「削り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 削り[動詞]
鍬が古くて錆び切ってゐるので、余計削り  鰹節を削り  添へもし削り  のを削り  古風なのは精巧な削り  六角に削り  柱座を削り  柱座を削り取るにあたりて、一方を少しばかり削り  表面を削り  ていねいに削り  ブランクを少しずつ削り  胴体によって削り  木を削り  崖ぎわから、削り  偶像を削り  礁を削り  木質を削り  三は削り  命を削り  分などは削り  日に深く、削り  骨を削り  境が削り  骨も削り  根を削り  大股になりかけると、削り  あとの見ゆるあり、削り  変化、削り  シュウッと削り  鉛筆の削り  あたりには、削り  ドリックに削り  だんだんに削り  祇園に削り  少年は然りとも知らで、削り  山の削り  穂高山が削り  パラパラと削り  ナイフで削り  外己に削り  工匠が削り  策を削り  魂を削り  かつおぶしを、せいぜい薄く削り  鉛筆を削り  左側をぎりぎりまで削り  カンナの削り  ところを削り  身魂を削り  確実に削り  姿が削り  岩壁を削り  痩躯を削り  摩ずるように削り  鷽も、削り  毛は削り  内側からお削り  巌を削り  口も、削り  唯だ削り  一辺使つた矢を削り  頭が無い、削り  下は削り  おかめはアッとばかりに、恐ろしく削り  茶箱を削り  一部を削り  下より御削り  句を削り  材木と、削り  ものへと気持ちよく削り  ところどころに削り  洋杖なぞを削り  後ろへ削り  方では削り  星を射削り  禄を削り  片手に削り  木くずを削り  巉岩絶壁をもって削り  笛を削り  のは、削り  此を削り掛け、或は削り  処に削り  此頃には既に、削り  生々と白く削り  工が削り  青竹の削り  崖を削り  鬚の削り  不格好に削り  みんな小刀で削り  角を削り  肉をも削り  香新しい削り  二メートルの削り  薄目にと削り  木炭などは削り  心を削り  軍器部分品を削り  無残に削り  斧で削り  今しも削り  断崖を削り  鉋を懸けて削り  頂を削り  百枚以上書いては削り  其形状も愈削り  於て削り  馬道にかけた削り  ことは、削り  竹にさす削り  丸太に削り  供へられた削り  木に似た削り  祇園の削り  枝沢山の削り  処から、削り  谷の削り  石を削り  氷をガリガリ削り  氷を削り  枝を切り、削り  知識もなく、削り  削り節は削り  則ち削り  鉄を削り  シャフトを削り  鉛筆のしんを削り  粗木を削り  山とは似もつかず削り  方を動かして削り  橇に載せ、削り  断崖が削り  端から、丁と打ち、丁と削り  しのぎを削り  竹を鋭く削り  アルプス山を削り  連山を削り  ら木を削り  綺麗に削り  岸べもぽこりと削り  山を削り  ように削り  びんつけを削り  上に新しく削り  わきの削り  先を削り  部丈全文をお削り  記事をお削り  ロクロの削り  竹を削り  節があるので削り  母親は、削り  粉がざらざら削り  皮を剥いで削り  軒に削り  刀の削り  それを削り  二派に分れ、呟きながら走って行く、大きな削り  ところまで、削り  山脈氷もて削り  道路の取ひろげに削り  切れの削り  彼方此方に削り  板を、削り  八角に削り  太陽から飛び出した削り  楊子を削り  一幕を削り  堤防を細く削り  尖端を削り  楊子に削り  一のごとく全く削り  髮を削り  一を削り  鉋で削り  寸を削り  幹に削り  危ふく石わかれ削り  横に切って、削り  器に削り  刃物で削り  医薬でも、削り  肉を削り  庖丁で削り  卒都婆を削り  かつおぶしの削り  小刀ですつかり削り  鎬を削り  自分から考へると、削り  何か削り  独特の削り  刃口の削り  木を深く削り  



前後の言葉をピックアップ
けずら  削ら  梳り  ケズリ  けずり  削り取っ  けずりとら  削り取ら  削り取り  削り取る


動詞をランダムでピックアップ
むしれ抱き上げん屈すれ憂ふる散らばら被され産みつけるまぎらせるよめるかえれ付合っ頌するはばからしだか印象づけすきとおる優れやりすごし働い慌てれ
形容詞をランダムでピックアップ
悲しゅう丸く心安から小うるさかっ焦臭い憎らしかっきむずかしいいたけりゃ敢ない口惜しかっ可愛くおびただし辛気臭かっ何気無しぶい勇ましき詳しき恥しけれかびくさかっ