「のっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ のっ[動詞]
自家用にのっ  車にのっ  から船にのっ  一つ車にのっ  原稿紙ののっ  絵がのっ  缶詰がのっ  俥にのっ  汽船にのっ  球根ののっ  飛行機にのっ  風にのっ  怪物がのっ  上にのっ  鉄水母にのっ  ジム水兵がのっ  ヘンゼルがまずのっ  水中電話器にのっ  台にのっ  増大号にのっ  桂三郎はのっ  船にのっ  棚にのっ  釣台にのっ  前面にのっ  写真がのっ  膳にのっ  馬車にのっ  一部にものっ  塩田大尉ののっ  いま軍艦にのっ  うえにのっ  青江機にのっ  一しょにのっ  艦隊旗艦にのっ  怪塔王ののっ  隊長ののっ  無理にのっ  山どもがのっきのっ  流れにのっ  提案にのっ  知恵がのっ  話がのっ  プラットフォームにのっ  美女がのっ  大股にのっ  三人労働者がのっ  油がのっ  光にのっ  お爺さんののっ  長距離鑿岩車にのっ  頭にのっ  こいつはあぶらがのっ  翼にのっ  寒暖計などがのっ  両端にのっ  公職追放リストにのっ  正道にのっ  頭をのっ  帳面にのっ  馭者台にのっ  座談会がのっ  記事がのっ  ところから電車にのっ  サロン五月号にのっ  汽車にのっ  文章がのっ  凧にのっ  宅助がのっ  そこからバスにのっ  バスへのっ  運転台にのっ  二三篇童話がのっ  スーツケースがのっ  脂がのっ  例外なくのっ  気持にのっ  逆さにのっ  鏡台がのっ  教科書にはのっ  停車場でのっ  冠がのっ  周遊船にのっ  チャンとのっ  写真が大きくのっ  ビラまき飛行機にのっ  竹筒に挿して、のっ  さっきおっかさんとのっ  さっぱ船にのっ  かたちがのっ  興にのっ  背にのっ  特急にのっ  新聞にのっ  お台場にのっ  二人してのっ  驢にのっ  馬にのっ  図にのっ  膏ののっ  胆嚢にのっ  サッソーとのっ  三号までにのっ  論文がのっ  働きかけにのっ  これにのっ  バスにのっ  そこから、のっ  謀略にのっ  小舟にのっ  広告欄にでものっ  宣伝にのっ  さかな町から俥にのっ  二も、いよいよ、あぶらがのっ  だてにのっ  ものがのっ  自動車にのっ  電流にのっ  東だのっ  小型自動車にのっ  彼等ののっ  上へのっ  一片皿にのっ  読物がのっ  話にのっ  皿にのっ  机にのっ  皿に入ってのっ  かごにのっ  おわんにのっ  彼ののっ  脊広などを着込んで、のっ  作品ののっ  千二少年ののっ  頭がのっ  大空艇にのっ  丸木ののっ  蟻田博士たちののっ  貴様ののっ  宇宙艇にのっ  帽子がのっ  戸籍にのっ  虚にのっ  手にのっ  一斉に振って、のっさのっ  葉書がのっ  一緒にどうのっ  汽車にでものっ  壜がのっ  なあに馬どこかでこわくなってのっ  号にのっ  名簿だけにはのっ  トラックにのっ  郊外電車にのっ  小説などがのっ  勢いにのっ  筏にのっ  座談記事がのっ  電車にのっ  自家用車にのっ  東日にのっ  タイプライタアがのっ  珠がのっ  番号入りでのっ  七月にのっ  雲にのっ  道路にのっ  電波にのっ  装甲車にのっ  四人ずつのっ  肩へのっ  円タクにのっ  相談にのっ  微風にのっ  花束がのっ  何ものっ  ことがのっ  ゴシップがのっ  事ものっ  灰皿がのっ  油ののっ  十月号にのっ  調子にのっ  一緒にのっ  無電にのっ  記録にのっ  日本人がのっ  はじめて噴行艇にのっ  幕僚をひきつれてのっ  波にのっ  自転車にのっ  丁坊ののっ  中にのっ  百二十人もの人間がのっ  クリッパー機にのっ  巨人飛行機にのっ  詩がのっ  書類がのっ  一隅にのっ  口車にのっ  彼方にのっ  舟にのっ  本船にのっ  ボートにうちのっ  ノーマ号にのっ  卓上にのっ  ひたいにのっ  ずい分船にのっ  四十幾日間ものっ  一人でのっ  クライストにのっ  膝をのっ  二回がのっ  東京新聞にのっ  何んのっ  たしかに船籍簿にのっ  潮にのっ  艇客名簿にのっ  船にでものっ  渦にのっ  日本をのっ  恐竜にのっ  三人ののっ  輿にのっ  とき同様、なかなかのっ  椅子にのっ  広告文がのっ  計にのっ  蹠がのっ  品物がのっ  紹介がのっ  暖かい太陽が、のっ  原稿がのっ  夜具をのっ  ゆららと流れた、のっ  同人雑誌にのっ  メニューにのっ  本にのっ  左右から自転車にのっ  あなたに相談にのっ  永井柳太郎はのっ  何かがのっ  端にのっ  墨壺がのっ  四つ五つものっ  物語がのっ  夜風にのっ  たくさんおもちゃがのっ  いっしょにのっ  おなじおもちゃがそのうえにのっ  報告文学的小説がのっ  燻肉ののっ  薬罐がのっ  帆前船などがのっ  ようにのっ  紙にのっ  彼女ののっ  三輪車にのっ  花籠がのっ  黒川がのっ  雷洋丸にのっ  電話機がのっ  筒とがのっ  から早くのっ  酒徳久利ものっ  立志伝がのっ  雑誌などにのっ  報告がのっ  小説がのっ  作品がのっ  上にはのっ  車輪のひびきがのっ  岩にのっ  べつ、のっ  誰が見たってのっ  水中眼鏡がのっ  一つ船にのっ  世界地図にものっ  自動単にのっ  帝にむけて、のっ  そ、のっ  馬へのっ  七兵衛はのっ  のがのっ  往来へのっ  茶碗がのっ  器具がのっ  物体がのっ  手のひらにのっ  残りがのっ  太陽が、のっ  インキ壺がのっ  謳歌にのっ  俎にのっ  松風号にのっ  VIKINGにのっ  雑誌にのっ  上から、のっ  一人はのっ  男がのっ  山陽とのっ  汽車にかきのっ  網棚にのっ  上にただよいながら、のっ  突立ってのっ  前部へのっ  荷馬車にのっ  大道にのっ  前へのっ  針にのっ  ふうにのっ  機関車にのっ  校友雑誌にのっ  気分がどうのっ  脂ののっ  お話がだいぶのっ  計略にのっ  写真入りでのっ  飲食物ののっ  ちゃんと、のっ  鵞ペンがのっ  かばんにのっ  源一ののっ  ますます調子にのっ  仕事へのっ  近代建築物がのっ  飛行場がのっ  策略にのっ  夕刊にのっ  逆にのっ  そこにのっ  名刺がのっ  一行がのっ  鳥にのっ  収容船にのっ  あちこちにのっ  類が雑然とのっ  いつまでも図にのっ  光景をかもし出しながらのっ  一ページにのっ  ところまでのっ  便乗させて貰うか、とのっ  名はのっ  電気コンロがのっ  ポーハタン号にのっ  さまののっ  硝子器がのっ  教科書にものっ  マニ教撮影苦心談ものっ  荷車にのっ  小児がのっ  大学帽がのっ  ヘルメット帽がのっ  樽ロケット艇にのっ  テーブルがのっ  ブルトーザがのっ  自転車と、のっ  人間がのっ  毎日新聞へのっ  盆にのっ  一九三六年四月号にのっ  投書欄にのっ  貨物自動車にのっ  何処かで、のっ  何処かでのっ  玉がころがりだすと、のっ  かざりをつけてのっ  明治二十二年一月から読売新聞にのっ  読売新聞にのっ  投書ものっ  文学界にのっ  等がのっ  そこへのっ  鉢がのっ  身の上相談にのっ  図鑑にものっ  供物などののっ  鉦にのっ  止り木にのっ  三月号にのっ  上野ゆきの電車にのっ  顔をそむけながらのっ  どこにものっ  斜かいにのっ  漫画エハガキがのっ  二人がのっ  伸子ののっ  先へのっ  遠くから風にのっ  膝にのっ  世界がのべつ、のっ  紳士録にのっ  四月号にのっ  板にのっ  一つころりとのっ  貨車にのっ  通信がのっ  批判がのっ  自動車へのっ  綴じこみがのっ  時分にはいずれのっ  巻頭論文がのっ  黒表にのっ  艇にのっ  時計掛にかかってのっ  六角のがのっ  体ののっ  気持がのっ  唸り声を聞き澄ましながら、のっ  汽車にも沢山のっ  竹をもってのっ  風潮にのっ  あなたからのがのっ  テーブルにのっ  電車を待ってのっ  論文ものっ  ボートにのっ  白熊がのっ  肩車にのっ  一番機にのっ  マック大尉ののっ  射手ののっ  文章ののっ  おんどりがのっ  義眼がのっ  二つの論文がのっ  一文がのっ  批判ものっ  議長がのっ  鼻も無いのっ  為め黒表にのっ  日本兵がのっ  章にのっ  気運にのっ  一段組でのっ  藁屑がのっ  馬車へのっ  口もなく、のっ  顔が時々のっ  私は実際、のっ  口もないのっ  蒲団から覗き出してみると、のっ  盗難よりものっ  それを押し切って、のっ  物影、のっ  私は、のっ  こともあり、のっ  額にのっ  のどうのっ  車体がのっ  豆潜水艇がのっ  横にのっ  二人ののっ  おもちゃののっ  チーズがのっ  写真までのっ  山の手電車にのっ  大皿がのっ  塊がのっ  飛行器にのっ  手紙がのっ  布団にのっ  一幕ものがのっ  前から電車にのっ  そうになってのっ  さいあふれるまでにのっ  のものまでもずらっとならんでのっ  隅にのっ  今はのっ  書類はのっ  手がのっ  身体に跳びのっ  上に跳びのっ  本が並んでのっ  食器類ののっ  ただ上にのっ  気分がのっ  それがのっ  果物籠がのっ  間の抜けたのっ  ペンとがのっ  玉の輿にのっ  函がのっ  船長ののっ  人がのっ  人が、ぎっしりのっ  ひとりものっ  わる者ののっ  しか乗客がのっ  男がいそいでのっ  音にのっ  机上にのっ  一番はなへのっ  西洋かみそりがのっ  採点表にのっ  花瓶がのっ  ぶらんこに立ってのっ  しろむきにのっ  そりにのっ  段ぬきでのっ  あすこから汽車にのっ  男ののっ  石炭船にのっ  まんまでのっ  上にしてのっ  上には、何一つのっ  指揮官望月大尉ののっ  彗星二号艇にのっ  噴射艇にのっ  誌上にのっ  オダテにのっ  それからだんだん速度をたかめていくと、のっ  それへのっ  そうにのっ  聖像棚にのっ  豆腐ののっ  直通にのっ  カゴにのっ  上り列車にのっ  ただちに馬車にのっ  何も惚れたのどうのっ  魍魎のごとくのっ  駕籠にのっ  電車へのっ  何にも無い、のっ  切れがのっ  掛蒲団が、ぺったりと薄く汚くのっ  談話がのっ  うっかり図にのっ  劇評がのっ  ここから船にのっ  それから船にのっ  から俥にのっ  本がのっ  句ものっ  箱馬車にのっ  いましめなどが、いっぱいのっ  梯子にのっ  自分から興にのっ  かおをしてのっ  何かずにのっ  事蹟がのっ  鼻もないのっ  大船にのっ  運転手がのっ  背中にのっ  人造人間にのっ  紳士が、のっ  私たちののっ  卓子にのっ  一台にのっ  情景がのっ  バスなどにのっ  此がのっ  自動車に重りあってのっ  図気がのっ  文がのっ  甲冑をつけてのっ  方へのっ  ものはのっ  もの一つ位がのっ  ことについてはのっ  手記がのっ  警告さえのっ  とき、のっ  籠がのっ  相談には、のっ  いつか展望にのっ  顔がのっ  便船にのっ  漣にのっ  苦笑してのっ  私たちがのっ  靴下がのっ  書物がのっ  願書がすっかりのっ  省線にのっ  宇都宮から隣りにのっ  それののっ  愛物ののっ  驢馬にのっ  レールにのっ  豚にのっ  ミシンがのっ  三日ものっ  本線にのっ  当時新聞紙にのっ  読売にのっ  名前がのっ  詩が沢山のっ  小判がのっ  机にも、のっ  外人がのっ  写真が、のっ  奸計にまんまとのっ  ここにのっ  顔は、正しくはのっ  説ものっ  蓮台にのっ  トウナスがのっ  プロペラ船にのっ  一生懸命して居ても報って来るものっ  甲にのっ  集団写真がよくのっ  トラックへのっ  いくつかのっ  腕木にのっ  黒雲にのっ  封書がのっ  ヨットにのっ  武田さんも随分あぶらがのっ  乗り物にのっ  報道とともにのっ  北風にのっ  親類が、ああの、こうのっ  興がのっ  小皿ののっ  報道がのっ  つけ馬にのっ  鴨艇長がのっ  何かのっ  



前後の言葉をピックアップ
ノヂツニ  乗っ  乗っから  宣っ  載っ  ノッ  乗っかっ  載っかっ  のっかっ  のっから


動詞をランダムでピックアップ
ちぢこま祷り抜出す練る温も書き送ろたまわ降りかかるつめこまおごりゃ取澄ますなぐれるたべろ惚れ込むもうかり積ん聞きただそ揮う浮び上がっ踏みはずそ
形容詞をランダムでピックアップ
賎しきつたなし堆かっ気安いひらたく甘き寂しかっかわいらしかっ奥深真っ白い不味し血腥いめづらしならびなくおさなきけわしかろ良かろなまぐさい