「はなち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ はなち[動詞]
銀魚をはなち  色香をはなち  匂いをはなち  声をはなち  千載にはなち  はつきりとはなち  群れを放ち、はなち  眼をはなち  霧をはなち  影をはなち  昂然と言いはなち  ほのかなかおりをはなち  手をはなち  裏口を開けはなち  火をはなち  おん舎利ゆゑにあをじろく燐光をこそはなち  んをはなち  群にむかつてひゆつと射てはなち  光をはなち  祝砲をはなち  白鳩をはなち  



前後の言葉をピックアップ
花田  花代  縹色  花立  花だより  放ち  鼻血  放っ  鼻っ面  鼻っぱし


動詞をランダムでピックアップ
儀式張っほそってらさ溶け合う掻き毟る抄き伏し拝みはめ下さん結びつける詠わ逃れまっとうし上廻る興がら抑え込む糶り討ち果たそ継いけんせ
形容詞をランダムでピックアップ
白から痒いのぶとい臭く温かいあつかましくっ弱きもったいらし手酷い残惜しとおう大人しくがめついそがしいくかれうまくっいちじるしかっぬくしむさ果敢なく