみ  動物をみ  蓋をもちあげてみ  河口まで行ってみ  紙を投げさせてみ  評定を開いてみ  機嫌を取ろうとしてみ  機嫌を取ってみ  評議をしてみ  今夜にも会ってみ  実地に計ってみ  評をしてみ  人にうちあけてみ  お金方も出張っているだろうし、突っついてみ  溜飲を下げてみ  苦心はしてみ  んだ、まだこれから出かけてみ  お伴をしてみ  衣裳を引張り廻してみ  誰じゃと咎めてみ  おとのうてみ  こともできず、尋ねてみ  棒を貸しねえ、ちっとばかり突いて怒らしてみ  犬を剥いて試してみ  行いもしてみ  しかし、こうなってみ  理窟を聞いてみ  君は打消してみ  それを尋ねてみ  臓腑を引き出してみ  あなたのおほみ  もので、やってみ  効能をのべたて、ひけらかしてみ  書物であるとか述べてみ  路を聞いてみ  ふたをあけてみ  お話いたしてみ  旧家に行ってみ  今一つ云ってみ  色さへ埋み  ぐねつくしたしゞまの中に置いてみ  きのふとほつてみ  話題を変えてみ  山へ登ってみ  幾度聞いてみ  一遍いってみ  何度かいってみ  二人とも欲しい、いくら欲ばっていると考えてみ  点を較べてみ  手紙を書いてみ  のですから、いくら懐かしがってみ  葉書が飛びこんで来てみ  店をのぞき込んでみ  横丁へ駈けてってみ  幾に聞いてみ  厩舎へもいってみ  戸も引き開けてみ  足を運んでみ  今度来てみ  私が疑がってみ  私は勧めてみ  検案書を調べてみ  符合してみ  これ以上聞き質してみ  板狭み  後とも、よしんば、生きてみ  色も深み  雪に、積もつてみ  傍に居てみ  やうしてみ  狂言ながら、かうも致してみ  提案してみ  搜してみ  それで、読んでみ  面前にみ  図思い出して云ってみ  ぼんやり眺めてみ  女中にも尋ねてみ  戸を調べてみ  表に出てみ  想像をめぐらしてみ  生活を覗いてみ  煙草を吸ってみ  頭に上ってきて、みしりみ  顛末を話してみ  僕は呼びかけてさえみ  気がして尋ねてみ  真先に尋ねてみ  中に浮べてみ  燈火に引き寄せてはみ  盲目的に考えてみ  想像したりしてみ  ブン流されてみ  面を撫でてみ  岸を上ってみたり、下ってみ  あとをついて行ってみ  怪我があってみ  活字引になってみ  案内をさせて調べてみ  種につかってみ  玉にしてみ  鉄砲にしてみ  吉原へ行ってみ  太夫元をやってみ  意地で、ただみ  一番やってみ  主膳を遮ってみ  のを羨んでみ  籬とやらへ、上ってみ  後ろを顧みながら、呼んでみ  声を合せて呼んでみ  姿も見せないし、探してみ  先棒が叱ってみ  ように、そっと当ってみ  ところへ来て、騒がしてみ  得物があってみ  腰を撫でてみ  日本でためしてみ  算盤を置いてみ  ところに触れてみ  手を当てて撫でてみ  やつに、お目にかかってみ  どっちへ行ってみ  辻番でいちいちお聞き申してみ  海を埋めてみ  ちょっと招いてみ  あっちへ遣ってみ  船でも呼んでみ  房とのからみあひ、蒼み  譯してみ  原田は訊いてみ  クロパンへは、いってみ  原田は言ってみ  大学へもいってみ  自宅へいってみ  動作を、してみ  写真とを、ならべてみ  ヴェランダに出てみ  母にも訊いてみ  僕もやってみ  人が多いみ  それを着てみ  坂道へいってみ  西本くん、歩いてみ  腕を組んで歩いてみ  母とできてみ  ぜんたいを塗ってみ  灯けてみ  テストしてみ  ふたりでいってみ  彼は繰ってみ  ヨシオは読んでみ  大阪には住んでみ  ひと月いくらで囲われてみ  ひとりになってみ  僕は一度なってみ  彼は訊いてみ  照合してみ  視線をのばしてみ  いま訪ねてみ  裕美子はそう言ってみ  小説は、よく読んでるみ  コイツが止められるかどうか考えてみ  注射をしてみ  饒舌ってみ  跟けてみ  ここまで来るには来てみ  弁護士に調べさせてみ  一軒あたつてみ  乳のぬくみ  母をみ  歌舞伎の世界をみ  とき私はふいと訊いてみ  三度呼んでみ  扇をみ  笑い顔をみ  政岡をみ  草鞋に深く浸み  気になるので、また行ってみ  めをじっとみ  二ヶ所ほど探ってみ  一つ条件を持出してみ  結婚観を述べてみ  広島で降りてみ  今思いなおしみ  ことを思いみ  Fig.3と並べてみ  興奮曲線を取り直してみ  花瓶に活けてみ  ことも言いかけてみ  煙にまかれて死んでみ  水をかけてみ  ぼんやり立ったり歩いてみ  姿を捨ててみ  くにに充ちみ  さまをなしましてみ  さなかにもみ  いまわれやみ  夜遅く帰つてすぐお寝み  一度ためしてみ  手にさげて、みしりみ  面をかむってみ  ケリーをみ  資本主義社会でみ  顫ふいみ  一時間余り待ってはみ  十一時ごろになって漸っと見舞ってみ  から、是非ためしてみ  ことを、淋しみ  如何ほど拵えあげてみ  気配をみ  物を纏めて投げ込んでみ  量見に聞いてみ  声で呼んでみ  角を怖がらせてみ  あたい江戸へは行ってみ  仕事がやってみ  男に会ってみ  何か尋ねてみ  金箱とおっしゃったって、まだ分らないじゃありませんか、まだ乗るか反るか、打ってみ  物は磨いてみ  評判を聞くと、どうも会ってみ  軽業小屋を訪ねてみ  ただ人を斬ってみ  お前を斬ってみ  人を殺してみ  指一本でも触れてみ  放送してみ  見学してみ  うしろ姿をみ  まり考えてみ  らにみ  後から覗いてみ  蹲踞んでみ  つて宿屋を聞いてみ  腹に浸み  誰にともなく、また頼つてみ  街を歩いてみ  逢つてみ  飾つてみ  旅に出てみ  問ひあはせてみ  馬鹿にみ  どす策を講じてみ  買つてみ  一度も持つてみ  里子と遊んでみ  一軒持つてみ  そつと握り締めてみたり、ゆるめてみ  見地からしてみ  者があるかどうかを、調べてみ  後を振り返ってみ  前に、また振り返ってみ  研究を進めてみ  関係を調べてみ  君が出かけてみ  スミス嬢を見舞ってみ  ところに、送ってあげようと云ってみ  三十九号室へいってみ  男じゃ、早く調べてみ  ちょっとやってみ  耳を澄ましてみ  干草をやってみ  面倒もみ  ひとつ冷水療法をやってみ  まり動いてみ  葉を嗅いでみ  ちょっと齧ってみ  句読点をつけてみ  ちょっと線を引いてみ  指で追いかけてみ  口をよく見てみ  窓越しに覗いてみ  木彫を作ってみ  そうに、ほざいてみ  苦笑してみ  内部をのぞいてみ  ものだと考へてみ  一つそれをすっぱりとやってみ  処をよく調べてみ  女将にいろいろ訊いてみ  のだろうとよく改めてみ  隙間からのぞいてみ  積りでいろいろ云い出してみ  中を調べてみ  云はれてみ  不可能とみ  あてにせぬと大きく出てみ  ひとを沢山み  着物にあうと、浸み  通弁を通して話してみ  辻を透かしてみ  今掘りだしてみ  間を探してみ  復活させてみ  ことを思へば、いくらか明み  誇張してみ  せりふとみ  ことをいってみ  わたしをみ  咳払いをしてみ  時お聞き申してみ  そうだから、ぜひとも会ってみ  そちに会ってみ  スクーネルをこしらえてみ  一門だけはのせてみ  先生に限って、出るなと言えば出てみ  勝手が悪いと見えて捲き直してみ  誰何してみ  探究してみ  手先になって働いてみ  話が合うか合わないか、話してみ  相合傘で歩き出してはみ  子に逢ってみ  事情をお聞き申してみ  針を刺してみ  音曲をやってみ  手入れをしてみ  相手を致してみ  盲人をからかってみ  お呼び申してみ  隙間もなく締めきって、叩いてみ  行燈を見直して、更にたずね直してみ  田舎に行ってみ  のかと、尋ねてみ  一泡吹かしてみ  あたしからよくきいてみ  御用があるなら、いってみ  石ころをみ  気になって、切り出してみ  ほうへ出かけてみ  ことなんかないといってみ  のか聴いてみ  伺いを立ててみ  ようにして殺してみ  のに聞いてみ  それから先きは、未だに考えてみ  根元から切ってしまったが、如何考えてみ  げきをうけてみ  全部計算してみ  彼女にありはすまいかと疑ってもみ  経済状態をいろいろ調べてみ  方をそれとなく探ってみ  鍵盤を押してみ  今日まで、やれるだけやってみ  あとで振り返つてみ  事を考へてみ  音がしますので、見てみ  ほうを見あげてみ  皆んな降りてみ  思に注ぎてみ  綾羅色をわかみ  末葉にみ  彈きてみ  風をあらみ  色をかへりみ  物ずさみ  あとをさはりみ  今をさむみ  闇をふかみ  そや、み  心のふかみ  戲ればみ  戲ばみ  門口へ立ってみ  ようでは、頼み込んでみ  生れ代りみ  米友が荒れてみ  存分に使ってみ  ひとつ掘り返してみ  今日、押しかけてみ  調べ上げてみ  あいつをつっついて、当らしてみ  獅子頭もかぶってみ  ひとつ下検分に行ってみ  小塚原とお聞き申してみ  療治を加えてみ  廊下へ出てみ  笛を吹こうと上ってみ  突きにしてみ  あなたにお聞き申してみ  覘いをつけてみ  滝に打たれてみ  それを突き留めてみ  お尋ねしてみ  腰をさぐってみ  価値を疑ってみ  かすかにうごかし、小さなこえで、そういってみ  明りをみ  んだろうと思ってしらべてみ  赤石に聞いてみ  今しらべてみ  それから先へしらべてみ  射撃のしせいをやってみ  私は調べてみ  人物をみ  帆村が、じっとみ  船がとおらないかみ  一枚一枚あらためてみ  ことをうつし、すっかりみ  手はつくしてみ  瀬ぶみ  びとなく夢にみ  服をあらためてみ  車に乗ろうとはせず、てみ  ぞんぶん泣いてみ  今夜歩いてみ  ところへいってみ  中で書きなおしてみ  食堂へいってみ  ちょっとうかがってみ  われわれももちろん考えてみ  油をかけて焼いてみ  ところにいってみ  それが同じだかどうだか、早くしらべてみ  のだが、開けてみ  蹲跼み  話が滑み  す、み  前にいってみ  動作をみ  ちょっと手をゆるめてみ  お父さんに話してみ  力味んではみ  政治をやってみ  土手を歩いてみ  ことかと尋ねてみ  わたくしが内々お聞きしてみ  少年は太く怪み  ことだとは思ってみ  自分を叱ってみ  中差と、みみ  墨ばさみ  柳であってみ  結びがみ  首からかけて、み  時にみ  夢でみ  ものとむすびつけてそうみ  私のみ  中にみ  髪をみ  ものなどだけじっとみ  物の本でみ  へんに生々しくみ  書斎にしてみ  火災について少しばかり調べてみ  解説を聞いてみ  呑込んでみ  近くまで来てみ  箱根町を歩いてみ  何を思うてみ  隈なく歩いてみ  かたと話してみ  異端者としてみ  末まで浸み  定価札をひっくり返してみ  それを高く捧げてみ  仮面を、いきなり外してみ  一つ一つ想いだしてみ  頭から灰でもかぶって泣いてみ  体裁を取りつくろってみ  者に捜させてみ  ていねいに調べてみ  横からこっちをちょいとみ  事をやってみ  のを、振り返ってもみ  癲癇病みもやってみ  それから盲もやってみ  だれがみ  絵画について考えてみ  絵画をみ  科学を考えてみ  メレジコフスキイ等、いくら並べてみ  作であるかを考えてみ  漢語一切を除いてみ  上から抹殺してみ  らげてみ  冒険してみ  見世ものでみ  から俳諧にはふれていたとみ  扉を叩いてみ  二三度大聲に呼んでみ  行員に質してみ  行員を訪ねてみ  限りに呼びたててみ  人参などを買って来てあたえてみ  から覗いてみ  十匹ほどずつ飲んでみ  のんでみ  旧跡を訪れてみないかと誘ってみ  蔦子を呼んでみ  直様、とうてみ  まらうどがみ  即座にとうてみ  此をとうてみ  探求してみ  白布をめくってみ  書物をひらいてみ  空間に描いてみ  街をぶらぶら歩いてみ  歌を入れてみ  言行を挙げてみ  後に、何故おれみ  人間を造ってみ  貧困をみ  職業的にみ  やつを読んでみ  戯曲を書いてみ  つた動機を調べられるだけ調べてみ  物好きな人があつたら比べてみ  完成をみ  まねをしてみ  腕を動かしてみ  ように思ってみ  後に掘ってみ  二三度振り返してみ  強がりをいってみ  人に向ってこぼしてみ  こちらから言葉をかけてみ  それについて、いろいろ考えてみ  浄瑠璃をやってみ  庭へ行ってみ  今様をうたってみ  只事ではないと思って考えてみ  避難して来てはみ  当りをつけてみ  おれがこうして、ぶらりと飛び込んでみ  心得で考えてみ  後ろを見込んで呼びかけてみ  心持で呼んでみ  手を借りてみ  今夜こそは、と思い切って出かけてみ  どっちが勝ってみ  どっちが負けてみ  共倒れになってみ  兵馬は突然にたずねてみ  情から醒めてみ  煙草を吹かしてみたり、置いてみ  未練を残してみ  菊人形に仕組んでみ  行方を探してみ  二役やってみ  ちょっと当りをつけようとしてみ  それを噛みわけてみ  引寄せてみ  あとで、ハッとは思いますけれども、なおよく考えてみ  執着は致してみ  気分で通ってみ  姿をうつしてみ  いたずらをしてみ  網を張ってみ  突き出してみ  気にもなってみ  要旨を味わってみ  手ずさみを試みてみ  虐待してみ  もてなしを受けてみ  時焦れてもみ  物を問いかけてみ  法華経を読めといわれて読んでみ  翻えしてみ  扉を押してみたけれどもあかない、叩いてみ  時には、軽く叩いてみ  時節になると、また行ってみ  ぺージを繰ってみ  君も行ってみ  慈悲心鳥を一度飼ってみ  から解決してみ  それから、度々繰返しては読んでみ  字を当てはめて考えてみ  芋畑へいってみ  それを出してみ  もっと後になってみ  裾をまくってみ  洗い泄い話してみるけに、まあ聞いてみ  わからんがまあ聞いてみ  松倉さんに会うてみ  塵埃箱を覗いてみ  後から掃溜を覗いてみ  冷笑してみ  今一度覗いてみ  気を付けてみ  コッソリ噛み割ってみ  突込んでみ  運命を張ってみ  中風付きみ  分別を問うてみ  燃えが通りませんので、掻き出いてみ  すのかみがみ  お婆さんお婆さんと呼んでみ  風呂敷をあけてみ  洗米なんかを食べてみ  二三日泊つて様子を見てみ  妄執が、浸み  私にしてみ  參してみ  心を留めてみ  真剣にしらべてみ  楽じゃないなあ、そう呟いてみ  支那人をみ  カフヱーでみ  かなかな、みんみん、みんみ  描写してみ  ちょっと両手でおさえてみ  下っ端をおどかしてみ  探りを入れてみ  らを引いてみ  渡りはつけてみ  形勢をみ  一発打ち込んでみ  疑いをかけてみ  心配してみ  力をつけてみ  男をただしてみ  のを、留めてみ  墓を動かしてみ  あとを追っかけてみ  梅がよく尋ねてみ  駒井甚三郎を訪ねてみ  のは、少々、捜してみ  洗濯もしてみ  諸方へあそびに出てみ  指を折ってみ  人夫にたずねてみ  木を伐ってみ  手ずさみ  お松をたずねてみ  ここに呼び迎えてみ  ここへ集めて育ててみ  道を枉げてたずねてみ  念を押してみ  鎧袖一触的にやってみ  いくつ燈籠を数えてみ  中に投げ込んでみ  夜半に、長く悲しく寂しみ  中に浸み  作法などを、まのあたり覗いてみ  てゐないかと訊いてみ  岸を離れてみ  昇降口から眺めてみ  印度に行ってみ  支那へも行ってみ  国に行ってみ  一羽殺してみ  手で握ってみ  それが飲んでみ  血に触れてみ  子を殺してみ  一篇にまとめてみ  論文を書かせてみ  眼を閉じて、しばらくはさすってみたり、またぽかんと眺めてみ  一歩退いて考えてみ  わたしは訊いてみ  邪気も無う、ようお寝み  亭主にただしてみ  椎、しきみ  それをつぶやいてみ  経家にただしてみ  お話がしてみ  ワシづかみ  男に濡れさせてみ  憂き目にもお会いになってみ  有様をみ  息をころしてみ  母上に伺ってみ  薬餌であったとみ  彼女を引っ捕えてみ  新聞記事を読んでみ  刀を振りまわして闘ってみ  貴女が思い出されるかどうか話してみ  俛れてみ  虚空にみ  武蔵野を歩いてみ  膓もみ  場所を歩いてみ  底へ浸み  順次新しい時代に及ぼしてみ  尽力してみ  下まで浸み  迷惑をかけて相すみ  方を質してみ  新たに浸み  馬を替えてみ  ことを少し考えてみ  姿勢から半分ほども起き返らしてみ  精細に調べてみ  酒でも飲みながら待ってみ  上手をみ  中にためておき、いくどもひっくりかえしてみ  下着をしらべてみ  いちどたずねてみ  バンガローへ移ってみ  錨繩でやってみ  表情をつくってみ  さり気なくたずねてみ  片下りになり、どうやってみ  思いきり強く突きたててみ  何を話し合ってみ  女房になってみ  労働でもしてみ  指先でちょいとつついてみ  彼はすぐに取上げてみ  経験してみ  風に云ってみ  鬢附油を使ってみ  から来てみ  んですから、お寝み  頬辺をつっ突いてみ  切尖が向いてみ  から一生懸命に働いてみ  手に入れてみ  あたいは聞いてみ  子供を可愛がってみ  ことを畏み  山へ行ってみ  温泉へ、行ってみ  私が尋ねてみ  検視をやってみ  興を催してみ  鳴りを静めてみ  おかしいといって、み  飛騨の国を乗っ取ってみ  一時は疑ってみ  身銭をきっておごってみ  人を以てかけ合ってみ  ひとり町を歩いてみ  門を驚かしてみ  うござんすかどうか、お聞き申してみ  どこを読んでみ  一つ試験してみ  眼をうってみ  リーダー気取りになってみ  無常を感じてみ  涙を流してみ  香いをかいでみ  働きがしてみ  神尾は、ひとりうなずいてみ  一人で行ってみ  空につき立ててみ  ともをして行ってみ  もう少し上ってみ  幹によりかかってみ  一揺りしてみ  絹がとがめてみ  書物を調べてみ  二ツ三ツ、詠んでみ  あれを読み砕いてみ  本を持って来てみ  折本をたぐってみ  心をさえ起してみ  山に登ってみ  女でも登ってみ  時分には、きっと登ってみ  型で軽く振ってみ  ちょっとすねてみ  白状してみ  気分を繰返してみ  いま登ってみ  おんどるみ  わたしどもみ  それを少しばかり飲んでみ  暗愚をみ  ものに、なってみ  廊へ出てみ  横づかみ  丘へのぼってみ  くだりだけを、弾いてみ  さいぜんから、ようお寝み  外を廻ってみ  内へ入ってみ  察しも抱いてみ  赤心を訴えてみ  山はいよいよ狭ばみ  正季どのに伺ってみ  さがって行ってみ  もっと洗いあげてみ  定義してみ  ことを書いてみたいと思い、いろいろやってみ  デングリがえしてみ  数篇を読んでみ  論文を読み返してみ  以上三通りに考えてみ  女流作家だけを見わたしてみ  調査をしてみ  人々についてやってみ  なかを調べてみ  新劇は、どう安く見積ってみ  全体としてみ  三について語ってみ  過去十年間ぐらいを取ってみ  知識人たちに向って持ち出してみ  私は語ってみ  批評は、どう安く見つもってみ  一つ二つあげてみ  うまい事を言ってみ  根もとを突いてみ  首をすこし曲げてみ  ことが分ったが、探してみ  覆面を外してみ  日比谷公園でみ  そこを考えてみ  場所をすっかり探してみ  辺もよく探してみ  何遍やってみ  外を透してみ  幻影をみ  静かに行ってみ  誰もみ  高空まで昇ってみ  覆面を取ってみ  ものが見えるので行ってみ  書簡箋を取出すと、開いてみ  薄目を開いてみ  周囲を歩いてみ  私自身にしてみ  馳けつけてみ  ノックいたしてみ  希望をいってみ  敵を突き伏せてみ  から私はなんどり訊いてみ  何物かをじっと疑ってみ  何ぼくらいか、言うてみ  母親に話しかけてみ  からでなければ、たとい会ってみ  娘に話してみ  前をそっと通ってみ  番号を呼び出して訊ねてみ  心を落ち着けようとしてみ  電話を掛けてみ  幾度思ってみ  中を読んでみ  もとを訪ねてみ  両側を歩いてみ  それからそれへと、疑ってみ  安心してみ  あれこれと訊ねてみ  時から幾度となく疑ってみ  独り言を言ってみ  農家に見当らないであろうかと問うてみ  明日はやってみ  日本へ行ってみ  いくら書きたしてみ  あなたに會つてみ  二三尋ねてみ  もう少し詳しく書いてみ  手近い実際について考えてみ  一つ一つ開いてみ  ちょっとさげてみ  ことを、やってみ  うちで誦してみ  ひまひまに開いてみ  意味も無く調べてみ  どこまで歩いてみ  酒を呑んでみ  かんがへてみ  妹をうら若み  一つ加持をしてみ  鳥渡図面を描いてみ  演ってみ  私も暫く考えてみ  嫌疑をかけてみ  此際どうしても開けてみ  荒筋を話してみ  蛙さえあれば賭けてみ  ものを行ってみ  から、一度やってみ  殺気ばみ  話をもちだしてみ  手にとりあげてみ  舟を覗いてみ  仔細を聞いてみ  きり出してみ  雨露次はまたつい、沁んみ  内儀も、よう考えてみ  僧侶とみ  人をやってみ  たか否かを、ただしてみ  死体を覗いてみ  諸所にみ  生を愉しみ  今日半日、歩いてみ  水しぶきを感じてみ  仔細と共に、つつみ  河筋を眺めてみ  検挙をみ  出座してみ  ひとつ、つつみ  一ト悶着をみ  起居を窺わせてみ  逆に沁んみ  機会とみ  心をくだいてみ  あとをみ  のを待って、こういってみ  一ト冬ぐらいは送ってみ  一しょに伺ってみ  三昧堂などへも、詣ってみ  小声で呼んでみ  音曲でもやってみ  興行に行ってみ  手をあてて考えてみ  これは考えぬいてみ  名を襲いでみ  ちょッと行ってみ  小首を傾げてみ  とんとん叩いてみ  内密につけてみ  女中部屋へはいってみ  片手ずつにしてみ  下をまわってみ  たびとなく呼んでみ  ゆっくり中をしらべてみ  場所をかえてやってみ  ナイフでこじあけてみ  弾丸でけずられてみ  場所なんだか、調べてみ  上へ行ってみ  下にたらしてみ  ものに向って、力いっぱい投げさせてみ  一つひっぱってみ  僕信号をしてみ  それをさがしつづけてみ  夕けしきをみ  失敬してみ  めちゃくちゃにしゃべってみ  坂本方面を見通してみ  米友はじれてみ  金助をとっちめてみ  から引受けてみ  複製によって覗いてみ  納額してみ  絵を納めてみ  戸外へ出てみ  方でも、少しは焦らしてみ  のに会ってみ  んばかりあやかってみ  前へ薦めてみ  金椎に話しかけてみ  神信心をしてみ  のへ行ってみ  音羽屋とも言えないから、それで単にそっくりといってみ  芝居もどきに冷かしてみ  最初は囃したり、けしかけたりしてみ  紙へ包んでみたり、ほごしてみ  叺へ納めてみたり、出してみ  ちょっと触ってみ  発揮してみ  一通り盗み並べてみ  見本調べをやってみ  ものほど、盗んでみ  わたしが、そういって訊ねてみ  見得をきってみ  ハタハタと叩き出してみ  城下を当ってみ  中へ投げ込んでみ  宿屋を叩いてみ  間をうろうろしてみ  幾度も思い込んではみ  武者修行をやってみ  明日といわず武者修行をやってみ  竹刀をつけてみ  面を打ち込んでみ  型を行ってみ  選択にとりかかってみ  輩はあいみ  七ツ下りに落してみ  町並に怒鳴り歩いてみ  のではないかとも一応は考えてみ  大声を発して笑ってみ  うえでころがしてみ  政治小説かいてみ  ただいま覗いてみ  色眼鏡でみ  対立的にみ  そちらに行ってみ  机の引き出し、そっと覗いてみ  会場へ引返してみ  神をみ  生活もしてみ  逗留してみ  いつお伺いしてみ  同意してみ  窓をのぞいてみ  点まで一々思い浮べてみ  札をひろげてみ  性格をいろいろ考えてみ  馬鹿みたいにすねてみ  彼女に訊いてみ  切れ味をためしてみ  一回りしてみ  ちょっと吹いてみ  天鵞絨の柔かみ  紐を断ってみ  そのまま居坐っていかにも浸み  なかに浸み  意味でみ  いま少し深く考えてみ  人生上から文芸を軽くみ  からであるとみ  牛舎に行ってみ  本など出してみ  自分を元気づけてみ  薬湯を試みてみ  髪をゆってみ  ところによりては痒み  毎晩お寝み  これを用いてお寝み  良人に頼んでみ  良人に恐る恐る頼んでみ  巴里で暮してみ  ことは、夢にも考えてみ  まままだ開いてみ  陸へ飛び上ってみ  秘密を話してみ  京都あたりでちんまりと暮してみ  永代河岸を歩いてみ  鈎縄を下ろしてみ  継竿に引っ掛を付けて、探ってみ  壁を壊してみ  最後まで疑ってすらみ  品質とを較べてみ  言葉を繰り返してみ  指輪を拾ってみ  火影に浮かみ  一通を開いてみ  立越えてみ  免状でも持っておいでるかと問うてみ  噂を聞かせてみ  ちょっとのぞいてみ  我が身をつねってみ  いをしてみ  眼を細くして恐る恐るのぞいてみ  場所へ当てがってみ  風に試してみ  風にでもつけてみ  鼻はどうみ  鏡をのぞいてみ  あはれさち多きわがみ  顔に描いてみ  数右衛門は従いて行ってみ  膳を退けてみ  ことをひっくるめてみ  びっくりして行ってみ  何さま、み  鳥とみ  法院良忠をみ  崖をのぞいてみ  久子、み  玄関へ駈け出てみ  底を、確かめてみ  敵陣をみ  赤濁み  唇ずさみ  人と、つき合わせてみ  必死のと言いあってみ  叩きになってみ  むやみに射こんでみ  波間に置いてみ  意見をのべてみ  もいちど叡慮にうかがってみ  九分の成功はみ  館とみ  彼は打ち消してみ  底で、また、会ってもみ  晩、夢にもみ  有利かは立合ってみ  立向ってみ  富礼を買ってみ  ように透かしてみ  竹刀を持って立ち合ってみ  茶の間にふみこんでみ  あるかないか調べてみ  比例を調べてみ  現物を較べてみ  吸入させてみ  人間には試みてみ  陰極線を当ててみ  道場を尋ねてみ  一夜を明かしてみ  ものやわらかに尋ねてみ  中から抽き出してみ  東妙和尚に尋ねてみ  年寄に聞いてみ  額を撫でてみ  ちょっといじってみ  二三度踏み慣らしてみ  盗賊がやってみ  ものを取ってみ  忌気がさしてみ  日割にしてみ  半分ばかり駈けつけてみ  ままを書いてみ  歌を書きつけてみ  それによって調べてみ  水をはかってみ  上に分けてみ  熟覧してみ  うまいものなら、持って行って食べてみ  ジャガタラいもを植えつけてみ  地方へ行ってみ  それを耕してみ  戸もたたいてみ  言葉もかけてみ  戸を押してみ  文に改めてみ  滅茶苦茶に掻きまぜてみ  それを悉く食い尽してみ  寝台へ近づいてみ  二三度突ッついてみ  白雲はこう言ってみ  海へ飛び込んで泳いでみ  胡琴を鳴らしてみ  うちは呼んでみ  お前からよく問いただしてみ  水練が、飛び込んでみ  物を尋ねてみ  外を通ってみ  手段はないかと、調べてみ  横から透かしてみ  医者を変えてみ  妻に訊ねてみ  事実としてみ  看護婦部屋を覗いてみ  上から脱してみ  ことをしてるな、とみ  得意さうに皆をみ  ひとりごとをいってみ  かげを探してみ  人にきいてもみ  手をかけて捲ってみ  妹がうら若み  私は、とうてみ  此等にもとうてみ  一部がみ  捜ってみ  てめえちみ  水溜りみ  疲れが浸み  仰向けにしてみ  笑いをみ  仁科六郎にきいてみ  今日の出来事を思い浮べてみ  げにみ  主観をいれてみ  あたりにふれてみ  肉体にふれてみ  時も云ってみ  言葉を思い返してみ  かわいい女をみ  妻をみ  うつらうつらゆめをみ  現実にみ  仁科夫婦をみ  さっきちらりとみ  妻たか子をみ  カードをみ  方をちらりとみ  仁科たか子をみ  南原杉子をみ  夫建介をみ  信用されてないみ  時折楽譜をみ  身のかたみ  階下へ行ってみ  一ト間へ伺ってみ  君へ懸けたとみ  物、さして奥深いともみ  入念に糺してみ  汚れ髪に触ってみ  安心とみ  者とみ  宴は罷み  後になってみ  のだが、なんとなく、来てみ  道誉を憎んでみ  刑部へ訊いてみ  それは当ってみ  存分きいてみ  六月下旬とみ  難題とみ  説服に努めてみ  まわりを探ってみ  頭をつっこんで捜してみ  散歩でもしてみ  散歩に来てみ  片端から調べてみ  巻を調べてみ  引較べて読んでみ  文献を調べてみ  おれは突然考えてみ  様子を話してみ  二三ヶ月預ってみ  匂は畏み  一度は行ってみ  君はとがみ  はとがみ  妾は訊ねてみ  何度か詠みなほしてみ  皺を伸ばしてみ  これまでみ  夜燈にもたれてみ  林太郎にみ  電報をみ  ざあっと書いてみ  一巡してみ  枝をもちあげながら、見てみ  目をこすりこすりあけてみ  是非ともお訪ねしてみ  それに聞いてみ  私は飲んでみ  ためにも、たべてみ  鴎外全集をひらいてみ  前に立ってみ  天狗のしくじりみ  謎を掛けたりなどしてみ  口に出して言ってみ  事を訊いてみ  ア喫ってみ  生きかたで、しばらく生きて努めてみ  あなたにお逢いしてみ  市場へ出掛けてみ  じい、み  おかあさんを起しに行ってみ  解釈をしてみ  左右に激しく動かしてみ  裏に入りこんでみ  紙でやってみ  幹に登れるかどうか、考えてみ  四つん匐いなんかになってるんで、飛びついてみ  晩に歩いてみ  一角にしがみ  歩調はともすれば早み  運動場をつくってみ  夜明けに行ってみ  友人たちも食ってみ  から食ってみ  ものがあれば読んでみ  通りを歩いてみ  夏川は歩きかけてみ  謀反を起してみ  銭をかせいでみ  気品を思ひ描いてみ  ちょっと喰べてみ  もの入っていたろうかと思って、急いで出してみ  自分もやってみ  涙をみ  重臣をみ  雲行きをみ  いちど立ち寄ってみ  急もみ  見舞をおつかわしになってみ  探りをやってみてはと申しあげてみ  ひとつ訊いてみ  まま女讐とみ  時勢と甘くみ  鎌倉へ出てみ  拝してみ  島を離れぬといってみ  論にならぬし、暴れてみ  洞ろをのぞいてみ  小づき廻してみ  ざまを吐いてみ  いまさら能登にだけ隠してみ  御所へ伺うてみ  へんを巡ってみ  いや言ってみ  無造作に解いてみ  探りに行ってみ  うごきをみ  寺を覗いてみ  十五人にみ  伺いしてみ  野心に駆られ去ったとみ  一例とみ  母へのかたみ  余談に入ってみ  玄関もまたひどく荒れ寂びていて、いくど呼んでみ  浄明は言ってみ  英時も沁んみ  衛生小屋と改めてみ  おめでた峠とかえてみ  うつそうとしてみ  二廻しばかり廻してみ  先で廻してみ  頬に当てて、ヒタヒタと叩いてみ  歌口を湿してみ  後ろを顧みてみ  二匹とまってみ  席へ入ってみ  親許までつきとめてみ  室内を見廻してみ  ことを、あざけってみ  甲州くんだりまで、追いかけてみ  胸を撫で下ろしてみ  のなんぞを使ってみ  角もてこずってみ  中なんぞを調べてみ  声を出して叫んでみ  雀を吹いてみ  名をつけて吹かせてみ  ようにこしらえてみ  淡窓流をまねてやってみ  山陽流をやってみ  調で吟じてみ  呼び名をしてみ  数カ所を読んでみ  心を起してみ  一日あとをつけてみ  あとをつけてみ  コジつけてみ  粋向きにこしらえてみ  奥様風に結わせてみ  ように撫でつけてみ  一くさり口ずさんではみ  生活をさげすんでみ  退屈凌ぎに持ち出してみ  羽織を引張ってみ  もんですから、恐る恐る伺ってみ  ここから直線を引いてみ  当人に引渡してみ  事あればこそ、こうも言い出してみ  下へ持って来て、ひねくってみ  幾度も見廻して、呼びかけてみ  せがれか、と抱きついてみ  べらぼう様、這い出してみ  一つもいってみ  戸惑いをしてみ  ところを、もう一応考え直してみ  わがままを働いてみ  短冊を染めてみ  裏庭に廻ってみ  中へ踏み込んでみ  一応確めてみ  百姓にしてみ  把手にしてみ  貸し申してみ  ハゲかくしを撫でてみ  古書を調べてみ  先生に来てみ  姿も見えないし、暫く待ってみ  人を卑しみ  ようがあったにしてみ  下に埋もれているとしてみ  時間を待ってみ  大和尚に伺ってみ  そうだ、行ってみ  所へしやがみ  思つて、急いで出してみ  仲裁をしてみ  季節をえらみ  ことも話してみ  ものをならべくらべてみ  中でいろいろと考えてみ  どこまでも歩いてみ  ものはいっていたろうかと思って、急いで出してみ  それをしらべてみ  ここへ立ち寄ってみ  母にみ  夢を悪み  母親でないかたずねてみ  もう一度いってみ  みんなが、なまけてみ  ためかとも思ってみ  建言したらどうかと思ってみ  連関がありはしないかと考えてみ  葡萄酒を造らせてみ  呶鳴ってみ  膝にのせてみ  表へ来てみ  みんな寄って色々考えてみ  綿密に調べてみ  念入りに洗ってみ  モウ一度電話をかけてみ  から居ないかと聞いてみ  煙草屋専門で遣ってみ  筆をつけてみ  お尋ねを致してみ  繰返し繰返しておたずねを致してみ  人様にたずねてみ  それがお聞き申してみ  今晩になってみ  ここで合わせてみ  謡をやめさせてみ  ところ、離れてみ  賢次とに、問い返してみ  端坐してみ  突出してみ  手をほどいてみ  ちょっと身動きをしてみ  手をゆすってみ  二度ばかりなめてみ  拍って喜んでみ  ところを笑ってみ  くろうとに限るよ、いかにほれてみ  儀礼的にたずねてみ  娘さんがしらべてみ  そこまでは究めてみ  口をはさんでは、甘えてみ  酌でもしてみ  ここで思う存分泣いてみ  涙にひたって、泣けるだけ泣いてみ  一息に走ってみ  暇を告げてみ  用意をしてみ  駄目を押してみ  豪遊してみ  手を握らせてみ  ハガキを書いてみ  のではなかろうかと疑ってみ  自説を試してみ  腕を荒々しく突き上げてみ  ぢつとみ  口絵なんかに出てみ  公演をみ  面白い人物を書いてみ  真佐子から云われてみ  二三日ばかり呼び寄せようとしてみ  手を差出してみ  頬を突き出してみ  底まで浸み  証を立てられてみ  問い糺してみ  検てみ  審べてみ  指頭で触ってみ  ここらで切上げようかしら、こうも思ってはみ  小判を取り出してみ  上へ下ろしてみ  小判を指さきへのせて弾いてみ  隣の女の子に訊いてみ  顔を見直して思い出そうとつとめてみ  ちょっと来てみ  わる訊き返してみ  番頭にいわしてみ  中に高く浮かみ  我慢して使ってみ  グラフをかいてみ  絵画だけを取り挙げてみ  家を覗きみ  部屋を覗きみ  着物と置き換えてみ  一時間目からみ  畑みちを歩いてみ  名附けてみ  乳房を撫でてみ  成功せしめてみ  めしをしてみ  進言、というより迫ってみ  志を得せしめてみ  ゴシンゾと言ってみ  アルバトロスと呼んでみ  一時びっくりしてみ  達者かと聞いてみ  杓子ですくい取って、少し食べてみ  番兵さんに追いかけられて、つかまってみ  捉まってみ  口で叱ってみ  戸を叩いてみ  調子をおろして尋ねてみ  主峰にかかげてみ  二つを比べてみ  私はそうも思ってみ  女の浸み  君一つ抱いてみ  近く寄ってみ  表情をしてみ  鬱悶はすっと消えて、世にもみ  末梢まで、浸み  記憶から探してみ  政論派はみ  方も探ってみ  風呂敷包みまで解いてみ  家中を探してみ  ものはなかったかと訊ねてみ  連中をつかまえて聞いてみ  ように、拾ってはみ  こちとらみ  一度突撃して、もまれてみ  是非実験をしてみ  店などへ行ってみ  水を飲んでみ  一掬いして飲んでみ  ふもとへ行ってみ  始めから順々に話してみ  寝室に寝そべってみ  窓縁にもたれてみ  病気をしてみ  攻撃にみ  頬へ当ててみ  一ツにみ  黒けむりをみ  移動がみ  一例でみ  閑人とみ  ちがいないとみ  伺ッてみ  みんなでみ  そんなのは犬畜生とみ  とりでに入ってみ  兵士をみ  深草へ抜けてみ  主上をみ  諸所問い合せてみ  愛のかたみ  時機をみ  殿へおすがり申してみ  意見もきいてみ  仮病とみ  ちょっと話してみ  威を損ずるなどとは思ってもみ  大橋を渡ってみ  隠し子とみ  高氏は黙ってみ  愚存を申しあげてみ  まさかとみ  何にでもかけて、通れるなら、通ってみ  役儀上、伺ってみ  眼をひらいてみ  のを引き絞ってみ  耳をつけてきいてみ  ころのゆめをみ  三人赤くわらつてこつちをみ  一挙に吹飛ばしてみ  不審に思って覗いてみ  議論してみ  道傍に跼み  よう云うてみ  奴を喰うてみ  非人に遣ってみ  世話までしてみ  気持のええけに起きてみ  クフンクフンと嗅いでみ  中鯛で一杯飲んでみ  漁師に聞いてみ  洪水で流れて来たみ  あれつきみ  一七、み  三つ咲いてみ  温泉町ができてみ  風が吹きかへりみ  數を尋ねてみ  底を覗いてみ  印象を思ひ起さうとつとめてみ  首を少し廻してみ  娘たちが、どんなにかたみ  安心だと思うなら考えなおしてみ  側になってみ  料簡を聞いてみ  胸も聞いてみ  二応も言い聞かせてみ  妙泉寺へいってみ  三人がしがみ  はるのひながのあをいうみ  かくれんぼそれをみ  一名おいてみ  何人とりかへてみ  途中まで歩きかけてみ  靴をみ  今どうあがいてみ  慨嘆してみ  ばんこに口説いてみ  話を大きく持ちかけてみ  畳をめくつてみ  口説いてみ  チラとみ  一時も早く着てみ  心をみ  つもりで空うそぶいてみ  つてお金が握つてみ  気にかかるので、しきりに訊いてみ  下に住んでみ  づまるところまで実際に行ってみ  自分で考えてみ  半分でもよい、やってみ  練習をさえしてみ  家へ帰って調べてみ  あとでいくら考えてみ  飾窓を覗いてみ  メンコを調べてみ  先生、お寝み  空の広み  一つ一つ覗いてみ  幾度繰り返してみ  人間がどんなにあがいてみ  中にす早く考へてみ  気温を調べてみ  ごとに食べてみ  首飾りをしてみ  ぐつすり寝てみ  つて吸つてみ  商売をしてみ  つて固く握つてみ  から愉しみ  このみ言葉を味わってみ  チョッピリ噛んでみ  さっきためしてみ  中をしらべてみ  ドアをへだててくりかえしいってみ  一つ二つをいってみ  かたっぱしからひっぱり出してみ  二メートルばかり掘ってみ  たねにちょいとみ  地下道でもあるかと思ってさがしてみ  道をも行ってみ  これを一度み  場内へはいってみ  つぎあわしてみ  小指を入れてみ  黒箱は持ってかえって、なおよくしらべてみ  あっしはよくみ  蜂矢が掘ってみ  跡をいくら掘ってみ  ところから入ってみ  三方にみ  実戦に行わせてみ  彼らはみ  途中にみ  夜すがら、お寝み  半分とみ  歴史とはみ  ぶりからみ  例にみ  再起をはかってみ  それも、来てみ  所はないとみ  四隣すべて北条勢力圏とみ  物見を入れてみ  安東高貞をみ  あとに捨てみ  落日とみ  間道をさぐらせてみ  まいど歯がみ  失敗をみ  世を愉しみ  威嚇を用いてみ  名残りを伝へてゐるともみ  ことを記してみ  言ひかへてみ  ちよつと気取つてみ  方にしてみ  目玉をこすつてみ  一度は呼んで、み  病気についてみ  ほとりへいってみ  それをひっくり返してみ  人物を考えてみ  決心とをみ  皮袋にいれてみ  ようすをみ  なにごとかと思って、おもてにでてみ  毛をなでてみ  のを、ためしてみ  一ついれてみ  山をみ  獣をみ  太郎はしばらく待ってみ  人だかりがしているので、行ってみ  中をつついてみ  眼鏡でのぞいてみ  奇術でやってみ  法でやってみ  中に出てみ  時折慶娘に逢ってみ  学課をみ  口先だけで云ってみ  頭に浮べてみ  態度を考えてみ  横目で窺いながら、思い切って云ってみ  逆ってみ  それを読ましてみ  保子を訪れてみ  内密で一寸読んでみ  所を読んでみ  窓を開いてみ  書物を取って読んでみ  自ら尋ねてみ  室にはいってみ  顔を映してみ  一つを取って嗅いでみ  極量を越してみ  薬液を取出してじっと眺めてみ  書物を読んでみ  十日余り中止してみ  身を投じてみ  のかと、ふと考えてみ  掌をあててみ  周平は尋ねてみ  明日あたり下宿に帰ろうかと云い出してみ  呼吸してみ  気でふり向いてみ  そこから空嘯いてみ  室へはいってみ  散歩に出てみ  あちらこちら探してみ  顔をじっとみ  此度は寝転んでみ  野村を訪れてみ  知人に尋ねてみ  仕事だが、どうです、やってみ  隙にあかしてやってみ  周平は一寸覗いてみ  ざっと通読してみ  これを見てみ  活動にでも行ってみ  絵が描いてみ  興味で尋ねてみ  彼は、ぶつかってみ  なかった村田に尋ねてみ  家へ行って、それとなく当ってみ  思いを馳せてみ  時、思い切って尋ねてみ  横田さんにでも聞いてみ  小説に書こうかと考えてみ  一度も上ってみ  清に逢ってみ  私も一寸釣られてみ  お客をみ  気持で、低く尋ねてみ  彼は何とも答えないで空嘯いてみ  空威張りをしてみ  水橋に行ってみ  何とも云わないで振向いてみ  自ら浴せかけてみ  一寸開いてみ  蓬莱亭へ行ってみ  標的を定めて投げてみ  伸びをしてみ  指先で軽く押してみ  周平は呼んでみ  彼等は微笑みみ  椿を掘り倒してみ  片端から繰つてみ  袖にしがみ  片端から繰ってみ  膝にひしとしがみ  だんだん探ってみ  中央へ出てみ  人物を測ってみ  値ぶみ  任命をみ  しきへ行ってみ  話を触れてみ  あちこち聞き歩いてみ  叙任がみ  状をみ  直接ただしてみ  命乞いを頼んでみ  使いに出してみ  はなしをすすめてみ  文観からそこを訊いてみ  妓たちは来てみ  目さきだけをみ  価値ともみ  人だかりをみ  彼はかぞえてみ  大夫に調べさせてみ  反覆してみ  殻を割ってみ  ただしあってみ  提議してみ  恨みつらみをも、言ってみ  内定をみ  路地をみ  高時のわすれがたみ  一味とみ  大戦災をみ  兵らもみ  例を往々にしてみ  訂正してみ  わたしも浮かみ  猟ってみ  あくびをしてみ  中へ差し入れてみ  道庵ほどになれば、嘗めてみ  中仙道筋を取ってみ  挨拶に来てみ  それで尋ねてみ  鯱に食いついてみ  すが、割ってみ  吟味をしてみ  見参に入ってみ  ように口説いてみ  気休めを試みてみ  旅もしてみ  ハズミ過ぎているくらいですから、すすめてもみ  ちょっと手ずさみ  知恵なんてございませんが、当ててみ  手紙を頼んでやってみ  どちらにしてみ  弁信さんに宛ててみ  ごらんなさい、ツンと取りすましてみ  無駄話をしてみ  モーションをかけてみ  のだが、さていたかと言われてみると、考え直してみ  檜峠まで来てみ  正式にひっかついでみ  着用して、ためしてみ  んぶくろみ  常識から言ってみ  誇大に叫んでみ  印象に打たれて、叫んでみ  主張はしてみ  白川郷へ行ってみ  重を踏んでみ  特典があってみ  力を出して、抑えてみ  ちょっとうろたえてみ  狼狽してみ  不具者にしてみ  程度にしてみ  あとから追いかけさせてみ  施行してみ  丹念にこしらえ上げてみ  名から調べてみ  筆端に上せようとしてみ  お嬢様にお目にかかってみ  一通り説明してみ  奮発して出かけてみ  ことがあったら、言ってよこしてみ  おすすめしてみ  誘いをかけてみ  ちょぼ一、み  あちらこちらを聞き合わせてみ  芝居がかりで当ってみ  手で押してみ  傍へ置いてみ  室を見舞ってみ  わたしは、なお繰返して考えてみ  利害から考えてみ  気焔を揚げてみ  春まで暮してみ  一生を住んでみ  猟師さんたちに、そっと頼んでみ  わたしに任せてみ  一生懸命に訴えてみ  道中をしてみ  の子に会ってやってみ  河原でこね合ってみ  行手にふさがってみ  くさびを打ってみ  わたしたちにも思われますが、なお思い過ごしをしてみ  江戸へでも行ってみ  伺候してみ  ドナリつけてみ  あとをたずねてみ  昔を名乗ってみ  ボロッ買いみ  目に逢ってみ  もくろみを立ててみ  与八、聞いてみ  開業してみ  時、おたずねしてみ  足が早ければ、行ってみ  うちで誓ってみ  ひとつ出かけてみ  稽古をしてみ  あれをはるばると行けるだけ行ってみ  わたくしが参ってみ  踵を返そうといたしましたが、しかしなおよく考えてみ  題をみ  自分をおいてみ  皺をみ  どこを取り替えてみ  庭でも歩いてみ  頁をあらためて繰つてみ  卜者にみ  河岸をみ  一つ踏み込んでやってみ  月の光りに透かしてみ  それからだんだん調べてみ  秘密を探り出してみ  から、まあ何とかしてみ  積りでやってみ  家で訊いてみ  此さんに訊いてみ  から交際してみ  場合にはよくよく考えてみ  男を雇わないかと怪み  試しに取ってみ  孵化してみ  一つ遣ってみ  大原にしがみ  汁が浸み  直ぐに試してみ  油の浸み  ハイそれも試してみ  オヤそうですか、一度試してみ  塩が浸み  ハイ一度拵えてみ  鷹が飼ってみ  春風の浸み  肉を買ってみ  湯煮てみ  中へ浸み  から試してみ  肉に浸み  一つ試してみ  肉を試してみ  一つ遣てみ  これを出してみ  それも試してみ  間柄とみ  思いをもって呼びかけてみ  あそこまで行ってみ  こちらから呼んでみ  許へとつれ出してみ  勝手次第と触れてみ  名をふりかざしてたずねてみ  何人であるかを知らず、押して尋ねてもみ  気位で立合ってみ  言葉をはさんでみ  徳をたたえてみ  失敗談をすっぱ抜いてみ  ほかにみ  言葉を加えてみ  雑作に引きあけてみ  戸棚をあけて、もしやと調べてみ  身づくろいしてみ  熊に聞いてみ  啖呵は切ってみ  呑込み顔に聞いてみ  そこらを透かしてみ  もちっと洗いあげてみ  そこらを照らしてみ  色が浸み  梯子がみしりみ  今、みしりみ  日に又そっと覗いてみ  梯子が又みしりみ  段取りにしてみ  上をかいでみ  三ヵ所嗅いでみ  手を握ってみ  指をみ  内から大勢が駈け出してみ  巡回してみ  から宅でも拵えてみ  今度ジャムを拵えてみ  皆な試みてみ  物を拵えてみ  学校友達を聞いてみ  からお目にかかりたいと申しますので逢ってみ  気を引いてみ  一緒に参ってみ  幾度も試してみ  一緒に長く煮てみ  プデンも早速拵えてみ  置てみ  料理してみ  ロース肉とを並べてみ  医者にも聞いてみ  ハイ、早速致してみ  液が浸み  ボタリと滴らしてみ  宅で致してみ  家庭の実際をみ  根もとなどを掘り返してみ  者によく訊いてみ  方を探してみ  七はいろいろ訊いてみ  一軸をみ  ラジオをひねってみ  女中どもを一応調べてみ  肌をみ  時に出てみ  進退きわまったとみ  処置をみ  公布がみ  朝命に畏み  さにみ  口論してみ  慧鎮上人をさし下してみ  内定もみ  事を畏み  亡君のわすれがたみ  日とみ  八千とみ  抵抗もみ  ここにみ  来援もみ  叡山にでも登ってみ  朝敵とみ  様子はみ  退路とみ  惨敗をみ  天下済世のはかりもじっくりはなしてみ  三宝院へ行ってみ  洛中へやったなどをみ  望みは望んでみ  上で畏る畏るひらいてみ  素姓などは訊きさぐってみ  胸をうかがってみ  おなじ立場になってみ  義貞とじっくりはなしあってみ  正成にみ  遠目にみ  船頭仲間で訊いてみ  もう少しほかを洗ってみ  から外を覗いてみ  ちょっとついてみ  傍へよってみ  ほうをつくづくみ  爆弾を落してみ  雨をみ  心配だから行ってみ  匕首を先ず探ってみ  女で、どうみ  皆さんはもうお寝み  葛籠をゆすってみ  眼のまえで試してみ  たか振り向いてもみ  手紙をみ  前に照らしてみ  燈火をみ  自分の今み  判官がみ  それからそれへと数えてみ  丁寧に打ちかえして調べてみ  一件をみ  女を調べてみ  つもりであがってみ  武家とみ  松吉もおなじく嗅いでみ  筋がわるくないとみ  相談いたしてみ  化け物がみ  道連れにしようと誘いかけてみ  幅にしてみ  犬を追い込んでみ  音羽へ探しに行ってみ  形もみ  者にきいてみ  七らをみ  けさになってみ  落ち口まで行ってみ  むらさき鯉を一度食ってみ  気色にみ  ろからずとみ  胸でいってみ  図星を中ててみ  誘惑されて挑みかかってみ  襲撃をみ  こころみに、おひきあげを命じてみ  全滅をみ  抵抗はみ  博多附近にありとみ  あらましが加わったとみ  灯をみ  どっちをみ  所から形勢をみ  霊とみ  真価もみ  実力とをみ  兵力をみ  持参してみ  現場へ踏み込んでみ  木魚を叩いてみ  店へはいって探してみ  床下を掘ってみ  須弥壇を掻き廻してみ  水に浸み  模様次第で、張り込んでみ  截りひらいてみ  把手をひっぱってみ  気懸りになったので、手早く解いてみ  カーテンを開いてみ  錫箔を剥がしてみ  あたし直ぐに行ってみ  僕、訊いてみ  国が取れやしない、よし取ってみ  お嬢様に話してみ  爆竹の祝いみ  進言をしてみ  威力を以てあしらってみ  永徳と呼びかけてみ  金壁をなすりつけてみ  想像に描いてみ  主人にかけ合ってみ  自分も食べてみ  わたしがお訪ね申してみ  久助さんが帰ったら、早速聞いてみ  それをよく問いただしてみ  指呼してみ  手綱をひっぱってみ  二度、引絞ってみ  足蹠をしらべにかかってみ  横眼に睨みながらいやみ  野郎きっと夜通し飛んで来てみ  もんだから、呼びかけてみ  虚勢を張ってみ  腹癒せに乗込んでみ  二苦労もしてみ  引捕えてみ  同情はしてみ  提言してみ  日本中を歩いてみ  ことと思い合わせてみ  一ぺん通りたち切ってみ  難儀をしてみ  声でも聞いてみ  街道筋まで走せ出してみ  相手にしてみ  根岸から築地へ向けて急がせてはみ  馬鹿遊びを繰返してみ  舌打ちをしてみ  ちょっと進行を止めてみ  物にされている、ともかくも、何とかしてとりなしてみ  おもちゃにしてみ  二つのみみ  あとで調べてみ  あたりも調べてみ  奔ってみ  空中に浮かみ  一度ふり返ってみ  身の程もかへりみ  二三哩下流まで追つかけてみ  頼みだから、なんとか考えてみ  きょう初めて覗いてみ  矢口へ行ってみ  方を調べてみ  控え帳を繰ってみ  巳之助に訊いてみ  膏を絞ってみ  軒別に洗ってみ  岩蔵をみ  事をしてみ  男にしがみ  博労を問い合わせてみ  空地へ来てみ  西洋鞍を置いて一度乗り廻してみ  根よく調べてみ  神奈川へ行ってみ  風俗をみ  市長は尋ねてみ  演壇から議席を眺めてみ  算盤を取ってみ  人口百三十三万三千三百三十三人三分の一についてみ  大塩平八郎に尋ねてみ  ことを色々と考えてみ  監禁せられたかを聞いてみ  ものかと色々考えてみ  徹底的に戦ってみ  市庁舎へ行ってみ  決心を聞いてみ  大阪に布いてみ  いつでもやってみ  水面まで出てみ  彼は尋ねてみ  四度電話をかけてみ  相場を見てみ  身体をひねってみ  雨とくらべてみ  一生懸命に考えてみ  天狗先生に尋ねてみ  一つ働いてみ  藤屋へ行ってみ  手許をみ  撮影をやってみ  私は訊いてみ  左腕を少し曲げてみ  今少したってみ  あしたすぐに行ってみ  葉に当たってみ  呼吸をじっとみ  一つ写してみ  仮面に写してみ  めしに彫ってみ  気がしたと、申しあげて、み  朝命とみ  諫言に照らしてみ  戦ッてみ  さまざま按じてみ  そこから呼んでも叩いてみ  それとみ  廻しとみ  敵味方入りみ  群れとみ  水の浸み  譴責してみ  ことばではいってみ  成果を疑ってみ  苦しみをみ  訴訟にみ  必至とみ  大御所とみ  ぼんくら野郎を叱ってみ  つもりで探ってみ  カマをかけて訊いてみ  着物から引き離して検めてみ  名簿を引っくり返してみ  カリと浮かみ  幻影が浮かみ  部屋で、ひとりぽつんと坐つてみ  膚に浸み  突ついてみ  人差指を突き込んでみ  うちに列べてみ  値を訊いてみ  頼みですから、なんとかやってみ  不埒を働いていやあしねえかと思って、わっしもいろいろ探ってみ  何気なく取り上げて読んでみ  摘み上げて嗅いでみ  平兵衛、哭き悲しんでみ  上りを待ってみ  声で訪れてみ  伝二郎は覗いてみ  動きを訊いてみ  濡髪を扱いてみ  白眼んだらしく、それとなく訊き質してみ  用で来合わせたので、共々調べて訊いてみ  江戸さ来てみ  誰かと思って近づいてみ  ちょっと一本放ちこんでみ  人間を疑ってみ  ほうへ進んでみ  渡守りみ  琉球へ行ってみ  竜手さまを取り出して、しげしげと見てみ  事件出来とみ  大鍋へ出張って、ちっといじくってみ  中まで掻き廻してみ  論述してみ  説をなしてみ  声によって得たとしてみ  様子を考えてみ  辞書類について調べてみ  私をあわれだとみ  赤ん坊ばかりをみ  私はくじけず、書きなおしてみ  まり結果的にみ  蝶々をみ  心あたりはないかと聞き合わせてみ  勝をゆりおこして訊いてみ  もう少し歩いてみ  もう一度、行ってみ  長三郎にしがみ  もう少し一騎討ちでやってみ  それは調べてみ  おれもそっと覗いてみ  ものを書いてみ  眼につかないので訊いてみ  んですが、飲んでみ  のかも知れぬ、そして、聞いてはみ  空気を吸ってみ  いずれ阿蘇山にも取っ組んでみ  参なれと、こそこそと近づきを試みてみ  目ききからおべんちゃらを並べてみ  出入りを調べてみ  刷いてみ  癇癪を起してみ  迷子になってみ  部分を撫でてみ  ひとつ験してみ  承知で来てみ  ちょっと突いてみ  一片が、硬いか、やわらかいかを試みてみ  先発してみ  ひとっきりやってみ  一冊だけをやらせてみ  貸本でもあるまいと思い返してもみ  なかから五六冊借りてみ  命を乞うてみ  口で言ってみ  詮議をしてみ  みんな人別を調べてみ  足も踏んでみ  侵入してみ  それまで待っていてみ  のかなんかと、可愛がったり、可愛がられたりしてみ  方をしきりに押してみ  返事がないとしてみ  両手を振ってみ  安心はしてみ  相応院をたずねてみ  一年に均してみ  通りにしてみ  応答をしてみ  限り逃げてみ  笑みを湛えてみ  凡夫でなくても疑ってみ  お喋り坊主から聞くだけ聞いてみ  良斎は深く頷いてみ  ことを一々ついて行ってみ  安心を致してみ  め申してみ  呼留めを申してみ  駕籠を抜け出して来てみ  おろしてみ  一手をでも出してみ  中へ入れてみ  おいでなさると思って来てみ  後醍醐について行ったとみ  御製にみ  尊氏から出たかとみ  感、どういってみ  落成をみ  兆候とはみ  お方としかみ  女を責めただしてみ  さまざま言い寄ってみ  品とみ  自分らもやってみ  よけい揶揄ってみ  師直は、みずみ  正成のわすれがたみ  瞼をみ  上命をみ  何度いってみ  中で思ってみ  和解してみ  副将軍といってみ  自由を奪ってみ  奉迎の畏み  皇室への畏み  顔からあの茫として大どかなまろみ  案じ顔をみ  百日お寝み  変化をみ  お通しになってみ  一遍妻に書かせてみ  観察点から人間を視てみ  時、一寸行ってみ  三日努力してみ  一遍受けてみ  理由をつけてみ  諸君はやってみ  就職欄ばかりみ  想像がしてみ  連中を数えてみ  急に変えてみ  もう一度、くわしくいってみ  麦がみ  しかたなく、ごく短く書いてみ  先月から読みかえしてみ  現状にふりむけてみ  深刻にみ  軒先から雨脚をみ  日よりみ  方角をみ  建物ばかり大きく建ててみ  どっちを向いてみ  明暮になってみ  腕時計をみ  此はよく考えてみ  底に浸み  底からズウンと浸み  胃袋を、押してみ  体位から推してみ  神様にでも聴いてみ  諸国を巡ってみ  さいぜんから行きつ戻りつして、時々はっはと言ってみ  それは、つもってみ  から、投げつけてみ  絶叫はしてみ  生き方じゃないかと思ってみ  何はともあれ、急いでみ  一番持ちかけて行ってみ  身じまいにうきみ  避難してみ  兄さんを用いてみ  兄さんを疑ってみ  蘭さんというみ  ちょっと仕事休みに飲んでみ  さいぜん独断を下してみ  歯噛みをしてみ  そぞろ心を動かしてみ  宿まで来てみ  鎌をかけてみ  見物が済んだら、尋ねてみ  ところに立って引っ張ってみ  頸を傾けてみ  心底をよく訊いてみ  下に立ってみ  一遍お話を聴いてみ  仲に入って話してみ  耳を疑って訊き返してみ  いろいろに疑ってみ  印象を思い浮べてみ  一遍訊いてみ  のかも知れないと疑ってみ  工夫をしてみ  中でまたいろいろ思い起してみ  心底を考え直してみ  ことかとよく考えてみ  襖がみりみ  野郎、入ってみ  瀬を早み  朝顔のさしみ  水際を歩いてみ  腰をおろしてみ  老人に訊いてみ  態度でうたってみ  人々にしてみ  ために、引いてみ  女中にきいてみ  ひとりで笑ってみ  ちょっとあけてみ  僕だって考えてみ  魔かと疑ってみ  ちょっと書いてみ  歌を読んでみ  のではあるまいかと思って聞いてみ  食後にこっそり読んでみ  もう少し書き写してみ  二三書物を繙いてみ  生地だとみ  ところがあったとみ  加福さんとか呼んでみ  ためともみ  歩みは踏み破ったとみ  独り立ちしてみ  もう一度たしかめてみ  立話しをしてみ  気持ちを訊いてみ  わたしも考えてみ  内職をしてみ  加福さんに頼んでみ  ことを思い出して、話してみ  人にしてはどうかと勧めてみ  から出かけてみ  入札して開けてみ  場合について考えてみ  大島栄子さんから聞いてみ  犯罪学的に考えてみ  事件から切り離してみ  女中にも、一応かけてみ  考へ出してみ  帰つて来てみ  醋を嘗めてみ  ブドリはしゃがんでしらべてみ  たけへ行ってみ  蓋もあり、み  母様の訝しみ  袴が、あんまり汚れてみ  一ツ、み  家だけは持ちてみ  実行しみ  数にも入りてみ  其処に行ってみ  ことをはっきりとどんなに尋ねてみ  ぼんやり夢をみ  庭に入ってみ  下を掘らしてみ  これを纏めてみ  これを補ってみ  実地についてみ  胸を抑えてみ  のだろうと思って、近寄ってみ  袋を拾い上げてみ  袋を開けてみ  三人が入ってみ  中へ飛びこんでみ  両手でゆすぶってみ  階下へ降りてみ  室内を見まわしてみ  カラクリなのだか、これから当ってみ  体当りをくらわせてみ  上乱闘をしてみ  ところへ駈けつけてみ  方へ躍り出てみ  目を開いてみ  あたりを振りかえってみ  入口に近づいてみ  遅れ馳せに駈けつけてみ  穴から下を覗いてみ  頬杖にしてみ  一時ムカとしてもみ  独文句を言ってみ  辺をかけめぐってみ  利用してみ  ここへ寝てみ  奥歯を噛んでみ  よそを歩いて、また来てみ  方をたずねてみ  うつろ心で叱ってみ  奨励してみ  ところを突きとめてみ  直接に当ってみ  奴を追いかけてみ  殿様にさきほどお願え申してみ  これへ引きずって来てみ  足を踏み入れてみ  白雲は、一応あらためてみ  句を書いてみ  衝動にかられて書いてみ  高らかに吟じてみ  詮索にまで及んでみ  人がいるなら、早速会ってみ  人を見てみ  仕事を任せてみ  胸算用をしてみ  線を引いてみ  出典に思い悩んでみ  脳裏に描いてみ  念をも湧かしてみ  表現しているとみ  とり去ってみ  青年がみ  しかも行なってみ  自分自ら飲んでみ  自分で飲んでみ  表面だけをみ  語をとって考えてみ  肉体的生命だけをみ  ことを、考え直してみ  感じは触れてみ  方々を尋ねてみ  歎じてみ  化粧しておりますよ、み  病人まで殺してみ  ますます病気を悪くしてみ  功徳を尋ねてみ  よけいにやってみ  手をやって、撫ででみ  ことは、いくら調べてみ  中で置き変えてみ  どれをみ  折に読んでみ  めだかとみ  水面をみ  これに反してみ  数千年来人間におどかされて来たが、み  めだかもみ  から気がついてついばんではみ  ら浸み  反撥してみ  見学と称してまぎれ込んだり、やたらと歩き廻ってみ  もっとたくさん買って来いという、そんなに飲んだら悪いだろうと言ってみ  患者が、みず、み  匿名で書いてみ  つてどなり泣き喚いてみ  男につき纏われてみ  三度訪ねてみ  腕環をみ  帳面を色々と繰ってみ  心理について考えてみ  二三度頼んでみ  いつしよに死んでみ  四種類はやってみ  温度でやってみ  膨脹させてみ  肩を軽く叩いてみ  さに泣いてみ  所説などを読んでみ  セルボクロアチアンからフィンランドまで行ってみ  事もやってみ  考えを進めてみ  道具を拵えさせてみ  愛著を透してみ  んとほえてみ  修繕したら必ず試してみ  時間を計ってみ  ちょっと附合ってみ  うちとら並みに食べさせて、育ててみ  二人で少し調べてみ  おつとめ致してみ  お雪ちゃんはちらと思い出してみ  猛禽にしてみ  ように思い案じてみ  棒を擲ってみ  もう少し奥へ行ってみ  牢へ近寄ってみ  例に従ってみ  名をつけてみ  ヒドク憤慨してみ  野放しにしてみ  から、おっしゃってみ  サアサア、みないじゃござい、み  幕があいて、み  ところへ帰って待っていてみ  片っ端から読んでみ  目をいからしてみ  口をまげてみ  前につきだしてみ  はいられないから、そろそろからだをおこしてみ  あたりをかき探してみ  局所を切り開いてみ  今しがたお寝み  東京へいってみ  それをさしてみ  日がさを借りてさしてみ  佐平は訊いてみ  若い人に頼んでみ  それをまたよろこんでみ  そりとみ  お櫃を覗いてみ  月もみ  影のはうがどうみ  舞ひこんできたしばらくみ  蜻蛉がきてはのぞいてみたのぞいてみ  晝日中もきてはのぞいてみ  お爺さんどこかでみ  がんでこつちをみ  手をひらいてみたひらいてみ  林檎林檎をしみじみみ  林檎のゆめをみたといいゆめをみ  蜘蛛がみ  研究室をみ  下から仰ぎみ  塔を仰ぎみ  二三度パチパチとひねってみ  辻川博士をみ  蜘蛛をみ  のを見つけて、パチパチとひねってみ  テストをしてみ  テストをやってみ  あとをもみ  権限は、み  経験を考えてみ  生活を考えてみ  生活ぶりとくらべてみ  捕虜になって行って暮してみ  私たちは本当に考えてみ  ものについてみ  気風とみ  歌を讀んでみ  おやじどんに話しかけてみ  鍵を、抑えてみ  から、帰ったら、探してみ  藤次が訊ねてみ  のを、呼び集めて来てみ  逆に、繰返してみ  生意気な、どうするかみ  身の上を気遣ってきてみ  中に浮かみ  頭を下げてみ  代り立ち代り浮かみ  お前のみみ  づ相談をもちかけてみ  叙してみ  近江征伐を論じてみ  穿鑿をしてはみ  もっと詳しく訊いてみ  神籤を取ってみ  それからいろいろ訊いてみ  ひのきはみだるるみ  ことを申しでてみ  俺も生きてみ  態度をみ  ここに申してみ  薬をのんでみ  わたしも行ってみ  震慄を無み  藁のくさみ  水薬の汚み  灰ばみ  はとばかり黙み  屋根血ばみ  毛のぬくみ  さらに、聞く、爛れ、饐えばみ  海づら鈍み  景色などを寫してみ  一人を寫してみ  現像皿をかざしてみ  姿を映してみ  階段をそっと昇って、覗いてみ  一つ一つ強くひっぱってみ  箪笥をがたぴし開けてみ  手をさしこんでみ  ふたを取ってみ  かいてみ  のかと思ってもみ  場所の聞きあやまりではないかと思って考えてみ  門口へ出てみ  宝物、お眠み  んですけれど、段々考えてみ  梶さんに訊いてみ  もう一度ゆっくり会ってみ  夫人に訊いてみ  無限の愉しみ  彫刻をみ  自分も描いてみ  なかを、ふとのぞいてみ  そとをみ  庭へおりてみ  ジャックがのぞいてみ  城に行ってみ  一枚一枚かぞえてみ  ふたをあけてのぞいてみ  はしごをみ  医者にもかけてみ  他日発表してみ  手紙をかいてみ  ぼく吹いてみ  熱を計ってみ  はじめてはいてみ  いま思い出してみ  気がして来て、考えてみ  思いのたけもっともっと泣いてみ  セエタにしようと思ってとりかかってみ  まま、ふと取り出して、のろのろと編みつづけてみ  ハンカチイフを作ってみ  お酒を少しわけて下さい、とたのんでみ  洋間にはいってみ  のかたずねてみ  あなたからきいてみ  お方に、きいてみ  限りを尽してみ  考えになってみ  愛人、と言ってみ  いまよく考えてみ  寒いから、うんと熱くしてみ  世の中を、よろこんでみ  から、使ってみ  上に思い描いてみ  小声で囁いてみ  チドリへ行ってみ  僕のよろこびを思ってみ  本気でやってみ  一緒にやって来てみ  歌をやってみ  クリストフはやってみ  のと聞いてみ  自分でくり返してみ  律動をも思い刻んでみ  律動を、より深く思い刻んでみ  改訳してみ  因縁を考えてみ  倉田大人、み  妻がみ  窓から声をかけてみ  両方でみ  妻はみ  一生けん命にしがみ  供に聞いてみ  財産を考へてみ  義直は考へてみ  匂が溢れるほどに浸み  生ビールを飲んでみ  義直はまた考へてみ  田舎へいってみ  あそこにいないと言えば、これから行ってみ  平静に考えてみ  間行ってみ  状袋を裏返してみ  ことを何かと思い浮べてみ  山越えをしてみ  後戻りをしてみ  幾通りにも作り直してみ  面を覆み  試みにやってみ  味をみ  自棄になってやってみ  自分をけなしてみ  母を呼んでみ  百姓の子にすぎないと思い込んでいたが、しかしためしてみ  執拗に押し通してはみ  出来事をくり返してみ  一つをやってみ  私は再び呟いてみ  何度も口ずさんでみ  質ねてみ  目をさましてみ  朝鮮語で訊いてみ  考えをめぐらしてみ  ように振り向いて淋しく笑いかけながら計ってみ  ひとつ乗ってみ  素振りをしてみ  戦争ごっこをしてみ  幾つも踏んでみ  評議をこらしてみ  相談ずくでやってみ  竹槍蓆旗で騒いでみ  人を喜ばしてみ  ものはあるまい、引返してみ  泥を吐かしてみ  旅がしてみ  夜露にぬれてみ  手に取りあげたり、取落してみ  器量一杯にうたってみ  所望してみ  中をたずねてみ  自分が飲み出してみ  留立てをしてみ  叫び且つ呼んでみ  米友が続けてみ  神尾主膳が突き破ってみ  上へたたきつけてみ  銭勘定をさせられてみ  銭を浚ってやけに投げ出してみ  一時むくれてみ  斥候に出かけてみ  先に寝み  じだんだを踏んで、こういって怒鳴りつけてみ  炉辺へ坐りこんでみ  泰然として坐りこんでみ  中に群がって来てみ  一言、たしなめてみ  どこへお寝み  ところへお寝み  あちらで寝み  ここでお寝み  小躍りしてみ  無軌道と言ってみ  歴史に就いて考えてみ  一節を掲げてみ  方にして考えてみ  音がしてみ  そのままでもう一歩進んでみ  ゆっくり承ってみ  親となってみ  祇徳などと争って改めてみ  ところまであてがってみ  語調でせせら笑ってみ  ロクロク寝み  スバスバとつけてみ  忠告してみ  誓願でございまして、数えてみ  湖岸へ向って進んでみ  思案をいたしてみ  一つ杖をつき返してみ  穴熊とか言ってみ  春照高番まで取りつめてみ  のさ、生かしてみ  手にかかってみ  ちょっと取寄せてみ  説を伺ってみ  突発してみ  共鳴感奮してみ  立場になってみ  不言実行となると、み  物は調べてみ  頬かむりを取ってみ  お詫びをしてみ  面色を変えてみ  上に打ちかけてみ  ちょっと嫉いてみ  中でこんなに考えてみ  ことをすっかり打明けてみ  仕方を変えてみ  案内をしてみ  批評してみ  方になってみ  出張して、いろいろと調べてみ  ら中を探してみ  気を落着けてみ  喜捨報謝してしまったら、とさえ、考えるだけは考えてみ  喜捨報謝してみ  へたに投げ出してみ  それを繰返して考えてみ  要領だけを聞いてみ  金銀だけに就いて言ってみ  計算にしてみ  ちょっと取調べてみ  遠方へ行ってみ  千人寄ってみ  意見を質してみ  うちにお寝み  抗戦してみ  過去にてらしてみ  策謀してみ  岐阜とやらへ、行ってみ  飯をたべながら考えてみ  おことば、み  それがしが訪れてみ  宿所ではお寝み  鼾をかいてお寝み  秀吉へ向って訊ねてみ  封を切ってみ  松千代のてがみ  地理を按じてみ  小田原城下へ攻めてみ  夜汽車に乗り込んでみ  下にしてみ  感じよりは、どう思ひめぐらしてみ  燈明を点してみ  闇をぬすみみ  とある日訊ねてみ  クリストフは思い切って覗いてみ  私はよく考えてみ  おのれを疑ってみ  のを見て、またおずおずと言ってみ  ふうになってるか覗いてみ  焼跡へ行ってみ  あれこれと考えてみ  家から持ち出させようかとも、考えてみ  辰馬に誘われ、初めて行ってみ  それを探ってみ  家宅捜査をやってみ  神を敬い畏み  紙幣をつかむと、ろくに数えてもみ  高円寺まで歩いてみ  不意にみ  我田引水とみ  ちよつと歩いてみ  回つてみ  声をかけてはみ  ちよつとのぞいてみ  事情などを訊ねてみ  眼をじかに読んでみ  しかし、来てみ  ものを浸み  皮むいてみ  頁を繰つてみ  意見を吐いてみ  改まつてきいてみ  口争いがしばしばみ  手紙を出してみ  思つて、いろいろ考えてみ  彼はみ  別にひとにみ  やり方にしてみ  間は、黙つてみ  誘つて映画をみ  つて、黙つてみ  ぶつかつてみ  絶望とみ  反駁はしてみ  能力がある、とみ  様子は、み  つぶつてみ  彼は、是非ともたしかめてみ  僕はみ  眼つきでみ  方はみ  別れ話を持ちだしてみ  ひとにぶつけてみ  あたし、してみ  言つたりしてみ  外へ飛び出してみ  ですよ。僕からなんとか話してみ  ひと肌ぬいでくれと頼んでみ  ぱしから読んでみ  結果になるか、試してみ  ために、来てみ  今はみ  そこにみ  職についてみ  それからお寝み  鏡に映してみ  装いを少し変えてみ  鏡を見てみ  みずから尋ねてみ  きれいだとこわごわ言ってみ  それを打消してみ  それを疑ってみ  冗談を言ってみ  それを書いてみ  声高く言ってみ  日々に立ちもどってみ  二日ばかり待ってみ  クリストフは尋ねてみ  生活を調べてみ  言葉をみ  者であろうと、且つ怪み  有うと、そういってみ  食物でみ  心着いて探ってみ  皮肉を言ったり、当擦ったり、つんと拗ねてみ  はじめは怪み  ものとも知らぬ濁み  ことについて、ききだそうとしてみ  応用しためしてみ  中で考えてみ  逆に読んでいってみ  一つおきに読んでみ  私をためしてみ  人々から知らせてくれましたので、おどろいで早々に帰ってみ  大木にしがみ  藤蔓を投げてみ  かぎりやってみ  車を引いてみ  今日はじめて使ってみ  沼へ放り込んでみ  光景を一々思い浮べてみ  やうにノロノロと歩いてみ  人波をグングン追抜いてみ  道を戻つてみ  兎に角何かしてみ  窺つてみ  面喰つて、押してみ  足を曳いて逃げようと焦つてみ  花輪を贈ってみ  原稿用紙を探してみ  凹面鏡に写してみ  もう一度数えてみ  言葉だけ変えてみ  力説してみ  学者先生が叫んでみ  新聞をひらいてみ  版木をさがしてみ  折つて數へてみ  經驗者からみ  分布圖をみ  隆盛をみ  新聞包みをあけてみ  紹介状をみ  氏に訊いてみ  三谷派とみ  某所でみ  年代的にみ  系圖にみ  家系にみ  投藥してみ  本木一家にみ  帝國圖書館でみ  繪をみ  地球儀をみ  歴史にみ  寫眞でみ  事蹟をみ  以上でみ  記録にみ  老人をみ  記録でさがしてみ  書翰にみ  過去にみ  風彩をみ  役人をみ  助だけにみ  長崎にてみ  日記にみ  常識的にみ  過程にみ  科學者とだけみ  船をみ  來るだけ考へてみ  探偵ではないかと疑つてみ  緒方洪庵とくらべてみ  はいままでみ  ところ、またこれからみ  事實にみ  調子にみ  事蹟とともにみ  點じ、しきりに哀しみいたみ  合はせてみ  部門について考へてみ  慎重に考へてみ  十分考へてみ  点を考へてみ  胡坐が組んでみ  さで鳴らして聴いてみ  強姦を企んでみ  加藤作助君に会って質してみ  話を蒸し返してみ  みな食っていると言うが、聞いてみ  私もついて行ってみ  そのままやってみ  常食論者に聞いてみ  ものをいろいろ食ってみ  私見を述べてみ  広告をみ  黄金をみ  あたりを見廻してみ  手を突っ張って力んでみ  手伝いをしてやろうかとふと思ってみ  興味をもってみ  文字を並べてみ  ろおそろしきまでおもひしみ  から有利だとしたり気にいってみ  忠告のてがみ  時を愛しみ  書物を取りだしてふるってみ  さをはかってみ  者がみ  これまでたれもみ  裏へ廻ってみ  人にきいてみ  様子を思い返してみ  盤面に向ってみ  一度は思ってみ  余裕はみ  山上へ登ってみ  ことになるかと考えてみ  たか尋ねてみ  一見してみ  者には云ってみ  だき畏み  毛能負ひみ抱きみ  石根さくみ  つて持上げてみ  必らずしやがみ  御不浄でためしてみ  きょう行ってみ  国際美術展をみ  それを讀んでみ  諸君とも話してみ  関係がみ  移行がみ  第三者がみ  作家について調べてみ  脚本を書いてみ  例を並べてみ  脚本を讀み返してみ  先をかざしてみ  菊を嗅いでみ  縁を歩いてみ  人にやってみ  村瀬に話してみ  一つやり過して待ってみ  念をおしてみ  近代文学史を通じてみ  作風にみ  蓋を開けてみ  名だけで引き寄せ得るとみ  結果をみ  文学にみ  人に浸み  胸中にえがいてみ  栖方に会ってみ  博士になったとは、どう思ってみ  綜合してみ  梶自身としてみ  横須賀に来てみ  仮設を叩いてみ  それを直してみ  音とを結びつけてみ  面から探してみ  方法をも考えてみ  栖方に訊ねてみ  学校が遅れて、着いてみ  朝起きてみ  不精に答えてみ  前訊ねてみ  潜水艦にもかけてみ  梶は訊ねてみ  相対性原理を叩いてみ  ようにして書いてみ  ことを云い出してみ  無常、み  草原を踏みわけて歩いてみ  そこを覗いてみ  底から楽しんでみ  舷から外をのぞいてみ  悪評を読んでみ  証拠をあげてみ  薬局へ入ってみ  事をいろいろ訊いてみ  鷹狩やってみ  名を喚んでみ  ものだろうと、訊いてみ  もっとよく考えてみ  まま、怪み  課長どのへ逢いに行き、縋ってもみ  掌にあててみ  ッけてみ  物さしをまわしてみ  天窓から被ってみ  イやりと浸み  もう一度よく読み直してみ  町を歩いてみ  本貫本拠をなしていたとみ  匂いを嗅ぎ当ててみ  下車して当ってみ  それを探してみ  から、大いに会ってみ  心当りをきいてみ  ヨシ子さんも、いってみ  希望を述べてみ  患者をみ  のを、み  方もみ  これで当ってみ  それで当ってみ  尾行してみ  駅へ行ってみ  口占をひいてみ  ピラートが怪み  ぼんやり思い出してみ  栓を開けて嗅いでみ  西洋手拭いを掴んでみ  手洗い場に行ってみ  一つ一つに開いてみ  水面に浮かみ  部分を覗いてみ  中で繰返してみ  早く電燈を消してお寝み  ずんずん中へ入ってみ  坊さんはぎょっとしながら、振り返ってみ  結果とみ  実地見証してみ  記録してみ  愚見を述べてみ  ゆっくり読みなおしてみ  昨日姫路へ行って探してみ  夢をよくみ  仕組を考へてみ  いるかを考えてみ  冷静に考えてみ  天秤にかけてみ  影響がいくぶんでも薄められはしないだろうかと思ってみ  大要をしるしてみ  経験を捜してみ  気持ちがしたかを思いかえしてみ  だれだったろうと考えてみ  現実性にあると考えてみ  記事をおもに出すだろうと考えてみ  ツイそう呼んでみ  推想してみ  客と話し込んでみ  下まで探してみ  あたりまで調べてみ  ちょっと撫でてみ  ひとつここへ出てみ  永住してみ  組合に入ってみ  ことがよくわかってみ  湖水めぐりをしてみ  ドジを踏んで、み  両手を挙げてみ  親を呼んでみ  幹へでも抱きついてみ  女をかく呼び換えてみ  思いやりをしてみ  交渉をしてみ  ひとつ交渉だけをしてみ  町をさまようてみ  半ば廻してみ  手拭一つ被らせてみ  二度目に出かけてみ  跡を慕ってみ  声がかかってみ  奇麗に出られてみ  何かしくらいがなけりゃならないでしょう、隠さずに話してみ  向うで聞いてみ  突切ってみ  実地に調べてみ  女を弄んでみ  相身互いとして納めてみ  女と遊んでみ  男が飛び出してみ  手分けをして探してみ  のだが、たよられてみ  ひとつ確めてみ  人情を尽してみ  妨げをしてみ  満面に漲らしてみ  ひとりで考えてみ  めぐり会ってみ  照し合わせてみ  一角につけてみ  地団駄を踏んでみ  ちょっとやそっと威してみ  一晩無事に寝み  刀を取り上げてみ  地点へ出てみ  つもりで言ってみ  お迎えに行ってみ  ことをたしかめてみ  一箸入れてみ  念をおしてたずねてみ  字を当てはめてみ  相手に争ってみ  ッ腹で、押返してたずねてみ  あまり、打解けてみ  お前さんを呼んでみ  返事がねえ、暫く待っていてみ  夜を、夜もすがら漁ってみ  のをたずねてみ  のですが、それにしても、こうなってみ  横丁だが、入ってみ  灰でもみ  花を売ってみ  花なんかみ  れんげ草をみ  いっしょに来てみ  二十階つくってみ  てっぺんまでのぼってみ  操縦席から機関室を探してみ  のか、きいてみ  先を透かしてみ  郊外散歩に費してみ  隅々まで歩いてみ  今天文をみ  手相をみ  新芽を見い見い待ち受けてみ  人伝に聞いてみ  一度会ってみ  観念してみ  舌なめずりをしてみ  続けざまに怒鳴りつけてみ  勢いで押しかけてみ  それを強く押してみ  現場へ駈けつけてみ  百姓を、忌み、嫌い、悪み  ことは、おたがいよく考えてみ  青年学者を思ってみ  壁崩れ柱傾くをみ  物をみ  ひまをあらみ  朝妻読合とばかりかけるをみ  白骨について考えてみ  思想からこれを考えてみ  実験をしてみ  皆そう思い立ち止まって、振り返ってみ  人間ですと、まああたくしみ  ところはみ  口を塞いでみ  彼がみ  他をかへりみ  子供と遊んでみ  罪悪をためしてみ  階子がみりみ  先輩を訪ねてみ  家で暮してみ  考察を試みてみ  内側に握り締めてみ  波間にみ  眼を振向けてみ  教えを省みてみ  大切だかを想いみ  真理を想いみ  水から首を出してみ  普通に、み  綱を引いてみ  空を透しみ  彼はふと振り返ってみ  海まで行ってみ  身体を揺ってみ  寝返りをしてみ  間でみ  さし入れてみ  冗談に言ってみ  皆代わる交わるながめてみ  ひとわたり読み返してみ  怒号してみ  羊の群れみ  選択してみ  マンハイムは読んでみ  至当であると、はっきり思ってもみ  いっしょに行こうと勧めてみ  詫びを言い、なお頼んでみ  微笑みながら考えてみ  ちょっと詫びてみ  一節をふとひいてみ  静かに呼んでみ  すべて思い起こしてみ  ちょっと疑ってみ  みずから数節をひいてみ  昂然として答えてみ  三度よみ返してみ  限りことごとくやってみ  クリストフを待ってみ  各部をくっつけてみ  彼も考えてみ  ホテルにはみ  買収にかかってみ  口調で云ってみ  シャンデリヤ越しに振り返ってみ  こともなくみ  問題について多少論じてみ  軍需工場へ勤めてみ  軍需工場なんかへ働いてみ  軍需工場をまはらせてみ  やうに愉しみ  場をみ  混つてのぞいてみ  ぱらひの女をみ  熟練工の断ちばさみ  こともあり、み  通つたのか覚えていませんけれど、でも、気がついてみ  発作とみ  康子をみ  なんでも話してみ  やり方をみ  ようしてみ  社会にみ  それはみ  のかとたずねてみ  女として甘くみ  校長に話してみ  一つ二つ訪ねてみ  気がいたしますが、よく考えてみ  育ち加減をみ  ひつかきまわしてみ  顔はみ  やり方をかえてみ  それをぽかんとしてみ  ことをじつとみ  つて跨み  とことんまで苦しんでみ  ことができるかを試してみ  自分をふり返つてみ  さつきなべをのぞいてみ  モナ・リザをはだかにしてみ  亭主について考へてみ  ちよつと、気取つてみ  ここへ来てみ  さちよは振り向いてみ  上を堂々と歩かせてみ  順々にあけて、ちらと一目調べてみ  御前様と称えてみ  舟を留めてみ  ちょっと蹴立ててみ  出来心で、思いきり死んでみ  ものと心得て入ってみ  割となってみ  大津方面へ乗りつけてみ  腕によりをかけてみ  ひとつ門を叩いてみ  口に出して聞いてみ  自分もこのくらいに書けるか知らと僻んでみ  丁を繰りながら読み下してみ  一人ならず明かしてみ  思いをしてみ  走井を見ようとしてたずねてみ  賞翫なすってみ  馬力をかけてやってみ  がんちゃんと和らげてみ  突破してみ  我が身をせせら笑ってみ  鼻にかけてみ  ぱりが出て、それでいささかむず痒くなって、せせら笑ってみ  留守を引受けてみ  大別してみ  五種に分けてみ  分類してみ  冊子を受取って、一応調べてみ  言葉尻をとらえてみ  熱中してみ  馬に跨がって少し歩ませてみ  社会と引きくらべてみ  んですかく数えてみ  一心不乱に片づけてみ  使だから、早速やって来てみ  三歩と進んでみ  石ぶみ  危険千万だ、と言って留めてみ  刀を抜いてかかってみ  不思議だから、話しかけてみ  一ぺん引返して、さがしてみ  一代記を書いてみ  方を読んでみ  たんねんに教えてみ  亭主について考えてみ  ちょっと、気取ってみ  女優になってみ  外的条件のかずかずを並べ立ててみ  なんでもやってみ  食事後にやって来るだろうと思って、ふたたび待ってみ  扉を開いてみ  君のことは話してみ  人はいないだろうかと、嫌々ながらも思い切って尋ねてみ  数回臨んでみ  皮肉に疑ってみ  クリストフはよくあらためてみ  巻煙草を吹かしてみ  手を置き、ふたたびやってみ  のかと、考えてみ  書物を開いてみ  ところを知らなかったし、実際に行なってみ  ひそかに調べてみ  職工観み  美点をみ  知らないルーヴル博物館にはいってみ  彼は言い逆らってみ  身を置いてみ  つもりはないかと尋ねてみ  彼女に尋ねてまでみ  外へ出かけてみ  魂を、置いてみ  ものかとみ  骨にまで浸み  うに早くお寝み  貴女こそ早くお寝み  ちりお寝み  先生は未だお寝み  のも、ふと擡げてみ  戸をどやしつけてみ  ひとつひっ叩いてみ  俺が悉皆み  一つ深めてみ  主人公は考えてみ  先まで蒼み  それを摘まみ  科学者にとっても深く考えてみ  立場から私は説いてみ  ことを説いてみ  事件は実際あつてみ  一事をみ  着手してみ  数も増やし、大いに頑張ってみ  崩壊してみ  養生をしてみ  うち若宮ももうお寝み  ここへ来てお寝み  お客様はお寝み  室でお寝み  気になってみ  手紙をやってみ  主人へ勧めてみ  ひまをみ  懐に入れてみ  高瀬まで出かけてみ  姉をやってみ  喧嘩をしてみ  鉄砲玉で殺し合ってみ  臆測してみ  辺へ行ってみ  のじゃああるまいかと思ってみ  晩また行ってみ  爺に訊いてみ  中につるつと入れてみ  五六歩、歩いてみ  ちょっと悪戯をしてみ  方法を講じてみ  憤慨を装ってみ  話を向けてみ  勧工場へはいってみ  意見をも尋ねてみ  ところをひらいてみ  ちょっと外に出てみ  再婚に就いて考へてみ  ふうにしているかも見たいので寄ってみ  目に描いてみ  山へ参ってみ  時である、折りがよろしくないと思いながら申し上げてみ  就寝を促してみ  こともできずにお寝み  夢解きを呼んで合わさせてみ  時に寄ってみ  ご存じなしに、もうお寝み  上へお寝み  のをしいて読んでみ  ハガキ出してみ  指で押してみ  人に伺ってみ  考案者については、思ってみ  元気をよそってみ  待合室へはいってみ  こと思ってもみ  源氏はかりに考えてみ  裾を引いてみ  御殿をそっとうかがってみ  所へ歩み寄ってみ  金魚を泳がしてみ  虫ばみ  コードをたたいてみ  おもしろかろうと考えてみ  伴奏をもつけてみ  悲しみに沈んでお寝み  ようになってみ  さを思ってみ  証明されてみ  下へもって行ってひろげてみ  二三日もかかって色々ききただしてみ  際にも上がってみ  音楽が聞いてみ  平生は早くお寝み  小声で歌ってみ  首を取上げてみ  ちょっと拾い上げてみ  表に走り出てみ  毎日行ってみ  半分だけみ  方などをみ  僕もずいぶんやってみ  しわを食ってみ  パリをやってみ  匂いを嗅いでみ  ためには、あくまで食ってみ  時になってみ  なかった恨みも言ってみ  琴を少しばかり弾いてみ  近くへまた一度行ってみ  船を出してみ  あちらこちらと歩いてみ  いるかを思ってみ  一度も考えてみ  苔の生えかかったみ  鮭川へも行ってみ  何処か聞いてみ  大家さんに話してみ  逢はんと祈るみ  歌を思ってみ  通りになって、訪ねてみ  綜合して考えてみ  マレイをふりかえってみ  絃を鳴らしてみ  あなたが育ててみ  大事に育ててみ  占いをさせてみ  音をさせてみ  松浦なるかがみ  ひなばかがみ  年を数えてみ  形容してみ  二つに分けて申してみ  ものなら分けてみ  方から申してみ  何が騒がしいとお聞き申してみ  渡りをつけて置いてみ  自分も少し走ってみ  縄をかけ外してみ  追究を試みてみ  計算したりしてみ  ここで申し上げてみ  一案を申し上げてみ  無我夢中で、ぶつかってみ  廊下をみしりみ  女と呼んではみ  両刀を投げ出してみ  そうとしてみ  枕を並べてお寝み  乳を飲んでお寝み  当人だろうと思って、踏みとどまってみ  ひとつ会ってみ  猫を織り交ぜてみ  ゆっくり落着いてみ  毛を切ってみ  どちらへ受取られてみ  はじめて思案してみ  返事してみ  心当りがあるので、お聞き申してみ  肱をあてがってみ  あそこへ寝てみ  背たけのつぎ足しをしてみ  お前さんに聞いてみ  ひとつ具体的に言ってみ  実行されるとしてみ  目に逢わせてみ  好意を以て、だましつ賺しつしてみ  行路病者にしてみ  福井から三国港へ行ってみ  身になり代って考えてみ  降参させてみ  意地を張って来てみ  加入してみ  女狂いを働いてみ  奮してみ  徳川を立ててみ  本意を聞いてみ  あと少しだ、読んでしまってみ  丁をめくってみ  道のり、行きついてみ  縦から書き卸してみ  ここに挙げてみ  のだとみ  錯誤はみ  影響とみ  仕事振りをみ  個人性が崩れたとみ  勝利とみ  今実際にみ  それから鏡をとって透かしてみ  不思議をみ  草若み  ままよ嗅いでみ  空間も浸み  口でもいいなおしてみ  青年時代を考えてみ  人数になってみ  正直に拾い集めてみ  玉櫛笥わがみ  気分が悪くてお寝み  昼ごろに行ってみ  生活をしばらくは続けてみ  心から琴を弾いてみ  香木類を出させてみ  殿上役人などが鳴らしてみ  手紙を読んでみ  夫人を誘ってみ  其方へお寝み  はつきり考へてみ  下に降りてみ  玄關口へ出てみ  顏を思ひ浮べてみ  気をもんでみ  職業をやってみ  中に住んでみ  フランスをながめてみ  彼らは考えてもみ  苦悶のおののきを、ほとんど思ってもみ  ひそかにひらいてみ  活動を見てみ  とき、思い切って呼び寄せてみ  注意をひいてみ  二度三度とやってみ  予定をたててみ  のかと尋ねてみ  様子を見に行ってみ  のか尋ねてみ  ものであるかどうかを、尋ねてみ  子をみ  鈍馬さで言ってみ  いくら軽蔑してみ  中納言は考えてみ  機会がありましたら申し上げてみ  夜はお寝み  比較してもみ  家まで去んでみ  ことを話してみ  公魚を食べてみ  かたかなさえ見れば読んでみ  偶然であるが、よく考えてみ  指端で押さへてみ  工夫までしてみ  ポケツトから攫み出してみ  句を選み  時窓外雨やみ  黄塔のかたみ  例外を考へてみ  頭をもたせてみ  脈摶を取ってみ  私人として楽しい生活がしてみ  条件を調べてみ  一人お寝み  ものもしてみ  同室にお寝み  今思ってみ  院はお寝み  宮のお寝み  年月を数えてみ  のであるが、ぜひ伺ってみ  お勧めをしてみ  里遠み  あとになってみ  抵抗をしてみ  錠をかけてお寝み  ようにしてお寝み  さまを想い浮かべてみ  絵画堂などをみ  境遇に置いてみ  良人にしてみ  婿にしてみ  方を並べてみ  手に取って読んでみ  のでございますが、数えてみ  ちょっと手に取って、調べてみ  部屋を探してみ  嘘などついてみ  給ひしみ  虫はみ  過去を思ってみ  家庭にも親しんでみ  室が覗いてみ  それぞれに問いあわせてみ  ここで睡ってみ  声がしますので、振り返つてみ  頭を上げてみ  のだと嬉しく思ひましたけれど、又考へてみ  怪訝相にみ  四日目は降りみ  膩やらが浸み  話として言ってみ  兄代わりになってしてみ  ちょっと悪く言ってみ  意向を聞かせてみ  可能を思ってみ  ついでに、それとなく聞き探ってみ  確定的とみ  身みずからを怪み  扉を聞いてみ  昼食には帰って来るだろうと待ってみ  君自身はよく読んでみ  論争を見てみ  明日になってみ  書物をこそこそのぞいてみ  激情をわざとあざけってみ  言葉を考えてみ  事柄を悲しんでみ  彼女は考えてみ  三度行なってみ  知ってるかと尋ねてみ  ヘンデルを読み返してみ  演奏さしてみ  君自身を思い起こしてみ  クリストフはがんばってみ  クリストフは探ってみ  眼をあげてみ  心にたずねてみ  みずから怪しんでみ  慈善をやってみ  体温計を使ってみ  レントゲンを撮ってみ  眼玉をたべてみ  居間でお寝み  心と比べてみ  反省はしてみ  薫は言い出してみ  思召しをほのめかしてみ  眼に浸み  中を、覗いてみ  調査を遂げてみ  だんだん調査してみ  人妻にさせてみ  御所へまいってみ  女王は疑ってもみ  婿にも擬してみ  奥様へ、こうこうでございますとそっと申し上げてみ  ものを少しやってみ  写真とをみ  一柱に見立ててみ  それを取寄せてつかってみ  諸手をかけてみ  金袋を抱き起してみ  百八冊を手がけてみ  教えを乞うてみ  態度を取ってみ  ひとつものにしてみ  委細順序を立ててやってみ  粒を消してみ  お爺さんなんぞと呼びかけてみ  ヤクザ野郎を、かついでみ  証拠を出してみ  一発打たせてみ  遊弋に向って試みてみ  根を卸してみ  生活してみ  創案してみ  わたくしが代って申し上げてみ  次の間に持ち出してみ  夜気に打たれてみ  海岸に出てみ  席を外してみ  一生涯考えてみ  頭に浮べたが、どうも考えてみ  一晩考えてみ  当をたずねてみ  竜王院を突然に訪ねてみ  覚王院をたずねてみ  ケチをつけてみ  女洋服ですましてみ  最中であってみ  天下を呑んでいる、会ってみ  ひとつ京都へ出張ってみ  心当りへ当ってみ  引眉毛で出てみ  泥を吐かせようと、かけ出してみ  はじめて騒ぎまして、いろいろたずねてみ  大将にお目にかかって、お聞き申してみ  御殿をたずねてみ  間毎間毎を調べてみ  いずれをも押してみ  一つ押破ってみ  破壊してみ  押破ってみ  たぐいでもと、暫く、行きつ戻りつしてみ  ままに見てみ  挨拶を試みてみ  ちょっと叩いてみ  食事を済まし、しばらく待ってみ  四方をさがしてみ  ものだとみ  三度、呼びかけてみ  室外へ出て待ってみ  拙者もいずれ考えてみ  社会を作ってみ  年齢調べを行ってみ  がんちゃんが勢い込んでかけつけてみ  志士とかなんとか威張ってみ  息をきってみ  それを訪ねてみ  ように肥え太ってあぶらみ  気を鎮めてみ  気になって、では、お寝み  あなたはお寝み  はい、寝み  二つ三つ、つかまえて調べてみ  積ってみ  因縁をつけてみ  糠味噌へつけさせて食べてみ  木棉畑を残させてみ  わしも食ってみ  村へと流れ込んだ、流れ込んでみ  お話を伺ってみ  検討をしてみ  居合を試みてみ  型を使ってみ  ものを考えてみ  入団匆々みんな一々当ってみ  廊下をブラブラしてみ  意義について考へてみ  あなたがたからまた申し上げてみ  ほうへおはいりになりお寝み  帳台へはいってお寝み  から、そうなってみ  ようにお寝み  女王を思い出してみ  君よゆるみ  ためしをやってみ  宇治へ行ってみ  まめにみ  欠陥を考へてみ  いふ芝居をやらせてみ  頭に浮かべてみ  戯曲作家のものを読んでみ  芝居をしてみ  現在とを比べてみ  歴史的にみ  周囲をみ  跡がみ  仕事としてみ  役目を考へてみ  提出してみ  手で叩いてみ  声で聞いてみ  づおづと云つてみ  一緒に売つてみ  財布をしらべてみ  女中に尋ねてみ  汚れ足をみ  一緒に抱きあつてみ  さきに走らせてみ  中へ這入つてみ  行商をしてみ  空鑵探してみ  尼君は言ってみ  のではないかと思って調べてみ  何が吹かれていたかも思ってみ  僧都にまず逢ってみ  何がそうさせていたかと思ってみ  僧都は問うてみ  それからのちにいろいろと考えてみ  軽蔑してもみ  檜山さんにあてはめてみ  身振りだけしてみ  返事がないので、振り向いてみ  一つのかたみ  新学期に出てみ  類を集めてみ  研究書とみ  ことなど、考へてみ  取材化しないかを一寸考へてみ  心持ちが聞いてみ  島へ行ってみ  身の上に引き比べてみ  桁を違えて考えてみ  庄兵衛はいかに桁を違えて考えてみ  事を思ってみ  あとで思ってみ  幾たびも思い浮かべてみ  注意を加えてさらってみ  奉行様に聞いてみ  事を遣つてみ  昔話でもしてみ  一度聞いてみ  後から思い合せてみ  概説してみ  ペンを走らしてみ  われわれは考へてみ  からね、相み  五月を近み  茶を志してみ  幾度も考えてみ  茶を知れなんていわれてみ  ものはないとまでいってみ  改竄してみ  のといわれてみ  講釈してみ  講釈はしてみ  蒐めてみ  指導をやってみ  中を透してみ  祭でもあるらしい、降りてみ  股間を覗いてみ  下へ叫んでみ  一度は食べてみ  遊動円木に乗ってみ  衿を数えてみ  日行ってみ  人間像を打立ててみ  これによつてみ  仔細に考えてみ  態度をぬすみみ  景色を眺めまわしてみ  方に行ってみ  方を試みてみ  努力をしてみ  現代風俗がみ  弱点がひそんでゐるとみ  例を挙げてみ  風俗としてみ  わけをいろいろ考へてみ  風俗よりみ  偽善者とみ  問題について考へてみ  風にも考へてみ  髯をみ  目を据えてみ  裏をかえしてみ  電気熔接学校と云って訊いてみ  公判廷でみ  わたしはどう考えてみ  破片を拾って合せてみ  歯ぎしみ  人がみ  ドレ位凄いか話してみ  から開けてみ  SOSを打ってみ  マア考えてみ  傍へ寄ってみ  前を歩いてみ  宅へはいってみ  恋をみ  クリストフについて行ってみ  ものなるやを考えみ  ことどもを選み  もとを選み  ことを、考えてみ  ドレフュース事件だって考えてみ  手を見てみ  さまを一々考えてみ  ことを、また一々考えてみ  車窓からながめてみ  新聞をめくってみ  ことを尋ねかけてみ  曲を書き止めてみ  真正面に見させようとしてみ  ピアノでひいてみ  胸衣を着てみ  ほんとうにやってみ  自分にもしばらく生やしてみ  あとにふたたび会ってみ  試みをやってみ  読書をしてみ  扉を揺すぶってみ  力をこめて押してみ  口に入れてみ  クリストフに会ってみ  役目を果たしみ  名前を言ってみ  何者だと纏めてみ  応用して考えてみ  声を嗄らして怒鳴ってみ  部分はいくら己惚れてみ  岸から濁水をさしばさみ  麦藁帽をかぶつてみ  縁に立つてみ  大股に歩いてみ  もう少し交際してみ  顔を覗いてみ  鳥渡たづねてみ  帰つて現像してみ  顔立ちをみ  の暇をみ  多代子さんにいろいろ訊いてみ  良人に話してみ  人数を数えあげてみ  五度ぐらい食べてみ  諄々力説してみ  かぎをつっこんで、まわしてみ  あっちにまわしてみ  こっちにまわしてみ  足でふんでみ  中へおとしてみ  がまんして、じっとようすをみ  おかずに、じっさいにためしてみ  ことをためしてみ  ぼくがみ  びらを、そっとひらいてみ  おいなりさんをみ  お金をつかってみ  のはみ  めんどうもみ  朝、またいってみ  ことをかんがえてみ  諭吉はしばらくみ  築城書をみ  本をよんでみ  くじをみ  築城書をよんでみ  半分にみ  一ぱいやってみ  蘭学者をたずねてみ  諭吉がよんでみ  んしてみ  六人にはなしてみ  力を、それとなくためしてみ  諭吉はぜひみ  ほうへいってみ  オランダ語ではなしかけてみ  ばんにきてみ  神田孝平にあってはなしてみ  わたしもやってみ  ところへいってはなしてみ  製造所などもみ  諭吉はたずねてみ  ほうをのぞいてみ  がたをみ  こまかいめんどうもみ  人の尊み  頻繁に、み  再現してみ  寄席にはいってみ  私は思い返してみ  めったにみ  動員されてきたとみ  台頭したとみ  圧迫をうけているともみ  展開とみ  肉迫してきたともみ  のじゃないか知らんとも思ってみ  自白してみ  村に帰ってみ  家探しまでしてみ  お話できるだけ、してみ  考えまわしてみ  一度はいてみ  辺まで出てみ  お酒を飲んでみ  どこかで落ちついて飲んでみ  もっと生きてみ  生活で、とにかく生きてみ  すっぽんはどうだといってみ  一例に挙げてみ  街道へ出てみ  箱を開けてみ  包を開けてみ  探検にでも行ってみ  お許しを得て、申してみ  地質に触ってみ  からあれを使ってみ  通りにやってみ  点火薬を調べてみ  酌量してみ  何度もやってみ  一か八かやってみ  ひとりで出るみ  もう一歩でも上ってみ  湾を捜してみ  先でやる踊りみ  方位を取ってみ  美人を数多くみ  結婚も沢山み  別に愉しみ  世界をみ  擴げてみ  背中にとまってみ  植木鉢に這いあがってみ  らを飛んでみ  氣配をみ  ごみをつついてみ  私も、ほっほっと鳴いてみ  指にはめてみ  春樹が、黙ってみ  世辞に訊いてみ  はいないかと、改めてみ  電話で問い合せてみ  世を果敢なみ  茶の間に出てみ  なかまではいってみ  周囲を廻ってみ  三声呼んでみ  手がかりはないかと捜してみ  畔へも行ってみ  傾倒がみ  例もみ  どれをよんでみ  瞽者どもいとだみ  デマじゃないかと、ふと思ってみ  揺振ってみ  手を触ってみ  六万五千石とみ  アア一本立ちがしてみ  話をきいて、考えてみ  物をすっていたが、なめてみ  中を掘ってみ  カンも調べてみ  手分けして歩いてみ  一日中立ってみ  ユスリユスリ外へ出てみ  由三をみ  矢張り秋になってみ  二三軒小屋をのぞいてみ  だい、やってみ  テンデ考えてもみ  ウキメをみ  結社に投じてみ  ぱり出してみ  グラチアに話してみ  私はいろいろ考えてみ  周囲をながめてみ  犠牲になられるとしてみ  旧友たちはみ  二つ読んでみ  何気なく読んでみ  クリストフは少し尋ねてみ  フォンテーヌブローに行ってみ  問いをかけてみ  問題を解かしてみ  みずから繰り返してみ  自分たちだけで歩いてみ  注意を加えてみ  格言を思い出してみ  ところへ行ってたたいてみ  彼女かく言いて振り返りみ  ローマへ行ってみ  町に寄ってみ  自分だと考えてみ  披瀝してみ  発育をみ  火山弾を取出してみ  顧ってみ  福慈岳へも寄ってみ  ところへも、ときどき伺ってみ  ものをうちかけてみ  はじめて憐れとみ  湧玉をみ  眺め廻してみ  息を吐いてみ  笑ひ出してみ  一寸でも圧してみ  四五遍繰返してみ  ものにしてみ  頭を蹴飛ばしてみ  窓掛を掲げてみ  台所へ来てみ  一瞥を呉れてみ  有様を覗いてみ  武蔵野を見るともなしに覗いてみ  畳へ倒れてみ  窓掛を引いてみ  前を合せてみ  兎に角振り向いてみ  角一応は坐つてみて考へてみ  ふうに訊いてみ  乍らやつてきて覗いてみ  頸を縮めてみ  友達を訪ねてみ  厄介を頼んでみ  一つだけを突き止めてみ  気が附いて控えてみ  冗談をまぜつ返してみ  様子をしてみ  ために振向いてみ  奴も怒ってはみ  遊びに行こうか、とそう言って誘ってみ  僕にさしてみ  ことなんだから、ぜひたずねてみ  大汽船にくらべてみ  二三本しばってみ  眼鏡を急いでかけてみ  原子をのぞいてみ  はてまでいってみ  もっと外へでてみ  大昔へ戻してみ  時間器械を走らせてみ  ことだけ、考えてみ  法則をあてはめて、考えてみ  図にかいてみ  図にしてみ  曲線とをくらべてみ  世界へいってみ  とおり答をいってみ  窓からのぞいてみ  きれいにしてみ  たくさん鳩をふやしてみ  もう少し待つてみ  そこに下して、考へてみ  表明してみ  腸に浸み  大騒ぎをして捜してみ  ため、そう遣ってみ  画にみ  眼に当ててみ  上下へ動かしてみ  死顔を向けてみ  骨を折って新しがってみ  ものにぶつかってみ  通りに嵌めてみ  心を畏み  水が浸み  しろをふりむいてみ  びきをひらいて、み  二三度出てみ  上に坐つてみ  から、考へてみ  のであるが、ふと気がついてみ  思いに脱いでみ  スケッチブックをそっと覗いてみ  雑誌を出してみ  皆飲んでみ  氣がついてみ  ひと思ひに脱いでみ  そつと覗いてみ  雜誌を出してみ  男えらみ  陰画を透かしてみ  中まで、すっかり調べてみ  腹腔までを調べてみ  油汗を流してみ  角度から覗いてみ  頬を弾いてみ  はずだと思って、すぐ訊いてみ  一生を考へてみ  ほうへ、それとなく伺ってみ  顔を思い出してみ  さきにかざしてみ  二つに割ってみ  対照を思い浮かべてみ  自分とを比べてみ  ことか、少しでも考えてみ  端をあけてみ  それこそ夢にも考えてみ  方も調べてみ  上を恐る恐る歩いてみ  酒を飲むと云い出してみ  拳を固めて気張ってみ  ことになるかも知れないと、ふと思ってみ  何気なく云ってみ  蒟蒻を取り代えてみ  風にしてみ  ちゃんと聞いてみ  僕がやってみ  名やさしみ  こころをかへりみ  名をえらみ  かなたにかへりみ  まれとは、大み  水をくれてみ  庭へ下りてみ  トランクを開いてみ  ものだか、さて、改めて考へてみ  就て一向に考へてみ  今、考へてみ  それがなかみ  女給にみ  文体をみ  筆ずさみ  少女心をおもいみ  世界に入ってみ  存在としてみ  雲をみ  しろ、み  問題を話してみ  ことを疑りもせず、そしてたうとう本当に打開けてみ  さらされてみ  香水などがつけてみ  先生に訊いてもみ  背伸びをしてのぞいてみ  病院にはいってみ  どちらが正しいかと考えてみ  余り思い切って出かけてみ  四五日待ってみ  考えを持ち出してみ  ことを考え廻してみ  近くまで来たので、一寸寄ってみ  紙片を開いてみ  針をがたがた動かしてみ  金で買ってみ  取引してみ  血相かえてみ  骨壺をあけて、調べてみ  桃割れに結ってみ  線路へあがってみ  往って窺いてみ  目を開けてみ  とうもろこしをとってみ  妾でも置いてみ  子どもがあってみ  予は打ち消そうとこういってみ  名前をいってみ  廻りを探ってみ  毛なみをそろりそろりと撫でてみ  先端を歩いてみ  奴に話してみ  僕をひっぱっていってみ  口髭をひねくってみ  中から出したり、引っ込めたりしてみ  湯女部屋を覗いてみ  四段上ってみ  窓を仰いでみ  そうに撫でてみ  背中を眺めてみ  顔が浮いていないかと探してみ  金塊市場へ立ち寄って覗いてみ  電話室を覗いてみ  間を黙々として歩いてみ  あなたを煽ててみ  背中を撫でてみ  中から頭を上げると覗いてみ  食物を数えてみ  所を突いてみ  窓から下を眺めてみ  んか、着てみ  瓶を掴んで振ってみ  ために笑ってみ  鰤が食べてみ  結婚がしてみ  眼を眺めてみ  いるかどうかと覗いてみ  検視してみ  今日はぶらりと来てみ  結婚なんかしてみ  居眠るように立ってみ  紙片を開けて覗いてみ  顔を新しく眺めてみ  梶を叩いてみ  爪さきではじいてみ  あたし悲しいには悲しかったけど、売られちゃって来てみ  一人もみ  頬にあててみ  上を仰いでみ  頬を撫でてみ  身体を、そっと延ばしてみたり縮めてみ  東洋を一度知ってみ  奥へ行って、寝み  奥でお寝み  網を曳いてみ  小刀を握ってみ  ところを彫ってみ  意味を示してみ  事についてかねていくらか考えてみ  顔を出してみ  一人産んでみ  それに、来てみ  軒端に透しみ  ところに置いてみ  増は時々訊ねてみ  室に訊いてみ  一度あなたから、よく訊いてみ  手術をしてみ  ところでまるめてみ  ところでなめてみ  五十年おふくろとつき合ってみ  きれいな本をもってみ  間を一寸疑ってみ  彼はもちあげようとしてみ  真裸になって、ぴしりと打ってみ  話にみ  こともなく、取出してみ  三四度加わってみ  私はやってみ  ア君は、時どき調べてみ  事実を調べてみ  連絡がみ  云はれたりしてみ  始末とかについて書いてみ  あやに尊み  あやにゆかしみ  弓絃にふれてみ  腋下に挾んでみ  二十倍で覗いてみ  スカンヂナヴィア的要素をもつとよく見つめてみ  往って探ってみ  一つ一つ入念にしらべてみ  もっともっと勉強してみ  一字をとってみ  何くれとなく語り合ってみ  今記憶を纏めてみ  静岡へ帰ってみ  大村へ行ってみ  大村まで行ってみ  道を辿ってみ  昔を懐かしんでみ  あたりまで行ってみ  問答を交わしてみ  仔細に、聞き質してみ  せつせと働いてみ  糊をすくひ、ほんの少しなめてみ  くつてみ  金をみ  日をつくつてみ  七車と力んでみ  女學生時代には考へてもみ  お父さんをみ  一つ一つ叩いてみ  世界にしてみ  おかあさんに話してみ  なかにはいってみ  静かに考へ直してみ  この間読み返してみ  自動車でもあるでせうかと聞いてみ  帰つて舞台へ立つてみ  かづ子を考へてみ  今日分析してみ  吟味し直してみ  総入れ歯をしてみ  一パーセントだけが爪立ってみ  層をもたどってみ  これ義を無み  連関させて考えてみ  蝕ばみ  雪も噛んでみ  ちょっと目礼をしてみ  ゆ独りゐてみ  なかを掻きまわしてみ  なかを掻きまはしてみ  時を移さず駆けつけてみ  のを待って再び行ってみ  下をさぐってみ  達二はしがみ  一つまみ噛んでみ  こんどはふっと吐き出してみ  んだつていつてみ  あとをふりかえってみ  火事をみ  恋々としてしがみ  半身を起してみ  眼を定めてみ  物品を調べてみ  披いてみ  書斎に上ってみ  散歩をしてみ  腕を揮ってみ  寿籍を調べてみ  交際だけでもしてみ  それを想ってみ  保科哲夫に逢ってみ  会合に行ってみ  町に行ってみ  自由にしてみ  目でじっとみ  ひとつ夢をみ  ぶんにむかっていってみ  ことがみ  がたがみ  いっしょにみ  親方がすぐ行ってみ  いつかお姫さまのむこえらみ  しろに立ってて、なにもかもみ  ヨハンネスをみ  下にみ  その後どこでみ  孤児院を訪ねてみ  社交性をみ  上つてみ  今までにみ  発露とみ  冑をかぶつてみ  脈を取つてみ  先で舐めてみ  蔭で訊ねてみ  号令をかけさせてみ  それを訊いてはみ  一言喋つてみ  ものかと調べてみ  とことんまで突きつめて考へてみ  知識を質してみ  参考に読んでみ  発見し得るとみ  おかしいことと思って、さらにきき直してみ  一言してみ  のを真似てみ  過去三十年間くらしてみ  一路ドライヴする、かへりみ  ふたりわかれたりさみだるるはてしなくさみ  全部を、ぶちまけてみ  隅々まで歩きまわってみ  疑問でもって、押し通してみ  罵倒してみ  何度頼んでみ  熱心に、いろいろ尋ねてみ  べりすぎる、かへりみ  姿も余りみ  ばくちみ  父にしてみ  どっちにしてみ  慎作をみ  鍵盤を叩いてみ  幾つ並べてみ  指先きでこすってみ  市を見渡してみ  小鳥を飼ってみ  花鉢を色々集めてみ  造作を作りかえてみ  往復してみ  笑い顔を初めてみ  ゆっくり話もしてみ  頁を振ってみ  一項をとってみ  列をみ  不景気をみ  河田を初めてみ  二階をみ  三つほど打ちかえしてみ  コツと、打ってみ  ごろごろ轉げてみ  膝小僧にもふりかけてみ  後から急いでついていつてみ  ぞんぶん働いてみ  東京を離れてみ  土地で働いてみ  轉げてみ  歌をうたつてみ  船員に聞いてみ  蝋とは知らずかじってみ  裂罅だとしいて思ってみ  品物を選み  ぱりながら讀んでみ  ノッブを廻してみ  それを補いながら読んでみ  何となくぶらぶらしてみ  落着いて暮らしてみ  小さな独和辞書を引っぱりながら読んでみ  さ身に入み  話をもち出してみ  高木さんに言ってみ  授業を受け持ってみ  僕のかたみ  背伸びをして覗いてみ  香気は、まどみ  下駄商にみ  傍にみ  伯父を訪ねてみ  良人をみ  沢村海老蔵一座に話してみ  わたくしに移しかえてみ  夢にさえみ  彼をみ  コルセットをつければ、どうみ  数行をみ  星を測ってみ  方角もみ  人々に問うてみ  追憶などによってみ  小学校にあげてみ  娘をみ  軽蔑があったとみ  噂はしてみ  末我やりてみ  風流事としてみ  はじめて背負ってみ  面白い女とみ  日記をみ  照しあわせ対立してみ  痴情としてみ  三つの歌をみ  七年六とせいとなまみ  さとしてみ  俗眼から奇矯とみ  濫觴とみ  過程をみ  活況とみ  社会的雰囲気だけをみ  文学史をみ  バルザックをとりあげてみ  人間生活のたゆみ  性格に親しくふれてみ  面にだけみ  まともな突こみ  上をかへりみ  それ以上に生き残るであろうとみ  生涯を顧みてみ  意味にとってみ  私も考えた、考えたばかりでなくたびたびやってみ  今拵えてみ  ものを読んでみ  成功を考えてみ  一事業を起してみ  伝道会社に訴えてみ  いく度か繰り返して歌ってみ  われわれも行ってみ  私が考えてみ  われわれが考えてみ  事業を考えてみ  みな寄せてみ  だんだん読んでみ  建物を売ってみ  チョット申してみ  生涯をたびたび考えてみ  川原へ行ってみ  考えをもってみ  艱難に打ち勝ってみ  修練してみ  情実に勝ってみ  遊覽案内をみ  くみ子とみ  川邊を歩いてみ  不思議に思い思い近寄ってみ  ソット抱き上げてみ  らにいつてみ  ことを、一度、よく考えてみ  条項をみ  根本から検討してみ  ことを申しあげてみ  考えを述べてみ  ドストエフスキイにみ  ひとりで嘆いてみ  ちょっと行ってみ  頭においてみ  北村さんに尋ねてみ  から是非使ってみ  煙ごしに尋ねてみ  ですよ。けれど、考えてみ  不自由でしょうねと、尋ねてみ  物はありませんかと、尋ねてみ  動物実験もしてみ  頭まで被ってみ  ことを思い起してみ  暴風雨はやみ  手探りしてみ  彼は訪れてみ  私も行ってみ  口吟んでみ  着物に触ってみ  私も考へてみ  から行つてみ  市場に行ってみ  これを悪み  蛇なり、すなわち見畏み  ますます見畏み  阿那律すなわち前み  智馬と知らず悪み  の浮かみ  水流に浮かみ  皆畏み  事至るをみ  尻を押してみ  ア、考えてみ  前がみ  いくら家畜をみ  御新造、おきみ  我に給いたるとみ  外れへ来てみ  もう少し探してみ  酔いくずれて、み  もう一度庭へ出てみ  女人を卑しみ  弟子として取り立ててみ  顔をつくづくと映してみ  三度揺り動かしてみ  人ごとに訊いてみ  神がみ  祈祷をしてみ  丹精してみ  結局黙っては済まされないとみ  横眼にみ  からそっと覗いてみ  死に場所を一度たずねてみ  彼はつづけて呼んでみ  何遍繰返して考えてみ  おもちゃばかりを拵えてみ  前に行ってみ  大君のへにこそ死なめかへりみ  制定してみ  入口から中をのぞいてみ  不仁を悪み  王予て悪み  説を、いろいろ調べてみ  いま読んでみ  厭味を言ってみ  人間は大層困っていろいろやってみ  進化がみ  成功をみ  活動とみ  五人を撰んでみ  作品評とみ  足どりがみ  舞台的成果とみ  創立をみ  さへもみ  上梓されたら是非読んでみ  二七三頁註をみ  象これをみ  戯曲など書いてみ  家事を受持つてみ  一つたべてみ  ひとりで弾かせてみ  問題を考へてみ  数へあげてみ  ものを持つてみ  一万四百とみ  条件を照し合せてみ  ラジオをかけてみ  あたし数へてみ  裏を読んでみ  二枚重ねてみ  火、よくおこつてるか、み  つけをかへりみ  そばで、囁いてみ  言はせてみ  声を絞って呼んでみ  悦こんでみ  時はじめてふり向いてみ  夢がみ  煙をみ  窓よりみ  鳥かへりみ  上から触ってみ  目盛盤を廻してみ  ずりぶみ  外国煙草を吸ってみ  きざに気取ってみ  戲もなくてやみ  事で、太み  時代には、ある軽み  人知りぬべみ  これもみ  意味を考えてみ  いろいろに取り合せてみ  頂戴してみ  みのるは、み  形、即み  土くれを落としてみ  つなぎ合わせてみ  もう一度中をしらべてみ  ウム、いかにもあけてみ  うえあけてみ  お茶師にきいてみ  隅を掘ってみ  一芝居うってみ  これを、組みしやすしとみ  藤姐御に言ってみ  声々に出てみ  ムカムカしてくるが、いくらおこってみ  結び目をといてみ  新聞社におやりになってみ  頭を入れてみ  席亭へ行ってみ  耶馬渓をみ  様子をたずねてみ  気持を考えてみ  次第で、いや、本当に、気取ってみ  お話を承ってみ  之を以てみ  行をかえて書いてみ  ものもやってみ  方で、み  出張所へ掛け合ってみ  通俗化されなければならないだろうかと思ってみ  心持ちも思ってみ  有効ではないかと思ってみ  やうに見え、つい話しかけてみ  脳髄を絞ってみ  誰かに会って訊いてみ  政治部に入ってみ  そっちこっち転々してみ  一軒出してみ  病院をつれ歩いてみ  一年も出してみ  合掌こそしないが、どうみ  隅においてみ  山登りでもしてみ  純綿物があるかと覗いてみ  春芳さんを抱いて行ってみ  横町などへ入ってみ  お婆さんにきいてみ  時老母にきいてみ  ちょっと手に取ってみ  芸者をかけてみ  一口二口呑んでみ  電話をかけさせてみ  つもりで来てみ  辻褄を合わせてみ  息の根を止めてみ  目がさめてみ  君を描いてみ  小遣いをやってみ  帳面をさせてみ  ぼんやり思ってみ  のか、訊いてみ  なかったし、話してみ  仕事にかかってみ  三里塚へ行ってみ  家へ来てみ  二階へあがってみ  ちょっとふらりと来てみ  日磯貝に話してみ  お前話してみ  傍へおくかおかぬに、いきなり切り出してみ  フォークも取らずに訊いてみ  私が時々寝み  さがみりみ  時分だなぞと考えてみ  東京へ行ってみ  今度パラオへ行ってみ  坊さんに聞いてみ  ちょっと分家に当たってみ  買い手がないか聞いてみてくれないかと頼んでみ  それはよく考えてみ  今朝の新聞があるかと、それとなく捜してみ  今朝の新聞があるかと訊いてみ  ちょっと弾かせてみ  芸者屋へ行ってみ  信州へまで行ってみ  張り呼吸をしてみ  一円二円と摘まみ  なかったが、ついて行ってみ  彼女を置いてみ  春次に話してみ  電車で行ってみ  ちょっと手を入れてみ  五六軒当たってみ  生前に食べたいと言うので、取ってみ  伊香保へ行ってみ  一つ二つ出たばかりで、蒼み  待合へ行ってみ  金を拵えろと言ってみ  縮図をみ  複写をみ  湯加減をみ  刀にかけてぶった斬ってみ  いじめられてみ  商人を当たってみ  別れに寄ってみ  店へ帰って、よくきいてみ  松屋惣七のかえりを待ってみ  ひとりでぶつかってもみ  ちょっといってみ  膝詰め談判をしてみ  芽をふかしてみ  ちょっと落ちついてみ  松屋惣七は、願ってもみ  掛川へ出向いてみ  将来を思ってみ  采配をふるわせてみ  注文をあつかわせてみ  ことは、考えてみ  小座敷へ行ってみ  店をやってみ  遠慮せずに早く帰ってお寝み  御主人様の、気に入られてみ  当分あたいのしたいようにしてみ  気がつかなかったし、考えてみ  旅でもしてみ  ことにして、どうだ、誘ってみ  田んぼ路でも歩いてみ  から人をわけて来てみ  夢の中で夢をみ  においに包まれて歩いてみ  これへ行ってみ  高は、踏みためしてもみ  家へまで走らせてみ  関係をみ  本人にきいてはみ  においをかいでみ  いま一度、考え直してみ  ままにやってみ  後始末をみ  甚さんが一応いろいろと疑って調べてみ  茶番のまねみ  手品だけで打ち通してみ  舞台を張ってみ  評判にもなってみ  舞台を持ってみ  ことなんか考えてみ  分を調べてもみ  一大事とみ  可能性をみ  命日をみ  陳列室を覗いてみ  電鈴を鳴らしてみ  無遠慮に聞いてみ  私は訊ねてみ  弟にあるかどうかを試してみ  本を取り上げてみ  一つも浮かみ  反撃をしてみ  絶叫してみ  御前さまは未だお寝み  椅子にかけてみ  時間をみ  ところを一寸のぞいてみ  盤をあけてみ  日本へ来てみ  計代にきいてみ  議論だって、よくきいてみ  保がどう思ってみ  重量をかけてみ  以前からそれをみ  のは若く受けみ  縦にとおしてみ  細君をみ  もんだがやってみ  大新聞をもって来てみ  土蔵へ入って行ってみ  玄関へ出てみ  世間が、どうみる、み  伸子とすれば全くうけみ  これをすっかりみのらしてみ  いつか雑誌でみ  ところどころをあけてみ  項を開いてみ  温室をみ  今年も受けてみ  つもりで受けてみ  一生懸命にやってみ  私は気がついて、暫くして尋ねてみ  職人をいやしみ  就て種々考えてみ  自体拙者は気に入らないので、頻りと止めてみ  酌で飲んでみ  今一度十分訴たえてみ  情話でも為てみ  場合をみ  氷嚢にそっと触ってみ  お前を泣かしてみ  景色を生かしてみ  尾野さんはもうお寝み  中を歩きながら、種々考えてみ  蒲団から手を長く出してみ  掛蒲団をはねのけてみ  ものにぶっつかるか待ってみ  向に寝てみ  彼は呼んでみ  見合いをしてみ  ちょッと、行ってみ  中をあけてみ  頁をめくってみ  ちょッと寄ってみ  車庫へ行ってみ  翌日電気局へ行ってみ  拾得係へ行ってみ  丸善へ行ってみ  軒並に探してみ  図書館へ行ってみ  衝突してみ  分解してみ  空間的に考へてみ  肩をたたいて、きいてみ  生き方をしてみ  どん底まで堕ちてみ  口に出して実はいってみ  生活を送ってみ  浮雲をみ  雲もみ  トランクを中み  面倒がみ  長野まで訪ねてみ  そこから行手をみ  一席やってみ  血潮が生きているであろうか、と考えてみ  寂寞に浸み  力になりつつある、とみ  横着をきめこんだり、ひがんでみ  奥へ呼んでみ  相手にみ  秤にかけてみ  細君連に訊ねてみ  問題としてだけ考へてみ  自転車にも乗つてみ  ヂヤケツをつまんでみ  宿題をみ  換へ置きかへしてみ  誰にも話してみ  ぱりさういふことはみられなくなつた理由について、一体どう思ふかと訊ねてみ  びとり頭へ浮べてみたにはみ  相手を甘くみ  結城ひろ子にしてみ  いふ質問をしてみ  様子ものぞいてみ  つて鍛へあげてみ  問題にも触れてみ  翁はこう云って聞いてみ  頃合いをみ  草むらを織ってみ  かげろうを織りこんでみ  工場に帰ってみ  願いを出してみ  糸を舐めてみ  遺品を調べてみ  さに書き並べてみ  朝きいてみ  全裸体を撫でまわしてみ  ところを、比べてみ  雷撃でもやってみ  自分を置いてみ  邦人に聞いてみ  信州へ行ってみ  全部めくってみ  人には会ってみ  足元から鳥が立つみ  やすけんど、とにかくやってみ  格好だけはつけてみ  タンボべとみ  から登ってみ  豊かにみ  オコリに取っつかれたみ  事あ、相み  それをたたいて、み  文さんに訊いてみ  意地わるく訊いてみ  確かにみ  いろいろにすかして調べてみ  六たび弾いてみ  名前なんか訊いてみ  だんだん考えてみ  説得してみ  蝶もみ  筆さんに話してみ  うしろ姿をこわごわ透かしてみ  脅迫状をみ  色、み  濕氣が浸み  机のしめりに浸み  とりと浸み  勉強がしてみ  通りに探してみ  三度探して回ってみ  中に思い出してみ  ものをいろいろ考えてみ  今朝起きてみ  背後を振返ってみ  一廻り巡回してみ  砥石を持上げてみ  内側から検めてみ  前後左右から透してみ  心当りは無いかと尋ねてみ  十分に調べさせてみ  因縁の固まりみ  事を問うてみ  両手で振ってみ  星明りに透かしてみ  飯を喰ってみ  眼のあたりみ  皿はすべりてみ  庭みな白く固み  古狸を蹴ってみ  雀右衛門を仰ぎみ  水で洗ってみ  膝をつねってみ  批判してみ  ことを試してみ  方を述べてみ  枝を取ってみ  世界中を探してみ  兎に角笑ってみ  勇気を出して笑ってみ  人の一生を量ってみ  標本なども見てやってみ  もの、つまり憎み能わない憎み  柔軟な優しみ  材木を曳き上げてみ  愛について言ってみ  八方へ浸み  メスで掻き廻してみ  根を掘ってみ  自分がやってみ  他人がやってみ  それを実際に試してみ  場合に唱えても、晴れみ、曇りみ  出崎を拵えてみ  通り考へてみ  木の葉づくといつてみ  熟考してみ  上ですべらせてみ  一定にしてみ  条件要素を考えてみ  困難に当ってみ  事はぜひとも考えてみ  変をみ  せんだって、それとなしに聞いてみ  何かしらきまりがわるいので聞いてみ  煙草を点けてみ  人を頼んであたってみ  レベルを下げてみ  新劇についてみ  城館をみ  原書ともくらべてみ  ついでに、一寸寄ってみ  ように死んでみ  横にしてみ  息を吸って、力強く吐き出してみ  ものだと思ってもみ  一冊買ってみ  今日あれをみ  問題をよく見てみ  後からよくよく考えてみ  枚挙してみ  到着してみ  数行書いてみ  方をしてみ  前から考えてみ  作曲してみ  文学を学んでみ  経験に照らしてみ  下から呼んでみ  抽斗を明けてみ  襖を明けてみ  控間へはいってみ  いちばん住んでみ  下にたって、仰いでみ  しんきろうをみ  顔をうさんらしくみ  紙をみ  北極光をみ  正体をみてみ  鉄道でもためしてみ  汽船でとおってみ  たかみてみ  心あたりを探してみ  それをためしてみ  はじめはぷりぷりしてみ  目がねでみ  うち明け話で、み  のぞきまわってみ  拾得物をみ  のと並べてみ  いちどためしにやってみ  心持になってみ  詩人になってみ  なにをみ  がたをはっきりみ  ヤコブがみ  あたしも考えてみ  不審をおこして、たずねてみ  道を掘ってみ  船上山へ廻ってみ  草を急いで除けてみ  端へ行ってみ  日数を書いてみ  予定を書いてみ  あちこちと探してみ  池へ下ってみ  雪をかじってみ  絶頂に登ってみ  故郷にも帰ってみ  一生懸命に吹いてみ  ローソクも相当燃してみ  西側を歩いてみ  小日向山に登ってみ  横目にみ  上まで行ってみ  どうでしょう登りませんかと言って誘ってみ  近くまで行ってみ  幾度登ってみ  斜面を巻いてみ  帰りに通ってみ  三日くらい遊んでみ  あちこち探してみ  のと換えてみ  火で調べてみ  のにつけてみ  横になってみ  それに触ってみ  杖で打ってみ  限りにどなってみ  唄を歌った、力一杯どなってもみ  これを下ってみ  見舞いに帰ってみ  翌日ワサビ谷を登ってみ  西尾根を下ってみ  若桜スキー場へも行ってみ  何度目を開けてみ  三度努力してみ  吉田君と呼んでみ  夏道をしばらく伝ってみ  休暇中にやってみ  地図を探してみ  時間表を繰ってみ  品はないかと考えてみ  店頭で見つけたので、買って来て読んでみ  さうに歯がみ  ことは、生きてみ  まちまちほのぐらみ  牛乳と混ぜて飲ましてみ  ペル君が摘まみ  科学的にやってみ  から試みてみ  本当のものにふれてみ  その後いろいろ聞き合わせてみ  素天辺をなぐってみ  抗議してみ  頭を掻いてみ  村長をしてみ  東京おっ立ててみ  測量してみ  ッ、聞いてみ  清作さんら家の、おみ  それを廻してみ  いま秋ふかみ  のが愉しみ  男にしてみ  呆んやりつつたつてみ  令夫人おみ  人類のたゆみ  大将に会って、きいてみ  それから数年経って行ってみ  露路へ入って、確かめてみ  今度行ってみ  二階へ行ってみ  竹垣からのぞいてみ  私は言ってみ  つもりで、言ってみ  空地へ行ってみ  穴をさがしてみ  人を見てしより、その、み  妻、み  病院に行ってみ  これにしっかりしがみ  度にわざわざ覗いてみ  のかとも考えてみ  学者にでも聞いてみ  見当を捜してみ  のだろうと考えてみ  字引でみ  和英辞書を開けてみ  昆虫学者に会ったら聞いてみ  底まで掘り返してみ  顔を伏せてみ  舌でも出してみ  つて其れを考へてみ  さへない、無論、どう考へてみ  なつたり怒つたりしてみ  湯へせかせかと飛び込んでみ  雪原へ零れてみ  手で触れてみ  声が浸み  願ひしてみ  長旅をしてみ  やつぱり結婚でもしてみ  品物を出させてみ  自分も書いてみ  これはそのうち是非読んでみ  牡牛をみ  のを待ちながら立つてみ  色がみ  本堂だって、み  一番馬鹿をみ  ッきりした、白い、み  三日目までにみ  弁天小僧をみ  震災まえにはみ  電車通りをみ  百花園へ行ってみ  こと、思ってみ  から芝居をみ  おやじが是非み  自分を心細くみ  うえをみ  ほうをかれはみ  ことなんぞみ  日附をみ  それをあけてみ  ことよりみ  友達をみ  何さ、行ってみ  大丈夫、駈けてみ  私ゃソッと抱いてみ  そつともち上げてみ  十日でも、少しのんびりと暮らしてみ  のかと思って、覗いてみ  天井板を押し上げて覗いてみ  ことか分らなかったが、言われてみ  朝になって、思い出してみ  山路ふかみ  セセラ笑ってみ  何も生えずしてやみ  答えもしてみ  空を眺めてみ  正覚坊が来るかも知れないと待ってみ  総掛りで、引き上げてみ  ぶっかけてみ  ぼんやり考えてみ  何度も勧めてみ  用件を訊いてみ  墓地管理事務所に参り、いろいろ調べてみ  人に会ってお訊きしてみ  直接あたって訊いてみ  ちょっと読んでみ  散々詰問してみ  笑つたり怒つてみ  実話一つを考えてみ  はじめて手にしてみ  鬚をひっ張ってみ  間から首を出してみ  霊にたずねてみ  霊に聞いてみ  山へ行って、一々たずねてみ  雷を落としてみ  木立ちを縫うてみ  紅茶だかよほどよく考えてみ  症状ではないかと思ってみ  新びいどろ学士に話しかけてみ  姉を訪れてみ  後ろを振向いてみ  片っ端から尋ねてみ  書類を取り出して調べてみ  確かですし、また調べてみ  行方を調べてみ  道を透かしてみ  あちこち触れてみ  のを待って尋ねてみ  それを訊いてみ  コンパクトをどけてみ  上に掬いとってみ  上で尋ねてみ  空がうるんみ  本を探してみ  ように咲きみ  われは行かでやみ  人も貴み  手をかざしてみ  お美代の方をみ  サイカチを探してみ  のを云ってみ  繁みをやたらに掻きまわしてみ  それを思い出してみ  未知数を解いてみ  頭をあげてみ  ポンポンと蹴ってみ  近く地球を離れてみ  手足をいろいろと引張ってみ  森でみ  ギューッと押してみ  まわりを調べてみ  境目を調べてみ  ウンと突っぱってみ  どれを覗いてみ  目盛で読んでみ  ものを操ってみ  小屋に行ってみ  室内を窺ってみ  辻川博士に聞いてみ  ソッと開けてみ  屋外に出てみ  博士を探してみ  中を開けてみ  方に向けてみ  スペインのものを取り寄せてみ  腕力も増したろうと思って、たびたび押してみ  模様を喋ってみ  器械では、どうやってみ  電話口に出てみ  先でコンコンと叩いてみ  のを待ってるみ  膝頭から胸に浸み  ため訊いてみ  峡間を広み  ただ二人照し出されてみ  舌が出してみ  友人に質してみ  から半分ばかり売ってみ  故郷にかえってみ  梨をみ  心を配して慈しんでみ  川原を覗いてみ  一ページを開いてみ  あなたやってみ  つもりになってみ  さし上げられるだろうと思いまして、行ってみ  ミンチン先生が、とめてみ  そこらを見廻してみ  幾度も書いてみ  セエラ達と比べて考えてみ  私、行ってみ  だんだん鼠を見てみ  宮殿からでも来たみ  鞄をあけてみ  神に伺ってみ  毛布に触ってみ  一冊を開いてみ  火に触ってみ  子に会ってみ  戸を開けてみ  名を悪み  寝室へ行ってみ  私がでてみ  自信タップリ考えこんでみ  あなたは、み  感情は、み  へんにみ  ことは思い出されて、一寸飲みに行ってみ  酒をのみに、しばしばみ  女給に戯れてもみ  立止って振向いてみ  ふいに、みますへ行ってみ  それから、ぜひみ  ソーダ水を考えてみ  交響楽を考えてみ  短篇、読んでみ  幾度考へこんでみ  おばさんはてんで考へてみ  誰れにしてみ  つてはみ  群集であつてみ  一般からは重くみ  さをはかつてみ  較らべてみたりしてみ  舌めてみ  そこにやってみ  くど目をしばたたいてみ  いくら目をこすってみ  調整してみ  頭脳を絞ってみ  煙を払ってみ  船内を探してみ  一人づつ思い出してみ  それからそれへと、いくら思い出してみ  突入してみ  身体を抱えて起してみ  とんとんと叩いてみ  卵さんに伺ってみ  面白いものを見せてくれといってみ  何であるか、いい当ててみ  映像をうつしてみ  前後へ廻してみ  発表をみ  ように罵ってもみ  独りで怒ってみ  旅行案内を取り上げてみ  口笛で吹いてみ  方へ近寄ってみ  法学士らしく考えてみ  そこから浸み  ポケットに突こみ  しか、浸み  女もしてみ  のですけれども、まあ気取つてみ  譬へてみ  事をみ  方を振りむいてもみ  後をふりかえってみ  衣嚢から金時計を出してみ  一生懸命押してみ  うえでみ  書棚をのけてみ  心配をしてみ  立体的にも測ってみ  海底を、いくら探してみ  ことを試みてみ  それをいってみ  いくら戦争をしてみ  ように使ってみ  いま、よく調べてみ  ブラウン管にかけてみ  海面に吊り上げられてみ  試みに、そう呼ばわってみ  空間を触ってみ  まわりをどんどんと歩いてみ  ピース提督に、こう云ってみ  海南島から小笠原あたりまでいってみ  東京へ向けてみ  信号をしてみ  道具をもってきて、試みてみ  手さきをみ  甲板上でみ  死骸を一目み  弾丸をしらべてみ  光に照らしてみ  胸をみ  蓄音機を聞いてみ  早足に歩いてみ  そのまま言ってみ  情をこめて言ってみ  いちど、思いきり、大いに威張ってみ  没頭してみ  けさ鏡を覗いてみ  主人がいないので、さがしてみ  一遍一寸メーテルリンクをみ  宙では内み  胸に浮かみ  跳ね起きてみ  紙片を取り上げてみ  自分で開いてみ  一口味わってみ  テレ隠しみ  君に会ってみ  白鷹氏に尋ねてみ  途中で飛び降りてみ  意見を聞いてみ  神経状態に陥ったが、後で聞いてみ  点も残らず取り調べてみ  事ではないか知らんと疑ってもみ  問合わせてみ  この世を果敢なみ  今朝になってみ  夫婦心中をしてみ  自分だけ生き残ってみ  一つも起らないですみ  肺病でお寝み  ビックリさせてみ  事を思い知らせてみ  理由を聞いてみ  から早速行ってみ  お話を取集めて考えてみ  ことは思いましたが、考えてみ  ソッと覗いてみ  ものかと考えてみ  それが近付いてみ  浮棧橋まで出てみ  人間的突こみをやってみ  柔軟な突こみ  彼はきいてみ  墓へいってみ  人づてに捜してみ  三人でいってみ  湖までいってみ  感想をきいてみ  ところまで歩いてみ  岸まで引っぱってみ  顔に触れてみ  104で聞いてみ  そこをとおってないから、なんとなくいってみ  びっくりしてみ  めぐり歩いてみ  ハツキにきいてみ  こんど、きいてみ  自分になってみ  私はいろいろと考えてみ  香りをかいでみ  ルートを歩いてみ  ように、なってみ  かたちで、いなくなってみ  室はどう考えてみ  どこかといって訊いてみ  しまつた様に、み  成るかと聞いてみ  ことを想ってみ  十三俵ほど播いてみ  参事官に当嵌てみ  かしばみ  野菜を作ってみ  君に思ってみ  町へ出てみ  僧に逢ってみ  私は逢ってみ  僧侶に逢ってみ  ことで言ってみ  大概してみ  真紅にして持ち上げてみ  冊子にまとめてみ  時代を振り返ってみ  盈るを悪み  様態について省みてみ  大ざっぱではあるがわけてみ  お開きになってみ  なんでしたら、訊ねてみ  俺が力んでみ  せつかく離婚してみ  窓も、開けてみ  朽葉を踏んで、歩いてみ  由子をみ  苦笑もしてみ  のですかと訊ねてみ  押へてみ  算えてみ  扉を押してみ  野々宮は呟いてみ  巳吉に一応訊きただしてみ  幾たび往復してみ  かめなほしてみ  レンズを向けてみ  やうともしてみ  数学を学んでみ  自然科学を学んでみ  行方を探しだしてと頼まれてみ  誰に頼んでみ  所を調べてみ  頭をがくがく振つてみ  野々宮を訪ねてみ  曲馬をみ  やうにすすめてみ  はじめて試みてみ  説明をきいてみ  色彩にみ  もの、光りみ  年だし、いざやりだしてみ  ぶつてみ  ざつと考へてみ  迷ひに溺れてみ  いふ風に意気込んでみ  私働いてみ  心を憎んでみ  何をとりあげてみ  ことすらもおこがましいが、かへりみ  三十面さげてみ  心を思ひだしてみ  感情とみ  木村重吉にしてみ  卓一を訪ねてみ  酒場へでも這入つてみ  いふ酒場へ這入つてみ  女なら惚れてみ  風をしてみ  もう一度日本海へ降りてみ  はしやいでみ  柄になく勇みたつてみ  闇をのぞいてみ  人々騒げどかへりみ  筆染むることなればおもふのみにて罷み  客、み  唯心のみ弱うなりてやみ  心のみ弱うなりてやみ  男と話してみ  ちよつと来てみ  部屋へ這入つてみ  辺をみ  私にみ  端れまで出てみ  波打ぎわまで出てみ  年齢を考えてみ  好きだったので、一度住んでみ  方法を講じようとしてみ  彼をなめてみ  妻にみ  彼らのみ  一握み  白眼でみ  何気なく振り返ってみ  ところへくっつけてみ  入用があって開けてみ  上へ並べてみ  胸許を嬉しく苦しく掻きみ  何になら、なってみ  そこまで考え詰めてみ  いまとを比べてみ  いまと比べてみ  手を当てて考えてみ  たか勘定しておみ  サ、やっておみ  飯を食べてみ  真打がとってみ  それを考えだしてみ  馬力を掛けてみ  物さしをあててみ  真打にして打ってみ  文楽師匠にすがってみ  圓朝は、考えてみ  了見になられてみ  間柄もトコトンのまたトコトンまでいってみ  芸人らしい装えがしてみ  それがしてみ  装りがしてみ  先方へ着けたかどうかをおもってみ  それを、いちいち真に受けて考えつづけてみ  小説は卑しみ  ぼんやり眼を見開いてみ  一つ書いてみ  物を書いてみ  英雄的に置いてみ  いつか書いてみ  いちどは書いてみ  一回全編を読んでみ  ままにしてみ  出発させてみ  出発を考え直さしてみ  区別してみ  中支に探ってみ  心にも浸み  河のたゆみ  方にあってみ  ことから考えてみ  幸福であったかも知れないと思ってみ  眼をとじて眠ろうと試みてみ  自分で吸ってみ  乳を抑えてみ  力をも想ってみ  美とみ  指を折って数えてみ  茂子をみ  人間でも甘えてみ  冬子さんからも聴いてみ  頭脳に浸み  何気なく取り上げてみ  家を訪ねてもみ  のではないかしらと疑ってみ  あなたに会ってみ  一枚一枚をめくってみ  ものをしてみ  書物にぶつかってみ  生活を振り返ってみ  人にそっと聞いてみ  平一郎に聞いてみ  古龍亭へ行ってみ  是非、会ってみ  妄想を消そうとしてみ  のではあるまいかと考えてみ  和歌子が居やしまいかしらと振り返ってみ  芝生に坐ってみ  氏は思うさま笑ってみ  老人に逆らってみ  袂へ入れてみ  お前さんを引っ張って行ってみ  氏は押してみ  由を訊ねてみ  老人をも訊ねてみ  片端から試験的に食ってみ  本は読んでみ  気持で、そう言ってみ  紀久子をみ  時話してみ  外方をみ  眼つきをみ  紀久子は尋ねてみ  母がみ  加減をみ  玉をみ  父をずっとみ  手鏡をとりあげてみ  二人をみ  須藤にまかせてみ  父をみ  動きをみ  弄つてみ  所を捜さうとつとめてみ  さうに抑へてみ  ボタンを押してみ  頭山さんに聞いてみ  神経過敏の固まりみ  石を拾ってみ  翌晩も行ってみ  恋人があったらためしてみ  一遍使やつてみ  眼差しとをみ  おろし大根とさしみ  あれこれといってみ  三十五日には、おかたみ  着物もないので、おかたみ  数をみ  小学生の叱られみ  深刻に浸み  僕はむこうみ  何気なく開いてみ  こめがみ  それは、むこうみ  馳けだしていって隠れたので、探してみ  霊に、親しく照らしてみ  神経的熱病を思いかえしてみ  慟哭を考えてみ  材料を調べてみ  わけを考えてみ  ためにいろいろとやってみ  ことばをおぼえ、使ってみ  水に映してみ  自分をふりかえってみ  個人的にいろいろ当てはめてみ  身に引きくらべてみ  自分にひきあててみ  ものでもないと信じたので、よくよく考えてみ  論法を、よく考えてみ  陳列館にも行ってみ  ことをふたたび考えてみ  向きを変えようとしてみ  ことになるかどうかをまた考えてみ  みな調べてみ  夜よ、おんみ  流れを辿ってみ  幾度電報を繰りひろげてみ  袴を出してみ  武男を悪み  あれこれとえらみ  島山と、見えみ  田崎はほえみ  時をえらみ  母は、ただしかりてやみ  心に浮かみ  宿をえらみ  これのみ愛しみ  事実探偵事件にぶつかってみ  包をひらいてみ  時刻を測ってみ  薬莢に合わせてみ  笹木邸をあたってみ  あとからやってみ  たびとなく振ってみ  話をきいてみ  上で、もすこし詳しく考えてみ  懐中時計を出してみ  車中へ入ってみ  車を尋ねてみ  自分にも抱いてみ  社会知識の芽ぶきみ  面白さがみ  ひとつの現はれであるとみ  のが当然であるとみ  学者をみ  要求の現はれであるともみ  冗談にやってみ  咽喉首へかけながら、少しばかり押えつけてみ  大声で笑い出してみ  往来まで出てみ  しかし、どんなに蹴ってみても、どなってみても、なぐってみ  内へ入りこんでみ  あれがみ  御馳走を思い浮べてみ  おばさんに頼んで行ってさえくれればすぐ来てみ  のを度々み  ネルロは拾い上げて、いろいろ探してみ  丹後風土記には、み  今一度聞いてみ  潜水夫を下してみ  監督さんに尋ねてみ  足跡を探して、調べてみ  懐中電灯をパッと照らしてみ  それから何気なくきいてみ  のかも知れないと思い返してみ  名札をあらためてみ  しろを振返ってみ  思い出を語ってみ  から、話してみ  何気なく裏木戸を押してみ  底をつついてみ  まわりを踏んでみ  何だか、本当にみ  あたし夢をみ  穴を掘り返してみ  自分に云ってみ  初め冗談を云ってみ  押入を開いてみ  房子に云ってもみ  子を抱いてみ  一つ見せてみ  少女で、もし並んでみ  包みをあけてみ  ちよつと拡げてみ  口に出してみ  板戸をあけてみ  鉄格子を揺すつてみ  文體は、注意深く見てみ  ほうまでくりだしてみ  背が高かったというかと思うと、よくおぼえていないと言ってみ  髭をはやしていると言ったり、はやしていなかったと言ってみ  博士も言っておられるので、いくらといただしてみ  何度繰り返して問うてみ  十分に疑ってみ  一度失恋してみ  山野一郎をあしらってやってみ  部屋へねころんで、み  僕も行ってみ  支配人宛に書いてみ  丸善へ出てみ  調子で書いてみ  東を連れてみ  はい、やってみ  天の神様にでも、うかがってみ  上陸してみ  一度は、の、乗ってみ  地底戦車に乗ってみ  ものをむしゃむしゃ食べてみ  眼を、ぱちぱちしてみ  そっちへ、離れてみ  軍曹どのは、やってみ  展望鏡でのぞいてみ  林檎のはだをみ  メーターをみ  だれがやってみ  深度計をみ  墜落してみ  ピストルを向けてみ  から他を当ってみ  いくつにも畳んでみ  油を振ってみ  方へでも出てみ  馬小屋を覗いてみ  小母さんと言ってみ  上へ、飛びついてみ  脚色してみ  引込みをつけてみ  雑誌を取ってみ  肉体を描いてみ  声を怪み  手掛りなるやと怪み  心に計み  それを握って廻してみたり、引いたり押したりしてみ  建物について、ぐるぐる廻ってみ  池へ行ってみ  場合だと思いながらも、考えてみ  先へ進んでみ  もう一度廻ってみ  奥へ入ってみ  誦んでみ  謎遊びを覗いてみ  ところをさがしてみ  ことは、考えてもみ  それからとっくりと考えてみ  幾度も云ってみ  あたい一度子供産んでみ  其処らを探してみ  もう少し近づいてみ  上でころがしてみ  あとへも行ってみ  上を向いていろいろとしらべてみ  音を聴いてみ  くるくるとひっくりかえしてみ  左右にねじってみ  横からのぞいてみ  下に開いてみ  手にとって撫でてみ  推理を組立ててみ  中を探ってみ  のならいってみ  下にひろげてみ  二つを合わしてみ  それが開くかどうかためしてみ  金貨の半かけみ  それを掘りだして調べてみ  比重をあたってみ  透視してみ  目をくしゃくしゃやってみ  あてずっぽうながら、いってみ  名をいってみ  手にとって調べてみ  ひとにきいてみ  ぼくらの手でさぐってみ  店からさぐってみ  天窓にしがみついてみ  男にも当ってみ  隅から隅までさがしてみ  こっちへきてみ  半ペラをみ  紙片をみ  家庭のあたたかみ  主人公になってみ  呆気にとられてみ  螺鑽をいじってみ  今更の如く、思いかえしてみ  敷衍して述べてみ  多勢で騒いでみ  生産的とみ  口笛を鳴らしてみ  ところまで出てきてみ  武士を泊めたかと訊いてみ  宿を乞いましたので、早速お泊めいたしましたが、お寝み  中身を取り出してみ  布団を見れば敷いてみ  乾児が、むこうみ  今度は、はいってみ  きゅうきゅうと、まだ紅み  人たちに選み  詳述してみ  人を遣って聞きあわしてみ  工合などを、時々覗いてみ  机をコツコツと叩いてみ  抽出しを開けてみ  肉をやって試してみ  フロレンスがみ  ざぶざぶ浴びてみ  何処にあるかと考へてみ  先でおこしてみ  反対をしてみ  ことをたずねてみ  浜辺に出てみ  イバンスはいろいろ問いただしてみ  簡略に書き直してみ  男に聞いてみ  あら筋をまねてみ  空を飛んでみ  顔で立寄ってみ  停車場とへ問い合せてみ  心に云いふくめてみ  観測を行なってみ  一つ二つ挙げてみ  知識層だけについてみ  フランス語の歴史を通じてみ  根本的に考へてみ  面白い現象がみ  猛烈に飛び上がってみ  ペラゲーヤに訊いてみ  今でもみ  頃から小説を書いてみ  両親に話してみ  嘆願してみ  足音を忍ばせて近づいてみ  天上を飛びゆくとみ  前で開けてみ  老母にしてみ  昔語りをなどと思ってみ  先輩達の見苦しく取りみ  普通であつたが、見苦しく取りみ  みちづれをみ  ストライキ一つをとってみ  空気に当ててみ  真面目にみ  景色がみ  ペラペラめくつてみ  のを直してみ  五郎がこごんでみ  とんぼがえりをうってみ  それを見てみ  真率でたゆみ  作者のたゆみ  活動をしらべてみ  頭を押えながら考えてみ  投影がみ  方向がみ  この間よみかえしてみ  小説をみ  あながち海外でのみみ  展覧会でみ  募集してみ  科学的要素を捜してみ  考え方をしてみ  露をみ  戯作を書いてみ  字と語ってみ  一生を費してみ  円通に訊いてみ  分析を試みてみ  雷をあげてみ  茶碗蒸しを食ってみ  漫才をみ  ものとはみ  反映がみ  一典型としてみ  うまい汁を吸わせてみ  全然見えませんが、なんとか歩いてみ  町へでてみ  明りに透してみ  おまえを試してみ  算木を並べてやってみ  検証してみ  仕方をやってみ  種々にやってみ  色々にやってみ  蛇が悪いか、考えてみ  なかった一事をみ  標準価値としてみ  方面でみ  げてみ  面からこれをみ  姿にもみ  本質をしらべてみ  対立がみ  知的にみ  品物について考へてみ  由来を少し述べてみ  言葉を一応考へてみ  怪物とみ  姿を突きつめて考へてみ  習慣をやりあってみ  社会史的にみ  いずれにしても、行ってみ  首をみ  から、それでよろしければお寝み  われわれはみ  子細を伺ってみ  日本海軍へ売ってみ  技師が、くわしく調べてみ  ものなら防いでみ  人に訊いてみ  先生に訊いてみ  対話について少し考へてみ  マルクス主義文学について論じてみ  もっとも実際やってみ  ちょっと比較してみ  徴してみ  問題をとりあげてみ  大体二つに分けて考へてみ  宿をたのんでみ  逢つて話してみ  直後早速書き上げてみ  時折ひらいてみ  仕方ありませんが確かめてみ  すすめがありましたので何かと考えてみ  上に浮かみ  あなた一人でお寝み  漁師らをみ  否かを、考えてみ  げにうかみ  間に狭み  表をみ  剣をみ  風景はみ  泥水に浸み  会場へ入ってみ  柳はそっと窺いてみ  賦を作ってみ  一軒一軒訊いてみ  一遍吟味してみ  文章を読み直してみ  声調は彫み  かたもがなつれなく散るをつれなくてみ  由来をたずねてみ  創意してみ  中間を辿っているとみ  花托とみ  憂目をみ  アット言わせてみ  裏庭へ行ってみ  文でみ  訳を聴きただしてみ  吟を試みてみ  上文でみ  乙媛傘と名づけてみ  苗を沢山つくってみ  その間種をつくってみ  明日ヒノキになろうといって成りかけてみ  閲覧してみ  随ふてみ  巒気が浸み  ことを教えて下さいませ、取りみ  先日判官から聞いていましたので、一応は調べてみ  一まわり致してみ  独りになって考えてみ  仕事をしみじみと眺めてみ  阿賀妻さん、行ってみ  血肉に浸み  脚で歩いてみ  遊底を動かしてみ  肩に構えてみ  弟を呼んでみ  頭をふってみ  所で験してみ  ため訊ねてみ  われらも行ってみ  清水にすすいでみ  旅あきんどながら、そう頼まれてみ  道びらきしてみ  ところで、測ってみ  川だ、聞いてみ  もう一度相談してみ  麻がみ  ここで言ってみ  人物は、よくお寝み  げにお寝み  今もってぐっすりとお寝み  皇帝におかれてはよくお寝み  方をぬすみみ  洞察してみ  それだってやってみ  相談を持ちかけてみ  陰謀ではないかと探ってみ  速記者を置いてみ  小谷さんにたずねてみ  方まで歩いてみ  文吾は後で考へてみ  心持ちを考へてみ  一片喰べてみ  一つ驚かしてやらうかと考へてみ  名を改めて呼んでみ  けんか、やらしてみ  色は許さぬぞよと威張つてみ  轉がしてみ  ことを書き現してみ  どこもみ  一度は上ってみ  縁まで歩いてみ  白シャツに摺り付けてみ  句を吐いてみ  草はみ  大騒ぎをしてみ  特状を述べてみ  嘘と思って一度味わってみ  一臠を嘗めてみ  夢にでもみ  顔を撫でてみ  私は言い出してみ  ことを打ち明けてみ  地中に葬ってみ  わたしからも話してみ  右に折れてみ  なかった人とをくらべてみ  ことを少しばかり述べてみ  足を踏みしめて、一寸つっ立ってみ  所に行ってみ  家ごとをおとずれてみ  そっちに行ってみ  階段を上ってみ  案内をこうてみ  フョールドに来てみ  面白がって、笑ってみ  ばばは、いやみ  頭を突いてみ  句に填め込んでいってみ  うつらうつらまとめてみ  下手くそに書いてみたりわざと面白くなく書いてみ  角度をかえて考えてみ  日本浪曼派と名づけてみ  どこへ逃げてみ  劇薬だったらと思ってみ  公言してみ  中に落着けず、起き上ってみ  そこをのぞいてみ  外へ追っかけて出てみ  試しに食べてみ  彼は呟いてみ  先生と呼ばれてみ  空は晴れみ曇りみ  ものを無み  自ら映しみ  味い返してみ  志を清み  連鎖を考えみ  一部を繰り返してみ  論究してみ  これを尋ねてみ  中間としてみ  部屋へいってみ  ドアーに堅く閉され、一寸、押してみ  睡眠時間を減らしてみ  それに出てみ  探りをいれてみ  澤山讀んでみ  色さえ埋み  ちょっとかえしてみ  ちよつとかへしてみ  内部にまで浸み  作曲家にてがみ  いつか小説に書いてみ  一先づとぢ上げてみ  三度と讀み返してみ  天錫をみ  ちょっとよんでみ  一本にまとめてみ  態度などにみ  当人にしてみ  兎に角生れてみ  差伸してみ  くらをしてみ  それを責めてみ  差込んでみ  足払いをかけてみ  机に向ってみ  六七頁読み進んでみ  あなたもお寝み  順一としてみ  岡部順一と並べてみ  私夢をみ  経過をみ  から、聞き合せてみ  から坐ってみ  声で笑ってみ  気がするのよ、そっと坐ってみ  順造は尋ねてみ  半身で伸び上ってみ  毎晩抱いてお寝み  一寸手をやってみ  裏庭へ行って、よく調べてみ  いつか夢にみ  もっと確かめてみ  お祖母さんに聞いてみ  九割を占めているとみ  全体的にみ  組織であるとみ  僧にはなしてみ  そいつをそっとあけてみ  たくさん逢ってみ  涙が出るかも知れないと思って、やってみ  批判をしてみ  気持とは離れて、ただ書いてみ  言葉につき当ると、泣いてみ  私も少し驚いて聴いてみ  声で唄ってみ  叫びを挙げてみ  真似して吠えてみ  ゆっくり思ってみ  こないだ辞典でしらべてみ  あれこれ味をみ  話を合せてみ  一緒に笑ってみ  路を眺めていたら、泣いてみ  振りをしてみ  振り仰いでみ  胸に書いてみ  テーマも面白く変えてみ  充実してみ  緊まって、少しだまってみ  日本人がとてみ  問題ですけれども、とてみ  言葉にふれてみ  楽しみにしてお寝み  仕事にぶつかつてみ  女とを並べてみ  石橋をたたいてみ  ものも食べてみ  きり、呆れてみ  しろを、み  懐中電灯をてらしてみ  左にまわしてみ  毛布から出て、むくむくと起きあがってみ  目をうつしてみ  震動をあたえてみ  婦人のうけみ  反映してうけみ  悲劇をみ  さをうけみ  性格がみ  更級日記をみ  女性でも、つまるところは受けみ  仕方があまり受けみ  賃銀問題についてみ  出版物をみ  たくさん描いてみ  かたに、会ってみ  興味がある、ぜひ見てみ  苦労してみ  時間に重ねてみ  スケールに載せてみ  お兄さんにうかがってみ  のか、見てみ  中原はそう言ってみ  なかから書類ばさみ  店を振り返ってみ  書類ばさみ  彼は描いてみ  それを持ってみ  ミロンガへ誘ってみ  彼女を描いてみ  友だちと、いってみ  ひとつ買ってみ  ように整えてみ  ところにどのくらい似合うか、試してみ  なかで言ってみ  あとで着てみ  どこかへ入ってみ  これだけで囲われてみ  ブックにいろいろと描いてみ  スケッチに描いてみ  そこから庭に出てみ  自分もしてみ  もう一度歩いてみ  矢野は食べてみ  僕が選んでみ  腰を降ろし、寝そべってみ  左右に大きく振ってみ  岬へいってみ  あなたを、誘ってみ  ペンに持ちかえてみ  十年ぶりにいってみ  彼はいってみ  分量にしてみ  書くことが出来るかどうか試してみ  御新造さんじゃないかと思うて、飛び出てみ  箸を持つてみ  こと考へてみ  つててみ  二つの創痕を撫でてみ  一言申し上げてみ  私が申してみ  風潮をみ  写真機を取付けてみ  材料に使ってみ  饂飩なら聞いてみ  奈良井へ泊まってみ  枝流れの、青白いつつみ  眉をみ  反応を調べてみ  チョット悪戯をしてみ  肩を揺り動かしてみ  ちょっと忍び込んでみ  顔を撫でまわしてみ  半分に、そう云ってみ  ユックリ事情を話してみ  汗を拭い拭いしてみ  ちょっと嘲笑ってみ  お前たちと話してみ  人物を掘下げてみ  アラ、乗ってみ  手廻しがのうてみ  もう一度人間を呼んでみ  もみの木をみ  はいろがみ  豚のあぶらみ  がたを見まわしてみ  試合を見てみ  精細に話してみ  夢も時々み  必要上お前を悲しませてみ  著書があれば読んでみ  株式店につとめてみ  投げやりにしてみ  顕微鏡でのぞいてみ  便をしらべてみ  声に出してみ  竿を高く上げてみ  眼に向けてみ  方をかへりみ  ことも知らぬげにみ  一遍陳列してみ  道筋を選んでみ  喝采してみ  指先を延ばしてみ  隙間を嗅いでみ  頭を下げられるだけ低く下げて頼んでみ  ばかをみ  それを拾ってみ  ぺたをギュッとつねってみ  鑑定をねがってみ  懐中から出して改めてみ  手あたり次第にひっくりかえしてみ  何処を探してみ  価値を考えてみ  私が働いてみ  身をしばられてみ  如く一緒に老いてみ  時代を考えてみ  整理してみ  勧説してみ  布を何と謂うかを尋ねてみ  団体の考えてみ  点を説いてみ  幾度となく考えてみ  実験でなりと学ばせてみ  今に考えてみ  集会に出てみ  買木綿と比べてまた一段と持ちが悪いかよいか、試してみ  事実も考えてみ  集積してみ  一つ問題にしてみ  推究してみ  五つまではすでに挙げてみ  もう少し例を集めてみ  名を聴いて飲んでみ  隠岐島に渡ってみ  提供してみ  問題が考えてみ  城から、かくれみ  胸におしつけてみ  地階へいってみ  わけをたずねてみ  一生けんめいによびおこしてみ  博士に頼んでみ  ここに取りあげてみ  なんぴとも素足をみ  燃えあがるあるみ  奇體なそれでゐてみ  手ぶくろをすつぽりとはめてみ  ものをはめてみ  ちょっとそう云って聞いてみ  個人的にみ  満洲それ自体としてみ  音は、澄んだ浸み  差異を考えてみ  君には取りみ  待ちうけていて出てみ  静葉さんにたずねてみ  一念を入れてみ  現代風俗を描いてみ  場合になってみ  君まさずともみ  皇孫即すめみ  君が、すめみ  ひのきはみ  妹を、うら若み  妹をうらわかみ  そつと撫でてみ  たまに関して話してみ  平凡に考へてみ  もう少し書かせてみ  このごろは、書いてみ  好きならやってみ  何だかそれがいじってみ  何度も撫でてみ  それをそっと撫でてみ  窓際まで歩いて行ってみ  除去してみ  ライオンスに訊いてみ  金釘流に書いてみ  底を掘り下げてみ  今、読み返してみ  目次をみ  原子バクダンなど考へてもみ  二人に逢ってみ  彼女は黙つてみ  事務所員総出で調べてみ  会つて話してみ  青年たちに話してみ  石屋さんなんかをみ  それは考へてもみ  合つてみ  今夜は疲れてらつしやるみ  さへてみ  口を利いてみ  木管を掘り出してみ  つて考へてみ  ちよつとみ  そつと押し、開かぬとみ  もう少し丁寧にしらべてみ  湧き水ぢや、ちつとばかり掘つてみ  ことを、よく聴いてみ  それや早速調べさせてみ  胸算用をいたしてみ  やうに勧めてみ  ひとつ研究してみ  役を演じてみ  眼をもつてみ  宣伝文案をこさへてみ  前例をみ  よっぱらいをみ  種々研究してみ  ところはまだ調べてもみ  君は、ためしてみ  星空にむかつて訊ねてみ  僕はもつと探してみ  それを弾きながら歩いてみ  四方八方はいでみ  眼で調べてみ  全力を出してみ  力をこめて上げようとしてみ  それから窓枠を上げようとしてみ  一所懸命にやってみ  それを押してみ  丹念に調べてみ  弾機が見つかったので、押してみ  穴へ注意深くはめてみ  三インチ上げてみ  みんな、同時に、あててみ  もう一度やってみ  とおりにやってみ  章を読んでみ  全部引用してみ  足を止めて、きいてみ  ちょっと締めてみ  刑部はまたからかってみ  星空にむかって訊ねてみ  世界に行ってみ  歯で喰い欠いてみ  八月二日みみ  ところが上ってみ  だんだんそばへよってみ  時分には、かくれみ  耳斬りてみ  あらむ鏡とり能ふかぎりのさまざまの顔をしてみ  時なみだなみ  むるごとき恋してみ  讃めてみ  かりかりと噛みてみ  息きれるまで駆け出してみ  一日寝てみ  心にもなりてみ  物言ひてみ  またたび夢にみ  数へみ  口笛かすかに吹きてみ  かな鏡とり能ふかぎりのさまざまの顔をしてみ  先晩、調べてみ  脳に浸み  ことがないのでそう言って聞いてみ  海面を捜してみ  皮肉も云ってみ  木斛、かくれみ  秋でも越してみ  聲に出していつてみ  鼻をこすってみ  はつきりわけて考へてみ  的にみ  ひとつ腹を割つて訊いてみ  論議してみ  手ぶらで、おつぽり出してみ  ツェねずみとつきあってみ  中お寝み  血が浸み  間に、浮かみ  お姉様、お寝み  大邸宅が浮かみ  右へ捻じってみ  一度たしかめてみ  何度食ってみ  内服してみ  虚空に、浸み  容態を篤とみ  病気をみ  辻番附をみ  放逐をみ  刺青をみ  かくも彫ってみ  晴間をみ  大金をみ  内を覗いてみ  竊と行ってみ  神明へ行って訊いてみ  しろを素早く覗いてみ  耳をつけてみ  焼け跡に行ってみ  どこにはいってみ  からだをしらべてみ  ものはありはしないかと、さがしてみ  お酒で、よくあらってみ  うちを捜してみ  着物が出て来たので、何かと訊いてみ  目を醒まして明けてみ  シルクハットをかぶってみ  言ひ聞かせてみ  いちど苦しんでみ  一つ飲んでみ  大半をまた読み直してみ  一周してみ  ばつてみ  越野さん、と呼んでみ  行つてまごまごしてみ  豆腐を摘まみ  戲曲を書いてみ  戲曲集を持ち出して讀んでみ  目どろみ  背伸をしてみ  腕をまくってみ  足袋をぬいでみ  風に吹かしてみ  ジャンケンで占ってみ  何かで占ってみ  番号をみ  占いをしてみ  肩を圧しつけたり、揉んだりしてみ  ちょっとそこで着てみ  仕事に少し親み  展開してみ  パン食にして続けてみ  平均して、よく浸み  根本について話してみ  はつさんに訊ねてみ  我はみ  星をみ  方からいやみ  傍に行ってみ  砂中から掘りだしてみ  内部を調べてみ  外から覗いてみ  湯島でみ  蛇などをみ  立體的にみ  燒いてみ  幅を掛けてみ  臺だけみ  ニーチェ流に叫んでみ  民族的研究を施してみ  これについてはまず考えてみ  徒ではなかろうかとも考えてみ  晋さんもこそぼってみ  独立してみ  手あててみ  内診してみ  却って擽ってみ  貞子に尋ねてみ  めがねをかけてみ  字などを読んでみ  葉かげでたのしいゆめをみ  一日歩いて骨折ってみ  限定してみ  ところまだつきつめて考へてみ  事情を考へてみ  歴史をふり返つてみ  横めでみ  一人二人入れてみ  樹木一本較べてみ  草花一茎眺めてみ  ぐひの透かしみ  意志を聞いてみ  口を嗅いでみ  禅門に入ってみ  火を点じてみ  畳を弾いてみ  海上で送つてみ  島に住んでみ  板の間へ降りてみ  浦まで出てみ  点に聊か触れてみ  ひとに尋ねてみ  酒は無いかと聞いてみ  名前を挙げてみ  あちこちうろついて頼んでみ  ひとつ飲んでみ  高円寺へ行ってみ  あかとらが、み  のぼり、み  玄関先へ出てみ  薬局ん中でみ  一わたり歩いてみ  障子を引きあけてみ  二三度手を敲いてみ  慾ばかりでだましたのでみ  記録をめくってみ  心臓を掴もうと努めてみ  発見しようと考えてみ  時またいじくってみ  遠くからキッコをちらっとみ  胸にあててみ  はしに浸み  馬賊が気がついてみ  肩を揉んでもらいながら聞いてみ  指先でこすってみ  曲線を捜し出してみ  空想に耽ってみ  条件を考えてみ  意味を求めてみ  両手を遣ってみ  夕方に握ってみ  父さまにもこっそりと黙って行ってみ  何んだか言ってみ  あとを考えてみ  おかみさんにいってみ  要吉はそうも考えてみ  要吉が大きくなってみ  横に起してみ  総会に出てみ  上に被せてみ  ものを拵えてみ  屋台店に行ってみ  草してみ  問題を多少考えてみ  議会その他政治界をみ  命令してみ  目をあけてみ  今もなおみ  気あたりがしてたずねてみ  文学三昧に戻ってみ  浮気をしてみ  泣き顔をみ  収入を、纏めてみ  桂子をみ  よそを聞いてみ  さつき鏡台のまへで初めてみ  宏が一目み  ものかとも考へてみ  夏を覗いてみ  娘と呼んでみ  階下に下りてみ  釣り歩いてみ  医者がみ  意地をはってみ  原始時代のものとみ  半々にみ  一つは、み  以前には、み  出雲では、み  由来として、み  条があり、実際にも、み  つて行つて、み  禊ぎに、み  名のみ  ほど、み  地名は、み  つたのは、更に略したみ  入部と書いてみ  丹生神とみ  入のみ  此ひぬまも、み  文献に出たみ  義のわかみ  神部は、み  二三をとり出すと、おしほみ  人を選み  死んだふりなどしてみ  上からこちらをみ  二方面から考えてみ  こちら岸に、大きくなって立っているみ  神賀詞にもはいっていって、み  のは、さらに略したみ  寿詞にも、そうしたみ  まま繰返され、み  貞さんとして考へてもみ  改善が欲しいと考えてみ  道へ入ってみ  ごまかしてみ  あたりを振返ってみ  木を見てみ  指先で触ってみ  窓からぼんやり外を眺めてみ  母に尋ねてみ  頭を向け変えてみ  敢て尋ねてみ  おのれのよしとみ  アパートへ行ってみ  一軒ずつ当ってみ  一軒当ってみ  ことを、再びきいてみ  小沢はそうきいてみ  掏ってみ  裏返しにまでしてみ  伊部さんにきいてみ  刺青を入れてみ  咄嗟に考えてみ  今直ぐしてみ  から遠慮なく言ってみ  豹吉は向うみ  取締り方一つくらべてみ  刑事を、あっと言わせてみ  旅今ここにかへりみ  口語と比べてみ  底に行ってみ  それでみ  実を割ってみ  ちょっと手を触ってみ  鐘楼へ上ってみ  人為的にみ  現実に即してみ  私は数えてみ  ちょっと惹きつけられてみ  一足遅れて帰ってみ  ひとりで歩いてみ  これかと思い浮べてみ  娘はないかと思ってみ  豊にしっかり言って聞かせてみ  話をいたしてみ  ものか、ろくにわからずに申すかと存じまして、いろいろ聞いてみ  弟にも話してみ  人木像に彫み  経過したすぐ後で考えてみ  これは、深く考えてみ  足踏をしてみ  のかを考へてみ  つた、かへりみ  蚊帳なしで寝てみ  もう一度読みなほしてみ  代議士になってみ  相違ないが振り向いてもみ  首を挙げてみ  から、来てみ  みずから時計を出してみ  みんな腹を割ってみ  なんかと納まってみ  閑山、しかってみ  小首をひねったが、考えるよりは行ってみ  はり紙がこう古くなるまでにあ、どうみ  ほうからきいてみ  内からあけてみ  機転に叫んではみ  ぞろぞろ行ってみ  師匠はお眠み  もう少し洗ってみ  糺問してみ  単身ふんばってみ  のを待っていろいろきいてみ  跡をたどってみ  里好にきいてみ  通りがかりに、寄ってみ  手を貸して押してみ  所を聞いてみ  警告を与えてみ  ゑにみてりいのちのみをそのにまきてみ  ときむさぼりくふかみ  選択にうけみ  沈黙とうけみ  ぢこめてみ  千世がみ  ネー千代がみ  もう少し考えてみ  お酒も頂いたし、ではひと寝み  ものと考えてみ  凝結心理をみ  今どき棉を植えてみ  前に浮ばせてみ  あなたに伺ってみ  閲歴がしてみ  一番注意してみ  から戻ってみ  のマドレエヌに逢ってみ  しゃる通りにいたしてみ  非常に悪み  あたりに浸み  卜占をみ  一つ一つについて考えてみ  二三行目を通してみ  自分から云ってみ  もっと深く酔って行ってみ  処から遠く眺めてみ  土地から一歩も離れてみ  力まかせに投げてみ  ちょっと起きあがってみ  方へでも行ってみ  辺をぶらぶら歩いてみ  私は這入ってみ  あっちこっちめくってみ  海がみ  友達を尋ねてみ  あっちこっち歩いてみ  舌に浸み  私は行ってみ  潮干狩りとシャレてみ  出でしを怪み  今日読み返してみ  しかし、それでもいいからと云われるので、ではともかくもなるべくよく読み返してみ  ゑとほらぬを数へてみ  ちよつと覗いてみ  道を探してみ  限りに呼び立ててみ  物吝み  光井がよくみ  あちこち一と通りみ  口髭に触つてみ  ところのものを一目み  一つ食つてみ  突つこみ  思つてもみ  布でも被せてみ  薬を取寄せてみ  僕はまた云ってみ  小便をしてみ  友人を誘ってみ  麓まで行ってみ  僕は少し苛立たしくなって尋ねてみ  宿へ帰るにはどう行ったらよいかと尋ねてみ  転倒がみ  トラさん、話してみ  道理もなく、考えてみ  かば、怪み  安心して訊いてみ  一本気をも想ってみ  美味を与えてみ  行動してみ  料理をつくってみ  長年やってみ  呪術もしてみ  静かにお寝み  抵抗はしてみ  境遇に対して受けみ  軽蔑すると言ってみ  足もとを照らしてみ  それをのべてみ  そうに振りみ  話を思いだしてみ  人間は、どううぬぼれてみ  相をうつしてみ  自分を押しつめてみ  硝子窓から外を覗いてみ  方から口説いてみ  上で仰ぎみ  なんにもならねえが聞いてみ  あっちこっち探してみ  夜中彼女は待ってみ  ように探してみ  胸へしがみ  力まかせに引いてみ  手探りに探ってみ  戸に触れてみ  刀を突き出してみ  階段口へ行ってみ  板にしがみ  さまもなみ  身體に浸み  つて訊いてみ  服海をみ  わたしは、どうかしていってみ  伊勢屋へ戻ってみ  ことだろうと思って、考えてみ  用心を一方に持ちながら訊いてみ  木を枯らしてみ  紙入を出してみ  一人を見つけて訊いてみ  生意気だから枯らしてみ  私生活なども書いてみ  こともあれば、み  のか見にいってみ  たくさん夢をみ  兩手で揉んでみ  小前がみ  嬢さんもみ  チョイとおもてをのぞいてみ  櫛巻きにしてみ  ところを少しみ  なかで比べてみ  話を変え、きいてみ  男にきいてみ  わきへ呼んで、きいてみ  名前だけをたずねてみ  あいだを取りもってやろうと思ったので、突然、たずねてみ  保証をいろいろと考えてみ  力に比べてみ  ためしにいってみ  当てずっぽうにいってみ  失望を考えてもみ  の子にきいてみ  マッチをつけてみ  のぞき孔を探ってみ  好奇心からためしてみ  彼はすぐたずねてみ  こともいってみ  場合をためしてみようとして、こういってみ  ハンスがいくら考えてみ  あなたは疑ってもみ  有様を思ってみ  目もくれずに、たずねてみ  うまい言葉を探してみ  わたしたちはたずねてみ  話を集めたり、比べてみ  それから紳士荘へいってみ  しかし、いくら考えてみ  くんくん嗅いでみ  しなやかさをためしてみ  三度置き換えようとやってみ  実行しようとしてやってみ  ひとつ正気を取りもどしてみ  眠るようにやってみ  様子をうかがってみ  楽にしようとしてみ  コーヒーを味わってみ  垣から庭をのぞいてみ  使者をやって、よく聞きただしてみ  費用を数えてみ  実地に当たってみ  助役を訪ねてみ  雑誌をひるがえしてみ  学校に行ってみ  可愛い子に読ませてみ  懇意だから、頼んでみ  試験に応じてみ  わけではない、ぶつかってみ  同僚とをくらべてみ  中学校に行ってみ  ボールを投げてみ  弥勒街道とをくらべてみ  それにくらべて考えてみ  鐘をカンカンと鳴らしてみ  計画がしてみ  譜を合わせてみ  譜をつけてひいてもみ  林さん、行ってみ  溝を考えてみ  運命に引きくらべてみ  計画がたつだろうと言ってみ  一節を写してみ  細かに引きくらべて考えてみ  一つりっぱにつくってみ  まじめに書いてみ  律語に書き直してみ  封筒に入れてみ  うち一度は行ってみ  加減して試みてみ  閑をみ  夜は寒み  絵付録日記を出してみ  オルガンを鳴らしてみ  時味わってみ  昔一度行ってみ  林さん、まだ行ってみ  一度出かけてみ  人々にくらべて考えてみ  ライフをも描いてみ  爺の掘切にも行ってみ  状態を叱してもみ  のをののしってみ  渡しを渡って帰ろうかとも思ってみ  財布をふと開けてみ  ついでにわざわざ寄ってみ  いるかをさぐってみ  みずから口に出して言ってみ  清三が寄ってみ  紅梅をえがいてみ  検定を受けてみ  羽生に出かけて行ってみ  いばら、つきみ  ついでに寄ってみ  授業を始めてみ  一ついっしょに出かけてみ  一つ頼んでみ  二階にまたすわってみ  一つ運動してみ  按摩を頼んでもませてみ  教室にはいってみ  尋常も聞いてみ  穴をのぞいてみ  荻生さんものぞいてみ  後に行ってみ  松原あたりは、実際行ってみ  幾万艘をみ  一つずつ持ち上げてみ  今日これから、伺ってみ  宅へ伺ってみ  身を処してみ  一ひねりしてみ  間の手ずさみ  誰だか当ててみ  脈を数えてみ  貴君も行ってみ  一しょに行ってみ  気をつけてやってみ  舞台に出てみ  為替をしらべてみ  部屋を出たが、歩いてみ  後で、相当考えてみ  書付を開けてみ  裏庭に着いてみ  野鴨達は起きてみ  鼻を突っ込んでみ  摶ってみ  なかった厚仕上げをやってみ  煮物をしてみ  批評を書いてみ  内省してみ  画があるかと思ってみ  例を捜してみ  頭をかしげてみ  昨夜眼がさめてみ  スミぬられたみ  今さらいくら思い返してみ  結局数えてみ  上にぶちまけて並べてみ  吝嗇臭いぞと思ってみ  小僧にきいてみ  マチスを並べてみ  害悪を取上げてみ  サシてみ  穴から覗いてみ  二階からそっとのぞいてみ  手をかけて、みりみ  ぐあいで、行ったり来たりぽかっと無くなってみ  羽をみ  暦をみ  齲ばみ  ぽかつと無くなつてみ  かゆいところを掻いてみ  くし目を入れてみ  頭になってみ  袋を破ってみ  島めぐりをしてみ  チョット這入ってみ  記憶しているだけ書いてみ  抄録してみ  いかほどふん張ってみ  川をみ  ひきだしをあけてみ  疑いをほのめかしてみ  反対してみ  力任せにあけてみ  点を突いてみ  捜索願を出してみてはどうかと勧めてみ  しんから甘えてみ  足許をみ  千円に替へてみ  人間の顔をみ  ちやの紙へてがみ  それをじつとみ  つてかいでみ  店をみ  店もみ  きらうかとみ  時間にいってみ  方を訪れてみ  ひろひ讀んでみ  想ひ出してみ  大東京などと、いかに威張ってみ  句切りを測ってみ  肢体に浸み  どこをのぞいてみ  捨鉢に考えてみ  熱ばみ  しかし、どう焦ってみ  いたずらにふかしてみ  塗料会社まで、行ってみ  下をのぞいてみ  私にしがみ  謎をかけて確かめてみ  そこへ行って探ってみ  ゆうべお寝み  おのれを卑しみ  空気に触れてみ  広告文をみ  猫を擽ってみ  あちこち擽ってみ  ちょっと煙草をふかしてみ  ちょっと高木君をもてあそんでみ  小説でみ  解つてみ  筆記帳をみ  途方にくれて考へてみ  白墨をこすりつけてみ  永代橋さ戻ってみ  眼鏡屋を訪れてみ  彼はすかしてみ  さを測ってみ  二三羽飼つてみ  代りに殺してみ  馳け付けてみ  私から話してみ  二人に尋ねてみ  逢びきに来てみ  私はまだ入ってみ  半面を発いてみ  噂を持ち出してみ  一つ尋いてみ  手で強く払って歩き出してみ  身辺に附いて来る、走ってみ  一生懸命に走ってみ  宿屋で寝ながら考えてみ  愛情に就いても言ってみ  大声で読んでみ  自分で実際やってみ  前から行ってみ  ついでに立ち寄ってみ  伊香刀美が振り返ってみ  考究してみ  手に触ってみ  谷口博士にみ  一月もゐてみ  二十日程も降りみ降らずみ  この間、み  奥様もみ  音ずれてみ  家へ行き、訊ねてみ  事にしたが、いってみ  ゆっくりどこかで会ってみ  柵について歩いてみ  姿を一目み  此手がみ  正直に言ってみ  バ、ふしみ  二面鏡にとらえてみ  いつか一度は書いてみ  折には、甦えらせてみ  足下をみ  若い女にみ  女学生などにみ  パラソルをみ  風景も、永くはみ  三吉はどなってみ  一とめみ  浪花ぶし語りみ  東京へ出てみ  三吉がみ  あいてをみ  口とが、すこしらくにみ  口もとをみ  雑誌をひろげてみ  あなたを担いでみ  手で触ってみ  腹をたててみ  肉屋に聞いてみ  そうだなと感じ出したら、どうしても食ってみ  其賢大夫のおらぬをうれたみ  手がみ  鉄城に学んでみ  絵付けをさせてみ  試みに考えてみ  私が怒つてみ  とびひとりをいやしみ  一生けん命そこらをさがしたり考えたりしてみ  こともきいてみ  ちょっとそれを撫でてみ  中を歩きまわってみ  ものが書いてみ  熱心に立ててみ  二十分ばかりねばってみ  それを嗅いでみ  空の下で、読んでみ  東大寺をみ  構想を立ててみ  努力を試みてみ  何処かへ出かけてみ  古代びとの物静かな生活を蘇らせてみ  物語にして描いてみ  二つ三つ歩いてきてみ  ぼんやり歩いてみ  どちらに向って歩いてみ  内面的に考えてみ  いま往ってみ  岩根さくみ  なかを捜してみ  行程を続けてみ  君にそう言ってみ  うえを歩いてみ  其処には、そう言われてみ  うえに載せたりしてみ  風景を見まわしてみ  何んとなく歩いてみ  幌を少しもち上げてみ  仕事ぶりをしてみ  花ざかりをみ  攻究してみ  何でも食べてみ  ます驛長さん空をみ  ある時死について訊ねてみ  老人とを並べて考えてみ  人でなければみ  大局的にみ  他殺とみ  幻覚をみ  努力だけはしてみ  金にあかして頼んでみ  自分で話しかけてみ  オランダ人に訊きただしてみ  書込みを合せてみ  ことであるし、よしんば逃げてみ  教を説いてみ  一身をかへりみ  死をかへりみ  もう一度試してみ  腰を上げてみ  気がかりだったので訊いてみ  過去を尋ねてみ  力を入れてゆすぶってみ  枝を揺ってみ  一度も探ってみ  首をもち上げてみ  どこから来るか、考えてみ  事をしるしてみ  例としてみ  反すうしてみ  収録してみ  作品三つを集めてみ  たか、讀んでみ  堤防にたどりついてみ  なんだァ、あんなばかみ  大砲をうってみ  病気を軽くみ  私は呼びとめてみ  馳け出してみ  つて歩いてみ  葢をあけてみ  如実に表わしてみ  ものをやってみ  奥様役もかたみ  鼻につけて嗅いでみ  二人して、訪ねて行ってみ  婆もつい染まったとみ  大地をのぞいてみ  前を通りながら、開けてみ  肌着にまで浸み  それくらい怒ってみ  一晩、考えてみ  一ぺん生きてみ  完成してみ  そこらを検めてみ  あしたになったらそれとなく探ってみ  龍をみ  原因を考えてみ  誰も使ってみ  余り見慣れているので、またかと思いますが、しかしよく考えてみ  前者を卑しみ  どれから先にしてよいかわからずに、しばらく考えてみ  山へひらみ  赭ちやけた砂山と、ひらみ  舌端に載せてみ  幹部に問うてみ  値段をきいてみ  鯨料理屋へ行って食べてみ  入れ札をしてみ  人間を考えてみ  お前読み上げてみ  瀬川ながれを早み  処から皮粕を入れてみ  一節を読み直してみ  わが国にはみ  いるかと云えば、決してそうではなく、み  知的粉飾とさえみ  面から考えてみ  いくら自分を省みてみ  説明を少し詳しくしてみ  家に還ってみ  試みに尋ねてみ  響がして、驚いて出てみ  警察で尋ねてみ  実験をならべてみ  話を集めてみ  いくつかをみ  期間捜してみ  変化だとみ  左右をみ  大変だから、早く還ってくれといったが、出逢ってみ  私が集めてみ  点だけを考えてみ  社会にまでも、浸み  名前が始まったかを考えてみ  山神悪み  猟師之を怪み  開拓史をみ  注意をしてみ  言い伝えとはみ  問題についても少々考えてみ  事があってもかまえて開けてみ  床石をやっと持ち上げてみ  者はないかとたずねてみ  なまずをみ  行為について一層深く考えてみ  それから温泉地としてみ  手でやってみ  中でもみ  だれが死んだかたずねてみ  それでいろいろ考えてみ  シモン王は、いろいろたずねてみ  想定であったとみ  經驗に基づいて、少し述べてみ  それを疑つてみ  限界を考へてみ  一つ使わせてみ  死なば、かたみ  あれこれと考へてみ  襖をあけてみ  砂濱へ出てみ  ころものすそをかるく吹いたりなどしてみ  眼をぬすみみ  山を歩いてみ  家事をみ  一日いてみ  乗り物にのっかってみ  タイヤをたたいてみ  程度から考えてみ  性質から考えてみ  内偵してみ  広言するならば、聞いてみ  わたしも出かけてみ  政権をとらせてみ  ものを選み  想像して訊いてみ  同棲してみ  家が怪しいと思って探らせてみ  朝を書いてみ  年月をかけて考えてみ  胸に画いてみ  あれこれ、推し測ってみ  みんな飲んでみ  形跡を尋ねてみ  のを以てみ  大声シッタしてみ  私はかうも考へてみ  病気になって飲んでみ  ことを思い浮かべてみ  何度転んでみ  一刻も早く逢ってみ  もう一度呼んでみ  体をくっつけてみ  邪魔してみ  それはお訊ねしてみ  もっと直吉にいろいろ訊いてみ  隣近所にも無論たずねてみ  あたりを探ってみ  帰宅してみ  杜にかくれてみ  次郎にもきいてみ  どちらがみ  めだか、よく考えてみ  手のひらでそっとなでてみ  影を覗いてみ  ものに触ってみ  彼はやさしくたずねてみ  俊三にも、よくきいてみ  べつべつにきいてみ  そこをうまく畳みかけてきいてみ  中身を覗いてみ  始末に終えないとみ  もっとはしゃいでみ  ことを思い出して、そのありかを探してみ  僕だって一人でやってみ  心を疑ってみ  そのまま自分も真似てみ  小僧に仕立ててみ  ことなど考えてみ  味方がしてみ  本気で考えてみ  それ以上、強いて訊ねてみ  当分預かってみ  手伝いをしてみ  役目かな、と考えてみ  方をのぞいてみ  ような、それでいて早く行ってみ  顔を触ってみ  竜一に会ってみ  一寸でも出てみ  栓をぬいてみ  老人甲斐もなく、取りみ  本が書いてみ  原稿を読みかえしてみ  リュウインを下げてみ  ヤッツケてみ  夢、み  それを呼び出してみ  滅さしてみ  さを考えてみ  包を開いてみ  反抗的に、そう考えてみ  メロンを食べてみ  それはもう焼かれてみ  ものだと今になって思いみ  ことだろうと思いみ  手あたり次第に掻き廻してみ  粘土を捏ねてみ  道場を歩いてみ  裏を返してみ  主人ともなってみ  女性にも触れてみ  偉大さを少しも考えてみ  石舟斎宗厳と会ってみ  頭巾がよかろうと思って縫ってみ  女子供とみれば甘くみ  あたし乗ってみ  あとから鎖につかまって乗りだしてみ  それを考へてみ  訓練がみ  友だちにあってみ  のかと思って入ってきてみ  頭に上げて触れてみ  あっちこっちとしきりに触ってみ  三度あとをつけてみ  手に、握ってみ  不審がって、そっと問いただしてみ  から、添ってみ  ここを覗いてみ  口をつけて呼んでみ  声高なりしを怪み  たいような、抱いてみ  何を測るなどといってみ  ことなどはまるで考えてみ  近くへよせてみ  手紙をだして、読み直してみ  どっちがいいかと聞いてみ  友人に訊ねてみ  畳一枚にならべ得られるかどうかについて試してみ  からではないかと言ってみ  方向を測ってみ  船を撃ってみ  一発弾丸をおくってみ  弾丸のあるだけ撃ってみ  無電室へはいってみ  私がどなってみ  ものだろうとたずねてみ  耳をあててみ  棒切れをさしこんだりしてみ  床をお取らせになって、お睡み  値を聞いてみ  二つ前に並べてみ  はじめて商売を手がけてみ  肝胆を砕いてみ  籠つて眼を休ませてみ  貰つたのだが、讀んでみ  上にひろげ、摘まみ  世界へ出てみ  上へと浮かんでみ  詞を悪み  ことは考えてもみ  所まででも、行くだけ行ってみ  幾度考えてみ  ようにいっそうふざけてもみ  種々に尋ねてみ  モダンチャンバラ劇をみ  中を改めてみ  庭にとびだしてみ  いまこうしてさがしてみ  一は、はがみ  山にのぼってみ  中から棒きれでそっとだしてみ  テントへいってみ  海岸へでてしらべてみ  手をかざしてさがしてみ  さにはがみ  うごかしてみ  軍艦旗をみ  まま父親をみ  ちょっと不安を覚えたので、訊ねてみ  屍体に近づいて調べてみ  上へ拡げてみ  裏梯子をかけてみ  天井板を押しのけて上ってみ  ひとつひとつ探してみ  片っ端から開いてみ  三和土を覗いてみ  下をぞろりと撫でてみ  所在箇所に近寄って色々と調べてみ  天井裏に上ってみ  梯子を昇って行ってみ  捜査してみ  巻をしらべてみ  愚痴をもらしてみ  人達は考えてみ  あちらこちら見廻してみ  眼とみ  まともにみ  製作を考えてみ  四人もの男から値ぶみ  悪夢をみ  武者修行風呂敷をそっと触ってみ  目録をみ  縁板がみ  囲いへ行って訊いてみ  無礼をしてみ  もっと喜ばせてみ  態をみ  美少年へ、話しかけてみ  道場を訪れてみ  吉岡清十郎と立合ってみたいと存じていますが、まだ訪ねてみ  後悔ならしてみ  当て推量にいってみ  究明してみ  優越を示してみ  旅籠から問いあわせてみ  ようにピチピチと動かしてみ  通は、そう糺してみ  大小を下ろしてみ  者はないかと訊いてみ  道でいろいろと考えてみ  浜に甘えてみ  それは、行ってみ  中でくりかえしてみ  父に買ってもらうとしたらどうだろう、とも考えてみ  めちゃくちゃにひっくりかえしてみ  顔を思いうかべてみ  剣道で仕込んでみ  稽古がしてみ  相手をしてみ  それをすすめてみ  ことを思いうかべてみ  気味になりながら、更にやり直してみ  もう一度計算してみ  考えを訊いてみ  意見を訊いてみ  一冊を引き出してみ  もっと近づいてみ  両方から押しよせてみ  んだろう、と考えてみ  松は、どんなに力んでみ  生徒にやらしてみ  本田を取調べてみ  校庭に出てみ  校門を出てみ  君があばれてみ  字数を数えてみ  気持を話してみ  ここまで追っかけて来てみ  道をとおってみ  自分たちをみ  頭ながらも、考えてみ  ちょっと言ってみ  ちょっとお祖母さんにおたずねしてみ  波を漂わしてみ  方を、じろりと見廻してみ  それでよいかどうか、考えてみ  頬を膨らしてみ  腹を撫でてみ  人に話してみ  プランを画いてみ  私の考えてみ  トランシットを測ってみ  む路遠み  花はいなみ  沖遠み  こと畏み  春早み  羽扇綸巾膚寒み  不思議に思って詳しく訊いてみ  弥次ってみ  一人一人注意してみ  ことを、訊ねてみ  食料品を考えてみ  もう一度思い出してみ  兵員を集めて聞いてみ  艦長によばれていってみ  川上機関大尉私室へいってみ  双眼鏡を向けてみ  品物をみ  海上につくってみ  艦長、お寝み  電文も読んでみ  瓶をみ  うち一発は、すぐ取出せましたので改めてみ  望遠鏡でみ  哨戒圏内に入ったとみ  息をはいてみ  メートルをみ  今夜はもうお寝み  細目にひらいてみ  方を窺ってみ  幾つかもじってみ  ように思われたので、はっと驚いて振り向いてみ  質ねさえしてみ  一人でに笑ってみ  田中に会って訊いてみ  酒でも嘗めてみ  考古学的にみ  それから人類学的にみ  アントロポロジー的にみ  アントロポロギー的にみ  フィロロギー的にみ  二つの指で挟んでみ  言を実際に試してみ  腕なみになったか、いずれみ  居合す者たちに訊いてみ  のが、覗いてみ  木を刈ってみ  客に会ってみ  切り拓いてみ  参与してみ  政治を布いてみ  台所から首を出して、呼んでみ  うちも覗いてみ  客間をのぞいてみ  立ち向ってみ  酒を飲んでみ  老百姓に聞いてみ  秩父へ行ってみ  なかで数えてみ  役僧がどういうか、聞いてみ  指を透かしてみ  匂ひを嗅いでみ  點けてみ  尻を撫でてみ  ゆつくり考へてみ  詮議立てしてみ  僕、行ってみ  皮肉を言ってみ  恭一をゆすぶってみ  筑水下りをやってみ  それは訊いてみ  ことを、よく考えてみ  ただ十分考えてだけはみ  宝鏡先生にあやまってしまうか、とも考えてみ  大沢さんにも話してみ  朝倉先生を訪ねてみ  賀にも話してみ  から、きいてみ  好意に甘えてみ  事情をきいてみ  とおり駅に出てみ  お土産話をしてみ  仙吉にたずねてみ  朝倉先生に話してみ  何か書付けみ  鈴を鳴らしてみ  それを問いただしてみ  お座敷に出てみ  ことをとやかく言ってみ  彼は、一応そうも思ってみ  自分が、み  手でしめくくりをつけてみ  さっき父を疑ってみ  もっと語りあってみ  んだ、と強いて考えてみ  のか、たずねてみ  今さら痩我慢を出してみ  賛成されるか、訊ねてみ  どちらがいいか、とたずねてみ  ちょっと胸に押しあててみ  詩を書いてみ  養蚕もやってみ  仂いてみ  もっと深く考えてみ  運命を呪ってみ  ところを素早く選み  何度も頼んでみ  ひとつ、あたってみ  さきざきを考えてみ  戸口を敲いてみ  東海道を始めてみ  身の上を想ってみ  久し振りに行ってみ  夾さみ  随筆を書いてみ  ものを初めて書いてみ  年代順に載せてみ  人々皆で読んでみ  牛をみ  うたのそそりのかつ遠み、かつ近み  停車つた汽車が蒼み  まにまにじだらくにみ  合理的解釈を下してみ  宣伝してみ  説が現われてみ  野心を起してみ  往ッて尋ねてみ  訪問てみ  云ッてみ  いろいろに紛れようとしてみ  待ッてみ  暫らく待ッていてみ  待ッていてみ  上りてはみ  矯げてみ  持ッてみ  繹ねてみ  贔負眼にみ  当人に聞いてみ  いびつに坐りてみ  危坐ッてみ  恐喝してみ  作ッてみ  戯ばみ  首にしがみ  室へお寝み  巡査にきいてみ  私の調べてみ  いつかもう少し立ち入って考えてみ  画をかいてみ  思いで書いてみ  庭に来てみ  木を見くらべて調べてみ  獣を撲ってみ  馬鹿者となってみ  位牌を預け、かたみ  述懐してみ  天皇の大み  耳にして、会ってみたいと、探してみ  者として育ててみ  竹を伐ってみ  肉体を苦しめてみ  ように、頼んでみ  禅門をさがし歩いてみ  調査いたしてみ  赦ちくゐみ  宮を伏しをがみ  記憶に、相当浸み  頭には浸み  為もありとみ  海の底を歩いてゐるから、いつてみ  敷衍してみ  本書をみ  側からこれをみ  ことなどについては、夢にも考えてみ  いるかを、よく考えてみ  いるかをも深く考えてみ  目をもってみ  これを考えてみ  宣伝するにあったとみ  ことからこれをみ  事情をよく考えてみ  比喩について考えてみ  賤しきをみ  幹にしがみ  馳け出して来てふんふん嗅いでみ  いつかゆっくり、骨折って書いてみ  風景に託して書いてみ  情熱に尋ねてみ  我慢を装ってみ  アルバムを繰ってみ  ポオズをつけてみ  ちょッとからかってみ  ハカリにかかってみ  から、考えてみ  墓参に行ってみ  中等席へ上ってみ  勉強をみ  地面を掘ってみ  模型でも、つくってみ  地下へもぐってみ  計算をやってみ  絵本でみ  方をこわごわみ  ところなどをみ  機械をつくってみ  たくさんやってみ  地下戦車をこしらえてみ  そばに立ってみ  うえへいってみ  どんどんここを掘ってみ  そこに描いてみ  蓋を開いてみ  操縦してみ  目からこれをみ  先祖を尋ねてみ  過去を洗ってみ  乞食とみ  延長とみ  状態をみ  内々聞いてみ  二人っきりで暮してみ  面倒をいろいろみ  終りまでくりてみ  京浜地方に亘って調べてみ  太股をぎゅっとつねってみ  指針をみ  から出てみ  それも降りみ  刀を出して数えてみ  おれだったが、やってみ  抽出から洋封筒を取出してみ  日の光りに透してみ  もう一度読んでみ  時間を費してみ  何度も出てみ  郊外へ行ってみ  画筆に触ってみ  毎日やってみ  面白い夢をみ  海蔵さんは、はっきりいってみ  手にとって、ふってみ  今日、すこしみ  ずんずん行ってみ  作を取り上げてみ  いるかを省みてみ  鷹ヶ峰を訪うてみ  熟視してみ  事實かぞへてみ  そり呟いてみ  頂上に行きついてみ  鱸を食ってみ  二年誤魔化してみ  出を調べてみ  火の海をみ  ようでございますが、やってみ  私はちょいちょいみ  廻り道をしても乗ってみ  店を出してみ  東京に出て来たので、どうなすってるかと思って、お訪ねしてみ  父に頼んでみ  覚悟してみ  そうかも知れないと考えてみ  社長に頼んでみ  考え通してみ  手紙をくり返し読んでみ  手を拭いて、そっとあけてみ  発掘してみ  土器とかを掘り出して、と云ってみ  さな口に含んで吹いてみ  問ふてみ  家々を思い比べてみ  茂作を呼んでみ  席を変えてみ  床に就いてみ  徹夜をして、疲れ切って、ぐっすりと眠ってみ  何でもやってみ  消息をも合せて調べてみ  棺を開けてみ  奥様に伺ってみ  疲労れたとみえて眠ってるが、起して聞いてみ  蟇と踞み  日ぶみ  私とをみ  柔らかい頬を抓んでみ  手をとってみ  よその子をみ  とき煩さいと言い叱ってみ  ことをも聞いてみ  樽にしがみ  からいつか遣ってみ  場合を、色々と尋ねてみ  彼にとっては、未だ踏んでみ  彼は歩きながら云ってみ  崛強を悪み  から外に出てみ  戸口まで出てのぞいてみ  想い出そうと骨折ってみ  方々に聞いてみ  形を付けてみ  の所へ来て、わがみ  友に尋ねてみ  流行しだしたかはまだ調べてみ  畫をかいてみ  いつか誰かに聞いてみ  ときには、み  ところまでいって、ためしてみ  それで振り向いてみ  後をつけてみ  そばへ行ってきいてみ  唇に触ってみ  森、み  呶鳴ってはみ  胸をはずませてみ  御礼をいってみ  心のままに味わってみ  体を、思いきり、ぶっ飛ばしてみ  真ン中にぶっ倒れてみ  半ば無意識に寄ってみ  働きをしたかを考えてみ  じきじきお尋ねしてみ  僕も考えてみ  態度に出るべきであろうか、と考えてみ  最初校長に願ってみ  ストライキにでもなってみ  僕はいろいろ考えてみ  関係を問いただしてみ  自分では考えてみ  血書なんか書いてみ  しかし、どんなに考えてみ  先生にあってたずねてみ  先生をおたずねしてみ  上にねころんではみ  ひとりでいろいろと考えてみ  朝倉先生をおたずねしてみ  一つ一つをひろいあげてみ  いずれをとってみ  話合ってみ  名前がはっきりすればいいと思いまして、一度たずねてみ  ストライキがやってみ  父さんも泳いでみ  私も飛びこんでみ  朝倉先生をたずねてみ  ゆっくり話してみ  ひとりでたずねてみ  考えをきいてみ  家に運んでみ  幾人も見つかったし、誘いこんでもみ  手をたずさえて歩いてみ  ことまで考えてみ  私、考えてみ  のかと思って、おたずねしてみ  いるかたずねてみ  それについて考えてみ  お伝えしてみ  二人きりで、遊んでみ  ちょっと、やってみ  井戸端に行ってみ  タタキ上げてみ  西木さんが抓んでみ  出張してみ  娘さんが居ると色々聞いてみ  物をまちがってみ  植木ばちの花をみ  それ、み  神さまの、み  カイちゃんのまだみ  もっと大きなこえで、よびかけてみ  人はみ  花にきいてみ  おとめほど、みずみ  花たちにいくらたずねてみ  ぶんがみ  カイをみ  銀ずくめのへいたいをみ  軍服のへいたいをみ  ところがよくみ  から、ひろまへ行くほど、み  マッフにつけてみ  うえに、てがみ  会もみ  板をならべてみ  氷が、みしりみ  ゲルダをみ  粛んみ  謂があるとみ  名残のかたみ  行燈で読んでみ  音をどんなに聞くまいと思ってみ  枕許に跼み  肩を揺ってみ  折角、気づいてみ  ただ帰ってみ  ことに賭けてみ  注射でもと言ってみ  瞼を開いてみ  ちょっとあれみ  腹の中は割ってみ  言葉をふと想ってみ  たまには、それでも会ってみ  腹で、ついそう言ってみ  ことを信じている、そうしてこう言ってみ  拝がみ  時間を数えてみ  一通り見渡してみ  から振りかえってみ  逆に、離れてみ  須山と会ってみ  上で折りまげてみ  生活に置かれてみ  包みを開けてみ  比較で考えてみ  比らべてみ  指はたよわく長み  種にしてみ  雨降りみ降らずみ  疲れを休めてみ  路を撰んでみ  路を進んでみ  大声をあげて尋ねてみ  時農家で尋ねてみ  ように話してみ  十分に書いてみ  水流を求めてみ  交際もしてみ  素行を探らせてみ  母親にたずねてみ  注進を編み合わせてみ  文倉に入ってみ  徘徊してみ  積りではあるまいかとも疑ってみ  ゃったのを心当てに尋ねてみ  ところまでも探ねてみ  手帳紙入など握み  本気で考へてみ  積りではあるまいかとも疑つてみ  心当てに尋ねてみ  ぎった事をやってみ  戸を引いてみ  答を繰ってみ  一会場からくりかえしてみ  窓から流川通を覗いてみ  商売だと言ってみ  前まで戻ってきてみ  方へも出かけてみ  カフェーへ行ってみ  カフェーへ出かけてみ  ちょっと中をのぞいてみ  処へ行ってみ  ちょっと口笛を吹いてみ  フトあけてみ  声を出してひくく言ってみ  作品を讀んでみ  一會場からくりかへしてみ  刀に少し触ってみ  作を読み返してみ  幽霊をみ  すぱすぱやってみ  名前で呼んでみ  一寸外に出てみ  首を傾げてみ  さなど味わってみ  想像もしてみ  照会してみ  アパート生活でもしてみ  ワンワンと吠えてみ  現実をみ  若い身空にふりみふらずみ  天下晴れ察度はあるまいみ  一遍叫んでみ  重量をみ  男の子をみ  二三度首を吊ろうとはしてみ  名をみ  恒夫は一寸考えてみ  燗をみ  恒夫は驚いて、も少し歩こうと勧めてみ  僕いろいろ考えてみ  のじゃないか、と思ってみ  植物園へ行ってみ  歴史を考へてみ  以上のものとして尊み  市中を歩いてみ  つて触つてみ  あれこれ推し測つてみ  取沙汰してみ  それは実際にその奥深く住んでみ  底に住んでみ  生涯を託してみ  起居してみ  ざまをもかへりみ  智浅学もかへりみ  鎌倉に駈けつけてみ  ただいま申し上げてみ  事が起つてみ  土地から遁れてみ  はるか沖まで曳き出してみ  のか、どう考え直しましても、叱ってみても宥めてみ  色々にしてみ  我にもあらずそろそろと睡み  上を撫でてみ  ちょっと駅へ下りてみ  相談を掛けてみ  指環を嵌めてみ  一度は踏み込んでみ  のですが、やっぱり行ってみ  昔から幽霊をみ  なにしろ風呂場へ行ってみ  出張所をみ  二三度パイプを吸ってみ  そばからそれをみ  おれがみ  ひとつ調べてみ  霧が晴れてみ  連関させてみ  ポケットは調べてみ  髪を起してみ  一番に裏返してみ  上着をはぐってみ  陸地をみ  ソーンダイクをみ  確実とみ  事実を考えてみ  回廊にでてみ  理窟を考えだしてみ  態度を振返ってみ  私は退いて考えてみ  二つ三ついってみ  すべてについていろいろいってみ  何だろうと思い怪しんでみ  方が、と勧めてみ  指先につけてみ  事も思うてみ  品物なんかよりも、考へてみ  切り植てみ  草が生えたとみ  人生をみ  裳を握み  町へ出かけてみ  糞坊主めとはがみ  仁王が彫ってみ  場所へ行ってみ  ように、たった今み  家でみ  経を読んでみ  片岡山へ行ってみ  歌について画いてみ  曲線を画いてみ  上から見えるかと思って調べてみ  材料について調べてみ  分配を調べてみ  紐に結び付けてみ  扼痕に当てがってみ  上まで上ってみ  一本だけでも切ってみ  から、振り返つてみ  動物やら、まだみ  鳥居に来てみ  方を少し向けてみ  らまで歩いてみ  方へ戻ってみ  面倒までみ  一度何気なくはいってみ  鏡をさしつけてみ  卵を持っていって写してみ  川風寒み  ょっくら、見てみ  人かげをみ  体ごとぶつかってみ  ドアをおしてみ  はた色が悪いとみ  新聞をみてみ  それっきり後もみ  運わるく死んでみ  ドアをさがしてみ  なかに入れてみ  きみ、考えてみ  羊毛を使ってみ  うさんくさい目でみ  街へふみだしてみ  目のまえにみ  心当りを一一探してみ  隣家を尋ねてみ  外へも出て呼んでみ  心理追及がみ  ことも調べてみ  まわりをぐるりとまわってみ  いくつかほってみ  葉をかんでみ  島にあがってみ  発明してみ  みんなのちえをあつめてみ  先をつっついてみ  みんなひたいをあつめて、しらべてみ  ために、たべてみ  アザラシにたべさせてみ  口にぬってみ  ひとまとめにしたつつみ  おなかをさすってみ  船舶職員試験に、み  動物をなでてみ  目玉をさぐってみ  両手をうつしてみ  おれを甘くみ  何者であるか、当ててみ  僕はあててみ  怪物とやらをみ  博士にきいてみ  今月はじめて立体組成電子機をうごかしてみ  気になって、たずねてみ  いま君がみ  立体化してみ  そばぢかくでみ  一つ握み  新聞を拵えてみ  薄化粧して歩いてみ  家に生れてみ  若葉を眺めてみ  自分に言い聞かせてみ  成行をみ  川原をみ  のか知らと思ってみ  寝顔をみ  自由に動いてみ  小説がかいてみ  自分に向ってほころばせて開いてみ  手握み  白髭に握み  腕へしっかりしがみ  欲くもあらねど、吠えても嗅いでみ  君直接会ってみ  本人に会ってみ  ことにしようか、などと考えてみ  そりゃあ、話してみ  証明してみ  意見をただしてみ  言葉だけでもかわしてみ  結果だけをととのえてみ  内部からつかんでみ  体験をみっちりなめてみ  塾生たちにも、少しやらしてみ  意見をうかがってみ  相談しあってみ  主をさがしてみ  真剣に話しあってみ  ことをぜひやってみ  ちょっとぼくに打たしてみ  一つの誓いみ  大河に話しかけてみ  いっしょに暮らしてみ  まごころをつくして暮らしてみ  もっと考えてみ  もっと自分を鍛えてみ  孤独になってみ  二応もそう考えてみ  道江と結びつけて考えてみ  真剣に考えてみ  気持ちをおしはかってみ  もっとぼく自身でよく考えてみ  ちょっとたずねてみ  ところをきいてみ  心に問うてみ  鍛練主義とかで、どんなに力んでみ  気持ちをさぐってみ  二人きりで、話してみ  講義をされるか、きいてみ  時間をかけて話しあってみ  伺を話しあってみ  気がしたので読んでみ  事変が起こってみ  意味を探ろうとして、くりかえし読んでみ  何度か思ってみ  挿木にしてみ  何度かたずねてみ  方かとも思ってみ  室をのぞいてみ  相談して組んでみ  人物については、いろいろ考えてみ  兄にぶっつかってみ  腰をおろしてはみ  班で話しあってみ  今度講習をうけてみ  小母さんにたずねてみ  一度はたずねてみ  気持ちは、迷うだけ迷ってみ  分を読みかえしてみ  七部として描いてみ  角をつかんでひっぱってみ  棒をさしこんであけてみ  もっと深く調べてみ  さをためしてみ  これですが、まあ読んでみ  もう一度読みかえしてみ  二万九千まであげてみ  ノクトビジョンでのぞいてみ  彼等を憎まず、そして恐れず、しばらくつきあってみ  頃合をはかって聞いてみ  方からのべてみ  横からすかしてみ  倍率を大きくしてみ  天空をのぞいてみ  音響砲で攻めてみ  力をもかりて、突っこんでみ  平生腰かがみ  手紙を開きよみ  雜鬧はおほなみ  致いて通ってみ  後退りをまたしてみ  羽根を伸してみ  その後僕がいくら喚いてみ  把手を廻して押してみ  ちょっと揶揄ってみ  もう一度復習してみ  今更地球へ戻ってみ  新聞電報を読み上げてみ  生長してみ  矢を放ってみ  まわりを駈けずりまわって探してみ  電報を打って訊ねてみ  厩舎まで行ってみ  ゆり起してみ  一説をいってみ  一つ一つ合せてみ  時時計を出してみ  馬がうろうろしているので、出て行ってみ  から帽飾店へ行ってみ  方へ出歩いてみ  私は思い切って起き上ってみ  ペンを執ってみ  追憶を書いてみ  いのちがけで、やってみ  口調で尋ねてみ  機会といつてみ  偶然といつてみ  食いしてみ  屋敷へ、勤めてみ  比較てみ  手で計ってみ  ひとつ、責めてを変えてみ  窓を開けてみ  学校へ出向いてみ  耳にあてがってみ  時ゆっくり考えてみ  鶴見にしてみ  不思議不思議と言い募ってみ  鶴見は強いてそう思ってみ  もう少しいってみ  ことについていってみ  事に思ってみ  庭にも出てみ  風に思ってみ  うち返しうち返してみ  一つ案を立ててみ  鶴見はそう思ってみ  鶴見は考えてみ  今一度読み返してみ  方へ出掛けてみ  弁当も出して使ってみ  相槌を打ってみ  今語ってみ  仔細らしく検めてみ  花袋和尚と呼んでみ  しどろもどろにいってみ  気分はあっても、読んでみ  風に描いてみ  のかと、そう思ってみ  ペンはとりあげてみ  夕明りに透かしてみ  花を抓み上げてみ  一枚めくってみ  両親をかへりみ  賄賂を吝しみ  付けをのみ喜び尊み  吾をかへりみ  顔へ、蔑すみ  木にのぼつてつかまへてみ  クロが、すかしてみ  門のかげにかくれてみ  やうすをみ  はいつてゐるかしらべてみ  香いを嗅いでみ  ものではないかと思って急いで開けてみ  ことを落ちついて考えてみ  衣服をひっぱってみ  肌につけて冷やしてみ  心に浮かべてみ  渋茶を振舞ってみ  觀點よりみ  町と置きかえてみ  私に食べさせてみ  晩は寝み  自分で験してみ  文句を連ねてはみ  区劃を無み  雑記をも読んでみ  玉の肌にふれるぐらいはしてみ  えなア、と言ってみ  一ぱし正面切ってみ  衣子は、そうですか、考えてみ  いかがです、と言ってみ  意地わるをしてみ  上高地でみ  答が、実際にためしてみ  いつまで生きてみ  死ぬマネをしてみ  ことなどは考えてみ  電話をかけて、ためしてみ  国法上からみ  歴史上から観察してみ  本をなしたとしてみ  沿革を述べてみ  跡を尋ねみ  間考えてみ  考えに照らしてみ  冷却速度を測ってみ  経路を少し詳しく調べてみ  勘定に入れてみ  化学作用が起らないとしてみ  昔に遡ってみ  火星までいってみ  月の世界へいってよく探してみ  一つきいてみ  テレビジョン装置をしらべてみ  ものが浮かみ  手を尽くしてはみ  籠手でも取ってみ  店をひらいてみ  音に呼んでみ  いつものように野鼠を追ってみ  莊をさがしてみ  二階へ上ってみ  下にもぐりこんでみ  吹雪にほえたててみ  ペットをみ  尊敬してみ  彼ら自身分散してみ  源流を尋ねてみ  歴史をみ  先祖に遡ってみ  非常に卑しみ  これで洗ってみ  口をあんぐり開いて、そっと覗いてみ  ついでに訊いてみ  宮内当局は内々こうも考えてみ  耳に入れてみ  上司へそっと告げてみ  伺いを出してみ  小刀を抜いてみ  半紙などを、みみ  紫ばみ  自分が潜んでいるかも知れないと考えてみ  自分らは振返ってみ  ゲラ刷りを取寄せてみ  蜂を使ってみ  ぎんみしてみ  下降してみ  ときからゴリラをみ  飛行機をみ  飛行機でもみ  ドドには決してみ  皮膚をみ  六百とみ  さをみ  意想奔逸とみ  笑いをげらげらとやってみ  座間をみ  ぶんをみ  神秘をみ  光輝をみ  ゴリラをそっと呼んでみ  男をいまだにみ  両手をみ  封筒をみ  類は実際使いくらべてみ  和本を取り出してみ  目をしてみ  上を踏んでみ  気持ちを考えてみ  ところまで努めつくしてみ  壁がみ  舟をみ  冷ややかにみ  泥水をみ  闡明してみ  久し振りに読み直してみ  大事件に会いながら、考えてみ  みな面白そうに思われ、読んでみ  三度出席してみ  数回出てみ  三度出てみ  うちに、次に書いてみ  とっくりと考えてみ  婦人をみ  カムポスをみ  三上をみ  はじめてロイスさんをみ  君がみ  ジメネス教授がみ  化石屍蝋をみ  眼前にみ  村に来てみ  そのままに書いてみ  めてみ  根気よく数えたり、そっと持ち上げてみ  それならば書いてもみ  なかへ出てみ  配置しながら、描いてみ  名刺をみ  鯨狼をひき比べてみ  裏を撫でてみ  枕頭にそっと近寄ってみ  幻にみ  子供だましみ  殊勝げに首肯き、さて立ち上ってみ  折竹をみ  女だ、脅してみたり泣いてみ  間近にみ  目前にみ  双眼鏡でみ  意見を聴いてみ  氷塔をみ  かたがみ  二つ三つ卒業してみ  鋏を出してみ  月評を引き受けてやってみ  子供を書いてみ  一度しか降雨をみ  中間に聞いてみ  蔵を調べてみ  抱っこしてみ  無駄口をたたいてみ  限りをつくしてみ  横になってはみ  有様を、一目み  折、ふと尋ねてみ  言葉尻を濁すので、よく聞いてみ  俺を傷つけてみ  完成したかどうかは、きいてみ  聞合せてみ  ことであって、食べてみ  ハゲをしらべてみ  部屋を調べてみ  手をぐっと握ってみ  ついでにまわってみ  手をいれてみ  意圖を以て編んでみ  源氏物語がどんなに浸み  それは取り下げるとしてみ  縁に当ろうなどとは、夢にも思うてみ  風にも吹かれてみ  天女をみ  果に、ありありとみ  笛のありかをたずねてみ  水をみ  酒場へ行ってみ  意向も探ってみ  外へ出してみ  人をやって訊いてみ  彼は行ったり来たりしてさぐってみ  結果を見てみ  亭を覗いてみ  シッカリと抱いて寝てみ  スプリングを揺すってみ  円るい鏡に写してみ  位は考えてみ  特殊飛行をやってみ  外をながめてみ  ちょっと皮肉でも言ってみ  人を知らないかなぞと尋ねてみ  拒絶をも無み  心持ちがかいてみ  力こぶを入れてやってみ  色もつけてみ  中を、互いにしっかりしがみ  手を取り上げてなでてみ  ひとつ考えてみ  弥吉じいやをよんでみ  場に行ってみ  から、いってみ  おまえだけいってみ  生活に触れてみ  お前ほど思いみ  ことはないけれども、もうお寝み  ヒキ戸をひいてみ  ッかぶって寝み  槙をよんでみ  カギをかけて、お寝み  昨日よんで、いろいろ問いつめてみ  金次をよんで訊ねてみ  芳男にきいてみ  光でみ  これを調べてみ  所を変えてみ  結論してみ  わが家ですから、ふと忍びこんでみ  美女ひとりとみ  音次をよんで訊いてみ  もう少し、待ってみ  小一時間も待たせてみ  頃合いを見て戻ってみ  あたりをぶらついてみ  手段についていろいろと考へてみ  づ故郷の空へと飛んでみ  植込に出てみ  そこらを歩いてみ  少年に訊いてみ  畑に出てみ  貰つてみ  そつと触つてみ  小生意気にもいきなり飛びついてみ  毛臑でもつて力一杯蹴飛ばしてみ  手に取りあげてみ  上に並べてみ  下に押し隠してみ  植込を覗いてみ  轡虫に比べてみ  往つてみ  音も立てずに開けてみ  下におりてみ  口をきいてみ  手のひらに載せてみ  前に立たせてみ  経験を振返つてみ  みをさせてみ  タケヤにきいてみ  にわかに思いみ  実家できいてみ  所も訊いてみ  ア中があけてみ  持ち物で調べてみ  蒲団をめくってみ  石を落としてみ  八木少年は、すかしてみ  扉をあけようと、いろいろやってみ  方へさしつけてみ  上までのぼってみ  下から、がんがんとたたいてみ  上へおしあげてみ  だれだかと思って近づいてみ  鳥などを描いてみ  草を描いてみ  当惑顔をみ  事情をみ  胡瓜もみ  伝馬制度を重くみ  形勢を黙ってみ  事物はよく選み  子とすめみ  獨言にしてやみ  だにもかたみ  人々をがみ  ちとせにみ  地名を考えてみ  手をかけて持ち上げてみ  ものが見つかりやしないかなぞと思ってみ  碁石ぐらい動かしてみ  碁石だからと考えてみ  舌へのせてみ  謎を知ってみ  私も充分考えてみ  一足でも踏みこんでみ  駒ちゃんに会ってみ  状況をきいてみ  目にとまったとみ  自分に云いきかしてみ  言葉を思いみ  痛快なあわれみ  一念に思いみ  左近にたのんでみ  一興だが、行ってみ  逆上して取りみ  板戸をひらいてみ  さっき正面からじっとみ  特別閲覧室でみ  ここに少しふりかえってみ  刷賃だけをみ  私が怒ってみ  ように申してみ  俺はからかってみ  慎重に探してみ  二ツをしらべてみ  ハゲ蛸へ行ってみ  先に会ってみ  ひとつ、洗ってみ  それでは行ってみ  乞食はいそいで出てみ  拓えてみ  合同してはと勧めてみ  太陽を仰いでみ  小田原できいてみ  それを思い出して考え直してみ  もっとならないかと、手間どってみ  一枚一枚ひろげてみ  夜を長み  わたしはただこう言ってみ  花環を添えてみ  疲れ果て別室で寝み  自身活用してみ  一人で考えてみ  手でいくらいじってみ  洋館へ行ってみ  仕方なしに考えてみ  自転車を止めてみ  かしこにみ  我をたすけよ、わがみ  象をみ  攻むる死をみ  中にあるをみ  民あるをみ  者を離れよ、されどわが去らざるをみ  魂をみ  我等をもかへりみ  ぐるをみ  さだかにみ  銘をみ  いま怒りをみ  答へざりしをみ  神を無み  彼機をみ  うちよりみ  虐をみ  地にいたるも消えざるをみ  福するをみ  むる者をみ  法を無み  後方をみ  者をみ  心に寫しみ  あたりにみ  導者乃ちかへりみ  のち顏をみ  あやしめるをみ  づよく崩壞をみ  マーレボルジェはみ  あやしむにたらず、まのあたりみ  みな人の未だみ  二の足伸びゆくをみ  來れるみ  邑民五人をみ  兵車の去るをみ  ためにみ  さはわがみ  といへり、さればみ  ひとりにみ  はいまだみ  死せるをみ  アンテオの屈むをみ  源をみ  建物をみ  機いたれるをみ  こと碎麻機の如く、かくしてみ  ダンテ自らかへりみ  永遠きはみ  後をみ  河水赤く湧くをみ  神前にぬかづく如くなるをみ  血汐のぬくみ  地球面よりみ  ダンテをみ  処置とみ  そうですが、探しに行ってみ  女中にでも訊いてみ  主人にたのんで、やってみ  森林地帯を重くみ  移り変わりにもみ  部屋もみ  壁もみ  財布を取り出しては、振ってみ  所に来てみ  民子をかへりみ  思出してみ  廊下を走つてみ  兄にきいてみ  本家について調べてみ  大がかりに掘ってみ  推量してみ  里人に訊いてみ  自ら算えてみ  ホコラへ行ってみ  そうですが、会ってみ  見物したいと思って来てみ  戸をあけてみ  全部掘り返してみ  船に浸み  だれもみ  うまい柿だから、食べてみ  海面でみ  遊び廻ってみ  鳶を飼ってみ  幾年もかかって探してみ  道具屋をのぞいてみ  国にいってみ  前にも暫く蹲んでみ  友人に聞いてみ  他を探してみ  ゆっくり寝み  何と抗うてみ  一つ訊いてみ  暇があったら読んでみ  ノートを読んでみ  ように誘ってみ  ちょっと気にかかったので拾い上げてひろげてみ  海辺へいってみ  深呼吸をやってみ  周伍文は考えてみ  二階へ登ってみ  磯へ出てみ  境内にはいってみ  境内へきてみ  たるをのぞいてみ  工夫を考えてみ  だい、といましめてみ  先生は最早お寝み  悶いてみ  随筆を、まとめてみ  一ぺん読んでみ  邪魔がしてみ  悪魔めにさらわれてみ  父とみ  それなりに愉しくおいしく食べてみ  のさしみ、よくゆでてさしみ  全部改めてみ  ッくり返したり、まくってみ  考えもしてみ  ようにかたく狭み  犬獅子のはがみ  報告を調べてみ  報道を調べてみ  事実を集めてみ  三を挙げてみ  二を挙げてみ  とき事実をあまた集めてみ  方から言ってみ  気持に思いみ  三ツ当ってみ  ちょッと行って訊いてみ  それですが、読んでみ  もう一度やり直してみ  例として述べてみ  看板をみ  陳列画をみ  それで描いて、み  から、一度行ってみ  実見してみ  これを作りてはめてみ  力をかりてみ  研究者に聞いてみ  水はごく浅くて、入ってみ  金剛巌氏にきいてみ  中に写しとってみ  連用法名詞とみ  それによつてみ  ことを以てみ  謡を謡うてみ  本箱を開けてみ  処を開けてみ  手を突いてみ  通りがかりに訪れてみ  もの照り焼きを出してみ  花を嗅いでみ  いくつも嗅いでみ  においだと言うから本当にして嗅いでみ  あいつをたべてみ  かな気分もとうてい浮かみ  十倍とみ  物語を使ってみ  世迷言を並べてみ  西鶴が読んでみ  つぶしに当たってみ  お嬢さんをからかってみるなんて、どうみ  大どじょうをすくってみ  ほんとうに降りみ  どれだけ考えてみ  当たりにそれとなく当たってみ  右門はぶきみ  気を失っちまったというんでね、引き返してみ  ゃっというかと思うと、いきなりげらげらと笑ってみ  方へわあっと云って飛び出してみ  がちに訊いてみ  音は、どうみ  心ざし、よくみ  当たりに当たってみ  素姓は洗ってみ  気になったんで、わざときいてみ  質屋へすっ飛んでいってみ  くちびるも赤いし、まだみ  ふたをとってみ  ほおをはじいてみ  反対に、降りみ  こいつに口説かれてみ  木崎はふときいてみ  一字違いやが、考えてみ  心当りは探してみ  しろをみ  マージャン屋も探して行ってみ  妖婆をみ  戸を敲いてみ  浅草公園へ行ってみ  猫をみ  素足をのせながら、どうみ  自身で吹いてみ  中をかきまわしてみ  主人がすっかりみ  訴訟箱をひっかきまわしてみ  絵双紙でみ  なぞをてつだってみ  かまをかけてみ  ひとつお頼まれしてみ  これはどう考えてみ  夏なお冷たき怪み  瞼辺は少しく湿るみ  のを読んでみ  気を配ってみ  点から調べてみ  お湯で洗わしてみ  しかし、盗み取ってはみ  六畳に入ってみ  直接にこう尋ねてみ  別々に引き離して見てみ  間を思ってみ  言葉を発してみ  ようにして思い浮べてみ  間を考えてみ  幾度もぐるぐると考え直してみ  孝太郎はまた尋ねてみ  ように云ってみ  饒舌らせないで、何とか言ってみ  点を突っ込んでみ  窓から身を乗り出して覗いてみ  ままの降りみ  わしがめんどうみ  非常時に出会っても取りみ  しばい打ってみ  一つずつ食べてみ  種類をつまんでみ  一通り具えてみ  彼女はあけてみ  伝六がついにみ  路地奥へいってみ  たび機会があったのでまとめてみ  活用してみ  周囲を測ってみ  実演してみ  まま、みしりみ  手をおいて考え直してみ  ことわざわざ碁盤を持ち出してみ  身がらを当たってみ  のかと見てみ  事実かどうか確かめてみ  横光君をみ  後を引受けてみ  小説になったかを考えてみ  ひとつぶらぶらといってみ  ちょっと細工してみ  ためしに盗んでみ  方面をみ  扇子を使ってみ  ものをすすってみ  意気張ってみ  おまえももうちっとりこうになってみ  傷口を調べてみ  へやべやを捜してみ  押し入れご不浄までのぞいてみ  方角がまだのぞいてみ  指はたよわく、長み  横浜へ、み  とっくりたどってみ  昼寝をしてみ  他人を卑しみ  ものさしを当ててみ  ちょっと兄貴風を吹かしてみ  理を分けて説いてみ  さが、消えみ  噂を訊いてみ  百姓に聞いてみ  様子を窺いてみ  翁ゐたるをみ  我彼をみ  夕をみ  民等もみ  地あるをみ  麓に着けり、み  來るをみ  影岩に及べるをみ  目守るをみ  空に懸り、降らんとするをみ  變りぬ、わが思ひわづらふことなきをみ  上に坐せるをみ  かしこをみ  彼等をみ  否やをみ  素振をみ  ときわがみ  恩惠をみ  力をかへりみ  變はるをみ  默すをみ  少年を殺すをみ  食物をいやしみ  足元をみ  評をかへりみ  われ過去をみ  行末をみ  なほ頑にして動かざるをみ  我のほほゑむをみ  なほよくみ  姿のうつれるをみ  他はみ  女がその定まらずみ  ところのものをかへりみ  神のきはみ  ざるまでにみ  アラクネに及ばざるをみ  神の善しとみ  比ぶれば小さしとみ  化するをみ  河あるをみ  ものである降りみ  町中を、思ってみ  声がありましたので、いよいよいぶかしみ  入念に調べてみ  お嬢さんから頼まれましたと申しますので、なにげなくあけてみ  仏となってしまわれてみ  気が晴れてみ  なにをもがもがと、死にかけたふなみ  ため捜しに行ってみ  扉をうち破って調べてみ  近所で聞いてみ  梢をてらしてもみ  寝室も調べてみ  棒でつきあげてみ  足跡をたどってみ  皆いってみ  いやだといってみ  滋養浣腸をやってみ  もっと経過をみ  蜂矢探偵はにやにや笑ってみ  上にひろげてみ  扉をあけて外へでてみ  上を向いてみ  方へふりかえってみ  念入りにしらべてみ  腕をつかんでみ  あたりをさぐってみ  者にとっては、どうしてみ  ヂツとみ  方へ呼んでみ  下ばかりみ  首をひねってみ  とっくり考えてみ  一苦労してみ  幾人来たか数えてもみ  ただいま行ってみ  巨魁とみ  これらを差し引きてみ  墨色をみ  箱なぞを調べてみ  いかほど精細に見調べてみ  毒だみ  現場へ行ってみ  困難だとみ  易者にみ  やつは、なんと考えてみ  物はいちおう疑ってみ  とき念を押してみ  バンバンと締めあげてみ  刀を集めてみ  近所になしと、いろいろ考えてみ  将軍さまになってみ  にしんしんとおやみ  起上ろうとしてみ  起かけてみ  型を示してみ  それを残してみ  都会を描いてみ  学校へ行ってみ  内をのぞいてみ  そばに駈け寄ってみ  野原へいってみ  物事をよく考えてみ  気もちで覗いてみ  モウお寝み  皆寝み  噂を聞いてみ  席に割入み  今度読み返してみ  生地を調べてみ  野郎かなと思って探ってみ  品を造ってみ  女夫一対にそろえて売り出してみ  種あかししてみ  足をぬいてみ  本心を訊いてみ  薬壜を、ふってみ  硝子蓋を開いてみ  いまさら代診にみ  院長さんには、めったにみ  ためしにぶらりとやってみ  いかほど調べてみ  野郎を締めあげてみ  朝になってみ  から察してみ  中をも調べてみ  走りにいってみ  どっちへ行っても、捜してみ  向きをしちっくどく聞いてみ  段じゃねえが、行ってみ  庭先へ回ってみ  ですよ。だから、すぐに飛び出してみ  寺帳を調べてみ  ゆつくりお寝み  雑誌を読んでみ  きれいな水で遊ばしてみ  髄まで浸み  色を、じいっと見すくめながら探ってみ  井戸替えしてみ  一首ものしてみ  気をきかして当たってみ  よう推挙しろ、でなくばみ  談に照らしてみ  何だか確かめてみ  先にみ  表情でみ  窓をあけて外をみ  なかを嗅いでみ  手をのばしてさぐってみ  お前よくみ  聞耳をたててみ  裏手にまわってみ  ばさみ  一般民衆がみ  手段を講じてみ  犬をつれていってみ  医者にきいてみ  プラットのものとして考えてみ  行動をみ  時計をだしてみ  足跡だけ探してみ  あれを比べてみ  足跡をみ  ハンケチをはたいてみ  柄を嗅いでみ  点を考えてみ  ちょっとなかを覗いてみ  蓋をあけてみ  エリスに会ってみ  一つ一つ嗅いでみ  指紋とくらべてみ  ところを歩いてみ  専門家が調べてみ  ゆえ、当たってみ  はずでござりますけれど、なってみ  日参をしてみ  ほうから洗ってみ  身がらを洗ってみ  五十両手にしてはみ  墓を廻ってみ  しょっちゅう君のことばかりかんがえていたといってみ  小机へごたごたとならべてみ  上へ飾ってみ  もので、どうしてみ  写真でもと思って、さがしてみ  どれもみ  放流鮎を釣ってみ  値上げしたかと問うてみ  北条坂を調べてみ  ところから判断すれば、あけてみ  気がみ  高飛びしようと来てみ  おふくろに当たってみ  小娘を殺さしてはみ  全然忘れてみ  爪でも摘んでみ  手足を動かし始めてみ  いかほどお願い申してみ  いくつとなくこしらえてみ  ほうへでも行ってみ  遠くをみ  みっちゃんお寝み  だまつてこつちをみ  かしこへくぐらせてみ  肩にかけてみ  のか、はっきりと言ってみ  会場へ行ってみ  社へ行って訊いてみ  翻訳を較べてみ  苦にもならぬやらいつきてみ  あとにしてまだみ  めしぢやみ  蓋をひらけばみ  くつをみ  かいかざりをみ  げをみ  あともみ  千人彫ってみ  ことなら手がけてみ  手をおいて考えてみ  彫り物がやってみ  ゆえ、こわごわ取りはずしてみ  内気もの、み  床上に置いてみ  文字を当ててみ  感想を聞いてみ  米屋へいってみ  ひとつ入れてみ  玉ころがしもやってみ  ひと回りしてみ  番をしてみ  江戸じゅう捜してみ  者十八人を洗ってみ  伝六女にしてみ  足へしがみ  特別にあつらえてみ  それに致してもそのおみ  退治てみ  ポンポンポンと続け打ってみ  ひとつ振ってみ  内へはいってみ  出邸へ行ってみ  造酒は踏み込んでみ  郡上氏、行ってみ  方針を訊ねてみ  日ぐれをみ  がたに、なにげなく上がってまいりまして、ひょいとみ  軸物を掛けてみ  顔を比べてみ  顔なんぞと比べてみ  六十日間責めつづけてみ  いまさら責めてみ  一つつねってみ  青月代かとよくよくみ  トオサンは一目み  ハリ紙をみ  ッかぶって寝てみ  ノソノソ動いてみ  車券も買ってみ  会式だから、でかけてみ  支那料理が食ってみ  素姓をたぐりだそうと努めてみ  ことができようなぞとは思ってもみ  小夜子サンにも当ってみ  一時身を隠してみ  釣糸をたれてみ  旅にでてみ  時節到来とみ  浜べへ出てみ  箱をあけてみ  お前さん方らしいので、尋ねて来てみ  用か聞いてみ  お母さんにしてみ  大物釣りでもやってみ  汝の思ひの稚きをみ  肉體のいかに造られしやを思ひみ  人かへりみ  此事とを思ひみ  園をかへりみ  先を見るをえざるにいたりてやみ  鏡に映しみ  レヴュを想い出してみ  豪華といってみ  虱つぶしに当ってみ  演劇雑誌を見渡してみ  歩みをふり返つてみ  勝手もとへ行ってみ  ものを見てみ  ためしに使ってみ  噂を聞き集めてみ  顔立だって、よく見てみ  敗戦してみ  私には愉しみ  所で眠ってみ  お腹いっぱい食べてみ  五つを書き抜いてみ  前で、計ってみたり減らしてみ  妻に訊かせてみ  私は働かせてみ  まともに感じてみ  同額としてみ  それとしてみ  のを育て眺める愉しみ  ところまで来てみ  あたしもう一度お会いしてみ  手に受けてみ  間に押し込んだが、受けとってはみ  久左衛門に訊ねてみ  どこにあったかと考えてみ  こと頼んでみ  枡で計ってみ  一ぷく喫ってみ  封じ手を使ってみ  妻に話してみ  米をみ  峠越えに出かけてみ  どこのも見逃さずに食べて来てみ  自分で持ってみ  噛ってみ  蓋を取ってみ  手に取り上げてみ  概略を述べてみ  骨を叩いてみ  番頭に訊ね廻らせてみ  上へ載せてみ  洋傘を持って来てみ  網にひき上げられて坐ってみ  泛べてみ  仏だと思ってみ  私は云ってみ  方を振り返ってみ  人物としてみ  たんぼのはんずれまで、出てみ  一寸後から真似て謡ってみ  剃刀をあててみ  のを締めてみ  成長が徐々にみ  消長をみ  色いろ訊いてみ  非常設備などを一応調べてみ  手燈信号をしてみ  エヴァンス君を起こしてみ  耳に当てがってみ  十分になる、と云ってみ  勤労をいかによく向けてみ  彼等が少しでも考えてみ  虱を摘まみ  なんかを聞き質してみ  ことをふと尋ねてみ  はいないかしらとふと思ってみ  心を引いてみ  はじめて足を踏込んでみ  キイに触つてみ  物置部屋を訪ねてみ  もう一度足で歩いてみ  感情がかへりみ  嫂に話してみ  ことを話しかけてみ  家を訪ねてみ  郷里に行ってみ  キイに触ってみ  久し振りで行ってみ  選定してみ  拡大鏡にかけてみ  場所をかえてみ  いるかどうかを聞いてみ  特殊性に求めてみ  推測として挙げてみ  事情がなみ  一緒にしてみ  爆発を撮ってみ  插入してみ  作品とを比べてみ  そのまま写してみ  さっき、一寸来てみ  一致してみ  気持から、きいてみ  冴子はどうみ  露悪家じみてみ  儀礼的にきいてみ  わけかと思って考えてみ  前足でつついてみ  これはやってみ  磁場に置いてみ  中にいれてみ  ものをいくらどう並べてみ  批評をいくら読んでみ  東側を通ってみ  爆心圏内にあるとみ  窓から顔を出してみ  皆顔をみ  腿をつねってみ  脈を握ってみ  西に向かって呼んでみ  床を撫でてみ  力を入れて引いてみ  衛生材料置場に入ってみ  病室へ行ってみ  エイと叫んで突いてみ  犠牲だろうと思いなおし、出かけてはみ  奇形児等もみ  下痢が長くみ  出血をみ  三週ごろからみ  消化器障害がみ  連続全身照射にみ  復員して来てみ  あな尊しと仰ぎみ  奇形がみ  問あわしてみ  一巻をとって読んでみ  何かみ  ルームを走りまわつてみ  試写してみ  構えをみ  就て書いてみ  のと喚いてみ  特に取りたてて論じてみ  作品にみ  事務所をのぞいてみ  静かに顧みてみ  実地に試してみ  素描してみ  ゆきかひに見えみ  きよみさやけみいまだみ  國をみ  秋にしあればみ  土浸み  籃にみ  中にかくみ  春日のどけみ  枝うつりいよりみ  小林に入りてみ  しきをみ  吾きてみれば、思はぬにみ  とりとみ  幼子どものむれあそべるをみ  びも、かたみ  露世の中をあらみこちたみ  雨やみ  人はいへども、ありと思ふしどみ  春野のしどみ  暮しと一応み  以上僕としては考えてみ  心で怒つてみ  日記を出してみ  額を押しつけてみ  自動車でみ  外なぞもみ  そこへはいってみ  どちらもみ  毎日市中をみ  とっくりとみ  私のように物珍しくみ  一時間ほどみ  ちょっと田舎芝居をみ  日本ではみ  芸者をみ  寺をみ  仏像にみ  のに立ち寄ってみ  楽しみにして出かけてみ  剥製をみ  名作だけについて考えてみ  戦蹟を歩いてみ  彼処此処にみ  石人石獣をみ  どこへ行ってみ  驢馬が通り過ぎてみ  京都などではとてもみ  ところなどがみ  獅子林をみ  絵ではみ  バスにも乗ってみ  支那人ばかりみ  ふみばさみ  可能であるとしてみ  二十哩歩かせてみ  三度歩かせてみ  これでもないと疑ってみ  抑制制度をとってみ  歴史を観てみ  來ばみ  色ばみ  春まだ寒み  うち松魚釣あるみ  もとにおかれたり、怪み  一日二日とある程にゆくりなく拗切りてみ  灯はみ  花はみ  蚊帳釣草を活けてみ  ほとり心づかざれば未だみ  花を涼しとぞみ  なでしこをみ  審美上からみ  崇拝し時々行ってみ  ため、行ってみ  場所を描いてみ  古書でみ  太神楽があって、み  喜助は述べてみ  丁寧に調べてみ  云ひ出してみ  私が掘りおこしてみ  屋敷も売らないですみ  足をしらべてみ  高等官一等を拵えてみ  二等を拵えてみ  博士を拵えてみ  例だけをとってみ  ものを噛んでみ  余裕をみ  幾日も捜してみ  ところを窺いてみ  穴を照らしてみ  容子を見い見い訊ねてみ  病気を尋ねてみ  隙間をみ  一日置いてまた出かけてみ  機会を、よく考えてもみ  土蔵について廻ってみ  有様を打明けてみ  それを守り通してみ  顔を見上げながら、おずおず言ってみ  方々には相すみ  許へ駈けつけてみ  そちらへ廻ってみ  ようにしようかとも思ってみ  ちょっと知合になったがと漏らしてみ  ように繕ってもらおうかとも考えてみ  顔を見ないで引返してしまおうかとも思ってみ  今夜久しぶりに酔ってみ  刀身を透してみ  日を送るだろうと思うと、いくら考えなおしてみ  刻限が来てくれたらとも思ってみ  野原へ出てみ  言葉かけてみ  ものは、なんといっても小さすぎるから、み  おばさんに聞いてみ  前へ来て坐つてみ  行つてきいてみ  迹を尋ねてみ  紐を解いてみ  なんだろうと、引張り出してみ  金蓮さん、よく見てみ  臨時本店へいってみ  婦人雑誌をみ  場合についてみ  フランス語でよんでみ  ことを思ってもみ  逸話を記してみ  学校へ通うてみ  労働を卑しみ  如何に嘆いてみ  萩原とおみ  いま久々に読み返してみ  人を頼んでみ  外へ来てみ  家へ駈け込んでみ  現実に対するみ  顔色を窺ってみ  反対もしてみ  鉄槌でぶん殴ってみ  毛唐が抱いてみ  儘ツイ窺いてみ  研究をやってみ  活躍させてみ  犬田博士に問うてみ  注意して考えてみ  鍵穴から内部を覗いてみ  ままギューギューと絞めてみ  拡大鏡を当てがってみ  位置を描いてみ  寸法から目測してみ  草やぶから飛びだしてはみ  床に就いてはみ  別に考証して書いてみ  所謂非人の古えを考えてみ  小説を書き綴ってみ  腕前になってみ  いちど行ってみ  あぐらをかいてみ  家を飛び出し連添ってみ  二百本ばかり射かけてみ  武蔵くやしく歯がみ  ひとり高笑いしてみ  馬に乗ってはみ  帯などこっそりしめてみ  どきどきさせながら、それとなく聞いてみ  もう一度、まあ、ねばってみ  桝をさかさにしたり叩いてみ  そこら中を這い廻ってみ  畳算で占ってみ  声で言ってはみ  女に好かれるよりは、きらわれたい、何とかして思い切りむごく振られてみ  経をあげてみ  さまざま工夫してみ  いるかどうか、調べてみ  ところへ持って行ってみ  五十両と吹かけてみ  エッタに持って行ってみ  今一つ臆説を付け加えてみ  頬をじっとみ  彼に訊いてみ  銀座へ行ってみ  今一度繰り返して読んでみ  反対するを悪み  陣中のかたみ  ここで射てみ  人一倍励んでみ  まま鞘を払ってみ  中に覗いてみ  進入してみ  手鏡に写してみるとどうみ  クッションを持上げてみ  二つ三つ押してみ  瞬間写真を撮ってみ  一寸からかつてみ  外国映画をみ  底を探ってみ  胸底に浸み  ちよいと覗いてみ  ひらひらさせてみ  巡礼ができるか、やってみ  身の上を尋ねてみ  言葉を試してみ  ふり返ってもみ  あたし、やってみ  ちょっとしてみ  おもしろいことしてみ  あたし気ちがいみ  ちょっと味をみ  あたしもあんなにかいてみ  いつかは住んでみ  こと、やってみ  披露してみ  そうにないけど、やってみ  妹のかたみ  これをはめてみ  オジヤを作らせてみ  算盤おいてみ  柳吉は啜ってみ  一軒一軒廻ってみ  一ぺん遊んでみ  ので行ってみ  お前なんか、どう掛けてみ  馬の骨をかじってみ  それは逢ってみ  小説を集めてみ  筆をとって書いてみ  泌尿科にきいてみ  昏睡中にみ  それからニンシン日時をかぞえてみ  万事生れてみ  一度ずつ来てみ  南雲さんにみ  女房を取り換えてみ  理由で、書いてみ  にわかに書いてみ  ミイラになりかけてみ  具体的に言ってみ  人は、いないとみ  政見をきいてみ  映画をつくってみ  いっぺん、つくってみ  ひとつ、つくってみ  エミリアンは尋ねてみ  からピストルを打つてみ  一つやつてみ  やつてきてみ  ことを、考へてみ  病気になってみ  女はいないか、とニヤニヤ言いかけてみ  エスキスで現してみ  絶望してみ  侯爵に会ってみ  二三度そっと落してみ  包みを入れてみ  専門的にみ  仰臥してみ  悪魔とみ  灸をやってみ  数学を選んでやってみ  雑誌をやたらに読んでみ  手当たり次第に読んでみ  抗議を申し込んでみ  戦つてみ  ように変えてみ  金峰山は、なんとみ  ひとのみ  袖をみ  いづみかのわかみ  はるのこゝろにわきいでんかのわかみ  明星の清み  ひまもなみ  ものを取り出して見てみ  おっさんら見てみ  お前読んでみ  ここをよう見てみ  昨日偶然来てみ  イギリスと戦ってみ  いっぺんよう考えてみ  君枝は早速掛け合ってみ  まき子をくらべてみ  暇取るとみ  同格のすめみ  若水沼のいや若えにみ  いやをちにみ  御子や、まへつぎみ  試験的にやらしてみ  伊邪奈岐命見畏み  おさんどんを怒鳴りつけてでもみ  ケチがつけてみ  写生がしてみ  文展へまで運んでみ  窓から眺めてみ  まさか、といってみ  専門家に会ったら訊ねてみ  からざるものでも食ってみ  頭を集めて食べてみ  種を宿してみ  中へ初めて現れてみ  せり上がってみ  それから鉄道線路に沿うてあるいてみ  下駄を調べてみ  街道を走ってみ  乱暴を働き騒ぎ廻ってみ  味を得てみ  光で眺めてみ  生徒とともに出かけてみ  君一つはばかりまでついて来てはくれまいかと頼んでみ  何度被せてみ  体温計を持って走ってみ  車体へしがみ  心のぬくみ  風景写生でもやってみ  何か売り払ってみ  仕入れを買ってみ  速度を味わってみ  返事まで出してみ  無心をいってみ  上京していて、帰ってみ  終日泣いて暮してみ  一つも書きつけてみ  一つも詠じてみ  道も、さて行ってみ  さきは覗いてみ  切腹したと書いてみ  ことについて考えてみ  何かにつままれてみ  ステッキで打ってみ  好意を感じてみ  安心していられるかどうか、まだ本当に買ってみ  昔から描いてみ  私も相当描いてみ  関係からいろいろと並べてみ  何か描いてみ  年月を考えてみ  老人が強いてみ  ただ今ではとくに好んで描いてみ  朝、起きてみ  いちどは来てみ  障子を細くあけてみ  机のまえに坐ってみ  人々について語ってみ  枝を並べてみ  ところ、どうしてどうしていざ書いてみ  事情が訊いてみ  幾度か尋ねてはみ  ミツシヱルを呼んでみ  手を伸ばして摘まみ  直ちに摘まみ  立つきはみ  鳴き、くくみ  弓矢手ばさみ  日、大み  ものを、煮てみ  二つ目が笑ってうかみ  庇がみ  いたずらをするとみ  線に彫み  病身で、と言ってみ  暗算してみ  世間へでてみ  泣きになって叫んでみ  なごやかに浮かみ  繰返し考え直してみ  方を見てみ  思いをしながら当ってみ  全部駆け廻ってみ  察を伴ってみ  納得してみ  己れみ  人のあれば、しがみ  手にのせてみ  身分になってみ  身分におちぶれてみ  刑務所をみ  ひとたちをみ  カナリヤ巣をみ  のでしょうと訊いてみ  何となく人を驚かしてみ  ここへ書いてみ  罪名をてらしあわせてみ  所へいってみ  罪悪とみ  最大の愉しみ  於ては愉しみ  精神病院へ行ってみ  靴をはきみ  としいべにすずめすずめすずめみ  それを思いだして考えてみ  気の毒で黙ってみ  僕達がかけあってみ  是としてみ  布告してもみ  検挙して吐かせてみ  体一面に浸み  ものがかへりみ  一應はおもつてみ  今さらおもひかへしてみ  栓をひねつてみ  今までかへりみ  はじめて浸み  おめざめでしたか、あんまりよくお寝み  山の、み  十分考えてみ  労働時間についてみ  実感して生きてみ  詩に書いてみ  もっと実験をみ  しろにいて、み  切符をとって、くらべてみ  陽にすかしてみ  行方をさがしてみ  そっちへいってみ  のち、よくしらべてみ  人造人間をみ  場面をみ  まわりをみ  から、出してみ  ゴーリキイにだけは会ってみ  幾度出あってみ  のなら帰ってお寝み  なかでお寝み  マルタン総督さえも、たとえ聞いてみ  陛下が、み  失敗をあてこすってみ  ページを繰ってみ  女王よ、み  意識に浸み  召集をみ  うえ畏み  ためかしらと、よくよく考えてみ  家に行ってみ  耳を押しつけてみ  号令をかけてみ  興信録をしらべてみ  一つ中を開けて見てみ  辺を探してみ  丹念に捜してみ  身体をしらべてみ  発明品に、作ってみて動かなかったり、組合わせてみ  お前は、動かしてみ  上海では、やってみ  応募してみ  闘つてみ  翌朝行つてみ  製法にしたがってためしてみ  筒をよく改めてみ  これを引張りだして、ひろげてみ  腹の中をみ  号令は、かけてみ  人形をみ  呼吸をしてみ  これだけみ  解剖でみ  隠れ家でみ  俊をみ  あれを着てみ  これを着てみ  舞踏会へ行ってみ  ところへ行って、はかせてみ  姉娘たちに、はかせてみ  はいてみ  宣べたものとみ  努力がつよくみ  風化作用的にも浸み  ひささんをみ  わきでみ  ような突こみ  気分等も見てみ  私は、面白く感じてみ  日曜日に又行ってみ  調和においてみ  ようにしてあがってみ  何だか云ってみ  夫婦とも捨てみ  思いがしてみ  心理しかないと云うみ  姿そのものからプンプン立ててみ  音響を出してみ  自分を振り返つてみ  血はながれいたみ  ためしにしゃぶってみ  勝栗もかじってみ  通り陳君に言ってみ  某氏にも、頼んでみ  中国人に尋ねてみ  保甲青年団にも少し働きかけてみ  ことについて言ってみ  経営してみ  盛況をみ  経験について申し上げてみ  桃を引き出してみ  幾缶開けてみ  売出してみ  売上げをみ  者を雇ってみ  山へ、登ってみ  もう一度お送りしてみ  お送りしてみ  三・四歩位歩いてみ  日付のを出してみ  から、お聞きしてみ  テーマを、ああ書き、こう書きしてみ  神経をたてて、み  明日調べてみ  出来上ってみ  からもう少し様子をみ  三共あたりへ行ってみつけてもらってみ  後光がさしているとみ  本までみ  食堂へ行ってみ  そばへ寄って、なでてみ  から神田をみ  ページをくってみ  ことについてはのってみ  落葉をかけて寝てみ  南江堂へ聞いてみ  字を嫌っているし、また考えなおしてみ  米も食べてみ  体はみ  絵葉書をみ  七時半頃起こされてみ  一遍眼底をみ  ちゃんをみ  からけさおてがみ  大体繰ってみ  考を纏めてみ  箸で突っついてみ  ちょっと味わってみ  のかなどと訊いてみ  前に投げ出してみ  ものを調べてみ  雰囲気に適してゐるとみ  ことと比べて、考えてみ  本格ものを書いてみ  理屈を並べてみ  しまつて、気がついてみ  自慢もいつてみ  心持を述べてみ  角力をみ  試合をみ  為朝にみ  その間ここにいてみ  体中を探ってみ  まじめになって考えてもみ  鴨緑江をみ  文学にしがみ  ことになるかを試してみ  方が来られて、すぐ行ってみ  内儀さんにきいてみ  私はたずねてみ  興味をそそられてきいてみ  一とおり読んでみ  片手に、大骨折りで読んでみ  自己弁解をしてみ  子は思ってもみ  事は思ってもみ  意味も無くはばたいてみ  本質を、調べてみ  信頼して思い切って言ってみ  僕だって疑ってみ  事を、まず、話してみ  もっと話合ってみ  もう一度、言ってみ  私も疑ってみ  ハムレットに、よく話してみ  の子ひとりにやらせてみ  ハムレットさまに聞いてみ  オフィリヤに聞いてみ  根元を、突きとめてみ  もっと追及してみ  一瞬、ちらと考えてみ  王さまを、ためしてみ  顔色を探ってみ  緊張してみ  つまみ上げてみ  朝はじめて着てみ  田舎娘をだましてみ  邪推してみ  一つ置いてみ  計画してみ  奇蹟に近い、いや、しかし、まあ、とにかく、やってみ  そのまま打ち明けてみ  ゆっくり問いただしてみ  不満があるなら、からりと打ち明けてみ  恐縮してみ  忠臣を気取ってみ  根元を突きとめてみ  いまさら愚痴を並べてみ  ゆうべまた、よく考えてみ  門口に出てみ  ふきふいてみ  俗悪になるとみ  一幕二幕覗いてみ  充分に考えてみ  手に入って読んでみ  小町というてみ  タメ息をしてみ  左右を振返ってみ  娘に聞いてみ  杵を撫でてみ  俎を裏返してみ  二つに折って切ってみ  そこへあててみ  つて行つて尋いてみ  メーデーをみ  人々に聞いてみ  ロシア語できいてみ  三人にきいてみ  人で逢ってみ  僕はどうかして一度逢ってみ  演技を味わってみ  名人芸を思い浮べてみ  自分で動いてみ  励行してみ  経験を想い出してみ  偶に話しかけてみ  風采を思ひ浮かべてみ  記事を讀んでみ  乘じてみ  がたについて考へてみ  楽観的にみ  悲観的にみ  除外してみ  集中をみ  発生をみ  折紙をつけてみ  やりとりすらみ  一巻を編んでみ  道にはいってみ  風習だけをみ  芸術論的にみ  実践をみ  ますお寝み  上に踞み  正体を洗ってみ  素性を問い質してみ  云々をみ  オイ考えてみ  棚へ載せてみ  辺りを見廻してみ  五つ六つ載せてみ  実地に並べてみ  四方へ並べてみ  板囲いみ  西側へまわってみ  いつまでやってみ  縦横四隅へ並べてみ  ことにして考えてみ  弟子をおいてみ  水を向けてみ  たかをくくってみ  蓋を執ってみ  彼方此方と尋ねてみ  往って聞いてみ  鼻ばかりみ  テラでも着てみ  今度通ってみ  懐がみ  ちょっと嘗めてみ  ちよつと嘗めてみ  研究を重ねてみ  一過程としてみ  当分続けてみ  手紙を書いてやきもきしてみ  玄人がみ  仰せを畏み  横目でみ  名作展をみ  原文でみ  巣のぬくみ  の子を泳がせてみ  児ぶりになってみ  日曜だから待ってみ  近いうちに何とかしてみ  旅行も行ってみ  手紙を出してきいてみ  魔法ビン来年広島でさがしてみ  もう少し工夫してみ  木村荘八亜流をみ  素としてみ  マカロニをみ  連関はみ  とき気がついてひろってみ  山の頂きをみ  から体温計を出して計ってみ  姉さんは只み  のは何故かと考えてみ  突破しようとするやみ  克服して行ってみ  条件を試みてみ  体のひねりみ  今度よくよんでみ  冷静にみ  二十四日にやってみ  六つの神話物語を書き上げてみ  箱を持ち上げてみ  もと通りにしようと、やってみ  前から、低いうなりみ  仕事みたいな、いや、ほとんど楽しみみ  家鴨みたいなみ  足にみ  隈なく捜してみ  ちょっとだけ食べてみ  上品にたべてみ  動物は、ただなぐさみに、駆けてみ  自問してみ  それぞれ比べてみ  監視人たちが見えないか、とうかがってみ  事務室に呼んでみ  ここでどなってみ  ふうにやってみ  味方にするには、どう言ったらよかろうか、と考えてみ  のかいろいろ考えてみ  手を出して握ってさえみ  かたをしてみ  なかったが、あけてみ  うえであけてみ  一生懸命やってみ  算段をやってみ  小使さんにきいてみ  のか言ってみ  事件にぶつかってみ  なんであろうとやってみ  私が行ってみ  一人をやってみ  少女に追いつき、並んで登りながらきいてみ  無理にでも押し入ろうとどんなにやってみ  万事詳しく見積ってみ  非常につらいだろう、と考えてみ  自分自身にきいてみ  返事をつぶやいてみ  言葉を組み立ててみ  発音をやってみ  ためアルバムを開き、少しめくってみ  足音を殺してみ  ためしに言ってみ  幾度も振返ってみ  ようにと頼んだが、そうやってみ  いくら力を使ってみ  期待もせずに、ためしてみ  内面から浸み  色紙えらみ  梢をみ  綺羅星をいただいて咲きみ  籠も、み  馬に乗って、あぶみ  脱稿をみ  んだから、やってみ  宅へ立寄ってみ  ひもどいてみ  殊勝らしく考えてみ  食器など集めてみ  添へぶみ  背後から、濁み  役目について少し深く調べてみ  占い者にたのんでみ  気づまりなことなしに一ヵ月のんびりしてみ  十三年経ってくやしがってみ  風に暮してみ  夢もみ  もう少し待ってみ  火曜日に、もう行ったのよ、と云ってみ  一つ一つあけてみ  北側あけてみ  暮しをしてみ  人ですから、こうやってやってみ  先輩は引こみ  わたしは特にたべてみ  漬しにしてみ  面白いより、ひっくりかえしてみ  身の上を思い、折々み  身をこがして、行ってみ  ような話してみ  カンカンにかかって計ってみ  送りしてみ  何度くりかえし考えてみ  ために突こみ  こと丈考えてみ  げになってみ  自分も飽きずみ  人についてみ  本についてみ  音はたとやみ  ものについて書いてみ  ところよんでみ  熱中して、み  下から時計出してみ  のも買ってみ  結核研究者が書いてみ  江場土で暮してみ  骨折をみ  こんど中央できいてみ  風呂に入ってみ  精神をよみかえしてみ  月半ばまで待ってみ  中でぶつぶつ云ってみ  欠伸をしてみ  寺田さんに尋ねてみ  父に尋ねてみ  顔を挙げてみ  心をきいてみ  たまをがみ  おしがみ  常は生きみ  日は生きみ  まつり来しみ  生み給ひてみ  内容から考へると、かぶろき、かぶろみ  文明のをどみ  令畏み  おしほみ  ぎ廻しまつり来しみ  天照大神が、おしほみ  子であるが、すめみ  伝来のものはせみ  御坂畏み  未来を考へてみ  見地よりみ  横領するを悪み  亭主に訊いてみ  宗兵衛とは、かたみ  酌の振りみ  屋根をみ  家を調べてみ  節穴から光線を落してみ  そちらに降りていつてみ  迷つてみ  友達になってみ  の会ってみたくて会ってみ  何か落してみ  実地にやってみ  月待つてみ  無料でみ  糶売りをしてみ  ように抱きしめてみ  眉ずみをつけてみ  伊太利大使館へ行ってみ  夜店を歩いてみ  街に出て働いてみ  彷徨してみ  声でたずねてみ  男にすがってみ  サクサク洗ってみ  下宿へ行ってみ  活動小屋に行ってみ  きままに歩いてみ  縁日を歩いてみ  路を行ったり来たりしてみ  邸へ出掛けて行ってみ  あまりを戴きたいと云ってみ  一緒になってみ  菜っぱ服をみ  汽車に乗って遠くへ遠くへ行ってみ  旗をみ  けじめをつけてみ  丘へ出てみ  両手をそろえてみ  ようにやわらかくくねってみ  ブラブラ歩いて行ってみ  私は呼びかけてみ  私と行ってみ  涙をくくみ  銀座まで歩いてみ  何か抱き締めてみ  天真ランマンにぶつかってみ  船員室でお寝み  こんど常盤座へ行ってみ  紙屑を開いてみ  新聞を見て行ってみ  街に出てみ  から、一寸覗いてみ  国へかえってみ  妾に引き入れてみ  波止場へ行ってみ  気の毒そうにみ  男が開いてみ  いまさら自分を振りかえって見返してみ  朝空がみ  皆珍らしがってみ  のか聞いてみ  思いで聞いてみ  時間表をめくってみ  風呂敷包みから出しては読みかえしてみ  塩っぱい涙をくくみ  宅に行ってみ  速達をみ  湯島天神に行ってみ  幾度となく離れたり集まってみたりもしてみ  ものをまとめてみ  夢にみるほど恋いこがれてみ  一番金のかからない愉しみ  活動は久しくみ  俳句でもつくってみ  歌劇学校へ行ってみ  芝居をやってみ  真赤にして書いてみ  たまや、み  童謡をつくってみ  尾道へかえってみ  突きすすんでふれてみ  くせ何となく逢ってみ  私はねと書いてみ  真似はしてみ  簪をみ  蒲団がないのよと云ってはみ  裸で歩いてみ  勇気を出せと唸ってみ  宗教的なくさみ  活動もみ  際限もなく吐き出してみ  暑い国へ行ってみ  ょうきに乗ってみ  隅田川、み  詩人にもなってみ  俳優にもなってみ  絵描きにもなってみ  一生懸命に書いてみ  明日から来てみ  軒浸み  知らないけれども、取りみ  四囲をみ  尾道の物語りを書いてみ  激しい恋をしてみ  倹約してみ  芸者にしてみ  汐を噴いてみ  二銭銅貨文ちんにしてみ  上にのせてみ  それにみ  ちょっと出てみ  近頃は、おてがみ  心をいってみ  心根を察してみ  着物持ち物を調べてみ  番町も、さんざん歩き廻ってみ  碁にまぎらしてみ  真実だなどと考えてもみ  ひとり歯がみ  心に詫びながら呼んでみ  生類おん愍れみ  穴からそっと覗いてみ  憶い出してみ  方へ漕いでみ  一寝み  たびも、疑ってみ  家中は、どうも調べにくいが、少なくみ  家をのぞいてみ  半次になじってみ  しどろに迷いみ  ことを、迫ってみ  宿命を考えてみ  しかし、なってみ  いちど、行ってみ  長生きしてみ  星がみ  灯をあおいでみ  おかあさんだかどうだか、み  みなさん、さっしてみ  後方を振り返ってみ  ちょっと振り返ってみ  からね、でも考えてみ  へやへいってみ  家へいって聞いてみ  海辺にきてみ  築港をみ  忠告されて読んでみ  金を握つてみ  いくら当人が悩んでみ  ちよつと口惜しまぎれに、シャレてみ  注文に応じてはみ  ように勧めてみ  帰宅をすすめてみ  五分程立ってみ  料理人に聞いてみ  日も、行ってみ  乱読してみ  から、歩いてみ  事も、調べて歩いてみ  躊躇しながらも訊いてみ  茶屋へ行ってみ  夜の更けるまで待ってみ  裏門を押してみ  多勢を頼んで遮ってはみ  まり住居してみ  宿を探がしてみ  生活を訊いてみ  方に歩いてみ  街道を歩いてみ  上に寝そべってみ  掛茶屋まで出かけてみ  事を聞いてみ  ょにあすこいらが散歩してみ  云々してみ  情操に触れてみ  解釈してもみ  前に並べてみ  一つ先生をやっ付けてみ  内で繰り返してみ  枕元に坐って色々話してみ  枕元まで行ってみ  物を解きほどいてみ  貸家はないかと尋ねてみ  利害問題から考えてみ  彼に仕掛けてみ  彼に尋ねてみ  のだろうかと疑ってもみ  二字を眺め返してみ  奥さんに聞いてみ  コンプレックスだけとりあげてみ  垂井へ行って訊いてみ  こと更に選らみ  男振にがみ  つて毒舌をみ  下に眺めてみ  地蔵さま撫ぜてみ  合算してみ  先へと考えてみ  外はすぶすぶ現しおみ  燒遣やくさみ  門ゆらみ  六一こころをゆらみ  からけみ  何気なく女に訊いてみ  ちょっと頭をひねってみ  ゆっくり話をして、み  少年心理を、さぐってみ  立ちいって聞いてみ  ペエジをぱらぱら繰ってみ  最近また、ぼちぼち読み直してみ  まちを少し歩いてみ  ゆっくり話し合ってみ  毎日やっていると言ってみ  綿密に考えてみ  ものを飲んでみ  ゆっくりカルピスを啜ってみ  ちよいちよい、こつちをみ  打開策をまかせてみ  見物にいってみ  つたのであるが、引受けてみ  ものが生れて来るとみ  本音を聞いてみ  本でも読んでみ  洋装をしてみ  間から首をのぞけてみ  もう一度ベルを鳴らしてみ  等を思い合せてみ  家へ帰ってかけてみ  答えを出してみ  警察でいろいろ調べてみ  はたらきをして、み  であるから、食べてみ  僕はそう聞いてみ  さつき遠くでみ  芸術家とみ  貰へるかどうか解らないが、頼んでみ  一ぺん飛んでみ  山人生活のかたみ  花がよく咲いて、み  大体にみ  一件を打ち明け得ずしてやみ  牢に、み  主人がグーグーとお寝み  そいつを締めてみ  祈祷とは違うてな、試してみ  ことやけに頼んでみ  暗示するとみ  自ら蒸気浴を試みてみ  衣文をなでてみ  のかどうかは調べてみ  点をとってみ  異同も考えてみ  瞼も、きわめて美しい優しみ  過去一年をふりかえってみ  男子大学生にきいてみ  民主主義文学運動をみ  独裁をみ  金十郎はおそれ畏み  塗篭へ入って寝てみ  糸目を探してみ  鍵をさしこむと、開いてみ  電灯をつけてみ  聞き耳を立ててみ  ちょっと走ってみ  事件を裁いてみ  さっきから聞いてみ  位遅れるかを測ってみ  扉をグッと明けてみ  覗ってみ  脚をちょいと突いてみ  グルグル廻ってみ  宿直室を呼んでみ  上程してみ  正面から覗いてみ  それを外してみ  指をさし入れてみ  事件について考えてみ  ローマ字式に読んでみ  中で繰りかえしてみ  侏儒たちがあせみ  踊りをみ  しまつた月夜いるみ  日光に照らしてみ  肩をたたいてみ  わたしが激しい憤りにみ  一ぱい飲んでみ  宵宮に行ってみ  証文まで取ってみ  丹誠凝らして、定めし冷えて寒かろうにお寝み  五臓六腑に浸み  無性に悲しくなってじっと湿み  骨身に浸み  紅ら顔を一層みずみ  身にみ  しらねども信ずるわがみにみちみ  戒くににみ  解釈をつけてみ  世相は、どんなだったかをみてみ  ものかをも、きっとみ  戦いやみ  飛行機に実際に乗ってみ  日を思い出してみ  これ飲んでみ  きょう買ってみ  ことばを味わってみ  フランス文学史を開いてみ  いくら修行してみ  聖書をとり上げてみ  水中に投じてみ  奇術師として考えてみ  それから考えてみ  希望を訊いてみ  平手で叩いてみ  練りあるいてみ  使フ所ノあるみ  私は、問うてみ  三局ばかり調べてみ  物にしてみ  狼狩りを遣ってみ  これはよく考えてみ  兄さんに話してみ  兄さんに聞いてみ  先へお寝み  本書中に、み  別々に考えてみ  人々に尋ねてみ  言語について考えてみ  音をどれほど考えてみ  実例について調べてみ  字を集めて考えてみ  五十音図に宛ててみ  支那語と比べてみ  時間が参りましたけれども、少しばかり述べてみ  ようだから、まあ読んでみ  一緒によく検めてみ  以前はおみ  つて、をみ  后を、み  之を狭く考へてみ  比較研究してみ  天孫すめみ  歌でみ  私は考へてみ  しか、み  お巡りさんはつくづくみ  はる群衆をみ  希望でみ  オペラ運動がみ  念を押して訊いてみ  わたくしもうっかり覗いてみ  蒲団にしがみ  時刻に行ってみ  アそれをみ  七福神の名み  万葉にながめいみ  間には、ながめいみ  除ってみ  二三ばい飲んでみ  葉に軽く触れてみ  翌日も待ってみ  あちらこちらしてみ  声をたててみ  蓋を取つてみ  二三杯飲んでみ  翌日も待つてみ  彼方此方してみ  ことを思ひ浮べてみ  声を立ててみ  王城に暮してみ  指揮してみ  笑顔をみ  行つて欲しいと頼んでみ  わざと打ちつけてみ  戸外にでてみ  方法を、いろいろと考へてみ  ふたつに割れるほど、あばれてみ  顔とをくらべて考へてみ  眼をさましてみ  力まかせに、殴つてみ  手足をのばしたり、跳ねてみ  耳にむすんでみ  首にむすんでみ  ために覗いてみ  室内を調べてみ  鋲を外してみ  事実を隠してみ  陳述をしてみ  考え物だとは言ってみ  目の当りに会ってみ  のかも知れないと考え直してみ  事など思い出してみ  ふちをたたいてみ  火鉢をたたいてみ  爪でひっかいてみ  試問してみ  ものをも、つきとめてみ  試みにかえてみ  年齢を、拾ってみ  五千石にみ  濡れ歩いてみ  帖とならべてみ  さきでとらえてみ  構造を凝らしてみ  観点から、書いてみ  中に埋まってみ  踏ンでみ  辞書など調べてみ  チッチッと呼んでみ  叡山へ登ってみ  景観をみ  手に廻ってみ  半日ほど並べてみ  漁ッてみ  目で捉えてみ  私なりに書いてみ  所に愉しみ愉しみ  盛行をみ  句は書いてみ  正成としてみ  紙きれをみ  一枚一枚ふつてみ  方でみ  そつと開いてみ  頭をたたいてみ  デッサンをみ  七宝を描いてみ  つたものとみ  仕事ぶりをみ  思つて、いろいろ読んでみ  説明されてみ  歴史画としてみ  作家であるかどうかを調べてみ  投げやりにみ  卑屈にみ  作品年表をみ  観察して考へてみ  系統をみ  大観にしてみ  画家に発してみ  大器晩成主義とみ  作家にふり向けてみ  顕はれとみ  世辞抜きにして考へてみ  興味ふかく考へてみ  追求して考へてみ  それだけをみ  日本画家に描かしてみ  どれを聴いてみ  区分してみ  作家は甚だ与み  批評をみ  計画をみ  絵だけをみ  近来我々素人がみ  落着いてみ  能動性をみ  日本画に就いて述べてみ  討論さしてみ  ものと較べてみ  単純にみ  作家をみ  評論をみ  観念的唯物主義者とみ  者からみ  独立展をみ  作風でみ  青龍展をみ  系統的に調べてもみ  それに与み  一回目にみ  念入りにみ  のを選んでみ  福島コレクションでみ  分離して考へてみ  問題として採りあげてみ  柔らかい作品をみ  大観個展をみ  一度は手掛けてみ  作品とを較べてみ  寸暇をみ  刊行をみ  大乱にみ  省してみ  史料漁りなどもやってみ  俯瞰してみ  方丈記を読み直してみ  よせ集めてみ  いちど牛車に乗ってみ  走り湯権現へのぼってみ  たよりに、もうすこし彫り上げてみ  一ぺん歩いてみ  裏を歩いてみ  鵯越えを書いてみ  中から書いてみ  次は次になってみ  ぼくは書いてみ  将棋に擬してみ  ぼくはいってみ  下車してみ  車をとばして行ってみ  幾つも描いてみ  から拾ってみ  融合までを、心ゆくまで、書いてみ  社会図を描いてみ  充分に書き究めてみ  川幅も狭ばみ  山近く狭ばみ  諦観へは否み  顔をよせてみ  ちょっと、撫でてみ  もっと上へ登ってみ  ここで、も少しいってみ  原田氏のおてがみ  動機でしたと、おてがみ  生活をのぞかせてみ  辛抱してみ  山せばみ  停車してみ  んですな、引っ返してみ  かな目をみ  編集に頼んでみ  講演を案じてみ  桟橋へ行ってみ  会下山ですよ。ここへ来てみ  四人が腰かけてみ  ちょっとだだをこねてみ  一任してみ  方へ移してみ  露台にでてみ  ボタンをおしてみ  行つた夢をみ  僕はなんにもみ  出来ごとをみ  夢でほんとにみ  夢はみ  哲学してみ  ついでに、まとめてみ  父に習ったとみ  考慮してみ  会員たちに会ってたずねてみ  反古文庫に探してみ  確説をみ  紙墨へ点じてみ  電話して問合せてみ  限りもないなどと思ってみ  仏家人名辞書までひっぱり出してみ  法山とは読んでみ  もっと考究してみ  点を追ってみ  もう少し闡明してみ  仆してみ  呼吸させてみ  下にかくしてみ  だって考えてもみ  三笑亭に訊いてみ  方を掴んでみ  後に、ひらみ  膝を抱いて聞いてみ  日延べがしてみ  技がみ  そこで聞いてみ  ことをいろいろ調べてみ  心あたりは無いかと訊いてみ  浮めてみ  挙動を考えてみ  ズボンまで浸み  前にしらべてみ  希望をのべてみ  此粋様を仰ぎ尊み  これを描き出してみ  順序をとってみ  支那数学史を説いてみ  相関を調べてみ  1928)を読んでみ  これもよく考えてみ  者を呼んで、よく尋ねてみ  肉付けをしてみ  一端をのぞいてみ  雄飛してみ  段になってみ  ところへ跼み  気持を思いかえしてみ  一遍やってみ  見舞いに寄ってみ  大かたこっちへ移み  なにかいろいろ訊いてみ  対手をさしてみ  物見に行くみ  俺ちみ  股を抓ってみ  何をするだろうと思ってみ  さそうにしてみ  指に抓みあげてみ  コツンコツンと蹴ってみ  背後を振り返ってみ  シッカリと押え付けてみ  瞬をしてみ  滋味を味わってみ  のを飼ってみ  あと何人書きつけてみ  男をおのずと尊み  ゆゑあでやかにみ  づぼくが瀬ぶみ  ママと云い直してみ  内々様子を探ってみ  幾度も着てでもみ  自分をかへりみ  自然と浸み  物語ぶみ  薬草をのませてみ  たへてみ  ために、たのんでみ  みんなからびつくりしてみ  ひととほりしらべてみ  民族的に考えてみ  文化史上から観察してみ  一事のみをみ  比較でもしてみ  交渉は洗いざらい考えてみ  目玉ばかりみ  いふ事實だけを擧げてみ  發露を求めたとみ  あいとけなきおんみ  おらも行ってみ  あとで読み返してみ  事実をかるくみ  このごろたくさん目についてきましたが、考えてみ  場面にみ  眼をもってみ  悪いことはみ  身体を主としてみ  冗談めかして言ってみ  おりをみ  硫黄になって消えるかどうか見てみ  全部いれてあるつつみ  泥棒じゃないと、いってはみ  試験準備をみ  家事万端をみ  笹部にすすめられてやってみ  顔をじろじろ見調べてみ  おじいさんは、できあがったくわを取りあげてみ  もとへいってみ  手を尽くしてみ  おばあさんにたずねてみ  おばあさんに聞いてみ  穢れに浸み  ほやをはずしてみ  衣更えをやらせてみ  ひかりが浸み  焔のまるみ  人々はおどろき怪み  後生だから行ってみ  なにしろ早く行ってみ  お座敷にお寝み  通りにお寝み  お母様がお寝み  今になってよく考えてみ  只今私から考えてみ  事が、み  表情にしてみ  姿にしてみ  ところを開いてみ  そつくり思いかえしてみ  佐太郎は思い出してもみ  端をめくってみ  相手に浸み  並木に浸み  嫁に仕込んでみ  いま呼んでみ  唄を謡ってみ  ひとり河原に出てはみ  玄関へ下りてみ  わたくしをとめてみ  そこであれかれと考へてみ  名前を呼んでみ  自分も話してみ  四方を撫でまわしてみ  それから眼がさめて考えてみ  城へ駈けつけてみ  きょうはめっぽう、きれえじゃねえか、などと言ってみ  街道も時々は歩いてみ  和尚さんが帰って来てみ  目をこすりこすり、行ってみ  ふろしき包みを持ち上げてみ  本堂へ行ってみ  臆説を述べてみ  考察を進めてみ  阿修羅にあててみ  雪をみ  詮議をいたしてみ  眼に突き透すとみ  一度登ってみ  人を呼んで訊ねてみ  学者たちにも訊いてみ  夜店商人でないとみ  もう一度ためしてみ  加持祈祷をさしてみ  水の上を覗いてみ  遼陽へ行ってみ  順々に照らしてみ  あるかないかを試してみ  図をかいてみ  少女をみ  乞食をみ  冬をみ  のであろうとも考えてみ  ひかりに透かしてみ  問答無益とみ  のを待ち受けて、なんとか頼んでみ  七回も行ってみ  現像してみ  丸顔をみ  彼は、どうみ  家をみ  部屋をみ  背をみ  うえで振りまわしてみ  懐中時計をだしてみ  置時計をみ  荒地をすかしてみ  なかをすかしてみ  そばでよくみ  帽子をとりあげてみ  二階からおりてみ  傘ですよ。帽子を調べてみ  駅長さんに話してみ  なかっただろうかと考えてみ  指でつついてみ  ちょっとソーンダイクをみ  透かし模様をみ  いるかどうかきいてみ  血痕をみ  線路へ行ってみ  線をみ  結びあわせて考えてみ  顕微鏡でみ  丁寧にみ  レンズを使って調べてみ  ガラス屑をみ  私たちも探してみ  これをのぞいてみ  敷居をみ  花壇をみ  裏手へまわってみ  のなら、探してみ  破片をひろってみ  レンズを覗いてみ  名刺を出してみ  紙を比べてみ  灯にすかしてみ  なかのと比べてみ  軸を比べてみ  紐とくらべてみ  レンズで覗いてみ  重湯をまた覗いてみ  医者によく聞いてみ  心配してるといけないと思って寄ってみ  一ト月待ってみ  ムシャムシャ喰べてみ  読者諸君は、すこし考えてみ  米をたらふく食べてみ  プクプクともぐってみ  ブウブウ言いながら、防いでみ  綱を引っ張ってみ  ところで、後で考えてみ  支那へ行ってみ  欧洲へ行ってみ  模様をかえてみ  女でおきみ  すき間から金魚をついてみ  姿は、どうみ  後姿をみ  八卦でもみ  母様もみ  八卦をみ  他でもきいてみ  値をきいてみ  順序立てて思い出してみ  玄関でみ  それ等をみ  茶碗をみ  ものに入ってみ  もう一度、よく見てみ  心がある、行ってみ  夫婦になってみ  いるかきいてみ  音が浸み  鼻血が出るほどたべてみ  一段背のびをしてみ  何でも買ってみ  後から聞いてみ  お月さまをみ  二あし歩いてみ  何となくいばってみ  鶏をみ  豚をみ  絵でみ  魚なんてみ  そとに出てみ  金井君も時時み  僕たちをみ  時計ばかりみ  木だのみ  枝にとまっているというので、そっと行ってみ  手紙をひらいてみ  米なんてみ  ちゃんとよくみ  力になってみ  電気にすかしてみ  醤油ビンをみ  おとうさんにみ  いっぺん、よく考えて何とかやってみ  子どもをみ  気長にみ  誰かがみ  一生めんどうをみ  わけか、考へてみ  大漁踊りみ  名乗りを挙げてみ  竜宮に来てみ  何か食べてみ  男泣きに泣いてみ  薬だから、ためしてみ  乘りを擧げてみ  與へてみ  藥だから、ためしてみ  子供を持ってみ  乱暴に突き出してみ  なかへ落してみ  感覚を、わざと考えてみ  根が浮くくらいになるまで考えてみ  霧雨やみ  美酒の浸み  ところに任さんのみと思いてやみ  お巡りさんかと尋ねてみ  子供がみ  歌劇をみ  墓も撫でてみ  運をみ  勝算なしに走らせてみ  私も買ってみ  ために訊いてみ  私は、いそいで駈けよってみ  においを嗅いでみ  そこらを撫でまわしてみ  室内をしらべてみ  一種ぼへみ  構成派的に並べてみ  発議で取ってみ  群集をみ  ぷろぺらで掻きみ  例のにやにやをやってみ  顔を近づけたり、離したり、曲げてみ  全身を映してみ  アレンジしてみ  塔上へ出てみ  一つ作り上げてみ  闘牛へ行ってみ  下っぱ闘牛士なんかのぼへみ  女を小突いてみ  手で撫でてみ  ベニイに会ってみ  のかと、訊いてみ  彼女に奨めてみ  雪を思い思いに踏み固めてみ  いつまでも雪に触ってみ  急派して探させてみ  私は威張ってみ  独逸廃帝も付け狙ってみ  ヴェイルを引っ張ってみ  誠實、と置きかへてみ  何だか口をきいてみ  オナラをきかせてみ  怨嗟をそれとなく訴えてみ  だんだん聴いてみ  新宿驛に行ってみ  指でおさえてみ  時に、よくしらべてみ  火玉を斬ってみ  大工はせっかく見込まれて頼まれたので、うんといって引き受けてはみ  場へ来てみ  川へ出てみ  郵便物を一々しらべてみ  由来も聞いてみ  一度はやってみ  ほとりを歩いてみ  縦横に伸び、彫み  頬を抑えてみ  一寸かいでみ  これはお寝み  電話番号を調べてみ  小舎にかけてみ  中から外へ出てみ  私どもはいってみ  木におりてみ  母上、お寝み  淡紅ばみ  淡路君に訊ねてみ  父と話してみ  不審に思い行ってみ  キュッとしめつけてみ  子供でも生んでみ  最短線を引いてみ  汁に浸み  孔雀に与えてみ  鏡でのぞいてみ  君を酔っ払わしてみ  ヒヤリとしてみ  それっきり考えてもみ  わずろうてみ  行きとどきで、いまさらあわててみ  医師にみ  口に入れてはみ  はじめから鮎釣りをやってみ  しろから、こう問うてみ  竿を握ってみ  塗つてみ  影さむみ  欄干橋をみ  氣輕く、讀んでみ  中庭をみ  手入れをさせてみ  秋ぐちなんぞには着てみ  目鏡をかけてみ  中へまでも浸み  物を言ってみ  一行をみ  なかを探してみ  その男に訊いてみ  旅商人にも尋ねてみ  役場へいって訊いてみ  これかと探してみ  そッと呼んでみ  上からこれをみ  一緒に遊んでみ  顔つきをしてみ  ちょっと、取ってみ  心がまへに少しなりと顧みてみ  氣持をみ  打破してみ  檢討してみ  何を並べてみ  雜書をくり返してみ  見方をおきかへてみ  提唱してみ  つて、動いてみ  四日間書いてみ  繩をかけてみ  つててこを入れてみ  考察を集められてみ  一城を持たせてみ  現代に生かしてみ  思つて書いてみ  嫁さんをかへりみ  僞君子にはみ  想像はしてみ  近頃の子は、かへりみ  氏の憂ひを訊いてみ  興亡史からみ  入院をみ  貧苦をかへりみ  もとに、考へてみ  はてなと、よくよく考へてみ  自分にただしてみ  反目してみ  自分もまねてみ  ときには考へてみ  左衞門を書いてみ  肖像畫などにしてみ  人間がみ  ちの人間がみ  社會をみ  立場に立つてみ  答をだしてみ  ものだと、うぬ惚れてみ  頭におき通してみ  拾つて篩にかけてみ  樣子をみ  びつくりしてみ  ものをもつて始終をみ  すりがみ  いつか三年をこえ、かへりみ  現代小説を書いてみ  そこを書いてみ  東京にしてみ  歴史にもみ  んでもみ  先まで書いてみ  方で書きむすんでみ  戰さやみ  肌をなでてみ  つて回顧してみ  作用を考へてもみ  おこさまも近頃み  おなごれ惜しいみ  為、み  音が、みしりみ  音がみしりみ  底までひっくり返してみ  念の為、押入れを捜してみ  ようにして探してみ  全部、拡げてみ  デッキに出てみ  ぼくをみ  処を、探してみ  我を忘れ駆けて行ってみ  簪、買うをみ  体育室に入ってみ  さなど、想ってもみ  あとでみ  面倒をよくみ  バッジをみ  船員にみ  誰かにみ  海を暫くみ  泣きッ面をみ  うねりをみ  蜃気楼をみ  ときにみ  選手達もみ  封筒を裏返してみ  草の根を押しわけて探してみ  記憶を辿り、さがしてみ  あとで、み  ぼく達を呆れてみ  八郎さんが、かつてみ  幻想を書いてみ  心持ち唇をあけてみ  版画をみ  何時迄もみ  ぼんやりダンスをみ  それ迄み  晩夢をみ  頁を繰ってみ  なんだとおもってみ  ぼく達はみ  船室を叩いてみ  なかで、ばかばかしくもほろほろと泣いてみ  一緒に出てみ  医者に尋ねてみ  から遂に云い出してみ  夢まで拵え出してそれとなく尋ねてみ  一度お尋ねしてみ  方を訊いてみ  ものかを考えてみ  いふ世話をしてみ  ことが、いかにも惜しまれたので、できるだけは逃れてみ  光明に縋ってみ  それから封を切ってみ  彼はくり返して読んでみ  煙草をすすめてみ  それから又そっと覗いてみ  只一寸君達に逢ってみ  それから縁側に出てみ  肩を引きしめてみ  から試しに買ってみ  チョット裏返してみ  冷笑を浮かみ  下から齒がみ  見物してみ  右へ移してみ  文章を示し、読んでみ  生命が育つてみ  一端をひけらかしてみ  ブチ毀してみ  ブチ壊してみ  世界に返してみ  半じとみ  仕草など、どうみ  習慣から出社をしてみ  そうに撫でてみたり、叩いてみ  この間から相談をしてみ  片瀬へ行ってみ  郵便受けをのぞいてみ  裏山にでも登ってみ  天城山に登ってみ  注意を集めてみ  つっかけて、見に行ってみ  時計を見てみ  僕に打ち明けてみ  所か、行ってみ  田舎へ行ってみ  経営がうまくゆくかどうか分らないが、とにかくやってみ  兄に頼んでみ  ちょっとふれてみ  静に話しかけてみ  自分も笑ってみ  表だけみ  姿をちらと思い浮べてみ  娘たちは、一目み  方の、黄いろみ  一緒に読んでみ  十六巻を、ひらいてみ  書き出しを拾ってみ  順序不同に並べてみ  書き出しから説き起してみ  何かで調べてみ  諸君と一緒に読んでみ  頁をひっくり返してみ  もう少し先まで読んでみ  ロマンスに組立ててみ  一こと言ってみ  一言聞いてみ  側からも、少し書いてみ  採用して、書いてみ  心懐に就いて考えてみ  諸君は考えてみ  ようだ、得てみ  上むりして努めてみ  原文を読んでみ  自分も踞み  もう一度繰りかえして読んでみ  順序も無くちらちら思い返してみ  心に薄々と覚えておりまして、思い出してみ  嫁御寮をかいてみ  自身にたしかめてみ  ものとに分けてみ  例を少しはみ  伊右衛門は上げてみ  温度計を買ってきて測ってみ  石の点頭くがごとく、踞み  実地に使ってみ  事実を忘れようかと、考えてみ  ことがないと、こう尋ねてみ  夫人イエニーにみ  一飛びに跳ね返って、ひょいと踞み  ためいってみ  具合から土の柔かみ  指摘してみ  音ではないかと思ってみ  これも調べてみ  ちよつと考へてみ  友人に試してみ  君自身で考えてみ  刀をためしてみ  子供たちに試してみ  夢をみなかったかと尋ねてみ  画布に触るる浸み  思つたが、然りとていくら考へてみ  作家にしてみ  見舞状を出してみ  僕をじろりみ  氷を叩いてみ  吸付いたとみ  幽霊船を探ってみ  注射し、そして、ふたたび殺してみ  旋回してみ  醤油の浸み  気がしてみ  月の光りで遠くまで見渡してみ  顔をさし寄せて訊いてみ  須崎監獄へ行って取調べてみ  目を付けてみ  模様を考え合わせてみ  権兵衛は起ってみ  ていねいにしてみ  レーダーで探してみ  ギンネコ号からのいやみ  ガス噴射を高めてみ  レーダーもはたらかしてみ  ことを、いくら論じてみ  みずから試験をしてみ  ためしに、そういってみ  変調眼鏡をかけてみ  音楽会へいってみ  天蓋まであがってみ  無電連絡をとってみ  服で包んでみ  海岸通りを歩かせてみ  ビラを振り撒かせてみ  のか、と考えてみ  綜合してしらべてみ  それから下駄を脱いで駈け出してみ  私昼間連れて行ってみ  もっとこなしてみ  何でも拵えてみ  デッサンなどもやってみ  写実主義をやってみ  人に実際に会ってみ  お札ばさみ  私は会ってみ  ノートをみ  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
みたりはうみて  みを感じた  みが収まらないので  ミにもメにもなるので  みで釣りといふものがやめられない  みにも出られる  みもせず  みのうちにほころびる  みの底に身をなげ  みを伝へてゐる  みを知らぬ  みを憧れ  みのあった  みを見つけて滑りこむ  みをしていた  みを含んだ  みを求めるので  みと滑らかな光沢があって  みを知り  みを帯びた  みもしまい  みを始めた  みを感じぬでもなかつた  みをもっているだけ  みのある  みを見いだした  みに甘さの交わった  みを覚えた  みをもって  みを帯びて  みがある  みよりももつと  みを感じて  みに台所から眺められたのに  みにしてゐたら  みを踏ン張って  みを持った  みもある  みがあって  みというものをしみじみと味わわなかった  みの鬼灯が見られる  みに心いたむ  みと言ふも  みと言ふ  みを帯びて光って来た  みに泥まみれになってかじかんで居る  みを射込んだと  みを染めて  みを与える  みをいへば  みを頂く  みを味わいながら  みを喜べ  みをすました  みをおもへばなんでもなくなる  みを拜んでゐる  みにしていた  みを帯びている  みを湛えている  みさえ漂っていて  みも少なくて凌ぎ  みをくれ  みはしない  みになった  みもしていた  みを妻に感じさせた  みをあたえて居なかった  みの見つかる  みを言って  みに徹し  みを得た  みを感じ出した  みの起縁に成って居ると  みを揺った  みをうけている  みをはじめたので  みとが自然に浸  みはどちらにもよく出てゐましたが  みに酔つてゐたとしか思はれない  みがあり  みをするかと思うと  みをもたらす  みをしない  みをして歩く  みで見ると  みのことをいう  みをする  みが残っていて  みを持つてゐた  みを感ずる  みを覚える  みを味つてゐる  みへでた  みがあるので  みと不満とがある  みと物足りなさとを覚えた  みと品位とを持った  みを作っている  みのみえる  みが其所にあるに  みを凝視るをみそなはすで  みを慈しみ  みの雲に讀む  みがあった  みを宿して  みを知らない  みに従事しているね  みは学校にも在る  みの一つは一巻の中に現われた  みを忘れ得ない  みが乏しいとも云えよう  みで纏め  みを受ける  ミが強く響いたといふ  みがないのだから同盟の約を破  みを帯びて居る  みと変つて行く  みの着物を譲る  みだけを考へてゐた  みを踏んで  みがかたまらない  みは私の好んで選んでゐる  みと憐れさを二倍にして見せる  みと暖さがみちて居ました  みと暖かみを与える  みを受け  みを見せて  みを帯びていなかった  みをしてもらって  みもにわかに消えた  みをこめた  みの多少残つてゐる  みの中に立つた  みかも高き屋にひとりのぼりて  みが一つ出来た  みに倣って  みの内に団欒する  みをこめて  みで押し通しました  みをかなり多量に持っている  みをつけ込んで  みにつけ込むという  みとが立っていた  みをあらたに持ち  みと守りをささげられながら  みをとって  みを聞いて  みがこもっていた  みがあるという  みを包みつつある  みを見られてしまっては  みを知って  みを噛む  みにしておられます  みを関東総大将にあげ  みと静かな驚きの渦紋がよび起されていた  みを持って  みを外して  みをつくし  ミの字はせ  みなどをたずさえて  みを尊氏へそそぎあった  みをもってる  みとつややかさをふく  みをしたひ  みを考へてはと  みもあると思いました  みも共にしてきた  みは届けられて来たが  みの鼠色の縞の着物を着て寝て居る  みを湛えてると共に  みと許しとに変る  みと許しの日がある  みを押当てて吹いた  みを感じさせる  みでも残っていないか  みをおぼえはじめ  みを遣らねばならない  みを見る  みに溢れていた  みにはてんた  みを並べたかも知れません  みもすれば  みさえ残っている  みにした  みで左右に揺れ出した  みのようにさえ感じられて  みもした  みに誘はれる  みを残してくれる  みと悲しみとでいっぱいになってくる  みを帯びてき  みのひとつになった  みにして来た  みも出来た  ミズシンまたはガアラッパと称する  みをとり  みの見える  みをさせる  みを持つて居る  みに何か文字がある  みを発してゐた  みを発していた  みとをつたえ合おうとする  みを充分に味わうには  みを出す  みをもっている  みの原因は登場する  みもあるであろう  みかも知れないなぞと  みを思ひや  みで淡雪の上つらがつぶやく  みを送る  みを化榎に帰して  みの古金銀までも売り  みを感じていた  みの着物を質に入れて来た  みをいたします  みを試みた  みをすら持つて  みをお耳に入るる  みのない別れを彼女はクリストフに告げた  みに眼を放る  みのない様子で子供たちをながめ  みが浮んだ  みを見つける  みなどもあって  みもよけいに勝って見え  みのない顔をし  みも一つになつて心頭から憤が  みであらう  みの袖をかけて忍ばん  みも知らないし  みをよみの晴著に人の世のはかなさ見せてゆく  みで生きている  みにしてゐますよ  みを感ずるかも知れぬが  みが出来たと  みをまぎらす  みをおびた  みはここから何か少しずつ芽の出てくる  みの殘つた草の根を握つた  みをもって眺めずにはいられなかった  みをくりかえす  みと若やかな感じとは具えていなければならぬ  みが微に顔に感じられた  みを去る  みと生気とを齎して来た  みの基となる  みの出て来た  みを帯た声音で終日鳴る  みを顔に感じた  みを加えた  みを与えると云う  みに行々子の啼く  みを感じながら  みは行く  みがついて見えた  みにもあらで  みにならなくつ  みにしてる  みの立場から見れば  みを感じていたりする  みをうち  みを願いまする  みというものがあった  みを湛えていた  みも無くなるだらうと思へた  みが走  みもいくらか色づき  みも好ましくなつてゐたが  みがかつて湛へられた  みを以て眺めて居た  みの着物でどてらを縫って貰っていた  みをのべたてた  みは無論その空氣を構成する  みが蔵はれてゐて  みをもつて  みを持って居りました  みをましてゆく  みがありますよ  みが残っているとすれば  みを漲らして  みに植えていた  みがほとんどありません  みで二人を流し見た  みが潮してゐる  みの氷の雨塚というもののさまをも見おぼえ  みをさがしてねました  みも好みもせぬ  みはどんなに違うだろう  みは全然感じないらしかった  みをし  みを反射する  みで書くだけで  みにとけ合う  みにしておった  みにし  みもつき  みを感じ  みになりましたねえ  みを思う  みはいたしません  みはしませんわ  みをしたりして  みが倍加されていた  みがあります  みがあるでありましょう  みもついて来て  みで雪はとけます  みをみせ  みにしていたが  みがよけいにさして来た  みがこもっていてね  みをした  みを加へて考へねばなるまい  みの深入りする  みを味わわなくてはならないでしょう  みをねらつて  みをうろうろしてゐる  みをさせてみたら  みを帯びて見えた  みが裸の曲線とそっくりに二つに割れて  みに畏む總理大臣の靴音がする  みに働いている  みは禁止せずに  みは違う  みは配給したり  みとよろぼひ立てる  みと咲きにけるかも  みかも梅の花疾きも  みで子供だって見ていさえすれば分りますから  みに覗いて通った  みをかけて読むなり  みはこたえられぬ  みだと爺さんが面白い事を云う  みは判りたくないけれども  ミなキザなものしか感じる  みにもならぬ  みでもある  みある所に愉しみ  みをいま抱いている  みがほろほろに交った  みを覚えさせました  みを帶びた温かい微笑を含んで居つた  みに器へうつしてつかう  

~ み[名詞]1
車押すみたりは  字はミにも  値ぶみを  壁際に踞みも  性来どこかにおかしみを  鮮血はあぶみを  さひつそりとみみを  ことでもおんみを  自分はおんみを  それだけではミも  一つあてみを  膨だみを  大まへつぎみと  上に切りみを  眼で飽かずおんみを  オテル・テルミニュのミが  絶対に勝ちみが  瀬ぶみを  きみとしろみが  鞍やあぶみを  一握みを  九州でミ  らへぬみを  中でおかしみを  ニ唯君のミ  方に勝ちみが  代表するみたりの  先に進めるみたりの  附ぶみを  此をかしみを  邊に立てるみたりの  

~ み[名詞]2
ぬくみ  愉しみ  ふるみ  怪み  ふかみ  可笑しみ  あたたかみ  柔かみ  やさしみ  優しみ  軟かみ  淋しみ  紅み  なつかしみ  寂しみ  よわみ  かたみ  にがみ  憎み  まるみ  たのしみ  したしみ  さみしみ  広み  蒼み  くるしみ  黄色み  痒み  貴み  太み  つらみ  懐しみ  明み  愛しみ  おもしろみ  くさみ  吝み  おかしみ  嬉しみ  軽み  軟らかみ  古み  卑しみ  しろみ  あかるみ  怪しみ  いとしみ  遠み  畏み  懐かしみ  しぶみ  わかみ  わすれがたみ  黒いみ  羨ミ  尊み  暗み  けぶみ  蒼白み  睦まじみ  美しみ  やわらかみ  眠み  近み  悪み  ゆるみ  よろしみ  宜しみ  稚み  涼しみ  あまみ  

複合名詞
ハズミ  楽み  積ミ  筒先ヲ揃ヘテ威嚇ヲバ試ミ  ミッキ  ミッコ  マミミ  年マミミ  滲ミ  踏ミ外ストコロ  歸客千里ヨリ至ル妻孥怪ミ二我  摘ミ来リ相顧ミテ共ニ驚  あはれみ  誰一人憐み  ミカド型  ミカド  ミカド型蒸気機関車  甚ダシキ危険ニ臨ミ居レリ  微弱ナレド辛ウジテ読ミ得ル程度  雑草中ニ潜ミ居リシモノナリ  天井裏伝イニ隣室ニ忍ビ込ミ  希み  企らみ  選択み  ミ申付  同様ニ上ミ  沈ミ  憐ミ  頼ミ金ハ御用立  読ミ  らげミ  歌ミ  ミカド食堂  みがわり  ウラミ  ツルミ岳  二表ツルミ  ベラミ  ミミ子  ミカサ集団  ミカサ代表者  シンミ  恨ミ臉容  ミ簾  汽船ペルミ号  偶然ペルミ号  ミニラ  読ミ燈下匆々筆  楽ミ得ル者  ミリュウ  瑜死ニ臨ミ  ミカエル四郎  嫌ウノミ  ツボミ  靴ミガキ  靴ミガキ仲間  惜ミ等  惜ミ  愼ミ  四千年住ミ  内憂ヲ痛ミ外患ニ惱マシムル凡テノ禍因只コノ一大腫物ニ發スルヲ以テナリ  ヲ荷ヒテ歩ミ  リ物編ミ物  ダルミ  手弄み  ニラミ  サシミ  ハゲミ  挟ミ  旧習ニ泥ミ擅殺スルニ於テハ相当  み像  キタミ国アバシリ郡ビホロ町  ノロミ  ノロミ君  美味み  ク迷ヒ込ミ  施スコトヲ拒ミ  拒ミ  み産  残酷み  弔み  ミタテ玉子アリマス  ウノミ  ミアリ正月  スズミ  ミカリ  ツカミ清三  ニ組ミ敷イテ胸  天使ミカエル  ミカエル  ミカエル来  落花踏ミ尽シテ何処ニカ遊ブ  ミチミ  これミチミ  少女ミチミ  ミチミたち  生前ミチミ  ミカド条約説  ミタテ  ミガキ鋼板  シダミ  滋み  ミガク  ツノソサマジニクギジアマトンツマイセリンコゴラミ  ヲダイハモラチチノトレマカテギヲチマメチイモシウトトウミケシテモアエゲイコリマヨトスカイルウヨレオインンウハノナオナスヲトレツコタデレスハ  エドミ人  最低三十ミ  イヤミ  見込ミアリ2  マズ見込ミナシ6  ベニちゃんミツキちゃんエイコちゃん  ウラミ骨髄  ハズミつて  熟読ガンミ  相当ニラミ  カラサリシ実情ニ顕ミ  数ヲ増サムトスル現勢ニ鑑ミ本邦ニ於テ  事態ニ鑑ミ茲ニ国際学友会  ミミイ嬢  ミカゲ  ミカゲ石  ミモロ山  刻ミ昆布  刻ミ葱  ミコト  夏休ミ  強請み  慎ミ  当方構エテ望ミナシ  ツナミ  當ツテレ理ニ而後進ミ  歌劇ミカド  つてハズミ  クロミ  四ミ  さ六ミ  ミマツ曲馬団  われわれミマツ曲馬団  房枝たちミマツ曲馬団員  新興ミマツ曲馬団  新興ミマツ  けさミマツ曲馬団  ミマツ  あたしたちミマツ曲馬団  ミマツ団員  ナマミ  ハズミ一つ  マタ病ミ  キシミ  ミロク菩薩  年々ミノリ豊か  ネタミ  ミタテ違い  シャガミ  一喰物選み  ミリエル僧正  みよう  ミクジ竹  ミトメ  ウラミみたい  押込ミ  何事モ起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ  内裏拝ミ  ミウケ  ミカエル伊東  リ飛ビ來リ悲ミ且ツ欣ブ  插ミ二之  空論忽チ止ミ  獨リ臨ミ二大義ニ一棄ルコトレ  試ミ  有み  望ミ  酒ヲソソイデ江ニ臨ミ  須臾ナルヲ哀ミ  ミチカ  ミノリ豊か  近年婚礼相済ミ候者  伸縮み  ヤクミ  江利チエミ  恵ミ  ミチヤ  ミクリ  浴み  ミノリ  サンゴミ  カラスミ  み人  継続スルコトヲ拒ミ右参人ニ対シテ悪意  花婿選み  人選み  父ヤ我ヲ産ミ  ハヤミ  小糸ミノリ  ナノミ  ミノー  第一歩ヨリ踏ミ出サザルベカラズ  ヒルミ夫人  医学博士ヒルミ夫人  ヒルミ博士  ヒルミ夫人一人  ヒルミ夫人自身  際ヒルミ夫人  望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ  年忘レニモ頼ミ  慎ミ様モナイ  混ミ合イ場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ  きょうみ  ミロク像  ヒルミ  ミロク  ヒトミ  ヒトミちゃん  ときヒトミ  ヒトミさん  ミカエル尊者  野椎ミツチ  睦ミ  ミ翁  ミタヌキ  ミチリ  進ミ川上  ビール瓶ニ汲ミ  ミタラ  ミダシ  四百ミ  ムクミ  燕ダルミ  ミウラ  サシミ庖丁  コヨミ  ときアブミ  ミチヤさん  ヒテ進ミ行クコト二十日  フヲ安ミ  ミルカ  ハチミ  ヒトミはか  ホミ  ペルミ  ミバショウ  ミバショウ植物  ミカエル街ピルチ  ク飲ミ  いやみ  ミリウ  八日龍此書錦戸ニ頼ミ  勝安房ニ頼ミ  ニ頼ミ候  相楽ミ申候  聞込ミ  存込ミ居候  惠み  ミノリ僧  小憩み  ゑがかれしミコル  ミコル  ミケール  ミノリ派  六八み  一〇み  一〇一み  ただ機み  ミウ段  歯ミガキ粉  ミスティック  すゞみ  ミダシ変り  組ミ  恨ミ申ス事アツテ  歌詠ミ  読ミ本  厚ミ  ミクビ  



前後の言葉をピックアップ
未経験  未得      見つか  未解決      見れれ  


動詞をランダムでピックアップ
飛びつけるつっこままどろんならさ起こ聞き澄まし当たりゃ押しきり張り込む染み渡る送り出さ借入れる任せん染み入っ絞り上げる突っかかろおれあい歪みにらみ合っわから
形容詞をランダムでピックアップ
甲だかい青っぽく暖か余儀なく辛し激し陰気臭ありがたけれ重たいめばやういういし片腹痛い情なきひとしかっ弱かっよんどころなしうさんく