「つぶれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つぶれ[動詞]
ひとりごといふ声のつぶれ  自然につぶれ  大沢もつぶれ  熟柿が落ちてつぶれ  眼がつぶれ  のは、つぶれ  殻が気味悪くつぶれ  一眼はつぶれ  町はつぶれ  女学校もつぶれ  地球のつぶれ  時間がつぶれ  眼のつぶれ  雑誌もつぶれ  拳闘選手みたいにつぶれ  目がつぶれ  ベトリとつぶれ  烈震が来れば必ずつぶれ  ずぶずぶになってつぶれ  鼻もつぶれ  いまにもつぶれ  胆がつぶれ  年月に段々つぶれ  料理屋も段々つぶれ  目までつぶれ  面目はまるつぶれ  炭坑がつぶれ  時はつぶれ  碁席はつぶれ  向うがつぶれ  身代のつぶれ  音に、つぶれ  五冊ほどで、つぶれ  先がつぶれ  暴落でつぶれ  無残につぶれ  これですっかりつぶれ  地震につぶれ  家はつぶれ  片目のつぶれ  日には、つぶれ  左眼のつぶれ  書店がつぶれ  ものは甚だつぶれ  御家はつぶれ  彼女はつぶれ  鼻がつぶれ  咽喉はつぶれ  眠がつぶれ  滅茶苦茶につぶれ  眼もつぶれ  顔がつぶれ  ノドがつぶれ  面目は、まるつぶれ  頭のつぶれ  隅のつぶれ  眼はつぶれ  出版事業がつぶれ  のがつぶれ  瘡蓋のつぶれ  片目がつぶれ  地震でつぶれ  面目まるつぶれ  片手で押しても忽ちつぶれ  肝のつぶれ  誰だ、重くてつぶれ  急に見えなくなって、つぶれ  眼は見えなくなってつぶれ  とき爺さんは低いつぶれ  政府のつぶれ  さながら目もつぶれ  耳もつぶれ  内外ビルディングが丁度つぶれ  音をたてて、まるつぶれ  ぺちゃんこにつぶれ  なかったから、つぶれ  火ぶくれがつぶれ  家のつぶれ  面もつぶれ  鼻のつぶれ  蔭に、つぶれ  くちゃくちゃにつぶれ  ぼろ家がつぶれ  町へはいって来てそうして始めてつぶれ  胸がつぶれ  呉服店はつぶれ  気持がこんなに押しつぶれ  丸潰れ千八十戸、半つぶれ  一様につぶれ  店はつぶれ  あげくに吐いて、つぶれ  ペツシヤリとつぶれ  眼は、全くつぶれ  西川屋もつぶれ  喉がつぶれ  一つ鋏にかかってつぶれ  通り目がつぶれ  午後はつぶれ  パーティでつぶれ  から眼がつぶれ  男はつぶれ  醉いつぶれ  家がつぶれ  しか巻いてないので、つぶれ  横に倒れてつぶれ  あと一代でつぶれ  異様につぶれ  目のつぶれ  煙硝でつぶれ  筆でつぶれ  喉もつぶれ  前者はつぶれ  計画はまるつぶれ  六十年はまるつぶれ  銀行がつぶれ  雑誌、早くつぶれ  ウンだとも、つぶれ  膿がつぶれ  最初から、うんだともつぶれ  上につぶれ  トマトがつぶれ  面はつぶれ  後につぶれ  留守中につぶれ  市科学会はもはやつぶれ  心はつぶれ  学校はつぶれ  膽もつぶれ  ですよ。天草商事はつぶれ  半兵衛ですよ。天草商事がつぶれ  例外なく、つぶれ  劇場はつぶれ  それは疾くにつぶれ  摩滅したりつぶれ  ものが、うんだのつぶれ  卵はつぶれ  下でつぶれ  山東省銀行はつぶれ  耳がつぶれ  ように白くつぶれ  刃がつぶれ  身代がつぶれ  店は半つぶれ  頃はつぶれ  下につぶれ  声はまるでつぶれ  目が全くつぶれ  家がつぶれるか、つぶれ  着物のつぶれ  左眼はつぶれ  ようにひしゃげつぶれ  顔が、つぶれ  指のひしゃげつぶれ  さきへつぶれ  やうにつぶれ  川島家はつぶれ  代でつぶれ  うちに、まだつぶれ  立膝がもろくもぶっつぶれ  面目がつぶれ  咳につぶれ  宿命的につぶれ  やつぱり白がつぶれ  面目はつぶれ  意地はつぶれ  いっしょにつぶれ  君はすぐつぶれ  荷ってつぶれ  ものはつぶれ  嗟嘆はつぶれ  詩もつぶれ  時代が来てもつぶれ  目をつぶれ  組合がつぶれ  店も勿論つぶれ  形がつぶれ  狐はすっかりきもがつぶれ  面目までまるつぶれ  顔はまるつぶれ  声がつぶれ  随つてよかつた、つぶれ  両方ともひたとつぶれ  会社もつぶれ  店がつぶれ  お家はつぶれ  小屋がつぶれ  甲羅はつぶれ  眼でもつぶれ  鑿はすぐつぶれ  僕は決してつぶれ  種のつぶれ  目をつぶらうとしましたが、どうしてもつぶれ  甲羅のつぶれ  眼をつぶれ  塾堂はつぶれ  友愛塾はつぶれ  それがつぶれ  声のつぶれ  モーロー会社はつぶれ  無惨にも、醜くひしゃげたりつぶれ  力はすっかりつぶれ  手でつぶれ  村にも半つぶれ  重みだけでつぶれ  川島先生は、つぶれ  一代でつぶれ  片目はつぶれ  前につぶれ  ように、一方つぶれ  平次はつぶれ  眼には、つぶれ  たまのつぶれ  雑誌がつぶれ  会社がつぶれ  ちょっと胸がつぶれ  椅子はいちどにつぶれ  戦車のつぶれ  便所だけつぶれ  商会がつぶれ  品こそ持って帰るとすぐつぶれ  不景気でつぶれ  胸もつぶれ  寫眞屋は、とつくにつぶれ  事務所がつぶれ  おかあさんのつぶれ  もんか、あのつぶれ  わたしは、あのつぶれ  不自由さにうちかてたら、つぶれ  本屋がつぶれ  心配だけでもほとんどぶっつぶれ  お客でつぶれ  眼まではつぶれ  両手でつぶれ  路傍のつぶれ  グニャグニャしてつぶれ  風船はつぶれ  幼少から片目がつぶれ  老ガンパウダーのつぶれ  パンがつぶれ  あたしはつぶれ  つた後の、つぶれ  



前後の言葉をピックアップ
つぶら  円池  つぶり  つぶる  ツブレ  潰れ  潰れよ  つぶれよ  潰れりゃ  つぶれる


動詞をランダムでピックアップ
打ちとける思い当る留まろほりこまころばし立てこもるはね返るほそれ鎮める引き続きいただけれわび入るきこえん乗り移うっちゃらかし恥じらわ漬からさしぐま撞こまたたき
形容詞をランダムでピックアップ
聰くものさびしくくるしく低けりゃ見苦しい可愛くまだるっこい喧しかがやかしき温しせま広くっ烈しい酷いほろ苦きうるさから妖しくおおしくけがらわしい空々しい