「けだし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ けだし[動詞]
真赤になってとけだし  緋のけだし  一人では勝てないと思いだしたので、そっと脱けだし  まま浴室からぱっと脱けだし  そこから脱けだし  の、脱けだし  一人だけ脱けだし  搦手から脱けだし  真っ赤に焦けだし  そのまま脱けだし  クラブから脱けだし  友人は脱けだし  夜なかに脱けだし  裏門から脱けだし  冬から脱けだし  一たんとけだし  横に脱けだし  自分の脱けだし  病室から脱けだし  寝床から脱けだし  ものから早く脱けだし  裏口から脱けだし  

副詞

けだし[副詞] ~ 1
けだし当時宮庭へでも  けだし打者の  けだし走者は  けだしモウじきに  けだし彼等も  けだし農なり  けだし暴君汚吏の  けだし人生の  けだしこれは  けだしすべて吾人に  けだしすべての  けだし韻律  けだし心理的にも  けだし自由詩は  けだし自由詩の  けだし藝術に  けだし我等の  けだし彼らの  けだし年々  けだし鉾持の  けだし余輩の  けだし当初の  けだし中の間の  けだし心の  けだし女性に  けだし余は  けだし元義は  けだし活字の  けだし女に  けだし四季の歌は  けだし絶無僅有の  けだしアケディセリルの  けだし一番穏当  けだし各種の  けだし一国の  けだしここに  けだし意の  けだしこれを  けだし高遠に  けだし今の  けだし一身の  けだし学問の  けだし小児の  けだし国の  けだし医学の  けだし意味深遠  けだし学者の  けだし天祐  けだし市街地  けだし千載の  けだし飜訳という  けだし褄  けだし江戸趣味の  けだし正宗君の  けだし孫家の  けだしもと間人  けだし一人の  けだし京都市中を  けだし彼らは  けだし各地共通の  けだしこれらの  けだしこれに  けだし容易  けだし尊公なども  けだし好敵手と  けだし世と共に  けだし時世変遷の  けだし実景  けだし張魯一代の  けだし忠信以下の  けだし支那流に  けだし一朝一夕の  けだし社会一般の  けだし文明の  けだし主人と  けだし普通の  けだし一朝一夕に  けだしこれが  けだしそれは  けだし自然の  けだし大社大寺には  けだし彼らも  けだし弓削の  けだし五箇所  けだし淀  けだし音楽を  けだし智育上より  けだし察  けだしハシタ  けだしハシタという  けだしハシタモノ  けだし上古から  けだし天禀  けだし日本の  けだし一切の  けだしそれ以上  けだし二十四時の  けだし平和の  けだし僕が  けだしわれわれ人智の  けだし水の  けだし東京前面の  けだしコン吉  けだし新開地  けだし予の  けだし天は  けだし俳句は  けだし芭蕉は  けだし精細的美を  けだし蕪村の  けだし一茶の  けだし事物の  けだし我々が  けだしこれ  けだし渠が  けだしイギリスは  けだし当時の  けだし文化史的にも  けだし詩とは  けだし自我の  けだし詩人  けだし彼等にとっては  けだし彼等に  けだし科学は  けだし芸術は  けだし前に  けだし西洋の  けだし日本は  けだし小説家の  けだし詩は  けだし小説は  けだし人間に  けだし彼等は  けだし貴族的  けだし浪漫派の  けだしアメリカの  けだし茂吉は  けだし独逸人は  けだし独逸人の  けだし恋愛の  けだし日本語の  けだし原始の  けだし芸術的精神の  けだし論文に  けだし棺おけの  けだし慶応義塾の  けだし人事の  けだし僕を  けだし尋  けだし習慣の  けだし相持ちに  けだし教会の  けだし晩年の  けだし簀の子にて  けだし平日よりは  けだし山伏  けだしほかに  けだし一奇観  けだし世界  けだし普通民が  けだし肩車の  けだし太古の  けだし筋肉から神経に  けだし他の  けだしキリシタン宗は  けだし中興以来の  けだし二党おのおの国権  けだし俗言は  けだし破壊と  けだし秩序的進歩を  けだし自由論派は  けだし立憲政体の  けだし国民論派は  けだしわれわれが  けだしわたくしはいかにも  けだし名案ぢや  けだし古来稀  けだし壮観を  けだし無価値な  けだし重大  けだしカントの  けだしそれが  けだしピグミーの  けだしくぐつの  けだし里から  けだし語部が  けだし九州には  けだし物の  けだし偶然の  けだし役人衆の  けだし米友は  けだし世に  けだし正を  けだし人間の  けだし種々の  けだし想像に  けだしほかにも  けだし実隆は  けだし人は  けだしこれら京内の  けだし産所の  けだし昔の  けだし一片の  けだし庄屋の  けだしエタを  けだし偶然に  けだし泰西における  けだし浮浪民の  けだし首尾の  けだし彼は  けだし枝雀は  けだし世の中には  けだし歌人の  けだし奥羽地方の  けだし熊は  けだしもと普通名詞として  けだし古志郡の  けだし石牀の  けだしわれらは  けだし二戸  けだし奥地の  けだし政教子の  けだし政治上の  けだし妹は  けだし色の  けだし夫婦  けだし馬ほど  けだし外国の  けだし中世  けだしベダイ人  けだし言語の  けだし盗人の  けだしアフリカの  けだし金の卵  けだし乱の  けだし諸公  けだし宇津氏は  けだし畜生  けだし野猪に  けだし禅観の  けだし早熟に  けだし仮名の  けだし左千夫は  けだし節は  けだし東都の  けだし逸品中の  けだし江戸  けだし東京市中における  けだし賢人の  けだし山巓平坦  けだし鶴ヶ岳は  けだし人間が  けだし田楽の  けだし東北地方の  けだし悲愴とは  けだし古代という  けだし安倍牟かも  けだし至言と  けだしモガモボ時代の  けだし無限の  けだし氏の  けだし古来  けだしその後に  けだし夷  けだし僕は  けだし駒橋は  けだし忌  けだし同君の  けだし余の  けだし当を  けだしオシラ神の  けだし家にとって  けだし読者の  けだしわが輩士官次室の  けだし白人種の  けだし傑作  けだしあたり  けだし九子羊と  けだし尋常の  けだし莫大  けだし太古においては  けだし好き意味の  けだし従来使用の  けだし巨額に  けだし中世は  けだしここでは  けだし技術においては  けだし赤十字社の  けだし注意に  けだし大  けだし和算に  けだし祝部  けだし小意気  けだし後世海岸から  けだし藤原百川らの  けだし当時田口博士は  けだし当時誠心国を  けだし明かな  けだし私は  けだしオウタハイトには  けだし上流の  けだし結婚率の  けだし翌年  けだし栄養不良  けだし一般に  けだし穀物輸入は  けだし育児院で  けだし食物と  けだし彼が  けだし政界において  けだし帰国  けだし穀物価格が  けだし教区は  けだし鉄道は  けだし正直の  けだし文久非常時の  けだし寺院の  けだし輿論の  けだし過去に  けだし特殊部落に関する  けだし双方これ相俟って  けだしファッショ式な  けだし心理を  けだし社会は  けだし人間にも  けだしくも心  けだし天下の  けだし自然  けだしヤムを  けだし鄙の  

けだし[副詞] ~ 2
けだし思い  けだしやむをえざるなり  けだしやむをえぬ  けだし止む  けだしもっ  けだし成り  けだし躓き  けだし測り  けだし疑う  けだし免れぬ  けだしかかる  けだし思う  

( ~ )けだし( ~ )
けだし一々  けだし当然  けだし少く  けだし少から  けだしこう  けだし古く  けだし潔  けだし多かろ  けだし恐らくは  けだしやむをえなかっ  けだし多く  けだしいつも  けだし寒  けだし最もよき  けだし重く  けだし最もひどい  けだし多少  けだし少なく  けだし少  けだしもし  けだしそう  



前後の言葉をピックアップ
気だかく  けだかく  けだかし  蹴出さ  蹴出し  蓋し  けだし  ケダシ  蹴出し  蹴出す


動詞をランダムでピックアップ
使いこなそ裁ち帯する蝕し受けつけよそそりゃ冴えわた取りかかっはけるしみいるはぐらかさ憤り落ち行くこじあけろ占お駆けずりまわる持ち出さ追い詰めはずかしめよつづけよ
形容詞をランダムでピックアップ
旨かろ悪くっ忘れっぽ難けれ粘しこぐらかっ恥ずかしから分別らしく極まりな美味しかろ後ろめた愚かしわるくかびくさかっおそくかくううまけれ真新しいみめよい口惜し