「ふりむい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふりむい[動詞]
闇をふりむい  彼は立ちどまってふりむい  手塚はふりむい  しろをふりむい  父はふりむい  姿が消えると、ふりむい  横をふりむい  やうにふりむい  ほうをふりむい  こなし、そしてふりむい  わらつてこつちをふりむい  手をかけてキッとふりむい  ようにふりむい  店なんかふりむい  闖入したので、同時にふりむい  こっちをふりむい  師父ブラウンはふりむい  様子であつたが、ふりむい  小便を終ってふりむい  私はふりむい  ふうで、ふりむい  綱はくるりとふりむい  後をふりむい  それから、ふりむい  過去をふりむい  十四マイル、それで、ふりむい  方にふりむい  千二が、ふりむい  そっちをふりむい  ところまでくるとふりむい  目を白くして、ふりむい  まま、ふりむい  部屋へ急ごうとして、笑いながらふりむい  苦笑して、ふりむい  目を光らしたが、すぐふりむい  記代子は激しくふりむい  オヤジはふりむい  エンゼルはふりむい  ジロリとふりむい  のかな、ふりむい  湖を見てふりむい  自ら馬上にふりむい  方をふりむい  彼女はふりむい  クルリとふりむい  あとをふりむい  アメリカ人なんか、ふりむい  頓狂にふりむい  彼がふりむい  ほうへかわるがわるふりむい  彼はふりむい  二丁いって、またふりむい  静かにふりむい  二百円を握ってふりむい  由もないけれども、ふりむい  誰もふりむい  私もふりむい  方を、ふりむい  方に、ふりむい  後へふりむい  急にふりむい  後ろをふりむい  大先生をふりむい  安間了現をふりむい  直義はふりむい  ヤヤと叫んで、ふりむい  眉をしかめたが、すぐ、ふりむい  ほうへ、ふりむい  後方をふりむい  群れをふりむい  右衛門をふりむい  男は、ふりむい  宮はふりむい  ほうへふりむい  頼春をふりむい  正季をふりむい  場所にふりむい  にわかにふりむい  安川がふりむい  返事をきかず、ふりむい  半平はふりむい  会釈して、ふりむい  菊ちゃんが、あ、と小さく叫んで飛びあがり、ふりむい  伊留満は、ふりむい  私は、落ちついてふりむい  帰りぎわに、ふりむい  僕といっしょにふりむい  半ちゃんをなぎ倒し、ふりむい  書記はふりむい  づれをなほしてから、ふりむい  今突然ふりむい  此方をふりむい  後隊をふりむい  会釈して行き過ぎたが、ふりむい  方へふりむい  首をふり、あきらめて、ふりむい  弘がふりむい  二人がふりむい  びっくりしてふりむい  びつくりしてふりむい  背後をふりむい  みんながさあっとふりむい  顔をして、ふりむい  私をふりむい  そッちをふりむい  彼はすぐふりむい  声でふりむい  運転手をふりむい  彼はすでにふりむい  コマ五郎がふりむい  無名氏はふりむい  オヤジがふりむい  鮎子は突然ふりむい  色ッぽく笑って、ふりむい  オレは突然ふりむい  オレはふりむい  タンノーして、ふりむい  一遍こっちをふりむい  から、ふりむい  はいがしたので、ふりむい  灯をふりむい  ブロズキーはふりむい  駅長をふりむい  警部をふりむい  相手をふりむい  庄吉がふりむい  はいつて行くと、ふりむい  あとはふりむい  しろにふりむい  



前後の言葉をピックアップ
振り乱さ  振り乱し  振乱し  ふりみだし  振り乱す  振り向い  ふりむか  振り向か  振り向き  ふりむき


動詞をランダムでピックアップ
ねらいうち嵌めよ塞き上げ乗掛けこごり飛び付こ踏み入ろうけとるもつれあっ振舞わ降り立たひっかつぐ塞がるならべよ取っ付い冴え揚りよぼ割出そ思いつく
形容詞をランダムでピックアップ
恥しから四角く懶くおぼつかなく相応しかっやるせない軽う涙ぐましく切なくかしこ肌寒きあつく宜しけれ小さかれ薄ぐらく心づよくつめたかっかいくまるっこすさまじかっ