「鯛」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
鯛にかかれるが  鯛を買ふ  鯛の飴干し二人は同じやうな笑ひを  鯛のうまさなどを想像しながら言った  鯛の大群が下りていった  鯛がぴんと尾をはね上げている  鯛は大方兄さんに平らげられてしまった  鯛の浦の奇觀あり  鯛の頭骨に骨器の刺さり  鯛を焼いていた  鯛を切る  鯛の飴干し二人は同じような笑いを感受しあって  鯛を活かす  鯛の繊肉を普通のおかずのようにして  鯛の眼肉をセセっていた  鯛なんて薬にしたくってもありゃしない  鯛の潮煮などがテエブルの上に運ばれた  鯛になって御座ら  鯛が熊野神の供御となるからだと云われている  鯛の一尾も贈  鯛を口説いてゐる  鯛の刺身などつく  鯛のそぼろ椀ということにいきましょう  鯛を釣るという  鯛の浜焼なぞを取寄せて  鯛をはさんで  鯛でいえば舐り  鯛の刺身だけを除いて  鯛のように美しく充血した  鯛でも主上に奉った  鯛は肉がばらばらになり  鯛が一尾あった  鯛を一尾置いて  鯛がきた  鯛を睨みくらべながら  鯛と一緒に頂戴した  鯛を一度しか買わない  鯛の吸ひものを閑却して  鯛のかたちをみながら  鯛はアンチゴノスと違って  鯛もし  鯛にとっては免れる  鯛のようなかたちをした  鯛を釣る  鯛の味を知つて味噌の味を知らざる  鯛の味を知る  鯛という諺をさえ生んでいるのに  鯛のような人もいるし  鯛なども附いていた  鯛を求めるにしても  鯛は麦藁鯛といって  鯛のさしみ  鯛なら値うちものとなりつつあります  鯛といえば  鯛は土佐沖の深い海底に一冬を送り  鯛を最も上等としている  鯛は頭が大きくいかめしく尻の方に至って細くこけ  鯛を最もおいしいとしている  鯛は荒波と闘いつつあったから  鯛は真紅の色鱗の肌を彩り  鯛の方に魅力を感ずる  鯛はその味幼くして食う  鯛も外洋からくる  鯛の移動は釣りに深い関係があるから  鯛は三十年くらい生きているという  鯛が口を開いて  鯛は自然に生活している  鯛は以上あげた  鯛を釣るには  鯛を狙うには  鯛の棚を探ってみる  鯛の釣り  鯛を狙う  鯛は四季のうち至味の節といわれている  鯛を漁っている  鯛が釣れるのみだ  鯛が入る  鯛が網から溢れるほど入っていた  鯛を買うと  鯛はなにを食っているかを見る  鯛が食いついてこなかった  鯛の群がゆらゆらと泳いでゆく  鯛の群がいたが  鯛のあらひは  鯛も売れれば  鯛と云ふ  鯛は少し大きいと腹を立て  鯛などは同じように揃った  鯛の浜焼が付くとか  鯛も鰹も尾鰭をふるうて  鯛ほどもたないので  鯛と鰹が海の色に輝きながら  鯛は太股に跨られた  鯛の浜焼であると教へられてゐた  鯛なぎと云う  鯛が入江へ這入って来る  鯛などが泳いでいる  鯛の潮煮を美味そうに突ついている  鯛の骨が咽喉へかかりましたので  鯛の骨が刺さりまして  鯛の骨を放任しておいたら  鯛は花は見ぬ  鯛の如く皆ことごとく均一の顔はしていない  鯛でいえば  鯛を買つて来ると  鯛という諺はあるが  鯛の塩焼があるよ  鯛の塩焼と聞いちゃ  鯛の塩焼を注文する  鯛を取ろうという  鯛がある  鯛を青籠に入れて  鯛を持っていたが  鯛を持ち出した  鯛の御納屋に出逢った  鯛を御納屋の手へ渡すまいとして  鯛の御納屋に勤めている  鯛か鱸かイサキのようなお魚へ塩をあてておいて  鯛の身と海老の身の湯煮た  鯛とか鱸とか鰡とかいうような魚を三枚に卸して  鯛の頭のお料理なんぞは早速私も始めましょう  鯛が買ってあるから  鯛の骨と身を別々にして  鯛の身を焼いて  鯛の骨を焼いて摺り混ぜる  鯛のスープに鯛の実に滋養分の多いお味噌に薬味も色々交じるから  鯛の味噌汁やカマスの味噌汁を食べさせると  鯛のフクメをかけましょう  鯛のフクメというものをかけるが  鯛を三枚に卸して  鯛には塩気の味があり  鯛なんかを思い出し  鯛を釣りあげた  鯛を始末しながら言った  鯛のさしみをたべさせたり  鯛をととのえてな  鯛の上に白い雪が薄く散りかかっている  鯛が釣れようと  鯛のつくり  鯛を見て  鯛の腸は化けて居る  鯛の刺身のようなものかもしれない  鯛の折をしもべに担わせた  鯛や鰆などがぴちぴちしていた  鯛が釣れる  鯛が鈎に掛かって  鯛が釣れた  鯛をさげて  鯛もあるのに  鯛が手に入ったら  鯛の刺身を食っている  鯛の頭を出す  鯛は釣りませぬ  鯛の頭附きの  鯛の骨しゃぶりを  鯛でも釣った  鯛が泳いでおりました  鯛と刺身庖刀とはながい間睨めつ  鯛の左り片身をそいでしまひました  鯛の半身をひつさげて泳いでゐました  鯛と鮪が逢ひました  鯛は急いで  鯛の身をひつさげて  鯛がとれてゐた  鯛を見せてあげますぞ  鯛が折り  鯛は手速くも料理された  鯛を取つて  鯛を飯のさいに喰ふ  鯛の大きな大きな屋体骨を背負って立つには  鯛の脂の珠と浮か  鯛のような魚群が現われ  鯛などの形した  鯛の大群や火事だと思つて眺めるよりは  鯛のさしみやら鮪のさしみ  鯛をせる  鯛を目の上へ差上げて  鯛はまだ値が出来ない  鯛の眼肉の羮にでも当る  鯛の総身が小波立った  鯛に庖丁を入れて  鯛を見つけて  鯛をぶらさげた  鯛を包んで  鯛もあるし  鯛の包みを出して  鯛はいま塩焼にしてゐます  鯛が出た  鯛の鬱憤のせゐか  鯛と鮑の二種類の材料でいろいろに料理された  鯛をチリにして  鯛を五枚もあげたので  鯛を用意する  鯛というものが妙に印象に残るらしいので  鯛のでんぶの看板がのそっと額の上に現われて来る  鯛を描けり  鯛と云へる  鯛の浦を見物しました  鯛が二尾磯に打ち上げられていたとかいう  鯛をとる  鯛が沢山いる  鯛をわざわざ見に出掛けた  鯛よりもかえって日蓮の方を頭の中で想像していたらしい  鯛は見た  鯛を持って来て置いて行った  鯛だと云って  鯛の鱗が金すじで彫ってあった  鯛の彫りものと看板が好きでいつも私はそれに見とれた  鯛の塩焼などを食べているくらいであった  鯛を買いましたね  鯛など買わずに  鯛の住むといふ  鯛のよる  鯛のきら  鯛も釣りけむ父母のよはひも過ぎて  鯛はいいな甘い匂いが嬉しいのです私の古里は遠い四国の海辺そこには父もあり  鯛が黒餡であったことを覚えている  鯛の白子だのを巧に調理した  

~ 鯛[名詞]1
釣りとしても鯛と  夏は鯛と  買ふ鯛を  漁れる鯛の  婚礼料理に使うにらみ鯛を  鰹や鯛を  歳暮をしましょう鯛  胡麻味噌に浸された鯛の  今度は鯛に  これは鯛が  キツカケで鯛の  こいつは鯛の  蝦で鯛を  焼物の鯛を  下三尺ぐらいの鯛が  香のある鯛  首を切られる鯛の  これは鯛の  ために鯛は  塩漬けの鯛が  上へ鯛を  七兵衛は鯛と  二の膳につく鯛の  ッついた鯛の  その間にねむっていた鯛の  味を知らざれば鯛の  麦飯で鯛という  向は鯛の  葉を敷いた鯛の  小磯国昭はべん鯛  会席膳で鯛なども  頃の鯛は  めで鯛の  松蕈と鯛の  目の下何寸といって鯛  込みの鯛を  外洋からくる鯛は  巣にして育った鯛は  色鮮やかな鯛の  正月以後の鯛は  色の冴えた鯛の  道糸をたぐりあげて鯛の  寒中の鯛は  盛んに鯛を  カズラ網で捕った鯛と  いまの鯛は  蛸で鯛を  つても鯛と  膳が出まして鯛の  人の鯛は  東京で云えば鯛の  鰕で鯛を  膳に鯛を  鮪と鯛と  それは鯛  黄昏を鯛  金魚や鯛などが  心づくしの鯛の  処に鯛の  食道に刺さった鯛の  照し出された鯛の  鉄火巻と鯛の  鰕で鯛  昆虫や鯛の  一皿二円の鯛の  団子をもって鯛や  石を投げ込んで鯛を  魚類だけでも鯛の  まん中で鯛の  一尾の鯛を  侍は鯛の  それは鯛の  これは鯛か  上等にして鯛の  それは鯛とか  万年スープだの鯛の  のは鯛の  別に鯛の  九州辺では鯛の  鯛汁なんぞは鯛の  産婦には鯛の  魚は鯛でも  栗を含ませ煮にして鯛の  栗へ鯛の  これは鯛を  まんまに鯛  彼はちた鯛を  一切五銭もする鯛のさ  目の下二尺の鯛が  鮒と鯛の  料理の鯛を  山葵のつかない鯛の  色もくれないの鯛の  竜宮の鯛の  青波にうかびゐる鯛の  きれいな鯛や  立派な鯛が  魚籠に入れた鯛を  鰓にはさんだ鯛  ふぐ汁や鯛も  系図を言えば鯛の  秋刀魚や鯛や  名物の鯛が  仰山な鯛を  數の鯛が  二疋の鯛は  所で鯛を  ものとのみ思へりし鯛を  三遊派という腐っても鯛の  立ち上りて鯛の  扁平な鯛の  肴は鯛に  それじゃあ鯛を  喉元すぐれば鯛も  箱に鯛などの  目高ぐらいの鯛は  皿に鯛のさ  濡色の鯛を  和食の鯛の  二尺くらゐの鯛を  二尺の鯛を  問題の鯛を  リユツクサツクから鯛の  これは鯛  上には鯛と  夜はもらった鯛を  かしら付きの鯛という  看板や鯛の  画には鯛を  重に鯛の  漁師が鯛を  浦には鯛が  紫がかった鯛の  彼は鯛よりも  稲荷様の下さった鯛  大変元気で鯛の  正月の鯛を  傭ひて鯛の  鰭振る鯛の  それは鯛と  

~ 鯛[名詞]2
さらに鯛  更に鯛  やがて鯛  小さい鯛  古い鯛  この鯛  丸い鯛  黒い鯛  一度鯛  その鯛  あの鯛  いつも鯛  大きな鯛  大きい鯛  なし鯛  ちょうど鯛  紅い鯛  よく鯛  もし鯛  赤い鯛  俄然鯛  もう鯛  ついぞ鯛  

複合名詞
鯛五枚  赤鯛  金目鯛  茅沼鯛  帰えり鯛焼き  桜鯛  海老鯛式  鯛茶  大将鯛  鯛ちや  鯛ちやん  赤穂鯛  鷹羽鯛  金鯛  鯛サワラ等  釣友大久保鯛生君  桜鯛1  鯛箱  旗頭UX3鯛地秀夫  鯛地秀夫  鯛地  麦藁鯛  鯛の  塩鯛  鯛魚  血鯛  黄鯛  出来鯛  ベン鯛  カスゴ鯛  寒鯛釣り  渡り鯛  春鯛  鯛釣り場  春鯛釣り  付き鯛  中鯛  味噌鯛  鯛釣り  寒鯛  寒鯛釣り場  鯛釣り漁師  鯛網  鯛舟  鯛道具  赤まつ鯛  白鯛  鯛飯  鯛平目  鯛一台  鯛チリ  鯛料理  鯛料理店  地鯛  興津鯛  鯛釣りほこり七日  王鯛  鯛蔵  鯛網引き  鯛生  鯛汁  鯛味噌  明鯛  明石鯛  鯛屋貞柳  縞鯛  鯛釣  鯛釣小烏賊  鯛釣シラサ海老  鯛王  系図鯛  鯛一折  鯛クン君  鯛君  鯛網見物  鯛漁  一疋づつその鯛  顔鯛  鯛ヤキ  鯛ぢ  鯛さ  鯛めし  鯛供養  日本クラブ鯛チリ  鯛みそ  鯛女  アカギ鯛  鯛焼き  鯛焼き屋  鯛等  競つて紅鯛  鯛小鯛  紅鯛綺麗  



前後の言葉をピックアップ
田居    田結    対さ    焚い    炊い  他意


動詞をランダムでピックアップ
熱ら照りはえる来たす伺えよ慮れ緩める切り合っ染分け切崩し当て嵌覆しいきすぎはやりたつ食い倒ささしだそしと出迎えろひきしぼり賣れ失せ
形容詞をランダムでピックアップ
せつなから厚かましい物ものしく憂しおろかしぽき憎し見ぐるしくはかばかしから甘くっあつ泥深きつゆけく熱くめまぐるしい激しけれ勇ましかっ鋭き醜きてひどい