「あたい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あたい[動詞]
嘲笑するにもあたい  三文にもあたい  

名詞

あたい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あたい死んじまうよ  あたいは侍になる  あたいの姉ちゃんなる人の顔を見ては  あたいにくれて行ったの  あたいは引返さないよ  あたいの腕前を見ておいでよ  あたいはいってたの  あたいだつて皆な知つてゐる  あたいもいいと思う  あたいにも一度で好いから大石に扮らせて呉れよ  あたいよりも沢山リボンを持っていて  あたいの肩にお掴まんな  あたいがその犬飼うわ  あたいを感じなければならない  あたいをこんなに撲ったの  あたいの頬を撲った  あたいは見てゐた  あたいにおくれよう  あたいも御相伴したいわ  あたいは蛇を苛めたり殺したりする  あたいにかまわずに  あたいは清澄のお寺に預けられていたけれど  あたいを坊さんにする  あたいは坊さんになる  あたいを可愛がる  あたいをお嬢さんの傍へ寄せない  あたいに会いたがるに  あたいにはわからない  あたいを憎んで  あたいを頼みに来たの  あたいを頼みに来る  あたいに鳥を追わせたり  あたいを見てゐて  あたいのお母ちゃんが殺される  あたいも逃げる  あたいはそれまで休んでいるけれど  あたいだっていやとは言わないよ  あたいにも聞え  あたいの耳にも馬の足音が聞えて来たよ  あたいも入れておくれ  あたいは知らないや  あたいも加勢をして  あたいの顔を見て  あたい困っちゃうね  あたいは困っちゃったね  あたいに拵え直してくれました  あたいは聞いてみた  あたいは人の怖がる  あたいがここで口笛を吹くと  あたいは考えて歌っている  あたいが一人でうたって  あたいを捕まえに来た  あたいは江戸へ帰りたくない  あたいを逃がして  あたいを大切がって  あたいのお強飯を食べて  あたいといふのが誰だとおもふ  あたいが帰らなくても  あたいがいなければ  あたいは絵なんか見たくない  あたいは行かないよ  あたいによく判る  あたいは虚栄や慾ばりの手助けをした  アタイこうしてよとかイヤだワとかどうしたのよとか  あたいが算術で乙をとつたら知つてゐて  あたいが一番よく覚えます  あたいは憎まれてやしません  あたいはお邪魔なんぞはいたしません  あたいは本当のことを言っている  あたいが行ったので  あたいはいやですと言って  あたいは人の悪口を告口する  あたいは考えます  あたいが悪い量見なら  あたいが知らなくって  あたいにもわかんない  あたいをつれてって  あたいとムクが先生のおともだって言えば  あたいが歌をうたい  あたいが只で歌って踊ってあげれば  あたいが笑わせてあげるから  あたいが踊ってあげるから  あたいも抱っこして  あたいはこんな水商売こそしているが  あたいはまた血の道をおこしてやるよ  あたいといっしょにあそぶ  あたいにくれて  あたいに話していた  あたいの頭ではどうもそう思われて  あたいの眼を信用しなさい  あたいの好い人になってね  あたい本当は一番になろうと思って  あたいは潜れと云っちゃいないわよ  あたい本当にそんなことしなかったのよ  あたいだけだからと云う  あたいがお前さんを追ん出す  あたいを信頼しておくれな  あたいがこんなに駄夫さんの将来のことを気に病んでゐるといふのに  あたいを信頼するね  あたいのことなんか甜めき  あたいはほんとうに虐げられた  あたいの力で追ん出す  あたいは梅雨が大嫌ひ  あたいおぼえてるよ  あたいだって知って  あたいのお国の日本なら虐められないだろうね  あたいこそびっくりしたよ  あたいが父にお礼をいわなくっちゃならないって  あたいは人に使われるなんて  あたいに濡れ衣をきせた  あたいのいう  あたいの行李から出てきたとかいう  あたいはちっとも知らない  あたいの荷物へいれておいて  あたいを追い出そうというんで  あたいを泥棒あつかいにする  あたいが出たまでの  あたいが悪いことをしてる  あたいがちょっと頼まれて  あたいがやっていて  あたいは知らないよ  あたいが困るばっかりだよ  あたいが磯屋さんの妹になっている  あたいはもう帰るよ  あたいの父はどこへ行った  あたいほど不運な者があるだろうか  あたいはスタコラ逃げ出して  あたいのお父上が埋まっている  あたいの言う  あたいも阿呆やった  あたいが寝る  あたいよく仕込んでやる  あたいがいる  あたいをここには置いとけない  あたいから言えば  あたいが打ち込む  あたいを闇打ちにする  あたいも考えて  あたいを貰いたい  あたいばかり責めた  あたいも書こう  あたいも地雷火にしておくれよ  あたいのお嫁さんに貰おうかな  あたい一度子供産んでみたい  あたいが芸言になれば  あたい一度お父ちやん助けて  あたいがとってみよう  あたいだよあたいだよト続け様に呼んだら  あたいが隠れて居ると思ふたの  あたいは学校い行く  あたいん家にはね  あたいの絵よくできて  あたいがぎーっと舵をおして  あたいはもう失敬するぜ  あたいは帰るよ  あたいの家がなくなっちまうからよ  あたいも遊んで行か  あたいん家を教えてやら  あたいん家の父はえれ  あたいは小僧い行く  あたいは小僧い行きたくねえだ  あたいん家はね  あたいが修身をしてやら  あたいは死に  あたいはそん時おっ母がいたんだぞ  あたいも肝っ玉がふっとんじゃったぞ  あたいのおっ母はおっ潰された  あたいを産んじゃった  あたいは地震っ子て呼ばれて  あたいは見て  あたいも承知しまへんがな  あたいがあると  あたいに殺されないか  あたいの青いおべべ裂いたの  あたいが繰りかえしている  あたいは屋根裏の物置の中に鼠かなんかのように蠢めいている  あたいも下りる  あたいも歩く  あたいも一緒に行く  あたいと歩くの  あたいと一緒に歩くの  あたいもう兄ちゃんが出て来  あたいはお父ちゃんの名前は知らないの  あたいを引張ってゆく  あたいのお父さんがいい人だと思う  あたいの父ちゃんを殺しちゃ  あたいにも買っておくれよ  あたいの旦那だよと怒鳴った  あたいも直き  

~ あたい[名詞]1
あんたはあたいよりも  私のあたいを  面をあたいに  目丈があたいを  それはあたいを  今日もあたいが  着物をあたいに  子があたいに  一緒に暮して行ければあたいも  のはあたいだけ  もつとあたいを  頭からあたいを  何かあたいが  セエラがあたいの  こッちからもあたいを  前からあたいを  のだってあたいじゃ  あたいだよあたい  処へあたいが  何のあたいが  あんたとあたいが  一緒に会いにゆこうといってあたいを  長ちゃんはあたいの  

~ あたい[名詞]2
うしあたい  このあたい  悪いあたい  まるであたい  これからあたい  なぜあたい  

複合名詞
あたい兵隊  あたいたち  あたいの  だんなさまあたい  あたい一人  アタイたち  アタイ一人  あたい達  あたい八厘  あたい江戸  あたい蛇  あたい口笛  みんなあたい  アノあたい  アタイいや  あたい以上  あたいなに  あたいたちみたい  あたい一番  あたいどうしよう  結局あたい一人  あたい癪  アタイ原  当分あたい  あたい気  これあたいたち  あたい金五マルカ  あたい千金  先生あたい  あたいら  そん時あたい  あたい黙り  あたい何  警察署長アダイ警部  アダイ署長  明日あたい  一晩中あたい一人  あたいお金  あたい今日インフレ  あたいコビキ町  あたい今夜  



前後の言葉をピックアップ
アゾレ  アゾレス  アゾーレス  当た  あた  能い  あたい    値い  価し


動詞をランダムでピックアップ
話しこん引き抜か黄ばめ打返すなつこ治ま成り下がり黙せ投げ付け続けんからみあい割り切ら看做し繁ろしかりつけ青み醒める拘わゆだろきつける
形容詞をランダムでピックアップ
広き妖しきしんぼうづよく荒荒しくくるしなにげなき少なし遠くったわいなく目覚まし青じろく輝かしいしぶとよろこばしすばらしかっ血腥くこむずかしい紅くいとわしく