「おもっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おもっ[動詞]
んですけれど、今にも見つかりやしないかとおもっ  あれでも倒して縫ったらとおもっ  人民層がおもっ  貴人であろうとおもっ  手がらにしたいとおもっ  おれをだませるとおもっ  希望に早くそいたいとおもっ  こととばかりおもっ  んだとおもっ  指だとおもっ  見物などしていられないとおもっ  ことを尋ねられるとおもっ  悪いことをしたとおもっ  寿命を延ばすとおもっ  音をおもっ  怪塔王一人が住んでいるばかりだとおもっ  ぅんと撃ってやろうとおもっ  ものだとおもっ  ようにおもっ  何をおもっ  粉々にくだけてしまっていいとおもっ  生首とおもっ  なんだろうとおもっ  謎を早く解かねばならぬとおもっ  学者だとおもっ  音がきこえだしたとおもっ  博士だとおもっ  敵とおもっ  のであろうとおもっ  一つとおもっ  海中に墜ちて死んだかとおもっ  故障になったかとおもっ  邪魔をしようとおもっ  怪塔王は、もうかなわないとおもっ  日本軍がはいって来るとはおもっ  のではないかとおもっ  さっきから聞きたいとおもっ  のかとおもっ  こととおもっ  空中にとびあがろうとおもっ  どっかへ行ってしまうとおもっ  奴だとおもっ  毛唐だとおもっ  ことを、おもっ  目にあうかしれない、そうおもっ  こころにおもっ  かわいそうにおもっ  中でおもっ  彼はおもっ  時とおもっ  何かしらとおもっ  さまは立ち上がって行って、たれかしらみようとおもっ  ことをおもっ  発破だとおもっ  同居しようとおもっ  ぼくどうしても探そうとおもっ  ことと、おもっ  皇帝は、おなくなりになったと、おもっ  田舎へ行けばあるだろうとおもっ  ものありと、羨ましくおもっ  涙をおもっ  ものにおもっ  自分だとおもっ  気味だとおもっ  警察でとりしまりたいとおもっ  これならとおもっ  喧嘩してやろうとおもっ  婆さんここぞとおもっ  蹄にかかったであろうとおもっ  冬をうつくしいとだけおもっ  ものを見たとおもっ  迷いだとおもっ  ものであろうとおもっ  ようにとおもっ  おかしいとおもっ  みんなもおもっ  スウィッチを捻ろうとおもっ  はるをおもっ  かわいそうだったとおもっ  めえとおもっ  いちばんうつくしいとおもっ  音だとおもっ  所へ来てくれるとおもっ  のだとおもっ  ことかしらとおもっ  ことを、しっかりとおもっ  王子をまよわそうとおもっ  声でうたえるのにとおもっ  さまはおもっ  好きだとおもっ  あわであったかとおもっ  ことをしんみにおもっ  ことがあったとは、ゆめおもっ  あなたをたすけてもらおうとおもっ  不思議におもっ  のもいけないとおもっ  のかもしれない、とおもっ  なにごとかとおもっ  猫吉のおもっ  しなやかに見せようとおもっ  返事だろうとおもっ  のを、かえってありがたくおもっ  着物をかしてくれたら、どんなになさけなくおもっ  ものにしよう、とおもっ  はいられないとおもっ  位におもっ  身の上をおもっ  ふしぎにおもっ  浪花ぶしだとおもっ  わたしはおもっ  残念におもっ  龜だとおもっ  それをかえしたいとおもっ  思いつきだとおもっ  無礼至極であるとおもっ  丸本は、はっとおもっ  序だとおもっ  水兵さんになりたいとおもっ  ただ事ではないとおもっ  ようだとこまるとおもっ  首をしめてやろうかとおもっ  船長ノルマンは、おもっ  やつだとおもっ  面倒だとおもっ  安否をはやく見てやりたいとおもっ  君たちはどうおもっ  みちびきであるとおもっ  ゆくえを知りたいとばかりおもっ  王さまをこのましくおもっ  なかでおもっ  この世のみおさめだとおもっ  私はおもっ  鉄棒かとおもっ  旅とおもっ  冗談のおどかしかとおもっ  たくさんだとおもっ  なにをおもっ  やり方だとおもっ  不審におもっ  誰かとおもっ  太刀川は、はっとおもっ  おもしろいとおもっ  可哀そうだとおもっ  踊りを見ようとおもっ  奴が来るとおもっ  倦くってたまらぬので、どうでもなれとおもっ  のだろうとおもっ  面を持出したとおもっ  危急をおもっ  こころであるとおもっ  残念だとおもっ  んだろうとおもっ  ときと変らないとおもっ  水が欲しくなったらこまるだろうとおもっ  ことかとおもっ  ことはないとおもっ  彼はなんともおもっ  陣中とおもっ  背信だとはおもっ  ときちょっと不審におもっ  父だとばかりおもっ  帝に奏したいとおもっ  痩せるかとおもっ  たかどうかとおもっ  哀れな、とおもっ  いま証に見たかともおもっ  父とはおもっ  子だとおもっ  おれだとおもっ  樹だとおもっ  木だとおもっ  湖畔まで出掛けて来たとおもっ  何だろうとおもっ  駄目そうだとおもっ  使いだとおもっ  ものとおもっ  王子はなんとおもっ  新田殿だとおもっ  孝道ともおもっ  世直しかとおもっ  いるかとおもっ  時にふとおもっ  そこからありがたいとおもっ  味方とばかりおもっ  人物とおもっ  君が怖い怖いとおもっ  蜘蛛が逃げだしてひそんでいないかとおもっ  潮見博士をよほど快よくおもっ  誤伝だとおもっ  研究室をたてようとおもっ  ジャックはおもっ  こどもを、うまくひっかけてやろうとおもっ  もうけものをしたとおもっ  夜があけたのに、なんだかくらいなとおもっ  きれいな国があろうとは、おもっ  だめだとおもっ  ジャックは、しめたとおもっ  手がかりがあろうかとおもっ  忠告のてがみを送ろうとおもっ  士も多かろうとおもっ  ほうきはおもっ  自分でそうおもっ  距離もあるとおもっ  何だとおもっ  マア、聞きてえとおもっ  ことをしたとはおもっ  中では、そうおもっ  お母さんだとおもっ  おまえにいってきかせようとおもっ  きのどくにおもっ  諭吉は、べつにこわいともおもっ  ゆっくり見物させて、よろこばせてあげようとおもっ  ためをおもっ  男の子が生まれてほしいとおもっ  ことだとおもっ  野菊とをさがしあてたいとおもっ  久し振りで書こうとおもっ  空耳だろうとおもっ  のかもしれないとおもっ  のであればいいがとおもっ  大手をひろげて、向って来たかとおもっ  宿をさがそうとおもっ  ブルドッグが、いったい、なんとおもっ  お姫さまのおもっ  心ぐるしくおもっ  ほうがいいとおもっ  心におもっ  くつことをおもっ  神さまが、守っていてくださるとおもっ  のではないか、とおもっ  指導者だとおもっ  源三郎をおもっ  こともできないとおもっ  経済状態が潰れるとおもっ  自分は儲けようなどとおもっ  晩ほどなさけなくおもっ  ことができるかとおもっ  気のどくだとおもっ  とき、おもっ  おれはたびたびそうおもっ  中尉はつくづくおもっ  おれのおもっ  人間が住んでいるとおもっ  そうだとおもっ  いっさいすんだとおもっ  ひざをついて拝みたいとおもっ  詩人となれば、おもっ  風がはいってくるかとおもっ  大切におもっ  始めはそうおもっ  うわさを聞こうとは、夢にもおもっ  次郎吉はそうおもっ  景色をおもっ  ぐうたらべくらいにおもっ  ことをふとおもっ  走り上がってきたとおもっ  通りだとおもっ  何とおもっ  怨みにおもっ  祝儀を貰ったとおもっ  夜がら夜っぴて寝られないだろうとおもっ  もの腹いせにしようとおもっ  誰かに似ているなとおもっ  見込があるとおもっ  仕込みゃどうにかなる人だとおもっ  飯を食べてみてえとこうおもっ  それまでにおもっ  とたん、アッと喜んで頂こうとおもっ  わけはなかろうとおもっ  文楽師匠にすがってみてもいいとおもっ  火がでないとおもっ  上をおもっ  ときもっと巧えとおもっ  ようだとおもっ  賜物とおもっ  自分のおもっ  胡座を掻いて、とおもっ  夜におもっ  様子をおもっ  唐紅に彩られそめたとおもっ  ことよなとおもいながら、そうおもっ  先方へ着けたかどうかをおもっ  人たちを描きつづけていきたいとおもっ  計画を助けてもらおうとおもっ  ようにしたいとおもっ  もう一度子どもを捜してみようとおもっ  私が怪しいとおもっ  悪事をしでかしはしないかとおもっ  なかに加わりたいとおもっ  それをおぼえたいとおもっ  感情を払いのけようとおもっ  わたしが無くしたいとおもっ  のかを知ろうとおもっ  のをたいへんいぶかしくおもっ  打撃を与えやしないかとおもっ  われにおもっ  うちから、もういけないとおもっ  脳みそとばかりおもっ  爆弾を切って放したとおもっ  うちとおもっ  香ぐらいかげようかとおもっ  あかりをつけてみようとおもっ  捨子を拾ったとおもっ  なかだとおもっ  なんだって二度もやって来るだろう、煩く云っていたらくれるとでもおもっ  ことなどは、なんともおもっ  いやしないかとおもっ  もみの木ばかりは、だまってこうおもっ  人間だとおもっ  お前を見たとおもっ  泉のありかをおもっ  水になりたいとおもっ  鋏だけでも持って逃げようかとおもっ  大丈夫だとおもっ  発見したとおもっ  年月が流れたかとおもっ  雨脚を美しいなとおもっ  ことを聞いてみようかとおもっ  一遍後髪を引かれて見たいとおもっ  はなしをおもっ  ものだろうかとおもっ  今でもおもっ  女ばかりだとおもっ  方へでも行ってみたいなとおもっ  む気持ちを面白いとおもっ  辺をぶらぶら歩いてみたいとおもっ  逢いたいとおもっ  母親を連れて来てやればよかったとおもっ  暮らしに早く帰って来たいとおもっ  ことだろうとおもっ  へんだとおもっ  いくら孝行をしたいとおもっ  円助もせしめてやろうとおもっ  日本服で出かけるとおもっ  遁げてしまおうとおもっ  あやしいとおもっ  やおやとおもっ  のも好いとおもっ  それで好いとおもっ  楽しみにしておいてやれとおもっ  それまでだとおもっ  綺麗だなあとおもっ  用意してくればよかったとおもっ  うちにとおもっ  ことを聞いていたので、それでも見ようとおもっ  さのあまりに、もしやとおもっ  何者だろうとおもっ  一枚だけでもよく見てゆこうとおもっ  んだなとおもっ  花ざかりを見ようとおもっ  がた木曾に着くまでにはとおもっ  木が見られはすまいかとおもっ  さっきから首すじがすこし寒いとはおもっ  これはいいとおもっ  のだなとおもっ  形式なので、読まずともいいとおもっ  気もちで、書いてやろうとおもっ  君らしいとおもっ  ようになりたいともおもっ  これでなくてはとおもっ  見収めにとおもっ  ことが、ありはしないかとおもっ  ちがいないとおもっ  はずだとおもっ  もんかしらとおもっ  から為をおもっ  ア無いとおもっ  四五頭だろうとおもっ  大丈夫かとおもっ  ほんとうのへいたいかとおもっ  女の子がほしいとおもっ  ここからにげていってしまうといけないとおもっ  カイちゃんが死んだとおもっ  ゲルダをなつかしくおもっ  かしこいか知ろうとおもっ  たいせつだとおもっ  ところはないとおもっ  ことなど、おもっ  ことばをかきあらわそうとおもっ  ほうへいってみたいとおもっ  国へいってみたいとおもっ  金具がさびちゃあこまる、とおもっ  手配は着々とすすみ、おもっ  不安におもっ  面白いがとおもっ  恋人をおもっ  ことになるだろうとおもっ  棒をおもっ  写真を撮ろうとおもっ  時にどうするだろうなどともおもっ  僕はおもっ  から、もう引返そうかともおもっ  生命を延ばそうとおもっ  一人で行ってみようとおもっ  ことは多分ないであろうとおもっ  ものだろうとおもっ  ますますかわいそうにおもっ  あなたが淋しいだろうとおもっ  気味わるくおもっ  切腹してしまおうとおもっ  ところが盗られたとおもっ  生活をおもっ  伯父とおもっ  灯の、おもっ  まさかとおもっ  船長にいいだそうかとおもっ  ウラル丸をしずめようとおもっ  時であるとおもっ  ところから逃げだしたとおもっ  それをたずねようとおもっ  脱走をしようとおもっ  博士のおもっ  どこだとおもっ  粉屋はおもっ  警察に突き出してやろうかとおもっ  ぼくはまたかとおもっ  私は嬉しいとおもっ  茶袋よりもありがたいとおもっ  気の毒とおもっ  少年時から受けていたとおもっ  試練であろうとおもっ  人かとおもっ  いちどよく見て仕舞っておこうとおもっ  私なりに書いてみたいとおもっ  私なりに書きこんでおきたいとかねておもっ  踏襲してゆきたいとおもっ  倖せだとおもっ  人物だとおもっ  あれでほぼ尽したとおもっ  山西はまた逃げられてはならないとおもっ  山西はおもっ  集中したいとおもっ  あきないをしようかとおもっ  菫にそまったかとおもっ  蔵っておかねばならぬと、おもっ  なんだとおもっ  門口まで送ってくれるだろうとおもっ  しかと定めようとおもっ  陽気が悪いとおもっ  智慧しかないとおもっ  慈悲をもって、たすけてやろうとおもっ  仕事をして貰おうとおもっ  秘密を、何とかして探りたいとおもっ  感謝してもいいとおもっ  百歩だとおもっ  もの道連れにとおもっ  醜態を見つけられたとおもっ  これまでとおもっ  夢ではないかとおもっ  こちらから手出しはできないとおもっ  実験にしようとおもっ  たまるものかとおもっ  みんな生き還ったら、どんなにまた暴れるかしれないと、おもっ  亡霊とおもっ  ましだとおもっ  救かったとおもっ  あげたいとおもっ  



前後の言葉をピックアップ
おもちゃ  オモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト  想っ  重っ  思っ  オモッテモ  オモテ  表方  表替え  表替


動詞をランダムでピックアップ
濁るきしめい過ごさ行けよ頷こ鋤くひれ伏す漬け込ん似る着飾すすりあげほうりこん読み通す運べる危ぶむ集っならしゃ気遣う見透かし
形容詞をランダムでピックアップ
名残惜しゅうはやかっ堆ううずたかく軽かっ初初し粘っこ気遣わしいつよし青きかびくさわるし手っとり早い手厳し人懐こい罪深芳ばしい気疎気はずかしく珍しかろ