「香水」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

香水[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
香水でも買ってね  香水をふり  香水をプンプンと匂はせ  香水をつけて  香水のしみこんだ  香水をつけたり  香水の中にひたして泣いてゐた  香水のやうな色彩と甘味とを含むで居る  香水を吹きかけられて  香水の匂いをプンプンさせていたが  香水の匂いに思いがけなく死んだ  香水のかをりを彼は嗅いだ  香水だの白粉だのが姿を消した  香水の瓶の形を工夫している  香水の匂いがする  香水の匂いがクンクンして  香水の匂いをプンプンさせている  香水の匂が佐古の鼻の穴の毛をふるわせた  香水を要求する  香水の瓶の口をあけて  香水を取り出して  香水の瓶を取り出すと  香水の瓶を気にして  香水を出した  香水の香のぷんぷんする  香水をつかっていますね  香水をしめすやら  香水で暖ためて  香水の原料を買いあつめては捌いている  香水がつけて梳ずられてあり  香水の風を煽りながら  香水の匂ひが  香水に至るまで  香水の匂いをさせていた  香水のような物が出た  香水のにおいがする  香水を買いに来た  香水の相談を受けた  香水の小さい商品をならべて居る  香水を身にふりかけた  香水の瓶が並んだり  香水の匂ひを  香水のやうな甘いにほ  香水の匂いが彼の身にたちこめている  香水だか肌の香だか解かれ  香水の匂いで息が詰り  香水を常用しているという  香水の代りに使うから  香水で扮飾した  香水の匂がぷんぷんあたりに漂った  香水なんか奥さんに貰ってきた  香水がまいてありました  香水をひそませた  香水がそれを語つてゐますよ  香水をつけてゐる  香水を所有したいと  香水を振り撒いた  香水の瓶の口を開けていた  香水のかをりとに一種の快い圧迫を感じた  香水と称す  香水に心は引かれても  香水の商人はいなかった  香水でもとにかく売れて行く  香水に気化してしまふ  香水の匂にみちた  香水があった  香水の壜を取り出して  香水を取って  香水の事を話した  香水も売っていて  香水の匂いを漂わせて寄って来た  香水を取出して  香水をふりかけた  香水の名を覚えるに  香水をつけると  香水をつけていないと  香水はこのハンカチとは調和しない  香水が振りかけてある  香水の香りがしていましたか  香水を使っている  香水の匂いを残して  香水をさえ下着に振り撒いた  香水の匂が鼻をくすぐつた  香水の香が四辺に漂った  香水のはいった  香水をつけている  香水が顔へ匂いかかる  香水をつけた  香水の薫の一滴の散る  香水の仄かな匂いをつけ  香水の原料となる  香水が匂うから  香水を嫁入道具の中へ忍ばせられた  香水を愛用していた  香水が己れ  香水の香りに気づいて  香水を身につけている  香水の香を認めた  香水を身につける  香水を買った  香水の香りを認めて  香水の如きものから生れる  香水をまく  香水をまいてないのね  香水の匂ひをあたへる  香水を多量にふりまく  香水のびんをとりあげました  香水を耳もとにふった  香水のにおいがよく悲劇をもたらせてしまう  香水の匂い  香水を嗅いで  香水の芳香がシンカンと静まり返って  香水の匂いがしていた  香水の噴きあげが  香水をふりかけて見たりし出した  香水は甘つたるい匂ひを  香水がついている  香水をつけ出した  香水の湯気を通して見る  香水の材料になります  香水の香りのしみた  香水がざっと流れる  香水でもつけなければ  香水の匂いが立ち迷うている  香水をかけてやらうね  香水なんかかけないでもい  香水をつけていた  香水を盛つてある  香水に温められる  香水を胸に振りかけ  香水を撒かう  香水の瓶が見えた  香水の匂いに噎せかえりながら  香水をふりまいた  香水の匂いでいっぱいになります  香水を召した  香水なんぞありはしないよ  香水の名は知らぬながらも  香水をお撒きになった  香水の薫が消える  香水をつけますか  香水なんか使った  香水の匂いがしますな  香水に似てゐる  香水の刺戟は彼をまごつかせた  香水などがつけてみたいの  香水の瓶をとり出し  香水の匂いをプンプンさした  香水の嵐をまきおこしながら  香水を買っていただきましょうか  香水吹きが入つてゐた  香水の箱を抱へてみつ子は自分の室に戻ると  香水の霧がさんさんと降り  香水を吹きかけた  香水の虹を凝と見詰めた  香水の複雑した  香水もあり  香水の表情の線を処女のうぶ毛とすれば  香水を試みる  香水の純粋表情を見分けてから  香水をまぜて  香水を作る  香水とは全然ちが  香水は外にひらく  香水は肉体への呼びかけである  香水をつけるのに  香水の香気と線と他の化粧品の香気との関係を考慮に置く  香水の効果を増す  香水も化粧品も同じ香気で統一してゆく  香水を選ぶべきだ  香水は使用してはいけない  香水の表情の線を譬へてみると  香水の表情の音色を譬へてみると  香水ほど際立たない  香水をつける  香水も使用する  香水の表情とそぐは  香水の表情把握は香水に対する単なる嗅覚的見地から一歩深入りして  香水の表情をさぐるには  香水の香気におぼれ沈んで  香水の表情の起す  香水を聞く  香水のなかにひそむ  香水の持つ  香水の選び方は様々の聯想を強ひられる  香水がふさはしいか  香水を選ぶ  香水から放射される  香水の発する  香水の話しかける  香水の言葉と自分の感情とが手を結び  香水の言葉を読みうる  香水を真に味ふには  香水の移りゆく  香水の瓶を取り出して  香水に恐れて逃げて行きました  香水のにおいを嗅ぐと  香水の香いもわからなければ  香水のにおいを嗅ぎましたので  香水を嗅がせられて  香水を嗅がされて死に  香水を嗅がせられない  香水を嗅がせた  香水をそそいで  香水を買う  香水を買おうと  香水の化学方程式みた  香水のかおりがする  香水のかおり  香水を匂わせるという  香水の匂がハンカチからむせ返る  香水をお浴びなさりませ  香水の霧が蔽う  香水の霧に巻かれている  香水を奉仕した  香水を使ったとて  香水をふりまきました  香水を振り撒かせ  香水を振って  香水をまいた  香水をよく振りかけてください  香水の瓶が置いてありました  香水があると云った  香水を振りかけるから  香水を少しまいた  香水をしのばせるなどは  香水を撒いた  香水に深く涵した  香水をびんにつめています  香水の匂いにむっとみちた  香水を耳や喉につけて  香水の匂いがしていました  香水などちょっと体にふりかけて  香水の匂のしていた  香水は千束町香水と呼ばれた  香水の匂ひ  香水をつけて買わされる  香水といったりする  香水の匂いとで疲れて居る  香水をかけながら  香水や白粉のようなものと同じ部類に属する  香水の瓶をちよつと鼻の先に当てて  香水を振り蒔き  香水の香りに何かの香りが交った  香水をやたらにふりまかせ  香水をちょっと振り撒いておくれ  香水を振りかけても  香水が振ってあり  香水の匂いが流れていて  香水ぐらいつけて行くと  香水だと賞めるのもある  香水の香が省三の魂をこそぐる  香水を匂わせながら  

~ 香水[名詞]1
やうに香水を  行員は香水を  手を香水の  香りを含んだ香水を  ような香水の  つたるいやうな香水の  コティの香水だの  彼は香水の  仄かな香水の  高価な香水の  此の香水の  さうもない香水を  紙包みをほどいて香水の  懐中から香水を  手を入れて香水の  買つたウビガンの香水  手巾も香水も  銀行の香水の  名の香水  ハンカチへ香水を  珠を香水で  いろいろな香水の  髪も香水が  傍らを香水の  白粉や香水の  フランスの香水に  コスメチックや香水の  髪で香水の  よし子が連れ立って香水を  ほうが香水の  上品な香水の  西洋莨や香水の  ちょッとした香水  ウビガンの香水を  取りの香水の  高尚なる香水で  十円もする香水なんか  二三滴の香水を  人が香水  貴方の香水が  白書薇の香水  一びん百円の香水でも  軽薄な香水に  高貴なる香水の  先刻栓を抜いた香水を  昨夜の香水の  白粉や香水も  レタアペエパアや香水なんか  リゴーの香水の  コティの香水を  上等の香水を  白粉と香水の  バイオレット系の香水が  ヘリオトロープの香水は  ヘリオトロープの香水を  警笛と香水の  上等の香水の  満寿子さんは香水の  剌比亜の香水の  穴へ香水を  貴重なる香水の  上等な香水  独特の香水  ロッテナム夫人の香水  何百万円の香水では  シノブ愛用の香水を  キミ子一人から香水の  時には香水を  二百円の香水を  手術費と香水の  シノブ夫人愛用の香水の  今日は香水を  微かな香水の  香料や香水を  上にのせてあった香水の  つけ忘れていた香水を  昔使っていた香水の  耳の香水を  中に満ち満ちた香水の  彼女の買って来た香水の  西洋の香水は  禿頭へ香水を  ハンケチには香水が  人通りも香水の  仏蘭西の香水は  冷い香水が  おまけに香水を  珍奇な香水を  きり毛をぬき香水を  へやじゅうは香水の  何て香水を  どこにも香水なんぞ  抽出から香水を  花嫁の香水を  ハンケチに香水を  人でも香水などが  木箱にはいった香水  栓を抜いた香水の  停車場一面ときならぬ香水の  のは香水  ハイカラな香水の  立派な香水  陽の光りと香水の  表情を持つ香水も  フランス製の香水の  コテイーの香水の  一つの香水を  時の香水などと  五つもの香水を  表情を持つ香水を  朝の香水でも  昼の香水でも  夜の香水でも  使用する香水  表情把握は香水に対する  先づその香水の  時は香水の  ふさはしい香水を  近代人の香水の  やうな香水が  無茶先生は隠して持っていた香水の  無茶先生の香水に  無茶先生の香水の  みんな無茶先生の香水の  無茶先生の香水を  きのうおれに香水を  貴様に香水を  貴様たちに香水を  白粉や香水を  爽かな香水の  原稿紙に香水を  シャンデリヤや香水が  コティの香水の  そこから香水の  裸体を香水の  管から吹き出している香水の  花御堂に香水を  独身者の香水の  かすかな香水の  キャバレ女に香水を  そこへ香水を  床に香水を  中の香水を  金ピカの香水の  中から香水を  なかに香水が  強烈な香水を  ローズの香水を  それに香水  床撒き香水とか  憂鬱な香水に  花からとった香水を  仏印みやげの香水など  不用な香水を  石けんでも香水でも  甘露水といって見たり香水と  瓶から香水を  絹ハンケチや香水や  コティーの香水を  中に香水を  明らかに香水が  体にしみた香水の  体にしめた香水の  いやに香水を  

~ 香水[名詞]2
どんな香水  強い香水  時々香水  古い香水  あの香水  ぽい香水  ぼんやり香水  いい香水  その香水  淡い香水  ない香水  同じ香水  佳い香水  この香水  高い香水  こんな香水  やっと香水  好い香水  甘い香水  いつも香水  単に香水  馨しい香水  深い香水  どうも香水  ほんのり香水  可愛い香水  すばらしい香水  しきりに香水  小さな香水  美しい香水  新しい香水  ある香水  どの香水  如何なる香水  しつこい香水  多少香水  少し香水  どんなに香水  

複合名詞
安香水  フランス香水  香水の  香水入り  香水屋  香水界  薔薇香水  香水箱  香水びん  雲脂取り香水  此の間香水  香水ぶろ  純良香水  るい香水  黒ん坊香水  リニー香水  香水棚  煉香水  耳香水  恰度耳香水  香水会社  香水原料  香水ふき  高級香水  いくら香水  香水つて  香水入線香  刈つて香水  香水香料  年々香水  香水店  方々香水  安価香水  香水壜  先づ香水  組合せ香水  香水吹  香水売場  ちの香水撰択  通つた香水  違つた香水  香水ランプ  香水選択  香水愛好  香水撰択  香水使用  ベジリン香水半ダース入り  あやめ香水  仏蘭西香水  香水気分  香水瓶  香水管  香水一本  旅行用香水壜  香水製造場  香水料  床まき香水  アヤメ香水  千束町香水  香水ぐらゐを  金鶴香水  



前後の言葉をピックアップ
好人物  抗す  河水  鉱水  降水  康祐  抗する  抗すれ  薨ず  講ず


動詞をランダムでピックアップ
届こちらつく引っかけなれよ取り次ぐ滅び行き違お燃え移らせっぱつまっ引き離せひろえれ頼ん看取っおよぎつい付添わ戸惑っなさろ直りゃ持ち直す粘ら
形容詞をランダムでピックアップ
後ろめたくあおう醜けれひょろ長くきよく可笑しかっ物がたきやまし猛々しい面倒羨ましきかたいけがらわし好ましかっ頼もしきておもいまわしいしぶ狂わしい