「ぶちまけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ぶちまけ[動詞]
こともかまわずにぶちまけ  ことでもぶちまけ  感情をぶちまけ  一時にぶちまけ  酒をぶちまけ  空へぶちまけ  エネルギーをぶちまけ  ありったけをぶちまけ  無数にぶちまけ  上へぶちまけ  ことをすっかりぶちまけ  文庫をぶちまけ  悩みを、いっぺんにぶちまけ  色をぶちまけ  卒直にぶちまけ  水をぶちまけ  上にぶちまけ  みんな、ぶちまけ  油をぶちまけ  肥桶をぶちまけ  今ここにすっかりぶちまけ  なんでもぶちまけ  スッパリと、ぶちまけ  考えをぶちまけ  考えをむきだしにぶちまけ  陰口をぶちまけ  ざらいをぶちまけ  なかにすっかりぶちまけ  喜びをぶちまけ  寄宿舎から町へぶちまけ  楽屋をぶちまけ  不平をぶちまけ  欲望をぶちまけ  ことを、ぶちまけ  勇敢にぶちまけ  境遇をぶちまけ  一切カラスキーにぶちまけ  小遣をぶちまけ  さを、ぶちまけ  佃にぶちまけ  機械油をぶちまけ  彼もぶちまけ  セーラーが、誤ってぶちまけ  情事をぶちまけ  不愉快さをぶちまけ  正直にぶちまけ  當らない、ぶちまけ  名案をぶちまけ  自分をぶちまけ  すべてをぶちまけ  バケツをぶちまけ  ことをぶちまけ  感傷をぶちまけ  家中にぶちまけ  深田久弥にぶちまけ  何もかもぶちまけ  淡泊にぶちまけ  なんでもかでも、すっかりぶちまけ  種も仕掛もぶちまけ  凡てをぶちまけ  いまは、ぶちまけ  ものをぶちまけ  天然色映画をぶちまけ  座敷中にぶちまけ  銀をぶちまけ  前にぶちまけ  秘事一切をぶちまけ  金蔵にぶちまけ  箱をぶちまけ  藍甕をぶちまけ  地上にぶちまけ  茶をぶちまけ  昔語りをぶちまけ  緑青をぶちまけ  心をぶちまけ  愛情をぶちまけ  沙魚をぶちまけ  事情をぶちまけ  親友としてすっかりぶちまけ  公衆にぶちまけ  奥さんから聞いたとまでぶちまけ  箪笥をぶちまけ  頭を割ってぶちまけ  程度までは思う存分ぶちまけ  見込をぶちまけ  んならぶちまけ  なにごとも構わずぶちまけ  新聞紙にぶちまけ  バケツ一杯ぶちまけ  私はぶちまけ  洗面器にぶちまけ  上へザラザラぶちまけ  さをぶちまけ  ことなど、手当り次第にぶちまけ  一切をぶちまけ  谷底までぶちまけ  心全身をぶちまけ  全部を、ぶちまけ  何にもかまわずぶちまけ  理由だとぶちまけ  朱でござったろう、ぶちまけ  酢をぶちまけ  苦悩をぶちまけ  気もちをぶちまけ  存分とはとなると、ついに一応ぶちまけ  堂上にぶちまけ  不満をぶちまけ  高低強弱をぶちまけ  腸をぶちまけ  肇がぶちまけ  牛乳をぶちまけ  機に残らずぶちまけ  親分いろは屋文次にさえぶちまけ  桶へぶちまけ  手桶へぶちまけ  破れカブレでぶちまけ  燃える障子にぶちまけ  ここだけの話をぶちまけ  灰汁をぶちまけ  丼へぶちまけ  前に何もかもぶちまけ  それをぶちまけ  真相をぶちまけ  いっさいをぶちまけ  往来にぶちまけ  率直にぶちまけ  我慢しかねて、いきなりぶちまけ  ことがぶちまけ  から、すっかりぶちまけ  ヒキダシを順にぶちまけ  ようにぶちまけ  絵の具箱をぶちまけ  間にぶちまけ  今日だから何もかもぶちまけ  中にぶちまけ  安東にぶちまけ  酒はぶちまけ  様なぶちまけ  一切紋太郎にぶちまけ  血をぶちまけ  ことハッキリぶちまけ  用件をぶちまけ  それから思い切ってぶちまけ  うえへぶちまけ  共感をぶちまけ  明けすけにぶちまけ  実体を、いつわらずぶちまけ  黒豆をぶちまけ  



前後の言葉をピックアップ
ぶちのめさ  ぶちのめし  ぶちのめす  ぶちのめそ  ブチマケ  ぶちまけよ  ブチマケラレ  ぶちまける  ぶちまけれ  ぶちまけろ


動詞をランダムでピックアップ
ききすます超えよはなしあっ介し抱えながし細めなりたたにあがくら照りはえる仕上る死しつま腐らそまっ話しこんかこつける順序づけるみちる
形容詞をランダムでピックアップ
けだるかっしかつめらしいこぐらかっ見にくく物堅くすく息ぐるしかっ執念深くっ弱よわしく短かろ思しくうれしくっ侘しき忙しゅう明ししたしねむたく事々しき猛々しい温かかっ