「蹴」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 蹴[動詞]
何を蹴  奴に蹴  うつかり蹴  つても、蹴  草原を蹴  石ころを蹴  扉を蹴  墓場道を、蹴  人毎に、踏んで、蹴  萩原様を蹴  肋を蹴  釣鐘を蹴  雪を蹴  水汲みの石油鑵を蹴  憤然町内を蹴  狂遇ヲ蹴  オレヲ蹴  さまに蹴  私を蹴  小石を蹴  しぶきを蹴  やうに蹴  縱横に蹴  ふんだり、蹴  谷へ蹴  虹を蹴  草花を蹴  穴と、蹴  水を蹴  舵機を蹴  尾翼を蹴  因業親父を蹴  そもそも互いを蹴  中へ蹴  万吉の蹴  谷間に蹴  空を蹴  針松の木椅子を蹴  程に蹴  豆を蹴  彼を蹴  そいつを蹴  さで蹴  波浪を蹴  裳を蹴  蓋を蹴  砂を蹴  座を蹴  席を蹴  水層を蹴  来観などを蹴  石を蹴  地べたへ蹴  乙吉は、蹴  一方が蹴  一人を蹴  地面を蹴  花を蹴  原士に蹴  肘を蹴  水色縮緬の蹴  わたくしを蹴  椅子を蹴  箱を蹴  着を蹴  鐵鉢を蹴  裳に搦めて、蹴  宙に蹴  ようにとっとと失せろと蹴  狂ひて蹴  折蘆を蹴  ぼんのくぼを蹴  それを蹴  肩を蹴  濁水を蹴  馬の蹴  破片を蹴  巣を蹴  馬蹄に蹴  犬へ蹴  方へ蹴  弱腰を蹴  女坂をゴロゴロと蹴  夢中で蹴  谷間へ蹴  疲れた時に、蹴  人形箱が蹴  軍鶏が蹴  見事丸官を蹴  不思議そうに蹴  一艘矢張り浪を蹴  枕を蹴  彼の蹴  障子を蹴  戸を蹴  父親から竹法螺をひったくると、蹴  野草を蹴  月光を蹴  腹を蹴  陽りを蹴  腰高障子を蹴  砂利を蹴  下駄で蹴  腰掛けを蹴  裏を蹴  波を蹴  窓格子を蹴  雨戸を蹴  鼻を撮んでみたり蹴  僕を蹴  片隅へ蹴飛ばし蹴  縦横無尽に蹴  容赦なしに踏んだり蹴  客は蹴  彼女を蹴  孔子の木像を蹴  腰を蹴  邪魔すると、蹴  賊軍にさえ、蹴  人には、えらく威張って蹴  人をふんだり、蹴  靴で蹴  囲を蹴  野面を蹴  敵を蹴  雲を蹴  敵陣を蹴  赤兎馬に蹴  木ッ端どもを蹴  萱原を蹴  人波を蹴  頭を蹴  側臣を蹴  枯葉のごとく蹴  先鋒をも蹴  数百人で蹴  一挙に蹴  しらを蹴  扉を力一杯に蹴  苦もなく蹴  酒瓶を蹴  二陣も蹴  王忠軍を蹴  裾を蹴  恨を蹴  何にもかも蹴  無惨にも蹴  ところがありましたので、いっそ蹴  ものをすっかり蹴  大軍を蹴  祭壇を蹴  さを蹴  空箱を蹴  店員たちを蹴  伏勢を蹴  番兵を蹴  足で蹴  ブン殴ったり蹴  それこそ、縋るを蹴  重囲を蹴  兵を蹴  軍を蹴  それに蹴  手先、蹴  みんなで蹴  楊懐を蹴  残兵ども一兵ものこさず蹴  雑兵を蹴  山を踏むより易いぞ、蹴  白色軍を蹴  沼に蹴  魏を蹴  呉兵を蹴  足を挙げて蹴  煽動を蹴  反動暴力団を蹴  魏兵を蹴  敵勢を薙ぎ伏せ、蹴  呉兵どもを蹴  二つ三つ顔を蹴  土足で蹴  上洛に応ぜず、攻めるなら来い、蹴  屍体を蹴  あと足で蹴  無闇と蹴  掻卷を蹴  自分らを蹴  地面を力一杯蹴  靴先で蹴  そりや、踏んだり、蹴  中に蹴  バケツに蹴  衝と蹴  脚で蹴  泉水を蹴  何物かを蹴  蹄鉄にかけて蹴  馬に蹴  悲鳴を蹴  地球儀を蹴  布團を蹴  にべもなく蹴  ぎよつとして布團を蹴  しげみから放れようとして、蹴  踏み出しを蹴  畳を蹴  犬でも蹴  喪屋は切りふせて蹴  喪屋を斬りふせ蹴  政教を蹴  カンキュウあればいつなんどきでも蹴  から、振捩ろうにも蹴  八方へと、蹴  胸を蹴  丹三郎を蹴  そばへ寄ると、たちまち蹴  もんどり打って蹴  襖を蹴  草鞋に蹴  野郎で、蹴  階段を蹴  泣き声が蹴  仁者ぶりは蹴  大抵は蹴  浪を蹴  猿を蹴  橄欖畑を蹴  ドンドン唐紙を蹴  何かに蹴  非人を取って投げ、蹴  礫を蹴  箱に蹴  のが蹴  ものを蹴  砂塵を蹴  人間を蹴  自分で蹴  物体に蹴  横腹を蹴  海へ蹴  物狂いに蹴  餌をやりながら突然蹴  客が蹴  仰向けに、ドンと蹴  自転車を蹴  どこか蹴  黒ん坊を蹴  額を蹴  物を投げ飛ばしたり蹴  いちど外へ蹴  先で蹴  親を蹴  犬を蹴  顎骨を蹴  奴を蹴  大波を蹴  土煙をぽかぽかと蹴  土煙を蹴立て、蹴  土煙を蹴  踵で蹴  必死の蹴  凸凹を蹴  黒土を蹴  さかいもなく、薙ぎ払われ、蹴  物音を蹴  なつたりすると、踏んだり蹴  人を蹴  果に、蹴  足もとに蹴  敷砂を蹴  半分ばかり蹴  以テ平民ヲ蹴  昔、蹴  山を蹴  空へ向って蹴  馬腹を蹴  シャニムニ踏み破り、蹴  天狗党を蹴  猛犬を蹴  落葉を踏み砕き、蹴  松五郎に踏んだり蹴  ものを、蹴  舟板を蹴  ように蹴  流れを蹴  海馬に蹴  旗本に蹴  城も蹴  力まかせに蹴  木切れなどを蹴  どちらからともなく蹴  一戦に蹴  倒おし蹴  娘でも蹴  頤を蹴  羽目板を蹴  官軍などは、まっさきに蹴  国府を蹴  騎馬に蹴  何物かにぶつかっていって、思うさま殴りつけ蹴  やくざ女を蹴  足でも蹴  壺を蹴  落葉を蹴  仙吉を蹴  先へ蹴  爆弾に、蹴  格子を蹴  地を蹴  龍泉どのも、蹴  垣を蹴  石垣下へ蹴  土を蹴  洗はず露蹴  錦小路殿をも蹴  将士に蹴  空気とを蹴  縁談などは無論に蹴  輻も蹴  鴉ぢやと思うたれば、やはり打ちつ蹴  枕木に蹴  尻馬に蹴  一つ、蹴  ものに蹴  一つ床を蹴  のを蹴  棒杭を蹴  飛ばし、蹴  ストーブを蹴  吸呑器を蹴  石ころに蹴  母親を蹴  両脚で蹴  さん/″\に蹴  柴折戸を蹴  女を蹴  溝板を荒々しく蹴  ように怒って蹴  衾を蹴  後ろへ蹴  物いひかければ悉く蹴  彼が蹴  マニ教を蹴  如く駈けこんできて、蹴  ヒッパタク、蹴  蹄に蹴  蹄で蹴  太陽に蹴  跫音や、蹴  蒲團を蹴  私たちは、はねとばされ蹴  青草を蹴  もつとお蹴りよ、いくら蹴  襟クビふんづかまえて、蹴  オカミサンは、蹴  柳から鈍重に蹴  雨戸を烈しく蹴  三人までを蹴  嘉十郎を蹴  じい勢ひで中国軍を蹴  批評を蹴  道徳を蹴  蒸汽の蹴  羽を蹴  シャモが蹴  妹を睨んで、蹴  坑へ蹴  頼長に蹴  兄を蹴  一派を蹴  理屈を蹴  脇息を蹴  足をあげて蹴  最後に蹴  疊を蹴  自分を蹴  馬を乗り入れて、蹴  なかったばかりに、とうとう蹴  間を蹴分け蹴  言葉に蹴  愚弄っても、よしんば踏んだり蹴  御膳を蹴  苦もなくそういって蹴  批評なんぞ蹴  脛で蹴  奴等を蹴  なかに蹴  下駄を蹴  雪八方に蹴  ものは蹴  いやといふほど蹴  たびとなく蹴  約束を蹴  小石を掻きながら蹴  炭取に蹴  蓆に蹴  時、突然蹴  誰が蹴  しげみへ蹴  パトラッシュは蹴  ブンナグラレ、蹴  ところを、ひどく蹴  ウンとばかりに蹴  水を高く蹴  枯れ草を蹴  氷を蹴砕き蹴  毛布を蹴  足を蹴  体を蹴  麦も蹴  金庫を蹴  センチメンタリズムを蹴  子供を蹴  草鞋を蹴  肩をせりあげて、蹴  先に蹴  足先で蹴  外輪に蹴  新聞包みを蹴  ものを殴り、蹴  ただらを踏むばかりに蹴  太腹に蹴  爆音を蹴  ついでに蹴  それに引つけられ、又蹴  傍へ行くと、飛んだり蹴  羽目板にして蹴  こぼれと、蹴  動物を蹴  草履を蹴  蹂り蹴  鶴を突いたり、蹴  薔薇を蹴  心を蹴  六人、蹴  旅人も蹴  牛に蹴  いやというほど蹴  なんだな、蹴  土手の蹴  カットして好蹴  石に蹴  魔窟を蹴  社界を罵蹴  菊枝を蹴  几帳をパッと蹴  一所足で蹴  俺は蹴  今夜ここへやって来て、蹴  白粉が蹴  葉蔭から射す光りを蹴  程下駄で蹴  腋腹を蹴  太鼓を蹴  群は蹴  内から戸を蹴  貴様を蹴  酒瓶は、蹴  家中へ蹴  五体は、蹴  群れを蹴  拘束さえも蹴  悪習を蹴  飛躍を欠いてともすると蹴  征塵高く蹴  何かを蹴  男を蹴  宙で蹴  土間へ蹴  殻を蹴  そつと蹴  ドアをまへよりすこし強く蹴  彼女を殴りつけ蹴  床を蹴  棟を蹴  裳も蹴  そのままポンと蹴  心も、蹴  恐怖感を蹴  引摺りの蹴  下に、蹴  サツと蹴  風を蹴  緋縮緬を蹴  書院窓を蹴  あたりを蹴  積雪を蹴  波頭を蹴  一枚を蹴  外へ蹴  枕に蹴  自ら其粋美を蹴  板の間を蹴  柳に蹴  戸障子は蹴  牝の蹴  なんでも蹴  軍勢を蹴  蔭へ蹴  棺桶を蹴  コタツを蹴  道具をひっかきまわしたり、蹴  足にしがみついて踏んでも蹴  胴を蹴  車輪を蹴  さわばかりを擲つたり蹴  脛を蹴  ヘッヘッヘッヘッ、蹴  父が活きてさえおりましたら、蹴  カラダにさわりましたところが、いきなり蹴  後ろに蹴  上何ぞというと擲ったり蹴  泥濘を蹴  鉄扉を蹴  脚を蹴  児を蹴  ゴミ箱を蹴  焦慮等を蹴  睾丸を蹴  ひまもなみたがひに蹴  干潟を蹴  大童雄叫び、泣きいさち、蹴  鞴踏み、蹴  壁を蹴  脚は、蹴  つて擲つたり蹴  天井を蹴  上から踏み破り踏み破り蹴  面白づくに蹴  頭からそれを蹴  フツトボールを蹴  ーんと蹴  文字どおり砂塵を蹴  向う脛を蹴  一蹴り蹴  組打ちもするし、蹴  神様にも蹴  中で蹴  ヒョイと蹴  一見常識を蹴  障子を持出して、蹴  落花と蹴  のでしょうか、いつも蹴  意識的にか、思わずか、蹴  足が蹴  鳩を蹴  行燈が蹴  舟まんじゅう、蹴  声に答えて蹴  大黒が蹴  人間を、投げ出し蹴  大黒だが、投げられ蹴  野花を蹴  過去を蹴  大地を蹴  ころがし蹴  板の間をドンと蹴  だれかに借りといで、貸さなきや、蹴  私が蹴  夜具を蹴  頭を、蹴  風評などを蹴  鮨が蹴  足をあげて強く蹴  足で力いっぱい蹴  脇腹を蹴  為めに蹴  諸方に蹴  水煙を蹴  もんだから、蹴  暴雨に蹴  幾人か蹴  女房を蹴  根っこに蹴  相手を蹴  妾なんか、蹴  ものは、とっくに蹴  書類を蹴  しろから下駄で蹴  脚が立って、蹴  



前後の言葉をピックアップ
グールモン  グーロフ  クーン  グーンと            


動詞をランダムでピックアップ
挙ら取り殺さけおされむくまのぼりつめるずらはねかから禁ぜ知抜いまちうけ押しつめれ遺りせっぱつまり成り代りうちあけれ萎め降ろしもたらさ擽り引っこ抜い
形容詞をランダムでピックアップ
痛き賑わしき相容れなけれ怖から耐え難しまばゆかっ著しゅうくわし重くなまぐさき口幅ったい果敢なく空恐ろしゅう腹立たしかっ細かき香しからわるかっふがいなく気軽むごたらし