「け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ け[動詞]
ほのかに立ちいでて、け  黒味が脱け  毛が脱け  肥料をやる、かうしてをけ  よう出け  やうにして誑し、一気に引かけ  頭へ載け  前を駈脱け  身に著け  自分より遠け  ゆきあひてけ  まさか海ぼうずなどというばけ  下等動物だの、みにくいばけ  洞に近け  掛をつけたばけ  繁味を漏れて滑りながらに脱け  そこから脱け  幾筋にもばらけ  力およばず、うつくしいばけ  ために、ざらざらに脱け  膝に引つけ  日に焦け  やうに、け  手からすべり脱け  目を著け  白ちゃけ  灰汁が脱け  揮発性に、け  気さえ注け  所へ、脱け  草鞋を踏んがけ  これだけ買つてけ  部屋から脱け  裏から脱け  やうに脱け  稼人になってけ  菊枝さやってけ  赭ッちゃけ  つて喧嘩を吹かけ  肉がすっかり脱け  陽に焦け  顏を反け  年月包んでけ  白っちゃけ  それに引つけ  蛾と見て載け  庭下駄を突かけ  ズボンを著け  弁護士服とを著け  衣服を著け  浴衣を引かけ  遊人などを近け  頬が削け  下町ものから脱け  識別を遠け  なかった花柳気分からだんだん脱け  垢が脱け  みんな打ち散け  上に乗け  つてをけ  下へ脱け  裏穴から脱け  乱暴に散らけ  寮から脱け  僧衣を引かけ  どこへ連れてけ  下駄を突かけ  顏に吹かけ  馬鹿にけ  ろにありけ  麻裏草履を突かけ  方から脱け  面を反け  私達から遠去け  喬介は振り返って、遠去け  身を著け  赤っちゃけ  んだ、その紅っちゃけ  事のありけ  一ぱい引かけ  服を著け  窓からスースー脱け  花を著け  途中から脱け  首からかけて、みけ  手を著け  堂宇を見け  綿を散らけ  巾子を著け  時代から桂帯を著け  旅に焦け  娘も走け  木の根を踏みこえて走け  音にまじってけ  だんだんに脱け  商売を懶け  お前さんなんて黙ってけ  衣に著け  踏ひ著け  ェながかァけ  からそうよろしけ  灰汁もよく脱け  モールは、け  雲もちらけ  先へ突かけ  客が来りけ  庖丁でこそけ  爪が少し欠けけ  露の、け  途中から、乗け  宗教から脱け  力瘤が脱け  二人が脱け  床から脱け  ユニフォームを著け  赭黒く焦け  帰らないつて言つてけ  上衣だけを引かけ  胸を開けて、け  かざりをふるわせて走け  艾でも取ってけ  探偵を近け  羽毛をけ  草履を突かけ  草裏を突かけ  枕屏風にかたよけ  水を打っ注け  羽織引かけ  足駄を突かけ  一椀盛け  吉良から脱け  顔を反け  赭っちゃけ  規律に反け  地に押し著け  火鉢を引つけ  婬鬼赤褌を著け  彼に反け  法律に反け  矩に反け  のを、やっと脱け  頬も削け  あしらつてをけ  ようにしてどうか置いてけ  町さ持って行って売ってきてけ  僕と帰ってけ  赤ちゃけ  匂も湿け  衣服を引かけ  草履を引かけ  軍閥、懶け  画板一杯に懶け  景色を撮してをけ  人も撮してをけ  力が脱け  間柄だが、かうしてをけ  私がいきなり突かけ  白髮が、け  苦勞から脱け  何処さも行かないでけ  とき露と答えてけ  腕は脱け  一所に打ち覆け  背に引かけ  靴を近け  藝術境から脱け  学者が懶け  家へ預けるとか云って、走け  山形ジープで行ってけ  白布の覆け  すさびなりけ  頬の削け  樹木にただ引かけ  右へ折れてけ  空氣の脱け  火をあらけ  底が脱け  歯が脱け  枝に引かけ  女を遠去け  びっくりしてけ  医者が来てけ  金を出してけ  大根一本おいてけ  人だから、け  時僕は少し懶け  毛も尽く脱け  いいともいいともさあ持ってけ  声を出してけ  打散け  斯うやら脱け  まま白っちゃけ  一人でやってけ  温泉にやりちゃあけ  日にも焦け  船を著け  ものを引つけ  一に脱け  繁みを漏れて滑りながらに脱け  手に斬け  髪もけ  簪は脱け  マラリヤをふくんでどろっと湿っけ  苦労にげっそりと削け  俺に出てけ出てけ  頭髪が脱け  杉林から脱け  塵埃が脱け  から持ってけ  何だか気が脱け  宴あらけ  肉が削け  一時に脱け  間から脱け  一見してけ  習は脱け  心を落ち著け  つて、歩いてけ  羽織を引かけ  我目正しけ  足がまたけ  つて近け  五十両と吹かけ  辺一帯湿け  肩から脱け  三つ四つも古け  成程懶け  気が脱け  シノに著け  ように、黒っぽけ  何処からか、おいてけ、おいてけ  後からまた聞えてくるおいてけ  から眼を著け  面を著け  大変になる迄に脱け  彼が見たあんなけ  眼を著け  黄袍を著け  後に、初めて、け  此を著け  塗つてをけ  先に突かけ  作品をすこし計り見てをけ  やうにして、脱け  感覚を引つけ  階子口に走け  簑笠を著け  膏がすっかり脱け  甲冑を著け  



前後の言葉をピックアップ
          ケア  蹴合い  ケアウェ・ストリート  けあげ  蹴上げ


動詞をランダムでピックアップ
連れ戻す濡らす問い合せる下さろおよる備え飾りつける踏みならささきはじめ追掛けさしだす蹴っとばさ引きあげるいれかわりなぞら血迷う打消さ生きかえるかんづかころせ
形容詞をランダムでピックアップ
切な罪深い小賢しくうつくしけれ際どき目ばゆ奥ゆかしき情け深気安かっしぶくっ軽し臭かっ円けれながかっでかしほしゅう危なかろすずしく草ぶかき早かろ