「焚い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 焚い[動詞]
幾ら熱心に焚い  かまどを焚い  火を焚い  古木を焚い  枯枝を焚い  赤飯を焚い  香を焚い  ガラクタを焚い  藁火を焚い  護摩を焚い  鳥はけむりを焚い  石炭を焚い  燭を焚い  薪を焚い  皆火を焚い  ドンドン新聞をまるめて焚い  新聞を焚い  マグネシウムを焚い  マグネシウムでも焚い  下を焚い  火が焚い  みな香を焚い  ものを焚い  小さなストーブを焚い  符を書いて焚い  温かに焚い  苧殻を焚い  篝火を焚い  ストウヴを焚い  飯を焚い  榾柴で焚い  このごろ榾火を焚い  煖炉を焚い  自分から火を焚い  豆莢がらを焚い  黍を焚い  火も焚い  飯盒で焚い  榾柮を焚い  枯葉を焚い  火として焚い  葉を焚い  燈明を焚い  自ら香を焚い  粥を焚い  麻幹を焚い  木で焚い  旺に焚い  鼎に焚い  かがり火を焚い  寒いから爐を焚い  日本飯を焚い  釜で焚い  香でも焚い  藁屑を焚い  蚊遣を焚い  手で焚い  フラッシュを焚い  米で焚い  藁を焚い  下に焚い  煖炉が焚い  瓦斯煖炉が焚い  日に焚い  樒を焚い  麦藁を焚い  ひとみに焚い  薪を割って焚い  ヂツクマン谷で焚い  何者が焚い  こいつを焚い  小便をかけると焚い  木片を焚い  篝を焚い  ストオヴに焚い  マグネシュウムを焚い  風呂を焚い  蚊やりを焚い  自棄に焚い  身に焚い  蘭香を焚い  早朝から風呂を焚い  高粱を焚い  保雄は焚い  油を焚い  柴を焚い  栃の木は切り倒して焚い  から、切り倒して焚い  ついで御飯を焚い  母は焚い  ストーブが焚い  捨草を焚い  お香を焚い  落葉を焚い  薪で焚い  迎火を焚い  肌のあぶらに焚い  木屑でも焚い  袂から香苞を取り出して焚い  木を焚い  木を、集めて焚い  一ところに集めて、焚い  香木を焚い  瓦斯ストーヴを焚い  悲傷とを焚い  みずから護摩を焚い  楮銭を焚い  木の根を焚い  松葉を焚い  迎い火を焚い  火で焚い  銀紙を焚い  香も焚い  暖炉を焚い  暖炉も焚い  火でも焚い  枯れ木を焚い  から火など焚い  紅葉を焚い  通り篝を焚い  方で焚い  下に、焚い  それを焚い  粗朶を焚い  がりを焚い  どこで焚い  御飯を焚い  蝋燭を焚い  灰に焚い  寒い火を焚い  ますます火を焚い  特別に焚い  送り火を焚い  家でも焚い  榾を焚い  残つた庭樹を焚い  どんどと焚い  画を焚い  ストーヴなどを焚い  これを焚い  物かも知れないぞ、いっそ焚い  紙銭十万を焚い  重油を焚い  たぐいを焚い  火に焚い  火を強く焚い  薪を積んで生きながら焚い  火へ投げ込んで焚い  人形をことごとく焚い  飯も焚い  木炭を焚い  太古から火を焚い  一等米を焚い  炭を焚い  何合ずつ焚い  犢鼻褌を焚い  線香を焚い  石油を焚い  火がまだ焚い  瓦斯煖炉を焚い  もみじを焚い  ボイラーを焚い  あなたが焚い  ごまを焚い  伽羅を焚い  ぜんを焚い  殼を焚い  木の葉を焚い  沢で焚い  天井から雨戸障子まで焚い  重油をふんだんに焚い  篝火をどかどかと焚い  昔火を焚い  先刻煖炉を焚い  遽かに焚い  ペーチカを焚い  一度に焚い  麥飯を焚い  ために焚い  麦飯を焚い  焚火を焚い  落とし味噌にして焚い  べつに焚い  薪は焚い  朝から湯を焚い  一人柴を焚い  樺火が焚い  古典を焚い  夕方から篝火を焚い  石油ストーヴ位ゐ焚い  生木を焚い  榾火を焚い  古新聞を焚い  おかずをつくってやろうと思うて焚い  蚊遣火など焚い  野山を刈り焚い  皮を焚い  花火を焚い  打毀して焚い  ご飯を焚い  名香さえ焚い  日朝から汽罐を焚い  炭火を焚い  マニュスクリプトを焚い  



前後の言葉をピックアップ
田結    対さ        炊い  他意  タイア  タイアア


動詞をランダムでピックアップ
あきれるすき返しはこべふきあげ報いよさいばしすみわたっなげださ鎮まろ鋤いきたえるあわだつくら句切っ薄れれ積み替え打切らへんまかり間違えかぎり
形容詞をランダムでピックアップ
貴し未練がましき手強かっねたましい宜しき怪しく手広珍しゅうねたまし女々しき苦々しいはかなく痛々しいてれくさ胡散く粘しならびなし少けれ