「まする」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まする[動詞]
ろあるきでござりまする  どなたでござりまする  諸国をめぐって居りまする  五六倍はあったと覚えまする  妄念でござりまする  企てなど思い切りまする  日に死にまする  大方は知れて居りまする  これに居りまする  お願いがござりまする  那須へ帰られまする  ありがとうござりまする  末ともにかならず見捨てて下さりまする  わたくしでござりまする  仏に仕えまする  海へまいりまする  おいとまする  装飾が破れて居りまする  用になりまする  襖で立て切ってありまする  のを取ったかと思われまする  御苦労様に存じまする  今時分掃除屋が参りまする  悦に存じまする  年囘にあたりまする  私と参りまする  本堂へ直りまする  うござりまする  殊に大事を抱えて居りまする  孝助殿気を付けて行けと云いながら参りまする  一伍一什を物語りまする  様子を見ておりまする  はい誠に有り難うぞんじまする  厄介になって居りまする  お礼に参りまする  仕合せに存じまする  伝右衛門は考えまする  接伴を勤めまする  身に余りまする  方も、励んでおりまする  晩酌をやりまする  頼み申しあげまする  お移りができまする  辺でも、そう申しておりまする  かぶりを振つておりまする  厶りまする  それは申し上げ兼ねまする  やうに祈りまする  我姉君リオノルス姫が居りまする  もとにおかれまする  賜物でありまする  八九時十時頃より段々解けまする  節になりまする  節に相成りまする  此節に到りまする  泥濁りになりまする  来春に相成りまする  只今ありまする  ことになりまする  つて居りまする  痺れ心になりまする  如何かと存じまする  ことが出来まする  様々ありまする  ものがありまする  私もちっとばかり延びたいと思いまする  私もちっとばかり延びたいと思ひまする  辛うごさりまする  顔がゆがみまする  上手に心得ておりまする  新聞に出まする  何も気がつかずに静まり返っておりまする  用意しておりまする  寂寥を覚えまする  所為らしく考えまする  大倉流の鍛えを以て打ちまする  ッて考えまする  祝着に存じまする  裾分ださうで御座いまする  事で有りまする  唯今居りまする  懺悔ばなしもいいまする  中だったと見えまする  四ツ谷切って手広く行っておりまする  人助けに仕りまする  見かけ申して拝みまする  素人評かと存ぜられまする  蛇足と心得まする  豊後守様まで申し上げまする  浅慮かと存ぜられまする  通りにござりまする  残念に存じて居りまする  謀計にござりまする  五百余騎になりましてござりまする  扉を閉じまする  必死に見えましてござりまする  橋にて、追い崩しましてござりまする  ものと存じまする  愚考いたされまする  関東を罷り出でまする  ことかと存ぜられまする  赤坂城を復されましてござりまする  一緒に埋もれまする  綱も生れ代りまする  ように考えておりまする  秘密を守っておりまする  沙汰を待ちまする  詫をいたして弁じまする  誂らへまする  其自己を見まする  状態を見まする  十四五歳位に見受けまする  御意でござりまする  十四五歳ぐらいに見受けまする  老いさらぼうておりまする  波を打っておりまする  ものになりまする  それそれに聞えまする  おめでたい儀でござりまする  ことでござりまする  ことに存じまする  正直に立働いて居りまする  やうに生きても居られまする  用意整うて居りまする  みな緊張しきっておりまする  噂ばかりしておりまする  帰りが遅れておりまする  住居になっておりまする  ように言い抜けまする  ご免こうむりまする  息が絶えておりまする  いるかと申しあげまする  ことができまする  四月からおこなわれまする  お待ちになっておりまする  いただきとう存じまする  途中から使いを立てまする  飛耳張目に使われまする  阿波へ立ち帰ろうと存じまする  侍がありまする  日頃からわたくしの思っておりまする  ように空しく待たされて居りまする  御事情がおありなさいまする  何気なく開けて見まする  どこでござりまする  歴史を見まする  駕籠で揺られて参りましては、死にまする  耳あげまする  郎に焦れて居りまする  いふ訳かと後で聞いて見まする  からうと考へられまする  わたしが奢りまする  ように疑ったかとも思いまする  ことも覚えて居りまする  わたくしにもわかり兼ねまする  気質だったかと思いまする  切り紙でござりまする  はさようかと思いまする  ように思いまする  刹那だったと思いまする  芸はこせついて居りまする  ように思って居りまする  気もちを持って居ったかとも思いまする  数馬と悟ったかとも思いまする  ことと思って居りまする  千浪さま、行ってまいりまする  ワタクシが老来若返りまする  酒のまする  事もありまする  限りに成りまする  つて居まする  何となりまする  美事繁昌して居まする  奉公して居まする  變つて居まする  迷惑で御座んしてしよ、もう話しはやめまする  噂もござりまする  ことではないかと存じまする  同道しておりまする  猶予を願いたいのでござりまする  稽古をいたしておりまする  上京して参ったのでござりまする  無念が晴らしたいのでござりまする  難儀でござりまする  私も存じておりまする  光栄を覚えまする  ものでござりまする  留守しておりまする  者はございませぬので、いやもうひどく荒れておりまする  次第でありまする  長十郎お願いがござりまする  祈願いたしておりまする  ことがござりまする  創でござりまする  井戸を汲ませまする  笑うた化ものがござりまする  中へ辷り込みまする  ように悲しんでおりまする  伏完もおりまする  歴々といえまする  ことをおそれまする  生れつき不風流にできているとみえまする  目にかけまする  はからいを待ちおりまする  顔を見まする  おり場所も、おわかりになろうかと存ぜられまする  外から見まする  ここにおりまする  大船、ただ今燃えておりまする  金の卵がありまする  りんごがみえまする  即刻、召捕えて参りまする  希望にござりまする  諫言申しあげまする  わけでござりまする  アドこれにゐまする  さし控えておりまする  劉表にはうとんじられておりまする  完きを見られまする  お待ちしておりまする  賢慮を仰ぎまする  ことではござりまする  ことはないと考えられまする  しまするでござりまする  町医長庵めにござりまする  儀は心得ておりまする  祈願を凝らしておりまする  持参致してござりまする  満州問題を見まする  毒でござりまする  大事でござりまする  勝でござりまする  ように見えまする  ご覧にいれまする  一言なりと下し給わらば有難うぞんじまする  わたしも共に参りまする  神にもたれてゆきまする  察いたしておりまする  みな困っておりまする  程にいわれておりまする  全治させておりまする  心中はよく分りまする  おねがい申し奉りまする  ように申しておりまする  抔と申して居まする  だんだんに考へて見まする  時代になりまする  散髪に成って見まする  突掛けて来まする  短冊から段々問い合せまする  しゅうなりまする  是から歳暮に成りまする  附届を致し、出て来まする  それから翌年に相成りまする  歿なりまする  安泊りに居りまする  相続人に相定めまする  家を立てまする  此島に参りまする  面へ現われまする  不明にござりまする  女文字ゆえでござりまする  女にござりまする  八重殿にごさりまする  癖をよく存じておりまする  嘘でごさりまする  配下になりまする  一大事でござりまする  髪を捧げてお誓い奉りまする  ところでは申し兼ねまする  様子に見えまする  わけでありまする  中を見まする  感心して見て居りまする  武士を取って投げまする  顔色を変えまする  人が重んじまする  米でも恵みまする  灯を附けて見まする  是から掛合になりまする  傍に居りまする  ように考えまする  手を取って捻りまする  遠方へ参りまする  猿島烏帽子島金沢なども見えまする  竹ヶ崎を立去りまする  左右へ開けまする  其れのみ申して居りまする  真人間に相成ろうと悦び居りまする  待兼申し居りまする  旧来居りまする  お方に差上げまする  顔色が変りまする  頃でしたが、よく覚えておりまする  それのみを祈りまする  通掛りまする  残念でござりまする  内がもめまする  身を潜めて居りまする  沓へ掛って来まする  眼を着けて居りまする  往来が止りまする  私が逃げまする  支度をして居りまする  煙草を呑んで居りまする  手を取りまする  一つ仇討に成りまする  峠へ掛りまする  目に懸らずに死にまする  奈良井から藪原へ参りまする  谷へ落ちまする  山道へ掛って来まする  雪が降って参りまする  谷汲まで打納めまする  足を投出して居りまする  敵討に相成りまする  藻刈鎌を担いで出掛けまする  富川町へ駈けて参りまする  暮掛りまする  顔形が違って居りまする  厄介に成って居りまする  剣術を仕込みまする  噂が高く成りまする  間待って居りまする  一服遣って居りまする  無限でありまする  果迄輝いて居りまする  一應御覽下さりまする  個人として出て居りまする  考へまする  Authorityをも認めないとなりまする  云つてありまする  言つて見まする  解散に相成りまする  通りここに居りまする  玉で縁どりまする  欲望で造りまする  靴を造りまする  裹みまする  開業いたして見まする  受領賜わりまする  御覧になりまする  手前、討取りまする  ようには成っておりまする  ように思われまする  易えまする  眼にはありありと、そのお窶れが見えまする  いくらかを、分けて戴けばそれで済みまする  今年一年間いらせられまする  波をたてまする  帰りなりとうなりまする  仔馬はぐんぐん連れて行かれまする  野づらに落ちまする  話をしながら漸く登りまする  から簑笠を反除けまする  東京から往復が出来まする  屹と見まする  親類内に居りまする  遊びに参りまする  方へ退りまする  砂原へ落ちまする  ッと切れまする  十一月になりまする  詫事をして居りまする  掛声諸共に投げ付けまする  道に適って居りまする  只管拝みまする  手に取上げて見まする  それも心得ておりまする  噂でござりまする  妹にござりまする  奥様でござりまする  有様でござりまする  兄も申しておりまする  ように申し切っておりまする  破滅でござりまする  恩に存じまする  お願いでござりまする  奉納日和でござりまする  程がありまする  討がありまする  これへ参りまする  ように覚えまする  お召しでござりまする  失礼に存じまする  声が聞えまする  ことがありまする  岸にありまする  ものを、起すとまたむずかりまする  ようになりまする  庭へ参って見まする  技芸を演じまする  此處に居りまする  風呂が明いておりまする  封を切って見まする  色町でござりまする  うち面揃えがござりまする  ただいま参りまする  お座敷へ出ませぬと叱られまする  ように申し伝えてありまする  これを差上げまする  あちらで暮らしてみたいと思っておりまする  者があるのでござりまする  大和の国におりまする  宿におられまする  子を産みまする  跡だけは残っているのでござりまする  修行中でござりまする  左様にござりまする  意外に存じまする  因縁にござりまする  ことは心得ておりまする  方でござりまする  おいででござりまする  混雑致しまして、行届き兼ねまする  間違いが出来まする  それはよく存じておりまする  人相書が廻っておりまする  あなた様をたずねておりまする  お方がありまする  思召すなら、これから少し参りまする  ことになっておりまする  鱈も何もかも切らしておりまする  はずでござりまする  鳥目を投げまする  これに認めてござりまする  表に書いてありまする  タタタ大変でござりまする  贔屓になっておりまする  御免を蒙りまする  お礼を申し上げまする  実がついておりまする  やうでござりまする  思つて居りまする  心配をしておりまする  仰せでござりまする  おいでになりまする  通りでござりまする  はずになっておりまする  ここにござりまする  どなた様にも差上げまする  土地へ参りましょうならお目にかかりまする  駄々を捏ねまする  御覧に入れまする  評判でござりまする  評判なのでござりまする  通り大入りを占めておりまする  勝手にござりまする  お話がござりまする  事が出来まする  御用でござりまする  検分がありまする  当家にありまする  附合いは致し兼ねまする  恩報じを致したいと存じまする  上げ申したいと存じまする  方へ参りまする  左様でござりまする  あとから参りまする  無類でござりまする  由でござりまする  中腹に開いてありまする  一つだなんぞと言われておりまする  伯母の申しつけでござりまする  甲府へ参りまする  甲府へ参りますのでござりまする  道でござりまする  模様替えなのでござりまする  大変でござりまする  心がかりでござりまする  四筋に分れて居りまする  人がおざりまする  執心となったのでおざりまする  当りになってでおざりまする  目には、見えるらしいのでおざりまする  一人でおざりまする  何を仰せられまする  掟でおざりまする  それは、もうよく存じておりまする  お嬢様、お借り申して参りまする  言葉でござりまする  主人から借受けて参りましてござりまする  品でござりまする  嫌いなのでござりまする  蔵って置きましたのでござりまする  名誉でござりまする  四寸でござりまする  怪我はあるまいと存じまする  つもりでござりまする  雇人でござりまする  ところでござりまする  写しでござりまする  見えになりまする  上りとう存じまする  ものを調えまする  如何でござりまする  品定めがきまるのでござりまする  袈裟に斬られて死んでおりまする  わたしはよく存じておりまする  なつたのでおざりまする  もの、と思ひまする  考へを承らずには、何とも計ひかねまする  知つて居りまする  ものと思ひまする  望けまする  ほかはなかろうと思っておりまする  ように存じまする  わたしもそう思いまする  市五郎めにござりまする  我儘が募って困りまする  娘にござりまする  仮親と仰せられまする  それまでには運んでおらぬのでござりまする  御苦労さまでござりまする  者でござりまする  召使でもないのでござりまする  暇をいただいて帰りまする  家来に見せまする  手に取り上げまする  太夫元滝の白糸にござりまする  本芸に取り掛からせまする  誰か斬られているのでござりまする  樹でござりまする  差料でござりまする  家にこうしてはおられぬのでござりまする  悪人でござりまする  ように殺されてしまうのでござりまする  一生のお願いでござりまする  まま御免を蒙りまする  中におりまする  用心して参りまする  奉公を致しておりまする  心配を致しおりまする  由にござりまする  相見えまする  ことばかりを致されまする  ようでござりまする  お待ち申し上げまする  主人からの言いつけでござりまする  通りでありまする  煙管に致せと仰せられまする  以前に頂いて居りまする  仏壇がありまする  ためになりませぬ故、これからさしとめまする  友達がおりまする  ちょっと恵林寺まで行って参りまする  出立を見合せまする  笹子峠でござりまする  関所がござりまする  ことが現われまする  ように存じておりまする  松でござりまする  まことに恐れ入りまする  ことはできないので困っておりまする  者にござりまする  場で死にまする  上でござりまする  不憫でござりまする  充分でござりまする  御念がいりまする  万々、心得てをりまする  うど三度目でござりまする  たくさんにござりまする  恐れいりまする  御用勤まりまする  つてをりまする  深井様もいらせられまする  沸してござりまする  合はせてござりまする  処でござりまする  一ツでござりまする  御覧に入れては、誠に恐れいりまする  さようでござりまする  家でござりまする  高うござりまする  望みでござりまする  愛想を尽かせまする  妾様といはれまする  私は覚えてをりまする  跡へ直りまする  事お誘ひ申すのでござりまする  藪入が出来まする  気は、よう分つてをりまする  限りで済みまする  私も死にまする  あいあい待つてをりまする  いふ訳で死にまする  事が出来ないのでござりまする  小説中に現われて居りまする  事だと存じまする  お待ち申しておりまする  案内を申し上げまする  許まで参りまする  休みでござりまする  覚悟がござりまする  町奉行へ訴えて出まする  私でござりまする  場所柄でござりまする  名前が出まする  敵でござりまする  返事をお聞き申すまでは、こうしておりまする  目に掛けまする  十三日でもありまする  信心かに見受けまする  お出かけになりまする  それはもうお買戻しになりまする  仰せに従いまする  伺い申し上げまする  人違いでござりまする  道を歩かれまする  仔細がござりまする  ためでござりまする  宗教と見まする  思し召しが一入お深いと洩れ承りまする  ところで、思いがけなくお目にかかりまする  二三日中には必ず連れて参りまする  士でござりまする  のでございますが、ずっと参りまする  浅草へ参りまする  立場から見まする  例律を見まする  罪になりまする  註に由りまする  意を酌みまする  現行民法を見まする  一つ二つ擧げて見まする  一例に引いて見まする  ことを少し述べまする  存命して居りまする  状態とを見まする  概括して考へて見まする  氷華を産して居りまする  好きと見えまする  のでありまする  やつなのでござりまする  會釋しあうて行きまする  ものと心得ておりまする  耳を傾けて聞いておりまする  現況を見まする  攷察して見まする  一くだりでござりまする  琵琶ではござりまする  寸志でござりまする  了見は持っておりませんのでござりまする  一くさりだけを語ってしまいたいのでござりまする  それを済ましさえ致せば、早々立退きまするでござりまする  しゃるところを聞いておりまする  お世話になっておりまする  胸に留まりまする  一献差上げたいと存じまする  花の上がっておりまする  肩身が広うなりまする  それからお話が進みまする  黒子までも存じておりまする  文使いをして遣りまする  下から上を見上げまする  何でも見透しに見えまする  一番下におりまする  間違いなく存じておりまする  判然って参りまする  お尋ねになりまする  暮し向きまで包み隠しのないところが、ハッキリとわかりまする  引締まっておりまする  ためで御座いまする  者がおりまする  ものが当りまする  親方になりまする  暮いておりまする  一まわり致しておりまする  壺を振りまする  事実を存じておりまする  先妻が亡くなりまする  今から考えまする  出でになりまする  相手によりまする  尤もで御座いまする  帳面調べに参りまする  ものと思われまする  鶴巻屋に泊っておりまする  信用申上げておりまする  妙薬でありまする  花のように盛りが短いとされておりまする  演芸にとりかからせまする  お初穂を差上げまする  太夫に申し上げまする  こやつでござりまする  りょうと存じまする  除夜はとうに過ぎておりまする  一被官でもござりまする  切れ糸なども入っておりまする  師にお教えいただいておりまする  辺でお引っ返し願いまする  防禦にそなえておりまする  晩鐘が鳴っておりまする  まいった一名にござりまする  案内仕りまする  特に近年は覚えまする  ところにござりまする  姿も偲ばれてまいりまする  太郎高氏におざりまする  わたくしたちが、お叱りをうけまする  村なしておりまする  お話もできまする  確信ありげに、したためてござりまする  お待ち申しあげておりまする  都へ行っておりまする  返辞を待ちおりまする  御意にござりまする  毎日を見ておりまする  ものにござりまする  手渡し申しあげまする  癇が立っておりまする  せきを切ってしまうのでござりまする  便りにも見ておりまする  一色右馬介にござりまする  足かけ三年に相なりまする  行てまいりまする  好意のほど、よくおつたえ申しあげまする  しぶきを浴びたとみえまする  者があるやにござりまする  羽振りも思いやられまする  ところとは、はなはだ違っておりまする  不服にござりまする  披露ありたく存じまする  出仕でござりまする  ことにござりまする  伺候いたしましてござりまする  路傍へひざまずいておりまする  太郎高氏にござりまする  ありがとうぞんじまする  信仰しておりまする  とおりでござりまする  態にみえまする  耳で、探りとったのでござりまする  いやでござりまする  情けでござりまする  肌守札となっておりまする  はなしができまする  恩に着まする  人には呆れまする  辛労をかけまする  植ゆるなりと申されてありまする  雲に乗っておいでになりまする  方がよろしかろうと心得まする  ことを考えまする  ためと思われまする  城で、見とどけておりまする  屯しておりまする  もっともにござりまする  船木頼春にござりまする  そうでござりまする  かたちで、ほっとしておりまする  よう、わきまえてはおりまする  わが身に、いい聞かせてもおりまする  心がけがみえまする  密と探っておるよしにござりまする  祝ぎ申しあげておりまする  前から身にいいきかせておりまする  妻となりまする  首を振りまする  持ち物なりともいえまする  山ほどもありまする  ここにおられまする  あとよりまいりまする  同慶にぞんじまする  母でござりまする  懸命にやりまする  幼子がありまする  思案がありまする  覚えがありまする  役僧座に勤めておりまする  今日はちと急ぎまする  お待ちうけにござりまする  菊王にござりまする  大和川になりまする  みずから問うて悩みまする  一念に駆られまする  毛利時親でおざりまする  吉左右のほど、確かめてまいりまする  ぐるりを見張っておりまする  葛粉を掻いてやれまする  物かとぞんじまする  同様にござりまする  二十六になりまする  赤面至極にござりまする  所でお目にかかって、消えも入りとうぞんじまする  奉行は、おられまする  領下まで、ようお歩きなされまする  男女が、あまた詣でまする  用意してありまする  兵は賄えまする  とおりにござりまする  服部治郎左衛門にござりまする  よう、わきまえておりまする  夜、伺っておりまする  方へ出ておりまする  気をつけておりまする  お方もおりまする  ことは、よも、あるまいと存じまする  身やらと思われまする  ように慈しみまする  まいった次第でござりまする  いつか五年になりまする  草庵でござりまする  縒じれておりまする  無残や、曳かれまいてござりまする  獄でござりまする  文にござりまする  お待ちかねでおられまする  心得まいてござりまする  ちょっと離れておりまする  首尾がありまする  いかがでござりまする  深川仲町裏に住んで居りまする  雲の如く群がっておりまする  明日から世渡りに差支えまする  衣が幾重にも纏いついておりまする  無念を晴らしに参りまする  分に過ぎまする  本意に存じまする  帰国を急ぎまする  恩などと仰せられては痛み入りまする  方角に参りまする  所持致しておりまする  先を急ぎまする  帳場に座っておりましても、慣れて参りまする  通りになりまする  天一坊から以来、先ず在るまいと存じまする  左程、離れてはおるまいと存じまする  不思議が解けずにおりまする  労咳で臥せっておりまする  ためではないかと疑いながら承わっておりまする  節々が見えまする  様子がわかりまする  もので御座いまする  評判を承りまする  妾が存じておりまする  小山田一閑父子でござりまする  あとより、追っつきまいらせましてござりまする  物険しく見えまする  さとしにござりまする  次第でござりまする  お答えつかまつりまする  辞退申しあげまする  女にもわかりまする  観念させまする  朝廷にささげまする  ものと思し召しあって、およろしいかと存じまする  小やみに見えまする  案じでおられまする  監禁されておりまする  不安もおさまるまいと存じまする  武者にござりまする  身にすぎまする  狙け廻しておりまする  一名にござりまする  仙太郎兄弟一生涯恩に着まする  心持ちを知っていただけまする  虫と言われておりまする  おいでにならねえと聞いておりまする  合わせになっておりまする  江戸までは行きまする  お願い、で、ご、ざりまする  百姓でござりまする  満足致しておりまする  表現しておりまする  手ぐすね引いて、おろうかと観られまする  自責しぬいてはおりまする  おん供つかまつりまする  山旅にござりまする  者が住みおりまする  都であらためてまた、お目にかかりまする  密かに申しておりまする  お待ちでおられまする  察しいたしておりまする  心頼みじゃと、仰せられておられまする  辛抱を仰ぎまする  儀を計らいまする  ようにしてありまする  木蔭に忍んで、みゆるしを待っておられまする  骨露わに拝されまする  覚悟しておりまする  お願いつかまつりまする  子が待っておりまする  天王寺辺に、出ておられるかと察しられまする  戦勝を祈っておりまする  ことに相なりまする  二千に近づいておりまする  大半以上かと思われまする  お迎えに見えておりまする  これまで、駈けまいってござりまする  両所にござりまする  これまで、参ってござりまする  かしこまってござりまする  恨みをほざきおりまする  ところでおざりまする  がたを、拝すにたえないのでござりまする  之を買入れまする  賃を取りまする  ます様子は見て居りまする  六斎が引けまする  様子を聞いて居りまする  様子を見て居りまする  買物に出まする  往って見まする  大間違になりまする  聴に入れまする  火口箱を探しに参りまする  間手間を取って帰って見まする  別嬪でござりまする  妾の子でござりまする  向うを張りまする  条を降りまする  お礼に出まする  手伝いを致して居りまする  根方へ来て見まする  身を寄せて透して見まする  ゴタ/″\致して居りまする  話をして居りまする  奉公を致して居りまする  事がありまする  今年十三に成りまする  火急と伺っておりまする  布令るばかりに相なっておりまする  言上申しあげまする  参加しておりまする  覚悟をねがいまする  お祈り申しあげておりまする  船手を潜ませておりまする  無理ならずとも思われまする  虎視を光らしておりまする  んじ奉りたいとぞんじまする  躍起となっておりまする  雲水でござりまする  のを覚えておりまする  至りでござりまする  舌を巻いておりまする  毒に触れまする  山がかぶさっておりまする  煙を吐いておりまする  底をつきかけておりまする  嬉々としておられまする  まめにうごいておりまする  私までが大助かりをしておりまする  みな言いあっておりまする  正季にござりまする  移動がみられまする  お願いをかさねまする  一色村へまいりまする  よう行き来しておられまする  的場へ伺いまする  たしかであろうと思われまする  いただきとうぞんじまする  日頃さように申し上げておりまする  こころえましてござりまする  ご苦労にぞんじまする  口を守っておりまする  威勢を負って行ってまいりまする  態からみても怪しまれまする  祝着にぞんじまする  仰せにござりまする  さきに伺ってはおりまする  師直も聞かされておりまする  直義がまいりまする  ッておりまする  関がありまする  発向をねがいまする  宿まで行っておりまする  大軍が望まれまする  備えにござりまする  お待ちをねがっておりまする  桃井にござりまする  恨みを返してやりまする  幸福を与へまする  毎日いたして居りまする  釜でござりまする  わけにござりまする  獄を叩いて、わめきおりまする  勅令をお発しねがいとうぞんじまする  矢防ぎになりまする  千余騎はおりまする  落ちゆく者どもでござりまする  要所などに、むらがりおりまする  それはありまする  力をそそいでまいろうかと思われまする  しどろに防ぎ疲れておりまする  なだれ退がって行きまする  相談してやりまする  しかねまする  越後路へむかいまする  噂にござりまする  旗を見せておられまする  やからは、もう出つくしておりまする  鎌倉さして、おひきあげと聞えまする  侍どもにも聞えまする  栄えを感じまする  面目にござりまする  背後へ突き出でまする  否みようなくまいりまする  菩提所とうかがっておりまする  これにおりまする  そばにおりまする  腹掻ッ切って相果てましてござりまする  一しょに相果てまする  手当を加えておりまする  大慶至極にぞんじまする  ようだと聞いておりまする  ようにござりまする  もっともではござりまする  新田義貞にござりまする  子どもで困りまする  ことばかりでござりまする  ことが望まれまする  御所へ参じまする  尊敬しておりまする  察しできまする  の許へも伺いたいとぞんじおりまする  ひそかに持っておりまする  目にみえておりまする  姿をかくし去ってござりまする  おわびつかまつりまする  同情をもちまする  ものとおもわれまする  諫言をこころみまする  さにござりまする  毛抜きがありまする  真正面に過ぎまする  みな評判しておりまする  身をひそめまする  自分は聞いておりまする  ところによりまする  それかと思われまする  賞めをいただけるかともぞんじまする  黙契と伺っておりまする  参内つかまつりまする  警固につかんと言いおりまする  御酒やらに、打ち興じておわせられまする  一計であったと申しておりまする  湯殿普請などいそがせておりまする  私には見られまする  面目にぞんじまする  覚悟にござりまする  推参いたしてござりまする  臣淵辺義博におざりまする  地ならしを仕りまする  橋かけに取りかからせまする  床に就いておりまする  お願い仕りまする  尤もでいらせられまする  親類縁者が数多くござりまする  儀でござりまする  ことでもござりまする  信濃分になりまする  故郷とかねて承っておりまする  供養を捧げたいと心がけておりまする  家臣に託して行ったよしにござりまする  四千をかぞえまする  用意をさせおきまいてござりまする  こころえてござりまする  ばお願い申しあげまする  所存ではおりまする  内覧に入れたてまつりまする  下りつつありまする  しまいてござりまする  覚悟もしておりまする  一室にふさぎこんでおりまする  みな無念にぞんじておりまする  公布しておりまする  腹掻ッ切って相果てまする  こころえまいてござりまする  目にみえまする  事実にござりまする  ような次第にござりまする  手勢が、かち取ってござりまする  のもどうかと考えられまする  何ぶんにも疲れはてておりまする  あとに駈けつづいておりまする  佳例かと覚えまする  算をみだしておりまする  から戦を避けて住もうておりまする  支度は、ととのい終ってござりまする  六百人に過ぎぬかと存じられまする  はずにござりまする  まいったわけでござりまする  資明におざりまする  人誰もの苦患はわきまえておりまする  ときにいたりましてござりまする  御諚、さようにござりまする  明らかとおもわれまする  さがうかがわれまする  これを収めさせまする  おねがいつかまつりまする  すえ案じられてまいりまする  恐懼してはおりまする  みちはなしと信じまする  はるか勝るかとぞんじまする  それでは困りまする  諫奏に及んだらしく察しられまする  四ツになりまする  ただいま山畑からこれへ連れまいりまする  侍童もおられまする  一存にござりまする  ことにもよりまする  陣から差向けられて参った次第にござりまする  後図をめぐらしておられまする  そこにござりまする  浦へ立ちまする  臍を噛んでおりまする  父妙恵入道がおりまする  直義とみえまする  御方へ届けられたとうけたまわっておりまする  お迎えにまいってござりまする  不調に終りましてござりまする  武者を偲ばせられまする  儀にござりまする  戦場において、またお目にかかりまする  難儀かとぞんじられまする  御大慶に存じたてまつりまする  これへ通りかかりまする  それを聴いておりまする  次第でございますが、参って見まする  琵琶は少々心得ておりまする  出でまする  結構でござりまする  勅使にござりまする  一期をかくごしておりまする  御書類でござりまする  翳がみえまする  とおりおわび申しあげまする  懇談だけはとげて、たちかえりましてござりまする  一人と見奉ってござりまする  法橋どのは、かたく申しておりまいてござりまする  心外にござりまする  いつまでもお待ちいたしておりまする  独り泣き暮れておりまする  ものとみえまする  御諚にござりまする  もっともではありまする  術もなしと存じた次第にござりまする  鉄則かとぞんじまする  ことかとぞんじられまする  二名がおりまする  いかがなされまする  司令を待ちおりまする  おこたえ仕りたいと存じておりまする  おわび仕りまする  ここはおぼつかなく思われまする  よう、努めまする  ように望まれまする  徐々、近づきつつありまする  ことにしておりまする  陣所を移し去っておりまする  死者をも出してきておりまする  さもあろうかと存じましたなれど、待ちきれずに、つい参りましてござりまする  おわび申しあげまする  尉正成にも恥じられまする  こと、よう心得ぬいておりまする  案内つかまつりまする  弟直義に、よっく申しふくめてありまする  ようにいたさせまする  ひとつの信条がござりまする  望むにきまッておりまする  ことにもなってまいりまする  次第にござりまする  つもりではありまする  折の、おいいつけにござりまする  方針かとぞんじまする  昨夜五つ時から不在でござりまする  殿なり勤めまする  地点でお目にかかりまする  ごらんに入れまする  講義を聴いておりまする  譬えに用いまする  御文章によりまする  承諾を得たくぞんじまする  身にこたえまする  手当てをいそぎまする  ものと見てよろしいかと存じまする  落ちになるがよいかと存じまする  信濃にござりまする  ここでござりまする  察し申しあげまする  ことではありまする  時と存じまする  途中にござりまする  権力すらも実はそんなに欲しがっておられなかったと思われまする  因かと思われまする  蛙を、承りまする  斯うもあらうかと思はれまする  大切なのでござりまする  柏原彦右衛門にござりまする  儀もあるやに察し申しておりまする  命を与えに行く道すがらでござりまする  名でござりまする  鑑にござりまする  一度に吹き付けたら、こうもなろうかと思われまする  奴でござりまする  伯母御様お待ち兼ねでござりまする  おからかいなされまする  一ツ星も見えまする  のさえ、かえって貴う拝まれまする  手にみちびかれてゆきまする  しかさせまする  贔負に預りまする  世界を眺めまする  一歩退いて考えまする  おいでなされては、凍え死にまする  足でもさしあげまする  五人は切ったげにござりまする  お側へ進みまする  おかげとばかり思っておりまする  幸福ではないと覚えておりまする  出立を申し上げまする  のを見まする  助は心得まする  お目見得を致させまする  十四万八千両ばかりござりまする  危険であると存じまする  如くおねがいし奉りまする  愚考されまする  主人政職も、まずはつつがなくおられまする  奮戦しておりまする  唯今から楽しんでおりまする  顔して、暮しておりまする  撃退しておりまする  扇を振っておられまする  御着まで行って参りまする  前にござりまする  強味を感じまする  噂になっておりまする  海から上がって参りまする  いろいろにいい囃されておりまする  お立ち帰りになったとか伺っておりまする  御着へもどっておりまする  女子供も参りまする  目に掛りまする  お方だそうでおざりまする  そればかりを案じておりまする  介抱を致しておりまする  迎に出まする  後から蹤いて参りまする  鐚助夙に承っておりまする  山々から吹き送られてまいりまする  方から参りまする  調子で参りまする  売主は出ますまいかと存じまする  功徳になるかと心得ておりまする  一説によりまする  お初にお目にかかりまする  二人が沈んで行きまする  講釈に承りまする  横死でござりまする  本日罷り出でまする  心痛致し居りまする  立腹では恐れ入りまする  厄介に成りまする  翌朝新聞を見まする  御世話なされまする  ことで恐れ入りまする  妨碍を蒙りまする  確乎して居りまする  申上げたいと存じまする  兼て居りまする  媒酌下ださりまする  方寸から出でまする  理会致して居りまする  歩るいて居りまする  ものと思はれまする  流浪致し居りまする  原因がありまする  上などでも読みまする  説明せられまする  財産とを譲り受けて居りまする  業でござりまする  遁れようといたし居りまする  陣十郎は居りまする  噂によりまする  気の毒に存ぜられまする  歌にありまする  お礼申して居りまする  恐縮至極に存じまする  逸見先生に申し上げまする  林蔵にござりまする  ように存ぜられまする  研究いたしたく存じまする  良人に討たれて死にまする  唄もきこえまする  弁信法師に導かれて来て見まする  お送り申し上げまする  役どころを、つとめておりまする  評判によりまする  供養となりまする  夜分になりまする  時になりまする  泣き声がやみまする  あたりが少々来っておりまする  五年にも相成りまする  狩野山楽と伝えられておりまする  方に参りまする  疾うに覚悟をきめておりまする  仕合せにござりまする  つて見まする  大当り、やんやといはせて見せまする  あれがでまする  対立抗争するに至りまする  成つて見せまする  本性は現れまする  二十一に相成りまする  役を取上げられまする  話によりまする  洪水が出まする  俵を積み重ねまする  遊君はありやといへば、ござりまする  越後でござりまする  水の泡にさせまする  やう心がけて居りまする  氣に入らぬと仰しやりまする  顏も見ずに居まする  手で育てられまする  私がやりまする  邸をおいとまする  眼から見まする  弱気に過ぎまする  みな述べまする  組織を見まする  思想がありまする  人がありまする  拝見するよりも喜んで見まする  立歸りに成りまする  御酒を下さりまする  暇申し上げまする  お目見得つかまつりまする  十四歳に相成りまする  身さまそれをどうなされまする  そればかりを念じておりまする  心一つでござりまする  嵐でござりまする  女子でござりまする  はじめてお目見得つかまつりまする  のちを何とせられまする  誰が代らせられまする  威勢は思いやられまする  からかと存じまする  威光も薄らぐと存じられまする  祈祷を試みまする  こころが怖ろしいと申したのでござりまする  わたくしきっと承りまする  お礼申し上げまする  先きでござりまする  ことを承りまする  奇特を見せられまする  采女に召されまする  誉れでござりまする  機嫌伺いにあがりまする  形を見せまする  畏敬すべく教えまする  経験に依りまする  運びになりましょうかなぞと責め立てて困りまする  只今それへ参りまする  指先を触れまする  子供を見まする  あちらこちら探しておりまする  乍らやって参りまする  人相など聞いて見まする  皮を剥がしていってよくよくしらべまする  目通り願いいでておりまする  しあわせに存じまする  恐悦至極に存じまする  新茶を詰め終わりまする  層ができておりまする  ものと察せられまする  取り計らいを願いたいと存じまする  から是非どうぞ、と頼まれまする  年小耳にはさんでおりまする  春彦どのも必ず叱って下さりまする  立腹おそれ入りましてござりまする  はじめて面も作られまする  たしかに出来しておりまする  御覧なされまする  面は死んでおりまする  面でござりまする  つて下さりまする  來して居りまする  覽なされまする  面は死んでをりまする  これ午餉になりまする  申合わせまする  加減をして、うめて進ぜまする  宿下り見まする  悄れ返っておりまする  ものを、溢れまする  そうに見えまする  夢でござりまする  一時に吹出しましたに因って存じておりまする  不思議がっておりまする  者十一名にござりまする  事と存じまする  村へも参りましてござりまする  雷鳴様にまでなりまする  荒地に埋めてござりまする  近辺で聞かれまする  方となりまする  前どうあろうかと存じまする  言葉を考えて見まする  恋歌でないといたして見まする  秋になりまする  門口を掃いておりまする  海波高かれとばかりに祈りおりまする  んともっておりまする  これは何でござりまする  信州へ出まする  扶かりまする  餓死でござりまする  これは、何でござりまする  矢張信州へ出まする  お話し置き願いまする  夕方私がおいとまする  内へ這入て見まする  心持ち、よう解りまする  宿へ持って帰りまする  妾は間もなく死にまする  死にまする  様子でわかりまする  妾は死にまする  栞でござりまする  怨みも消えまする  渋江典膳にござりまする  使用いられましてござりまする  耳へまでも、届きましてござりまする  さまにござりまする  諒解りまする  死を賭して、参ってござりまする  事ぐらいは、よう弁えておりまする  すこやかにいらせられまする  金子八百余枚ほどござりまする  記帳と相成っておりまする  御機嫌よう留守をたのみまする  趣意から観まする  退屈で困りまする  から私も帰りまする  心添え、忝なく申し受けまする  お願いいたしておりまする  ようでありまする  ことでありまする  女房、退りまする  汀に佇んでおりまする  叱責ではありまする  辞退仕りまする  ことを頼みまする  まりたびたび言うので一度参りまする  ますそうでござりまする  入口でござりまする  お宮がござりまする  川もござりまする  ことでござりまする、必ず必ずお急き立て申しますではないのでござりまする  初日の出を拝みに廻られまする  ことと存じまする  客来にござりまする  伺いに罷出ましてござりまする  取次申しましてござりましてござりまする  そうになりまする  方々見させてさえござりまする  美紅とかわっておりまする  ここに居りまする  待ち申しておりまする  魔法を心得ておりまする  屹度退治して差上げまする  憑いたと見えまする  あそこにありまする  夜露に、じっとり湿っておりまする  持長屋に住んでおりまする  侍と聞いておりまする  それを祈りまする  お越しにござりまする  兵法と教えられておりまする  後刻、懲らしめまする  気を着けまする  はい、もうどうなりまする  ようにもなりまする  江戸を売りまする  わたしは快く死にまする  それが、何でござりまする  美女にござりまする  針が拾えまする  門亡者と存じまする  女、生きておりまする  さように存ぜられまする  勤むる町人にござりまする  愚考致しておりまする  支給されて居りまする  漏れ承りまする  至りにござりまする  人間でござりまする  ものもありまする  ものが待つてをりまする  申附けでござりまする  恵みがありまする  ことなり兼ねまする  来歴申し上げまする  御身にござりまする  今さら恥ずかしく存じまする  靴もお着けでござりまする  裏門から出て見まする  怒りになりまする  頃になりまする  ふり返って見まする  光栄だと申して、よろこんでおりまする  塔が見えまする  殿を見受けまする  金高にはなりまする  親をまで、つくづくと怨みまする  たくさんでござりまする  立派に固めまする  今年なぞ、まだも肥えておりまする  案じ申しておりまする  事でござりまする  勿体ない程でござりまする  身分貴いが流行りまする  案じなされて下さりまする  安心致しておりまする  お前に参りまする  奥方の仰せられまする  手前共の出て参りまする  蔵めに騙されたのでおざりまする  慈悲、ただかようでござりまする  やうに存じられまする  祓詞を見まする  開拓史をみまする  翼を見まする  ものを讀みまする  飲け過ぎまする  遍歴しておりまする  心持を知っていただけまする  虫と言われて居りまする  おいでにならねえと聞いて居りまする  ここへきやはりまする  非運に遭いまする  欣しがっておりまする  卑怯者とみえまする  おことばを戴きとうぞんじまする  兵法にござりまする  惧れておりまする  ちょっと、来て欲しいと申されまする  旅しておりまする  七日ばかりになりまする  身が縮みまする  悟りめかしておりまする  井水を汲ませまする  から何うか泊めて下さいと申して遣りまする  贔屓に預かりまする  松原通りから泉山に参りまする  上つて参りまする  格子を明けて見まする  近く聞えまする  此方へ映りまする  曳出して参りまするを見まする  只今お話を致さうと存じまする  譬へて見まする  所に寄りまする  帰りになりまする  御成りなされまする  其事でございまする  歟とおぼえまする  世間は疾く治まりまする  時は来ないと存じまする  世界ははて無く広がって居りまする  野人にござりまする  恩に被まする  真実心を以て相願いまする  ことにもなりまする  思いになりまする  刃物をも咬みまする  智のものでござりまする  ように、何とか御燐み下されまする  よう折入って願い上げまする  臙脂屋隠居にござりまする  然様でござりまする  為ぬことでござりまする  商人でござりまする  一日も立たぬのでござりまする  神様と仰ぎ奉りまする  骨折、宜しく願いまする  趣向でござりまする  門左衛門様でござりまする  客衆でござりまする  合点でござりまする  手代でござりまする  お嬢様でござりまする  この世を去り兼ねまする  弁護恐れいりまする  存知ておりまする  尊来を戴きまして、何とも恐れ入りまする  事に存じまする  風来商売で、歩いてばかりおりまする  吉良殿へ、参りまする  足おとが聞えはせぬかと存じまする  召取られて居りまする  願ひ申し上げまする  難からうかと存じまする  事が出来ずに居りまする  救ひでござりまする  わけもござりまする  数度戦つて居りまする  そうでありまする  極致に至りまする  生憎様でござりまする  入湯に参りまする  訳はないのでござりまする  身支度に及びまする  傍示杭に沿いて参りまする  門口に懸りまする  遠州が流行りまする  三四合を傾けまする  事に相成りまする  失礼になりましてござりまする  御蔭様でござりまする  毎晩魘されまする  目を塞いで寝まする  景物じゃ、いやもう泣きたくなりまする  話をしておりまする  顔を見合せまする  間を出て行きまする  蒼ざめて参りまする  下で詫びまする  のが聞えまする  ように追駈けまする  目をぱちくりするばかりでありまする  風が引いたり寄せたりして聞えまする  部屋でありまする  裸体だなと思っておりまする  気がするので、振返って見まする  処でありまする  看護婦会がありまする  呼わりまする  独身で居りまする  一例を申して見まする  物を見まする  学校がござりまする  ひとつ映りまする  何となく教が籠る、と心得まする  見舞を受けまする  生命を終りまする  怨みを晴らさうと存じまする  徳大寺様と存じまする  一緒になりまする  遠島されましてござりまする  端を発しておりまする  命一つさえ捧げまする  復讐となりまする  忌憚なく言わせまする  峰でござりまする  意でござりまする  良からうかと存じまする  間へ入れてありまする  知つて居まする  言ふては居りまする  癒りまする  今日癒りまする  健康で勤めて居りまする  話も存じておりまする  立ち兼ねて参りまする  不審千万に存じておりまする  隠密が入込んでおりまする  家督致しておりまする  人から聞いておりまする  許し賜わりまする  二つありまする  現実に行われておりまする  問題がありまする  問題を申すまする  ことを告げまする  座敷におりまする  事柄によりまする  不思議でござりまする  奇怪でござりまする  順年でござりまする  格別でござりまする  名まえでござりまする  取り合わせでござりまする  あとに従ってまいりまする  番所へ参りまする  神だなを見まする  掛け合いに参りまする  めなさりまする  お許しくださりまする  なによりでござりまする  心への誓いにして居りまする  失礼、では捨てまするでござりまする  まっかになさって、よろよろしながら帰ってまいりまする  お尋ねでござりまする  ことばをよく聞き分けまする  ご覧に入れまする  床の間に掛けてあったのでござりまする  別物でござりまする  諚でござりまする  あとではござりまする  フッツリと見えなくなりまする  涙がこぼれまする  なかったので御座いまする  思召し賜わりまする  商売冥利に尽きまする  底へ沈み果てまする  身の上になりまする  通り手を合わせまする  姿を拝みまする  ただいまそちらへ参りまする  ゆえ、添わしてくださらなくばいっそ死にまする  婦人でござりまする  ご用がなかったのでござりまする  女でござりまする  何者にござりまする  絵のおたしなみがござりまする  お蔭様で助かりまする  夫め助かりまする  迷惑を掛けまする  お飾りあそばしたのでござりまする  お約束でござりまする  夫をめでたくこしらえ納めようというのでござりまする  おそろいでござりまする  いつでもできまする  色が見えまする  ッ、控えおりまする  ッ、存じておりまする  お笑いくださりまする  命がこもっておりまする  人命にかかわりまする  みんなご存じでござりまする  んだというのでござりまする  地蔵さまがおありなさるのでござりまする  お越しでござりまする  あたりまえでもござりまする  自訴しに参りまする  ところではござりまする  雨でござりまする  異存ござりませねば、てまえ代わって取り調べまする  出歩きなさりまする  友次郎さまに添わしてたも、でなければ死にまする、死にまする  品々でござりまする  あそこでござりまする  刀番でござりまする  用品でござりまする  口達者でござりまする  おしゃべり損かと思うておりまする  槍に魅入られておりまする  木戸、おあけ願いまする  これでござりまする  ものがござりまする  用意をしながら出てまいりまする  覚悟をしておりまする  秋が代わって承りまする  狼藉いたされまする  兄妹でござりまする  床の間にありまする  とおり雪で焼き殺したというのでござりまする  話でござりまする  かたでござりまする  かわいがりでござりまする  様子を見まする  大潮を見ておりまする  御覧にいれまする  決着して居りまする  ように考えられまする  いつ逢うやら心細くも思われまする  高坂流、こう申しておりまする  台辞を仰せられまする  商店を見まする  まわりよりまする  途方に暮れておりまする  大神様で御座いまする  仕事で御座いまする  辛うござりまする  巡礼に出まする  一寸おたずね申し上げまする  年配になりまする  自分に返っておりまする  寺に行きまする  身のほどもおそろしく存じまする  百万人力にぞんじまする  身に待っておられまする  気をつけさせておりまする  隣家に匿われておりまする  十手は帯びておりまする  支度して参りまする  いま戻りましてござりまする  から考へまする  手習師匠をしておりまする  自適いたしておりまする  口上にござりまする  私で止めまする  移し申しあげまする  策だてはないかと存じまする  付添い申しておりまする  何處やら痩せが見えまする  惡人になりまする  何時でござりまする  手紙でござりまする  夜中に恐れ入りまする  様子でござりまする  幸福でござりまする  役にござりまする  儀に存じまする  お願い申し上げまする  ところ二十一匹かと存ぜられまする  連詞を語っておりまする  油倉庫にござりまする  ここにありまする  はいありがとうござりまする  真実でござりまする  合点致しておりまする  のでござりまする  厭でござりまする  十兵衛厭でござりまする  断念めておりまする  心は捨てておりまする  お見舞い下されては実に恐れ入りまする  お構い下さいましては恐れ入りまする  恰好でござりまする  お世話をかけまする  大丈夫でござりまする  無益のわざと覚えまする  拝見しておりまする  疾うに御存知かとも存じられまする  恋文でござりまする  御坊日本一と申しておりまする  もっともでござりまする  御坊を頼みまする  一生に一度のお願いでござりまする  お知らせ申しにまいりまする  朝夕はいこう冷えまする  唐人めでござりまする  何をたずねられまする  身さまを尋ねていたのでござりまする  時も移りまする  使いにまいりまする  館を出られまする  そ、それでござりまする  殿が召されまする  ものかとも存じまする  繋ぎ置こうと存じまする  もっとものように存じられまする  国への聞こえもござりまする  ように存じられまする  指図次第かと察しられまする  覚悟もござりまする  夜でござりまする  本庄采女でござりまする  手かと存じまする  景色でござりまする  一緒に行きまする  岸で汲みまする  左様かと存じまする  様子をうかがってまいりまする  糧を求めて来まする  丹波路かと思われまする  わたくしも左様存じまする  ようにも思われまする  息が絶えたと見えまする  所でござりまする  呪いでござりまする  幾人でござりまする  いつでもまいりまする  手に掴まれておりまする  頭陳謝仕りまする  お焼き捨てになりまする  主張して居りまする  用意もござりまする  お話なぞをしておられまする  活躍致しておりまする  身にしみておりまする  頭を下げて、おねがひ申してをりまする  ちやうど八十になりまする  洗いにでも出来まする  お祭前になりまする  気に見えまする  不思議に思うておりまする  イヨイヨ奇怪に存じておりまする  警察まで担がれて参りまする  



前後の言葉をピックアップ
マスヨサア  ますらお  ますりゃ  マスル  摩する  マスル・エル・アティカ  マスル・エル・フスタト  ますれ  マス・コミ  マス・コムュニケーション


動詞をランダムでピックアップ
身まかっ切り裂き理解し合っ近づける誦するのみ込み手向かう打上げ聞き入れる殖やそ読みさし縁どるあざ笑い焚けるこのんうとめ言い聞かせるだきつか貯まらそそぎこみ
形容詞をランダムでピックアップ
面白し旨けれしんぼうづよく渋かっ速かっ物狂おしくいた痛かろすばらしくかわゆき紅く情深きけうとい女らしなまやさしあやう歯痒い歯がゆく親しかっ幼い