「おより」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おより[動詞]
ちよいとおより  こちらへおより  前に、どうせおより  冷氣はどうだもつとおより  そばを通ったんで、おより  もっと傍へおより  わきへおより  先例におより  脇息へおより  院はおより  それにおより  燃えるほのおより  遊びにだけおより  そばにおより  もっとそばにおより  ゆうべはよくおより  行きがけに一寸おより  



前後の言葉をピックアップ
及ぼせ  及ぼせる  及ぼそ  オヨメ  オヨメサン  オヨリデキヌ  およる  およろ  及ん  およん


動詞をランダムでピックアップ
打ち込ん含まり富み法るやつす企も詰切りゆきつきもえあがらせこ飛交うふみだすまとまりゃもつれあっ滲ま貶せなじも見返すくすみ踏み込み
形容詞をランダムでピックアップ
そぐわなかっ新し人恋しく喜ばしくっ男らしかっ細いうら寂しいしがなくやまし慌しかっ片腹痛い愛しゅうおおきい憎にくしかったえがたかっ目まぐるしにがにがしきわずらわしき鋭から少けれ