「黄」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
黄や赤の松葉牡丹がそれは美しく咲いた  黄はよろこび  黄な菜の花が殆んど広い大和国中を彩色する  黄な菜の花匂う  黄な濃厚な絵具を野一面にブチ撒けたらしい  黄な菜の花が芬々と烈しく匂うていた  黄の巾をうちかづけるが  黄や緑などに至る迄  黄に透く  黄にやけて  黄に盛り上げた  黄とか紅とか言わないで  黄昏れて広重の版画の紺青にも似た  黄なカナリアの籠の吊してある  黄などは知れた  黄の生きていた  黄の首の血をしみこませてある  黄の万花灯の光りが  黄になった  黄な光りが  黄という字はこう書く  黄という字を書きました  黄という字を一杯書きましたが  黄やいろいろの色硝子でこしらえた  黄な葉になっていた  黄なるむざんの光なみ打ちて  黄い花かんざしをそれでもだいじさ  黄なる月い  黄の斜め縞のお召しの  黄なる帽子を頂き  黄に焼けて  黄の焔をあげて  黄や緑の火が空で燃えたり  黄い顔に一杯浮べて  黄の嘴尾に反りて  黄に燃えて  黄の鈴懸の  黄なる風景白き猫枝にかがやき  黄のドレスは歩む  黄だの紫だのがまじっていて  黄だの紫だのがまじつてゐて  黄昏れて行く  黄なる薔薇の間に臥したるは  黄なる袍に姿を改めたる  黄に染って  黄な詩稿を持って  黄や紫の風船玉をそえて  黄にやけた  黄な菊と桃色のダリヤの間に葉鶏頭は黒味のある  黄昏れる大阪湾を眺めて  黄昏れていた  黄に変っていたので  黄という吏部の官にいる  黄なる花の咲く  黄の綾を着た  黄な団子は嚥下する  黄で捻ったし  黄と見える  黄と朱の配色が寂しく思われた  黄や紅や紫を含んで居りました  黄をしみ出させてゐる  黄に染まつて居ました  黄に染め  黄の萱草が咲く  黄にも紫にも咲交じった  黄に紅に咲いているばかり  黄と白の窓かけの前で煙草をふかしながら  黄の勝った  黄なる煙が走ろう  黄と褐と淡紅色と襦袢の袖突きつけられ  黄は睨み朱は吼える  黄との畳一枚位もあろうと思われる  黄にけぶる  黄い歯を現わしてゲラゲラと笑い  黄に染めた  黄の花びらを一枚一枚ずうずうしい位に厚ぼったくふくらませ  黄に紅に紫に染める  黄にむらさきに石楠花が咲いて  黄い路面を北へ北へととって  黄なる旗がざわざわと翻りつつ  黄にして  黄で七草の出て居る  黄なる日ざしに  黄なるきれはぬいてあれば  黄なる面を打守りしが  黄昏れかけている  黄昏れた大きい硝子窓に寫つてゐる  黄いコーチンが一口でたべて仕舞う  黄に落ち散りて  黄に照りき  黄に彩られた  黄や紅の冴えた  黄や紅の闊葉に掩われて  黄を除いて  黄朽ち葉を装い  黄なる雲を蹈むかと  黄なる野薔薇のかげの夏の日の恋うかれ女のうすき恋よりかきつばたうす紫に匂ひそめけむ  黄なる寝台の幕のものうくもゆらげる  黄初元年とあらためた  黄や淡紫の小さな莟がもう今にも咲き出し  黄との争ひが  黄のレッテルの貼ってある  黄や紅の斑を打った  黄の旗を振って  黄などのあざやかな色でぬられ  黄なるりんごの一籠と布のかばんをたづさへし  黄の美事に配色された  黄にもあらず  黄を含んでいる  黄や赤や茶によくうつります  黄の二色を識別し得たにすぎない  黄色っぽくなっているし  黄いアメリカの廉価版も私が注文して  黄に変って  黄の霞んだ  黄に輝き残る  黄や紫の色紙がしつ  黄となり  黄の縞のネクタイ鮮やけき  黄に熟したると  黄に薄藍の影がさす  黄の色彩が横溢して見るも  黄き花咲きつらなり  黄や青やの詩箋に二十句ばかりの俳句が記されてあった  黄昏れる大阪湾をながめて  黄を帯びた  黄や青みがかかつた黄やの色で以つて一面の錦が織り出されてゐる  黄こきまぜのこうえふが見えて  黄がかった緑などの氈を敷いておりましたっけ  黄のひかり  黄な葉を以て隙間なきまでに綴られているから  黄は黄なり  黄な無数の葉を一度に洗って  黄ではあるが  黄な小さき葉が水の上に浮いている  黄な葉がはらはらと赤き衣にかかりて  黄や菫の宝石は一つずつ声をあげる  黄まぜまぜの  黄の色彩だけが浮いて見え  黄との色を使った  黄とは赤緑色盲や赤緑色弱の人には最も鮮明に見える  黄とかいう強い色を入れておきますと  黄との四色を使いますと  黄とが目立って見えるという  黄とも区別のつかぬ  黄の色はほのかにかすんで行く  黄はまじって  黄のまじった  黄い行燈が秋の灯らしい色をみせて  黄く光っていました  黄や藍を綴つて居ります  黄や朱の縞のある  黄に明つて来た  黄の肋骨のついた  黄の筋が入ってあり  黄を交えて  黄ぼけた腓がふと動いた  黄と紅と紫との鮮やかなクロトンの亂れ葉が美しく簇つてゐた  黄と紅と紫との鮮やかなクロトンの乱れ葉が美しく簇っていた  黄な色の雛は幾羽となく母鶏の羽翅に隠れた  黄をふくみ  黄な液体をポトリポトリとその上にたらした  黄に咲ける  黄や赤や青や黒やの点々を国道に作つた  黄い夕日が落ち  黄く熟した  黄のトマトをなげつけた  黄で大きな草花が描かれていた  黄い花が咲いた  黄の混った  黄や白だのの見知らぬ花が美しく咲きみだれていた  黄な覆を垂らした  黄に熟れて居る  黄と赤のまじりあった  黄を交えた  黄な片が中へ中へと抱き合って  黄の花がまつ毛をいつ  黄の刺繍をした  黄の奇妙な旗をかかげた  黄で刺繍をした  黄い夕陽の影の見る見る消えて  黄や赤のごてごてにぬられた  黄に熟れてゐた  黄を小さく点出した  黄なる貝を刻んだ  黄昏れとなっても  黄な花の咲く  黄に耀いた  黄に咲いたるもあるべかり  黄昏れてゐる  黄大癡の如き巨匠さへも此処へは足を踏み入れずにし  黄の棒縞の派手なオゥニングが出て  黄昏れかけて  黄に輝く  黄と紺を張り交ぜにした  黄なる牛はかへりゆき  黄な花を持ち  黄な実を憶出しました  黄に煮え砕けて  黄と白の斑牛が寝そべっていて  黄色っぽく浮出してる  黄に爛れたる  黄の酒の陶の小盃に往復せり  黄と緑と青と紫との五色のしまのはいった  黄なる歎沁みゆく  黄に透かし暮れて薫れる  黄にまじり  黄にもまみれて  黄な聲を出して  黄に明るく匂つて来る  黄の色彩は暗やみから出て来た  黄昏れてゆく  黄の落ち葉を浴びて  黄の濡れ葉を浴びながら  黄の濡れ葉がぎらぎらと午後の陽に輝きながら散った  黄の葉に陽が射して  黄の落ち葉を浴びながら  黄の落ち葉に埋もれながら  黄の葉がばらばらと落ち葉の海の上に散っているだけであった  黄昏れすぎて  黄だのって色彩の名を教わって覚えたろう  黄昏れ時だといわれる  黄や青の旗をかついだ  黄と青との旗がそれをかこみ  黄く汚れた  黄に染めだした  黄昏れかかる  黄ぽい重そうな煙を上げていた  黄おどしの具足を着せ  黄を帯びて  黄に樺色をまぜた  黄昏れるのも忘れた  黄に垂れた  黄の縅しの  黄の縁を取った  黄なる羽の一人に向ひ  黄の大輪の菊が咲きほこつてゐる  黄昏れどきに  黄が主調をなしている  黄と赤とで美しくいろどられた  黄の縞の外出服を着て  黄い埃塵を吹きつけてゐる  黄臭くなって来たので  黄の旗の飜る闘牛場に這入って行きました  黄や緑の色が咲きこぼれていて  黄や紅や茶褐に葉色を変じかけていた  黄な蝶はひらひらと飛んで来て  黄の風車まはるまはるいつぽんすぎは天然誘接ではありません  黄や橙のかつぎによそひいちれつみんなはのぼってくる  黄なる蜜柑をむきつつ  黄にて力なき壁の夕日を振りかへる  黄昏れが御所一円をおおい出していた  黄に枯れた  黄枯れた草が浜辺から一面に生えて  黄がかったようなのはなつかしい古い錦をなでて居る  黄にそまって居ると  黄い翼をひらめかしながら  黄と青じろとまだらになって  黄なるに変りました  黄の脚して  黄や橙や緑の針のようなみじかい光を射  黄がかった単衣姿とが逆光線を受け  黄昏れる空の光を受けて  黄に染めぬいた  黄の小菊と白菊の大輪なるを  黄に染まった  黄最津平阪に八つの雷を却ける  黄の帽子をかむった  黄を欠く  黄のエンパイヤ・クロスのさやをかぶった  黄に透りたる  黄昏れたような孤島が作られる  黄に染まって  黄な安っぽい色をした  黄に赤に竈の火の色に染めて行った  黄い足でなければ買いません  黄い若鶏を買って来て  黄い皮から爪の先までが脳病の薬になるといって  黄いような黒いような芽のようなものがありましょう  黄いようなものが小さく残ります  黄い花をたわわに垂れていた  黄に大きく染め出した  黄なる山菊は残そうと思ったが  黄なる葉の河やなぎほつれてなげくやはらかに  黄のほめき  黄なるさざめき  黄に光る  黄を帶びた色彩が何とも云はれない  黄を鎔いて  黄を入れた  黄に紅に色を染めた  黄っぽい斑点がついている  黄や赤などの色が見えてき  黄ろくなった  黄を鳴き尽したる  黄な法衣を着た  黄っぽく浮腫んだ  黄のあかりがついていて  黄とだんだらの海水着を着た  黄との海水着を着た  黄や緑や種々な色があって  黄を帯びている  黄の焔を上げて居る  黄や澤桔梗の紫や其他名を知らぬ  黄の落ち葉をあびながら  黄昏れて水底のように初秋の夕霧が流れ渡る  黄と紫とに染め分けた  黄と紫との二色になってる  黄な石をひたして  黄に照り輝く  黄のきれいな色がついているから  黄なぞたくさん並んでいた  黄い蝋燭が点っています  黄との金蓮花が飾ってあった  黄が勝って  黄や橙の石楠花の花をはさんでありました  黄があります  黄や綺麗なチューリップの花園を駈廻っている  黄も緑も即ち虹の七色があって  黄な感じのする  黄に紅味のさした  黄に匂っている  黄な上衣を着た  黄で巴を漆で描いた  黄な声を発して  黄なるひかりは集い来てなす  黄色っぽくなり  黄に染まつた  黄や薄紫の燈光がゆらめく  黄きを配したる  黄と緑と褐色の三色を以て染分けたる  黄き月を仰ぎ  黄とに対照して  黄の入り乱れた  黄や紅に彩られて  黄の夜具ぶろしきを上被りにかけて  黄昏れてゐるし  黄の毛糸の子供服を着せられてゐるのに  黄に彩られている  黄の色彩も快く一種の香気があって  黄黒い闇になって  黄なカナリヤにかわって  黄を点すれば  黄の柔らかい着物を重ねて  黄が混じって見渡される  黄の服を添えて贈る  黄の優しい心づかいを承知していながら  黄は私の身を案じて  黄も仕方なく部屋から出て行きました  黄を呼びました  黄はいそいで飛んで来ましたが  黄を信用しているので  黄は余り慌てていたので  黄き顔色に似合ふべき  黄く半透明に盛り上って縮れていた  黄の厚織物らしいのの重なった  黄との花をもつた  黄の涼絹の単衣に淡紫の裳をつけて  黄ない葉が多くなって居る  黄ろくなる疲れた  黄な衣服を着  黄な衣服を着た  黄の星のあいだをのぼって行ったり  黄やうつくしくせわしくまたたきながら云いました  黄ともつかぬ  黄大癡といえば  黄に至り  黄などを塗ったりして  黄に白に咲き薫っている  黄昏れていて  黄の暖かみを交えて  黄昏れゆく  黄とのパイロットランプが次々に点滅した  黄に返した  黄に紫にきのふ垣根に名なかりし  黄の桐の梢の琴の音にそのおとなひを聞く  黄なりなにをかももつ  黄なる口觜脚蹴爪尾はしだり  黄なる花は総て心行かず  黄や萌黄色の葉を照して  黄や赤や紫の灯火にくだけた  黄な臭いような気分になった  黄の長い袴で玉藻の前が現われる  黄黒くたまった  黄の霞み立つ  黄昏れてしまつて  黄いな色も鮮かに散り  黄も灼ける  黄の浄衣を身にまとって  黄と青とで蘭菊の影をまぼろしのように染め出した  黄も黒もだんだんに退いて  黄と黒との混ぜ織りで  黄をながしては  黄がかって  黄色っぽく溶けかけている  黄に色づいた  黄をもつ流その  黄とか色が分類されて現れてゐる  黄のいろ  黄に紫に美しくいろどっていた  黄に塗り分けてあるが  黄や世界にふき出る  黄に染つたこの若木のうち続いてゐる  黄ろくなりかけてゆく  黄なる桜の一葉ばらりと散りぬ  黄く眼を青くして  黄に熟した  黄な波を打って  黄な煙を送る  黄な籾の山を成した  黄に変る  黄な真綿帽子を冠った  黄と赤とのカンナがいよいよ輝いて来た  黄に化りきった  黄とかいうような凝った  黄い声になり  黄や白の薄い絹の衣を着  黄なる一枝を手向けて去りたる  黄と紫の花相乱れて落ちぬ  黄を帯び  黄や赤の光線が殆ど欠けているから  黄の前掛に手拭のようなものをかぶった  黄から出来上ってる  黄の華やかさにはしゃぎ切って急いでいる  黄の配合はこの週間の流行だと言って  黄の渦巻をなしている  黄の菜の花が咲き群れていた  黄の交った  黄は却て虔ましくてあわれであった  黄や赤や緑や紫の万国旗で賑々しく満飾されていた  黄と緑との花模様のある  黄を啜り  黄との幕を張り  黄や赤や紫や青やの万国旗が此処でもまだ翩翻としている  黄の花の馬肥やとすれすれに落ちついた  黄のマイナスソースをかけた  黄との図案があまりにけばけばして  黄や濃い藍染めの更紗布を頭からひっかぶった  黄や青のドロップをしきりに嘗めた  黄の金盞花が咲いていた  黄の軍服に紺の軍帽をかぶっていた  黄や藍の更紗の冠りで並んでいた  黄黒い倫敦の露ぞらとともにすぐ消えて  黄は不思議に思って  黄が一々それを説明して聞かせると  黄はそれからそれへと他の家にも案内されて  黄は郡城にその次第を届けて出ると  黄の帯を締めています  黄の着物をきていたと伝えられた  黄の綾絹をもって  黄は彼に言った  黄は肯かなかった  黄はあらかじめ家僕に言い付けて  黄は抱いている  黄というところへ行って  黄の克った  黄黒い水をしたたかに吐いた  黄と橙の大きな斑はアメリカから直かに取りました  黄なる花咲く  黄なるしめり  黄なる陽に汝を見れば  黄なる灯の聲もなくちらつけるほど  黄なるがあまた咲ける見てけふも  黄の斑のうつくしきやはらかき  黄の粉の恐ろしきにくらしき翅をすりつくる  黄なる搾  黄なる蕾を染めてゆく  黄な蝶との二つが余念無く野辺に隠れんぼをして遊んで居る  黄な蝶はそこらの隅々を探して  黄な蝶も笑ひながら  黄な蝶は薊の葉裏に隠れて居たが  黄な蝶が飛んでいます  黄っぽい建物の翼に射している  黄なるをわかちつ  黄の上着ちぎる  黄なる雲いまはたへずと  黄な蛾がハタハタと躰の囲りを円く舞う  黄に変り  黄に移り  黄とでぬった  黄のや緑のやある  黄や白の花さえ咲く  黄のや緑のやあるんでせうね  黄や白の花さへ咲く  黄なる花となりぬ  黄をぼかしてぞ  黄のジュパーンを著て居流れた  黄昏れそめる  黄のペンキで塗られ  黄の肉色に影を見せ  黄と褐と黒との三色より用いない  黄と褐とを用い  黄と白とがあります  黄と褐との色合いを持つ  黄が出ますので  黄は庭先にある  黄の波よりも多く散らされる  黄いのや青いのがある  黄昏れてくるにつけて  黄や紫やさまざまの色をして  黄っぽく見える  黄にほめき  黄は身を投げし  黄なる燈火ぞのぼりゆく  黄なる夕月病める  黄なる光を浴びて蒸す  黄なるかがやき  黄にかがやける  黄のかがやきをなつかしむ  黄なる月いでんとして  黄い奴が駈けまわり  黄なる花ちらちらと噎ぶ  黄が気にかかる  黄なる瓦斯のもとを泣きゆく  黄なる嚢の上に獅子の面と姿態とをあらはせる  黄無智は黒憎惡は赤を以てあらはすと  黄い髯の長い山羊のやきものの文鎮がひかえて居ります  黄と手をかえ  黄と黒とで斑な地に眼を押し付けて駈けるので  黄をもて  黄の花を踏みてこなたに  黄に美しく朝鮮の黒い壺にさされている  黄の光沢が滑る  黄昏れたようになっていた  黄の衣を着た  黄の小さな花が方々に咲いていた  黄なる崖あり  黄に大きく画いた  黄に染まっている  黄に近い色が捺す  黄昏れていく  黄な袋の石版の異形な虫のわざはひか  黄な袋がおちてゐた  黄がかった優しい空色に彩られている  黄や紫の風船玉をそろえて  黄はだの色の芝生こさ青い新芽の萌えいで来るはで  黄はだの色の古し芝生こさ火をつけ  黄や草色で彩つた團扇や手拭を持つて殺倒する  黄に買わして喜ばしてやる  黄はお前と夫婦になりたいと云ったぞ  黄は子供の頃京城で結婚した  黄をマリは見つけると  黄は彼女の後を追いかけたが  黄の顔がうつし出され  黄の手にした  黄の姿が小さな尾を海辺にひいていた  黄の相交つた花には目立つて見えぬ  黄昏れるにつれて鴎の羽の色が際立って  黄い夜明のランプの火を見ると  黄なる灯よ汝があまき光もて死と一つ穴にやどる  黄なる光よイオナの島のむろに祈る  黄と黒の縞の外套をきていて  黄と黒の縞の外套をきてゐて  

~ 黄[名詞]1
青や黄や  私は黄  四月の黄  後に黄  大和路の黄  ひとりのうなゐ黄の  女は黄の  あれでも黄の  三百ばかり黄という  筆記帳に黄という  紺や黄や  着物は黄  べり死の黄  午後さめかけた黄  上に黄  黒と黄の  饅頭形の黄  帽子が黄に  赤や黄の  笑いを黄  蕊の黄に  弦月の黄に  青だの黄だの  赤や黄や  一ツ一ツが黄に  菊と黄  信号が黄に  それは黄という  春になれば黄  青と黄で  紅と黄の  それが黄  紅と黄に  間を黄に  赤と黄との  蝋紙の黄の  花が黄に  町には黄  青と黄と  黒と黄との  真綿を黄に  日の黄  三旒の黄  髯は黄に  紫や黄で  冬枯の黄  陣地は黄  流れが黄  白と黄と  鶏に投げてやると黄  実の黄に  日は黄に  鮮かな黄に  闊葉樹が黄や  女郎花の黄を  くちばしの黄  色の黄  雲もうす黄  白や黄や  青や黄の  処々に黄や  殞ずる病葉の黄にも  魂草の黄  紺と黄との  緑と黄との  家の黄や  赤と黄の  青になり黄に  前には黄の  透明な黄の  かすかに黄に  紅や黄や  早や黄  歌黒と黄の  朱と黄の  蒲公英に似たる黄  緑や黄や  鼠に黄を  面は黄に  黄は黄  ものか黄  梢から黄  庭には黄  庭に咲く黄  胸の黄や  青と黄との  青と黄とは  青と黄とが  青や黄などの  赤とも黄とも  真紅と黄は  緑と黄の  紅と黄と  点々と黄や  赤と黄と  紫や黄や  あちらこちらに黄に  白と黄との  卒は黄の  ズボンには黄の  日の黄を  妙に黄  日向では黄に  紅は黄を  夕ぐれ野路を辿りて黄に  姿が黄や  稲は黄  雜つて名も知れない黄  前に黄  二輪の黄  女郎花の黄  それらの黄だの  処に黄  ただ中に黄の  朱に黄を  色は黄  背筋の通った黄  白と黄の  障子に映る黄  實がまつ黄に  花粉の黄を  山吹は黄  城跡で見つけた黄  間は黄に  夏野かな夕顔や黄に  鈍色に黄を  鼻の黄  ひつそりと黄  戸を下ろす黄  一緒に黄  靜歌に黄  蒲公英が黄  野苺の黄  南瓜は黄に  眼をした黄と  うちに黄  日ざしは黄に  草の黄に  山梔の黄にも  性分の黄  かたわれ月は黄に  紅や黄の  桔梗色に黄  青だの黄  青や黄  秋の黄  男は黄  埃で黄  丸を黄に  白と黄  やうな黄を  尻尾を黄に  青に黄の  一人は黄  立騒ぐ黄  緑と黄が  緑と黄と  黒に黄の  籠をになって黄や  蓐古びて黄  屋根は黄と  指のみ見せて黄  サンシユユの黄  かすかなる黄  そが黄に  高原地の黄に  赤か黄に  橙の黄  朱鷺色と黄の  瓔珞は黄や  絹子の黄  今日は黄  面は黄  小鳥を黄に  山吹の黄に  尊は黄  赤や黄を  雲を黄に  足の黄  鶏でも黄  足は黄  山吹が黄  白に黄に  紅と黄との  のほに黄の  水盤の黄  紅や黄を  紅だの黄  ような黄  菜の花の黄を  面の黄  橙や黄の  黒と黄と  赤黄なら黄と  樺や黄や  桂は黄の  反魂香の黄や  声も黄  石や黄  奥には黄  秀子のは黄が  所々には黄や  まん中に黄が  赤も黄も  四葉塩竈などの黄や  暖い黄に  色は黄と  うちの黄と  赤であったり黄  しんみりと黄  苫の黄  畠をば黄と  暈戴きし黄  緑と黄とに  赤に黄に  幅は黄  チャボは黄  抹し黄を  草の黄が  忠実な黄は  ベルを押し黄を  執事の黄の  私が黄を  場合には黄  宵の黄  青と黄  それも黄  顏色も黄  車掌は黄  声を黄  紅葉すると黄と  刀で黄  赤とか黄とか  赤と黄などを  地球が黄  茶羅紗を黄に  我々の考へるが如き黄では  秋は黄の  艶にして黄  蒲公英などちひさく黄  ものは黄の  鮮かな黄や  夕日で黄に  朱や黄の  すつかり黄  黒も黄も  梢に黄に  眼玉が黄  夏蜜柑の黄に  山吹の黄を  花の黄の  赤と黄に  鶏子の黄  方から黄  柑子の黄  様に黄  髪の毛を黄  草は黄  樹木の黄に  日光は黄を  混り合った黄  中には黄  黒とか黄とかいう  花子夫人は黄  黒や黄や  山吹の黄  挿みたる黄と  中央部に黄を  赤と黄から  鮮かな黄の  芙蓉や黄の  雨に濡れた黄の  床には黄と  アイスクリームの黄を  紅は黄は  四つ葉の黄の  上部は黄や  硝子窓には黄の  赤がちの黄の  敵は黄の  白や黄の  緋や黄の  煎薬に似た黄  此の黄と  手にもてる黄  大蒜の黄  鐘取りおろし拭きつつあれば黄に  厨に黄  鷄頭の黄  花の黄と  毛の黄  油屋の黄  たんぽぽの黄  蝶と黄  酒の黄  燈の黄の  赤や黄に  碧と黄とで  群青と黄との  のや黄のや  かわらや黄に  末に黄を  山吹の黄と  蓮花草の黄に  特色は黄と  主に黄と  もので黄と  鮮かな黄が  のや黄  紋付と黄の  配置の黄に  ただよひに黄  霖雨後の黄  枯草の黄  地平に黄  病犬の黄  肉の黄  褐と黄の  一の黄  無力は黄  次に黄を  薔薇色に黄の  薔薇の黄  中心の黄  かすつかり黄  何もかもが黄  花を黄に  みんな白が黄に  京都らしいくすんだ黄  若芽の黄に  路に黄  ふろ野の黄はだの  雪こ溶けかけた黄はだの  酒盃を傾けている黄を  ように黄は  狂暴な黄の  ように黄の  転落した黄の  耳元近くから恐しい黄  月の黄  女は黄と  

~ 黄[名詞]2
だんだん黄  すっかり黄  あの黄  やや黄  淡黄  蒼白く黄  もはや黄  淡い黄  美しい黄  柔かい黄  強い黄  その黄  已に黄  もう黄  かなしい黄  近い黄  わが黄  瑞々しい黄  なく黄  うす黄  赤く黄  寒き黄  赤い黄  丸い黄  同じ黄  すこし黄  暗く黄  わびしい黄  薄い黄  ひっそり黄  遠く黄  ようやく黄  少し黄  この黄  すさまじく黄  既に黄  早い黄  淡く黄  うれしけれ黄  多少黄  暖かい黄  濃い黄  ぼっと黄  黒く黄  白い黄  一しきり黄  必ず黄  黒い黄  ぼうっと黄  宜黄  青く黄  暗い黄  あやしく黄  そろそろ黄  悩ましき黄  遠き黄  ほんのり黄  鈍い黄  熱く黄  

複合名詞
来賓狩衣黄  黄蜂  黄味  黄菊  づみづと黄緑色  黄ろ  黄牛  ところ黄  萠黄メリンス  黄浦  黄竜何歳見晴空  黄赤黒白  黄面  黄ろくも  黄瓦朱壁  黄霧  黄蝶  カ黄  黄粱一夢鴻爪刻船  黄褐色  黄興  黄さん  黄びかりのするパネル  黄六一  さっき黄六一  黄老爺  候時下晩秋黄落しきり  銀鼠黄  黄茸  黄帽子  黄饅頭  づやかに黄  黄平  黄鼬  黄腹  黄袋  萠黄  月黄  泉石萠黄  ざやけき黄  病葉黄  ラヂオ風景黄ろ  温和しき黄  黄ろいちゃんぽんうどんや尾道  黄水仙  黄吏部  黄東發  卯黄  黄一色  黄花  薬黄  トシテ秋草ハ黄ナリ  黄紅葉  黄英  すべて黄英  む黄牛  黄黒色  黄變  雄黄  黄岡  黄巾  黄鼈甲  黒黄斑  黄風島  赤黄青  まま黄風島  危く黄風島  黄紫赤褐  黄斑  黄花駒  黄風  黄紙  黄蓮  黄浦河  黄累々  黄の  黄染め  黄巾賊  黄魔鬼畜  黄魔  蒼天已死黄夫  黄巾党  黄巾軍  黄夫マサニ立ツベシ  黄符  俺たち黄巾党  黄匪  黄匪め  黄匪討伐  黄荒  通り黄匪  黄賊  黄巾賊五万以上  すべて黄  いくら黄匪  黄ん  黄馬  黄鉞  黄蓋  折ふし黄  黄口児  黄祖  大将黄祖  黄祖軍  一将黄祖  黄県東莱  黄口児孫策  黄模様  爪黄飛電  爪黄馬  黄口  黄赤色  黄泥  黄子久  黄包車  もと黄巾  黄星  黄沙漠  むかし黄巾  黄蝋  公孫樹黄  妻黄氏  黄祖敵中  黄繻子  一つ黄ろ  黄浦河上  支流黄浦河  黄浦灘  黄州  黄龍  黄忠  名将黄将軍  咲黄菊  黄馬八匹  黄権  黄忠一  将黄忠  黄忠どの  黄忠勢  黄忠ここ  黄忠これ  征西将軍黄忠  右将軍黄権  黄酒  黄傘格  黄龍鳳凰  老骨黄忠  黄羅  黄鐵鑛  黄武八年  黄龍元年  黄皓  黄皓ら  宦人黄皓  其淺黄  赤黄  黄紅朱樺  黄毛  萠黄金襴  心持ち黄  黄ばら  二黄  黄くま  黄緑  黄褐  黄也  黄浦江  黄浦江河岸  黄充吉  黄絵の具  黄丕烈  黄氏  黄苞車  黄梁一夢  つて黄  黄絹張り  黄牡丹インコ  黄水晶  白面黄毛  黄びかりうすあかり  黄螺  黄縞  ヤ化シテ黄茅白葦満目惨憺  赤黄ろ  黄汁  黄薔薇  青黄  赤白黄  ほか黄浦江  蟹黄調塗  黄瓜  黄紫  紅白黄紫  雌黄  黄茶色  黄風荘  黄薔薇色の  黄鼠  黄瀛君  苗ェ黄瓜  卯黄木綿  黄赤黒  黄竜  黄序  黄雲  黄もも  紅黄青  黄世子  黄世子辰巳  紅黄世子  黄外套  黄老  行つた黄  黄糸  黄財布  黄三郎  黄三郎  黄化  黄蝋色  黄バス  水仙黄  黄埃散漫  黄なつ  黄沙  黄成鎬  黄瑞露  黄皮  辻風黄平  黄平がひとり  黄手  黄紙宋板  それぞれ黄  褐色黄褐色  黄韻  黄岡縣  黄巣  黄巣傳  做二黄牛肉一  賊首黄巣  黄腸  黄宗羲  黄人種  黄遵憲  黄龍旗  黄節氏族變第五  著者黄宗義  黄びら  黄埔條  云つて黄  弟黄平  黄人  黄木綿  黄ずいせん  黄上げの  硫石黄竹居士  黄竹居士湯川老人  黄歯  黄豆粉  青黄ろ  黄血社  黄血社対暁団  暁団対黄血社  緑碧紅黄  黄鯛  黄褐紫色樣  ぐら黄  へちま小歌風黄  黄ぐさ  黄麦  白葦黄茅  白葦黄茅画軸中  蝶々黄ろ  日ざかり黄ろ  黄薔薇色  黄袍  黄紫とりどり  黄革  いつか黄  黄煙  黄泥色  黄金沢  黄羅紗  黄母衣  黄母衣組以下  草黄  爪黒黄蝶  黄鐘調  黄母衣組十二騎以下  黄母衣以下  黄母衣組  黄菊紫蘭  黄幡神  黄豆  黄味一つ  色唯黄  大小黄袋  つた黄  黄菊しらぎく  京ざむらひ黄  黄ろい草  黄肌鮪  黄水晶ひで  橙黄線  天蓋朱黄燃  花黄  色黄  橙黄橘紅  黄茅  黄足  黄鐘  黄八幡  黄袗  黄枯  黄不動  黄橙色  盟主黄山谷  必勝黄花  黄菊白菊  黄鶺鴒  黄鶴山樵  黄瀬戸といつて  黄瀬戸  灰色黄  其色赤黄  大須賀太郎道信黄牛  黄蝶大小群集  葉黄  店頭黄  黄一郎  黄一郎親子  長兄黄一郎親子  黄雀  その他黄紅紫白とりどり  壁黄  煙草黄  黄髪  三四本眞黄  呉越王妃黄氏  赤青黄紫  黄八  黄母衣越  黄褐変  黄書画師  黄つり  黄黒白  黄花石楠花  自ら雌黄  つぶけた黄味  月上鴉黄  鴉黄  黄ぎく  支那式黄竜  黄色黄光  黄揚羽  黄菫  岩黄耆  日光黄菅  黄吻  黄生理学博士  黄博士  黄肌鮪鬢長鮪  紅楓黄菊  明き黄味  緑黄  黄勝ち  雌黄なんど  ヤヽ黄  黄絹七反  黄絹  青黄赤  あと六つ黄ろ  黄緑色  め黄  黄百合二本  赤黒黄等  斑黄葵  黄菅  旗黄  黄亮  黄がち  赤青黄  黄猿  黄魚  黄仲涵  我黄種  黄老的  是黄老  只是投二黄  黄浦江岸バンド  黄包車一台  黄緞子  黄稲  巨商黄鶴号  黄橙酢  紅黄青褐とりどり  黄一峯  黄頷蛇  黄省曾  黄熱  黄帝  尖端黄臘  冠黄  色黄褐  黄筌  賊黄巣  ケタダレタ娘ニ赤ト黄ノオモヒキリ派手  黄赤  夕風黄  油黄  霜葉黄  紅黄のりぼん  紅黄  篆文ニテ黄室  黄山谷  黄山谷自身  紅黄大小  黄花石楠  高根黄菫  黄筋  黄巻  黄卷堆裡  黄紫生  紅白紫黄とりどり  黄巻青帙  春申君黄歇  黄疆等  白黄紅花さまざま  赤白紫黄  黄ボッチ  黄菊始  菊花黄紅紫白  ツマリ黄人  交趾人黄調  黄調  黄橙  黄さ  黄人禍  白赤黄  白菊黄菊  まつ黄  黄いもの  書肆植田黄鶴堂君  黄金丸  やよ黄金丸喜び  黄金丸はまづ  黄金丸肩  黄金丸はまづ嗟嘆  黄金丸呵々  黄金丸はまづ聴水  黄竜旗  黄鶴楼  黄勝  黄しめじ  黄菊一株  半ば黄  黄卵色  髪黄  処々黄  葉色黄変  黄スイカ  黄弁  紅白紫黄  黄葡萄酒  黄瑪瑙  フロリダ黄蘭  黄嘴紙  黄ストロン  乳黄  大麦黄  黄初年中  黄申  黄家  黄衣  黄地  みな黄衣  黄衣婦人  黄願蛇  黄気  黄敦立  黄泥溝  黄教  黄撫子  黄スミレ  帰期勿後黄花節  ごと黄  實黄  黄ろさ  ト黄  黄べり立て羽  山黄蝶  黄ナ粉  とき黄  凡て黄  紅紫青黄  白黄  黄河畔  黄烟  黄煙草  黄瀛  紫黄  黄及黒  黄駝  黄駝とい  黄漆  黄釉  黄ズボン姿  十間あまり黄煙  黄髮垂髫  黄文王  面黄  1黄  あたり黄  六〇黄地  黄ろい草山  碧緑赤黄  黄寺  黄落  くに黄  黄帝以上  九九彼黄  黄蒲生  みんな黄ろ  蘇州黄泗津  黄ラマ教一千万  黄教ラマ  黄眉  一抹黄味  黄浦口  黄先生  しき黄菊一  さく黄菊  聲黄皀莢  黄谷青二  黄谷青二氏  探偵作家黄谷青二  黄とりどり  奇黄  白黒黄藍赤  



前後の言葉をピックアップ
気比  気がつい    黄瀬川  気がつか  気がつき  気がつく  気がつけ  気が付い  来なさら


動詞をランダムでピックアップ
偽っいそい色めい見る摩っけかえし困らたかぶる剃っはなて売切れるゆきかかり入り浸具わりやり込める倣うからまし褪め打ちこも
形容詞をランダムでピックアップ
少なかれなやましき猛猛しいにぎにぎし古いさうな残り惜しよろし色濃くどすぐろき数多からやさしゅうとおかっおそく未練がましいばかくさいくやしうつくしきめんどう