「あわせ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あわせ[動詞]
とおりにあわせ  倫理学にあわせ  ピントをあわせ  顔をあわせ  覚平を見た、かれはよごれたあわせ  目にあわせ  日夜顔をあわせ  両手をあわせ  調子をあわせ  入門をあわせ  心をあわせ  波にあわせ  スピードにあわせ  さにあわせ  声をあわせ  焦点をしきりにあわせ  このごろよく見かける噛みあわせ  結果をあわせ  めにあわせ  手をしっかり握りあわせ  力をあわせ  胸にあわせ  発表にあわせ  ことをあわせ  しかと諜じあわせ  陳生と隣りあわせ  上であわせ  万国心をあわせ  年齢にあわせ  使い方を学び、あわせ  寝室とをあわせ  胡弓にあわせ  ンと抜きあわせ  神経強壮剤とをあわせ  ときも隣りあわせ  切先をあわせ  三蓋松を抱きあわせ  嘴などをおあわせ  説教節にあわせ  鯨節にあわせ  手をあわせ  息声をあわせ  糸をあわせ  顔にあわせ  否定し、あわせ  行李とあわせ  責め苦にあわせ  貴方はよっぽどまわりあわせ  目にはあわせ  女中をあわせ  肚をあわせ  朝日を拝むまでに、あわせ  音楽にあわせ  掌をあわせ  使命もあわせ  将をあわせ  鬨の声をあわせ  それにあわせ  旋律にあわせ  逆賊董卓を打ち、あわせ  音にあわせ  手をねじりあわせ  蓄音器にあわせ  勅を下し、あわせ  密書をもあわせ  時間とを費やし、あわせ  唄にあわせ  呼吸をあわせ  ふたり力をあわせ  各地から心をあわせ  警兵をあわせ  年にあわせ  地をあわせ  目におあわせ  信用をも、あわせ  軍声をあわせ  荊州をあわせ  名とあわせ  咽喉のまえで無暗に掻きあわせ  試みにあわせ  金品をあわせ  男女をあわせ  安め奉り、あわせ  責任を感じ、あわせ  なかった事実も、あわせ  祭主に命じ、あわせ  天水もあわせ  急を救い、あわせ  披露し、あわせ  一万騎、あわせ  大都督に封じ、あわせ  戸のあわせ  訂正し、あわせ  歩調をあわせ  力をもあわせ  特に激賞し、あわせ  土地柄にあわせ  外人墓地と隣りあわせ  様子を見とどけ、あわせ  子はあわせ  ふしにあわせ  つじつまをあわせ  おまけに、あわせ  視線をあわせ  保証金とあわせ  国事奔走にあわせ  事実にあわせ  薩藩士堀仲右衛門上書にあわせ  内乱にあわせ  二項目にあわせ  家も、あわせ  案内者をあわせ  調子にあわせ  料理にあわせ  頁をあわせ  七堂伽藍をもあわせ  自分もあわせ  器量をも、あわせ  告文とあわせ  天皇行幸とあわせ  水をあわせ  粉砕し、あわせ  此処でもうすこしくわしく述べ、あわせ  要素をあわせ  メリットを二つながらあわせ  足をあわせ  口笛にあわせ  相手をよろこばせ、あわせ  配所さきも、あわせ  たぐい、あわせ  曲にあわせ  演奏にあわせ  自分をあわせ  それをあわせ  機嫌をとりむすび、あわせ  ひょうしにあわせ  闘犬興行とあわせ  口をあわせ  公卿侍者をもあわせ  三千をもあわせ  必要にあわせ  上下をあわせ  足にあわせ  おかあさんにあわせ  末をあわせ  甚七をあわせ  諸声をあわせ  娘を救い、あわせ  袖を掻きあわせ  越後守とし、あわせ  一階昇げ、あわせ  寄付きをあわせ  七に看破られたばかりか、あわせ  女中などをあわせ  大供小供をあわせ  跋をあわせ  ここへ泊りあわせ  手をそっとあわせ  成仏を祈り、あわせ  世間を欺き、あわせ  方から調子にあわせ  小僧とあわせ  番頭小僧をあわせ  飯炊きをあわせ  番人をあわせ  寺男と、あわせ  金を奪い、あわせ  自分にたまわりたいと、あわせ  鬨の声にあわせ  中書軍をあわせ  時をあわせ  内容とあわせ  類をあわせ  水とをあわせ  一人と、あわせ  其月を殺し、あわせ  大工の子を殺し、あわせ  ためと、あわせ  数巻とあわせ  決意と、あわせ  男二人、あわせ  町人とをあわせ  宇吉、あわせ  腹をあわせ  花鳥から十両、あわせ  女中二人、あわせ  者をあわせ  百両、あわせ  娘、あわせ  報告し、あわせ  撮影し、あわせ  盗賊を仕留め、あわせ  路銀をあわせ  者とあわせ  鬨をあわせ  旗本までをあわせ  三百たらず、あわせ  古傷もあわせ  兵力までをあわせ  主上へもおあわせ  精、あわせ  祈願をこめ、あわせ  根本も、あわせ  ばつをあわせ  奉納し、あわせ  源右衛門、あわせ  一里二十四丁、あわせ  事情をあわせ  師直に向け、あわせ  綸旨もあわせ  憂き目にあわせ  母をもあわせ  われを歌い、あわせ  主人をあわせ  一要素をなすのみでなくあわせ  様子をも窺い、あわせ  一分ずつ仕送ってくれますので、あわせ  節にあわせ  記述があるので、あわせ  一軍をあわせ  財産生命をもあわせ  私をおあわせ  観点を置き、あわせ  みんな力をあわせ  諭吉は、なんとかして、あわせてやりたいとおもいましたが、どうしたら、あわせ  一ど、あわせ  四男五女、あわせ  五百人くらい、あわせ  乗りにあわせ  器械をあわせ  三味線にあわせ  体にあわせ  ギターにあわせ  目盛をあわせ  焦点をあわせ  王とあわせ  王にあわせ  明るみにかえし、あわせ  ここであわせ  仏法の乱れ、あわせ  彼女を嚇し、あわせ  源三郎にあわせ  めにおあわせ  知恵をあわせ  カラーのあわせ  からだにあわせ  その他をあわせ  臨終にあわせ  姫たち声をあわせ  手を摩りあわせ  それらをあわせ  利とあわせ  世間体はどうともいたして、あわせ  事件もあわせ  隊長をあわせ  目に、あわせ  照準をあわせ  眼にあわせ  ことも、あわせ  余に贈り、あわせ  愛子物語をあわせ  式を営み、あわせ  老人は勿論、あわせ  なにしろ正編続編をあわせ  数人の力をあわせ  楽器にあわせ  兄弟力をあわせ  気ッ風にあわせ  地唄にあわせ  植物趣味を感ぜられ、且つあわせ  手込めにあわせ  数にあわせ  写本があわせ  漆のあわせ  襟をあわせ  糞詩泥歌をもあわせ  仇と呪って、あわせ  分とあわせ  紫のあわせ  目をあわせ  場合にあわせ  弁明し、あわせ  槍をあわせ  袖をあわせ  ミドリにあわせ  鬱憤が、あわせ  さをもあわせ  楽器をあわせ  事情とあわせ  雷にあわせ  刃をあわせ  記事が、あわせ  ひとり、あわせ  供養料を納め、あわせ  友だちのさわぎにあわせ  アホウドリと、あわせ  力とちえをあわせ  声にあわせ  オルガンにあわせ  小関君と偶然隣りあわせ  敬服し、あわせ  急場を救い、あわせ  一にあり、あわせ  泰平を祷り、あわせ  土地をもあわせ  原野をあわせ  法を掲げ、あわせ  際に、あわせ  方法等もあわせ  講述するに当たり、あわせ  絵双紙屋を飾り、あわせ  一銭、あわせ  報道するにあわせ  美女代表で、あわせ  から、あわせ  記事にあわせ  高からしめ、あわせ  ケチを付け、あわせ  たぐいをあわせ  五斗とをあわせ  反射神経でありあわせ  前をあわせ  われまた見んと欲す、あわせ  後、あわせ  ラヂオにあわせ  兄にあわせ  私も泊りあわせ  とき親もとへ着て帰ったあわせ  諸方訊きあわせ  肩をあわせ  乞食と隣りあわせ  八ツ程あわせ  有金など、あわせ  機動力をあわせ  小林勘蔵と、あわせ  眸をあわせ  糊で貼りあわせ  両手をパチパチと叩きあわせ  毎日顔をあわせ  僕をあわせ  二書をあわせ  学芸子などあわせ  好意もあわせ  蕪言とあわせ  ぼくらをあわせ  機会もないので、あわせ  建立し、あわせ  小説とあわせ  すててこにあわせ  見解もあわせ  身分をあかし、あわせ  奉公振りを見せ、あわせ  礼を述べ、あわせ  寵愛し、あわせ  一家を救い得たばかりでなく、あわせ  小坂部を引っ捕え、あわせ  恋を破られ、あわせ  偶然隣りあわせ  雨にあわせ  から足かけ二年、あわせ  客をあわせ  召上げられ、あわせ  無礼をわび、あわせ  感想文とをあわせ  小池君もあわせ  



前後の言葉をピックアップ
合わせれ  併せ持つ  合わせ  併せれ  合せ  合せよ  合せれ  合せん  合せ  合わせ


動詞をランダムでピックアップ
おくりこむ毀そ澄ます見つかろ力尽き投げだそしつくし追い掛けれつき抜けるひきあげる聞きただし譬えるなげかけるひっこ抜いはげまそひびいいさみたち思いがける押し寄せろ請する
形容詞をランダムでピックアップ
いたわしくこすうわかう口やかましい力強かれおぞまししおからい可愛らしかっけむく小暗冷たくっおかしゅう悩ましくつよかぼそき早かれ面憎い容易き大人しくっ残多い