「つめたい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ つめたい[形容詞]
いきなりつめたい  つてつめたい  感情つめたい  たいつめたい  少しつめたい  うっすりつめたい  白いつめたい  又つめたい  からつめたい  間つめたい  ふとつめたい  ひどくつめたい  つめたいつめたい  寒いつめたい  始めてつめたい  なりつめたい  まだつめたい  突然つめたい  倍つめたい  無いつめたい  上りつめたい  のつめたい  重いつめたい  いまつめたい  ラムネつめたい  陰画つめたい  いっぱいつめたい  底つめたい  つのつめたい  ぢつめたい  みんなつめたい  長いつめたい  おそろしくつめたい  ややつめたい  極めてつめたい  ぱっとつめたい  いつかつめたい  大変つめたい  もっとつめたい  たったつめたい  黒くつめたい  肌つめたい  濃いつめたい  一足つめたい  中つめたい  らつめたい  寧つめたい  またつめたい  モットモットつめたい  さっとつめたい  荒波つめたい  一層つめたい  かびくさいつめたい  全体つめたい  體つめたい  なぶるつめたい  暗くつめたい  実につめたい  一杯つめたい  朝晩つめたい  もうつめたい  ぶんつめたい  それからつめたい  ちょうどつめたい  あざ笑うつめたい  円くつめたい  ぼやぼやつめたい  

~ つめたい[形容詞]
家鴨がつめたい  音がつめたい  霜はつめたい  風はつめたい  朝はつめたい  秋はつめたい  秋のつめたい  霜がつめたい  全身につめたい  床はつめたい  日のつめたい  日はつめたい  冬はつめたい  氷砂糖のつめたい  朝のつめたい  戀びとよ戀びとよ有明のつめたい  変につめたい  往来にはつめたい  急につめたい  何といふつめたい  私はつめたい  森のつめたい  水のつめたい  夕暮のつめたい  大変につめたい  酒石酸をつめたい  起請はつめたい  実のつめたい  おばさんのつめたい  峯のつめたい  風がつめたい  手につめたい  水がつめたい  ようにつめたい  なうらもつめたい  人はつめたい  それはつめたい  兵太郎君のつめたい  衣のつめたい  足がつめたい  繩はつめたい  これはつめたい  石のつめたい  一つがつめたい  そこにつめたい  軟風はつめたい  助のつめたい  人情につめたい  頭はつめたい  例のつめたい  火鉢はつめたい  他人にはつめたい  妙につめたい  ほんとうにしずかでつめたい  頬にはつめたい  うにしづかでつめたい  外でつめたい  筋骨はつめたい  しづかな晩はつめたい  御座はつめたい  雲とつめたい  はんまちのうへのつめたい  西のつめたい  あすこのつめたい  中につめたい  背すじにつめたい  裏につめたい  手錠のつめたい  世紀のつめたい  中のつめたい  同情がつめたい  手がつめたい  夕方のつめたい  櫃はつめたい  批評はつめたい  中をつめたい  やうにつめたい  今夜もつめたい  今までのつめたい  さきがつめたい  忍びやかにつめたい  らはつめたい  児供らがつめたい  声はつめたい  水はつめたい  顔をつめたい  恨みのつめたい  他人以上につめたい  雨はつめたい  女のつめたい  外はつめたい  空気はつめたい  鐵道線路のつめたい  四方はつめたい  娘のつめたい  晩一晩倉前のつめたい  波はつめたい  谷間からはつめたい  御苦労様につめたい  体のつめたい  現実へのつめたい  山はつめたい  ヌルリとつめたい  山のつめたい  東北のつめたい  まわりはつめたい  素足がつめたい  何かつめたい  先がつめたい  風のつめたい  のつめたい  時折はつめたい  しののめ時のつめたい  老人はつめたい  俄かにつめたい  裏がつめたい  兩頬がつめたい  

つめたい[形容詞]
つめたい朝  つめたい地べた  つめたいけれどゆ  つめたいけれどうらら  つめたいかた  つめたいかぎ  つめたい煙草  つめたいが春  つめたいもの  つめたい霧  つめたい春  つめたいくもり日  つめたい真珠  つめたい手  つめたい海水  つめたい雨だれ  つめたいコンクリート  つめたい魚  つめたい風  つめたい流れ  つめたい食慾  つめたい銀  つめたい臥床  つめたい障子  つめたいひとつ  つめたい泉  つめたいの  つめたい波  つめたい態度  つめたい風が吹いている  つめたい一つ  つめたい疊  つめたいから  つめたいこと  つめたい静けさ  つめたい色  つめたいのでビックリ  つめたい水  つめたいパン  つめたい灰  つめたいごつごつ  つめたい足  つめたい眼  つめたいところ  つめたい雨  つめたい羽目板  つめたい空気  つめたい素麺  つめたい汗  つめたい欲望  つめたい巌  つめたい心  つめたいしずく  つめたい人形  つめたい雫  つめたい板の間  つめたい土  つめたい返事  つめたいモヤ  つめたい海  つめたいあわ  つめたい草  つめたい床  つめたいくちびる  つめたい屍骸  つめたい石  つめたい墓場  つめたい墓石  つめたい夜気  つめたい光  つめたい白光  つめたい雪  つめたいといふ  つめたい鉄柵  つめたい冬  つめたい表情  つめたい世  つめたい清水  つめたい毒  つめたい木陰  つめたい匂  つめたい光線  つめたい西  つめたい空間  つめたい鉄  つめたい顔つき  つめたい丸  つめたい十一月  つめたい窓  つめたい一語  つめたい人  つめたい残忍  つめたい呼び声  つめたい面  つめたい顔  つめたいうまい  つめたいガラス  つめたい夜  つめたい声  つめたい闇  つめたい北風  つめたい鬼  つめたい男  つめたい雨水  つめたい微笑  つめたい涙  つめたい気持  つめたい高原  つめたい電  つめたい青銅  つめたい炭酸  つめたいアイアン  つめたい雲  つめたい空  つめたい宙  つめたい火口  つめたい日射し  つめたい南  つめたい板  つめたい戦慄  つめたい道  つめたい鐵  つめたい雨空  つめたい欠伸  つめたいけむりをあげますと  つめたい針  つめたい清らか  つめたい感じ  つめたいいき  つめたいすき  つめたい頬  つめたい緊張  つめたい殻  つめたい花びら  つめたい一  つめたい自信  つめたい秋  つめたい白い影  つめたい眼差し  つめたい氷  つめたい大地  つめたい森  つめたい駅員  つめたい中  つめたい皮膚  つめたいゆるやか  つめたい真面目  つめたいお茶  つめたい笑い  つめたい飯  つめたい血  つめたい水晶  つめたい恐怖  つめたい微風  つめたい乳首  つめたい汁  つめたい鼻  つめたい美  つめたい石段  つめたい笑  つめたい處  つめたい御飯  つめたい川柳  つめたい臭い  つめたい女  つめたいにおい  つめたい拒絶  つめたい感  つめたい北方  つめたい答  つめたい白い雪  つめたい曇り風  つめたいアイスクリーム  つめたい衣類  つめたい理  つめたい機械  つめたい怒り  つめたい異様  つめたい畳  つめたい葉書  つめたい月  つめたい鱗  つめたい位  つめたい外  つめたい谷川  つめたい腕  つめたい山風  つめたい外気  つめたい漆喰  つめたい井戸水  つめたい泥  つめたい手ざわり  つめたいいつのまにか  つめたいとこ  つめたい白髪  



前後の言葉をピックアップ
詰め所  詰所  詰将棋  つめた  冷た  冷たい  ツメタイアイスクリーム  つめたう  冷たう  つめたかっ


動詞をランダムでピックアップ
防げ喜ん由り運び込む覚る投棄て荒れ狂い当っ転ばしかなしめけいすあとづけ血ばしり踏みこまさしのべ出れ立並ぶ伝えよ臥せぶった切っ
形容詞をランダムでピックアップ
弱々しき危なかっむしあつく大人しくかそけ数多う緩から速う浅けれ空恐ろしく詳しかろかくしそぐわなみぐるしやにっこく脂っこく凄まじいっぽきよろしかっなごりおしく