「くっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ くっ[動詞]
扉にくっ  手を叩いて、くっくっ  負けとくっ  ノートをくっ  骨董を捻くっ  夕食をくっ  子供心に気味が悪るくっ  めて、にてくっ  手持無沙汰で、まどろっこしくっ  頁をくっ  小言をくっ  縁起が悪るくっ  のが怖しくっ  ために、くっ  それをくっ  泡をくっ  台本をくっ  雨戸をくっ  LEDをくっ  DTPに関してくっ  帳簿をくっ  手をくっ  人をくっ  めしをくっ  大目玉をくっ  南京虫がくっ  天井裏にくっ  奴をくっ  飯をくっ  日数をくっ  道草をくっ  弾みをくっ  柔順しくっ  才覚によって、やりくっ  胸にくっ  女はまず、くっ  ように、またくっ  迚も怖しくっ  大数珠をくっ  肘をくっ  暴風をくっ  尻にくっ  のへくっ  ミサ子にくっ  横合から引っ奪くっ  庄は捻ねくっ  火を掘くっ  一心にくっ  何をあんなにしゃべくっ  言葉をくっ  顔を伏せながら、くっくっ  巻きぞえをくっ  小作料が高えくっ  身内がぞくっ  そのまま案内役にくっ  大勢二本差しがくっ  家事をやりくっ  まろはもう睡くっ  中、ぞくっ  まちぼうけをくっ  所々虫のくっ  新芽をくっ  不意をくっ  ふうに、くっくっ  みんな泡をくっ  泣きながら皆にくっ  チームをくっ  卵をくっ  罐詰をくっ  唇を尖らして、くっくっ  京一を見て、くっくっ  顔をぬすみ見て、くっくっ  潰し餡のくっ  いやいや長くはそうおさせ申して置きません、遠からずくっ  鞭をくっ  幻をくっ  解散をくっ  鳥渡掘じくっ  なにも追い立てをくっ  弁当を捻くっ  怪人から一撃をくっ  顔をしてくっ  アサリをくっ  アパートから、追い立てをくっ  紙テープで引くくっ  一晩中、くっ  颶風をくっ  柔しくっ  言葉をしいてくっ  ばばあくっ  野郎がくっ  のがさむしくっ  あとから故意にくっ  巣をくっ  結局いくら莫迦莫迦しくっ  時間表をくっ  待ち伏せをくっ  一人発奮をくっ  年をくっ  お菓子をくっ  ゼイ竹をくっ  御飯をくっ  虫がくっ  ヒル飯をくっ  リズムにくっ  お断りをくっ  置きざりをくっ  反撃をくっ  それを引っ奪くっ  破門をくっ  多助にくっ  砕片があると、掘くっ  山口屋善右衞門は大くっ  あおりをくっ  襲撃をくっ  節をくっ  体をくっ  岩壁へくっ  店立てをくっ  そうにくっくっ  巻添えをくっ  刀を捻くっ  それを捻くっ  巴投げをくっ  日をくっ  槍を捻くっ  ものが羨しくっ  好い加減になすくっ  大勢来て、のんだ、くっ  ページをくっ  私は、何故かくっくっ  繊かくっ  はずみをくっ  それにくっ  忙がしくっ  人列がうねくっ  すにはくっ  動物的にうねくっ  女中にくっ  辺としてはくっ  懲罰をくっ  やり方がまだるこしくっ  いつまでもいつまでも、だくっだくっだくっ  駐在所まで行ってくっ  駄賃としてはくっ  引ッ奪くっ  悒欝しくっ  あくびをくっ  のはくっ  米友というくっ  家計をやりくっ  小遣いを何とかやりくっ  ヨダレをくっ  承知でくっ  何時までくっ  品が宜くっ  糸をくっ  チョロをくっ  青年はぞくっ  妙に怖しくっ  とき、くっ  一角にくっ  手形の書きかえでやっとやりくっ  はたけをさくっ  ところですから、隠れているにはくっ  葵はうつむいて、くっくっ  西貝が、くっくっ  夕飯をくっ  午飯をくっ  毛がくっ  有様はどうしてもくっ  変死とくっ  不意打をくっ  うちに、もくっ  道具ばかり捻くっ  幾ら私が捻くっ  東京に来ていらっしゃると承わっては怖しくっ  鶏はくっくっ  傍へくっ  書捲くっ  交り、くっ  胴体にくっ  チャンとくっ  泥を掘じくっ  不純物を二度と再びくっ  アイリスにくっ  時間をくっ  小っちゃくっ  みんな自分たちで何とかやりくっ  調べから家宅捜索をくっ  頸に吊らくっ  側杖をくっ  アッサリ肱鉄をくっ  なかでくっ  劇しくっ  私はくっくっ  だしをくっ  名簿をくっ  帖簿をくっ  発禁をくっ  私たちはどうやりくっ  ざまを見てくっ  頃は急がしくっ  僕はとにかく急がしくっ  たいが持ってくっ  母にくっ  みんなつれてくっ  蓋をくっ  ライスカレーをくっ  子は、やがて、しくっしくっ  虫のくっ  ぴらしゃらさせて、くっくっ  飛ばっちりをくっ  高は、ぞくっ  磯五にくっ  不意うちをくっ  あちらはどうやらやりくっ  そば杖をくっ  あわをくっ  一足掛けて見るとぶくっ  日には、くっ  端にくっ  御難をくっ  ものと見える、くっくっ  親仁はくっくっ  体が悪るくっ  襟をつけず、深くくっ  ビンタをくっ  即時解散をくっ  三輪から日本堤をてくっ  締め出しをくっ  日本要塞から締め出しをくっ  逆にくっ  あなたからお断りをくっ  小説にくっ  むきになってくっ  あとへくっ  店を主としてやりくっ  目次をくっ  畳をくっ  相棒をっくっ  百両ばかり踏んだくっ  お前がくっ  雨をくっ  行坊をつれてくっ  地面へくっ  岩にくっ  ことができたら、くっ  七人であるとはいえ、くっ  刑罰をくっ  不意討をくっ  静脈がふくれ上って、どくっ  しろにぴったりくっ  待合室をうねくっ  日本女にくっ  餅をくっ  スッポカシをくっ  年鑑をくっ  小市民生活をやりくっ  フン奪くっ  兄さんとくっ  音をどう捻じくっ  いいかげんになすくっ  そうにくっ  臓腑がつかみ出されていたにかかわらず、どくっどくっ  僅かにくっ  黄絹を引き捲くっ  置いてけ堀をくっ  辛えくっ  四五十分の道中をてくっ  納豆籠をぶらくっ  豆鉄砲をくっ  金をくっ  血液のそのくっくっ  釜を持ってくっ  八釜しくっ  足袋へくっ  メダカをくっ  大学その他から締め出しをくっ  二刀で切り捲くっ  体へくっ  たるを幸い切り捲くっ  巻き添えをくっ  反抗にはくっ  一家が突然すっかり閉め出しをくっ  一銭二銭と買ってくっ  ブンブン糸繰り車をくっ  ところにくっ  水面すれすれに、ぶくっ  三吉にくっ  旅行案内をくっ  上お目玉をくっ  耻しくっ  もんがくっ  土を掻いて、くっくっ  言をくっ  その後から追い捲くっ  待ち呆けをくっ  声が、くっくっ  鶏のくっくっ  誰にでもくっ  何か云ってくっ  小型旅行案内をくっ  中で、くっくっ  葉をくっ  人にくっ  急にくっ  うつむいてくっくっ  梅本は、すぐ、くっ  にんげんでもくっ  身体をくっ  そいつを捻くっ  ふりをくっ  朝食もくっ  トーマスはぎくっ  おやじが、くっ  おかしそうに、くっくっくっ  もう一度名簿をくっ  時間ばかりくっ  ページをぺらぺらとくっ  相手にして切り捲くっ  妙にくっ  それを聞くとぞくっ  私にくっ  誰が、買ってくっ  鎌を取っといてくっ  心臓は烈しく鳴り、恐しくっ  ミソがくっ  先生とかのくっ  謡にくっ  暦をくっ  みんなでくっくっ  草にかくれてくっ  弁当をもくっ  針でほぜくっ  何んだかもう分らない、急がしくっ  巧くやりくっ  勇しくっ  雲月斎玉兎女史とくっ  夜光虫がくっ  船長にくっ  一寸頁をくっ  鑑定でくっ  そばにくっ  懲役五ヵ月をくっ  留めおきをくっ  当分何とかやりくっ  職業でくっ  国男がくっ  作家をくっ  マアマア、よくもよくもくっ  人もくっ  煽りをだけくっ  尻にベッタリくっ  アルバムをくっ  機をくっ  ならずものにくっ  室内監禁をくっ  罰をくっ  パンをくっ  瞬間平手うちをくっ  トラックへのったり、てくっ  世間から追い出しをくっ  名士富豪にくっ  差し止めをくっ  一人でくっくっ  膝にゆすぶられながら泣きじやくっ  たてをくっ  ベチャクチャ喋べくっ  



前後の言葉をピックアップ
くちる  口脇  食っ  刳っ  喰っ  繰っ  屈強  究竟  屈曲  クッキリ


動詞をランダムでピックアップ
えり分けるおよぶ煽ぐくじり恋すれかたまり利く絞り込ん迂り切廻しいならべとどけ勤める鳴る交わろ縋ら祝せよぶすつどい抛り
形容詞をランダムでピックアップ
久しいにがししちくどく恥ずかし嬉し興味深きいまだしおもろ心地よかっ気味が悪くっよわかっ狭苦しく面白く赤かっ馴れ馴れしくうき