「あらわ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あらわ[動詞]
言葉としてあらわ  巡査が去るとすぐまたあらわ  通りに書きあらわ  形であらわ  外にあらわ  低気圧もあらわ  態度としてあらわ  波としてあらわ  文字にもあらわ  言葉ではあらわ  結局この世にあらわ  足もとにおいてあらわ  矛盾としてあらわ  夢のように、あらわ  奇蹟はあらわ  局面が、あらわ  変化としてあらわ  背中はあらわ  心には、言いあらわ  中にあらわ  アニュイを浴びて、あらわ  姿もあらわ  末とあらわ  紙上にあらわ  亀はあらわ  死ぬ動機だって一言で云いあらわ  さにさえ云いあらわ  者が続々あらわ  奇蹟が、あらわ  子供心には言いあらわ  店先にあらわ  政治家としてあらわ  心にあらわ  石倉はあらわ  峯をずらりとならべて、あらわ  文章では書きあらわ  素直に書きあらわ  もの身許をあらわ  入口にあらわれては消え、消えてはあらわ  板一枚のせただけでも、あらわ  ちょっと言いあらわ  発展としてあらわ  表面にはあらわ  気持ちは言いあらわ  彼みずからをあらわ  上にどうあらわ  十万年に一度あらわ  叫声となってあらわ  ものが、あらわ  顔にあらわ  間にまたあらわ  アンチテーゼとしてあらわ  心をあらわ  体でしかあらわ  あとからあとからあぶりだし玩具にあらわ  言葉では言いあらわ  六寸ばかりあらわ  気持をあらわ  手塚はあらわ  十分に言いあらわ  課題としてあらわ  身づくろいしていても、それでもまだあんまりあらわ  いつかは必ずあらわ  ときたま、あらわ  筆紙に書きあらわ  面影もあらわ  声にあらわ  差でもあらわ  言葉で書きあらわ  視界にあらわ  絵にも書きあらわ  領域にあらわ  心中にて描きあらわ  結果としてはあらわ  字に乗ってあらわ  前にあらわ  表現でしかあらわ  今日生活にあらわ  薄情さとしてあらわ  手記にあらわ  健全性としてあらわ  以上にうまく言いあらわ  ぐるしくあらわ  

名詞

あらわ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あらわな強い日光はあんまりまぼしすぎ  あらわになった  あらわにすぎる  あらわな鼓舞としてはげしく非難された  あらわに思い知らされた  あらわな脛で立ち上ると  あらわしかたで  あらわにはどこにも書いてない  あらわに出した  あらわな足が水中に垂れ  あらわに着物を掀り上げ  あらわに出ているので  あらわに質問して  あらわに罵る  あらわに草の中に倒れている  あらわなるはハートの無垢なるを示し  あらわに示す  あらわに走って来たが  あらわに打ち明けはしなかった  あらわにはっと固唾をのむ  あらわになって来ている  あらわに見ゆる  あらわに回避するほどになった  あらわに軽蔑しては  あらわにしはじめたからだ  あらわに伸べられて  あらわでない含蓄的の場合が多いかも知れませんが  あらわに現わさずに  あらわには知れないながら  あらわにキワドくしたようなものである事を云い添えるだけにしておく  あらわに見せつけようと  あらわにして  あらわにされた  あらわにいう  あらわに襟をひろげて  あらわになるほど取り乱した  あらわになって走っている  あらわに惨殺された  あらわな白い腕の傍に放り出された  あらわに見えていたのに  あらわに骨が出る  あらわには意識しようとは思わない  あらわに白く浮き出している  あらわに打ち明けてくれない  あらわには明かされないが  あらわに脚を組み  あらわにする  あらわな脚の片方を軽く持ち上げ  あらわであり過ぎる  あらわに入りみだれている  あらわな手を拭いた  あらわな御胸の白い乳房もすこし見えて  あらわでなく誓ってやった  あらわにされて来ている  あらわにしたりした  あらわに現われるを  あらわな股にさしつけた  あらわになったので  あらわにも言いえまい  あらわに露出してきて  あらわに見えていた  あらわに立現われた  あらわなものがあった  あらわに見えている  あらわに書いている  あらわに態度を示そうか  あらわな喊声をあげ出していたし  あらわに見えた  あらわになって  あらわな寝  あらわに御当家と好誼を厚うするなどの  あらわに出た  あらわに見え透きますが  あらわに横たわっている  あらわに申し立てません  あらわにした  あらわな岩壁の外には何にも残らなかった  あらわに云い出し兼ねて  あらわに言い立てる  あらわな売色のかかる  あらわにしていると思う  あらわに言い出した  あらわにそれと言わずに  あらわに示した  あらわに言ってみれば  あらわにむき出して  あらわな肉襦袢一枚になりながら  あらわにさらしました  あらわに乱れながら  あらわのダンサー達の中に座をしめた  あらわに出ていなければならぬ  あらわにしてゆく  あらわには唱えられぬ  あらわな白い頸筋と後頸を這う捲  あらわに吹出物している  あらわに退けて言う  あらわな恋ができないだけである  あらわに言って  あらわな言葉に羞恥を感じて  あらわに思われる  あらわに見せて話す  あらわに斜に上がった  あらわにその人の姿は外から見られた  あらわに示された  あらわに言葉にして言う  あらわになっていて  あらわに御覧になろうとなさいました  あらわな所に出ている  あらわにだれもが私語する  あらわになり  あらわに拒絶する  あらわに侮蔑を見せぬ  あらわに喜んだり  あらわに見える  あらわに見られる  あらわになったと  あらわにせず  あらわな両腕を投げ出して  あらわに自身を白日に曝してる  あらわになって来た  あらわにし  あらわに崖ぷちへ佇み  あらわな慢性の飢餓の状態に立ち到るまでには  あらわに自分の生命の奥にひそむ  あらわに貶し  あらわに申せ  あらわだった多計代の亢奮した  あらわな我欲迷執の集まる  あらわに曝しながら  あらわな肋骨の辺には皮が擦り剥けて  あらわに透いて見え  あらわにそれを説きあかす  あらわには説き明かさなかった  あらわに外面に向かって曝されていた  あらわな情を見せまいとし  あらわにクウフリンを愛し得なかった  あらわに現われている  あらわに反抗する  あらわな腕をさし出して  あらわに取り乱した  あらわるるときに始めて  あらわな胸を見て  あらわに敵意をみせていた  あらわに出していた  あらわな形をみせて  あらわに見えて  あらわにそれと読者に気づかれ無い  あらわな活動を何も諸君にのぞんでいない  あらわに据えて  あらわな眩目的な見せつけ  あらわな白い胸や太股をまざまざと描き出して  あらわなもののように感じます  あらわな特徴を与えるという  あらわに言えば  あらわにいうと  あらわに発動させずに  あらわな肌が黒と金に輝いている  あらわな不自然が認められると  あらわにされている  あらわにしている  あらわな白い胸のふくらみの  あらわに挿入れた  あらわにその名は指しませんけれども  あらわに申上げる  

~ あらわ[名詞]1
だにはあらわ  胸があらわに  真相があらわに  軍国主義のあらわ  日本人にあらわに  山肌をあらわに  祝意のあらわしか  半分ほどあらわに  臍もあらわに  自分をあらわに  脛をあらわに  左胸のあらわ  誰のがあらわ  意をあらわに  脛もあらわに  骨もあらわ  内外にあらわに  之をあらわに  本質をあらわに  評価はあらわ  ようなあらわ  感情をあらわに  木目の寂びてあらわ  それをあらわに  広告があらわ  弁論中にあらわに  倉地があらわに  胸毛をあらわに  膝小僧もあらわに  それはあらわ  肌もあらわに  衣服もあらわに  見物にあらわに  数が読まれるくらいあらわに  欲望をあらわには  花心もあらわに  名はあらわには  目的があらわ  太腿もあらわに  前にあらわに  すべてがあらわ  方があらわ  表面にはあらわ  尻があらわに  裾からあらわに  大納言のあらわ  肌もあらわ  ハンストを行わせるまでにしながらかくすよりあらわ  それもあらわ  眼があらわに  非常にあらわ  姿はあらわ  姿もあらわに  支持者としてあらわに  直後からあらわ  腕にもあらわに  胸もあらわ  上半身があらわに  下からあらわに  万事裸にあらわに  角もあらわに  着物をあらわに  名をあらわに  理由をあらわに  股があらわ  股もあらわに  構造をあらわに  誰ひとり離婚などあらわに  植物共のあらわ  関心さをあらわに  上半身をあらわに  戦意をあらわに  玉なすはだをあらわに  あたりもあらわに  肌もあらわの  思想があらわに  ことをあらわに  さをあらわに  口に出してあらわには  彼女のあらわ  身分にはばかられてあらわ  伝記とあらわに  女はあらわ  顔をあらわに  横があらわに  それがあらわに  姿などをあらわに  さがあらわに  後方もあらわに  向こうが見通されてあらわ  姿のあらわに  自分があらわ  悲喜劇をあらわに  皮膚があらわに  上にあらわ  上にあらわに  魔術性をあらわに  脚をあらわに  俗情をあらわに  自己目的性をあらわに  口からあらわに  保はあらわ  揺らぎのあらわ  歯をあらわに  肉体があらわに  前であらわに  彼自身もあらわには  腕をあらわに  ことばとなりてあらわ  木肌はあらわに  戸のあらわ  盛衰にもあらわ  女もあらわに  二の腕があらわに  恐れをなしてあらわに  信頼をあらわに  前もあらわに  情があらわ  作物としてあらわ  ビュルゲルのあらわ  上からあらわ  老いがあらわに  影もあらわ  陰にあらわ  殺人的操法をあらわに  由のあらわ  日本味のあらわ  それぞれにあらわ  マイナスのあらわ  中であらわに  山もあらわ  写実やあらわ  ここにあらわに  肌をあらわに  八重子のあらわ  枝を透いてあらわに  二の腕をあらわに  名前をあらわに  

~ あらわ[名詞]2
あまりあらわ  そうあらわ  あまりにあらわ  ほとんどあらわ  一層あらわ  かなりあらわ  なくあらわ  なぜあらわ  ふとあらわ  余りにあらわ  極めてあらわ  いかにもあらわ  暗いあらわ  最もあらわ  少しあらわ  むしろあらわ  ややあらわ  白いあらわ  そのあらわ  

複合名詞
半ばあらわ  ときあらわ  太腿あらわ  骨あらわ  断面あらわ  あらわしかた  睡眠中あらわ  あらわさ  あらわりょう筈  膚あらわ  その後あらわ  



前後の言葉をピックアップ
アラレ  アラレモナイ  アラローツ  あらわ    顕太郎  洗わ  顕さ  アラワイ  アラワク


動詞をランダムでピックアップ
縢らたたき上げ出来りゃぶちこわさおいつく降り立てはだかる任さうちたて選りすぐっきま詰め掛け見失え捏ねかえしかしずかはじきかえさ荒だち裏返ちがわえどん
形容詞をランダムでピックアップ
短くっとぼしむし暑眩くやるせない腹ぎたない愉しかろ生ぬるきおこがましく低けりゃ忘れっぽ暗かっ無くっ卑しい物恐ろし蒸暑かっ忌々しくひ弱情深かっ口惜しけりゃ